まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

サンシャイン・オブ・ラブ(全十六話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
チ・ヨヌ : ソン・ヘギョ

キム・ミノ : リュ・スンボム

チョン・ウンソプ : チョ・ヒョンジェ

イ・スア : チェ・ユジョン


第一話

ヨヌは、幼い難病の妹を養うため、電車で物売りをして生計をたててた。本当は大学まで行ってたのに、母が亡くなり、妹の父親であり亡き母の再婚相手の義父が、大量のしゃっきんを作って、その返済をするため大学もやめ、働いていた。しゃっきんのせいで、家もさしおさえられて・・・。行方不明だったのに、突然帰ってきた義父は必死でヨヌが稼いだ妹の治療代を持って逃げてしまった。この義父もそこまで悪ってわけじゃなく、バカでサギにだまされやすいんだよね。今回も、どう聞いてもだまされてるって話に乗って、お金をもっていっちゃって・・・・

ミノは、ヨヌの幼なじみなんだけど、警察官だ。亡くなったヨヌの実父の無念をはらすため警官になったっれ言ってたけど、なにがあったんだろう・・・・でも済州勤務になっちゃって・・・。ヨヌの側に居たくて、せっかく刑事課だったのに、ソウルの交通課に転職を志願して戻ってきたよ。

一方ウンソプは、母とパリに住んでたんだけど、恋人がソウルで勝手に結婚式をあげちゃって・・・それを追ってソウルに。本当はソウルは大嫌いだった。なぜなら・・・・離婚したのか・・・それとも母が愛人だったのか・・・大嫌いな父親がソウルにいるからだ。この父親、財閥の会長みたい。嫌ってる理由は、よく分からないんだけど、幼い頃父に会いにきたとき、父が男のくびをしめてるところを見て気絶したって過去があるのよねー。

で、その恋人の結婚式にいくんだけど、恋人は全然動じなくて・・・新婚旅行から戻ってから入籍すると聞いて、その旅行の間に考え直してほしいと伝え、一人ソウルに残ります。その間に、父である会長に、ウンソブがソウルに居ると知られて、どうも会長は、ウンソブの兄である長男がいるんだけど(本妻の子かな?)ウンソブにも相続させようと探すんだよね。

でも父が嫌いなウンソブはホテルから逃げ出して・・・。

そんな中、ウンソブは父の手下に見つかって、追いかけられます。バイクでにげるんだけど、それが交通違反の速度で、ウンソブを追いかけるミノ。地下鉄に逃げ込んだウンソブは、追っ手からにげようとして・・・線路に落ち、頭を強く打って気絶してしまいます。

そこに居合わせたヨヌは・・・悩むんだけど、お金に困ってるヨヌは謝礼に目がくらんで、助けに線路に!!もう電車はそこまで!!そこに追いかけてきたミノもやってきて、ヨヌを助けようと線路に飛び込んだよーーー!!動かそうとしても重くて動かないウンソブ。なんとか気づかせようとするんだけど依然気を失ったままで。ああ。もう電車が目の前に!どうする?






第二話

( ´ー`)フゥー...なんとか助かったみたい♪てか・・・どうやって助かったんだろう・・・(苦笑)これで謝礼がもらえると思ったら・・・・なんとウンソプは記憶喪失で何も覚えてないって・・・・ショックを受けるヨヌ。でも、これはウンソブの嘘なんだよね。身元がばれないようにするために。そしてこっそりヨヌに「実は韓国人じゃなくてパリから 来たフィリップです。謝礼金は欲しいだけあげるので、ホテルからパスポートと財布をもってきて、しばらくかくまってほしい」って・・・そんなの信じるわけなくて怒って帰るヨヌ。

そのうえ・・・この騒動で、大事な商売道具の入った鞄までなくなって・・・失意のヨヌ・・・帰ろうとすると、ウンソブに会って・・・無視しようとしたけど、ほっとけなくて一日だけ家で面倒をみてあげることにします。

そうそう、あのウンソブの兄(理事)ったら、やっぱりウンソブの事良く思ってないのね。今回の不祥事を起こしたパク室長の為って事にして、うまくパク室長を仲間にして、会長に「ウンソブはパリに帰った」って嘘をつき、監視するよう指示したよ。

