まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

噂のチル姫(全八十話)
第四十一話〜第五十話


第一話〜第十話はこちら第十一話〜第ニ十話はこちら

第ニ十一話〜第三十話はこちら第三十一話〜第四十話はこちら

第五十一話〜第六十話はこちら 第六十一話〜第七十話はこちら

第七十一話〜第八十話はこちら


 〜キャスト〜
 
ナ・ソルチル : イ・テラン

ナ・ドクチル : キム・ヘソン
ナ・ミチル : チェ・ジョンウォン

ナ・ジョンチル : シン・ジス

ナ・ヤンパル : パク・インファン

キョン・ヨンジャ : キム・へスク

ク・スハン : イ・テヨン

ワン・ソクテク : アン・ネサン

ヨン・ハナム : パク・ヘジン

ユ・イルハン : コ・ジュウォン

ファン・テジャ : イ・スンギ

パン・チャンスン : ユン・ミラ

コン・スヒョ : ノ・ジュヒョン

 

第四十一話

もうーーー!!ミチルがうざい!!うざい!!ウザイ!!全く・・・イルハンはミチルのどこがいいんだ???

オンマに他人のような話し方をするソルチル。せっかくの料理も受け取らなくて・・・ショックを受けるオンマ。まー、ソルチルも胸が痛いんだけどね。それを聞いたトクチルも、さすがに怒ってるね。いくらなんでもひどすぎるって。でも、アボジは、ソルチルの意志を尊重して探そうと言い出したよ。オンマは哀しすぎてたまらないんだけどね。どうもソルチルの母親は、年金と遺族手当をもって、ソルチルをアボジの家の前に捨ててにげたみたいだよ。でもそれは絶対言うなと言うアボジ。探してるアボジ・・・途中で胸を押さえてたけど、心労出具合がわるいんじゃ??

イルハンったら・・・ダメダメだよ。ソルチルを呼び出し、駆けつける最中、ミチルに会っちゃって。もう怪しい行動すぎて怪しまれ、ばれるか??と思ったけどなんとかセーフ。でも、ソルチルに無神経な言い方したり、ソルチルが、無理して明るくして御飯も食べてるのに気づかないんだもん。でも唯一「ヨンは本気でソルチルを愛してて、彼と結婚すべきだ」って言ったのは、偉いけどねー。

何度もヨンは軍隊に足を運び、やっと一瞬だけ会ってもらえたんだけど、「私の状況なんか分からない癖に、知った風な言い方をするな」と言われ「俺だって・・・」と言いかけたけどソルチルに遮られたね。もしかしてヨンも同じ境遇??

で・・・ミチルは叔父にまた料理を教えられてて、そこで、あの日、イルハンがソルチルに会ったって知り、イルハンに「すぐにかえってこいーー」って。帰って来たイルハンに、なんでソルチルと会ったんだーー!!ってすごい剣幕wあああー。またイルハン、馬鹿正直に言っちゃうのか?



第四十二話

ミチル、マジむかつく。本当の理由をイルハンが言わなかったのはえらいけど、ミチルのいいなりじゃん。叔父の前でも怒鳴るミチルに叔父もあきれるよね。で・・・ミチルはソルチルを無理矢理呼び出し、また喧々囂々だよ。「二度とイルハンには会わないから安心して」と言うソルチル。

ヨンは・・・オンマが実母じゃなかったと知り・・・実母を追い出した女だったと知り、ショックで軍隊にはいったのね。それでも本当のオンマみたいに愛してくれて憎みきれないから苦しくて。だからソルチルの気持ちがわかるとはなすんだけど、「お前と私は違う」とはねのけるソルチル。すっかり人間不信になってるよね。

ジョンチルは、また、テジャに裏切れ、合コンされて。証拠の写真を突きつけられても「世の中には似たような人が居るんだなー」と誤魔化そうとするテジャって・・・w

ソンテクの元妻、子供おいて世話もせずのみにいってて、下の子が食中毒で病院に。それでも悪びれもしないんだよねー。

アボジは必死で毎日、ソルチルのオンマさがししてて。途中で、オンマを探してるソルチルに会うんだけど、ソルチルは「アボジが罪悪感をぬぐうため、無理矢理私をつれてきたのか、実母が私を捨てたのかだけ教えて」と言われ、本当の事がいえず「実母が捨てたんじゃない」っていっちゃって。一段と恨まれちゃったよ。

ソルチルは、海軍に「今は時間がほしいし、結婚は考えられない」と破談して。勝手に相談もせず破談したことで、トクチルがソルチルにあいに。「本当のオンマを探すまで結婚はできない。」と言い、はっきりとトクチル一家とは縁をきってもいい・・他人だと言うソルチル。それをアボジは聞いてしまいます。そして家に帰ったアボジは・・・意識を失って倒れちゃったよーーー!




