まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

愛に狂う(全十六話)
第九話〜最終話


第一話〜第八話はこちら)


 〜キャスト〜 
ソ・チニョン : イ・ミヨン

キム・チェジュン : ユン・ゲサン

イ・ヒョンチョル : イ・ジョンヒョク


チョ・ミニ : キム・ウンジュ


第九話

ヒョンチョルは事実をチェジュンに伝えにいくんだけど、ミニが止めたんだよね。もし、チェジュンに言ったら、自分もチニョンに言うって。あの事故は全部自分のせいだから、そして、チェジュンは苦しんで生きてきたからって・・・。ヒョンチョルは、これ以上チェジュンがチニョンといるなら、お前をころすかもしれないとだけ話をして、事実を言わなかったよ。

あああ・・・でも、ついに終わりの時が!チニョンがチェフンの両親に付き合ってる人が居るのを告白して、オンマのセンイルに彼も招待するよう言われて。ヒョンチョルがそれを知ってなんとか食い止めようとしたんだけど、遅かったんだよね。

対面したチェフンの両親とチェジュン・・・オンマはショックで倒れてしまって。チニョンは病院に付きそうんだけど、オンマに出て行ってなんて言われて、訳わからなくて・・・

一足遅くきたヒョンチョルは、チェジュンに「チニョンに気づかれないよう君から別れるんだ」と言い、チェフンの両親に「チニョンにばれないように別れさせないといけない」と相談。そしてミニにも事実を言い、チニョンには、自分がチェジュンの事をゼンカ者だって教えたからオンマが倒れたんだと、自分が悪者になって嘘をついて・・・

駅のホームで、子供を慰めながら泣くチェジュンが超切ないよ・・・(T-T) ウルウル

ミニは、もう一度チェジュンの支えになるためチェジュンの元に。でもチェジュンは、「お前を借りるよ。チニョンが諦めるまで、お前を利用する」と冷たく言って。

家で待ってたチニョンを追い返し、次の朝、辞表を上司に出したチェジュン。チニョンは止めるんだけど、ミニを取り戻したくてお前を利用した。ミニが戻ってきたから、お前に用はないと、冷たく言い去るチェジュン。チニョンはそんな話信じられないし、チェジュンが嘘をついてることもお見通しで・・・でも理由がわからないんだよね。チェジュンを休職扱いにしたよ。

家に帰るとチェフンの両親とヒョンチョルが。オンマはチェジュンを泣きながら殴りつけ、アボジは、「チニョンは私たちの娘だ。息子だけじゃなく、娘までとりあげないでくれ」と・・・。ヒョンチョルは自分がどれだけチェジュンを恨んでるか言い、その後・・・「だから・・・お前までお前を恨むな・・・」って言ってあげて・・・・






第十話

辛いわ・・辛い・・・辛すぎるわー(T-T) ウルウル

チェジュンはチョンホの元にいき、店の格闘技のファイターの仕事を自ら志願してはじめます。殴られて殴られて殴られて殴られて。。。。

その頃、チニョンはチェジュンの部屋に。部屋で待ってるとき、偶然、自分がチェフンの命をうばった憎い相手に送った手紙を見つけてしまいます。強い衝撃を受けるチニョン。茫然自失状態のチニョンは一人さまよってて・・・それを見つけたチェジュンはぼろぼろの体でチニョンの後ろをそっとあるいてて。

でも、チニョンが車にひかれそうになったのを、思わず助けてしまいます。向き合った二人。チニョンは「私にさわらないで!!私の名前をよばないで!!」って興奮して。何事かとかけつけた警官に、「こいつが私の夫の命をうばったのよ。連れていって」と引き渡します。

ケイサツに連行されたチェジュンは、わざとケイサツであばれて一晩ぶちこまれて・・・早朝、外にでるとチニョンが待ってて。

チニョンに誘われ、朝食を食べにいくんだけど、食べろと言われ、ご飯を無心で食べたら、こんどは「ご飯なんて食うな」ってひどくなじられ、傷つけられ、そのままチニョンは行ってしまって・・・もうチェジュンが可哀想でーーー(T-T) ウルウルご飯を食べながら泣くシーンはうるうるだったよ(T-T) ウルウル