ウンソブはヨヌの家に泊まるんだけど、ヨヌは愛想がなさすぎで・・・すげー排他的で心を開かない。893がまた取り立てに来たんだけど、それをウンソブが大事な指輪(どうも会長の息子って証明の指輪みたいだね・・・)を渡して助けてあげて。でも礼の一つも言わないヨヌ。

そんなヨヌを面白く思って居なかったウンソブだったけど、ヨヌの妹イェガンから、ヨヌが必死で稼いだお金を義父が持って行ったことや、自分のせいで商売道具をなくしたことを知ります。

ミノはヨヌのお金を義父が持って行ったと知って、仕事もさぼって必死で寝ないでさがして・・・やっと見つけたんだけど、お金のほとんどを使ってて。ほんとどうしようもない義父だよね。全然こりてないし。ミノはヨヌの為、なんとかしてあげたいけど、お金を貸すとヨヌが傷つくし。そんなミノに母は「笑わせてあげなさい」ってアドバイスを。

ひゃー☆ヨヌったら、水商売の面接に行ったよーーー。その上前借りたのんでたー。大丈夫??決めた後、ヨヌはミノを呼び出すんだけど、就職したことを告げ・・・でも内容は言わないで。ミノは、おじさんは見つからなかったって嘘をついてあげ、一生懸命ヨヌをたくさん笑わせてあげて・・・ミノ、ほんと良い奴なんだよねー。家に帰ると、自分の家に下宿してる学生の部屋代が「50万」だと知って、それが丁度イェガンの治療費と同じ金額だと気づいたミノは、ヨヌの家に下宿して、その金額を払うことを思いつきます。

ルンルン気分でヨヌの家にいくと、そこにはウンソブが!!ウンソブってシェフか何かなのかな?なんだかご馳走作ってたよ。なんでお前がここに居るーー!!ってなった瞬間外でヨヌの悲鳴が!!実は理事が、ヨヌを連れ去ろうとしてるんだよね。その声を耳にして振り向く二人!




第三話

ほんのちょっとの時間で何もなかったかのようにヨヌは帰ってくるんだけど、理事に会ったんだよね。ウンソブは選挙をひかえた有名な会長のめかけの子で、それが世間にばれたらこまるから、すぐに追い出してフランスに帰してほしいって。大金とウンソブの指輪を渡して。

家に帰ったヨヌはウンソブの作った料理を見てひゃー。ひっくりかえしたよー!勝手な事をするなって。ウンソブは怒って、出て行くから指輪をかえせって・・・。ヨヌは指輪をウンソブに渡します。ウンソブは次の日の朝出て行くって・・・

ヨヌが仕事に出かけるんだけど、クラブの名刺を見つけたミノは、ヨヌが水商売をしようとしてるって気づいてクラブに!!でもそこにはこの前捜査の邪魔をしてしまった刑事課の班長がはりこみしてて。。。どうしてもヨヌを探し出したいミノは、女装して潜伏捜査することに(笑)結局ヨヌはお金を返して店では働いてなかったんだけど、ついでにミノは機敏な行動ではんにんを捕まえて、班長も一目をおいたみたい。

後で、チ・ドンマン事件を調べようとした班長は、その資料をミノが持ち出したと聞き、ミノに会います。ミノはヨヌの父の事件を調べてたよね??それがこの事件なのかな?あと一ヶ月で時効らしい。班長は一緒に調べようって声をかけるんだけど、ミノは自分でやるって断ったよ。うーん・・・この事件って・・・もしかしてウンソブの父も関わってるって事??

