まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

黄金新婦(全六十四話)
第五十一話〜第六十話


第一話〜第十話はこちら第十一話〜第ニ十話はこちら

第ニ十一話〜第三十話はこちら第三十一話〜第四十話はこちら

第四十一話〜第五十話はこちら第六十一話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
ヌエン・チンジュ : イ・ヨンア

カン・ジュヌ : ソン・チャンイ

キム・ヨンミン : ソン・ジョンホ

オク・チヨン : チェ・ヨジン

キム・ヨンス : キム・ヒチョル 


第五十一話

あああーー!ヨンミンアボジ@会長ったら、どんどん嫌な奴になっていくわー。ほんと利己的でさー。ジュヌに、チンジュが娘だって事を認めたんだけど、会うことはできないって。自分ほどの立場になると、自分だけの問題じゃなくなるとか言い訳して。失望し、「卑怯な人だ」と怒るジュヌに、チンジュの事を「家族も会社も破綻させる娘」なんていいやがってーー。その上、訴訟したら、法的には娘になるけど、自分は認める気ないし、セミ達の結婚の反対の理由が自分だと知ったら、誰が一番傷つくか考えろだなんてーー。そんな会長に、ジュヌは「20年前の過ちを認め、謝罪するのが恐いだけだ」と分析を。「こんな父親だったら、会わない方がましだ」って。激怒する会長。。。でも。。。会長、激怒する資格ないんですけどー。

酒に酔って帰った会長、ヨンス母に「絶対結婚は認めないから」と大声で怒鳴って。ヨンス母もその有無を言わさぬ言いっぷりにびっくりで。

 

実はヨンス母、セミ母のこと・・・チヨンの事をだまってたから怒ってて、電話にもでなかったんだよね。なんとか会いたいと言うセミ母を、酒の席に呼んだヨンス母。ヨンス母も辛くて、酔わないと居られないんだよね。そして、セミ母に、チヨンの事をだまってた事・・・責めて、そのせいで、私たち夫婦はセミの事を認めないから、自業自得だと思えって。セミ母は、ジュヌが病気で、ベトナムの子と結婚する条件で黙っててと言われたといって、謝罪します。全部自分の罪だから、自分にぶつけて欲しい。。。セミとは関係ないって。それを聞いて、ヨンス母もちょっと胸が痛んだみたいね。ってか、ヨンス母ーーー!!チヨンが妊娠したって嘘ついてる話もしないとーーー!!ヨンス母は、本当は旦那も子供も、全然自分の言うことも聞いてくれなくて・・・つらいんだよね・・・

電話で会長に、セミの家族が、セミたちを認めて、家に招き入れると言ってたと話を。激怒する会長。秘書に、セミの姉を張れって命令して・・・

チヨンは先日みた、会長とジュヌが気になって。母が言ったとおり、希望食品と会長には何か関係があるのではと怪しみだしたよ。芸苑では、大叔母は、チヨンの質問をチンジュに答えさせたりして。面白くないチヨン。チンジュに、偉そうに、餅の作り方を要点だけでいいからさっさと教えてなんて言ってきて。そんな簡単に身につくものじゃないと言い、自分のノートをチヨンに貸します。そのノートにはジュヌのチンジュへの愛のメッセージもあって・・・。寂しくなるのはわかるけど、自分が無理いって半年離婚をのばしてるのに、ヨンミンの元にいって「半年は夫のつとめを果たしてよ」なんて・・・やっぱ傲慢だ。ヨンミンはチヨンに家に帰ってくるよう言います。でも、実は、母に別居を反対されたからなんだよね。

その頃、ヨンスは、レストランの店長もほめるくらい、嫌な顔せず汚い仕事もできるようになってきて♪どうやらアルバイトって、カメラ関係の仕事らしいね・・・。でもなんだか問題ある仕事な気がするのは気のせい??

