まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

彼女が帰ってきた(全十六話)
第九話〜最終話


第一話〜第八話はこちら

 〜キャスト〜
 
キム・ジェヒ : キム・ヒョジン

チョン・ミンジェ : キム・ナムジン

チャ・ジュハ : ソ・ジヘ

チョン・ハロク : キム・ジュスン(学生時代:パク・ジヌ) 


第九話

ぎゃーー☆メッチャ話が動いてるヨー☆見れなかった8話後半が気になるよーー☆

ジェヒは、ついに記憶を取り戻すんだよね。自分の住んでた家に行き、結婚式の後にハロンに渡そうと思って埋めてたカメラを見つけ出して・・・全て思い出します。気を失ったジェヒ。

最初は、変な夢を見たって思うんだけど、実在するカメラを見て、すべて事実だということに気づき、院長を問いつめ、自分に起こった出来事を全て知って・・・

こうなると、ハロンに対する愛も思いだしたんだよね。ハロンと本当の再開をして、抱き合う二人。そのまま二人は病院を出て行って・・・でもその抱き合ってるところをジュハが見ていぶかしくおもうんだよね。

ミンジェは、突然居なくなったジェヒを心配し、気が狂いそうになってて・・・

その頃、ジェヒは、自分のせいで撮影が滞って、降板になりそうな映画に、もう一度挑戦させて欲しいって頼みに行ってて。そこにミンジェが来て、必死でジェヒを問いつめるんだけど、後で逢う約束を。

ハロンは、今まで辛かった気持ちを正直にジェヒ(ソリョン)に言うんだけど、でも、その辛さも、全てソリョンの為だって事が幸せだったって・・・。そして自分の・・・今の自分が幸せになるように・・・自分の思うとおりに生きていいんだって言ってくれるんだよね。

ジェヒはどうするの??ってドキドキしたけど、結局ミンジェに逢って、「別れよう」って言ったよーーー!!ジェヒの本当の心は今どこにあるんだろう。ハロン?ミンジェ?でも、ミンジェとは結ばれてはいけないって思ってるみたい。嫌いだとまで言って、わざとミンジェを傷つけて・・どうなるんだろう。

そうそう、ついにジェハが、ジェヒ=ソリョンだって気づいたヨー☆このドラマ、どうなったらラストうまくまとまるのか、全然想像つかないんだよねー☆楽しみだわー☆コケないことを祈るのみ!






第十話

どうしてもジェヒの事が諦めきれないミンジェ。ジェヒと父親であるハロンが仲むつまじくしてるのを見て、ショックでケンカになって・・・ついにハロンも、ミンジェに、ジェヒを愛してることをはっきり言ったよー。

でもねー。ジェヒとハロンが一緒にいても、皆エンジョ☆交☆際だと勘違いしたり、父子にしかみてくれないんだよね・・・・。自分に素直に生きようって決めたハロンは無理して、流行の車を買ったりして若作りするんだけど、なんだか痛々しいわ・・・

ジェヒがソリョンでは??と怪しんでるジュハは、病院を守るには、冷凍研究しかないって思ってて。ソリョンの父の弟子で、今、ジュハの病院に来てる医者のポンに、ソリョンの父のやってた冷凍研究の話を聞き、わざと、ジェヒの載ってる新聞を見せるんだよね。ポンは、ソリョンとジェヒがそっくりな事に深く興味を持ち、そのうえ、監督であるハロンは、以前ソリョンの父の研究を手伝ってた事も知って、もしや・・・って思いだしたよー☆院長に聞きに行くんだよね。

焦った院長は、ハロンを呼び出して、ジェヒが新聞に載るような事をしたことを責めるんだけど・・・ひーーー!!これをこっそりジュハが聞いちゃったヨーー!!ジェヒが冷凍研究の成功例だってことを!!

あああ・・・ハロンの別れた妻(ミンジェの母)はハロンの家に住み着いちゃってるんだけど、ハロンとジェヒのラブラブTシャツを見つけちゃってサー。ジェヒのせいで、ミンジェが苦しんでると思って、ジェヒの元に行き、殴りまくってるよーー!!そこにミンジェが来て、ジェヒを連れ出すんだけど・・・

必死で気持ちを伝えるミンジェに、はっきりと、昔からハロンを愛してたって言うジェヒ。無理矢理車から降りて、帰ってしまって・・・。でも、ジェヒ、辛そうだよね。やっぱ、ミンジェの事も愛してて辛いのかな・・・

失意のミンジェは、泣きながら運転してて・・・ぎゃーー☆事故にあったっぽくない??あのラスト??続きが気になるーー☆




第十一話

ミンジェは事故のせいで、手を怪我しちゃって・・・医者にとって手の怪我は命取り・・・。ジュハは、この手の手術を100%成功させる世界唯一の名医ソを呼んでほしいって、ソと知り合いのポンに頼むんだけど・・・ポンは取引をしないと出来ないってーー!!

