まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

噂のチル姫(全八十話)
第ニ十一話〜第三十話


第一話〜第十話はこちら第十一話〜第ニ十話はこちら

第三十一話〜第四十話はこちら 第四十一話〜第五十話はこちら

第五十一話〜第六十話はこちら第六十一話〜第七十話はこちら

第七十一話〜第八十話はこちら


 〜キャスト〜
 
ナ・ソルチル : イ・テラン

ナ・ドクチル : キム・ヘソン
ナ・ミチル : チェ・ジョンウォン

ナ・ジョンチル : シン・ジス

ナ・ヤンパル : パク・インファン

キョン・ヨンジャ : キム・へスク

ク・スハン : イ・テヨン

ワン・ソクテク : アン・ネサン

ヨン・ハナム : パク・ヘジン

ユ・イルハン : コ・ジュウォン

ファン・テジャ : イ・スンギ

パン・チャンスン : ユン・ミラ

コン・スヒョ : ノ・ジュヒョン


第ニ十一話

一旦、結納はするんだけど、あの馬鹿オンマ、絶対リストの品は必須だと言い張って。家は良家で、とつぐならそれくらい当たり前だって。ハルモニ、あの馬鹿オンマのこと、どこかでみたことあるみたいだねー。思い出せないみたいだけど・・・その記憶が戻ったら何か好転するかしら??ほんと、妊娠さえしてなかったら、こんな家に行かせたくないよねー。

ヨン君がいいわ〜♪「君はそのままでいい。僕が近付いていくから」って〜♪くーーっ!!まっすぐなんだよねー。ヨンの事をイルハンにいうんだけど、イルハンったらきついよねー。閉鎖された中で、ソルチルだけが女だったから、ちょっとそんな気になってるだけで、すぐ、まともになるさなんてー。真に受けたら恥をかくとまで。そう言われたら、ソルチルも一段とヨンの気持ちをまともに考えられなくなるじゃんねー。

結納の品に困ったアボジは、トクチルの旦那に相談を。そこで、ソルチルの浮気の話と離婚話を聞き、ショックをうけます。帰ったアボジは、トクチルを怒鳴りも、殴りつけもせず、「お父さんとは二度と呼ぶな」って。トクチルだけは、信用してたんだよねー、幸せにやってるって。しっかりしてるって。運動場にいき「俺が悪かった・・・俺の教育が悪かった・・・誰一人まともにそだたなかった」と泣くアボジ・・・(T-T) ウルウル

ミチルなんだけど、イルハンにバイトのことを悟られ、逆ギレだよ。ソルチルも止めてるんだけど、まだイルハンに未練でもあるわけ??なんて言って、バイトをやめようとしない。でも、ついに、現場が見つかっちゃったーーー!!とはいえ・・・あーあ。。。大変っていうより、また、イルハンは丸め込まれるんだろうな・・・



第ニ十二話

あんなに強いアボジだけど、さすがにトクチルの件はこたえたのか、倒れちゃった。倒れたアボジを運んだのはテジャで、やっぱり結婚するのが、取るべき責任だと思い直したみたい。でもあの馬鹿オンマに言っても、そんなの通じないし。

今回はハルモニが大活躍だねー。なんとあの馬鹿オンマ、無知だとは思ってたけど、小学校も出てないみたい。ハルモニの故郷のブヨで、ファン家の家政婦をしてた人だったよー。それをハルモニはおもいだしたんだよねー。そこの一人息子と馬鹿オンマは駆け落ちまでしたけど、引き裂かれたみたい。で、お腹にいた子がテジャってわけ。その跡取りって、結局亡くなっちゃったらしく、ファン家では、後継者としてテジャを引き取ろうと探し回ってたらしい。それで、逃げるように引っ越してきたのねー。ハルモニがファン家に連絡するといったら、何でも言うことを聞くからそれだけは許してと頼む馬鹿オンマ。