ジュヌに、雪を見に連れてきてもらったチンジュ。ラブラブでE〜んだけど・・・ひぇーー。皆スキー、やってるのに、そんな所でラブラブってどーよ(爆笑)

偶然みかけた父子を見て・・・幼い頃父が恋しかったことを思い出すチンジュ。ずっと寂しかったチンジュ。韓国にくると、すっかり諦めてたはずなのに、もしかしたら会えるかもと期待してしまうと言うチンジュ。

悩んだジュヌは、チンジュに、「お父さんの事で話がある」ってーーー!!まさか・・・話すの??Σ(゜Д゜ υ)






第五十二話

ジュヌはチンジュに、会長だとは言わず、(ってか・・・あんな興奮されたら、冷静に話せないし言えないよね)

お父さんから電話があったと話を。どこに住んでるのかも分からないけど、チンジュに申し訳ない、心配してると言ってたし、幸せになって欲しいと思ってるけど、家庭があるから会うことはできないと言われたと話します。もう、お父さんを探すのはやめて、期待もせず、お父さんの事は忘れようと言うジュヌ。興奮して、父親なのに会いたくないはずがないと言ったチンジュだけど・・・後で、それを必死で受け止めようとし、泣きながらジュヌに「本当は愛してるけど、どうにもならないって事なんだよね?」と、良いように捕らえようとするチンジュに胸が痛いジュヌ。実物の態度はあんなんだもんねー。

チンジュの餅に心が入って無くて・・・それを問う大叔母。父が見つかったけど会ってもらえないと言われ、心が傷ついてると話すチンジュ。それをきいて、チヨンは、あり得ないけど、まさか義父??って思ったみたいーー!!一番知られちゃいけない奴だよーーー!!そのチヨンだけど、家に戻ったが、ヨンミンに違う部屋を用意されてて。ずーずーしくも「こんな扱いはない!!夫の役割を果たすと言ったのに」って切れてて。ほんとイラつくわー。

チンジュの話を聞いた大叔母は、会長の元に。「今まで積み上げたものを失うわけにはいかない」と当たり前のように言う会長に失望する大叔母。口を閉ざしてたのは、いつか自分で許しを請って、父だと名乗りをあげると思ってたからなんだよね。隠し通せる秘密なんて世の中にはないから、人を通じてばれるまえに、自分で許しを請うのがヨンミン母やチンジュの為だと言うのに、それを拒否する会長。人間じゃないと責める大叔母。もうさー、絶対今の生活を守り抜くと言い張ってる会長は、まるでチヨンだよ!!チンジュにこんなひどい事してる上に・・・クリスマスにせっかく二人きりで結婚式まであげたヨンスまで傷つけようとしてるなんて・・・本当に親か??それにしても、会長が突き止めたヨンスのもう一個のバイトが何か気になるわー。

落ち込んでるチンジュの為にクリスマスパーティをしてくれるジュヌの家族。チンジュの父の事を聞いて、チンジュには家族が居ると言って、産着をプレゼントするジュヌ母。ほんと・・・良い家族だよーー(T-T) ウルウル チンジュも、幼い頃もらえなかった幸せをここでもらってると感謝してて。そんなチンジュに、ベトナムの母にも、本当の事を書いて、もうお父さんの事は忘れようと言うジュヌ。

ついに・・・最低な父親である会長が、アルバイト中のセミの前にーーー!!




第五十三話

またまたヨンスアボジ@会長、むかつくわー。せっかくセミのオンマがウォンミを通じて、セミを迎えにきたのに、会長が黒づくめの男を送り込んで捕まえようとしてて、二人は逃げた後で。セミは会長に何を言われても、「彼には私が、私には彼が必要だ」って自信があるから、堂々と別れないって言ってたよ。ヨンスのアルバイトは、なんと女性ボクサーのスパーリング相手だった!!それを知っても、自分の為にそこまでしてくれた事に自信をもって、会長のいいなりにならなくて。だからって、あんな黒づくめ送り込むなんて。

怒ったセミ母は、家までおしかけて、「子供達になにかあったら会長のせいだ、一生許さない」って言いに行ったけど、まったくだ。ヨンス母もそれを聞いてびっくりしてたよ。旦那がそこまでするなんてってね。

芸苑の大叔母は、来週、一回目の餅のテストをするとチンジュとチヨンに伝えます。チヨンは、また会社の調理場でシェフに案をださせてて。家でも明け方まで練習を。勝手に台所でさわいでるチヨンを怒るヨンス母。気分がわるいから、家族の前に顔を出さないでって言われて「まだ嫁なのに、あまりにひどいです」なんて・・・「お前が勝手に嫁で居るんですからーー!!」

助けてくれると思ったヨンミンにまで、「オンマの機嫌を損ねるな」と怒られ、頭にきて、会社の調理場に。でも、結局シェフに、餅を考えさせてるんじゃんーー!!