ポンは冷凍プロジェクトを、病院の為ではなく、自分の名声の為にしたかったんだよね。でも院長に反対されて・・・・。あああ・・ミンジェは、「冷凍プロジェクトは、自分が責任をとる」って言っちゃったよーーー!!ポンったらちゃっかりこの言葉を録音しちゃったしー。

ハロンは息子の怪我で、自分を責め続けます。自分のせいだって。ミンジェの怪我の事を知ったジェヒは、このままじゃハロンが首になると知り、危険を覚悟で(誰か自分を知ってる人がテレビを見るかもしれないのに)、インタビューに積極的に答えて、時間を稼ぎます。

ポンったら完全に、ジェヒがソリョンに違いない。冷凍研究の成功例に違いないと思って、なんだか探偵みたいのを張らせてるしーー!!これにハロンも気づき、ジェヒの危険に気づくんだよね。

意識が戻ったミンジェは、即座にジェヒに逢いに行って・・・冷たく接したジェヒだったけど、自分の心が痛いのが、同情なのか何なのかわからなくて・・・・

結局こっそり夜中に病院にいって、眠ってるミンジェの髪をなでてる自分が居るんだよね。でも、それもミンジェにばれちゃって・・・・

おおー!!名医ソが、ついにやってきたよ。手術の前に、自宅にハロンとジェヒを呼び出したミンジェ。「本当の気持ちが知りたい!俺が抜けるべきなのか?二人は本当に愛し合ってるのか?」ってーー!!居ても立っても居られず、ジェヒが帰ろうとしたとき・・・・

ハロンが「全部俺が悪いんだ。年老いた自分が幸せになろうなんて思ったせいなんだ。」ってーーー!!身を引く宣言だよね???どうなるの??

なんだかジェヒは、やっぱりミンジェを愛してるっぽいし、ポンが、冷凍研究を狙ってるし、またミンジェが居なくなったって知って、ジュハが本当の事をミンジェに話そうって考えてるみたいだしー!!気になるわ〜





第十二話

うわー!!ポンったら、冷凍プロジェクトをマスコミに発表しちゃったよー。院長の反対を押し切って。そして、何かあったら責任をジュハに押しつけるつもりなんだよねー。

ハロンは、身を引くことを決意したよ。自分はミンジェの父だ。一番大事なのはミンジェを守ることだって。心のままに生きてほしい・・・ハロンはそうジェヒに言うんだけど、ジェヒはその自分の心が分からなくて苦しいんだよね・・・

ミンジェの手術は成功。これを機に、ポンは暴走し始めるんだよね。どんどんジェヒの秘密に迫っていって・・・ついにはハロンがソリョンの婚約者だったことをつきとめ、ジェヒ=ソリョンだという確信を深めていって・・・

ジェヒは、この映画を完成させ、ここを去って新しい人生を歩むことを決意します。しかし・・・ポンの手がどんどん迫ってきて・・・

それを院長から聞いたハロンは、映画をとるのをやめると言い出します。制作会社は激怒!でも、ジェヒ(ソリョン)を守るにはそれしかなくて。

それを聞いたジェヒは、ハロンの元にいき、「私からオッパへの最後のプレゼントなのに」「せっかく生き返ったのに」って話をしにいくんだけど、それをミンジェが聞いてしまいます。でも、これが台詞なのか何なのかさっぱり分からないんだよね。

絶対映画を撮らないと言い張るハロンは、「この映画を撮りおわったら消えるつもりだから、私の為に最後までこの映画を完成させて・・・」そう懇願するジェヒの心をくんで、再開を決意します。

その頃、ポンの暴走をもう止めることが出来ず、ここまで来たら成功させるしかなくなった院長は、結婚の事は別として、ジュハを助けてほしいとミンジェに頼みます。

ポンとジュハの会話を聞いてしまったミンジェ・・・ついに、ソリョンとジェヒが堂一人物で、25年前の冷凍人間の実験成功例だっれ知ったよーーー!!そしてハロンの婚約者だったこともーーー!




