まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

ガラスの靴(全四十話)
第一話〜第十話


第十一話〜第二十話はこちら

第ニ十一話〜第三十話はこちら
 〜キャスト〜

パク・チョルン : ソ・ジソブ

キム・ユニ(イ・ソヌ) : キム・ヒョンジュ

キム・テヒ : キム・ジホ

ウ・スンヒ : キム・ミンソン

チャン・ジェヒョク : ハン・ジェソク 

  

第一話

テヒは妹のユニとパパの三人暮らし。ママは、自分の命と引き替えに、ユニの命を生誕させた。生活は苦しく、ユニはまるで母親のようにユニとパパの世話をするしっかりした女の子。対するユニは自由奔放で、嫌な事は嫌とはっきり口にする性格の意志の強い子だった。

ジャージャー麺を食べに来たユニたち。外で不良に絡まれるジェヒョクを見つけたユニは助けようとし、ユニを助けようとパパも参戦。このパパったら、子供の為だったらどんなことでもして守ろうとする優しいパパなんだよね。

本当、韓ドラの子役って上手なんだよねー。前見た時も、子役に泣かされて、ユニなんか、登場しただけで涙出そうになっちゃった。韓ドラマお決まりだけど、父の失業・・そして、白血病の発覚・・

もう!!ユニってらなんて可愛いの(ToT)不良とのケンカで穴があいてしまったパパの靴。新しいのをプレゼントしたくて、貯金箱を持って靴屋に。お金足りないけど、どうしてもパパにプレゼントしたい靴があって、靴屋の店主に何度追い出されても、必死で掃除したりして、アルバイトをして靴を買うんだよね(ToT)でも・・・疲れ果ててバスを乗り過ごして道に迷ってしまったユニを心配して探し回ってたパパにビンタされちゃって・・・

後で、自分の靴を買いに行ってたと知ったパパ・・・なんか泣けちゃうよ(ToT)実はこのパパ、財閥の御曹司で、父の反対を押し切って、家を出て、ユニやテヒのママと結婚し、結婚以来ずっと父親とは絶縁状態なんだよね・・・

でも、白血病で、自分の命が長くなく、お金が無くて手術もできないパパは、意を決して財閥の会長である父の元に・・・でも、父は冷たく息子を追い返してしまいます。帰り道。。。雪のせいでバスが止まってしまった。娘達を心配するパパは、雪の中を、ユニに頼まれたみかんを片手に歩いて家に向かいます・・・このみかんをもってるのが、また泣けるよ・・・(ToT)通りかかった車のライトをみつけて、乗せてもらおうと、近寄ったパパ・・・ああ・・・車にはねられて亡くなっちゃったよ(ToT)散乱したみかんが泣けるー(ToT)

知らせをうけて遺体確認にいったテヒとユニ・・・テヒがパパのぴかぴかの靴(ユニがプレゼントした)をみて。。。「アッパ、アッパヤ?チョンマルアッパヤ?」って駆け寄ってすがりついて泣くシーン・・・もう号泣だよ(ToT)そして、ユニが入ってきて、「パパ・・・そこで寝てるの?」なんて言うシーンも、もう・・・もうーーー。・゜゜・o(iДi)o・゜゜・。うぇぇん






第二話

ひどい・・・(ToT)大家さんったら葬式が終わったばかりなのに、家賃滞納で追い出すばかりか、思い出の家財道具まで全部押収しちゃって(ToT)

別々の施設に入れられることになった姉妹。ユニは生前の父と「お父さんが何かあったときには、必ずテヒがユニを守る」と約束していた。この約束を守るため、施設に入る前に抜け出して、ソウルに居るおじいさんの元に行こうと決めたテヒ。母の形見の指輪はユニの首に。父の形見の指輪はテヒの首に・・・。きっとこの指輪が二人を守ってくれると信じて・・・ああ・・・ほんの少しの差で、息子の死を知ったおじいさんが孫達を探しにきたのに入れ違っちゃったよ(ToT)

駅で、「パパに会いたい」って駄々をこねるユニに涙ながら、「一緒に支え合って頑張ろう」って声をかけるテヒ・・・もう涙涙だよー(ToT)外に出た二人は、以前会った不良に絡まれます。そこで・・・大事なお財布・・全財産も入ってるし、唯一の手がかりであるおじいさんの写真もはいってるパパの形見の財布をすられてしまいます。

テヒは、ユニに、「ここで待ってて」といい、不良を追いかける・・ああ・・・ユニが追いかけていっちゃったよー・・・そしてトラックではねられて・・・・トラックに乗ってた夫婦がユニを連れていっちゃったーーー(/□≦、)エーン!!