チンジュは、ジュヌに、競争しないと約束したから、内緒で練習を。でも、無理しすぎて、お腹が痛くなって・・・・ジュヌと約束したけど、どうしても勝ちたいと言うチンジュ。結局、子供は大丈夫だったんだけどね。チンジュを、工場に連れていったジュヌ。そこにはジュヌ父がこっそりすこしずつ買いそろえた、チンジュの開業の為の機材が。ジュヌ父は、チンジュが大叔母の名前を継ごうとしてるなんて知らないし、望んでないし。ただ、チンジュの夢を叶えてあげたいと思ってるだけで。大好きな餅を作れるようになれば、そっちの方が大事なんだと教えるジュヌ。そして、大事なピョルの事も。小さな成功の為に、大事な大きな物をなくしちゃいけないって。

ウォンミから、セミの両親が認めてくれたと聞き、一文無しで逃げ出したセミは大喜びで。でも、ヨンスは、会長が許してくれるまで待ってほしいと。セミは、1000年待っても、許してくれないと言って、オッパーが来ないなら、自分だけでも帰るって・・・追いかけたヨンス。セミが、一人で帰ろうと、道路に出たら・・・車がーー!!セミをかばって車にはねられたヨンス。すげーー量の血だよーーーー (((( ;゜Д゜)))カ゛クカ゛クフ゛ルフ゛ル






第五十四話

会長ったら、セミみた途端、お前のせいだって引っぱたこうとするなんて(#゜Д゜) フ゜ンスコ!後で、セミ母が言ってくれたけど、ほんと、お前のせいなんだよーー(#゜Д゜) フ゜ンスコ!

ジュヌに「もう少し、年をとったら、理解できるだろう」なんて言ってたけど、理解できませんからーー!!ジュヌは、これが最後のチャンスだって・・・子供を捨てるのは一人で十分だとヨンスの事を言ったのに、このおっちゃんは、自分の事しか考えてないよー(;´д`)トホホ

病院で付き添ってるセミも、キツイ言葉で追い返してるしーー(#゜Д゜) フ゜ンスコ!ヨンスは、手術は成功したんだけど、経過をみないと、神経の方はわからないって。歩けなくなるなんてないよねー。心配だわ。

試験の日、緊張するチンジュに、ジュヌったらちゅ♪って・・・・だんだん、この人、大胆になってきたよね(爆笑)余裕満々のチヨン。だって、最高のメンバーがそろった商品開発室で作った商品だもんねー。それに今まで一度も人に負けた事がないらしく、自信のかたまりだよ。勝ったら、ヨンミンとお酒飲んで、その後も・・って約束をとりつけ、ご機嫌で。

できあがった餅・・・すっげーーー綺麗なのよ。チヨンの餅。でも、大叔母は、チンジュに勝利をさずけます。反論するチヨンに「お前には足りない物が一つあると前から言ってるだろう」って・・・結局心がたりないんだよね。食べる人の事を考える配慮っていうか。だから大叔母は「自分の事は考えず、一度人の事を考えてみろ」って注意して。

落ち込んでるチヨンは、勝敗を言わず、ヨンミンを約束の場所に呼び出すんだけど、ヨンミンは来なかった。酔って帰ったチヨンは「法的にはまだ妻よ、私にこんな事していいの?」って。でも、ヨンミンは、「勝ったら」という約束だったから、約束を破ったのは自分だといって、相手にせず、「あれだげ自信満々に約束したのに、負けたなら、最初に謝るべきだろう」と言います。

勝ったチンジュだけど、ジュヌに勝ったと教えないで、落ち込んでるふりをして、優しくさせ、人前で歌まで歌ってもらって(笑)あとで告白するんだけど、チンジュもなかなかやるようになったじゃんーー(笑)

ジュヌは、セミの事を思い、会長に会いたいと、一方的に約束を。会社にジュヌが来たのを見たチヨン。会長も追いかけてるのを見て、なんか感づいたみたいだよーーー(滝汗)チヨンじゃ、これを餌に、会長をおどしそうだよねー!