第十三話

事実を知ったミンジュ。苦しんで苦しんで苦しんだ挙げ句、ジェヒを諦める覚悟を決めるんだよね。父親があれほど。。。命を賭けてあいしたソリョンがジェヒだったと知って。

ジェヒにわざと傷つけることを言って、別れを言うミンジェ。切ないけど仕方ないんだよね(T-T) ウルウル

ミンジェは、ジュハの気持ちをもう一度受け入れようと、ホテルを綺麗にセッティングして呼び出して・・・プロジェクトの事で悩み、傷つき、疲れ果ててたジェハだったけど、最後にもう一度だけミンジェを信じようとホテルに・・・

しかし・・・そのホテルには、ミンジェが部屋をとってあげてたジュハも居て、手違いでそっちの部屋に行き、誤解したジュハ。誤解を解こうとするミンジェの話も聞かずジュハは行ってしまって・・・

実はポンが、ジュハの父である教授の遺品のCDを狙ってて、ジュハの居候してるヤンスクの部屋を水浸しにしたんだよね。そして・・・ミンジェはジェヒの為ではなく、父親の為に、それを知って、ジェヒには内緒でヤンスクに部屋をとってあげたことを言ってあったのに・・・

ヤンスクの部屋から、ポンの手下がCDをもっていったから、焦ったけど、ヤンスクとハロンの助手の、Hな撮影したCDで(爆笑)

うわー。ポンが、ジェヒに近づいて、髪の毛を採取し、DNA鑑定したよーーーオロオロ(( ( ̄_ ̄;)(; ̄_ ̄) ))オロオロ

ポンは急いで未完成な冷凍プロジェクトを結構しちゃって・・・それが失敗に終わったみたい。もう残る手は、生き証人であるジェヒだけ。その話を聞いたミンジェは、もうこんな事はやめよう・・・俺たち結婚しようって言うんだけど、もうジェハにはそんな言葉はどうでも良いことになってて・・・あああ・・・プロジェクトの責任をとって、ジュハがケイサツに捕まっちゃったよー☆

ポンの元に抗議にいったミンジェだったけど、ジュハが、自分の手の手術と引き替えにこういうことをしたって事を知るんだよね。

ポンは院長に、孫を助けたかったら、協力してジェヒを差し出せっておどしてきて・・・

そんな中、ジェヒの体も変化が起こってきます。急な吐き気・・・そして、素手で熱い鍋をさわりやけどしても、気づかなかったり。ハロンは、教授の遺品から、CDを見つけ出します。内容を見て驚き、院長の元に!!

この冷凍手術・・・実は大きな副作用があったみたいだよーー!!教授はその副作用も分かっていながら娘の再生を決行したみたい(T-T) ウルウルどうなるのーーー??

ラスト、ポンの差し金で、ジェヒが連れさらわれてーー!!心配で立ち寄ったミンジェがそれを見たよ。





第十四話

ジェヒを助けたミンジェは、そのままジェヒを連れ去って帰ろうとしないんだよね。どうにかソウルにもどるよう説得してたジェヒだったけど、諦めて東海に行きたいって・・・ここはハロンとの思い出の場所なんだよね。

ジェヒはここでミンジェに全てを告白しようとするんだけど・・・倒れてしまって。

親切な夫婦の家に泊めてもらったジェヒとミンジェ。ここで偶然、奥さんの出産に立ち会ったりして、二人は幸せな気持ちになって・・・でも、どんどんとジェヒのタイムリミットは近づいてきてた。

倒れることも吐き気も頻繁だし、何より手の感覚がなくなってきてて・・・

二人が東海に居ると知ったハロンは、追っ手をまいて、東海に。そこで、ミンジェに、「ジェヒだけはダメなんだ」って話をするんだけど、ミンジェは、諦めなくて・・・

三人で川ですごすんだけど、ミンジェは大好きな二人と一緒に居れて嬉しそうで・・それがなんとも心が痛いのよね・・・

そこに、ジュハがやってきたよー。ジュハったらすっかり人が変わっちゃって、ジェヒを実験結果として、世間に出さないとって躍起になってて。祖母である院長の言葉に耳を貸さないし、東海で、皆の前で、ミンジェが全て知ってることを暴露し、ジェヒの事をののしって・・・

ミンジェは、「俺もおやじも醜くない!お前と居るときは、お前に愛を感じなかったから愛をしらなかったんだ」なんて言っちゃって・・・ジュハの怒りはMAXに!!でも、ミンジェの言うとおり、今のジュハって醜いよね・・・。どうしてもジェヒを実験台にのせ、ミンジェと結婚しないと気が済まなくなってるみたい・・・w

ハロンは、なんとかジェヒを病院に連れていって、その後、一人で幸せに新たな人生を歩めるようにしてやろうと、ジェヒをソウルに連れ戻そうとしてたのに・・・このままじゃ行けないって、ジェヒは電車から降りちゃったよーーー!!そしてふり向くとそこにはジュハがーーー!!このジュハ、超怖かったヨーーー((;゚Д゚)ガクガクブルブ



第十五話

あああ・・・どんどんジェヒの副作用が進行していくよー☆結局倒れてジュハの病院に運ばれたジェヒ。ハロンは、ジュハを最後に信用してCDを渡し、もう助かることのないジェヒを連れて、外国に行こうとするんだよね。これは、ジェヒ(ソリョン)と居たいからって理由じゃなく、息子であるミンジェに、愛する人に死なれてしまう苦痛を経験させたくなかったから。自分がずっとそれに苦しんで生きてきたから、息子に同じ思いをさせたくなくて・・・せめてジェヒが生きてると思わせて生きていかせたくて。ジェヒが亡くなった時は、自分も一緒にいくつもりで。

なのにポンったら、ミンジェに副作用の話をして、CDがあれば助けられるって嘘をつき、ミンジェを利用して、CDを持ってこさせやがったーーー!!