で・・・結局結納品は、ジョンチルの家に見合ったものでいいって事になったよーーー☆

あああ・・・もう書くのもばかばかしいけど、ミチル・・・・イルハンにひどく怒られ「理由も聞かないで!!」と逆ギレ。ってか、どんな理由があったとしても、やってはいけない仕事なんじゃ??なんだか、感動的な音楽がながれ、ミチルもちゃんと考えてるって感じの場面になってるけど・・・全然正当性感じないんですが・・・。でもって、「合わないからわかれよう」なんて言い出すミチル。すでに、イルハン、ショックな顔してて、おいおい・・・怒ってるんじゃないのかよ・・・で・・・結局帰り道でミチルが待ってて、二人は固く抱きしめあい、仲直り。勝手にしてくれいーーー!!(怒)

それに比べてヨン君いいわー。ソルチルにミニスカート作ってあげて、サイズが大きすぎって言われたら小さくしてあげ♪小さすぎだけどー(笑)自分が金持ちだって事、全然みせないで、ソルチルを立てててさ〜♪

結局トクチルは離婚したよ。同じ日、例の軍人だった人も、離婚届だしに来てたみたいねー・・・まだただすれ違っただけで、全然他人なんだけどねー。子供達には、オンマはアメリカに仕事にいくと言って。トクチルは、部屋代だと渡されたお金で、企業したいとオンマに相談。だから、実家に住みたいって。でも、あのアボジがなかなか首をたてにはふらないだろうねー。それも覚悟で、子供達のためにも成功するため、そうしようとしてるよ。





第ニ十三話

ミチルとイルハンのバカップルがむかついて仕方ない。イルハンったら、ミチルに開業資金かしてあげちゃうし、ミチルも遠慮もしないでもらっちゃって。イルハンの財政管理をしてる叔父は、イルハンがシャッキンしたことを知り、ミチルとは合わないと説得するけど、聞く耳持たない盲目イルハン。

結局ミチルを呼び出して、別れて欲しいとたのみます。そしたらミチル、そのお金をイルハンに突き返して「もう終わりよ」ってーー!!まったくお前は何様なんだよーーー。で、イルハンもイルハンで、今まで育ててくれた叔父なのに「実の親でもないくせに口出しするなー」なんて・・・・ひどいんじゃない??

ミチルが怒ってたら仕事も手につかないとソルチルに相談するイルハン。まじ・・・公私混同しすぎだって。ソルチルもこんな男、もう忘れちゃいなよーーー!!で・・・落ち込んで酔ってるソルチルの元に、ヨンがーーー♪

離婚したトクチル・・・世間知らずなのに、一人でなんとかしようと、実家にも連絡をいれなくて。小さなお店をしたいなんて相談にいっても、何もできないトクチルに紹介する人なんかいないよー。で・・・なんだか変なトッポキ屋の親父に、店をやらないかと声をかけられ、信用してるけど・・・大丈夫??契約金の500万ウォン、持ち逃げされるんじゃない??やり方教えてくれるのはいいけど、下心まるだしだしー。

ソルチルにだけ連絡をとって、着替えを持ってきてもらったトクチル。ソルチルはこっそり家までつけていってたね。世間知らずのトクチルが、どうなるのかも心配だよーー。あのエロアジョシに、へんなことでもされそうになるのを、例の軍人が助けるとかってなるのかしら??あまりにこてこてだからないかー(笑)




第ニ十四話

ヨンは、ソルチルに、もう辛い恋はやめるよう言うんだけど、逆に、ヨンこそ、見込みのない恋はよせと言われてしまって。ヨンは、自分の気持ちを分かってもらうため、思わずキスを!!でもソルチルは怒ってひっぱたき、二度と会いたくないって・・・。そうは言いつつ、ヨンの事思い出したりしてるよ。ヨン、ここからがんばれーー!!