第四十三話

ミチルって・・・このアボジとオモニの子??ほんとに??と思ったけど・・・間違いなくハルモニの孫だ・・・。

アボジは、なんとか命はたすかるけど、手術をしなければいけないかもって。でも、ジョンチルは妊婦だし、ソルチルはあんなだしで、この二人には連絡しないんだよね。

長女なのに何も出来ないトクチルは、ソンテクの前で涙し、ソンテクはそれをなぐさめるんだけど、そこに元嫁。二人を思いきり怪しんでるね。

誰にも相談できないジョンチルは、ソルチルの事をしらないから、ソルチルに相談をしにきて。でもソルチルは「もう大人なんだから自分で解決しろ」って言うんだよね。健気に、忙しい中呼び出した事をあやまり、日焼け止めをプレゼントするジョンチル。結局ほっとけなくて、テジャに釘をさしにいったソルチル。

アボジの事をやっぱりいうべきだと、イルハンは、ソルチルに伝えにいくんだけど、丁度奉仕作業の任務にいくところで。それを無視していってしまったソルチル。そこでイルハンはヨンに出会い、このこといを言うんだけど、やっぱりヨンはソルチルの心を良く理解してるんだよねー。ああは言ったけど、奉仕先で、アボジを気にするソルチル。

ジョンチルは、義母からアボジの話を聞いて、病院に駆けつけたよ。

先生から、手術をしなくてはいけないと聞いたオンマ。ショックな矢先、いきなりアボジの容態がわるくなったか??アボジが運ばれてーー!号泣するオンマ!





第四十四話

なんとか持ち直したアボジだけど、手術を急ぐ必要があって。でも心臓外科の先生は休暇中なんだよね。転院するか、手術をまつか。でも、ソンテクのお陰で手術ができることに。ここで、ヨン君の親がでてくるとおもったけど、まだ早かったかー。

ヨン君だけど、色々あったが、結局親の愛情を知り、前より絆が強くなったとソルチルに教えます。神は耐えられない試練は与えないって。そして、父親に従うソルチルを見て、子はこうあるべきだと学んだと話します。

奉仕作業からかえってきたソルチルを訪ねる恩間。明日手術だとはなしたかったんだよね・・・でも、言い出せなくて。

アボジの手術がはじまった。ミチルは、ソルチルの秘密がばれてしまったことを初めて知ります。あうーー!!絶対ソルチルの元に行くと思ったよー。

ミチルは、ソルチルの事、小学校3年から知ってて、でも、怒られるのは自分が悪い子だからと耐えてたって・・・オンマもアボジも今でもあんたの方が可愛いと思ってるって。言うことは、なかなかな事いったけど・・・今回アボジが倒れたのもソルチルのせいだってあとで言いそうだw

アボジは手術に行く前、オンマに手紙を残したみたい。そして、自分になにかあったらソルチルに、「もし、本当の父が生きてても死んでてもお前は俺の娘だとつたえてくれ」といい手術室に。

 

うわーーー!!心停止??ぴーってーー!!アボジの手術を知ったソルチルは、結局、アボジーーって、走って向かったね。





第四十五話

アボジの手術は成功。ソルチルも、今回のことでどれだけアボジやオンマを愛してるか気づいて、戻ってきたよ。でも・・・悔しいながら、全部ミチルのお陰なんだよねー。なんだかミチルとも、秘密を小学校3年から知ってたっていうことが分かって和解した感じじゃない??もうソルチルをいじめないのかな?

アボジの手紙は(T-T) ウルウルしたわー。今までの事をオンマにあやまって、オンマの将来の事も考えてて。密かにオンマが老後一人でも生きていけるように内緒でオンマのための貯金もしてたのね。結婚式をあげてないこともあやまって、生きて戻れたら必ずあげようって。そして、30年以上もいわなかった「愛してる」って言葉を・・・。

アボジの退院の日、まだ結婚してないのにイルハンは婿のように働いてくれて。テジャは、来もしないんだよね。それに激怒するジョンチル。でも・・・ひゃー、テジャに入隊命令通知がとどいたーーー!!えええーーー!!でも・・・行くしかないんだろうね。

トクチルは、今回ソンテクのお陰で手術できたし、ソンテクに好感度アップだよねー。元旦那が、アボジの知らせをきいて電話してきたのに、とっとと電話切ってるし。元妻の言いなりになってるソンテクの事を不快に思ったりしてて。かなり惹かれてるか??