やっと不良を捕まえたテヒは、なんとか財布を取り戻そうとしたところに、巡回中の警察がきて、逆に不良達に「家出娘だ」ってつきだされ、保護されてしまいます。警察に行く前に、ユニを待たせた場所に戻ったのに、見つからないユニ。ユニを心配して必死に警察に「妹を捜さないと」というのに、信じてもらえません。目を盗んで警察を逃げ出したテヒを助けたのはジェヒョクだった。

ユニ達のおじいさんは、パク運転手に孫を必ず捜し出して欲しいと頼み、ソウルに戻ります。偶然パク運転手と警察の話を耳にし、テヒがチェハグループの会長の孫だと知ったジェヒョク。ジェヒョクは、「自分の未来がかかってるんだ」といい、今までためた120マンと引き替えに、テヒの財布を渡してほしいと不良の元へいきます。なんかジェヒョクにも事情があるみたいだね。

トラックの運転手をしてた食堂をしてる夫婦の旦那は無免許だったから、これがばれたら警察に捕まってしまうって思い、ユニを家に連れて帰ります。目が覚めたユニは記憶喪失になっていた。ここの家にはスンヒという、同世代の子供が居るんだけど、スンヒーーーε=(=`・´=) プンスカプン! 全く!!子供の頃から嫌なガキだわ!!食堂夫婦はテヒを市場に捨てようとしてるしー!!



第三話

テヒに財布を返してあげたジェヒョク。どうしてここまでしてくれるの?と聞くテヒに、自分にも父と祖父がいて、祖父は会社で不渡りを出し、ショックでなくなり、残された父は借金苦で自ら命を絶った話をします。この不当たりにチェハグループが絡んでそうだねー。なんとか、テヒを会長の元に行かせたいみたい。

テヒは市場にもう一度、ユニを探しにいきます。そこで、不良達に再会し、不良達を警察に聞こえるように「スリだ」って言って警察につかまえさせて・・・そんな騒ぎの時、そこに食堂の主人に捨てられたユニもいて、テヒをみるんだよねー・・・ああ・・・・でもユニったらテヒの顔も記憶喪失で忘れてしまったのね(ToT)迷子で警察に保護されたユニ。ああ・・・この保護した警察官って、この前テヒを保護した警官だよー。ユニは元々頭の良い子だから、食堂の名前を覚えてて、食堂に連れて帰ってもらいます。そのとき、警察は、ユニの指輪に書いてあった「イ・ソヌ」って名前をユニの名前だと思って、「イ・ソヌの家はここかい?」って聞いた事から、ユニは母の名前である、「イ・ソヌ」って名前で呼ばれるようになるのよね。

ジェヒョクは、不良のボスに、取引を持ちかけてきます。もし、一つ言うことを聞いてくれたら、後ろ盾になってデカくしてやると。キム・テヒを自分の元に来させるようにしてくれれば、必ず約束は守ると。ジェヒョクとの約束で、テヒを捕まえ、痛めつけたボス・・・でも・・・テヒのまっすぐな目を見ると、すごく気になるんだよね・・・・

テヒにはもう頼れるのはジェヒョクしか居ない。ジェヒョクの元にいき、一緒にソウルに向かいます。ジェヒョクはテヒのおじいさんがチェハグループの会長だって知ってるから、うまく、新聞で見つけたふりしてチェハグループまで行くんだよね。そして、おじいさんとの出会い・・・・

きゃーーー☆予告でウリジソプがやっとでたーーーー☆(^ー゜)ノヤッタ♪(ー゜ ノ)クル(゜ ノ)クルヽ() クル( ゜ー)クル(゜-^v) ブイ♪次からなのね〜♪チョルンでたのしめるのはー☆私はチョルン役のジソプファンなので、かなーーーーーりチョルンよりのレビューになりますが、あしからずv(。-_-。)vブイッ♪






