まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

金の化身(全二十四話)
第九話〜第十六話


第一話〜第八話はこちら) 第十七話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
イ・チャドン : カン・ジファン
(イ・ガンソク)          
ポク・ジェイン : ファン・ジョンウム

チ・セグァン : パク・サンミン

ウン・ビリョン : オ・ユナ

注意:この作品は字幕なしで見ているため、翻訳が多少間違ってる場合もあります。まー、こんな感じって事でお許し下さい(笑)
第九話
うわ・・・クォン検事だけど、検察庁総長を任命されたみたい。チョ検事の上司になったよ。クォン総長に、どんな検事になりたいかと聞かれ、正義感のある検事になりたいと答えたチャドン。しかし・・・ジェインを見て本当に正義感のある検事になれるのか不安になって・・。

五年後。

不法賭博場に、ヤン係長と潜入捜査に入ってるチャドン。ひゃー。なんだかいい加減な検事になってる??チャドン・・・とある組長??の逮捕と、現金を物々交換しようとしてて・・・そこにジヨンが来たから、「証拠品を押収した」と言い訳してこの組長を捕まえてるしw

この賭博場に・・・うわ・・・偶然ファン弁護士も来てたんだ。落ちぶれてる感じだけど。そして、チャドンの落としたコイン(幼い頃から持ってる、父にもらったコイン)がファン弁護士の元に転がってきて・・。偶然それを見たファン検事は、チャドンがガンソクだと気づきます。

ビリョンは5年間、セグァンのプロポーズを待ってるんだけど・・・セグァンは誤魔化してて、その気はないみたいだね。

ジェインはオンマのサ◯金を継ぎたくなくて、レストランを経営してるみたい。赤字続きだけど、オンマを認められたいし、チャドンを見返したい気持ちがあるみたいね。偶然、いきなり店が繁盛して。。。いい気分になってるんだけど、犯罪に使われてて薬の受け渡しの現場を押さえるため多くの刑事や検事が潜入してただけだった(笑)この検事がセグァンなんだけどね。

んで。。。ジェインはちらばった薬を吸ってしまって、すっかりおかしくなってるし(爆)

そしてこの捕物劇がニュースに。すっかりおかしくなってるジェインの姿もニュースに。それを見たジェインオンマは呆れてるw

正常に戻ったジェインは、無理やり、検事であるセグァンと、クォンの息子ヒョクに、後始末をしろと無理やり掃除をさせてる(笑)

ジェインオンマは、チャドンとジェインを呼び出し、二人に結婚するよう命令します。そして結婚の覚書をだして、二人に、拇印を押すよう強要を。仕方なく押すしか無い二人。

ぶはは!!嫌がってる二人だけど、ジェインは、嫌がりながらもドキドキしちゃってるし、それを確認しようとしたチャドンは、ジェインオンマにイチャついてると勘違いされるし(爆笑)

このジェイン母だけど、ファンへ信用金庫の持分を25%持ってるみたいで、それを部下にジェイン名義に変えさせてて・・・。これからも持分を確保し、ファンへ信用金庫をものにするまでは秘密だって言ってる。こっそり狙ってるみたいね。

チャドンだけど、巷じゃ「集金の達人」と呼ばれ、陳述書まで検察に提出されたみたい。ジフは、チャドンを怪しんで、いろいろ調べてて。仕方なく、ジフを自宅に連れて行くチャドン。チャドンの自宅を見て・・あまりに貧しそうで驚くジフ。

自分は孤児だから、孤児院に寄付したりしてて、お金がないと説明するチャドン。こんなみじめな暮らしをしてるのに、不正検事といわれるなんてと悔しがり、ジフが自分の理想の検事だと言い、誤魔化します。実は・・・この家には隠し部屋があり、そこには現金が隠されてた!!うひゃー☆アボジそっくりじゃん!!高級車も隠してるよ。ぶはははは!!高級マンションの一室も、内緒で借りてる。

100億の現金をためたら、あのうんざりなポク母子とおさらばできると思ってるみたい。

そんな中・・・ヤンピョンの山崩れの現場で札束が見つかったあの冒頭の事件がテレビに!それを見たファン弁護士。そこは、ガンソクが生まれてすぐ、会長がガンソク名義にした別荘だ。急いでソウル地検のチャドンについて調べるファン弁護士。ファン弁護士は、チャドンの育った孤児院で幼い頃の写真を見、ガンソクだと確認します。

そして・・・この事件の担当になったチャドンに電話をし、「あなたの本当の名前を知りたくないか?」と話すファン弁護士。今夜12時に、漢江ホテル1205号室に呼び出します。

チャドンは、見つかった大金の持ち主に関係してる、パク・キスンとイ・ガンソクの名に聞き覚えが・・・5年前、仮出所させてあげたあのアジュンマがキスンだと気が付きます。キスンって、孤児院を紹介してあげたのに、挨拶もなく消えた・・って事になってるみたい。

夜12時前に・・約束の部屋に来たチャドン。しかし・・12時になっても誰もこなかった。その頃、工事現場??から突き落とされたファン弁護士が!!

どうやらファン弁護士は自殺って事になったみたいだね・・・。

監察部に移動になったチャドン。相変わらずヤン係長と隠れて不正をしてお金をあさってるよ(笑)

ジフはファン弁護士は自殺じゃなくて他殺だと睨み捜査を。

ひゃーー!!監察部の新しい部長って・・・セグァンだ!!セグァンがチャドンの上司に!!着任早々内部不正の調査をすると言い出し、まずは監察部から捜査すると言い出した!!不正だらけのチャドンに、「集達(集金の達人)とよばれてるのが誰か知ってるか?」と・・・それがチャドンの事だと分かってて聞いてるの??


