まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

輪廻 NEXT(全十四話)
第一話〜第七話


第八話〜最終話はこちら





【キャスト】

キャスト     現世 朝鮮時代   高麗時代 日帝時代  三国時代 
 チャン・シニョン   カン・ジョンファ   グミョン  アヘ  ヨンスク ユファ 
パク・イェジン     イ・スヒョン  ヨナ  ジャウニョン ジョンイム   クムガイン
リュ・スヨン     ミン・ギボム  ユン・ミョンジン カサル   ソクホ スベク 
イ・ジョンス     ミン・ギス  ワンボ  キム・ウンソ  タムラ ソホ 

第一話

一話から、せっかく上のキャストも書いたのに消えちゃった(ノД`)シクシク

書き直しだわーーー(/□≦、)エーン!!かなりブルー・・・

リュ・スヨンっしー、「ラストダンスは〜」ではイマイチだったけど、これいいじゃんーーー!!痩せたのかな?変えた??(笑)

ジョンファはまだ売れてない舞台女優。ある日地下鉄で、電車に乗ったことのない変わった男性を見かけます。ジョンファは普段から不眠症に悩まされてて。この日は珍しく電車でうとうとしてて・・・いきなり呼吸困難に。苦しくて電車を降りて倒れ込んだジョンファ。でもこの変わった男性ギボムは実は医者で、ジョンファを助けてくれるんだよね。

普段電車に乗らないキボムがたまたま乗ってて、ジョンファも偶然違う時間の電車にのって・・・発作なんか起きたことないのに起きて、そしてギボムは偶然医者だった。これは運命だってジョンファは思うんだよね。一目惚れしたのかな?ギボムに逢いたくて、喫茶店でバイトを始めたジョンファ。

時代劇の撮影の時、偶然見かけた手鏡に見覚えが・・・いきなりフラッシュバックのような、デジャブのような現象が。いつも夢で見える男性がみえます。でもいつも後ろ姿で、顔がみえなくて・・・

舞台の打ち上げで、鍵を店に忘れたのに気づいたジョンファは病院に戻ります。路上で怪しい占い師に会うんだけど、「カルマの始まりだ。とてつもない混乱が待ち受けてる」なんて意味深な事を言うんだよねー。

病院についたジョンファ。そこで偶然ギボムに逢って。ギボムは難しい手術をしたあとで、その患者が亡くなって落ち込んでて。ジョンファを飲みに誘います。酔いつぶれて車で寝ちゃったギキボム。目が覚めて、ジョンファを家まで送って行くんだけど、ジョンファに「お茶でも飲んでいきませんか?」って誘われて。ジョンファがキボムの辛い気持ちを分かってくれて・・・って・・・ええー??ここで寝ちゃうか??ギボムには精神科医の恋人スヒョンがいるのにー。

ギスは、ジョンファの劇団の仲間なんだけど、ジョンファに片思いしてる・・・っていうか、付き合ってるつもりなんだよね。ジョンファは相手にしてないんだけど。ギスはジョンファの不眠症を心配して、兄の恋人である精神科医の元に連れていきます。

そう!ギスはギボムの弟で、この精神科医がキボムの恋人スヒョンなんだよねー。ジョンファは、自分が不眠症で一日1〜2時間しか眠れない事や、いつも同じ後ろ向きの男性の夢を見る話をします。

ギボムと寝た日から、ギボムと気まずくなってるジョンファ。耐えきれず、ギボムに話しかけ、遠回しにあの夜の事や、ギボムの気持ちを聞こうとしてて・・・オモ!!病院なのにギボムったら突然ジョンファを抱きしめたヨー!






第二話

オモ!今度は一話のスヒョンとギスの視点からスタートなのね。一話で、ジョンファは、例の手鏡とそっくりな手鏡をお買いあげするんだけど、それはジョンファがほしがってたもので、売れたって知ってなんだか大事なものを失った気がするのよね。ギスの舞台を見に行った時、一話でジョンファに声をかけた占い師みたいな人に「三人と四人はどっちが好きだ??」って変な質問されて。四人がそろってしまった・・・・ってまた不吉な言葉を言ってたよ。

ジョンファはあのギボムとの夜から様子がおかしくて、ギスは心配するんだけど「ギスが傷つくだけなんだからほっといて」って。それでも好きだからほっとけなくて尽くすギス。一方、ギボムもスヒョンに対して様子がおかしくて。スヒョンはどうしたの?って聞くんだけど(この二人かなり長いみたい)、「俺たちいつ結婚しようか?」なんて。

スヒョンの治療を受けてるジョンファ。スヒョンに、「睡眠治療」をしてほしいって頼みます。睡眠中、幼い頃の溺れた記憶を呼び覚まし、苦しがるジョンファ。目覚めたジョンファは、それでプールが怖かったんだ・・・っておもいます。水を見ると、怖くて哀しくて。それに対して、無意識でも記憶は残ると言う話をするスヒョン。