ヨヌは食堂で働いてたよ。そんなヨヌに「自分に胸を張って生きろ」と声をかけます。

ウンソブは出て行くんだけど、その足でスアが経営するパン屋に。スアを見つけて必死で話をしようとするのに、部屋に閉じこもったスアは出てきてくれなくて。周りはウンソブをストーカーあつかいして。そこに丁度ミノがやってきて、ウンソブを連れ出し、元気づけます。酒に酔ったウンソブを家につれて帰ったミノ。ヨヌが看病するんだけど、ウンソブはヨヌとスアを間違えて涙を流しながら「俺を捨てないで」って・・・なんだかヨヌはドキドキしちゃったみたいね。

結局ヨヌは、ウンソブをフランスに帰るまで面倒みてあげることに。ちょっとウンソブに心を開きかきえてるヨヌを見て、ミノはなんだか腑に落ちない感じみたい。今まで自分にだけ心を開いてたからさ。

ウンソブにあんな態度をとってたくせに、スアが家にきたよー!!ヨヌがあいてするんだけど、すごく綺麗に二つのベッドをならべて部屋を作ったばかりなのに、みずぼらしい部屋扱いされて、気分の悪いヨヌ。どうもウンソブはフランスでも何不自由なく暮らしてたみたいね。そして帰ってきたウンソブはスアを見てびっくり!





第四話

スアは、父の会社の倒産で韓国に戻って、結婚を決めたのね。なんだかんだ言ってもウンソブにまだ気があるみたいね。離婚する気はなさそうだけど。ウンソブはパティシエだったみたい。一緒にパートナーとしてまた一緒に仕事をしないかなんて言ってたよ。もちろんウンソブは断ってフランスに帰ることを決意します。

ヨヌはどうにかお金を作るため、食堂の仕事を昼も夜もすることにして・・・一日中働きずくめ。イェガンは、「ヨヌはイェガンよりお金がすきなんだ」ってやきもちを焼いて、大事なお金にいたずらをします。おしりを何度もたたいてイェガンを叱るヨヌを止めるウンソブ。

そしてその日・・・ヨヌが仕事に行き、ウンソブが飛行機に乗るため家をでようとしたとき・・・・イェガンが気を失ってるのに気づきます。

なんとイェガンは肝不全になってて、いますぐ手術をしないといけないというのだ。手術をしないとしんでしまうらしい・・・。お金もないしどうしたらいいのか分からないヨヌ。隠れて無くヨヌにそっとティッシュを渡しはげますミノ。

ヨヌは、義父じゃどうにもできないし、もう家を売るしかないと・・・父との思い出のつまった大事な家を売ることにします。そんなヨヌに、一日だけ待ってくれと言うウンソブ。ウンソブはスアの元にいき、一年間パティシエとして一緒に仕事すると言いにいくんだよね。そして・・・ヨヌもそこで働けるようにして、二人の年俸で手術代を作ってくれて。

実はウンソブは、ヨヌの部屋で秘密のレシピを見つけてたの。それを教えてほしいって。そのレシピは亡くなった父の形見だったみたい。ヨヌは、この条件を受けます。

そのころ何も知らないミノは・・自分の肝臓を売ってお金を作ろうとしてるんだよね(涙)なんかすっげーミノがけなげで可哀想になってきたよ(涙)あああ・・・ついにその臓器の手術をうけるために、汚い廃屋の地下にむかっていったよーー!!

そうそう、あの班長・・・町のちんぴらに嫁が男と逃げたことや、息子が青色病だって事でからかわれて、殴っちゃって・・・・一ヶ月の謹慎をくらってたよー。謹慎中にヨヌの父の事件を追うのかな?




第五話

今回はミノが可哀想で可哀想で仕方なかったよ(涙)ヨヌの為に臓器手術をしようとしたんだけど、麻酔までかけた直後に、あの班長に助けられて・・・ミノからしたら、助けられたっていうより余計な事されたって感じだけど。そのあとオンマに呼び出されていってみると、30年満期で27年間オンマが結婚資金にとためてくれてたお金を渡してくれて・・・

これでヨヌが助けられるーって喜んで家に行ったら、「ウンソブが助けてくれたのー」なんて喜んでるヨヌが・・・。そりゃないよね(涙)

その上、ミノが落として行った携帯から、臓器をうろうとしてたことがばれて。ウンソブ、余計な事言うなよー!!だよね(涙)思い切りヨヌに怒られちゃって(涙)

入院中のイェガンの為にピザを買っていってあげたら、NG食材で、めっちゃ責められちゃうし。そのせいでイェガンはまずい病人食を食べなくなって・・・困ってるのを助けたのもウンソブ。もう立つ瀬ないよ。