第十話
集達の事は自分が直接探しだすというセグァン。チャドンはまだばれたわけじゃないからとヤン係長に言って、裏工作に乗り出します。セグァンが見張ってるのに気づかず、ヤン係長が動こうとしたところで・・・助けたのはチョ検事だ!セグァンが見張ってることを伝え、チャドンを呼び出し、全てのコネクションと縁を切るよう言います。

その頃、ジサツとして片付けられようとしてるファン弁護士の事を、タサツではないかと怪しむジフ。無くなった携帯を探すよう部下に命令します。

全ての取引相手と手を切る段取りをしてたチャドンだけど、シルバーレインという会社を調べて、アンジェリーナという会長がたくさんの会社をやってると分かり・・・最後にもう一度だけ儲けようと策略をたてます。アンジェリーナってビリョンなのにー(滝汗)ビリョンなんだけど、セグァンが将来政界に進出することを見越して、事業を広げてセグァンの後押しをするつもりなんだね。愛されてないのに相変わらずすがりついてる感じだね。

ひゃー。そのセグァンなんだけど、やっぱり、集達はチャドンだと睨んでて、監査チームに入れたみたい。

セグァンの元にジェインが!!店の被害の賠償しろーって乗り込んできた(笑)ジェインったら、チャドンとジフが一緒にいるをみて面白くなくて、チャドンの恋人だなんて言っちゃってるし(笑)ジフに勘違いされたくないチャドンだけど・・・ぶはは!!ジェインオンマの部下が見張ってるから、恋人のふりをしないといけなくて・・・イチャついて・・・というか、つねり合ってるし(爆笑)その上、ジフには仲良しだと勘違いされる始末w

何を調べてもほこりも出ないチャドン。しかし・・・偶然、ヒョクがチャドンとナムサン土建のチャ社長が話してるのを(叔父だとごまかしたチャドンだったけど)見た事から、この会社を家宅捜査することにしたセグァン。

なかなかチャドンと入札の話ができないチェ社長はどうしても会わないとまずい状況にチャドンを追い込んでて・・。チャドンの部下が、監察が見張ってることに気づき、チャドンに教えます。
むしろ正面突破すると言い出したチャドン。

どうするのかと思ったら・・・ぶはは!!盗聴器を見つけ出し、わざとその盗聴器に向かって、入札の配慮をしてほしいという相手を叱咤してる、検事の見本を演じて喋り出したー!

チャドンが監視に気づいてやった演技だとすぐに気づくセグァン。トリックにはトリックで返さないとと言い出した!わざとチャドンの前で、株式捜査の疑いで調査をするとチャ社長を連れて行ったーー!!あいつを問い詰めれば集達が分かるだろうとチャドンに言うセグァン。

セグァンは、チャ社長にチャドンが裏切ったと信じさせ、娘の結婚式をネタに自白するよう強要します。チャドンは呼び出されてクォン総長の元に行くと・・・丁度目の前の鏡越しにセグァンがチャ社長を取り調べしてて・・どんどんチャドンに金を渡したことを告白するチャ社長。集達はチャドンだとはっきり証言を!!一点の嫌疑もなく捜査するとチャドンに話すクォン総長。

チャドンの家に捜査令状が出たとジフに聞き、驚いたチャドンは事務所にかけつけようとするけどセグァンたちに見つかって・・・なんとか携帯をうまく使って、セグァンに、家宅捜査して秘密金庫を探すと言われてる会話をヤン係長に聞かせます。暗証番号を暗に伝えて。

その話を聞いたヤン係長は急いでチャドンの家に。

ジェインが店を経営してることを知ったジェイン母。ローンもたくさんあると知り、カードを全部止めてしまいます。金の怖さを知らない女は自分の娘になる資格がないといって。それを聞き、アッパは死んでなくて、お金のためにこうやってオンマに追い出されたって事を知ってると口にしたジェイン。
 
ヤン係長が事務員と共に金を持ちだそうとしたところに・・・監察が!!もう無理だ・・・そう思ったヤン係長は・・・

家に金を残したまま・・・ひゃーー!!家を爆発させたーーー!!!(驚)

その頃、ジスはファン弁護士の携帯を現場で見つけた!!

爆発のおかげで捕まらないですんだけど・・・金を失い、ショックで涙をながすチャドン・・。それは爆発させるしかなかったヤン係長や事務員も同じ気持で・・・。皆、今まで使いもせず稼ぐだけに必死で生きてきたのに・・・。

チャドンのオンマ、キスンなんだけど、セグァンに病院の独房に入れられてるんだね。騙されて独房にいれられた時・・・会長を殺したのがセグァンだったと知るキスン。

失意のチャドンの元に、懲戒委員会にかけられるとの連絡が!!拘束されるか、免職になるか・・絶体絶命だ!

絶対に一人では死ななと、立ち上がるチャドン。自分にも爆弾がひとつあるんだって。

チョ検事の元にいき、起訴を止めるよう言うチャドン。今まで金を回した検事や弁護士の名前をあげ、一人では死なないとおどします。

第十一話
ついに懲戒委員会が開かれた。容疑を認めないチャドン。その頃チョ検事の手引きで、クォン総長を呼び出した某有名議員。次回の選挙出馬の席を餌に、チャドンの事を話しだす議員。

チャドンの処分が決定する前に、委員長の携帯に電話が。休廷時間に、セグァンの携帯にもクォン総長から電話があり、チャドンの事件ははなかったことにしろと命令が。

再び委員会が始まり・・・嫌疑はこれ以上追求せず、辞表のみ受け取るという処分が決議された。

チャドンに、自分のアボジの話をするセグァン。金持ちの運転手で、その金持ちが飲酒運転で事故を起こした身代わりで刑務所に入り病気になって・・・その金持ちがさらに成功して大金持ちになってる間に刑務所で死んだと話します。そして自分は、検事になって復讐するため、その金持ちの金で検事になったって。その、悪い金持ちは、最後は悲惨に死んだ・・・悪党が最後に罰を受けること・・それが正義だ、チャドンのような奴が検事でいるのは絶対に正義ではないと!

