まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

運命のように君を愛している(全二十話)
第五話〜第八話


第一話〜第四話はこちら) 第九話〜第十二話はこちら



 〜キャスト〜
 
キム・ミヨン : チャン・ナラ

イ・ゴン : チャン・ヒョク

ダニエル : チェ・ジニョク

カン・セラ : ワン・ジウォン

第五話


イヨンの母・・・つまり継母は、婚家に来たミヨンを新しいお手伝いさんだと思ってて、ゴンの嫁と聞きびっくり(笑)

李家の代々当主、全員同じ顔だし(爆笑)継母はミヨンが嫁だと分かると、すぐにイヨンを紹介し、ゴンに義弟と認められてない辛い境遇をアピール。

そこにゴンが!!ゴン・・・すっかり廃人になってたけど、なんとか堂々としたす旗でミヨンの前に。冷酷に、「自分たちは夫婦になるために結婚したんじゃなく、子供のために結婚したんだから、気配りなんかいらないし、ベッドも別だ。これはハルモニには秘密だ」とはっきり言います。

それにさっきの義母を「オモニ!」と呼ぶのは許さないと・・・自分にオモニは一人だけだ、愛する人がセラ一人なのとおなじようにとキツく釘をさします。



二人が愛し合ってるようにおもえない義母は、まさか妊娠は嘘では?と考えます。

ぶははは!!夜中にお腹がすいて、ミヨンはこっそり即席ビビンバをほおばってて。いきなりゴンが起きてきたから隠れます。でも結局見つかるんだけどね(笑)

そんなミヨンに、ゴンは、あんたに関わるつもりはないから居ないかのように暮らしてくれって・・・。居ないように暮らしますと素直に答えるミヨン。

義母はイヨンと共に、李家の分家長に、どうも偽装結婚のようだとチクリます。お腹の子も偽装の可能性があると匂わせて。証拠さえ掴んでくれれば裏でしっかり推してあげるという分家家長。

ミヨンはローファームをやめたよ。会社から帰るミヨンは再び偶然ダニエルに再開し、結婚したことを報告します。ミヨンは会社を出るとき、ゴンに渡す書類を預かってるんだけど・・・

ええーー!!離婚書類だ!!それに気づいたダニエル。旦那に優しくされてるのか・・・もしそうじゃないならきちんと文句を言うよう心配してアドバイスするダニエル。そして何かあったら連絡してと、電話番号を教えます。

なぜ神父がカフェにいるの?と聞かれ、自分の店じゃなくて手伝ってるだけだ、特別な神父だからって(笑)ここではじめて、ミヨンの名前が「キム・ミヨン」だときくダニエル。

ミヨンはゴンの部屋で、セラにたいする愛情がひしひし伝わる二人の映像を見て・・・。二人共楽しそうで幸せそうで・・・。そこにゴンが帰ってきた!!ここはお前みたいなやつが気安く入れるところじゃないというゴン。

ゴンは三つのルールを守るよう言います。1つ目、決してこの部屋に入らない。二つ目、書類の上の結婚だからお互い責任なんか何ももない。三つ目・・・といい、指輪をはずして、ミヨンが持ってきた書類を見てサインするよう言うゴン。

それは離婚同意書で、子供のための結婚だから子供が生まれたら結婚を続ける理由がないって・・・10ヶ月後に慰謝料10億で離婚するよう同意しろというゴン。

ミヨンは、自分が結婚したかったのは、子供を守りたかったのと島を守りたかったからだし、ゴンに感謝してたからだと言います。いつも助けてくれたゴンが子供の父親だから安心できたから、本心をしんじたくて結婚したって。

そしてその離婚同意書の一部を消し、ミヨンは条件があると言います。お金はいらないって!!条件は全部飲むから子供は私が産んで私が育てるというミヨン!!

オンマからの電話に、ミヨンはゴンに優しくされて幸せだと話します。それを偶然聞いたゴン・・・。

うわー!!ゴンは買い取った石鹸工場を処分する契約を、以前競合して買った相手業者に。業者はあの土地を更地にしてビルをたてるって!!