第五十五話

ジュヌは、会長に、一生チンジュの父だということは胸におさめて口外しないから、ヨンスとセミの結婚を認めてほしいと頼みます。でも、会長はそれを拒否。必死で、「捨てる子供は一人でいい。ヨンスの為に、父親らしいことをしてほしい。でないと、将来チンジュが、自分のせいで二人の結婚がダメになったと知ると、傷つく」と言います。

あああ・・・これをチヨンが聞いちゃったよーーー!!チヨンは、こっそり会長室に忍び込んで、机の中に大事にかくしてるあのネックレスを取り出し、裏に書いてある文字を写メします。後でチンジュに、なんて書いてるか聞いてみると、「あなたの愛 アネス」で、チンジュの母の洗礼名と同じだと言う。驚愕するチヨン。

セミから、あの事故は、セミの父母が許してくれたのに、最後まで自分の父である会長を信じて、ヨンスが反対し、ケンカになって事故になったと聞いたヨンス母は、それを会長に言います。最後まで会長を信じてたと聞いて・・・会長は、ジュヌに電話し、「本当に墓に入るまで秘密を守ってくれるね?」と確認したうえで、二人の結婚を許します。

ヨンスの退院がすんだら結婚することに。叔母もなんと双子を妊娠したみたいで、幸せ続きだねー。毎回、ウォンミ一家には笑わされるけど(爆笑)ウォンミの天然がなんとも言えないーー。義母も、そんなウォンミがほんとは可愛いのか、司法試験勉強でイライラしてウォンミに当たりまくるトングをなぐってるし(笑)この義母とウォンミって、本当はとっても気があってるよねー。

でも・・・やっぱ秘密は隠せそうにないよーー。チヨンが、インターネットでチンジュの出演した番組を見て、父の名前が「リチャードキムだ」って言ってるのを聞き、こっそり会長の部屋に忍び込んで、会長の名がリチャードキムだって確認しちゃったーー!!それを見つけ、問い詰めるヨンミン。これじゃ・・・日頃のチヨンの信用のなさで、何かたくらんでやってるとしか見えなくて・・・誤解とくには、本当の事言うしかない??ひぇーーー!




第五十六話

やっぱりチヨンは言いやがった!信じてなかったヨンミンだけど、会長に確認を。会長ったらうろたえてばれちゃって。ヨンミンは会長に失望し、軽蔑して。でも、オンマの苦しみを幼い頃見てたヨンミンは、絶対オンマとヨンスに知られるなと、警告します。

そしてチヨンに、このことは口外するなと言って。ばれたら半年の猶予をなくすって。

ヨンスとセミの婚約式の日・・・チヨンは(当たり前だけど)用意したのに、連れていってもらえなくて。皆に馬鹿にされ悔しいチヨン。チンジュが会長の娘だったら、今の競争も意味がなくなって、無条件で負けて当然だと焦ります。ことごとく自分の事しか考えてないねー。

婚約式の中、チンジュの父の話になり、ヨンス母とか「最低な父親だ」って激怒してて。もう怪しい行動しまくりの会長。ヨンミンはそれを冷静にたしなめるんだけど、ずっとチンジュを凝視してるヨンミンもかなり怪しいかと・・・(苦笑)そして、チンジュからベトナムのオンマをもうすぐ呼び寄せると聞いて、ちょっと複雑な顔してたね。

ウォンミと義母、いいわー(爆笑)円形脱毛症までできたトングに気分転換させようとカラオケに行くんだけど、トング無視して二人でストレス発散してるしー(爆笑)ビョクスは、妊娠した叔母にすっげー優しくなってて(笑)