それに対して、幼い頃自分にだけ噛み付こうとしてくる犬の話をするチャドン。最後は自分がその犬に噛み付いてやったって。自分にとって、噛まれたからと我慢しない事が正義だ、力がなくても、最後まで抵抗すると言い残し去るチャドン。

ジェインのローンをすべて引受け、ジェインの債権者となり、パルド(ジェインママの部下の名前。パルドって言うのね。笑)からジェインが嫌がってる自分の仕事を、習うよう命令するオンマ。仕方なく・・・市場に金の回収にパルドと出かけたジェイン。

ジェインったら市場の人たちに、利子だけ払ったら、元金を帳消しにしてあげるなんて言い出して!!どんどんジェインの元に利子を払いにくる市場の人たち。

一緒に辞表をだしたヤン係長と事務員のホン主任とと共に、弁護士事務所を開くチャドン。でも、せまくてみずぼらしい部屋で(笑)失意のチャドンは酔っ払ってジェインを呼び出します。検事を首になったから、付き合ってるふりや、好きなふりはしなくていいと話すチャドン。チャドンに「正直、淋しいよ。。。俺はお前がすきだから・・」 と言われ、「実は私もあなたが好きで・・」と告白しようとしたジェインに、「お前みたいな妹がいたらって思う・・」と続けて眠るチャドン。

チャドンを事務所に運んだジェインは「絶対諦めない!!いつか必ず私を好きにさせてみせるわ」とチャドンの寝顔に。

次の日、ヤン係長は、山から出てきたイ・ガンソクの金の事で提案をチャドンに。消えたキスンの法定代理人になって、その金を届けるって事だ。手数料だけでも20億になる。チャドンはキスンを探し始めます。同じ頃、コ記者もこの100億を狙ってて、ビリョンを説得してるよ。

ヤン係長が、キスンを送った運転手を見つけ出し、がチュンチョン道にある療養院にいった事を掴みます。しかし・・・キスンの入院記録がない!信頼されているという院長の経歴で、昔、南営洞の監禁所にいた事・・その療養院に入った患者で、家族に全財産を譲渡した人が以上に多いこともチャドンに報告。その上、単純労働してる職員は全て知的障害者を採用してるって。

怪しんだチャドンは、本主任の実兄「ホン・ジャソク」になってその病院に入院すると言い出した。ヤン係長も、単純労働者として潜り込むよう指示を。

ビリョンがジェインの店に大勢の社員を食事に行かせて・・。ファンへ信用金庫の株持分25%がジェイン名義になってるから、近づこうとしてるんだね。何も知らないジェインは大喜びしてるよ。

ジェインが市場でやったことがついにオンマにばれた!でも・・・オンマは大したもんだと大喜び。手段を選ばず利子をもらってこいと言ったからその通りにしたって事だよね(苦笑)

ブハハ!!「私は朝鮮の国母だ」と、女装で町に繰り出し、救急車で運ばれるチャドン。この音楽がまた笑えるんですけどー(爆)病院に着いたチャドンはいきなりセグァンを見かけて、ここに間違いないと確信。迫真の演技(笑)で、入院に成功を。

ファン弁護士の携帯から通話記録が出たが最終通話は、不法携帯だったし、その不法携帯の通話記録は全て削除されてると報告されるジフ。この時、セグァンも一緒にいるんだよね。そのファン弁護士の通話記録に、チャドンの番号があることに気づいたジフ。そのことがセグァンにばれないよう誤魔化します。

クォンとコとセグァンとビリョが同席して話を。クォンは、通話記録が削除されてるなんておかしいからタサツかもと話します。クォンは犯人じゃないみたいだね。この中にファン弁護士をころした人がいるんだろうか・・・。やっぱセグァン??

ジスは、チャドンが犯人じゃないと信用してるけど、どうして黙ってたのか不審に思い電話するんだけど、チャドンの携帯は切れてて。

ヤン係長はうまく、設計図を見つけ出し、病院に地下室があることに気づきます。それをチャドンにこっそり教えた!するとチャドンは秘密病棟に入ると言い出します。

ホン室長が、兄から財産放棄の念書をもらってほしいと院長に。うまく話をつけ、チャドンは秘密病棟に運ばれます。院長の回診の時間になった!!キスンは廊下に・・・チャドンの前に現れるか!!




第十二話
院長の回診・・・結局キスンは体調悪くて出れなくて、チャドンに会えなかったよ。点呼から外していいと院長が言ったので、廊下に出ることはなくなったね。でも・・出て来なかったその部屋が怪しいとにらむチャドン。

わお!!コ記者がテレビでキャスターとしてでて、集達がみつかったと報道を流した!!テレビ画面にはチャドンの姿が!それをみて驚くジェイン母。この番組では辞表を出したことも発表してる・・。剥奪ではなく辞職なんて内部もみ消しではないかとメディアで訴えるコ記者。バックでそうさせてるのはセグァンだ!!番組で顔まででては・・・もう弁護士もできないだろう・・・

オンマに、もうこれでチャドンとは関係ないからチャドンの話をしないでというジェイン。しかしオンマは、「お前はチャドンがいないと生きていけないじゃないか」って・・・。さすがオンマ、分かってるね。チャドンに振られたのかと聞かれ、オンマに似て、無能な男は許せないから、自分からふってやったんだというジェイン。

このままではキスンを見つけられないと・・・食事中わざとあばれて集中治療室に連れて行かれたチャドン。ここでは・・・電流が流され、拷問のような事をされてて、その叫び声は、地下室の全部屋に放送されて・・。

拷問を受けながら「ガンソクはまだ死んでいない。オンマが来るのを待ってるはずだ」と叫ぶチャドン。そして・・・昔キスンの言った言葉も口にした。それを聞いて驚くキスン。チャドンが来てくれたと気が付きます。

ヤン係長は、秘密病棟の掃除に入る事に成功。ゴミ箱にカメラをしかけて来てるんだけど・・・キスンを見つけたよ。

ジスは、ファン弁護士がチャドンの育った施設にきて、チャドンの幼い時の写真を見せてほしいといった事を聞き出します。そしてファン弁護士が最後に通話した携帯の電源が入ったとの知らせが!駆けつけるジスなんだけど、セグァンもつけてきてる!!誰がファン弁護士をころしたのか知りたくて!!!犯人はセグァンじゃなかったのか。不法携帯を持ってた男を捕まえたジスだったけど、携帯は拾ったものだって。漢江に向かって誰かが捨てたのを拾ったんだね。

次の日の回診で・・・無理して廊下に出てきたキスン。チャドンと互いに確認し合います。いやーん!!食堂でせっかくキスンがチャドンに、家族写真を見せようとこっそり渡そうとしたのに・・・見つかって渡せなかったーー!!それを見れば、ガンソクはチャドンだって分かったのにー!!

