まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

噂のチル姫(全八十話)
第十一話〜第ニ十話


第一話〜第十話はこちら第ニ十一話〜第三十話はこちら

第三十一話〜第四十話はこちら 第四十一話〜第五十話はこちら

第五十一話〜第六十話はこちら第六十一話〜第七十話はこちら

第七十一話〜第八十話はこちら


 〜キャスト〜
 
ナ・ソルチル : イ・テラン

ナ・ドクチル : キム・ヘソン
ナ・ミチル : チェ・ジョンウォン

ナ・ジョンチル : シン・ジス

ナ・ヤンパル : パク・インファン

キョン・ヨンジャ : キム・へスク

ク・スハン : イ・テヨン

ワン・ソクテク : アン・ネサン

ヨン・ハナム : パク・ヘジン

ユ・イルハン : コ・ジュウォン

ファン・テジャ : イ・スンギ

パン・チャンスン : ユン・ミラ

コン・スヒョ : ノ・ジュヒョン


第十一話

オンマに問い詰められ「綺麗なものをみると、欲しくなって、それを止められないのをどうすればいいの?オンマが買ってくれるの?自分で働いて好きな物を買って何がわるいの?買っても買っても心の寂しさがうまらなくて、じぶんでもどうしたらいいのかわからない」というミチル。

それを聞いたオンマは、もうミチルの買い物依存症は、どうにも止められず、でも仕事だけはやめさせなきゃとソルチルに相談。ソルチルは、ミチルに、「オンマのために今週で仕事をやめる」と約束させます。一番いいのは、結婚させることだと考えるソルチルとオンマ。しかし・・・・理想が高すぎるソルチルが気に入る相手がいるわけなくて・・・もうどうにもできないんだよね・・・

そんなミチルだけど、イルハンから、ソルチルが、双子の妹のことを、救いようのない問題児だと言ってると思いこみ(誰が聞いてもそうだから、イルハンがそう言っただけなのに・・・)、一段とソルチルの事を恨みます。

イルハンとソルチルの方から距離を置くんだけど、イルハンの方から(親友だし)、連絡ないのを心配して誘ってきて。ソルチルはイルハンを忘れようとしてるんだけど、こうやって優しくされるとつらいよねー。ヨン兵長は、もうすぐ除隊なんだけど、ソルチルがふられたと聞き、自分の怪我をやさしく処置してくれるソルチルに、どんどん心を寄せてるね。告白しないのかな?

ついに、アボジとテジャオンマの戦争勃発だねー。ゴミの出す時間でもめたんだけど、両者一歩もひかないよ。

ジョンチルは、すっかりテジャの女房気取りで。テジャもどうしたらいいのか頭抱えてるよ。オンマにもいえないし、トクチルには催促されるし。

そのソクチルだけど、ついに、ソングクと一緒に買い物からかえってきたところを旦那に見つかったーーー!!どう誤魔化すんだろう・・・ってか誤魔化しきれるか??このソングクって旦那に融資してもらってるんだよね??確か??

で・・・最後にミチルが病院をやめたこと、ついにアボジに見つかったーーー!!アボジが帰ってくる前に、なんとかミチルに連絡をとろうと頑張るオンマとソルチル。しかし・・・・ミチルったらアジョシとデートの最中で、電話にでなくて。あああーーー。ついにホテルで、アジョシからお金をもらってるミチルをアボジが見ちゃったーーー!!大変だーーー!




第十二話

ソクチルがとめるのも聞かず、ミチルの髪をひっぱり引きずって行くアボジ。ジョンチルを避難させ、トクチルを呼び、非常事態にそなえるオンマ。そこにハルモニまで来たからパニック。

アボジがミチルをひきずってかえってきて、必死でハルモニを隠すオンマ。必死であやまるミチルの髪をきって坊主にしようとするアボジを力ずくで止めるソルチル。

アボジは、ミチルのことを、「家族のウミだ」と言い、その言葉に切れたミチル!!ついにアボジに口答えを!!一体パパが何を今までしてくれた?ソルチルの半分も愛情を注いでくれたことがあるのかって。それを聞き、一段と怒るアボジ。しかし、そこでオンマが「ミチルの言うことにも一理ある」と加勢を。そのせいで、挙げ句の果ては、ミチルとオンマは一緒に出て行くと宣言する始末に。ハルモニったら、この騒ぎに興味津々ででてきちゃうしー。

結局ミチルは、全部、アボジをつれてきたソルチルのせいだと恨み、ソルチルは天敵だといって責め立てます。そして、出て行こうとするんだけど・・・・オンマの泣き声を聞くと、出て行けなくて・・・

不本意ながらもオンマの為に、自宅謹慎を受け入れおとなしくします。イルハンには「海外にいってくる」と連絡だけするんだけど、イルハンはミチルが心配で心配で・・・必死で探してるよ。

トクチルの旦那は、やっぱり怪しんでて。こっそりトクチルを監視。そして、夜中にこっそり家からぬけだし、ソルグクと喫茶店で会い、抱き合い手をつなぐふたりを目撃しちゃったーーーー!!