あああ・・・・チヨン、ほんとに最低だーーー!!なんとかチンジュが跡継ぎになるのを阻止しようと策をねって、ジュヌに無理矢理あいにきて、チンジュに競争から棄権させないと、全部チンジュに話してやるってーー!!ほんと、どこまでひでー女なんだ・・・。拒否し「そんな事したら君も会長から恨みをかって、あの家に居られなくなる」って言ったジュヌだけど、どうせ崩れるなら一人では滅びないって・・・チンジュも道連れにするつもり??「チンジュになにかあったら、俺が許さない」ってジュヌが言うけど、おかまいなしだよ。昔の男にころされても、今更気にしないなんて!!

 

そして芸苑に来たチヨンは、ヨンスに席を外すよう言って、チンジュに話があるってーー!


第五十七話

チヨンの話は、今回の試験で勝たないと離婚になるから、棄権するか負けてくれって話だったよ。もちろんそんなの相手にしないチンジュ。チヨンは、「貴方が勝っても、本当に勝った訳じゃない」と意味深な言葉を。その後、チヨンは大叔母に、この試験は公正じゃないと言い、他の審査員を入れてほしいと進言を。理由を聞く大叔母に、チンジュが会長の娘だからだと言うチヨン。あああ・・・チヨンったらやらかしてくれるわ・・・。これをチンジュが聞いてて、事実を知ってしまったよーー!!

チンジュは会長の元に。しかし・・・「パパ」と呼ぶチンジュに、認めることが出来ないから、父は居ないと思って生きてくれとひどいことを言う会長。ヨンミンとの約束があるからね。その上、オンマに一度だけ会って欲しいだけだと言うチンジュに、二度と会いにくるな、20年前にお前の事は忘れたんだって・・・。

事情を知り駆けつけたジュヌが、チンジュを連れ出します。泣きじゃくるチンジュに「こうなってほしくなかったから、言えなかった」と言い、「これからは俺だけを信じて、俺だけを見てほしい」と、チンジュの心の隙間を埋める約束をするジュヌ。

ヨンミンは、チヨンが「あの子は今試験どころじゃないから、次の試験はこっちのものだ」と言ってるのを聞き、自分の事しか考えてないチヨンに酷く失望し、今すぐ離婚したいといいます。しかし、チヨンは、すべてはヨンミンのためで、大叔母の名前をヨンミンのものにするためやったと言い、ヨンミンを愛してるから、努力してるんだと言います。

チンジュはそれでもこっそりと、会長に会いに行ってて・・・。ヨンミンはジュヌを呼び出し、チンジュが傷つくだけだし、自分も父も認めることはできないから、やめるよう言ってほしいと言いにきます。ジュヌは、もうチンジュは会長に会いに行くと思ってなくて・・・・妊婦なのに、寒い会社の前で一日中待ってたチンジュを見つけ、もうこんな事はしないでほしい、こんなチンジュを見たくないと必死で説得します。

そして・・・芸苑の2回目の試験の日・・・。チンジュは芸苑に。チヨンったらしゃーしゃーと、「棄権しないで来るなんて、あなたもすごいわね。今日はコネは通じないから、覚悟するのよ」なんてーヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ ケシカラン!




第五十八話

ついに試験が・・・。しかしずっとお腹の調子が悪いのに無理して続けるチンジュ。判定の時、チヨンは上手に出来て大叔母に褒められたんだけど、チンジュは平常心じゃなかったので、調合を間違えてしまい、叱咤を受けて。そこで、我慢の限界がきて倒れたチンジュ。血まみれのチンジュは病院に運ばれて行きます。

チヨンも・・・ちょっとは良心あるのかしら??試験には勝ったけど、こんな状況を招いて・・・間違った道を歩いてるんじゃないかって、初めて恐くなったみたいでヨンミンの前で涙してたね。でもまだまだ利己的な所は治らなくて、ヨンミン母に、希望食品に融通きかせたのはチヨンだろうと責められ、言っちゃいけないのに・・・「ご自分で調べてみれば?結果に驚きますよ」なんていいやがったーーー!!ヨンミン母は、こっそり調べるよう室長にいうんだけど、室長が会長に「内緒で薦めてほしい」って頼まれた件だから、会長に相談して、会長はびっくりしてたね。