録画できたサインをこっそりチャドンに送ったヤン係長。チャドンが騒ぎを起こしてる隙に・・・ヤン係長がキスンに、チャドンが開業して、息子さんを探そうとしていると話します。キスンはヤン係長にガンソクの写真を渡し、探しだしてほしいと頼みます。その写真を・・・こっそりチャドンの部屋のゴミ箱に入れるヤン係長。でもチャドンは腕を鎖で繋がれてて・・・。

このまま見れないのか?と思ったら、鎖が外されて、チャドンが写真を見たーー!!!そこに映ってるのは自分だ!!驚くチャドン。全然思い出せないのに・・・こんな事があるのかと号泣。

チャドンはここを出るために財産放棄書にサインをしたんだけど・・・、院長に馬乗りになって責め立てて・・・、再び集中治療室に。「ガンソクが見つかった!あなたを助けに来るから少しだけ待っててくださいと言ってます」とメッセージを伝えます。院長は、どんどん電流を強くしていって・・・

その衝撃に、記憶が蘇るチャドン。アッパの事・・・オンマの事・・・。そのまま気絶して・・・。

うわー。コ記者とビリョンは、100億の事でクォン総長を呼び出し、手を組もうと話を持ちかけ、セグァンを説得して欲しいと頼みます。クォンはセグァンに、この話を持ちかけ説得を・・・。

ジスは不法携帯を売った男を逮捕。その男は、車のナンバーの最後の4桁が2580だった事だけ覚えてた!

ビリョンは、ジェインに会いにきたんだけど、レストラン社長だと思わず、ジェインに嫌な態度をとった上・・・以前エステで喧嘩した相手だと互いに気づき言い合いに。ジェインが社長だと気づき・・・焦るビリョン。このパターン以前もあったなー。ジェイン母とビリョンの出会いとおんなじだ(苦笑)ただ違うのは・・・ジェインが社長だと知り謝るビリョン・・・ってだけじゃなく、ビリョンがアンジェリーナだと知り、もっと低姿勢になるジェイン(爆)

解放されたチャドンは、チョ検事に病院の動画を送り、呼び出します。チョ検事はすぐに家宅捜査に入るよう手配をしてくれて。

病院に検察が!!院長を逮捕。チャドンも一緒に乗り込んでるよ。秘密病棟の鍵を手に、急いでキスンのもとに!!「ガンソクは?」と聞き、ガンソクを探してと言いながら意識を失うキスン。チャドンは急いでキスンを病院に!!急性肺炎だって!!母の手を握り、涙するチャドン・・・。

キスンが目覚めると、自分の手を握り眠ってるチャドンが・・・チャドンが幼い頃のガンソクに見えて思わず頬を撫でるキスン。キスンも気づいた!!幼い頃事故にあい、記憶がないことを話し、覚えてなかったのに心の中で忘れられなかった気持ちを告白するチャドン。抱き合うチャドンとキスン。泣けるーー(号泣)

早い段階で親子が再会出来てよかったよー(涙)すれ違うかと思ってドキドキしたよ。
アボジをころしてオンマをこんなふうにしたのは誰かと聞くチャドンに、キスンは「セグァンだ」と教えたーー!!セグァンだと聞き、蘇る記憶!セグァンとビリョンとファン弁護士がグルになってやったと話すキスン。これからどうなるの??ワクワクだーー!



第十三話
検察庁に、セグァンに関する嘆願書が。各メディアにもキスンの名前でセグァンのスキャンダルがリークされて。その内容は、サツジンの汚名を着せられ精神病院で15年も過ごしたという内容であり、精神病院でヤン係長が撮った動画も送られた。イ・ジェマン殺人事件をの再調査を嘆願してるんだよね。担当検事はチュ検事。この検事もセグァンに恨みを持ってるみたいで、チャドンとつながってるよ。

もちろんセグァンは全てを隠滅するんだけどね。セグァンは、キスンを昔仮釈放させたチャドンの仕業ではと、チャドンを探させてるんだけど、見つからないみたいね。

チャドンはジスを呼び出して、酒を飲みながら、ファン弁護士が以前キスンの顧問弁護士だった事を教えます。ファン弁護士の死は、工事現場から出てきた100億と関連してるかもって。そこに、セグァンが酔って寝てるから迎えにきてくれというバーからの連絡がジスの携帯に。

ジスと一緒に店に迎えに来たチャドンは、酔って眠ってるセグァンを家に送ります。酔って、「たかがパクキスンごときに・・・」と言ってるのを聞いたチャドン。セグァンにクッションをかぶせようとするんだけど・・思いとどまります。そしてセグァンの部屋から、セグァンとビリョンの仲睦まじい写真を見つけ、その写真を撮ります。他にもいろんな資料を撮ってるよ。

翌朝・・・セグァンが目醒ると、チャドンも部屋で寝てて。キスンの事を聞こうとするセグァンに、先に、あの工事現場から出てきた札束がキスンさんの息子のカネらしいですよと話しだし、キスンさんの法定代理人になって、そのカネを受け取ってあげようと思うと話します。手数料は20億なのに・・・どこに居るのか分からないと悔しがるチャドン。手数料の10%をあげるから居場所を教えて欲しいって。

チャドンを追い返した後、キスンが見つかったという連絡がセグァンの元に。セグァンは、クォン、コ、ビリョンに、あの100億をキスンに渡さないと、手を組む事を伝えます。

キスンのいる病院にやってきたクォン。過去の過ちを謝り、ガンソクは今ドイツにいるといい、偽ガンソクの映像を見せます。騙されたふりをするキスン。遺伝子検査をするので髪の毛が欲しいというクォン。髪の毛がほしいクォンは、誰が会長サツジンの犯人だと思ってるのかと聞かれ。。。キスンの望む答え、「セグァンです」と答えます。髪の毛を持っていくよう言うキスン。この会話を録音してたんだね・・・。

ガンソクのあのカネは、実際には100億をこえるらしく、法務部が銀行に保管を要請したんだけど、金額が大きすぎて銀行側が拒否し、保管先は秘密にされている。

今は名乗り出る時ではない・・ファンをころした人があの中にいるとヤン係長と本主任に話すチャドン。そしてその犯人の弁護を受けるつもりだって!