ミノは、あの班長に協力することを決めたみたい。あの班長は、ヨヌの父のために事件を解決したいっていうのじゃなくて、どうも会長に恨みがあるみたいで、会長をハンニンとして捕まえたいみたいだね。

スアの店で働き出したウンソブとヨヌ。スアは、なんと会長の会社から融資をうけようとしてるの。ウンソブの父だって事は知らないのかな?理事にわいろとしてケーキを渡すんだけど(ウンソブの作ったケーキ)会長がそれをとても気に入って。

テストとして、会長の持病に響かない食事代わりになるケーキをって注文が。そのため徹夜するウンソブとヨヌ。ヨヌの父のレシピのお陰で、この難題をクリアするアイデアが!!二人きりでパン屋に居ると知ったミノは、ヨヌの為に好物を買って差し入れしてあげようとしてて・・・その頃ウンソブはヨヌがうたた寝してるあいだに、ヨヌでも食べれるケーキを作ってあげて、前渡せなかったお祝いの髪飾りをプレゼントし、髪につけてあげて・・・これじゃ、ヨヌが惚れてもしかたないよ・・・良い感じで可愛いケーキを食べようとしたところで、また間がわるくミノが差し入れの袋をかかげて入ってきたーー!





第六話

ミノいいわー。場の雰囲気読めないまま、おどけてるし(笑)でもヨヌはウンソブを意識してか、お化粧なんかしちゃって。あのもらった髪留めもして。でもウンソブに笑われて、口紅とっちゃったよ。それに、髪留めも、スアに「私の好きな紫だわ」と言われて取っちゃったし。

ひゃー。理事がスアの店でパティシエのウンソブに会っちゃったよ。理事は義弟の顔を知ってるけど、ウンソブは義兄の顔をしらないのね。理事は、スアに投資してほしいなら、パティシエを変えろって条件だしたよ。あのパティシエは才能ないからフランスに帰せってー。

ミノは、ヨヌの為に、口紅買ってプレゼントしたりして。なんか可愛いわー。でも。。。ヨヌは・・・。ウンソブがイェガンとの約束のケーキをもってくるんだけど、それが亡き父が最後にヨヌのために作ろうとしてた未完成のレシピのケーキで・・・それをケーキ嫌いなのに食べて感動してたよ。

ヨヌの同僚のスンオクがミノに一目惚れ(笑)積極的にモーションかけてきてるー。

会長がウンソブのケーキを買いにきたのに・・・スアも不在で、ウンソブも不在・・・そのうえ、すれ違ったのに気づかなくて・・・

スアったら、理事に投資を断るんだけど、ウンソブとフランスでつきあってたことを調べあげられて、それを旦那に言うっておどされて、ウンソブにすごく八つ当たりして。それをたしなめたヨヌにも、傲慢に振る舞います。でも。。。ウンソブは、スアの言うことを聞いて、ヨヌを止めて、ケーキを作り直してて。ヨヌは「プライドがないの?」ってウンソブに。「貴方はあの女に利用されてるだけで、捨てられるだけ」って言うとウンソブは「捨てられても良い。」って愛を主張して・・・ショックを受けるヨヌ。

うーん・・・なんだかスアが、ウンソブと理事の関係に気づいたっぽいなー。

ミノは、アクションしなくては・・・と、ヨヌを映画に誘って・・・でも心ここにあらずのヨヌ。「あいつの事が好きなのか?」そう聞くと、ヨヌは「好きよ」って・・・そしてどれだけ愛してるか・・産まれてはじめてどれだけ心が痛いかを口にするヨヌ。そして振り向くと、そこにウンソブがーー!