あーあ。もうミチルとイルハンの事は書きたくないなー。仲直りはするんだけど、「あれっぽっちの金で」とかよく言えるよねー。はぁー。で、ミチルはイルハンのために、叔父となかよくしようと訪ねるんだけど、叔父に取り入る方法が、客にコビ売る方法と一緒じゃんーーー。

ジョンチルの結婚式で、前日に、独身最後だと遊び狂ったテジャは、三時間も遅刻(滝汗)その上、まだ酔っぱらってて。もうふらふらの結婚式だよ。何とか終わったけど。トクチルは、そっと影から見てて・・・

トクチルなんだけど、案の定、あのアジョシに襲われかけたんだよね。命からがら逃げたけど、契約金を返してもらうため、店に。でもアジョシは、全然こりてなくて、あの金は全部使ったからないとか、静かな別の場所で話そうとか。最低だよ。これはトクチルには、耐えられないよね。酔って泣きながらソルチルに電話するトクチル。でも口調がおかしくて・・・

あまりに心配になり、オンマをつれてトクチルの家にいったソルチルだけど、ドアは鍵がしまったままで、声もきこえなくて。必死でドアをたたくオンマとソルチル!





第ニ十五話

ソルチルは酔いつぶれて寝ちゃっただけだったよー。良かった。無理矢理連れ帰るオンマ。アボジは大反対だったけど、結局家に住むことを認めます。あんなに不機嫌だけど、娘がおそわれそうになり、契約金までだまし取られたと知って、オンマと一緒に取り返しにいってあげたし。結局娘を大事に思ってるんだよね〜。

で、ちゃんとしたチキン屋のチェーン店の講習にいったトクチル。やっとここで例の軍人だった人と出会います。ハンカチを拾って、話があるって彼がはなしかけたんだけど、それを無視して行こうとしたトクチルが、階段で足をふみはずして。それを支えた彼。

ヨンの事、なんだかんだ言いながらも気になってるソルチル。で、結局ヨンが現れて。呆れてたけど、ほんとはほっとしてるんじゃない??

ミチルの仕事、ハルモニが資金をだしたみたいねー。さすがミチル、自分がモデルになって、ネットショップで売り出してるしー。で、ソルチルとイルハンが居る目の前で、平気で自分に好意をもってる男友達と約束しちゃってるし。大丈夫なのか??

新婚旅行にいったテジャは、初夜を抜け出して、チングと遊びにいっちゃってるしー。そりゃ、ジョンチルも怒るよねー。勉強に対する頭は、父親似で良いみたいだけど、人間的馬鹿さはオンマ譲りだよー(;´д`)トホホ



第ニ十六話

いやーん!!ヨンったら、ただでさえ良い感じなのに、好感度超アップだわーーーーー!!ソルチルはトクチルに、気楽に付き合ってみては?とアドバイスされるけど、「寂しさをうめるために彼を利用したくない」って・・・でも、ヨンは、ソルチルは家に居るのに、出かけてると嘘をついたのを真に受けて、家の前で朝まで待ってて。朝、ソルチルにあい、嘘を怒るより、ソルチルが無事でよかったと言ってくれるヨン。ソルチルも感動したんじゃない??で、その夜、ソルチルに「何もいわず、俺についてこい。少なくとも悲しませたりはしない」ってーーー!!きゃーーー☆

ミチルなんだけど、ソルチルの気持ちなんかおかまいなしで、イルハンを家族に紹介したうえ、大事なPCの報告書を消去してもあやまらないし。イルハンのことを知ったトクチルは、「またソルチルの好きな人だとしっててそうしたのでは?もう少し気をつかうべきだ」と忠告したのに、違うといいはり、オンニまでソルチルの味方??と逆恨み。