2580ナンバーの車の容疑者が・・・クォン総長だという報告を聞くジス。

あらま、久々にジェイン登場。すっかり暴食になってるよ。

キスンはチャドンに、復讐をしないでほしいと言い出します。危険な目にあってほしくない・・・立派な弁護士になって自分みたいな可哀想な人を助け尊敬される人になってくれたら幸せだって・・・そういってチャドンの背中で意識を失うキスン(涙)泣けるー(号泣)オンマー!!!

そしてそのまま亡くなっちゃったよ(涙)セグァンをころして自分も死ぬと涙するチャドン。

セグァンたち4人組が病院に駆けつけてきた。キスンの死亡を確認し、自分が喪主にあるというセグァン。それでキスンの動画の汚名を晴らすって。コ記者も、記事をでっちあげて書くと乗り気で。

葬儀の日・・・一弁護士として花をたむけにきたチャドン。しかし・・・不謹慎にも、記事のためにセグァンと葬儀の写真をとってるコ記者が!!コ記者に騙された時の・・・幼い頃の事を思い出すチャドン。

チャドンは母の遺体の前でセグァンに、セグァンの言った、悪い奴には罰を受けるのが正義だといったセグァンの言葉・・・検事職を失って初めてその意味が分かったと話します。いくら早くても早すぎないのが後悔だというセグァンに、その言葉を胸に深くに刻むとチャドン。

オンマの遺灰に、オンマの言ったとおり、立派な人になるけど・・・その前にオンマを死なせたセグァンたちは絶対に許さない・・・100倍、1000倍にして復讐してやると話すチャドン。

ビリョンはジェインのご機嫌をとり、政界財界の権力者の親睦会をジェインの店でやると話し、喜ばせます。

文学界でビリョンが会長を替えようとしてるという情報を、ジェイン母に教えるチョ弁護士。そこに案zテリーナが親睦会の場所をかえたとの報告が!!実はジェインの店なんだけどね(笑)そこにジェインオンマが!ジェインオンマがビリョンをひっぱたいたー!!ジェインと一緒に応報しようとしたビリョンだったけど、ジェインが「オンマ」と呼ぶのを聞いてびっくり。

ジフは、セグァンに、ファン弁護士を殺害した犯人が載ってた車がクォンの車だったと相談を持ちかけます。

ジフはクォンの元にいき、容疑者の車両が68-2580だと判明したと報告を。そして釈明をして欲しいって。

ひと月前に盗まれた妻の車だと答えたジフ。直接取り調べしてもいいかとジフに聞かれ、当然だというクォン。うわ・・・本当にこの車が盗まれてたんだね。クォンが嘘をついてないみたい。

密かにクォンを疑ってる風なセグァン。自分の車を犯行に使われ、傍に犯人が居るはずだというクォン。

四人の用意した偽ガンソクが深刻しようとしたところで・・・別のガンソクが名乗りをあげた!!驚きガンソクが現れたとセグァンに電話したコ記者。

駆けつけ、お前は誰だと詰め寄るセグァン。しかし・・・大勢ガンソクだと申告してきてて・・・ネットに、100億の相続人がガンソクだとでたらしい!!

ガンソクであるという遺伝子検査をするという担当職員。ガンソクの母キスンが、遺伝子検査の再検査を要請したって。これでは四人組の用意した偽ガンソク@偽造鑑定書付きも、意味をなさない。車椅子にのり、この大勢のガンソクだという男たちにまぎれて検査をうけるチャドン。

ガンソクは死んだから一致する人などでないはずだとたかをくくるセグァン。

結果はっ表の日が!!血液検査を通してキスンと一致する人は見つかったという発表が!!その身元は教えられないって。

ガンソクが生きていたと知り驚くセグァン。

復讐なんてやめるようチャドンに言うヤン係長。チャドンは神の法であの4人を審判すると宣言を。


第十四話
セグァンから、ガンソクが生きていると聞き、驚愕するビリョン。コ、クォンも合流し、相談を。血液検査が捏造されたのではないかと疑います。そこにカネの保管場所が見つかったとの知らせが!

チャドンは、セグァン達がカネの保管場所を見つけそれを監視し、カネの行方を追ってガンソクを探しだすはずだと読んでるんだよね。

倉庫にあるカネのコンテナをどうやって監視をあざむいて運び出すか・・・。カネの入ってるK-40のコンテナを見はり続ける4人。しかし何日たっても、ガンソクが取りに来なくて・・・仲を確認すると、空だった!!そこには一枚の聖書を引用した張り紙が。ガンソクの宣戦布告と取れる内容で。チャドンはコンテナの番号をK-39と入れ替え、K-39と書きなおされたコンテナを移動し、カネを運んでたんだね。

チャドンは、アボジである会長が残してくれた遺産をこうして相続したって事だね・・・。カネだけじゃなく、金とか、すごい資産だ!!そしてここから復讐が始まるんだ・・・。

ガンソクが身を隠したりセず、復讐のため再び現れる事を望んでるというセグァン。ここには記者と実評価と検事が居るんだから怖いものなどないというビリョン。 

これからは危険だからと、ヤン係長とホン女史に、十分な大金を渡し、手を引くよう言うチャドン。今までカネの為にチャドンについてきたわけじゃないといい、今のチャドンの淋しい気持ちも理解して、傍に居ると言ってくれる二人♪