第七話

ウンソブ、聞こえてないのかと思ったら・・・ちゃんと聞こえてたのよね。後でヨヌに、「俺はそんな良い人じゃない。就職したのも、全部彼女の為にしたことだ」って話をして・・・

ヨヌは、元の自分に戻るために、パン屋をやめたよ。ショックを受けてたミノだったけど、元のヨヌに戻ると聞いてすごく喜んでて。ヨヌが仕事をやめたと聞いてウンソブが病院に来るんだけど、丁度イェガンの手術の日で。ヨヌをそっとしといてほしいミノはウンソブを追い返します。

ミノオンマっていいわー。ヨヌに差し入れしようとして、ヨヌの家にウンソブがいるのを見て、ミノの事を思ってヨヌに文句を言いに病院まできたんだけど、結局ヨヌが可愛くて、優しい声書けてあげて・・・。ヨヌは、義父と和解したよ。亡くなったオンマの遺言・・・「ずっとヨヌの側にいてあげて」っていう遺言をきいて、義父がどれだけオンマを愛してたかを知って。

ヨヌ父の事件を追うミノは、班長の言うとおり、チョン会長がはんにんだったら、目撃者は、もしかして離婚した妻か、妻とともに去った息子なんじゃないかって気づいたよ。そうそう、あのウンソブの義兄である理事。会長の養子だったーー!!会長の実子はウンソブだけなんだよね。そしてスアは、理事に、自分がウンソブが会長の息子だって事に気づいたことを言って、逆におどしてたよーーー!!

こうなったら理事ったら、人をやとって、ウンソブの右手の指二本ほど、ダメにしてほしいって金をわたして依頼してたーーー!!次回なにか起こるのかな?

スアは、ウンソブを呼び出して、マンションを与えようとするんだよね。そこに住んで、密会しようって。ウンソブが望んでた事のはずなのに、そうされて初めて、自分は今そんな事を望んでないと気づいたウンソブ。ヨヌの元に行き、「彼女の為に全部やってると思ってた。でも違った。君の為だった。気づくのが遅くてごめん」と言ってヨヌを抱きしめて・・

あああ・・・また切ない・・・これをミノが見ちゃったよー。ヨヌの為にバラの花束もって病院にきたのにーーー!!そんな二人を見て・・えええー。手に石を握りしめてて・・・まさか二人に投げつけるの??ええええーーーー?




第八話

ひゃー・・・きついね・・・。確かに二人の抱き合ってる姿みたら、耐えられないよね・・・。ミノはウンソブを殴ったよ。ウンソブとミノは二人きりで話し合いするんだけど、ウンソブは堂々と好きだって言って・・・。辛いね。ミノ。わざとお見合いしたりしても、全然意味ないし。

理事の雇った奴らがついに家に押し入ってきたよー。ミノも居たから、大事にはならなかったけど、ウンソブの右手をパイプで殴りつけて。致命傷を負ったとおもったけど、指輪のお陰で全治10日の打撲ですんだよ。

ついに、ヨヌの父の事件の鍵をにぎる人から、ウンソブの作戦が成功して、証言を得ます。チョン会長がはんにんだと言う決定的な証拠ではないけど、未処理の汚水を流してた事にヨヌの父が気づき、抗議しようとしてて、それを阻止しないとって状況だった事が分かります。

時効まで一ヶ月を切ってるから、ミノはウンソブに、それが解決するまで、ヨヌとキスとかしないで節操を守ってほしいと頼むんだけど、ウンソブはそれを出来ないときつく言って・・・そのせいでケンカに。ウンソブがしかけてきたケンカだったのに・・ミノがヨヌに責められちゃって・・・。実はウンソブ、昼間に父と再会したんだよね。それでイラ立ってて。

父は偶然パン屋のパティシエがウンソブだと知って会いに行ったんだよ。でも・・・ウンソブは拒否して。なんだか、あの首をしめてた時のことを言い訳しようとしてたけど、聞く耳もたなかった。きっと・・・首は絞めてたんだけど、はんにんじゃ無い気がするな・・・

父である会長は、ウンソブの事を黙ってたことで、養子である理事を責めて、いますぐウンソブを連れてこいって!!理事は、黒服の男たちに、ウンソブを連れてくるよう命令して、パン屋や家を襲撃させて。その頃ウンソブとヨヌは、ヨヌの父の墓に行ってて不在だった。終バスを逃した二人は帰れなくなって・・・・

黒服の男達がウンソブを探してると聞いたミノは、結局ほっとけなくて、班長の車を借りて、二人を捜しに行きます。何も知らない二人は・・・その頃、部屋を借りて二人きりで・・・キスを・・・


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。