まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

知ることになるさ(全十九話)
第一話〜第七話


第八話〜第十四話はこちら

第十五話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
チャン・ソニル : チ・ヒョヌ

ソ・イヌ : カン・ジファン

ソン・ナギョン : イ・スギョン

オ・ヘラン : オ・ユナ

チェ・イルドゥ : シン・ドンウク


第一話

自分はお姫様だと思いこんでるナギョン。お金持ちの娘で、完璧な婚約者が居た。24で卒業間近・・・卒業したら、婚約者と結婚するのみだったナギョンだったけど、父の会社が倒産ーー!!

両親は済州島の叔父の元に。どうしてもソウルに残ると言い張ったナギョンは親友のヨンミの家に。でも・・・ヨンミはナギョンの大嫌いな、イケイケのヘランとルームメイトで。居候してるくせに、ナギョンはヘランに文句ばかりでケンカばかり。

ナギョンは、父の倒産を内緒にしてたのに、結局ヨンミとヘランにばれちゃって。ヘランに、「もっと自覚するべきだ」と説教され、怒って家を飛び出します。婚約者の元にいくんだけど・・・なんと婚約者サンドゥは、ナギョンの父がハサンしたからって、もう次の女を部屋に連れ込んでてナギョンをこっぴどく振ります。

心配で探しに来たヨンミとヘラン。はっきりものを言うヘランだけど、ナギョンが婚約者に振られたと知り、仕返しをしてくれたよ。これが縁で、三人が共同生活を始めるって訳ね。

ナギョンとヨンミは卒業。ヘランは、教授とのフリンで、すでに退学になってて、結婚相談所に勤務してるよ。で・・・ナギョンなんだけど、大事なファーストキスを今は軍隊に行ってるソニルに奪われてて、ナギョンの前でソニルの話は禁句みたいだねー。そのソニルも帰ってきたみたいで・・・面白くなりそうだねー






第二話

コンジュ病(お姫様病)が抜けないナギョンったら、新聞社と放送局ばかり受けてて。何の資格もないんだから、落ちるの当たり前だってば。

馴染みの店にツケにしてもらい、一人で酔っちゃって。そこに居合わせたソニルが、連れて帰ります。でも、なんだかんだあって、結局ホテルで一晩過ごしちゃって。もちろん何もないんだけどね。ナギョンは内緒にしててってソニルにお願いを。でも、店のアジョシが、二人が昨夜いっしょに帰ったなんて、ナギョンとヘランとナギョンのナムジャチングのチョルグ(ソニルはチョルグの部屋に寝泊まりしてる)に言っちゃったもんだから、三人がナギョンを問い詰めます。そしたら、ナギョンったら、ソニルがばらしたと思って、自分からホテルに泊まったけどーなんてばらしてるし・・・

怒ってソニルの元に行き、「泊まったこと言ったわねー」なんてきゃんきゃんうるさいこと、うるさいこと・・・。しかし・・・このときソニルはアボジともめてた所なんだよね。どうもアボジの再婚とか、複雑な家庭環境らしくて・・・アボジが帰ってこいって言ってるんだけど、ソニルは帰らないって言い張ってて。

ナギョンの話を聞いたアボジは、こんな低俗な理由で帰らないのかーー!!ってソニルをひっぱたいたよーーー!!

私は関係ないなんて思いこもうとするナギョンだったけど、自分のせいでソニルとお父さんがケンカになったのが気になって・・・謝ろうと、CDを買いに行きます。ここでも、やけに偉そうに店員にきゃんきゃんほえるナギョン。そこで、「このCDがいいのでは??」と、声をかけたのがイヌ。そのCDには、「私が悪かった。ごめん」って曲が入ってて・・・

ナギョンはソニルにそれを渡すんだけど、やっぱり高飛車(爆)でも・・・そのCDをもらってソニルはお父さんに電話して「お父さんが嫌いな訳じゃない」って言ってあげたよ。

そして・・・これをきっかけに、ナギョンとソニルは、停戦にして、お友達になります。

その後。。。ソニルが偶然見つけた募集要項を頼りに、ツアソル旅行社の就職申し込みをするナギョン。そこでイヌと再会をー!