ハルモニが病院に入院を!!ストレスが原因だという主治医。ミヨンとここに行ってと、封筒をゴンに渡すハルモニ。産前学級のチケットだ!!仕方なく、ハルモニに従って行くゴン。



でも、ゴンは全然手伝わばくて。見かねた先生は、ゴンとミヨンを見本に!!マッサージは。。。そのうち「おっぱいマッサージ」に(笑)先生は無理やりゴンの手をミヨンの胸に!!ミヨンとゴンは大騒ぎ(笑)

ミヨンはゴンに、こどもと父親が、はじめて一緒に何かができてよかったとゴンに。子どもも喜んでるって。

お腹がすいてるミヨンにゴンはカードを渡すんだけど、お金はあると受け取らず、遠慮しながら行くミヨン。

一人で食事してるミヨンを見かけたダニエルは、カフェのペンキ塗りを手伝ってほしいと頼みます。ミヨンの腕の怪我に気づいたダニエルは、手当をしてくれて♪

コップに赤ちゃんの絵を書いたミヨン。アッパとオンマの絵も書くよういうダニエルに、どうせ一緒にいられないからとつい口につくミヨン。すぐに謝って。離婚同意書をみたことを話すダニエル。そんなの、おかしすぎるって・・・ミヨンの旦那はひどい奴なのかって。悪い人じゃないし理由があるんだろうというミヨン。



愛する人がいるのにじぶんのせいでこうなったから自分のせいなんだって。子供も自分が育てたいけど、欲心を持ちすぎなのではとこわくなったりするって。

ダニエルには神父だから秘密がなくて気楽だというミヨンに、ダニエルは妹ができたようで嬉しいって。

ミヨンを家におくってあげたダニエルは、ミヨンがワン会長夫人の孫嫁だと気づきます。そこにゴンがかえってきた。






第六話

やっばーい!!めっちゃくちゃ面白い!!実は6話を一気に見ちゃって(滝汗)早く7話がみたいので、急いでレビュー書きますね!!

ダニエルが「自分は近所のオッパだ。ミヨンさんは妹みたいなもの」と自己紹介したのが気に入らにゴン(笑)その上。「何かあったら連絡して」とダニエルが言ったのも気に食わない。微妙に嫉妬してる感じだよね(笑)

ダニエルの事を、実は神父様だと説明するミヨンに、ゴンは、自分と住む以上は品格を守れと釘を刺します。セラの写真を見てても、ダニエルの事を思い出して「ハレンチなやつめ・・・」って(笑)

ミヨンは契約書の事で、やっぱり子供を諦められにとゴンに。誰よりもこの子を自分以上に愛して育てるられると証明して見せるから、同意書へのサインは10ヶ月待っててほしいと頼みます。

どうせ離婚するという事実はかわらないから、ミヨンが音をあげるはずだといい、何度も良かったというゴン。

イヨン親子の味方になってるあの分家の家長は、できちゃった結婚だなんてけしからんとわざと長老を連れてきて文句を。お腹の子供が李家の孫なのは確かかだなんて!!これを聞いて激怒するハルモニ。今度はこの家長、地方の島の小さな店の女なんか認められないと文句を。ミヨンは、ヨウル島の素晴らしさ、美しさを話します。それを聞いた長老は、純真なミヨンを大絶賛。

計算外でうろたえる家長。義母は二人の出会いを暴露しようとするんだけど、ハルモニが、ヨウル島の天然石鹸工場をゴンが買い取った事で二人はであったと先生を。ゴンのおかげで、なくなる予定だった石鹸工場がソウル移転されることになり、島中の人がゴンに感謝しているとミヨンは説明。

