まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

ソウルメイト(全十ニ話)
第七話〜最終話


第一話〜第六話はこちら

 〜キャスト〜

ドンウク : シン・ドンウク

スギョン : イ・スギョン

フィリップ : チェ・フィリップ

ミネ : チャン・ミネ

ユジン : サガン

良平 : 大谷良平

 

第七話

(エピソード11.12)

ユジンったら、カップル割引で0円だからと、夜通し電話を強制してきて、ドンウクはもう疲れ切ってて。ドンウクのすべてを独占したくて仕方のないユジン。ミジンから、彼氏の携帯を友達サイトに登録してGPSを使って居所をいつでも知る方法を教えてもらい、こっそり仕掛けをします。

それ以来、どこに行ってても、嘘をつくとユジンから電話がかかって「頭が痛いわー」とか「今から家にいくわー」とか。そのたび、ユジンに気づかれてるんじゃないかってびくびくするドンウク。ついには、もうこれは、運命なのかもしれないとまで思い始めて。そのとき、ジョンファンから冗談で「GPSか?」なんて言われ携帯を調べると、友達サイトの登録が!!!でも・・・ジョンファンもミジンにやられてたんだよね(爆)どうりで女の子と出かける先、出かける先、ミジンが現れたはずだー(爆笑)

怒ってミジンを追い回すジョンファンに爆笑だったけど、結局捕まえたのに、疲れ切ってて無理矢理ミジンにキスされてるし(爆)

ドンウクの方も、気づいたことをユジンに伝え、「別れよう」って言うんだけど、ユジンが「愛しすぎたから・・」といって泣くのを見て、結局だきしめちゃったよ。

フィリップは、もう嘘はつけないと、必死でなんとかスギョンに間接的に伝えようとするんだけど、分かってもらえなくて。全然気づいてないスギョン。その苦しさから、酒をのんで、ミネのマンションの下でミネを呼ぶフィリップ。そんなフィリップに「辛いなら、辛くない方法を選んで。貴方の苦しみまで私は背負えない」とクールに。そんなミネだけど、フィリップはもう愛してしまってて。酔って帰ったフィリップは、スギョンにそれを伝えるんだけど、スギョンは冗談だと思いこんでるよ。でも・・・次の日部屋に行くと、泣いてるフィリップと、机の上にはスギョンの荷物が・・・。現実だと気づくんだけど、この現実が受け入れられなくて・・・部屋を飛び出したスギョン。苦しくて、公衆電話に向かって泣き続けるんだけど、その通話はドンウクにつながってるんだよね。間違い電話だと分かってるんだけど、泣いてるスギョンに音楽を聴かせてあげるドンウク。

何度かフィリップの部屋に忘れ物をとりに行くんだけど、どうにもならない現実に、もう神にすがるしかなくて教会に。そこにユジンもやってきて、「もっといい人が現れます」って言うんだけど、受け入れられないスギョンは立ち上がり、教会を泣きながら出て行こうとして・・・

きゃーー☆ここでユジンによばれてやってきたドンウクと、スギョンがぶつかったよー!!あの夢の中の状況と似てて、まさに「デジャブ??」って感じでーー☆うまいわーー☆この設定!!ドンウクはすごくスギョンにデジャブ感じて気になってるみたいー。

数日後、フィリップに鍵を返すため、一緒にランチをしたスギョン。必死で元気なふりをしたけど、一人になると泣けてきて・・・ベンチで泣いてるんだけど、そこには先にドンウクが座っててーーー!!泣いてるスギョンの耳に、聞いてたMP3のイヤフォンを、片方入れてあげたよ〜(*/∇\*)キャ






第八話

(エピソード13.14)

なんだか今回は新キャラ登場だよ〜☆

スギョンとドンウクがついに出会って、「BOY MEET GIRL」かと思いきや、変態扱いするスギョン。でもなぜかドンウクにはスギョンの心の声が聞こえて、幻聴か??何なんだー??って困惑気味。またそんな姿もスギョンには怪しく見えて(爆)

精神科医にかかるんだけど、この先生役がパク・ヒジンでーー(爆笑)ミジンの上行くキャラ爆発だわー(爆)