ミニの心にはまだチェジュンが居て。でもチニョンと居るヒョンチョルを見ると心が痛んで。二人とも愛してしまって苦しんでるよ。でも、今はチェジュンの側にいるべきだと、歩み寄るんだけど、もうチェジュンは心をミニに開いてはくれない。

事実を知ったチニョンは、必死で仕事に没頭するんだけど、あっちもこっちも思い出だらけで苦しめられて。チニョンからチェフンをとりあげたばかりか、チニョンの心からもチェフンを追い出したチェジュンが憎くて憎くて、ヒョンチョルが止めるのも聞かず、ミニにチェジュンの元に連れていけって。

ミニは、チニョンだけじゃなくチェジュンがどれほど傷ついててどれほど落ちぶれたかみるが良いといって、チニョンとヒョンチョルを格闘するチェジュンのいる店に連れていきます。

格闘するチェジュンはチニョンに気づき、隙をみせ、殴られて・・・・そんなチェジュンを見つめ・・・「そう、そうやって殴られなさい。私の目の前で殴りころされればいい」とつぶやくチニョン。チェジュンは構えてた手をおろし、相手のやりたい放題に殴られ続け、そしてダウンを・・・・



第十一話

どんどん辛くなっていくよー(T-T) ウルウル

意識を失い、頭を打ったチェジュン。気が付いた後も、何度も病院に行こうといわれるのにガンとして行かなくて。ミニはチニョンに食ってかかるんだけど、それを止め「俺たちの事だ。お前には関係ない」と言うチェジュン。ミニは、自分だって苦しんでるんだ。私を愛してたんだからまたやり直そうと言うんだけど、「お前は自分で決断したんじゃないか。」と拒否・・・

ヒョンチョルはチョンホの元にいき、チェジュンを働かせないよう頼みます。チェジュンはひっそりと暮らしていてもらわないといけないから・・・。なんだかチョンホは取引したみたいだけど。。。

結局チェジュンは退職って事になるんだよね。同意書を書きに会社に行き、荷物を持って帰るんだけど、その中には前にチニョンにプレゼントしたカップルキーホルダーが・・・・会社を出ようとしたところでチニョンに会ったチェジュン。「今までご苦労様」と言うチニョンに、皮肉な笑みで「お陰で楽しかったです。公私ともに」と言い、去るチェジュン。しかしいきなり頭を激痛が襲い倒れちゃって・・・

病院に運ばれたチェジュン。チニョンはチェジュンが倒れたとの報告を受けるんだけど・・・ヒョンチョルに「私が動かないように捕まえていて」と頼んで。

「しのうが生きようが、私には関係ない」と口にして自分を言い聞かせるチニョン。チニョンをいつものバーに連れて行き、チニョンの側に居るヒョンチョル。

結局チェジュンは異常なかったんだよね。焦ったよー。あのダウンの時に頭を打った事で不治の病パターン??っておもっちゃったよ。病院を出るチェジュンに電話が。チェフンの父だった。チェジュンは会いに行くんだけど、チェフンの父は「私たち夫婦はもうとっくに貴方を許してます。だから、これからは自分の人生をしっかり歩いて欲しい。でも、もうチニョンには関わらないでほしい」と伝えます。

チェジュンは許してもらえたありがたさと・・・それでも消えない会いたい気持ちで苦しくて、ヨンドゥと無茶苦茶な飲み方をして。泣きながら「会いたい」って叫ぶ姿は(T-T) ウルウルだったよ。

実はハルモニに、正式に自分の息子になって一緒に住まないかって言われてるんだけど、にごしてたチェジュン。大事な物をつかもうとすると、粉々になってしまうから・・・一緒に大事なハルモニと住むのが恐いんだよね・・・(T-T) ウルウル

ヨンドゥはチニョンに電話し、「チェジュンがしんじゃうよ。このままじゃしんじゃうよ。チェジュンを助けて」と言うんだけど、チニョンは「私とは関係ないから」と冷たく言って切ってしまいます。

