まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

ソニ&ジニ(全十六話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
ソニ : ソン・イェジン

ジニ : キム・ギュリ

ジュンソプ : パク・ヨンウ

サンウォン : ユン・テヨン


第一話

ソニとジニは、同じ病院で同じ時間に産まれた幼なじみ。うーん・・・この辺、出生の秘密とかありそうなんだけどどうなのかしら??

ソニは地元の大きい工場の工場長の娘。ジニはその工場の使用人の娘。ソニは両親に愛され、幸せな生活をしてて、その美貌に学校の番長もメロメロで。先生まで金持ちの娘だからってちやほやしてて。でもでも、全然それを鼻にかけてないいいこなんだよねー。だからソニとは無二の親友みたい。

一方ジニは、いつもソニに比べて損ばかり。皆、ソニばかりもてはやすし、父親はジニにまで使用人らしくするよう言ったり。それにジニの母は義母で、自分の娘(同じ年っぽいね。彼女も受験って言ってたし)ばかりに目をかけて、ジニなんか大学いかないで仕事すればいいって感じだし。

同じように校則違反しても、ジニともう一人の親友ウンスクの事はなぐりまわるのに、ソニだけ大目に見てもらってて。ソニの事は好きだけど、劣等感抱いても仕方ないよね。

ジニはもう父親には何も期待してなくて、自力で大学に行こうと、アルバイトをしてて。そんな中、ひょんなきっかけで、給料のいいクラブ歌手の話が舞い込んできます。ジニは、校則違反だって知ってたけど、お酌をするわけでもないし、ソニとウンスクが止めるのもきかず、引き受けてしまいます。

でも、そのバイトの当日、先生にそれがばれてしまって・・・。必死で逃げるジニと、衣装を運んできたソニとウンソブ。そこで、ジュンソプとサンウォンにぶつかって。ジュンソブは、ソニのパパの工場の本社会長の息子で、工場の件で田舎にやってきたみたいね。同級生のサンウォンは、ジニがバイトしたクラブの副社長。二人ともイマイチで、イケメンじゃないんだけど(サンウォンは、ミスターソクラテスとか明朗少女に出てた人だよね??まだもう一人よりは良いかな??)イェジンちゃんも、ギュリちゃんも好きだから、イケメンなしでも見れそう〜♪(@⌒ο⌒@)b ウフッ






第二話

落とした鞄をとりに、約束した場所に行ったソニとジニ。相手はジュンソブなんだけど、最初はいやな奴っておもったのに、ソニの為乱入した番長を一発でだまらせ、その上いい人だったジュンソブに二人とも好印象を残したみたいね。

家に帰ると、またまた父親にぼろくそにいわれて。。。ジニは家を出るんだけど、そこでジュンソブに再会して。オモー!!ジニはジュンソブに恋をしたみたいね。次の日、ソニたちにジュンソブと逢った話をするんだけど、ソニもジュンソブが気になって仕方ないみたい。

なんとか、停学を逃れたジニ。奉仕活動で許してもらえて良かったよー。でも、すごく負けず嫌いなのね。

ジニは、サンウォンの店に、給料を請求に。あの後大変だったからって、渋るマネージャー。そこに副社長のサンウォンが現れて・・・。給料が欲しかったらソニを連れて一緒にラフティングに来いって。うーん。サンウォンは、ソニが気に入ったみたいね。ソニもジニも不良で、ちょっと遊んでやろうって気持ちみたいなんだけど。

ソニのパパって住民の事も考えてるすごく良い人なのよねー。産業廃棄物の事で住民から苦情があって、それをジュンソブに伝えて・・・でも、会長が動いてくれないから、ジニのパパをつれて、会長のもとにいき、「産業廃棄物をどうにかするべきだ」って言います。会長はそんな事に金をかけたくないんだよね・・・。ひゃー。したたかなジニパパが、ソニパパに内緒で会長側についたよーーー。うまくしたら工場を任せてやるっていわれて。

ラフティングにきた、ソニとジニとムンスク。てか・・・さんでサンウォンがさそったのに、サンウォンだけ風邪気味だからって別荘で待ってるんだ??(苦笑)皆が車で出かけるのをみかけた番長たちが追いかけてきて、ラフティング中のソニたちに接近!!そのせいでボートが転覆。それを助けたジュンソプ・・・(きゃー☆格好良いとはおもわない・・・(*≧m≦*)ププッ)

別荘に着替えに戻ったジニたち。着替えて帰ることにして・・・サンウォンは、ジニに給料を渡します。ソニが着替えたあと。。。上手く部屋に連れ込んで、ソニを襲おうとしたサンウォン!!!「どういうつもり?」と言うソニに、「聞いてないのか?君を連れてくると金をやるって言ったこと」なんてーーー!!ジニは給料を請求しただけだし、ラフティングもジュンソブにあえるかもって思っただけだよね???それに、ソニを連れてきた報酬じゃないし。でも、ソニはショックをうけたよー。ジニに「お金のためにつれてきたの?」って言って別荘をでていって、途中で逢ったジュンソブにも「あなたも最低よ」って・・・