イルハンは、ヨンに、もっと積極的にアタックすべきだと助言を。夜中にソルチルを呼び出したヨン。家まで送るんだけど、二人で玄関前にいるのをアボジが見ちゃったーー!



第四十六話

すっかりミチルが、よい子キャラになっちゃったよ。相変わらず言いたいことは言うせいかくだけど、アボジとの確執もなくなって。ソルチルが、ミチルは幼い頃から知ってたと聞いたアボジ・・・ずっとミチルが辛い思いをしてたのを知り、それでも最後まで真実を言わなかったことを、見直したと褒めて。今までの事をミチルに謝り、初めて抱きしめてあげ、二人きりで食事に行って。

ジョンチルはまだ入隊のことをしらないんだよね。焼き肉を食べたくても一緒にいってくれる人がいなくて、大きなお腹をかかえて一人で食べに行き、涙がとまらなくて。

トクチルは、連絡のつかないミラのオンマの代わりに、学校にミラを迎えにいって。ミラは、朝ご飯もたべさせてもらえてないみたいで、隣の子の食べ物をとってケンカになり、相手の子を怪我させたみたい。遅れて学校にいった元妻は、ソラからトクチルのことを聞き、激怒ーー!!でも・・・ミラが可哀相っていうのはわかるけど、勝手にオンマの代わりに学校にいって、自分の家に連れてかえるのは・・・確かにこのオンマは母親失格だけど、トクチルもやりすぎだよーー。ソンテクと再婚したわけでもないし・・・再婚したとしても、子供はオンマの元にいるんだから、ダメでしょう・・・

で・・・激怒したミラ母は、お店にやってきて、トクチルに、大根漬けの汁の入った器をぶっかけたーー!!

ヨン君は、相変わらずソルチルの前では貧乏苦学生をしてて。ソルチルに援助してもらうのを口実に会ってて。なんだか良い感じなんだよねー。でも、まだ、海軍との縁談が破談になったわけじゃないみたい。ソルチルが実母に会ってからに延期しただけみたいで。

だから、ソルチル父は、ソルチルを家に送って帰ろうとするヨン君を呼び止め、話があるって。婚約者がいるんだから、会うのはやめてほしいとはっきり言ったよーー!


第四十七話

ミチル・・・相変わらずだなー。でもソルチルに意地悪しなくなったから、前ほど嫌悪感はないけど。結婚式のドレスは、レンタルなんてダメー。贈り物も指輪だけじゃだめー。あれもこれも全部一流じゃないとって・・・完全お姫様病だよ。さすがのイルハンも、あきれてるよ。でもミチルはとまりそうにないし。どうするのかな?

テジャは、どうしても入隊の事をオンマにもジョンチルにもいえないんだよね。オンマなんか、ジョンチルのせいで勉強できないから、テジャが遠くに行きたがってると勘違いしてるし。

ソンテクの元妻は、ソンテクとよりをもどしたがってるよ。でも、ソンテクは、その気はないみたいだね。ほんとに究極に悩んで悩んで悩んだ結果の離婚で、何度も後悔しないか考えた末に出した結論だから。

ヨンは、アボジに会うなと言われ、それ以来ソルチルに会ってなくて。ソルチルはヨンが気になってしかたないんだよね。ヨンもまた、正式にもう一度、アボジに許可してもらおうとお願いしにいくんだけど、ソルチルの事を思うなら会わないでほしいとはっきり断られてしまって・・・

最後に、一度だけソルチルに会いに。そこで「これで最後にする。もう二度と会わない」といい、「もし、俺に側にいてほしいなら、今すぐ答えてくれ。ダメなら諦める」って。ソルチルは結局何もこたえられなくて。それを見て、ヨンは納得し、行ってしまったよー。



第四十八話

ミチルったら、イルハンのスーツまでカードで高級品じゃなきゃダメだと買い、新婚旅行もヨーロッパに一ヶ月とか、超豪華なものにしようとしてて、イルハンの実家は金持ちじゃないーって親のお金を当てにしてて、あきれ果てるイルハン。でも、ソルチルはミチルの正確良く分かってて(苦笑)イルハンが「ドレスはレンタル、スーツはかえしてくること、新婚旅行は、済州島に。それが嫌なら結婚できない」というと、まさに追えば逃げて逃げれば追う、ミチルだから、泣きながら追いかけてきたよ(笑)そのかわり、毎年結婚記念日には宝石のプレゼントを約束して。

ジョンチルは、イルハン叔父の家から朝帰りする馬鹿オンマを見つけ(酔って寝ただけだけど)、絶対馬鹿オンマは、テジャにばれたくないから、弱みを握った形になったんだよねー。馬鹿オンマは単純だから、ばれたくなくてジョンチルの言いなり(笑)