でも・・・結局ヒョンチョルがちょっと席をたった隙に、我慢できなくなってチェジュンの元に。でも、チェジュンは「なんで来たんだ。無視すれば良かったんだ」と・・・・。そのまま背をむけ帰るチニョン。チェジュンも、逆方向に帰って行くんだけど・・・きゃーーー。突然振り向き、チニョンの元に走り寄って、キスしたーーー!!!!!きゃーーー☆だけど・・・さっき、ゲロゲロしまくってたんじゃなかったっけ(滝汗)それでキスって・・・(爆汗




第十二話

うわ・・・このキスってそういう意味だったんだ・・・。チェジュンは「これを期待してたんだろう」ってキスをしたあとあざ笑うかのように言って・・・。チニョンは「貴方が心から憎い。私たちは憎しみ合おう。憎しみ合うことによって生きていける」と言って・・・・。

そして友情と申し訳なさしか渡せないけどと断って、ヒョンチョルとの結婚を決意したよーーー!!ヒョンチョルはそれでもかまわないって。両親に話をして、婚約を早めにしようってなって・・・。チニョンに笑顔はないけど、どんどん準備が進んでいくんだよね・・・。

もうチェジュンが可哀想で(T-T) ウルウル

チェジュンも婚約の事を知るんだけど、何もできないし。その上、ミニの父に「お前の運命が恐ろしい。お前ほど運命から見放された奴は珍しい。申し訳ないけど、そんな人生にミニを関わらせたくない」ってーーー!!もうーーー!!正直な気持ちっていうのは分かるけど、父親の様な存在であるし、あの事故だって、貴方のシャッキンの為に頑張ってて起こった事なのにー(T-T) ウルウル

でも捨てる神あれば拾う神で・・・。ハルモニはなんとかチェジュンを息子にしようと戸籍謄本をとりよせ手続きしたんだけど、あれって手書きだよね??結局法律が難しくて手続きしきれなくて。手書きで保護者のランに、自分の名前を書いた戸籍謄本をチェジュンに渡し、「お前は私の息子だ」って〜。部屋も新しくかりてくれて。でも・・・自分の不運がハルモニにまでいかないように頑張るってつぶやくチェジュンが切ないよ(T-T) ウルウル

チニョンがハルモニの店に。ハルモニは正直にチェジュンと暮らし始めたことを言います。そこにチェジュンが!!出て行こうとするチェジュンに「出て行くことはない。今度はハルモニまで貴方は奪った。貴方とこうやって会い憎しみが増すごとに生きる気力がうまれるから、避けることはない」ってきつい言葉を言って・・・・。ああ・・・チェジュンが切ない(T-T) ウルウル

チョンホったら、車を買って、ミニに渡し、プロポーズしようとしたのに相手にもされなくて、無理矢理ミニをつれさったよー!それを見かけたヒョンチョルがチェジュンに電話を!チェジュンは急いでチョンホの店に。チョンホったらむりやりミニを襲って自分のものにしようとしてて。それを助けるチェジュン。でも、このとき、チョンホに二回頭を壁に打ち付けられて・・・ミニを助けたあと、なんだか様子がおかしいよーーー!!一緒に行くというミニに、冷たくどなりつけ、朦朧としながら歩くチョンホ。

そして・・・チニョンの家の前に・・・・。それに気づいたチニョンは・・・結局下に降りて、帰ろうとするチェジュンを呼び止めたよー。えええーー??何??何??これ??声かけられて、まるで昔のチェジュンのように満面の笑顔で「課長!!」なんて言った後、いきなり真顔で何もなかったかのようにー!!