石鹸工場の事がハルモニや長老に認められたゴンは焦ってタク室長に、売った相手がなにをつくるつもりなのか調べるようこっそり指示を(笑)。

うわ!!セラから電話だ!!セラは来週帰ってくるって。そこで・・・ミヨンの悲鳴が!!ぶはは!!シャワーと戦ってるよ(笑)電話を切ってミヨンの元にきたゴン。びしょ濡れのミヨンを心配してバスタオルをぐるぐるまきにしてくれて・・・。



その頃セラは、一度もゴンから電話を切ったことがないのにおかしいと思います。

今回の産前学級は、パパの作る赤ちゃんの産着だ。一人で参加してたミヨンだったけど、そこにゴンが!!自分の兵役の特技はオーバーロックだといって(笑)先生の言葉通り、まるで白い巨塔のオペシーンみたいな(笑)産着作りだよ(爆笑)でも二人共楽しそうだよ。



出来上がった産着をすごく喜び、一生大事にするというミヨン。しかしそこに、偶然セラの友達が!!!なぜここに来てるのかと聞かれ、困ってるゴンを助けようと、ミヨンは秘書のふりをします。その友人は、秘書だとミヨンを見下して、ジュースのコップを捨ててこいだなんて!!

誤魔化しきれたゴンだけど、ミヨンにジュースをすてさせたその友人がなぜかムカついて(笑)

ミヨンはオンマから電話があり、明日友人の娘の結婚式でソウルに行くから、ゴンとくるよう言われます。

あらら・・・ジヨンは電話一本で、職場の契約を切られちゃったってやけ酒だよ!!家にミヨンがいなくなって寂しいと泣いてるよ。ジヨンも、ミヨンは幸せに暮らしてると信じてるよ。

ゴンにもらった勝利の女神にしてくれたチップを見つめ、自分はなにを期待してたんだろうとミヨンは考えます。

ゴンはミヨンと連絡がつかなくて何度も電話して心配を。でも家にかえるとソファーで眠ってるミヨンが。ミヨンがソファーから落ちそうになるのを抱き止め、ベッドに連れて行ってあげます。そして、そっと頬を撫でて♪ダニエルがミヨンにはったバンドエイドを取って、新しいのを貼ってるよ(笑)

次の朝・・・ぶはは!!ゴンったらこっそり眠ってるミヨンとの2ショット写真を撮ってるよー(爆)



義母ったら起きてきたゴンに、ミヨンの悪口を。その上、ゴンは小学生の頃、オンマに先立たれたから顔も覚えてないでしょうって。

ゴンは、オンマは泣き顔を隠してたから背中しか覚えてないとイヤミをいいます。その後、悔しくてイヨンに文句をいう義母。するとイヨンは、会社がなんだか怪しいからゴンを痛い目にあわせてやるよって。

ゴンは主治医のもとに。遺伝病を心配して、定期検診を受けてるんだね。でも、ゴンのアボジは遺伝しなかったって。

ミヨンはオンマと約束した、友人の娘の結婚式の二次会に。するとそこには・・・ゴンが!!(爆笑)のりのりでトロットを歌ってみんなと踊ってるよー♪

やってきたミヨンと「チョリとミエ」のデュエットを。二人共ノリノリで♪ゴンなんか、男サムスン@キムソナみたい(爆)

オンマの友人たちはゴンを褒めまくりで嬉しいミヨン母。帰り際、ミヨンに良くしてくれてることを感謝するオンマ。そしてオンマはゴンに、自分のオンマだと思うよう言ってあげます。

そして愛情たっぷりにゴンを抱きしめてあげるオンマ。ゴンは最初は戸惑ってたけど、何度も嬉しそうに「オンマ!!」って(笑)



その夜・・・こっそりタク室長に電話をして、ヨウル島を売った相手業者の事を確認。なんといその業者DUDU工業はヨウル島に産業廃棄場を作ろうとしてた!!!何度も訴えられた悪徳業者みたい。

電話してる途中、後ろにミヨンが!!!驚いて携帯を落とすゴン。するとタク室長の声が、ミヨンに聞こえそうで・・・なんとかごまかそうとしたゴンは思わずミヨンを抱きしめた形に(笑)戸惑うミヨン。

セラは、ゴンにカフスリングをお詫びにプレゼントしようと用意してるよ。そして、サプライズで帰るつもりみたいだよ!!!