第三話

再会して、いっしょにお茶をしたナギョンとイヌ。イヌは留学から帰ってきたばかりで、即に社長として就任するツアソル旅行社に行ったので、お金をおろしてなくて・・・。お茶代を払えないのをみてナギョンったら、自分と同じ没落者で、入社試験を受けるんだと勘違いします。

入社試験は、自分でツアーを企画することで・・・悩んだナギョンは、ソニルの一言とイヌの話を思い出し、漢江のツアーを思いつきます。その企画を練りに島にいくと、またまた偶然イヌに会って・・・。イヌが付き合ってくれて、ガイドの練習をするんだよね〜♪上手にできるなーと思ったら、現地ガイドのマネしてたのがイヌにばれて恥ずかしいナギョン。そこでイヌの携帯に電話が・・・

相手はヘラン!実は勝手にイヌの母がヘランの結婚相談所にイヌを登録したんだよね。即に断りに行ったイヌだけど、ヘランは成績不良で、今の部署を追い出されそうで・・・条件の良いイヌをなんとか結婚させたくて、勝手にお見合いを段取り、来なかったといって、いちゃもんつけてきたんだよね。

仕方なくヘランの待つ喫茶店にいき、結婚する気はないとはっきりいいます。ヘランは「恋人が亡くなりでもしたの?」って言っちゃうんだけど、図星みたいで、イヌを傷つけてしまって・・・イヌに申し訳ないことを言ったと・・・気にするヘラン。

ナギョンは、イヌが気になってしかたなくて、三度も偶然会うのって運命じゃ??なんてソニルに相談したもんだから、ソニルが気になっちゃってるよー。ついに入社試験。うまくいき、手応えたっぷりで・・・でも、面接の後、偶然イヌが社長だって知ってしまい、イヌにバカにされたと思って、怒って帰るナギョン。

でも・・・実力で入社試験をパスしたナギョンは、結局嬉しくて入社することに。イヌも自分から謝ってくれたしね〜♪イヌが社長でナギョンが社員・・・さー、ソニルどうする??って思ったら・・・ひゃーー!!ヘランが直接会社にイヌを訪ねてきたよーー。まさかヘランもイヌを気に入ったとか?






第四話

ヘランがイヌに猛烈アタック!!それがムカついて仕方ないナギョン。そして・・・ついにイヌの事で大げんかを!!

腹がたってしかたないナギョンは、ヘランの会社までいくんだけど・・・ヘランは別れたはずのフリンしてた教授といっしょで・・・

実は、教授はヘランをふった後、奥さんと離婚して、単身で移民することになって最後の挨拶にきたんだよね。でも、ヘランは教授に絶対許さないって悪態をついて・・・

その夜、いつものバーで皆が集合するんだけど、ナギョンはヘランに「結局、別れた男と似た男ばかり選んでる!!イヌさんも、教授と似てるから、好きになったんだ」って決めつけて吐き捨てるように言って・・・傷つき、席を立ったヘラン。そんなナギョンを、「人を決めつけるんじゃない。その人の心はその人にしか分からないんだ」と、たしなめるソニル。

ソニルに言われ・・・・ヘランに悪いことをしたと思い・・・イヌに頼んでヘランと真面目に一度会って欲しいと頼みます。イヌに会って、ヘランは、イヌへの思いは、教授と重ねてただけだったと気づきます。

一方、イヌをヘランの元にやったナギョンは・・・ソニルと飲むんだけど、イヌに対しては、好意は持ってたけど、好きじゃなかったみたいだと言います。胸が痛まないからって・・・。そして・・・教授の事もちょっと好きだったと告白。ナギョンはソニルに、「初恋もしたことがないのかもしれない・・・胸が痛んだことがないから」って・・・。ソニルがナギョンに「初恋は?」って聞かれてたけど、もしかしてナギョンかな??

そして。。。ナギョンは、教授に「もう許してる」と言えなかった事を後悔してるヘランを空港に連れていき、教授に言いたかった言葉を言わせてあげます。

そっか・・・ナギョンとイヌは・・・恋じゃないのか・・・と思ったら、今度はヘランがナギョンに、イヌをお勧めしだしたよー。これで、また気になりだすのかな




第五話

ナギョンったら、もうすぐ初月給って事で、高価な靴を衝動買い!!その上、給料前なのに、友達にも高価な贈り物をして・・・。ソニルは「そんなお金の使い方は間違ってる」と言います。ナギョンは怒るんだけど、一人になると・・・ソニルの言葉をちゃんと考えるんだよね。