ギボムはジョンファに惹かれる気持ちと、スヒョンに対する誠実さとで揺れてるみたい。様子のおかしいギボムに理由を問いただすんだけど、言おうとしたところで邪魔が。

ギスはギボムに、早く自分の彼女と四人で会いたいってギボムに話をします。「結婚するなら先にしていいぞ。俺はまだそうは考えられないから」って・・・

治療を続けるジョンファはスヒョンに、最近気になる男性に会ったって話をします。運命を感じるって。でも、諦めるべきですよね?私にはギスがいるし、彼には彼女が居るみたいだしって・・あれ??ギスとジョンファってつきあってたの?

それを聞いたスヒョンはわけもなくわき上がってくるジョンファへの嫌悪感に襲われます。不安で仕方なくなってきて。感情的になってる自分を押さえられなくなってきてて。ジョンファは運命を信じてるけど、スヒョンは信じてないのね。

ここで例のジョンファの勇気をだしたギボムへの質問のシーンになるのね。ジョンファを抱きしめたギボムは「ごめん・・・」と言って。一緒に映画にいきます。ギボムは女性と映画に行くのを嫌がっててスヒョンと行ったこともないのに。ジョンファは気になって、ギボムの彼女の事を聞きます。大学時代からの友人だと知ったジョンファ。

またまた催眠治療の中・・・ジョンファは8歳で、スヒョンと遊んでるという。そして彼だ。運命の彼って・・・ジョンファはそれが前世の事だとはまだ気づいてなかった。前世で親友だったスヒョン。そして・・・振り返った運命の彼の顔はギボムだった。





第三話

朝鮮時代、ヨナとグミョンは幼なじみ。グミョンは両班の娘。しかし、グミョンは父の昇進により漢陽に引っ越すことになってしまいます。10年後・・・父がぬれぎぬによってころされ、身分を失ったグミョンはヨナの元に逃げてきます。そして下女として働くことに。ヨナの母はグミョンを引き取るのにいい顔してなかったけど、ヨナはグミョンに下女としてではなく、親友として接します。

ある日、ヨナは素敵な青年をみつけます。それはユン・ミョンジン。素敵なミョンジンを見つめるだけのヨナ。こっそりグミョンにも彼を見せます。お互い、好きな人ができたら、最初に教えあおうって約束する二人。グミョンは、お嬢さん育ちなので、自分が下女だって自覚があまりないのよね。グミョンもミョンジンがすごく気になって・・・・思いついて、山道に手紙をくくりつけて、ミョンジンと交換するように。グミョンが「思」と書くと、ミョンジンその返事をくくりつけてくれてて。まるで文通の用に互いにラブレターを送りあう二人。

グミョンは、ミョンジンに恋してることをヨナに話そうとするんだけど、ヨナから逆に、ミョンジンとの縁談が進んでるという話を聞くことに。ヨナは「実はミョンジン様が好きだったの。だから好きな人と結婚できて幸せ」って。

ひゃー☆ギスの転生前の姿ってワンボって絹売りの商人なんだけど、かなりどーでもいい役なような・・・。グミョンは、偶然市場でミョンジンに逢い、話をします。ミョンジンは亡くなったグミョンの父を尊敬してたらしい。そして、手鏡をプレゼントします。そのお礼にと、絹を買って「思」の刺繍をいれたものをプレゼントしたグミョン。あの手紙の主がグミニョンだったと気づいたミョンジン。二人は夜中にこっそり逢うように・・・

さすがに気がひけて夜約束の場所に行かなくなったグミョンを心配したミョンジンがヨナの家に。何も知らずはしゃぐヨナ。今更「立場を忘れてました」なんて言っても・・・自分が文の主だとか全部言った後ジャンーー!!これじゃヨナが可哀想だよ。ヨナの恋の話や結婚話知ってて、平気でそういう事できたミョンジンって、元お嬢様で世間知らずだったからできたって事?あああ・・ミョンジンがグミョンに「愛してる」って言ってるのをヨナが聞いちゃったしー。

ミョンジンが朝廷に背く行動を取るという噂が。これを聞き、ヨナの結婚も怪しくなってきて・・。落ち込んで寝込むヨナ。グミョンは、もうミョンジンを諦めようと思ってたんだけど、ミョンジンが漢陽にいってしまうと聞いて、夜中こっそり抜け出して、ミョンジンに逢いに。抱き合う二人。それを追いかけてきたヨナが見てるよー。