イヨンは、ゴンが出かけたあと、秘書に、ゴンがヨウル島のことでDUDU社に会うと聞いて・・・・。すぐにオンマ(義母)を呼び出し、ヨウル島の売買契約書の写真を見せます。DUDU社がヨウル島になにをつくるのかも情報ゲット済みだ!!これをミヨンが知ったらジ・エンドだって♪

ミヨンの元に、ダニエルからの個展の招待状が。

ゴンは、DUDU社に行き、ヨウル島売買同意書を破棄すると申し出た!!違約金は破格にするって。あの島は、あんたらの汚い廃棄物のような汚らしく役にたたない島なんかじゃないといって。

DUDU社は、金ならいくらでもやるから売るよう言うんだけど、ゴンは絶対占いうといい、「あの島は俺の妻の故郷だから、この決定は絶対に変わらない」とはっきり断った!!!!

そして・・・帰り道、いつも外してる結婚指輪をはめるゴン♪

個展にきたミヨン。ダニエルが声をかけようとしたらミヨンにメールが!!それはイヨンの送ってきたヨウル島売買同意書だった!!ショックをうけるミヨン。そこに声をかけたダニエル。

ダニエルに、どうしたらいいんでしょうと聞くミヨン。「ゴンをほんとに良い人だと思ってたから・・・ミヨンにも子供にも島の人にも良くしてくれて。。。だからもしかしたら自分よりも子供にとって必要な人だと思ったのに。。。でももうどんな人なのかわからなくなった・・・どうすればいいの」と泣きます。



個展にゴンが来たことにダニエルは気づき、ミヨンに「あの人がどんな人なのか一度確かめてみるかい?」と言い、ミヨンを抱きしめたー!!!




第七話

きゃー☆ゴンがダニエルからミヨンを奪い取り、「なにをしてるんだ!!神父のくせに人の女に!!」って言ったー!!ダニエルは、本当にあなたの女なら悲しませないようにするべきだと。やっとミヨンが泣いてる事に気づきます。

先に一人で帰るミヨンをゴンが追いかけ、理由を聞くんだけど、言わないミヨンに、「品位を守れ」というゴン。ミヨンは、人前では優しくして後ろでは何をしてもかまわないのが品位ですかと聞きます。

そして、自分はゴンにとってどんな人なのかと聞かれたゴンは、「自分の子供の大事な母親だから、子供が生まれるまで、心もからだも気をつけて、軽率な行動をしてはいけない、義務と責任をもつ非常に重要な人だ」と答えます。

ミヨンは「子供が生まれたらあなたにとって何もイミのない人っ事ですね。その日が来たら荷物をまとめて契約書にサインをするだけの人でその以上でもそれ以下でもないんでしょう。」といい、帰っていきます。

泣いてるミヨンのもとにダニエルが。何の意味もない関係だとわかってるのになんでいつも涙がでるのかわからないというミヨン。ヨウル島は自分を愛してくれた父が眠ってる場所で、家族もいるから、ゴンが恨めしいと本音を・・・。



どうすれば良いか教えてくださいと聞くミヨンに、ダニエルは自分は神父じゃないと告白を。

ゴンの元に、ヨウル島石鹸工場の違約金で三倍要求されたことを理事会が知って、背任行為で責任を問うとの連絡が!!そして株主総会は、売上不振も一緒にして解任決議案をだすって!!