第四話

おじいさんに出会って、感動のシーン・・・テヒはユニを探してって、ユニの事ばかり心配してるのが切ないよ(ToT)おじいさんは、ジェヒョクを呼び出し、何が目的でテヒを連れてきてくれたのか聞きます。ジュヒョクは、「僕を買ってください。金だけじゃ成功しない。金は人を動かす物です。その両方を動かす人間になってみせる。」と・・・会長はジェヒョクが気に入ったみたいね。

会長の家には、出戻りの叔母と、年下の従弟ソジュンが同居することになった。叔母は、テヒの父や母の事を悪く言うから、テヒは家に居づらく、離れで暮らすジェヒョクだけが心の支えだった。でも、ソジュンは良い子そうだね〜。

ユニを探すパク運転手。交通事故が、ユニを見失った近くであったのに、病院に搬送された子供が居ない事実を突き止めます。警察でも、そのトラックを必死で捜査します。そんな中、ユニを食堂に送った警官は、もしかしてと思い、ユニの食堂に足をはこび、ユニと少し話をしていると、食堂のおばさんが、無理矢理ユニを店にもどし、明らかに不振な行動で・・・警官は、事故の車種と同じトラックがあったことから、念のためナンバーを控えます。

それを見ていた食堂の夫婦は、このままじゃ捕まってしまうと思い、夜逃げを決意。この夫婦、しょっちゅう夜逃げしてるみたいね。かなりどうしようもないバカ夫婦だよ。ユニにはおばさんは当たり散らしてるし。

ユニが見つかったとの報告で、食堂に駆けつけた会長とテヒ。途中で、トラックと行き合ってるんだよね・・・でも寒いのに、ユニだけ荷台に乗せられてて、気付かなかったんだよ(ToT)食堂に着いたときには、もう・・・ユニはいなかった。

会長から、アメリカに留学させてやるというチャンスをもらったジェヒョク。そのかわり、会長が認めるまでテヒには近づくなという条件だ。ジェヒョクを空港で見送るテヒは「絶対戻ってきてね。戻ったら貴方と結婚するから」そう言います。

そして15年後・・・

きゃーーー☆チョルン〜♪出てきたわ!!チョルンーー☆最初から格好良い!!ビリヤード場にやってきたヤ○ザがビリヤードの邪魔をしたから、一気にやっつけて「アチョー」なんてポーズ決めて!!可愛い〜♪でもでも、ケンカの時、出前の食器を壊しちゃって、出前の食器を取りにきたソヌ(ユニ)に、お盆で一発殴られたー☆久々にチョルン見て興奮しちゃったわ〜キャッ(^^*))((*^^)キャッ





第五話

初っぱなからソヌがうらやましいわー(ToT)説教するソヌに、チョルンは、「気に入った。俺とつきあえ。今日からお前は俺の女だ」なんてーーー☆ソヌはチョルンにもう一発お盆パンチ食らわしてたけど〜チョルンがここでケンカをしてたわけじゃなくて、お店を助けたのにねー。

ソヌは相変わらず食堂でこき使われてるよ。叔母さんはソヌをこきつかい、スンヒは遊んでばかり。おじさんは花札ばっかやってて。ソヌが居なかったら皆暮らしていけないよ!!ソヌは働きながら、夜間の大学を卒業したみたい。隣のうどんやのおばあさんがすごくソヌを心配してるみたい。このおばあさんって実はチョルンのおばあさんなんだけどねー☆ちなみにユニを探してたパク運転手はチョルンパパなんだよねー。

一方テヒは、やっぱどこかでおじいさんを許せなくて、チェハグループには興味を示さず生活してた。しかし、おじいさんから、俺を負かしたいなら、実力で、一般社員として、チェハグループに入り、のし上がって来てみろって言われます。おばさんは相変わらずで、おじいさんがテヒに会社を譲りたがってるのが気に入らないみたい。息子のソジュンは全然欲がなくて、テヒと仲良くしてるよ。ユニを探すテヒを手伝ったりしてて。レストランの社長をやってるけど、かなり自由人って感じ。

うわー!!もう!!スンヒったらソヌが必死でこつこつ貯めてたお金を持ち出して、何なの??その変なパーマ頭は???その上、スンヒったらチョルンに片思いしてて、誕生日だからって無理矢理クラブに連れて行くしー!!お金が無くなったのを知ったソヌは、スンヒを追いかけてきます。