イルハン叔父は、ミチルが尊敬する人の娘とわかっても、賛成ができないんだよねー。そのミチル、男友達と会うなってイルハンにいわれたのに、会いにいってるしーー。

トクチルは、例の男、ソンテクに共同経営をもちかけられます。信用できるソルチルに、彼を見極めてもらうんだけど、安心できそうな人だってことで、考えることに。ソンテクは、離婚したと正直にいったけど、トクチルは、「旦那の稼ぎじゃくるしいから、私も働くことにした」と、前回の経験もあってうそをついてたねー。


第ニ十七話

おいおい・・・イルハン・・・プロポーズしたはいいけど(って事だよね??)ここは怒るべきところでしょう。キスして「毎日こんなキスを君としたい」ってーーー。この女、絶対かわらないよーーー。たとえ結婚してもー。

トクチルは、順調に講習がすすんでるんだけど、やっぱり子供達にあいたくて、会いに。でも・・・アメリカにいってることになってるから、声もかけられなくて。苦しんでるんだよねー。

ジョンチルは、新婚旅行からかえってきて、実家に挨拶にきてるのに、テジャったら、馬鹿オンマにすぐに帰ってくるよう言われ、言いなりで、マザコンまるだし。そのうえ、馬鹿オンマは、初っぱなからジョンチルいじめ。自分はテジャとラブラブで寝てるし(苦笑)いきなりキムチをつけろとかいいだして、困ったジョンチルをたすけにでかけたオンマ。なんとか誤魔化したけど、結局ハルモニが、ジョンチルじゃなくてオンマがつくったってばらした結果にw

ソルチルは、絶対ヨンが好きだよねー。わざと傷つける振り方をし、そのあと、落ち込んで飲んでて。でも、そんなふうに、きついことをいったあと、落ち込んで飲んでることすら、理解してくれてるヨン。酔ったソルチルは、トクチルに「全部理解してくれてる彼に側にいてほしい・・・でも、どうやって心の扉をあければいいのかわからない・・・扉の中にはまだイルハンがいる」と泣きながら本音をいって。こんな状態だから、絶対ヨンを受け入れることはできないと居るソルチル。

アボジのすすめるお見合いをすることにしたんだよね。それを聞いたヨンは、急いで、部隊までいき、会いたかったから、急いで来たって。ヨンーーー!!絶対ソルチルとうまくいって欲しいヨーーー☆



第ニ十八話

ミチルは見る度に怒りMAXになるわー。イルハン、あんなんと結婚って。そりゃ、叔父も怒るよ。尊敬するミチル父の家までいって、反対の意志を伝えて。ミチルったら、ソルチルの気持ちをわかってるくせに、エレベーターで二分間キスしてプロポーズとか、ぺらぺらと熱々話をしやがって!!

ジョンチル・・・こうなるとは分かってたけど、あまりに馬鹿オンマにいじめられてて。ハルモニも、オンニが男つくって離婚されたとか、余計な事言っちゃだめだよー。馬鹿オンマは単純だし、ジョンチルのどこをどうとっても気に入らないんだからさー。なのにテジャは、合コンしたうえ、友達もつれて酔ってかえってきて。ジョンチルは御飯を食べる暇も寝る暇もないほどいじめられてるのに。でも、結婚の自覚のないテジャだけど、段々ジョンチルをかわいそうに思いはじめてきたか?

トクチルとソンテクの店がオープン。なんだかうまくいきそうな感じだねー。ソンテクは妻に男とシャッキンをつくられ、離婚され、一人で子供をそだてながら妻のシャッキンをはらってるみたい。

ヨン君、なんとかソルチルに見合いをやめてほしいっていうんだけど、相手にしないソルチル。で・・・結局ソルチルはあの海軍ともう一度会うことにしちゃって。ミチルとの合同結婚式を強制されてるし、イルハンの事もあって、誰でもいいってかんじになってる??でも見合いの知らせを聞いたヨン君!!店までやってきて、ソルチルをつれだしたよー!「僕の愛する人です」って〜♪