新製品のリリースで逆転するとうゴン。その新製品の交渉相手がダニエルで、個展に来てたんだね。でもダニエルがその交渉相手だとは気づいてないけど。

ゴンが家にかえると、ミヨンは荷造りして出て行く所で。まるで居ないかのように暮らせといったからそうするだけだって。自分たちは徹底的に子供のために結ばれた夫婦だし好きにしろと、ゴンは指輪を外してミヨンを追い出します。

歩いてるとカフェの前でダニエルに声をかけて。電光掲示板には「キムミヨンさん、ごめんね。僕がわるかった」の文字が♪こんな事されたキュンときちゃうわね。



どこまでも良い子なミヨンは、ダニエルに起こるどころか、神父でもないのにミヨンの話をきいてもらって祈祷までしてもらって申し訳ないしありがたいって。

ゴンはミヨンがいないから自由だー!!と・・・一人でケーキを食べたり運動したり・・・完全強がりだよw実際には電話を待ってるし(笑)寝てるミヨンとの2ショットを待ち受けにしてるし、削除しようとしてできないでいる(笑)

ダニエルの、女性を書いた絵をみつけたミヨン。幼い頃別れた妹「キム・ミヨン」の絵だと教えるダニエル。妹をさがしてるといって。ミヨンのように優しい子だったと話します。

そしてダニエルは、ミヨンに、義兄妹になろうって。実兄のように辛いことがあったら助けるといい、兄として家にかえるよう言います。

いやーん、きゅんきゅん来るわー!!一人で寂しく眠れないゴン。家の前まできて、やっぱり無理だと行こうとするミヨンを見つけ、声をかけます。どれほど心配したかわかってるのかーー!!って♪そう言ったあと、お腹の子の事だって(苦笑)



自分の事を心配してたことを感謝するミヨン。皆がポストイットと呼んでたのに、ゴンだけがボンドガールになれと言ってくれて、それは忘れないって。

正式に、チャンイン化学にダニエルを招待したゴン。ゴンはダニエルに会い、さすがにびっくり。相変わらず上から目線で詐欺扱い(苦笑)

チャンソンとのコラボをダニエルが承諾した理由は妻のためか??ときかれたダニエルは、ミヨンのためだと答えたー!!



ゴンは一度もミヨンを妻として扱ったことがないからゴンの妻だって事を忘れてました−って(笑)自分は磨かれてない原石を見つけるのが得意で、ミヨンは最高の原石だと。

ジヨンは絵本の読み聞かせの仕事を。ミヨンに、旦那に読み聞かせしてもらえば胎教に良いって。

食事中、ひどい吐き気に襲われるゴン。同時にミヨンも(笑)二人一緒につわり??(笑)天生緑分だからだと大喜びのハルモニ。

冷蔵庫をあけたら吐き気で(爆笑)

いつかはヨウル島に帰るというミヨンに、ゴンは、必ず帰るってわけじゃないんだなと満足そう(笑)

ミヨンの二番目の姉と義兄がミヨンの家に家を探しに来たからとやってきた。寝室が別なのがばれないよう、必死で短時間に片付けるミヨンとゴン(笑)。



2夫婦で、Wデートしようと誘われるんだけど、ミヨンは、ゴンは忙しいからと、一人参加を。遊覧船で楽しみます。しかし・・・そこにゴンも!!

やってきたゴンに、契約夫婦なんだから気を使わなくて良いというミヨン。ゴンは、一緒にいるときは、俺に頼って良いと。いったい、どれがゴンの本当の姿かわからなくなったミヨンは、なぜ産業廃棄物の会社にヨウン島を売ったのか聞きます。

ゴンは、それでミヨンがおかしかったんだと納得を。すべて説明をしようとしたら、オンニ夫婦が「そりゃ、どういうことだー!!工場をどこに売ったんだ??」と叫んだ!!