大叔母は、会長の元にいき、いつになったら人間らしくなるんだとしかります。しかし、会長ったら、チンジュの話はうんざりだなんてひどいことを。今まで生きてこれたんだから、父親まで探そうだなんて贅沢すぎるだってーー(#゜Д゜) フ゜ンスコ!大叔母は、失望し、チンジュが会長のせいで流産しかけてるって話をして立ち去ります。

悩んだ会長は、夜中にチンジュの病室に。眠ってるチンジュを見てると可愛がってた幼い頃のチンジュを思い出し、涙があふれ、チンジュの手をにぎって。そこにジュヌが現れ、会長を追いかえします。言い争ってるのを見たヨンスは、不審に思うんだけど、二人が誤魔化して。帰りの車で、尊敬される父親で居たかったのに。。。とヨンスに謝る会長。ヨンスは無邪気に、「それでもオンマを生涯一人だけ愛したことを尊敬してる」って・・・。一段と言えない会長w

チンジュはなんとか母子共に助かったみたいだね。入院は続くけど。ストレスで苦しんでたと知った、ジュヌの家族は、全員でお見舞いにきて、チンジュをなぐさめてあげて。ほんと良い家族だよー。

そうそう、トングは試験になったよー。試験中、ウォンミと義母はサウナに行ってるんだけど、同居と別居の話をしてて、トングのメールでの試験結果報告で、優劣が変わる嫁姑の絵がまた笑えたヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆ウォンミ一家と、オバさん夫婦のおもしろさが、このドラマの暗さを和らげてくれてGOO〜v(=∩_∩=)

ヨンミン母は、室長に、頼んだ事を調べたか問い合わせしてて、そこに会長が!!「何をしてるんだー」ってーー!



第五十九話

会長はヨンミン母に、自分が調べるから勝手な事をするなと注意を。そして、希望食品と取引させたスーパーに、口止めをします。あの自信たっぷりなチヨンの言葉が気になってしかたないヨンミン母は、自らスーパーまで行って。口止めされてる責任者からは聞けなかったけど、お金につられた末端の社員から、会長の指示だったと聞き、驚きます。

そして・・・ヨンスが、産婦人科で会長とジュヌが言い争いをしてたようだと言ってたのを確認し、ジュヌを呼び出します。セミとの結婚をあれほど反対したもう一つの因縁と関係があると気づいたんだよね。ジュヌは、自分からは何も言えないから会長に聞いてほしいとだけ。これで、ジュヌは少なくともその因縁を知ってると知ってしまったーー!!もうばれるのも時間の問題だよねー。

チヨンは最終試験の為、餅作りを頑張ってて、手に怪我を。そんなチヨンを食事に連れていったヨンミン。食事をいっしょにするのは久しぶりだと喜ぶチヨンに「オンマに余計な事を言うな。オンマが知ったら俺たちが終わるときだ」と警告します。チヨンは、自分が大叔母の名前を継承したら、すべて忘れてやり直してくれるかと問い詰めるんだけど、ヨンミンは正直、チヨンの感情が愛なのか、執着なのか分からなくて、たとえ愛だったとしても、すべて許すことなんて出来るのか分からないとこたえて。チヨンったら、なんだーーー??愛してたら許さなきゃダメだなんて言い出して。ヨンミンの両親も、事実を知ったって、最後には許していっしょに暮らすはずだから、両親を見てろなんて。見てれば理解できるはずだなんて言って・・・。勝手に、継承したらやり直せるって約束したことにしちゃってるし( ´ー`)フゥー...