ヨンは、ソウルを去って実家に。ヨンの友人から、ヨンと連絡がとれないと聞いたソルチルは心配でしかたなくて。あの時、返事できなかったのって、自分を完ぺきだと思ってるヨンに失望されたくなかったからみたい。それに恋愛するのが今は恐いし。

そのヨンだけど、外国に留学することにしたみたい。ミチルとイルハンの結婚式で、イルハンはそれをソルチルに教えて。結婚式から帰ってきたソルチルは、どうしても気になって、釜山行きの列車を追いかけてるよー。でも、途中のエスカレーターでヨンとすれ違っちゃったーー!!この列車に乗るつもりなのかな?ソルチル。それとも、乗れなくて、とぼとぼ帰ってる所で再会か?



第四十九話

ソルチルは釜山に向かってたんだけど、電話でヨンがソウルに居るとしり、引き返して。あの日の返事を・・「イェス」と、返事をします。やっとだよー♪でも・・・やけにすんなりだな・・・この後、問題が起こるのかな?留学するって言ってたのに、やめるんだから・・・ヨンの実家@資産家が、黙ってないか??とにかく良かった〜パチパチパチ o(^ー^)o☆o(^ー^)oパチパ

ソンテクが可哀相だよね・・・。あの元嫁が居る限り、彼の人生に平和なんかないだろうね。ふらっと居なくなっては忘れた頃に戻ってきて、子供を餌に、お金を無心したり、愛してるって復縁をせまったりを繰り返してるみたい。ソンテクはただ・・・娘たちと平和に暮らしたいだけなのに・・・。落ち込んでるソンテクを優しく抱きしめるトクチル。

ミチルったら、新婚初夜に、「婚姻届はしばらくださないし、子供もつくらない」なんて勝手な事いって。そりゃ、イルハンも怒るよ。だからって出ていっちゃうんだもん。イルハンが追いかけてくれるの待ってたけど。。。イルハンったら仲間の元にいっちゃって、怒ったミチルはコッソリ実家に。オンマがイルハンに迎えにくるよう言ってくれ、イルハンが迎えにきたときアボジにみつかったから、やばおーーとおもったけど、なんとか助かったね。最近アボジもすっかりまるくなったねー。

で・・・なんとか新婚がはじまったけど、叔父が朝ご飯つくるよう言ったのに「私は夜型だから、朝食は叔父さんがつくってね」って二度寝。大丈夫かーー??イルハンも苦労するね。まー、分かってて結婚したんだから、なんとかしなよ(完全適当な私・・・爆)

で・・・テジャに別居しようとジョンチルがいわれたときき、アボジはテジャを呼び出します。テジャは正直に、軍隊の命令がきたことを告白。当然行くべきだから、ジョンチルに正直に言うべきだと言うアボジ。テジャはジョンチルに、勇気を出して告白します。ジョンチルは、あまりに馬鹿オンマが恐いから、お願いだから出産まで行かないでと泣いて頼んで。




第五十話

テジャの入隊を聞かされたオンマ、発狂するかと思ったけど、(ノД`)シクシク泣いて、落ち込んでて。でも夢の仲でテジャアボジが、入隊すればもっと頼もしい男になるとか言ってタネー。結局入隊することになるのかな??

トクチルは、ミラの為に、誕生会をひらいてあげます。ミラとソンテクは喜んでるけどソラは複雑みたいだね。トクチルは良い人だと分かるけど、ひどい女でもオンマがいいんだよね・・・。で、ソラから誕生会の事を聞いた元妻は、またチキン屋に乗り込んで「子供にまで手をだすな」ってビールをぶっかけたよーーー!!

あーあ。ミチル。嫌悪感はなくなったけど、この正確、どうにもならないよねー。旦那様が初めて同僚を家に連れてきたのに、出前ってどーよ。なのに、全然悪い事してるって意識なし。呆れて叔父が注意するんだけど、逆ギレで、全然反省するどころか自分を正当化してて。さすがのイルハンも、叔父の肩を持つよねー。どう考えてもミチルの肩の持ちようがない。

ソルチルとヨンはいきなり超ラブラブだーー!!もう完全ヨンに落ちてる私・・・(爆笑)可愛すぎ〜☆格好良すぎ〜☆でも・・・ヨンは、アボジにばれないように気を使ってるね。だって・・・よく考えたら、ソルチルは婚約者がいるんだよね・・・。そのソルチルだけど、実母が見つかったとの知らせがーー!!どうやら釜山にいるみたいだよ。


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。