第四話

ミョンジンはこれ以上朝廷の腐敗をゆるせないし、グミョンの家門をもう一度復興させてあげたくて、立ち上がったみたいね。ヨナがグミョンを問いただすんだけど、グミョンは身分が違うって言われて、「あなたもそう思ってるの?」なんて逆グレぽい事言ったり、婚約の前から私たちは知り合ってたとか言うけど、ヨナが「素敵な人がいる」って言った事がきっかけだったよね?ミョンジンを愛してるから諦められないっていったグミョン。

ヨナが急にグミョンに意地悪になるんだけど、それも仕方ないよねー。結局ミョンジンの見送りに行けなかったグミョン。ミョンジンの話をワンボとしてるのを、ワンボと出来てると勘違いされたグミョンは(例え行商人でも身分違いなので)、一人寝たきりの老人の住む家に移されて。

ミョンジンはグミョンに手紙を送るんだけど、もうヨナの家にはいないし、それをヨナが見ちゃって。

グミョンの元にヨナがやってきて、手鏡をみつけ、ミョンジンからの贈り物だときづいたのか、火の中に投げ入れて。ちょっとグミョンが可哀想・・・って思ったんだけど、オモ!!グミョンったら、ヨナに「結婚をあきらめて」なんて言ってるーーー!!オットケー!だよ。

グミョンはワンボに頼んで、脱げだし漢陽に向かいます。それを知ったヨナの母が追っ手をやって・・・結局ワンボはボコボコにされ、二人とも捕まってしまいます。バツとしてグミョンは簀巻きにされ、棒でなぐられて。

グミョンの一途な姿や、ミョンジンからの手紙にグミョンのために身分を捨てるから結婚してほしいとの言葉があるのを見て、苦しむヨナ。

追い出されたグミョンをワンボが助けて。ワンボはグミョンが好きなのね。でも、張り紙でミョンジンが反逆罪で、しんだって事を知ります。グミョンは廃人のようになってしまって。

そんなグミョンの元にヨナが。グミョンの為に命つきるまで戦ったミョンジンを思い、隠してた手紙を持って来て、謝ります。「二人とも望んでないのに・・・あなたと私の運命が不思議で仕方ない」って言うヨナ。

グミョンは・・・結局川に身をなげて・・・・

これは催眠状態でジョンファが見たものだったのね。それを聞いてたスヒョンは気になって仕方なくて。その夜、とても長い夢を見ます。この夢で、二回前の転生の話になるって事なのかしら?




第五話

高麗時代。芸者をしてるジャウニョン(スヒョンの転生)がこの時代の主役みたい。高麗にモンゴル軍が侵略してきてる頃みたい。高麗軍のウンソ将軍(ギスの転生)は身分違いのジャウニョンに思いをはせてるみたい。チャウニョンにとってもウン将軍は特別な人みたいね。この二人が恋仲ってちょっと意外!

んで、敵対するモンゴル軍の将軍がカサル(ギボムの転生)で、その部下の女性戦士としてアヘ(ジョンファの転生)が居るのね。アヘはカサル将軍に思いをはせてるけど、今回は片思いみたい。

美人だが鼻っ柱の強いジャウニョンに出逢ったカサルはジャウニョンが気になって忘れられなくて。そんな中、芸子としてジャウニョンがモンゴル軍にやってきます。実はジャウニョンは、高麗軍のスパイとして潜り込んでるんだよね。ウンソはジャウニョンを心配してたんだけど、ジャウニョンは家族のためにも、もし成功したら(ウンソの命をねらうのが任命)自分たちに身分をもらうことを約束してもらい、自ら志願を。

モンゴル軍にうまく潜入したジャウニョン。ウンソはジャウニョンを偉く気に入ります。鼻っ柱の強さも含めて。ある日、ジャウニョンはモンゴル軍の奇襲の話を耳にします。なんとか知らせようと、兄と弟の元に行かせてほしいとカサルに頼んで。カサルは自分も同行すると言います。兄として会ったのはウンソだった。兄妹のふりをして会話し、うまく情報を伝えたジャウニョン。

カサルは無理にジャウニョンを抱こうとしなくて待ってくれてるんだよね。ジャウニョンを本気で愛してるのよね・・・。ジャウニョンは任務を遂行しようと剣を手にしたけど、失敗しちゃって。

ジャウニョンのお陰で奇襲は失敗に。その上、ジャウニョンの事を考えててカサルは怪我をして。戻ってジャウニョンに治療してもらったカサルは、ジャウニョンを馬に乗せ、二人きりで出かけて。

悔しいアヘは、ジャウニョンの部屋をこっそり調べて、ウンソからの指令の手紙を見ちゃったよー。





第六話

カサルを敵だからと受け入れないジャウニョンに「もし敵じゃなかったら好きになったか?」と切なく聞くカサル。カサルはジャウニョンを思い、前は冷血な将軍だったのに、「無駄な殺生はするな」と命令したり、部下よりジャウニョンを守ったり・・・段々甘くなってきて。部下はそんなカサルに不満を持ち始めます。