ジニはジュンソプに「一生恨んでやる!はした金で私と友達を侮辱して!!」と金を投げつけて。あああ・・・このことでソニとジニの友情に亀裂が・・・・




第三話

ジニは、確かにお金はもらったけど、こんな風になるとは思わなかったと正直に話して。でも、ソニは、ジニが嘘をついたことが許せなくて。今回、ソニもジニも両親にムンスクの田舎に行くって嘘をついてたんだけど、ばれちゃっててソニパパに大目玉。その後、ソニは倒れちゃって・・・

次の日、学校を休んだソニ。ソニに謝ろうと、ジュンソブが学校までくるんだけど会えずに。。。かわりにムンスクに携帯番号を書いたメモを、ソニに渡してくれと言付けます。

午後になって学校に来たソニ。友達から、学年主任が、ジニとムンスクを廃校舎の理科室に閉じこめようとしてる(ソニの成績も下がったし、ソニとジニ&ムンスクを引き離そうとして)ことを聞いたソニは、助けようと一人理科室にむかって、逆に自分が閉じこめられてしまって・・・。

後で、それを知ったムンスクとジニが理科室に助けに。しかし鍵がかかってて・・・ムンスクは預かってメモを思いだし、ジュンソブに助けを求めます。お陰で助かったソニ。お礼に、次の日一緒に出かけようと、ソニ&ジニはジュンソプと約束を。ソニ&ジニは仲直りもできたしねー。そうそう、この時、学年主任にむかついたムンスクは、「自主退学をします」って言って、学年主任をなぐったんだよね。そりゃむかつくよねー。

サンウォンがむかつくジニは、番長にソニが襲われそうになったことを話して、サンウォンを痛めつけて欲しいってたのみます。でもサンウォンったら超強くって・・・。番長ったら簡単にやられちゃって「ジニに頼まれた」なんて。でもそれを聞いて、怖いもの知らずなジニに、サンウォンは惚れた感じだねー。

そうそう、ジニパパったら、ソニパパを裏切って、会長に色々つくってるよー。このままじゃ、ソニパパはピンチで、ジニパパが新工場長になりそうだよー。もちろん、ソニパパは、ジニパパを信用してるし、何もしらないんだえけどね。

ジュンソブとデートするソニ&ジニ。ジニはますますジュンソブが好きになって、ソニもジュンソブに恋したみたいだよ。次の日も逢う約束をした三人。しかし・・・・当日、ソニは行けなくなっちゃって、ジニだけが。

やってきたジュンソブは急にソウルに戻らないと行けないことになって。ソニとジニに色違いの包みのプレゼントを渡します。気持ちと電話番号を書いた手紙を用意してたジニは、ジュンソブの服のポケットにそれをこっそり入れて。「大学に合格したら逢おう」そう言って去っていったジュンソプ。

家に戻ったジニはプレゼントをあけて、素敵な時計に大喜び。でも・・・ソニへのプレゼントが気になっちゃって。きゃー☆あけちゃったよー。その中にはポケベルが!!番号に電話して、メッセージをきいてみると、ジュンソブがソニに好意をもってるのがわかるようなメッセージが!





第四話

ソニにと預かったプレゼントを見ちゃったジニ。綺麗に包装しなおすんだけど、それをジニの妹が勝手にあけて、勝手に使っちゃって・・・次の日、ソニに「何かジュンソプさんから伝言とかない?」って聞かれたんだけど、「ソウルで会おうって社交辞令みたいな事言われた」とだけで、ポケベルの事は言わなくて・・・。ジニ役のキム・ギュリは大好きだから、嫌な子になってほしくないよー。

ソニから連絡のないジュンソプは、ジニからの手紙をみつけて、ジニに電話を。ソニにプレゼントを渡してくれたか確認するんだけど、実はジニ妹ったら、そのポケベルなくしちゃったんだよね。「渡しました」って嘘をついたソニ。

サンウォンは完全にジニに恋しちゃったみたい。ジニを呼び出して、自分の気持ちを言い、「五年間は兄貴でもいいよ」なんて言うんだけど、ジニは拒否して出て行っちゃった。そりゃそうだよねー。でも、ジュンソブ役の人よりサンウォン役の人の方が格好良いから、ジニに恋してくれて嬉しいかも〜♪