ゴンの首を閉めたオンニは・・・突然、産気づいた!!!陣痛に苦しみながら、工場を売るような婿だなんて考えもしないで息子ができたと喜んでるオンマが可哀想だと嘆くオンニ。

売ってないと訴えるゴン!!やっと聞いてもらえて。

そしてゴンは、遊覧船で医者探し。どうしても見つからず、自分が産婆になると立ち上がるゴン(笑)いい感じで進んでたのに、義兄失神(爆)結局、ミヨンとゴンが子供を取り上げてあげたよ。



オンマもかけつけてきたよ。ゴンに感謝するオンマ。パク社長も一緒にかけつけたんだけど、ゴンのお陰で工場跡地にコミュニティセンターが建てられるって。ミヨンも喜んでて、ゴンも嬉しそう。

夜になり・・・ソファーで寝てるミヨンに、ゴンが、ベッドで寝るよう言います。時がきたら、ポストイットみたいに跡をのこさず契約通りに出ていくから心配しないでとメッセージを送ってくるミヨンに・・・ゴンは複雑な心境で・・・

ゴンはニューヨーク行きのチケットの予約を。こんな生活は、セラにもミヨンにも良くないから、セラに会ってはっきり言うって・・・。ミヨンを選んだって事??まだ7話dから早すぎるんですけどーー(怖)

お腹の子に絵本を読んでるミヨンの声をきき・・・ゴンが変わって絵本を。ゴンはミヨンに、自分といる間、価値のない無意味な人ではない、強力ボンドだからと♪

で・・・寝室を出ようとして・・・腰が折れたみたいだって(爆笑)方法がないから、一緒にベッドで寝ようって(笑)木石のようにただ一緒に寝ようと(爆笑)

緊張しすぎてソファに行こうとするミヨンを、きゃー☆ゴンがだきよせた!!!そのままキスするか??






第八話
な・・・なんとかゴンは欲望に耐えた!!!(笑)先に寝たミヨンの寝顔を見つめて・・・♪

翌朝、再び指輪をしてジョギングするゴン。ダニエルに会って・・・ぶははは!!二人共すごい張り合い方!!(爆笑)



ミヨンは再び個展にきて、ダニエルの作品に感動。そこで、ダニエルに気づいた報道陣が騒ぎ始めて・・・ぎゃはは!!ミヨンが見つからないようカニ歩きでミヨンを隠してる(笑)

株主総会で解任要請を通そうと、義母とイヨンと分家家長は相談を。ドジばかりしてるのにノー天気なイヨン母子に、チャンソンを自分のものにしたい人は他にもいるんだといい、このままじゃ首にするぞって。

母子がこの家長を利用してるんじゃなく、この家長が母子を利用してたんだー!!

ゴンはちゃんと産前学級にも自ら参加し、ミヨンの食べたいものに付き合ってあげて、いい感じね♪お腹の子の名前は「ケットン」(犬の糞)になったし(爆笑)

変な名前をつけると長生きになるし、ミヨンの胎命も ケットンだったからすごく体が強いと聞き、ゴンは賛成(笑)

いい感じのまま会社に着いたゴンはミヨンに、自分の職場を案内。会社の社員は皆、ミヨンが誰なのか注目を。遅れて歩こうとするミヨンに、もうポストイットじゃないんだと、手を繋ぎ堂々と歩かせるゴン。

そしてゴンの部屋にはいると・・・そこにはセラが!!「サプライズー」といい抱きつきます。ミヨンはそのまま行こうとするんだけど、行くな!!とゴンが引き止めた!!ミヨンの正体を告白しようとしたゴンだったけど、さきにミヨンが「ワン会長の秘書です」って自己紹介を!!

そしてゴンを外に誘い出し、まさかセラに自分の事をはなすつもりなのかと聞きます。何の心の準備もしてないセラの衝撃を心配してるミヨン。

そんなミヨンの気持ちを尊重し、今はセラに言わないでセラに話を合わせるゴン。セラは4泊5日の休暇だって。



セラは、この一ヶ月でゴンがいないとダメなんだと思い知ったと話します。そしてセラの方から、眠りながら、結婚しようってプロポーズを!!明日インタビューが終わったら、話があると書置きをして、部屋をでるゴン。

ミヨンは、部屋で一人、ケットンに絵本を読んであげて・・・。結局ゴンは家には帰ってこなくて・・・。

そんなミヨンに、自分もそうだったからと、セカンドの心構えを教える義母。

ワオ!!なんだかミヨンが社長に意図的に近づいて寝て、妊娠して結婚したっていう噂が!!記者に追いかけられるミヨン。

しつこいマスコミからミヨンを救ってくれたのは、近所のオッパだといって記者を追い払ってくれたダニエルだ!!