再びウンソから呼び出されたジャウニョン。カサルは、「帰ってきても、帰ってこなくても好きにしていい。体はしばれても、心までは拘束できまい」と言って、一人でジャウニョンを行かせてくれます。ジャウニョンを一人でやって、母の形見の手鏡を見つめるカサル。(これは例の手鏡だよー)カサルは辛いことがあるとそうやって手鏡を見るくせが幼い頃からあった。

高麗軍の副将?に、「明後日までにカサルの首を取らないと、攻め入る」と言われたジャウニョン。ジャウニョンは一緒に暮らすうちにカサルの優しさに心惹かれてきてるんだよね。ウンソに「もう戻らないで良い。戻らなくても俺がお前と弟の身分はちゃんとしてやるから」って言われるんだけど、戻ってくるんだよね。これってカサルに逢いたかったからだろうね。

見かねたアヘが、カサルにジャウニョンの部屋から見つけた手紙を見せます。ジャウニョンの部屋にいき、自分が狙われてると知ってて眠るカサル。ジャウニョンが切なくて・・・。弟のためにもカサルを刺さないといけない・・・でもカサルに気持ちがいってて出来ないし・・・ナイフを持ってためらってるジャウニョンに「俺の命がほしいか?もうすでにお前のものだ」と言うカサル。

一緒にモンゴルに帰ろうと言うカサルに、自分は行けないと答えたジャウニョン。「俺たちは必ずまた逢える。忘れるな」そう言って、大事な手鏡をジャウニョンに渡したカサル。そして、ジャウニョンだけ残して出発を・・・

結局失敗したジャウニョンは責任をとって、自分の剣で命をたとうとするんだけど、そこにカサルが!「お前を残して行けない」と・・・。しかしそこに高麗軍が襲撃をしてきて。ウンソ対カサルの戦いに。ジャウニョンを連れて逃げるカサル。

そして、追いつめられたカサルは・・・もう・・・もう切ないのーー(/□≦、)エーン!!うるうる来ちゃったわ・・・。ジャウニョンが弟のためにカサルをころそうとしてて、一度出て行って戻ってきたのはころすためにじゃなかったって聞いて、カサルはジャウニョンの為に自分から・・・。もうジャウニョンの心はすでにカサルの元にあったのに・・。ジャウニョンはカサルを愛していた・・・そして・・・ジャウニョンはカサルの首とともに川に身をなげて・・・



第七話

高麗時代の話は全てスヒョンの夢で。前世の夢を見て、前世なんて信じてないスヒョンなんだけど、あまりにリアルで気になって、医者の上司?に(彼も前世には必ずでてきます)話をして。一方ジョンファも、ギボムに前世の話をして、ギボムを「オッパ」って呼ぶようになってて電話で「私たちは前世で愛し合ってた」なんて話をしてて。

前世でギスに迷惑かけたからって、ギスの気持ちをしってて「ごめんね。」って抱きつくのってどーよ??それじゃ期待させても仕方ないでしょ。

ギボムに差し入れにきたジョンファと、ギボムに逢いに来たスヒョンは病院でバッティング。ああ・・・やっぱジョンファむかつくわ。実際ギボムと居るところを見たわけでもないし、ギボムから恋人が居るって聞いてたのに、「前世をみてからオッパの彼女はあなたじゃないかっておもってた」なんてシャーシャーと話しかけて、自分がギボムを好きな事、言っちゃうんだもんね。

ジョンファはギボムと二人きりになって問いつめるんだけど、ギボムも自分の気持ちがわからなくくて上手く説明できなくて。

うわーー!!ジョンファって何??人の男を取ろうとしてるくせ、その張本人のスヒョンに、「治療を続けてください」ってーーー!!朝鮮時代の話もムカついたけど、そのまんまじゃんーーー!!人のもんでもなんでも私の運命の人だから、ライバルでも協力してくれないと嫌よってか??

スヒョンだって自分とギボムの愛し合った前世を知ってるけど、それに現代を結びつけてないよね。今の自分を大事にしてる。でも、ジョンファは運命ダーーーって自分を正当化しようとしてるよね。

一番可哀想なのはキボムさんだなんてーーー!!ジョンファー!!可哀想なのはスヒョンだよー!実はスヒョンとあってるって聞いて傷ついたって。。。ギボムは彼女が居るって最初から言ってたのにー!

恋人になれなくても良いから、逢えなくなるのは嫌だって涙するジョンファ・・・うざいーーーーーー!!んで、前世の話かいーーー!!ひゃー!!ギボム、ジョンファ抱きしめてるしー!!スヒョンだって運命あったんだよー。前世でギボムをしばってないんだよー。あああ・・・これってジョンファが主役???どーしてもスヒョンを応援しちゃう私がいるわー。


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。