そうそう、ジニのパパが工場長になったからってジニ義母はソニ母に対して嫌な態度とってるよねー。会長が工場に訪問してきて、パーティに呼ばれてるなんて自慢してるしー。ソニパパはジニパパを信用してるから、気持ちよく工場を引き継がせてあげたのに・・・ジニパパは、工場廃棄物の処理場を止めてしまってて。それを知ったジニパパは詰め寄るんだけど、「会長にたてついて新しい機械を導入してるから止まってるんです」なんて嘘をついて・・・

パーティの日。。。ソニパパの誕生日でもあるんだよね。ソニはパパのために誕生日の用意を。ジニは家族でパーティに出席。工場廃棄物について腑に落ちないソニパパは、義弟にその調査を頼もうとしてるところで、その日は大雨だったんだけど、大量に廃棄物を雨にまぎれて流出させてることが発覚!!ソニパパはパーティ会場に乱入していったよー。




第五話

会長に、工業廃棄物の事で詰め寄ったソニパパ。会長はそんなソニパパの言葉の相手なんかしなくて・・・怒ったソニパパは、工場の機械を壊して、雨の中垂れ流しされてる汚水を止めようとして・・・そこに追いかけてきたジニパパと口論に!!

証拠書類を手に、「告発してやる」というソニパパから書類を奪おうとして・・・オモ!!ジニパパがソニパパをつきおとしちゃったよー。そのせいでソニパパが亡くなっちゃったーー!!

自首するというジニパパに、会長ったら、自首しても、家族も会社も打撃を受けるだけだって、悪魔のささやきを・・・。そして、完璧にねつ造された、そのパパのオウリョウの書類を見せます。

父がオウリョウしてしんだ。そう聞かされたソニは、葬式のあと、納得がいかず、会長の元にいきます。会長は不在で、会長夫人に、父の潔白を主張!でもあの夫人じゃ言っても無駄だわね・・・

その頃、ソニパパを尊敬してたジュンソプは、工場にいって、ソニパパに関する書類をしらべるんだけど、ねつ造された書類は超完璧だったみたいで・・・ジュンソプまでがソニパパに騙されてたって思いこんでしまったよー。

勉強してたジニは、妹の鞄の中から聞こえるポケベルの音に気づいて。妹ったらなくしたって言ってたのに持ってたのね。メッセージを聞いたジニは、ジュンソブの元に!呼び出したのはソニなのにジニが来て驚いたジュンソプ。「ソニが来れないから代わりに来た」と嘘をついたジニ。そして。。。「オッパーが好き」とはっきり告白を。

ソニ母子は財産の差し押さえをされ・・・思い出深い大事な家をジニ一家に安く買ってほしいと御願いをします。そして・・・部屋がみつかるまで、地下室に住まわせてほしいと。

すっかりジニとソニの立場は逆転だね。ジニは成績もクラスでトップになり・・・ソニはアルバイトにあけくれて。そんな中、またジュンソブからのポケベルメッセージが!!

「待ってるのは疲れたよ。連絡してもジニを寄越す君だから。君の連絡を待つのはもうやめるよ」黙ってそのメッセージを消したジニ。





第六話

ジニはソニに謝って、ジュンソプにもらったポケベルを渡します。連絡を待つソニ。でも・・・もうジュンソプは二年の留学に行ってしまって・・・。

ジニを家に送ったサンウォンは、ジニが亡くなった元工場長の家に入るのを見て、亡くなった工場長の娘だと勘違いし、それをジュンソプに伝えます。ジュンソプが留学に向かう日・・・元工場長の腹心だったキム代理が、本当の事をジュンソプに伝えに行ったのに・・・あああ・・・捕まっちゃったよ。何もしらず留学してしまったジュンソプ。

ジニパパったら、ダミーで養護施設をつくった、そこの排水から工業廃水を流そうと計画してるし。

ジニ義母ったらほんと、意地悪なんだよね。自分の方が金持ちになったからって、ソニママに辛く当たって。ギャラリーの受付をすると嘘をついて食堂の皿洗いをするソニママ。

そして・・・受験の日に。ソニとジニは前日からソウルに。ソニの事を亡くなったソニパパに頼もうと、お墓にいったソニママは。。あああ・・日頃の疲れもあったのか、足をふみはずし崖から落ちて、帰らぬ人に。受験の朝、会場前でそのことを聞かされたソニ。結局試験を受けずに家にかえって・・・

不吉だからと、ソニの家を売ることにしたジニ一家。唯一の叔父夫婦にも、嫁の反対で引き取ってもらえずソニは幼い妹のチンジュと途方にくれて・・・あまりに可哀想だわー(ノД`)シクシク

ジニはソウルの高級マンションを会長にもらってそこで家族と優雅な大学性生活を。

一方ソニは、叔父がなんとか叔母さんを説得してくれて一緒にソウルに住むことになったんだけど、間借りだから22万ウォンの家賃を払ってチンジュと住むことに。必死で仕事をさがすんだけど、経験もないしパソコンもできないし保証人も居ないから仕事がみつからなくて。

見かねた同じアパートのおばさんから食堂の仕事を臨時で紹介してもらいます。そして・・・そこはなんとジニの大学の食堂だー!