ジョンチルをなんとかあきらめさせようと考えたテジャは、チングにアドバイスしてもらい、「1.オンマに絶対服従 2.高価な嫁入り道具をもってくること 3.旦那に絶対服従、女遊びも当然理解」という無理難題を条件として提示。ジョンチルは、怒って、「二度とあわない」と言って、去ります。テジャの思うつぼなのに・・・・

ヨン兵長は、ソルチルの体を心配してて、チョコレートをプレゼントしたり、汚したハンカチの代わりに新しいのを送ったりして。机の中に、ソルチルからもらったみかんを大事に包装して保管してるのを見つけたソルチル。ヨン兵長の気持ちに気づいてくれてればいいんだけど・・




第十三話

トクチル旦那・・・・これって愛情なのかもねー。浮気現場をおさえたけど、その場では我慢して、ソングクを個別に呼び出し、なぐって「わすれるから、お前への融資も公私をわけて、つづけるから、わかれろ。トクチルには何もいうな」といって。で、反省もしたようで、家族で出かけようとか今までにないことをいいだして。何も知らないトクチルは、なんでソングクと連絡がとれないのか、心配してるねー。

ハルモニは一ヶ月だけ居る宣言!!ずーずーしさは、ピカイチだね(笑)どうやら、四年前に、夫婦で同期と、海外旅行にいくための積み立てを持ち逃げしたから、アボジにあれほど嫌われてるのねー。

テジャのあまりに無責任な行動に腹をたてたチル姫たちは、一旦、軍人であるソルチルにまかせることに。ソルチルにあい、「親にいうか、今日しぬか決めろ」と言われ、親に言うと誓ったテジャ。しかし、オンマに「出家をする」と書いた手紙と誓約書を残し、消えてしまいます。それを見たオンマは、テジャの友達を呼び出し、チル姫末っ子に子供を作ってしまって、チル姫軍団に誓約書を書かされたと自白。

ミチルはずっと家にとじこめられてて。イルハンはミチルを心配して探し続けてるのよねー。でも、ソルチルに会い、離れてみると、今までふりまわされ過ぎてたと反省すると本音をもらしたイルハン。そして、家に帰ったソルチルは、ソクチルに電話し、それを報告します。それを聞いたミチル・・・

アボジは、ソルチルとミチルに、それぞれ見合いをすすめます。どうしても見合いが嫌なソルチルは、「付き合ってる人がいる」と告白を。しかしそれを聞いたミチルも、「私も付き合ってる人が居る」って言ったー!!




第十四話

トクチルの旦那、すっかり心を入れ替えて、すごく良い旦那に変わって。不倫に気づいてることを黙って、スーパーまでいっしょに行ってくれるように。でも、トクチルからすると、どうしていきなりソングクと連絡がとれなくなったのかが分からず、心配で心配で。何度も隠れて留守電にメッセージいれてるんだよね・・・。もちろんそれも、旦那は気づいてるけどだまってるよ。

家出したテジャ。でも、結局自分でオンマに言う勇気なくて、ちょっと出ただけって感じだねー。もう心配の方が大きくて、怒られないかな?って時を見計らって帰ってるし。オンマにいろいろ聞かれても、自分が無理矢理やったことだし、本当に自分の子だなんていえなくて、まるで被害者みたいに誤魔化して。ひぇー。テジャオンマ、激怒で向こうの家にのりこむぞって!!

ソルチルとミチルに彼がいると聞いたアボジは、二人とも相手を連れてくるようにいいます。そして合同結婚式だって。ソルチルは、トクチルに相談し、イルハンに、「お見合いしたくないから恋人のふりをしてほしい」と、勇気を出して頼みます。それを受け入れてくれたイルハン。ソルチルはうれしくて、その報告をトクチルにするんだけど、それを聞いたヨン兵長は、ソルチルがついに結婚すると思って落ち込んで・・・。部隊仲間がソルチルをばかにしたことに腹を立て、ケンカに。その前に。(落ち込んでたから)早く除隊したいと言ってたのを、ソルチルに、ソルチルを嫌ってるからだと誤解されちゃって可哀相に・・・。