テヒも、「妹の事ではなしがある」と興信所からナイトクラブに呼び出されて、テヒとソヌは同じエレベーターでクラブに向かってるのにーーー!!なんでテヒ、ソヌがユニだって気付かないのよー(ToT)テヒは中に入れたけど、ソヌは、服装で入れてもらえず、入り口ですったもんだしてたら、今度がテヒが(実は興信所の報告は金目当ての嘘だった)クラブから追い出されて・・・大丈夫ですか?ってテヒに声をかけたソヌ。でも・・・ああ・・・テヒったらそのまま帰っていったよ・・・







第六話

ソヌは、チョルンたちと帰ってきたスンヒに、「お金を盗んだでしょう」って詰め寄ります。シラを切るスンヒ。チョルンたちが止めに入るんだけど、ソヌが逃げ出して・・・追いかけるチョルンが格好良いーーー!!そっか・・・ソヌは一生懸命お金をためて、そのショーウィンドウの服を買うのが夢だったんだね。そしてそれを来て、就職して、安心できる生活を手にいれることが・・・。そんな話を聞きながら、洋服かけてあげるチョルン格好良いし、ソヌの名前を聞いて、アチョーって喜ぶチョルンも最高☆★「俺、人生の目標を決めた。イ・ソヌだ。彼女の側で支えてあげなきゃ・・・」って子分のスタクに話すチョルン!!

ジェヒョクがアメリカから戻ってきた。アメリカでは大活躍だったらしい。会長は、ジェヒョクをためすため、倒産しかかってるチェハ通信の赤字を減らせるかどうか、三ヶ月やってみないか?って持ちかけ、OKするジェヒョク。失敗したらアメリカに追い返される約束で。テヒの元に帰ってきたジェヒョク・・・てか、テヒったら15年ぶりにジェヒョクをみてすぐ分かったのに、なんでユニは分からなかったんだろう・・・突っ込んじゃいけないかな?σ(^_^;)アセアセ...テヒは、ジェヒョクと一緒に仕事がしたい気持ちもあり、チェハグループの入社試験を受ける決意をします。

ソヌはとなりのうどん屋のおばあちゃんから、チェハグループの入社願書をもらいます。躊躇するソヌに、やってみなさいと優しく声をかけるおばあちゃん。スンヒは、チョルンの妹ヨヌンから、チョルンがソヌに一目惚れしたって聞き、チョルンに問いただします。チョルンから「ソヌが好きだ」って言われたスンヒは部屋で暴れある暴れる!!「先生も近所の人も私を悪者にして、あんたばっかり。その上チョルンオッパまで」って・・・・あんたが全部悪いんじゃんw逆恨みもいいとこwその上、ソヌの顔に怪我までさせるしー。ソヌは、就職して、こんな家絶対出て行ってやるって心に誓います。

願書受付の日。。。もう!!おばさんったらソヌに店番押しつけて、遊びほうけて、わざと帰ってこないんだよ!!見かねた隣のおばあさんが店番を変わってくれて、ギリギリに願書を出しに行くソヌ・・・しかし・・・会社のまえで、ひったくり

を見かけ、ほっておけなかったソヌは、時間が無いのに追いかけます。一緒に犯人を追いかけるのはなんとジェヒョク。二人はこれで出会ったのね。そして、二人のお陰で犯人はつかまり・・・ああ・・・ソヌったら書類を落として、会社に行っちゃった。ジェヒョクがそれを拾ってたけど。会社でまたソヌとテヒはすれ違ったけど、気付かないよね〜今更w





第七話

結局六時の提出期限までに見つからなかった書類。ジェヒョクが届けようとしたけど、代理人じゃだめだったみたい。会社の前で暗くなってから、ジェヒョクに逢い、書類を返してもらいます。「結局身の程を知れってことだったんだと思います」そう言って書類をゴミ箱に捨てたソヌ

ソヌに会いたくて、食堂の前でこっそり待つチョルン☆もう・・・チョルンったらストレートなんだよねー♪機嫌の悪いソヌが、「あんたが嫌いなの」なんて言っても、「俺が好きだから」なんて言っちゃうし、もう可愛い〜☆なんか憎めないよねー♪(ファンだからか??)このストレートな愛情表現好きだなー^^

ジェヒョクは正式にチェハ通信に就任します。でも会長は、ジェヒョクをまだ試してる所なので、テヒと会うのはいい顔しないんだよね。

そういや、ずーーーっと食堂の叔父さん、ソヌの事、いやらしい目で見てたんだよね・・・・おばさんとスンヒに映画のチケット買ってあげたりして、追い出して・・・・やな予感だな・・・