第十三話

何しにきたのか・・・からかってるのか聞くチニョンに、「そうかも」と笑い去って行くチェジュン。一旦家にかえったチニョンだけど、やっぱり気になって、探します。やっとみつけたチェジュンは、うずくまって寂しそうで・・・。チニョンはチェジュンに絆創膏を渡し、貼ってあげて。なんだか笑えちゃう二人。そして・・・やっぱり辛いから、二度と会わないようにしようと言うチニョン。

実はチニョンは風邪で熱もあって。無理して外に出たから倒れちゃったよ。病院に運んだチェジュン。帰ろうとすると、意識がもうろうとしてるチニョンが、チェジュンの手をつかんで・・・。かけつけたヒョンチョルはそんな二人を見て心穏やかじゃないんだよね。チェフンの両親もチニョンがチェジュンに会ったことがショックで・・・

ひゃー。勝手に婚約式を早めちゃったよ。今週の土曜なんてー。会社の掲示板の張り紙できづいたチニョン。どんどん話が進んでしまって・・・

ミニはチェジュンに、チェジュンの心の中にはまだ私がどこかに居るはずだ、前はああ言ったけど、幸せになれるならお金はいらないというミニに、「お前と一緒に居ても俺が幸せになれないんだ」と言うチェジュン。ミニはどうしてもチェジュンと一緒になりたくて、父に説得してほしいって頼むんだけど、父はそれだけは無理って・・・。この前あんなことチェジュンに言ったし、それが本心だしねー。

就職がヨンドゥの働いてる修理工場に決まったチェジュン。そのお祝いをヨンドゥとハルモニとするんだけど、それを窓の外から愛しそうに見つめるチニョン。会わないときめたから、二人とも避けようとするんだけど、結局違いに会ってしまって・・・。チニョンはチェジュンに「本当は貴方と出会う前から、貴方の事を許してたの・・・」と告白します。チェジュンは、チニョンに「ありがとう」って・・・。許してくれた事にありがとうじゃなくて、チニョンと出会ってからのすべてにありがとうって感謝の言葉を伝えて。

婚約式の日・・・チェジュンは辛いから一人、風にあたりたくて、島にいって。婚約の準備ができて会場に向かうチニョン。でも・・・ひゃーー!!タクシーから逃げ出したよーーー!!婚約式は花嫁不在で、結局できなくて・・・。チニョンはチェジュンに連絡をとり、その島に向かってるーー!!



第十四話

きゃー☆チニョンは、全部すてて、チェジュンの元に来たんだね。でも・・・皆が自分の罪を許してくれても、自分で自分自身が許せないチェジュンは、チニョンに帰るように言って、受け入れられなくて・・・。

でも悩んだあげく、チニョンと一緒に居ることを決意!!抱き合う二人。二人で乗り越える決意を。そして・・・その夜、二人は結ばれます。

次の朝、始発便で島にきたヒョンチョルとミニ。ヒョンチョルはチニョンに、今なら戻れると説得をするんだけど、チニョンはチェジュンと生きるとはっきり言います。

島から帰ると、両親が埠頭で待ってて。手を握り合うチェジュンとチニョンに深く失望します。そして無理矢理チニョンを連れ帰り、ヒョンチョルとアメリカに行くよう言い、家に閉じこめてしまって。

でも・・・チニョンが両親に最善をつくしてると信じてるチェジュンは必死で仕事をし、チニョンもまた必死で両親に許してもらおうと努力してて。

そんな中、チニョンの家の前で正座して許しを請うチェジュン。そしてチニョンもまた、部屋で正座して許しを請って・・・。両親は、「あいつを選ぶのか、私たちを選ぶのか決めろ」とチニョンにせまります。チニョンは「あの人も罪に苦しんでいきてきた。これ以上彼を傷つけるものは、たとえ誰だとしてもゆるせないんです」と正直に言って・・・ついに家を出たよー!そしてチェジュンの元に!!