あー!!やっぱりねー。ミチルは、ソルチルがイルハンに頼んだと知り、当日ぎりぎりになって、外国から帰ってきたと、イルハンを呼び出します。そして真剣につきあいたいから、両親に会ってほしいって。ミチルに捨てられたくないイルハンは、ソルチルとの約束を断っちゃったよー。

ソルチル・・・ここでヨン兵長に頼めばいいのにっておもってたけど、一人で家に。家の前には男連れのミチルが!!声をかけ、男が振り向くと・・・・あああ・・・イルハンだ!!驚くソルチル。こっそりほくそ笑むミチル



第十五話

イルハンも、ソルチルも、全部ミチルが復讐するためにやった事だと気づきます。ソルチルは、自分を恨んでるなら、自分だけを責めればいいのに、どうして人をおもちゃのように平気で傷つけるのかときくんだけど、ミチルは、我関せず。ずっとソルチルにしいたげられて生きてきたんだと言い、つい・・・「あんたさえ家にこなければ」と言いかけちゃって。ここでこれもばれるのか??とおもったけど、わずかながらの良心もあるのか、これだけはばらさないで誤魔化してタネ。ソルチルは、自分が完敗だから、お願いだから、もうイルハンを解放してあげてって。

そのイルハン、自分が利用されたと知り、ショックをうけてるんだけど、そんなイルハンにミチルは「あなたを好きだと言ったのは本心だ」なんて連絡をよこすんだよね。なんせ初恋の相手だからなー。結局ミチルなんだろうなー。

ソルチルはつらすぎて、風邪をひいて具合がわるいのに、軍の訓練にでかけます。ヨン兵長は、心配で、無理矢理ついていって。辛そうなソルチルに「辛い恋は捨てるべきだ。そうすれば新しい恋が訪れる」と的確なアドバイスを。そして、夜中に、大雨がふり、ソルチルのテントが流されないよう、こっそり水路を夜通し造ってあげてて。怪我をしてるのに。それを見つけたソルチル!!ちょっとは、やっとヨン兵長を意識してあげれるかな??応援したくなるよねーヨン兵長。

結局、テジャの母は、ジョンチルの家におしかけてきて。もちろん、ジョンチルの父が、天敵の警備員だと知って、驚くんだけど、もう、呆れかえるほど教養のないひとで。教養ないくせ、自分が教養がないときづいてないんだよね・・・。主語のない説明で、ジョンチルがふしだらだと決めつけ、テジャはすばらしい子だからだまされてるだけって言い張って。妊娠なんかさせるわけないし、うちの息子を狙おうとしても、そうはいかない!結婚なんかさせないって!!それを聞いたアボジは、勿論激怒。でも・・・・そうだよね・・・自分は家長なのに、いつも何もしらないって・・・・落ち込むよねー。

それに、今回は末娘の妊娠なんだから。激怒してたアボジだけど、オンマに「あの母親と、ジョンチルの為にも争うな」といいきかされてて、必死で避けてるね。なんだかんだいいながらも、ジョンチルのこと考えてて。それにオンマも、自分が気づいてあげれなかったことをジョンチルにあやまって。だからって、あのくそオンマの元にジョンチルをいかせるなんて、問題ありすぎで困ってるよー。そりゃそうだ・・・w



第十六話

テジャオンマ、超ムカツクーーー!!何様??って感じだよー。ジョンチルオンマがジョンチルのため、プライドをすて、下手に出て、説得にいったのに、玉の輿をねらった詐欺師みたいな言い方でー。自分の息子は天よりも偉いって感じだよねー。

ジョンチルアボジは、ジョンチルをつれ、テジャを呼び出して。テジャの事なぐるとおもったら、凄く丁寧に冷静に、テジャがどうしたいのか聞いてあげて。テジャは、オンマさえ納得すれば、結婚したいけど、あのオンマを納得させる方法がないって。結婚の意思があると確認したアボジは・・・・

あの、ジョンチルの部屋の張り紙を涙をながして破った姿が、父の哀しさを物語ってたよー。その後、強行突破にでたー。ジョンチルをテジャオンマの家においていくんだよね。「オタクの嫁です」って。そしたら、あのテジャオンマったら、ジョンチルのこと、物のようにしかおもってなくて、妊婦なのにひきずって、家まで返して。皆、あの最低母に、何も文句言えないんだけど、ハルモニがドクを吐いたとき、ちょっと良い気分だったわ。でも・・・アボジーー!!そこまでする??何度も何度もジョンチルは妊婦なのに、ひきずって連れていき、あのテジャオンマも引きずってもどして。