後日、ユジンに、彼氏を紹介してもらうんだけど、ドンウクだったからびっくり!!このときも、ドンウクったらスギョンの心の声が聞こえて、超変な態度とっちゃって、スギョンに変に思われるんだよね。

スギョンに彼氏を紹介してあげてと頼まれ、ドンウクはジョンファンを紹介するんだけど、スギョンはまたまた知り合いでびっくり。ユジンはドンウクと運命作りたくて、必死で服をまねたり、髪型まねたりするんだけど、すれ違ってばかり。ドンウクとスギョンはぴったり同じなんだよね。でも互いに運命だと気づいてないの。

良平のファッションショーに行ったミネは、10年前のライバルジュヒに再会!!ミネの上行く達人ぽいけど、かなりアホ(爆笑)言葉間違えまくりだしー。それに、あの恋愛バイブルである日記をユジンにあげたのが、10年前のジュヒだったみたいー。誤字だらけだから、それを直したおかげで、ユジンは新聞社の校正の仕事できてるんだけど(笑)

スギョンの弟ジュホも登場!!俳優志望のただのエキストラなんだけど、超勘違い男で、不細工なのに、超格好良いと思いこんでて、しゃべる言葉はドラマの台詞ばかり(笑)彼がユジンに恋をしたから大変。勘違いしまくりでストーカー状態だよー。

スギョンは、お見合いするんだけど、以前ホワイトデーにデートをユジンがすっぽかした運命男なんだよねー。そこで手を打つかって思ったスギョンだったのに、最低な奴で・・・落ち込んで帰るスギョン。運命の相手は・・・そう思ってレコード店の映像を見てると、隣にドンウクがー。




第九話

(エピソード15.16)

えええーー??今回は話の前後がよく分からないよーーー。あのラストシーンはラストじゃないって事だよね??スギョンがドンウクにユジンの私物渡した後、ユジンと元サヤに戻ってたもんね??

まず、ユジンなんだけど、相変わらずつきまとうジュホがデートにまで出没してきて愛をささやくのに(全部ドラマの台詞だけど。今回はミサまで・爆笑)、全然ドンウクが「愛してる」と言ってくれなくて。それを責めても言ってくれなくて。ついに別れを決意!自分だと決意がにぶるからと、スギョンにドンウクに会って、プレゼントを返して、別れの言葉を言ってほしいって頼んで。

スギョンはドンウクに、プレゼントを返し、ユジンの言葉を伝えて。そして「愛してるなら、ちゃんと口にださないといけないのよ」と助言をします。

その後、実はミジンもジョンファンに(つきあってもないのに)別れを告げてたんだけど、ジョンファンの様子を見てきてほしいって頼まれちゃって。案の定、生き生きとしてるジョンファン(爆笑)そのまま伝え辛くて、「苦しそうだった」なんて言っちゃったもんだから、ミジンはまた勘違いしてジョンファンの元に。

何もしらないスギョンは、ミジンもユジンもフリーになったと思ってお酒に誘うんだけど、なんだか様子がおかしくて・・・なんと二人とも元に戻ってたよーーー!!

突然のフィリップからの電話にとまどうスギョン。もしかして・・よりを??そう期待してたのに、ジュホとデパートに買い物に行ったら、ミネと一緒のフィリップに会っちゃって・・・・

ミネが気になるスギョンは、ミネのHPを見つけたり、英語塾に潜入していたずらしたり。でも見つかって、ミネに「スギョンさんごめんなさい」なんて言われて・・・同情だけはされたくなかったのに・・・凹むスギョン。

その後、あの、スギョンがドンウクにユジンの伝言しに行ったのかな??ラストシーンで、「愛は言葉にしないと」と言って、レストランを出ようとしたところで、ミネとフィリップが店にはいってきて・・・焦ったスギョンは、料理をひっくりかえしちゃって。駆け寄るフィリップ。哀しいスギョンの心の声が聞こえたドンウクは、彼氏のふりをして、助けてくれて。店を出ると、フィリップから電話が。「優しい彼なの」と強がるスギョンを見てると、ドンウクも涙が出ちゃって・・・思わずスギョンの手を握り、「行こう!!」ってーーー。きゃーって感じだけど、その後、ドンウクとユジンがより戻してたから・・・・・・ここで、きゃーな結果にはならなかったって事ね・・・。まだ運命に気づいてないって事かな??