チニョンが家を出たと知ったヒョンチョル。あうあう・・・ずっとチョンホに、協力してチェジュンをどうにかしようと持ちかけられてて断ってたんだけど・・・まさか手を組んじゃう??あと気になるのいが、今回は全然でてこなかったけど、チェジュンの頭なんだよねー。何か異常があるのかな?気になるわー。




第十五話

家を出たチニョンは、チェジュンとハルモニの家に。ハルモニは一泊だけさせて無理矢理でもチニョンを帰そうと思ってたのに、両親に電話すると帰さなくていいって・・・自分たちはチェフンの親だから、二人を認めることはできないって・・・

そうは言ってたハルモニだけど、ヒョンチョルが店にきてチニョンに「誰にも認められない関係だ」とののしってるのを聞いて、「私は味方だよ」って言ってくれてたよ(T-T) ウルウル

チニョンはチェジュンと居て幸せそうに笑ってるけど、でも・・・本当は両親の事が気がかりで苦しんでるのに気づいてるチェジュン。チェジュンはチニョンに内緒で父の元に行き、どうかチニョンだけでも許してほしいって必死でお願いします。

チニョンは、噂を覚悟で職場復帰を。案の定皆に好奇の目で見られて。本当は辛いけど、愛の為耐えるチニョン。

実はミニがチョンホに、二人を別れさせて欲しい、そうしたら付き合うことを考えてあげるって言ったんだよね。悩んだチョンホは、子分に痛めつけさせる事もできるんだけど、この人も頭悪いし勝手な逆恨み男だけど、悪い奴じゃなくて・・・チェジュンに「タイマンで決着つけよう」と無理矢理ケンカをふっかけます。あああ・・・やっぱり・・・頭が・・・

対してチョンホにやられてもないのに、頭に衝撃を受けたチェジュンは倒れてしまって。驚いて病院に連れていくチョンホ。

ひゃー!!検査の結果、命にかかわるほどの脳内出血があるって!!いますぐ手術しないと、命があぶないってーーーー!!でもチェジュンは、今は手術できないと言って・・・・話を聞き、涙するチョンホに口止めしたチェジュン。でも、チョンホは苦しくてバーのマスターによっぱらってそれを言っちゃうんだよね。マスターからこの衝撃の事実を聞いたヒョンチョルとミニ。

何もしらないチニョンは、チェジュンが迎えにくると言ったからずっと待ってるんだけど、あまりに遅くて一人で家に帰って。今でうたた寝をして待ってるんだけど、帰ってきたチェジュンは眠ってる愛しいチニョンの寝顔を見つめ・・・そしてキスを。。


第十六話

ついに最終回だーーー(T-T) ウルウル

ミニに病気の事を聞いたチニョンはチェジュンに手術を受けるよう説得。もうチェジュンはおかしいんだよね。記憶が飛びまくってて、ついにはチニョンの事を忘れたりして。でも・・・・都合がいいことをしようとしてるときも自分に正直だったミニが、今だったら自分を愛してる記憶しかないから、チェジュンを自分のものにできるのに・・・チニョンとの愛を思い出させてあげたよ。

手術前にどうしてもデートしたいと言うチェジュンと遊園地に行くチニョン。しかし・・・ついに病魔がチェジュンを襲ってきて・・・・

手術に・・・

この手術は、命は助かっても記憶の保証はないんだよね・・・。手術を受ける前、事実を知って、ミニやヨンドゥやハルモニや、チョンホや・・・そしてヒョンチョルやチェフンの父までもチェジュンを心配して・・・

術後、やっぱり記憶が抜けてるんだよね・・・。手術台をヒョンチョルがはらってくれたよ。でもその後、チョンホや、ミニ父も支払いに来たりして・・・愛されてるよね。チェジュン。

案の定、事故の記憶から、チニョンの記憶から、全部忘れたチェジュン。チニョンは、せっかく辛い記憶が消えたから・・・これだけ今まで耐えてきたチェジュンだから、もし自分を思い出さなかったら、永遠に遠くから見つめるだけで諦めると心に誓ったチニョン。

欠落したチニョンとの記憶・・・辛く苦しい罪を背負った事故の記憶・・・

チェジュンはチニョンを思い出すのか。チニョンはこの先どう生きるのか・・・・

なんかとっても良かったわー。このドラマ。ゲサン、チェゴ〜


第一話〜第八話へ戻る

まみまみの韓国ドラマ目次へ

GO! 
まみまみの韓国映画目次へ

GO! 
まみまみの楽天ブログへ

GO! 


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。

まみまみの 愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ

免責事項