まずはファン弁護士の事件から解決するというチャドン。

ジェイン母なんだけど・・・何かこっそり録音してる・・・最近頻繁に記憶が曖昧とか言ってて・・もしかしてアルツハイマー??それを隠してるって事??ジェイン母はジェインに、6%の持分のあるコ社長を説得してファンへ信用金庫の最大株主になり、ファンへ信用金庫を自分のものにするよう言います。そうすれば、ジェインが継ぐのを嫌がってたサ◯金からも抜け出せるし、チャドンも助けてあげられるって。

コ社長はジェインの度胸を気に入ってくれて、持分を譲ると約束。

ビリョンはサムスン洞のコ社長に連絡を取りたがってるのを知ったチャドンは、コ社長に持ち株の事で相談されてる弁護士のふりをしてビリョンの前をうろついて・・・引っかかって声をかけたビリョン。ビリョンはチャドンに、コ社長の持分を自分に譲って欲しいと相談します。コ社長の持分を譲る代わりに、自分をファンへ信用銀行の法定代理人にするよう条件を言うチャドン。即座に契約書を作ります。

ガンソクは自分たちの傍にいるはずだとセグァンに話すクォン。予想しない意外な人物かもしれないって。その時。。。昔、仮釈放されるキスンが、チャドンをガンソクと呼んだ事を思い出したセグァン。気づくの早すぎだよーー(滝汗)チャドンの育った施設で確認するセグァンだったけど・・・これで確信されるのかと思ったら、チャドンの写真が差し替えられてて、別人の顔になってたよ(ほっ)!

コ社長と一緒にゴルフに行くから一緒に行こうとビリョンを誘ったチャドン。ビリョンはもちろん二つ返事で。コ社長とアンジェリーナがゴルフに行くと聞いたジェイン母は驚いて。ジェインはパルドを連れてそこに向かいます。

コ社長に、素人のジェインより、成功しているアンジェリーナに任せた方が良いと説得するチャドン。ジェインはチャドンを見つけ、これは育ててくれた人を裏切る行為だと責め立てます。しかし冷静に、ジェインは無能だからコ社長を奪われるんだと話すチャドン。そしてジェインを親の七光り扱いして・・・。悔しかったらジェインも実力をつけて自分の力で暮らしてみろと言うチャドン。

チャドンに失望するジェイン。ジェイン母はこの事を報告され、チャドンを破滅させると決めたよ。帰ってきたパルドに先週末チャドンと会ったと言われ・・・覚えていないジェイン母。音声ファイルを確認します。

チャドンはちゃんとジェイン母に事前に話をしてたんだね。今度の株式総会で、アンジェリーナに僅差で勝ったとしても、ジェインの力じゃ持ちこたえられない・・・今回はアンジェリーナに譲り、チャドンが法定代理人として信用させてから破滅させ、ファンへ信用金庫をジェインに渡すってストーリーなんだね。そしてコ社長をチャドンに紹介したのもジェイン母だ!!やっぱ・・・ジェイン母、アルツハイマーなんだね・・(涙)それも進行してる・・・。誰にも内緒にしてるんだね・・・。

ジェインは酔って、チャドンのボロい事務所の前に。中にチャドンが居ると気づかず、チャドンの悪口を連呼したあと、チャドンの事が好きだったのにと泣きながら叫びます。自分が痩せたのも、事業をはじめようとしたのも、全部チャドンの為だったって・・・。それを聞き・・・初めてジェインの本心に気づいたチャドン・・・。 酔って眠ってしまったジェインを抱きしめ・・・俺には愛される程の余裕がないから、俺を愛したりするな・・ごめんとささやくチャドン。

ファン弁護士の捜査記録を、チョ検事を通じて手にいれたチャドン。ファン弁護士をころした犯人がクォン総長の車で移動したこと、ジフが失踪した車両を捜索してることが分かります。ジフより先に車両を探さないといけないと言うチャドン。

株主総会で、アンジェリーナが、代表理事に選任された。この場には他の3人も居るんだよね。席を立つジェインとジェイン母。外でチャドンに会って・・・。事実を知らないジェインは、チャドンを越えてやるって意味かな?復讐の為?とにかくチャドンが目標だと言って、チャドンに宣戦布告した感じだよ。

ひゃー!!ジフったら・・・怖いものしらずだ・・・総長であるクォンのアリバイ捜査の為、クォンの自宅に来たよ!!直接クォンにアリバイを聞くジフ。確認までしてるよ。

うわー!!チャドンの元に、クォンの車が見つかったとの報告が!

ジフを食事に誘ったチャドン。ジフは事件の事は完全秘密にしてて・・・。そんななか、ジフの元に探してる車両の写真が!!車両が見つかったと席を立つジフ。わざと素知らぬふりをするチャドン。

ジフが駆けつけると、車両の中に赤いマフラーが!!ヤン係長とホン室長はこっそりその光景を録画してるよ。

クォンの元に。ガンソクの名で動画ファイルが送られた!!ヤン係長達が撮った車両からマフラーを見つけたジスの映像。マフラーにはHJSのイニシャルが。ファン・ジャンシクのイニシャルだ。

誰がクォンに濡れ衣を着せようとしてるか分かるかとチャットでクォンに聞き、猜疑心をあおるガンソク。

その後、ガンソクが、ブラックボックスの映像を見るんだけど・・・ひゃーー!!車を運転してたのは・・・アンジェリーナ事、ビリョンだった!!意外ーー!!