てか、ジュヒ笑えるわー。ユジンに良平情報と引き替えに、今度はブラックダイアリーをあげて。良平相手に、いろんな技を使うんだけど、もう全部ミネがつかったものばかりで相手にされなくて。奥の手で、幼稚な戦略で、良平に近づいたよ。それを見てたミネはわなわなしてたねー。





第十話

ええええーーー!!最後にそうなる訳???この先どうなるのよーーー!!!

ユジンは、ドンウクを愛しすぎて、結婚を意識しはじめます。ドンウクにはまだその気はなさそうなんだけどね。そして・・・金持ちの娘だから、ホテルで誕生パーティをするんだけど、その席で婚約発表もしようと、母と盛り上がってて。

ユジンとドンウクが、マンションの前で別れを惜しんでると。そこにミネとフィリップが戻ってきて。フィリップはドンウクを見て、「スギョンの事は浮気なのか」とかって怒り出して。スギョンと聞いてパニクるユジン。そこに、ユジンのストー○ーしてるジュホまで現れたから、話がぐちゃぐちゃに。

後で、あのレストランでの事情を聞いて納得したユジンだったけど、「二度と人に誤解されるような事はしないで」とお願いして。

ユジンのプレゼントを買うためデパートに行ったドンウクは、またまた運命的に同じ靴を手にして、スギョンと会います。ドンウクはスギョンにプレゼント選びをつきあって欲しいって頼むんだけど、それをユジンとユジンオンマが見ちゃって。ちょっと疑いながらも声をかけたユジン。プレゼントを選んでもらうと聞いて、信じようとその場を去ります。

買い物中も、スギョンの考えが聞こえるドンウクは、スギョンが面白くて仕方なくて。偶然店でカップルゲームをやってて、彼女の好きな色とか癖とかを当てるゲームなんだけど、ドンウクが参加しようって言って。心の声が聞こえるドンウクは、全問正解で商品券をゲット!!驚くスギョン。

屋上で一休みするんだけど、スギョンの心の声と」同時に「良い人だ」ってドンウクが言うから、二人の時間が止まって、うろたえたスギョンはズボンにコーヒーをこぼして。

その着替えを買うため、すっかり時間が遅れた二人。パーティ会場に着くと、もうユジンの挨拶が始まってて。。。。

「彼氏を紹介します。ドンウクさん・・・私と婚約してくれますか?」って。驚くドンウクとスギョン。ドンウクは「ユジンさん・・・ごめんんさい」って・・・このシーン冒頭だったんだよねー。やっぱ、スギョンとの運命感じたからかな??って思ってたのにーーー!!まさかまさか・・・・その後、「こういう事は俺から言うべきだった。俺と婚約してくれ」ってーーー!!ええええーーーー??運命はスギョンだよね??えええええーーーー???いいの?




第十一話

きゃーーー☆きゃーーー☆めっちゃ面白いわーーー☆激はまりだわーーー☆ドンウクE〜わ〜♪ここの写真がドンウクだらけだから、ばればれだと思いますが・・・o(*^▽^*)oエヘヘ!

あそこで婚約してくれって言ったのって、そういうしかなかったんだよね。でもまさか、すぐ結婚とかなるとは思ってなくて。

あのパーティ以来、勝手にユジンは、両親との会食を設定しちゃうし、結婚の日取りも決めて、結婚したら二人で留学まで決定しちゃってて・・・逃げ出せないんだよね。その上、オンマまでのりのりで、ユジンに料理作ってもらったりして・・・・。ついには勝手にウェディングドレスまで・・・ドンウクの意志と関係なく勝手に話が進んじゃうの。

疲れ切ったドンウクは、癒されに、湖畔にいくんだけど、そこでスギョンに偶然会って。一緒に居ると癒されるんだよね。スギョンもスギョンで、何故か毎回、自分の家のちかくの階段で、ドンウクと居る夢を何度も見るようになって・・・・・