さすがにオンマが切れて「未婚の母だってかまわない。あんな家に嫁にはやれない」とアボジに意義を申し立てたよ。ジョンチルは結局倒れちゃって、、、、可哀相・・・テジャも最低だっておもってたけど、オンマからその話をきいて「オンマにはがっかりした。ひどすぎる」って言ってたね。ちょっとは良いところあるのかな?まだまだ情けないけどー。

ミチルは、イルハンに、なんだかモーションかけてるね。今のところ相手にしていないイルハン。イルハンは、連絡のとれないソルチルに、傷つけたことをあやまり、話がしたいと留守電に入れてて・・・

あー。トクチルーー!!旦那がどんなにやさしくしてくれても、やっぱりソングクが心配で恋しくてしかたないのね。旦那も、引き離すだけじゃなくて、すっぱりとソングクに別れを言わせればよかったのに。

旦那が出張だと知り、罠だともしらずに、ソングクに会うトクチル。もちろん旦那はつけてて。で・・・抱き合ってる二人を見てメラメラ。その後、なんで二人、ラブホなんていっちゃうのよーーー!!ソングクは「別れを言うために来た」って・・・だったらラブホで言うなよーーー!!旦那は、そのドアをあけたかったけど、愛し合ってる二人をみるのがつらくて結局あけれなくて・・・

別れを切り出されたトクチルは、ショックでホテルの外に。おいかけるソングク。外にでると・・・・ひゃー!!旦那が!!驚くトクチルとソングク!



第十七話

このドラマって80話もあったの??と、今頃気づいた私・・・(苦笑)ちょっとレビューも簡単にしていきますねー。これじゃ、持たないんで・・・(;´д`)トホホ

さすがのトクチル旦那も、堪忍袋の緒が切れて、離婚すると言い出して。そしたらトクチルはひたすら謝り続け、離婚するなら死ぬって。絶対離婚だけはしないって。それを聞いた旦那は、「だったらこれから、お前を傷つけつづけるぞ」というんだけど、何をされても耐えると言い張るトクチル。旦那は、これみよがしに、飲み屋に来させたりして。これって、、、愛情が深かった分、辛くて見せつけにやってるんだよね?トクチルより、今は旦那の方がかわいそうなはずなのに、いつも悪役だし、この容貌だから、旦那がすっげー悪人に感じちゃう(苦笑)

イルハンはミチルのこと、一旦避けて、もっと良く考えるつもりだったのに、ミチルの泣き落としに、もうぐらついてるよ。叔父は「そんなの嘘にきまってる」とナイスなアドバイスするんだけど、こりゃ、また騙されるねー。

それにしても、テジャオンマ、むかつきすぎるー!!ジョンチルオンマだって、あんな女に娘はやりたくないのに、娘とお腹の子のため、ジョンチルに韓服を着させ、家まで行きます。でも、門前払いだし、やっとの思いで中に入ったら、完全カス扱い。オンマは悔しくて泣き、そんなオンマに申し訳なくてトクチルも泣き・・・

それを聞いたアボジが立ち上がったーー!!テジャオンマの元にいき、「結婚はさせないことにした」って。ノー天気に喜ぶ最低女。でもアボジは「まだ話は終わってない」ってー!!さー、この次、どう出る??♪((O(〃⌒▼⌒〃)O))♪わくわく



第十八話

アボジ、ナイスー!!あのオンマにはこの手が一番だねー。「息子さんを立派にそだててください。私たちは孫を適当に育てます。そして、立派になった息子さんに、隠し子がいた、家庭教師先の女を妊娠させ、捨てたと、公表します」みたいな事いってー。それを聞いて、テジャオンマは将来の悪夢ばかりみて。元々教養ないし、単純だから、すぐその気になるんだよねー。そして、結婚の許しをだしたよ。

でも、テジャったら、ソルチルに「君は、ジョンチルの初恋だから傷つけないでやってほしい」と言われ、心を痛めてる風だったし、最近良い奴に見えてきたのに、ほんとは結婚したくない、自由でいたいってー。でもオンマは、なんか作戦があって、結婚を許したみたいだよー。また、浅はかな作戦を計画してそうだよー。

ソルチル旦那、あまりに可哀相だー。ソルチルを愛してるからこそ、あそこまでされたのが許せなくて、ソルチルを見るのも苦しくて。もっと早くにやめてくれてれば・・・旦那にばれないようにしてくれてればって。ココまで一線を越えてしまったら、もう夫婦も成立しないって。傷ついてるソルチルを見るのも辛いんだよね。ついには入院までして。もうダメだよねー。こうなったら。