お客で893な人が来て怯えてたら、足をあらってまっとうな仕事をして稼いだ金でオンマに旅行を・・・って事で来た人で・・・

ナギョンは、靴を返品することに。返品中に、前の婚約者に会って恥をかかされたナギョン。それを助けたソニル。靴を返品したと聞いたソニルは、ナギョンに安物だけど似合いそうな靴を買ってあげます。届けようとしたら、ナギョンはイヌといっしょで・・・イヌの事をほめまくるナギョン。結局ソニルは渡せなくて・・・・。

ヘランは、客に嘘をつけなくて、怒られ、上司に仕事を取り上げられてしまいます。他の人に顧客を譲る事に・・・。でも・・・最後は、ヘランの客を考えた行動が認められたよ。

ナギョンの初給料の日・・・ナギョンは友達をいつものバーに誘うんだけど、あまりにも給料が少なくて・・・飲み会で少ししかお金を出せなくて、ブーイングのナギョン。でも・・・両親にマッサージ器とか送ってたんだよね。それを知ったソニルは、靴をプレゼント。友達だからって。

その靴が皆にブランド物と間違えられて、超ご機嫌なナギョン♪





第六話

今回は、ヨンミとチョルグの話ね。ヨンミは司法試験の一次が受かってて、チョルグは落ちてて・・・。でも実はチョルグはヨンミの為に勉強してるふりしてるだけで、法曹家になりたいって意志はなくて・・・でもヨンミに言えないんだよね。それをソニルに相談するチョルグ。

ヨンミを好きだった先輩が現れ、嫉妬するヨンミ。そんなヨンミを二人の夢の為に意地でも合格させようとスパルタするヨンミ。

しかし・・・ヨンミが居ない間に、後輩に無理矢理誘われて合コンしたのがばれたチョルグ。ナギョンとヘランは激怒したけどヨンミは怒らず、試験の事ばかり考えてて・・・すごく落ち込むチョルグ。

そして・・・試験会場の下見の日、ヨンミが先輩と会ってるのを見て・・実はチョルグの試験の資料の為に会ってたんだけど、勘違いして先輩に悪態をつき、ヨンミに怒られたチョルグは・・・

旅に出る・・・試験は受けないと書き置きして姿を消してしまいます。チョルグの本音を知ったヨンミは・・・チョルグが側に居てさえくれればいいと気づいて・・・・

チョルグが帰ってきた日、もう試験は受けなくていいといいます。でも、チョルグは旅先で会った釣りのアジョシのお陰で、司法試験が受けたくないわけじゃなく、司法試験に失敗してヨンミに去られるのが恐かっただけで・・・でも試験なんて受け直せばいいんだって気づいてかえってきて・・・

試験を受けにいったよ〜♪

なんだかナギョンは、ソニルとイヌの言葉と、チングたちを通した経験で、お姫様病のお嬢様から、成長していってるって感じだよねー。


第七話

復学生なので、大学でなかなか友達が出来ず浮いてるソニル。音楽祭に出場するため、どうしてもギターが欲しくてアルバイトを探します。それを紹介してくれたのがヒスだった。ひとなつっこいヒスは、ソニルに気軽に話しかけてくれて。

ナギョンはソニルに「復学生は勉強すべきだ、音楽祭なんて時間の無駄だ」なんてひどいこと言って・・・でもヒスはソニルをかばってくれます。頭にきたナギョン。

ヒスったら、友達の多そうな性格なのに、実は編入生で、アルバイトと勉強ばかりしてるから、友達が居なかったんだよね。そして、ソニルの食事友達になります♪この子、とっても良い子だわ〜☆きゃんきゃんうるさいナギョンやめて、ソニル、この子と付き合えばいいのにーーー(本音)・・・

ナギョンは一度、食事を失礼な断り方したから、部署の人に食事にさそってもらえなくなって・・・一人がいいなんて言うから、自業自得なんだけどね。素直に自分から誘えないんだよね。

ソニルの音楽祭だって、本当は行きたいのに、せっかく皆が誘ってくれても「いくわけないでしょ!!」なんて!!

でも・・・結局行ってるし(笑)ナギョン出現で驚いて、ソニルは予選に落ちちゃったんだけどね(笑)

でも・・・ナギョンもやっと素直に職場の人に、食事に連れてってって言えたよ.。


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。