ついに最終試験。チヨンは本気の最高傑作である餅ケーキを。チンジュは、餅団子をつくります、二人とも、紅参を使ったりょうりを選んでしまって、その実力を確かめるには好都合で。二人の審査員も、最後の試験だからということで参加。結果は・・紅参の生かし方を悩みに悩んで、ジュヌと出かけてひらめいたチンジュのアイデアの勝ちだった。見た目、何の工夫もしてないようだけど、香りを生かす工夫がしてあって。

負けたのに、「ひどすぎる!!最善を尽くしたのに!!」って泣くチヨン・・・負けたんだってば・・w勝ったチンジュだったけど、名前継承を放棄したーー!!認めてもらえただけでいいって。もし継承したら、父との関係を切れなくなるし、自分の為に愛する人につらい思いをさせたくないってジュヌの気持ちをくんであげて。もう父の事は忘れるって。ハルモニも、そんなチンジュの決意を受け入れてあげます。

チンジュの気遣いに、心から感謝するジュヌ。

そして・・・ついにチンジュのオンマが韓国に来たよーーー!!

あうー。ほっと一息のウォンミの話(笑)トングの2次試験には、塾代とかすごくかかるからって、自力で支えようと、不動産屋の仕事を決めようとしてたウォンミ。それを聞いた義母は、ウォンミが、別居の為の部屋を探してると思い、焦っちゃって、通帳まであずけちゃって(爆笑)後で、バイトだったと知り、アイグーーー(爆笑)ほんと、毎回楽しみだよ。ウォンミ一家(笑)




第六十話

きゃーーー☆きゃーー☆続きが気になるーーー!!!終わり方だったーーーー!!クライマックスに近付いてるね〜♪

チンジュのオンマが韓国に!!ジュヌの家族は温かく受け入れます。チンジュの母も、温かい家族と、素敵で優しい婿に大満足で。チンジュの父に会えなくても、同じ空の下にこれただけで良いと言って・・・

目の検査をするけど、もう手遅れで、失明は免れない・・・・チンジュに送ってたチンジュ父の写真を、目が見えなくなっても思い出せるようにと、必死で見る母・・・心の痛いチンジュ。

 

そんなチンジュを見かねたジュヌは、チンジュに内緒で大叔母に相談します。どうにか、チンジュの母と会長を会わせたいと。

会長宅では、ヨンミン母が、会長が何かを隠してると確信して、殺伐とした空気で。会長は生きた心地がしないんだよね。大叔母はそんな会長をなんとかしないととも思ってて。

チヨンは、勝負に負けて、薬と酒漬け。それを見つけたヨンミンが、心配して連れ出そうとするんだけど、今、ヨンミンと別れるか、しがみつくか計算してるところだから、まだ未練があると誤解する行動はしないでと言うチヨン。辞表だけヨンミンに渡して。

会社に荷物をとりに来たチヨンを見つけたヨンミン。結論が出たか聞きます。その話を部屋でしようと言ったチヨンだったけど、ヨンミンからチンジュが名前襲名を辞退したと聞き、一目さんに芸苑へ。丁度大叔母が、明日、チンジュの母を呼んで、食事をする打ち合わせをしてて。チンジュが辞退したなら、私が襲名することになる、そうすれば離婚しなくてすむと興奮して大叔母に話すチヨン。そんなチヨンに、チヨンはすばらしいけど、名前を継承することはできないと言う大叔母。この授業を通じて、チンジュにあってチヨンにない「心」を学んでくれると思ったけど、それを身につける事ができなかったからって。「心」や「愛」を分かっていないと。

泣きながら、ヨンミンを愛してると言うチヨン。そんなチヨンをとても不憫に思う大叔母。「欲心などは捨て、自分より他人の事を先に考えてみればいい」と助言して・・・。

家に帰ったチヨンに、食ってかかるヨンミン母。知ってることは何なんだって。ぶっきらぼうに「お義母様の望み通り離婚してやる」と言うチヨン。最後に・・・爆弾を落としていったよーー。そんなに知りたいなら、明日12時に芸苑へ行けってーー!!

12時の芸苑。チンジュとジュヌとチンジュ母は芸苑に。そこに、大叔母に呼ばれてやってきた会長がーーー!!チンジュ母と20年ぶりの対面だーーー!



注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。