次の日、セラのインタビューが終わるのを待ってるゴンだったけど、ミヨン母が入院したとの知らせで、急用ができたから夜話そうとメールを送り、オンマの元に駆けつけます。

オンマは検査で胆石が見つかったけど、手術して取ればすぐ良くなるって。ゴンのあと、ミヨンも駆けつけてきたよ。

大丈夫だと分かり、ゴンとミヨンは一緒に車で帰るんだけど、ぶはははは!!ラジオでは、浮気や、二股や、気まずい内容の歌や会話ばかりで(爆笑)そんなゴンに、ミヨンは、ありがたいって思ってると伝えて。

ミヨンを大事そうに玄関前に送ったところに・・・セラが!!ハルモニにプレゼントをもってきたと笑うセラ。秘書として挨拶するミヨンの腕を掴み、ゴンはミヨンを「この人は、ハルモニの秘書じゃない!実は、結婚したんだ。この人は俺の妻だ。」と告白した!!

ごめんなさいと何度もあやまるミヨン。セラは、嘘だと言ってと、泣いてゴンに頼むけど、ゴンの答えは「すまない」で・・・。



帰るセラを追いかけたゴン。こんなに冷たい人だったのかと冷酷に責めるセラ。隠れて結婚して素知らぬ顔でおもしろがってたのかと言われ、ゴンは子供が出来たことを告白。ミヨンは自分の子供の母だって。

家に帰り、ミヨンとの幸せだった頃の映像を見て・・。・ミヨンからのプレゼントのカフスリングには、愛情あふれるメッセージも・・・。笑いながら泣くゴン・・・。

そんなゴンの声を聞き、ミヨンも泣いてるよ・・・。

ミヨンは慈善パーティに、チャンイン化学の社長夫人として公式に出席するとハルモニに言われます。ハルモニは、ミヨンが辛い気持ちをわかってくれてるんだね・・・。

ミヨンの噂がついにゴンの耳にも。

ハルモニとパーティに出たミヨンだったけど・・・ミヨンの噂をする人たちが!!ひどい言いようで。以前会ったセラの友人は同じ女として恥ずかしいと、ミヨンの顔に酒を!!ハンカチを差し出してくれたのは・・・ひゃー!!ミン弁護士だ!!

ミン弁護士は酔っ払ってて、ステージにあがり、マイクでミヨンを紹介!!ミヨンの経歴を皆の前で話し、噂の女性Bだといい、噂の真相を聞いてきやがった!!!

するとそのステージに、拍手しながらゴンが上がってきた!!

ゴンはマイクで、ミヨンの経歴も噂も本当だと認めます。そしてミヨンを変わった女で、一緒にいるとその変わった魅力に気づき、見れば見るほど可愛い、愛らしくて優しくてその変わった魅力を自分だけが知ってるのは申し訳ないから、ここで直接話しましょう。

そう話をはじめ、ミヨンの事を話すゴン。どれほど変わってるか・・・でもどれほど魅力的な女性か・・・すごく愛情を込めて話してくれて・・・愛する妻と言ってくれた!!愛する妻としてミヨンを紹介するゴン。そしてミヨンに小声で、「ダイヤモンドはこんな石ころどもと並ぶもんじゃないんだよ」って♪

そしてゴンは、ミヨンと二人きりで、川辺でダンスします。そして・・・花火のサプライズだ!!(驚)手伝ったタク室長、二人にメッチャ感動してる(爆笑)




ゴンは今まで寂しくさせた事を謝り、嫌いで避けてたんじゃなくて心の準備が出来てなかったからミヨンと居るのが申し訳なかったんだと説明を。

そして「待っててくれてありがとう、今そばにいてくれてありがとう」といい・・・ミヨンの頬にキスしたーー!!!



注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。