そしてミチルもむかつくわー。あれだけ謝ったのに、許さないなんてプライドが許さないなんてソルチルに愚痴を。その上「あれくらいのことで」なんて発言して。ソルチルったら・・・良い子だから、ミチルに、あの初恋の話をするんだよねー。どれだけイルハンが純粋だったかって話を。

それを聞いたミチルは、イルハンに謝りたくて・・・ミイラ取りがミイラになったか??で、イルハンが会ってくれないからって、ソルチルに仲立ちを頼むってどうよーー!!(怒)

それでもソルチルはやってあげちゃうのよね。傷ついたソルチルの前に、ヨン兵長が!!実はヨン兵長はもう除隊してて、最後はソルチルに会えなかったんだよね。で・・・ヨンがいなくなって、どれだけ気をつかってくれてたか思い知るソルチルだけど、色んな人から「ヨン兵長が中尉のことを扱いづらいって言ってた」と聞きがっかりしてて。コレって他の男を寄せ付けないためなんだろうけど・・・。

でも、ヨン兵長ったら、いつもグッドタイミングだわ〜♪今回も、再会に笑顔がこぼれるソルチル。



第十九話

テジャオンマ、やっぱ、結婚させない作戦に出たねー。まだ、ジョンチルを呼び出し、なんだか紙を見せたシーンでおわったけど。無理難題を書いてるんだろうなー。この馬鹿オンマ、イルハン叔父を雇うから、履歴書もってこいっていうんだけど、馬鹿すぎて、漢字で書いてたら「中国語??」ってー!!その上、この叔父、ものすごい高学歴なのに、全然読めてないから、カスな男っておもってるのよねー( ´ー`)フゥー...カスは馬鹿オンマだってば。

結局、ソルチルと旦那は離婚するしかないのか。それを知ったオンマが土下座して旦那にたのむんだけど、旦那は今まで浮気しても一度も心まで浮気したことないんだよね。心を・・・寄りによって唯一無二な親友に渡してしまった妻を、どうやっても許せなくて、苦しくて・・・・。それを聞いたらオンマも、もうソルチルと一緒に泣くしかないねー。

ミチルったら、結局イルハンとラブラブかヨー。良い子にするって約束してたけど、ほんとに出来るの??ソルチルの前で平気でラブラブ電話してるその神経で!!なんだかネットショップをはじめるみたいね。

で、今回超よかったのは、やっぱりヨン君〜♪ソルチルと食事にいって、「もう兵士じゃないから、男と女です。これからは、あなたにおとすまで戦闘開始です」って〜♪このヨン君、アボジに医者になれと言われてたっていってたけど、すげーーー金持ちそうだよーーー。一人暮らしの苦学生ってソルチルは思ってるみたいだけど、すっげー部屋だーー!!

こっそりカップル携帯を渡して、ソルチルの事、ボス姫って〜♪いいわー☆是非是非うまくいってほしい〜☆あんなバカップルのイルハンなんか忘れてさー♪




第ニ十話

馬鹿オンマったら、ジョンチルに、ありえないほど高額な結納の品を要求してきたよ。家を売っても買えないほどの。その上、結納は、ジョンチルの家の格に合わせると、ラーメン屋とかでどう?って。そのくせ、自分たちは婚約指輪は離婚になったときもめないよう安い14金にするだってーー。それでもアボジは前進あるのみ宣言!結納決行を表明。お金・・・どうするんだろう。

こんな状況なのに、ミチルは、開業資金をオンマにおねだり・・・どうにもならんな・・・この女・・・。ミチルに会った叔父は、ミチルを0点と評価!!まったくだよー。イルハンも早く目をさませよ。その上、金が借りれないミチル・・・二度とあのアルバイトしないって言ってたのに、イルハンに内緒でまたやってるしー。

今回も、やっぱりヨン君だわ〜☆ソルチルが困ってるかどうか、今、ソルチルの部屋にいる一等兵から聞いてて(笑)いざってタイミングで、現れるんだもん〜☆それを隠しもしないしね〜♪ソルチルは、前に苦労させられたから、その仕返し??なんて思ってるみたいだけど、ヨンを見る度、にやけちゃう私♪なかなかソルチルを落とすのは大変そうだけどねー。

で・・・トクチルは、もう離婚するしかないのね。部屋だけ借りてもらえて、子供は旦那の方に行くことになったみたい。ソルチルやミチルも旦那を説得しにいくんだけど、全然ダメで。そのことを、オンマとソルチルと話し合ってるソクチルだったけど、それをアボジに聞かれちゃったヨー!!問い詰められるソクチルーー!



注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。