第十五話
映像は、運転しながらファンに電話をして、工事現場に呼び出してるビリョンの映像だ。この映像をジフに送らず、まずは4人の結束力をじわじわ引き裂くとヤン係長に言うチャドン。

四人組はビリョンの会長就任を祝う食事会を。そこでチャドンを法定代理人である弁護士として紹介したビリョン。驚く3人組。不快感をあらわにするセグァン。そんなセグァンに、民国党のオ議員がセグァンを好意的に見てると話すチャドン。オ議員と言えば・・以前クォンの全国区の議席を一つ譲ってくれると約束した議員だ。比例代表でセグァンに一席用意してくれるらしいとすかさず話すチャドン。

これはクォンも面白くないよね。これはクォンの裏切りなのか、ガンソクの策略なのか考えるクォン。セグァンが裏切った時のために保険を用意することに。その保険とはジェイン母だ!!

ビリョンの恋人はセグァンでしょうというチャドンに、ただの事業パートナーだというセグァン。ビリョンは面白くなさそうだよ。

落ち込んでるビリョンと二人きりで二次会をするチャドン。ビリョンの淋しさを煽り、友人になってあげるとやさしい言葉をかけるチャドン。そしてセグァンにしてもらえないような優しさをわざと与えて。。。。

クォンは息子のヒョクに、ジェイン母の力が必要だから、ジェインに近づくよう言います。後で嫌じゃ離婚しても良いからって。操り人形じゃないといい反抗するヒョクを殴りつけたー!!

そしてクォンはジェイン母の元に行き、自分の持ってる10%の株で手を組まないかと持ちかけます。比例代表の申し出を受けて入るが優先順位が低いので、それを上げて欲しいというのが条件だ。この密約の証票として、ヒョクがジェインを気に入ってるからと、二人の婚姻を勧めるクォン。

ジェイン母はパルドを通じて、このクォンの動きをチャドンに伝えます。ヒョクとジェインの結婚話のことも聞き、なぜか腹を立ててるチャドン。デートをすると聞き、場所まで聞き出して(笑)このチャドンの嫉妬って、すでにジェイン母の読み通りだったって事だね(笑)ジェイン母はわざとパルドにジェインの事を言わせたんだ(笑)

ジェイン母はとてもチャドンが好きでなんとかジェインと結ばれて欲しいと思ってるんだね。

ブハハ!!ジェインとヒョクのデートしてるレストランにチャドンが(爆)わざとラブショットしてるところなどイチャついてるところを見せつけるジェイン。チャドン、嫉妬で店を出ちゃって。チャドンが消えた途端、ヒョクに対する態度を帰るジェイン(笑)

ひょーー!!会長になったビリョン達の会議に、監視委員会委員長に選出されたと突然ジェインがやってきた!!株主理事会で選任されたって。

おおーー!!チャドンは、ガンソクの名で、セグァンのPCに音声ファイルを送った!!クォンがキスンに、犯人はセグァンだと思ってると話したあの録音だ。

セグァンにチャットで、ファンを殺したのはガンソクだと分かってるといわれるんだけど、それを否定し、あんたらと同じ人間になりたくないからころしていないと伝えるチャドン@ガンソク。目の前に現れろとセグァンに言われ、「お前が俺の顔を見る日はお前の人生が破滅する日だ」って。最後に、クォンが自分の代わりにセグァンに刃を向けるだろうと伝えて。

セグァンは、ガンソクに振り回されないと自分に言い聞かせてたんだけど・・・偶然、クォンがセグァンの裏切りを疑ってる発言を聞いてしまって・・・。ガンソクが自分たちを仲たがいさせようとしてると気づき、思い通りにはさせないと呟きます。ひょーー!!セグァンの学生時代の思い出映像・・・無理あるって!!この大学生時代(爆笑)おっさんが息子の服を着てるって感じ(爆笑)

そしてセグァンは、ガンソクが仲たがいさせるためにクォンの車に残したマフラーの事を思い出し、遺伝子サンプルで採取したガンソクの血液を取り寄せます。

ジェインが監査委員会を招集。アンジェリーナの妨害で委員は誰もこなくて。しかし、ジェインはパルドと二人で帳簿を調べ監査を始めます。

チャドンは、ビリョンの靴に小型盗聴器をつけることに成功。

オモモ!!ジェインやるじゃん。戻ってきた委員達を上手に使ってる。

四人組の会合。ガンソクから連絡があったことを伝え、クォンにも連絡が来たんじゃないかと聞くセグァン。ファンのマフラーが車から見つかった事も。それを聞き、動揺してグラスを落とすビリョン。

この中に、ファンを殺して自分を陥れようとしてる奴がいるとはっきり言うクォン。自分たちが互いを信頼することが重要だというセグァン。そしてガンソクをファン殺害の犯人にしたてあげる話を持ちかけます。ファンのマフラーを利用するって。でも、詳しい内容を話す前にビリョンを部屋からだすセグァン。

ここまでの会話を盗聴するのに成功したチャドン。しかし・・・肝心のガンソクを犯人にする方法がわからなくて・・・。

セグァンは男だけで話し合い、マフラーにガンソクの血液をつける事を提案。

しかし、チャドンも、血液だと思いついたよ!!

家に帰ろうとしたビリョンは何者かにつけられてて・・・怖くてエレベーターに乗り込むと・・ひゃー!!そこには落書きが!!「ウンビリョン、お前がファンジャンシク サツジン者だ」って書いてあるー!!必死で手で消すビリョン。部屋に戻ると部屋が荒らされてて!!

セグァンにガンソクが来たみたいだと電話するんだけど、「警察に連絡しろ」とだけ冷たく言われて・・。警察は面倒になるかもだから、警備にしろとまで。ビリョンはチャドンを呼び出します。セグァンがここまで冷たくしたのは、ガンソクとチャットしてるから。でもそれを打ってるのはチャドンではなく、ホン室長だよ。

駆けつけたチャドンに抱きつくビリョン。ビリョンが化粧室に行くと、鏡に「イ・ガンソクを覚えてるか?」という文字も発見!!気絶したよ!!

倒れたビリョンを病院に運んだチャドン・・うわー!!点滴からビリョンの血液を採取したー!!