ユジンに呼ばれてドンウクが店に行くと、そこには、ジュヒとミジンとユジンとスギョンが!!ジュヒが良平とミネを呼んだせいで、フィリップの彼女が、良平ともつきあってると知って、ショックを受けるスギョン。ドンウクは心の声がきこえるから、スギョンに、「文句を言え・・」って思うのに、スギョンは、何も言えなくて。席を立って先に帰るんだけど、振り返り「貴方に謝ってもらう事はない。でも知ってた?フィリップは本気なのよ」って。きゃーー☆ドンウクが追いかけていって、「素敵だったよ」ってーーー。そして家まで送ってあげてーーー!!

ひゃーーー。ジュヒったら、最後の熱演だよ。良平の洋服をよごして、それを洗濯するって、きがえさせて。その間に、そのシャツを素肌に着て、わざとミネに誤解されるような状況を演出。それを見たミネは、すっかり誤解して、良平の前でジュヒに「良平なんかあげるわ」って・・・ショックを受ける良平。ミネ・・・良平が好きなはずなのに・・・良平は・・どこへいくの??なんだか遠くにいくみたい。その前にミネに連絡とろうとしてるのに、ミネが電話にでなくて・・・・・あああ・・・良平いっちゃったよーーー!!

ドンウクはスギョンが気になって、家の近くでうろうろするんだけど、ジュホはドンウクを見つけて家に。三人で飲むのよね。ジュホがトイレに行ってるあいだに。。。。ドンウクが、スギョンに「今まで運命なんて信じてなかった。でも今、それを信じさせてくれる人が・・・」と言って・・・きゃーーー☆キス???もうちょっとってところでジュホの邪魔がーーー!!(T-T) ウルウル

ひゃー。そんな中、新聞にユジンとドンウクの結婚の記事がーーー!!ドンウクがユジンに誘われて店に行くと。ミジンとユジンとスギョンがーーー!!ミジンがお祝いを言う中・・・ユジンがどんどんと結婚の話を(勝手にやってるんだけど)して、、、、それを聞いたスギョンは、結局着々と結婚話が進んでるのを知り、じぶんはプレーボーイに遊ばれただけだと勘違いして、席を立っていってしまって・・・・きゃーー☆それをドンウクが追いかけていったよ!!

家の前の階段を上ってると、あの夢のシチュエーションがーーー!!!まさにデジャブーー!!「お前が俺のソウルメイトだ」と言い、ドンウクがキスしたーーー(*/∇\*)キャ





第十二話

最終回だーーー☆ドンウクの言葉に、自分の気持ちを確信したスギョン。でも・・・ユジンはドンウクを愛してるから、そんなことすぐに受け入れる事ができなくて・・・

あれだけニュースになった二人の婚約だったから、会社でも「友達の男をとった」というレッテルを貼られてしまったスギョン。スギョンを認めてくれるのは、ミジンだけだった。

そんなスギョンに「アメリカに留学するから、一緒に行こう」と誘うドンウク。スギョンは悩んで悩んで・・・

そんなスギョンに、フィリップは「本当の運命は君だった」と言って、よりを戻したいと行ってくるし、ユジンは「ドンウクをあきらめて」と、涙で訴えてくるし・・・

ついにドンウクが出発する日、空港に行ったスギョンだったけど、ごめんなさいと謝って・・・。「これが運命だと決めつけたら、今までの貴方の愛や私の愛を否定してしまうことになる。」と言って。引き留めたかったドンウクだったけど、スギョンの辛い心の声を聞いて、「運命だったら、きっとまた会えるはずだ」と、スギョンを手放してあげるんだよね。

それから三ヶ月後・・・写真家としての道を歩むため、日本に旅立ったスギョン。ユジンともやっと元にもどれて・・・。

良平とジョンファンの元にドンウクからビレオレターが。近況を語るドンウク。良平はミネと、ジョンファンはミジンとうまくいってるのよねー。そして・・・そのビレオレターはなんと日本からだったーー!!ドンウクは何も知らず日本に居るんだよね。やっぱり運命か。うふふ♪あああーーー。もうちょっと続き見たかったよー!



注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。