第ニ十九話

馬鹿オンマのあまりの仕打ちに、テジャもみてられなくて、酔った勢いで、ジョンチルに優しくしてほしいと頼んだテジャ。勿論馬鹿オンマは発狂!テジャは「オンマには失望した。こんなんじゃ、二人ででていく」なんて言ったもんだから、馬鹿オンマは、寝込んでハンスト。隠れて食ってるけどねー。だからって、ジョンチルは「お前がそうさせたんだろう」と以前より攻められ、かえって迷惑な状態になって・・・で・・・結局オンマのご機嫌取りをするしかないテジャ。

しかし・・こんな生活してるから、ジョンチルは過労で病院にはこばれちゃったよ。なのに馬鹿オンマったら「仮病だ」ってどーよ。その上、実家で休んでるのに、無理矢理かえってこさせるし。

イルハンの叔父の言うとおりだヨー。ミチルに苦労させられるの分かり切ってるのに、賛成なんかできないよー。ミチルったら、叔父が家にきたと知り、高飛車で「私なんか、あなた以上の男がやまほど引く手あまたな女なのよ」って!!また得意の「わかれましょう」って台詞。この女・・・イルハンと付き合ったら変わるっていってなかった??全然かわらんwそのうえ、「俺が彼女をかえてみせる」ってイルハンはいうけど、完全言いなりじゃんーー!!

ソルチルは、ヨンに「お前まで私を苦しめるな。お前と居ると辛いんだ」と泣いて・・・ほっといてほしいと言って・・・・お見合いを出て行ったことで心配だったけど、海軍は「ライバルがいたほうが、やりがいがある」と言って、前向き。そして再びデートするんだけど、そのレストランにはヨンが。わざとはしゃぐソルチル。でもヨンには無理して笑ってるって分かってるんだよねー。何でもお見通しだよ。

で・・・イルハンの家の前でなみだをためてるソルチルを見たヨンは・・・・イルハンの前に!!「話があります」ってーーー!




第三十話

ヨン君は、イルハンに、ソルチルが10年も思い続けてた事を告白したよ。初恋だったって。それを聞き、ショックをうけるイルハン。そりゃそうだ、お前、にぶすぎだって。でも、イルハンは知らなかったから仕方ないとしても、お前のミチルは、分かってて、今も目の前でイチャついたりできるんだぞー!!

で・・・イルハン、休暇をとって失踪。勝手に休暇とられて、ミチルは激怒。心配はしないのか??するわけないか・・・この自己中女が。

ヨン君は、イルハンに全部はなして、これ以上ソルチルを泣かせないでくれとたのんだんだよね。全部話して身をひくつもりで。そして最後に一度だけ会ってほしいと頼み、ソルチルと食事に。美味しそうに食べてるソルチルを見つめるイルハン。そして、もう二度と会わないことを約束し、最後に、イルハンに全部言った事を告げます。激怒するソルチルはヨン君をなぐり、二度と顔もみたくないって・・・

家にかえると、ミチルが、イルハンがいなくなったと言ってきて。トクチルに、全てをはなすソルチル。トクチルは、イルハンよりヨン君が心配だと言って。そうだそうだーー!!

で・・・ソルチルは必死で人捜し。あああーー。やっぱヨン君じゃないのかー。イルハンをさがしてたよ。で、イルハンと海辺で再会。しかしその頃、ヨン君は辛くてわざと体をうごかすため、煉瓦運びの仕事をしてて、高いところから落ちちゃったよーーー(つд⊂)エーン

馬鹿オンマって、叔父がソウル大でてるの、わかってなくて、英語を教えてもらうんだけど、アホ叔父が嘘を教えてると思っててさー。アホは自分だってば。自意識過剰すぎてむかつくし、ジョンチルの入院を仮病ときめつけ、大量のにんにく剥きを命じるし、最悪だねー。でも、今は犬猿の仲だけど、この叔父と良い感じになっていくのかな??それで、息子離れできるって筋なのかもねー!


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。