きゃーーー☆チョルンったらかわいいー☆妹のヨヌンを呼び出して、(ヨヌンのお金なんだけどw)例のソヌがほしがってたスーツを買いに行かすんだよね。「男が女の服なんか買いにいけない」とか、「新聞紙に包んでもらえ」とか、なんか男っぽい所もあるし、可愛すぎーーー!!ヨヌンとスタクは、すっかり兄貴の言いなりなんだけどね〜(='m') ウププせっかくソヌに、服を渡そうとお店まできたのに、話をしてる最中にうどんやのおばあさんが声をかけてきて、おばあさんの孫だってばれちゃったー☆ソヌに「貴方が孫だったの?五年生までおねしょしてた??」とか、恥ずかしい話を次々言われちゃって。。。。その話されてるときのチョルンが可愛くてしかたないよーーーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p ぶはははヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆そんな事いわれて、何も言えず帰っちゃったよー。

その後、スタクに愚痴るチョルンも可愛すぎるq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

嫌な予感的中・・・最後の客が、帰ったあと、おじさんは、疲れて居眠りしてるソヌに襲いかかってきたよーーー!!嫌がって逃げようとするソヌに無理矢理ーーー!!でも、危ない所で、外食せずに帰ってきたおばさんとスンヒが帰ってきて、「何をしてるのーーーー!!!」って・・・

この最後の客って、ソヌに、「キム・ユニって知ってますか?」って聞いてたけど、ここにユニが居るってかぎつけた興信所の人なのかな?




第八話

最低!!叔父さんったら自分で襲っておいて、ソヌが誘ってきたなんて嘘ついて!!叔母さんとスンヒに出て行けと言われ、食堂を出たソヌ。そんなソヌを見つけたうどん屋のおばあさんが家に連れて帰ります。もちろん、チョルンも一緒に住んでる家。

ソヌを見て、お姫様だっこして部屋に運ぶチョルン〜♪いいなー☆事情を知り、食堂にバッドを持って乱入!!中をメチャメチャにし、「ソヌは俺の女だ!!二度と近づくな!!」って叔父さんに一言!!家に戻ったチョルンは、階段の下で、誰もソヌに手出しできないよう、バットを持って寝るんだよね。くーーー☆ナイトだよ!!ナイト!!チョルンったらまさにナイトだわーーー!!

もちろん、スンヒは面白くないわよね。それに、あの叔父さんが襲った時、ソヌの大事な指輪が落っこちちゃって、スンヒが拾って持ってるんだよね。

きゃー☆チョルンったらなんとかソヌに家に居て欲しくて鏡の前で必死で話す練習してるよ。かわいすぎーー☆でも、チョルンが言う前に、おばあちゃんがそう言ってくれて、家に残ることになったソヌ。きゃは☆チョルンったら嬉しくて、またブルースリーのまねしちゃって(*/∇\*)キャ

テヒは、チェハグループの試験を、正当にうけ、ジェヒョクはチェハ通信を復活させるため、会長に必ず三ヶ月以内に結果をだしますと断言し、提案をします。エレベーターに乗ったテヒとジェヒョク。テヒったらジェヒョクに「私たちキスをしよう」って言うんだよね。そしてキスをした二人・・・そのままくっついててよねー。君たちー☆

そこに、「ユニに似た子が見つかった」という興信所からの情報が!!やっぱり、ソヌがおじさんに襲われた日の最後のお客さんは興信所の人だったんだよね。その人と一緒に食堂に来たテヒ。おじさんとおばさんに、ユニの事を聞くけど、顔を青くして、知らないと言い張ります。帰り際に。。。テヒがチェハグループ会長の孫娘で、次期後継者だと耳にします。

その後、食堂の夫婦とスンヒは、ソヌがユニで、チェハグループの孫娘だと知り、逃げるか打ち明けるか、話あってたよ。でも、なんかスンヒだけは悪巧みの顔だよねー。

うわ!!ナップンヨジャ!!やっぱむかつくわ。スンヒったら、テヒに、「例えば私がキム・ユニだったらどうする?」なんていいやがったよε=(=`・´=) プンスカプン!