第十六話
遅れて病院に来たセグファンに、浴室に真珠のネックレスがあったことを教えるチャドン。単純な泥棒ではなさそうだって。これって昔、ガンソク父がビリョンにあげたあのネックレスだよね。

チャドン側は、ガンソクの血液とビリョンの血液を入れ替えることに成功。マフラーにつけられるビリョンの血液。

ファンを殺した犯人がだれか探してみたかとクォンのPCにガンソクチャットが。そこにはセグァンも。そんな必要はない、すぐに犯人は明らかになる、ガンソク、お前だと余裕のクォン。クォンはマフラーにガンソクの血液をつけたことを教えます。お前も母親と同じように殺人者として一生を終えるんだって!!

うわ・・・すごい勘だ・・・。セグァンは、ガンソクはチャドンだとまだ疑ってるんだね。いつでも、何が起こってもそこにチャドンが関わってるから。キスンを病院から連れだした男の顔を知ってるあの捕まってる病院長に、チャドンの写真を見せます。しかし・・・すでにチャドンが手を打ってて、仲間であるチュ検事を使って、量刑を減らすカラリにチャドンを知らないと言うようこの院長と話をつけてた!初めて見たと、約束通り答える院長。

突然、チャドンを自宅に呼び出すセグァン。今でもチャドンは集達に見える、何の目的で自分のまわりをうろつくんだと聞くセグァン。逆に、ガンソクとはどんな怨恨関係があるのか聞くチャドン。ガンソクから連絡があったら、手数料を払うから教えてくれといい部屋を出るチャドン。うわー。セグァンがチャドンを呼んだ本当の理由は、チャドンの唾液を採取するためだったんだ!!マフラーからガンソクの血液が出た後、チャドンの唾液の遺伝子と比較するつもりで。

ジェインは、委員の作った完璧な報告書が捏造である事を見つけ出し、株主総会でその不正を暴きます。これはアンジェリーナの金流通の不正を暴いたって事なんだね。騒ぎ出し、アンジェリーナに真相を追求する株主。うまく抜け出し、後で報告書を出すと約束するアンジェリーナ。

ガンソクから会いたいという申し出が、クォンのPCに。セグァンも一緒だ。ガンソクが指定した場所に向かうクォンとセグァン。

ジフの元にも、ファンをころした犯人から自首したいと呼び出しが!!

コの番組に生出演してるビリョン(アンジェリーナ)とチャドン。

チャドンが、クォンとセグァン、そしてジフを呼び出した部屋は、何もない事務室のような部屋。そこにはPCが。動画が入ってて・・・再生すると、あのブラックボックスの、ビリョンの映像だ!セグァンもクォンも驚いてる。この女は誰か知ってるかとジフに聞かれ・・・「ファンへ信用金庫のアンジェリーナ会長だ」と答えるセグァン。

生出演中のビリョンが、小休憩にはいったときこっそり携帯を見ると・・・あの動画が!!驚愕し、動揺するビリョン。

放送が終わってすぐ、ジスにファンの殺人容疑で緊急逮捕されます。

この事件の担当は、ジスではなくセグァンがすることに。ガンソク父の事までばらされては困るし、マフラーからガンソクの血が出れば、ガンソクに全て押し付けるつもりで。

セグァンになぜファンを殺したのかと聞かれ、案の定、過去の事を話そうとするビリョン。セグァンは、この取り調べをいきなり非公開にし、マイクを切ります。

誰にも聞かれず二人きりで話すんだけど、ビリョンはほんの少しも、セグァンに愛されてないことを実感。そこに、ビリョンの弁護人だと、チャドンが現れた!!ビリョンに、黙秘権を行使するよう言うチャドン。車を運転したというだけで、サツジンの証拠にはならないとセグァンにいいます。

完全にビリョンはセグァンに失望したみたいだね。頼れるのはチャドンだけだ。ビリョンに、もうすぐマフラーの鑑識がでて、ガンソクの血液が出るはずで、そうなればビリョンは無罪になると言うセグァン。ここを出るまでセグァンを絶対信じないといい、質問に答えないビリョン。

不拘束捜査の手続きをとり、ビリョンを外に出すチャドン。チャドンは間違いなくガンソクだと、どんどん確信をもつセグァン。国家捜査研究所にチャドンの唾液も依頼したみたいだね。

ファンを殺したのか、真実をビリョンに聞くチャドン。ファンはビリョンに、ガンソクが生きてると話し、セグァンの悪事をばらすと脅して金を要求してきたんだね。セグァンを守るため、金を渡す約束をし、あの現場でファンに会ったビリョン。しかし・・トランクの中には偽札が・・振り向いたファンを突き落としたビリョン。

全て。。。セグァンの為だったんだね。。。

鑑識結果を一緒に聞くため、チャドンを呼び出したセグァン。チャドンに「イ・ガンソクに似てる」というセグァン。そこに鑑識結果が!!そこにはB型の女性の血液との結果が。

この結果をチャドンに聞き、自分はファンのマフラーなんか見てないと驚くビリョン。そのマフラーはセグァンが捏造したと言ってた事を思い出し、チャドンに伝えたビリョン。最初からビリョンを犯人に仕立てる計画だったんだと、ビリョンの気持ちを煽るチャドン。

復讐するから手伝ってとチャドンに頼むビリョン。そこにセグァンが!!逮捕状を見せ、逮捕するセグァン。ビリョンはセグァンに唾をかけ、自分ひとりじゃ絶対に死なないと言います。

ファンへ信用金庫の預金を降ろそうと、詰め寄る顧客たち。ジェインは、監査の資料を全部公開し、アンジェリーナの持分を回収し、その金でもう一度会社を立ち直らせると言い出した!成長したねー、ジェイン。

長くて五年だから・・・ビリョンを待ってるからというセグァンの言葉を、もういっさい信用しなくなってるビリョン。うわ・・・クォンだけど、セグァンがビリョンの対処を考えてる間に、漁夫の利でファンへ信用金庫を自分のものにしようとしてる!!

セグァンのPCにガンソクのチャットが!!これは全部クォンが仕組んだ事なんだって!!今回の争いでクォンは大きな戦利品を手にしたと。



注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。