結局CDを手にしたポンは、病院をやめ、「冷凍人間は実在する」なんて記者会見で公表しやがったよーーー!!

騙されてたと知ったミンジェと、ジェヒを心配するハロンは、二人でジェヒを探して。でも、その頃ジェヒの副作用はひどくなってて、記憶まで障害がでて、家までの道順がわからなくなっちゃってたんだよね。

それに気づいたハロンは、ジェヒの昔住んでた家までむかえにいき、ひっそりとホテルにかくまいます。ヤンスクに付き添いを頼んで。(ヤンスクは助監督のギテクの子を身ごもったっぽい)

どうしてもジェヒの居所を教えてもらえないミンジェは、必死で探してて。ポンが、ジェヒが国外に出られないよう、「身分偽造」だって事をケイサツに通報したことを知ります。

このまま出国したら危ない・・・そう思ったミンジェは、ハロクをつけて、ジェヒの居場所までやってきて・・・・

ここでジェヒがもう治らないことを聞かされるんだよね。ハロクは、ずっと側に居る自分の決意を話するんだけど、ミンジェは「どうして簡単に諦めるんだ?」って。絶対ジェヒを助ける方法を見つけてみせるって言い張って。

それを聞いたジェヒは、もう逃げない事を決意。ハロクとミンジェの家に住むことにします。自分から自分を公開するって話もしてたけど、どうやるんだろう・・・

そして・・・ミンジェは、実はポンに渡したCDは偽物だったことを告白します。本物のCDを・・・最後にジュハを信じてジュハに渡すんだよね。全てをジュハに託すの。そして。。。信用の証として、ジェヒが自分の家に居ることもおしえて。

あああ・・・あんな良い子だったジェハは人が変わったように悪人になっちゃったけど、ここで改心してくれるのかな?って思ってたら・・・ひーーー!!ポンに連絡とって「逢いたい」なんて言ってたよーー!!一体どうなるの??次回最終回だよーー☆




第十六話

見終わったよー☆最後泣いちゃったけど、幸せな気持ちで終われてよかったよー☆

ジュハは、CDと副作用の進行を止める薬をポンと取引するんだよね。ジェヒで実験して、成功したら、CDと、その成功報酬を渡すことと、失敗した時の責任は自分がとるってことで。

シェヒは味覚や視覚までおかしくなってきて・・・頭には白髪も。どうにかしてジェヒを助けたいミンジェは、その完成品なのかどうか分からない薬を自分で実験して、成功したらジェヒに打とうとしてて・・・それを見て、ジュハは、もう手を引く決意をし、ハロンは、「こうなることを望まなかったから、お前には言いたくなかったんだ」って父として息子を愛してる気持ちを伝えて・・・

ジェヒは「死ぬまでにしたい5つの事」を実行しはじめます。ハロンとミンジェと一緒にでかけて、大声で、酔っぱらいとケンカしたり・・・。

幸せそうに見えるジェヒだったけど、本当は日に日に生きたくて苦しくて、ジュハの足にしがみついてお願いしたりして・・・でも・・・もうすでに手遅れなんだよね。もう死を待つしか方法はなくて。

そんななか、2つ目、3つ目、4つ目のやりたいこともこなしていくジェヒ。それを暖かく見守るハロンとミンジェ。

映画の試写会の日・・・主演女優として、ハロンとともに絶賛をかったジェヒは、ついに目がみえなくなってしまいます。最後に見たものがハロンで良かった・・・そう思いながら視力をなくすジェヒ。

帰り道、ハロンとミンジェに「海に行きたい」とお願いを。海で、以前三人で楽しんだ記憶がよみがえり、三人ははしゃいで遊んで・・・

「最後のやりたいことをしたい・・・愛の告白を」そういうジェヒは、二人を遠くにやって、テープレコーダーに言葉を残します。その言葉は・・・・

ハロンとミンジェの愛にかこまれ、そしてハロンは、ジェヒだけでなく、ミンジェの事も心から愛してて・・・・海辺で眠くなったジェヒは、そのまま眠って帰らぬ人に・・・

幸せなままいってしまったジェヒ。泣いたわー。

でも・・・ハロンとミンジェは、心から愛し合う親子になれてて、二人でその無くした愛を「幸せだった記憶」に変え、前向きに生きててほんと、良かった(T-T) ウルウル

ラスト、どう終わらせるんだろう・・・って思ったけど、哀しいけど幸せな終わり方で安心しました〜


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。