第七話

食堂での仕事は臨時だったしソニとジニはニアミスでおわったわ。ソニは貧しいけどプライドは捨ててないって感じね。

そして五年後・・・ジニは会長の会社のPDA事業部の副チーム長に。なんとチーム長はジュンソブだった。偶然出逢ったふたりは、それを知ってびっくり!!「どうやって君を捜そうかと思ってた」って言われてジニは喜んでたけど、それって五年間ジニを想って探し続けてるサンウォンの為にって事なんだろうね。サンウォンが五年もジニを想ってるってビックリなんだけど(笑)

一方ソニは、叔父が怪我をして叔父のやってる「環境問題研究所」を手伝うことになったんだけど、五年後も、環境問題に立ち向かってたくましく活動してるわ。短大も卒業したみたい。

ジニパパは会長から、ソニパパが隠したはずの証拠書類の原本をなんとしても手に入れるよう指示されます。最近環境問題にうるさくなってきたから、証拠は始末しないとって事で。ソニの居場所を探すジニパパは、ソニが環境問題研究所に勤めてると知って驚きます。そして部下に、物取りに見せかけて家と事務所を探れと指示を。

会長のパーティ会場でジュンソブが会長の息子だと知っておどろくジニ。ジニ義母は御曹司のジュンソプとジニが知り合いだったのを知って興奮してるよ(苦笑)

一方ソニは、環境問題の件で、住民のスパイと打ち合わせをしてるという情報を入手。危険を顧みず叔父とそのクラブに。写真は撮ったんだけど、見つかって追いかけられて・・・絶体絶命なところで助けにきたのはサンウォンだった!!サンウォン格好良い〜♪そのクラブはサンウォンのクラブで、番長も勤めてるんだけど、なんと番長ったらムンスクと結婚してて(笑)サンウォンは気を失ってるソニを事務所に運んで休めます。




第八話

ソニを見つけたという連絡をうけたジュンソプはジニをつれてクラブにいくんだけど、ソニは居なくなってて・・・ジニと再会してぼーっとしてるサンウォン(*≧m≦*)ププッ

でもソニの忘れていったバックからソニの仕事場が分かります。それを聞いて一人でソニの元にいったジュンソプ。ジニはそんなジュンソプをなんだか不安そうに見つめてるわ。

うわー。ジニパパったらソニの事務所を荒らさせたよ。それでも原本はでてこなかったんだよね。今回の環境問題で嫌がらせされたってソニの叔父は思うんだけど、ソニは別人だって直感するんだよね。誰なのかは気づいてないけど。

ソニと久々に逢ったジュンソプ。ポケベルの誤解を解いたふたり。無くしたと想ってた証拠の入ったバックを見つけてソニは大喜びで。公聴会があるのですぐにジュンソプの元を去ったソニ。

ソニは証拠のお陰で住民の結束を深めることができたよ。

ソニの家をたずね、ソニが故郷に戻ってると聞いたジュンソプはソニを追っていきます。故郷の両親の墓で再会した二人。一緒に養護施設を訪ねるんだけど・・・これって工業廃棄物のせいだよね??子どもが一人亡くなってて、二人が原因不明の病気で苦しんでて・・・そんな子ども達を見てショックを受け涙するソニ。ジュンソプはソニを優しく抱きしめて。これでソニがこの工業廃棄物について調べ始めるって事なのかしら??ひゃー☆どんどんジニ一家と対立していきそうだなぁ・・・。

ジニパパは今度はソニの家に手下を侵入させるんだけど今度は失敗して。「どんなワナでもいいからしかけて、あの事務所を閉鎖させろ」って命令してたよー!!

ジュンソプから聞いてムンスクの焼き肉屋をたずねたソニ。再会に歓喜する二人。それにしてもムンスクと番長夫婦ってお似合いで笑えるわ(笑)

会長はジュンソプを呼び、ジニを結婚相手としてどうか聞いてきます。「他に好きな人がいます」と答えたジュンソプ。「ジニ以上の女性だったら祝福しよう」って言われてたけど・・・うーん・・・これは前途多難だぞー。

ジニは一大決心してジュンソプを呼び出し、「ずっと前から愛してた。受け止めてほしい」とはっきり告白します。しかし、ジュンソブは「他に愛してる人がいる」と謝って。「私の知ってる人?」と聞くジニに、「そうだ。ソニだ」ってはっきり言ったよー。あああ・・・ジニに嫌な女になってほしくないなー。もうすでにそうなりつつあるんだけどねー。


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。