第九話

きゃー☆ソヌが荷物をとりにお店に行ったんだけど、心配で雨の中、ソヌを迎えに来たチョルン。ソヌに傘を渡して、袋から散乱した荷物を雨に濡れながら「俺は雨が大好きだからいいんだ」なんていっちゃって。。。優しいーー☆でも酸性雨は毛髪に悪いのよ・・・_-)))コソコソ ぼたもちまま♪さんが見たら、また「プロピア」って騒ぎそう・・・(すいません。身内話w)

スンヒったら「私が交通事故で記憶をなくしてて姉が居ることもしらなかったって言ったら信じる?」なんて行っちゃって。テヒは、証拠がないと確信できない自分に落ち込み、ジェヒョクの家に行きます。酔ったテヒは、そのままジェヒョクの家で泊まって・・・次の日、そのせいで、ジェヒョクは会長になじられてしまい、テヒは「父にも母の事をそうやって言ったの?」なんてたてついちゃった。

ジェヒョクが恨んでるのは会長だけで、テヒのことは・・・どこかで好きって気持ちあるのかな?テヒを自分のふくしゅうに巻き込みたくなくて。。。かな?離れようって言うんだよね。でも・・・テヒは必ず会長を説得するから、そんな事は言わないでって・・・。

朝早く起きて、おばあさんと一緒に市場に行こうとチョルンを起こしにいったソヌ。きゃーーー☆チョルンったら裸で寝る癖があって、イヌに全部見られちゃって落ち込んでて・・・可愛い〜♪

スンヒはソヌから、指輪の事を聞かれます。「もし見つけたら、チョルンオッパをくれる?」ってきかれて、「くれるも何も何とも思ってないから」って答えるんだよね。スンヒはソヌのふりをするのをやめて、チョルンが好きだから、指輪と交換にチョルンを自分のものにしようって思うんだけど、ソヌがチョルンの家に居るのを知って大激怒!!「絶対許さない!!」って・・・あああ・・・・悪の道に進み始めたよ!てか。。。。昔っから悪いんだけどねw

ソヌはスンヒからチョルンが店を襲った事をきき、「あんな人たちでも恩人なの」ってチョルンに怒るんだけど、チョルンったらー☆「お前に指一本でも触れた奴は俺が絶対ゆるさない!!」なんて・・・くーーーー☆花を買った(てか・・・スタクに買わせたんだけど)シーンも無理矢理渡すシーンも可愛いわー☆そうそう、ヤ○ザの親分イ・インスがチョルンが気に入った感じだね・・・チョルンはフラフラしてるけど、ワルじゃなくて、曲がったことが嫌いな男なんだよね。

スンヒったら。。。。両親(といっても、この叔父さんは、再婚でスンヒの父じゃなかったのね)に、私がソヌと人生を取り替えるって宣言して、テヒをよびだしたよー!!






第十話

スンヒったら・・・・ソヌの指輪を使ってテヒに妹だと信じ込ませたよ。指輪を見ただけで、そこまで信じ込むテヒもテヒだよ思うんだけど・・・wスンヒはまんまと会長宅でテヒと住むことに。

ソヌは、久々に、誰だか思い出せない。。。でも大切な人だと言うことはわかる人の夢をみます。眠れなくて外にでたら、そこにチョルンが・・・指輪をなくしたせいでナーバスになってるのかな?そういうソヌにほっぺにちゅ♪して、「元気でただろ??」なんていうチョルンかわいいー☆もちろんソヌは怒るんだけど、本当、元気出てるじゃんーー♪

そうそう、前回、ヨヌンの車に、ソジュンの車がぶつかったんだけど、その請求書を持って、ヨヌンがソジュンのレストランに。二人は犬猿の仲って感じ。でもこの展開って二人は恋に落ちるパターンだね♪

チョルンパパの薦めで、チェハ通信の倉庫整理のバイトをはじめたソヌ。きゃー☆イヌの迎えにきて、バスの中で、なんとかソヌに肩を貸そうとするチョルンいいよー♪次の日、ソヌの仕事をスタクと手伝いに来たチョルン。やることは的はずれだけど、本当、一途なんだよね〜♪そこに、最近チェハ通信に嫌がらせをしてくるヤ○ザたちが乱入!ソヌを突き飛ばすのを見た、チョルンはもちろん切れたーーー!!

チョルンが戦ってる最中にソヌを助けたのはなんとジェヒョク。ジェヒョクがソヌに触ってるのをみて、チョルンはジェヒョクにパンチ一発!!




きへ(第十一話〜)
注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。