まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

ピアノ(全十六話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
ハン・オククァン : チョ・ジェヒョン

イ・スア : キム・ハヌル

ハン・ジェス : コ・ス

イ・ギョンホ : チョ・インソン

 

第一話

いきなり、映画「悪い男」のチョ・ジェヒョンさんじゃないですかー。おなじヤ○ザ役でもかなり印象ちがいますね。

オククァンは、チンピラ。同じ組の青蛇の裏切りで、組の親分が捕まってしまいます。実際には逃げたくせに、親分をかばおうとしたことにして、手柄をたてた事にし、自分が親分になって豪遊三昧。かなりお調子者ですねー。でもでも、裏切った青蛇が、子分を全員持って行ってしまって、再び、ただのチンピラにw家賃も払えずその日暮らし。

そんな彼の元に、彼の子供だと名乗るジェスがやってきます。オククァンは、ジェスをこっそり電車に捨てようとするんだけど、スアの母に見つかって、電車に戻り、結局ジェスを引き取ることに。

一方、電車でオククァンとジェスに会ったスアなんだけど、人格者だったお父さんが亡くなって、家の家賃が払えず、弟のギョンホと母へリムの三人で父の故郷である釜山に戻る最中だった。この頃、スアもジェスもギョンホも子役です。かなり人望のあった父の息子だから、ギョンホも良い子だと思ったら、かなりわがままで癖がありますよねー。ギョンホって先行き、チョ・インソンになるんだよね??やっぱ「バリ出来」のジェミンなイメージ、このままいったら抜けないかもw

釜山に来たへリムは、自宅でピアノ教室を開こうと改装中なんだけど、公園に遊びにいったギョンホのわがままで、年下の子をいじめてるのをジェスが止めて、それのせいで、ギョンホがジェスを滑り台から突き落とします。幸い軽傷ですんだけど、ジェスが怪我をしたと知ったオククァンは、これでお金をせびろうとしてたのかな?スアの家に怒鳴り込みに行くんだよね。そこの住人であるへリムを見てオククァンはびっくり。

そして、最後、大人になったコ・ス扮するジェスが警察??につかまるようなシーンが出てきて、まだ意味分からないけど、父の恋のせいで自分の人生が狂ったみたいなナレーションはいったなー。電車で見かけたへリムに恋をしたから、ジェスを捨てずに電車に戻ったってこと??そのせいでジェスが苦悩するはめになったって事??まだ良く分からないです。






第二話

ジェスは小学校三年だったんだね。父親が学校の事も分かってくれない人だから、自分で転入届だしたジェス。ソウルの学校では一番だったみたい。その上、転校先ではギョンホと同じクラスに。転向早々ケンカを売られて殴られる殴られる。ギョンホってこんな粗悪なキャラなのかしら??

スアの父の兄と姉って最悪だよね。お金にたかりにくるんだもん。でもこの姉って、フルハウスのおばあちゃんじゃんーー☆いつものようにタカリをしてるオククァンは、そんな自分をスアの母に見られて逃げ出します。やっぱスア母に惚れてるのかな?

てかさー。韓国ドラマ見過ぎ??あの上品なへリムの子がギョンホで、いい加減なオククァンの子が優等生のジェスってーのがおかしいんだけど??まさか、誕生日が一緒で、取り違えられたなんてないよね??それも、ジェスとスアが大人になって愛し合った後で判明とか??(考えすぎかなー?)

それにしても義姉と義兄ったらひどくない??営業妨害までしちゃってさー。酔ってへリムの家に来たオククァンを見て、わざと、男を連れ込んだ女みたいに、近所中にぶりまいて!!そのせいで、へリムは、男好きの女だって村中の噂に・・・。

オククァンがたかりをしてる所を、息子のジェスと、へリムに見られて・・・。オククァンったら、まじめになろうってするんだよね。へたくそだけど、ジェスのために遠足の海苔巻きを作ってあげたり、ほしがってた靴袋をかってやったり、仕事も、屋台を手伝うようになったり。スアの母が好きだから、へリムを助けようと何かをすると、全て空回りして、かえって彼女を傷つける事になってしまったり・・・。そんなオククァンのせいで、スアの母は変な噂たてられるし、子供達もそのせいで傷ついちゃうし・・。

それにしてもギョンホ!!ついには補導までされるほど荒れ出したし。今回のラストは、チョ・インソン扮する大人のギョンホの嘆きがでたけど、オククァンの恋のせいで、一話で出てきたコ・ス演じるジェスと、ギョンホが、人生狂わされるって事なのかな??まだ謎は多いなー☆





第三話

へリムの義兄と義姉って本当、最低だよ!!勝手にヘリムの家に上がり込んでたくせに言いがかりつけて、ヘリムの髪を掴んで引きずり回すし、ギョンホが荒れてるのだって、義姉が、「お前の母親は父親を死なせて、男を連れ込んで遊んでる」って言ったからだったんじゃんーーーー!!

それにしても不器用なオククァンの恋と、父親としての愛が切ないわ。今まで家庭を持ったこともないし、恋をしたこともないし。そのせいで、この二つの愛に戸惑って、そして、うまく出来ないのよね・・・。

義姉と義兄にいじめられてるヘリムをオククァンが助けに入って。そのせいで、またヘリムは誤解されるし、オククァンを恨んだ義兄は、青蛇に頼んで、オククァンにヘリムの家を襲わせるよう仕向けたり。この仕事だけしたら、もう嫌がらせもなく解放してやると言われたオククァンは、息子の為、これだけやって真面目に生きようとするんだけど、行った場所が、息子も招待されて誕生会をしてるヘリムの家だった。暴れる昔の子分達(今は青蛇の子分)を見て、途方にくれるオククァン。切ないよー(ToT)でもでも、子分達がヘリムを襲おうとしてるのを知って、たまらず乱入!

父親を助けようとしたジェスが殴られて、それを助けに駆け寄ったヘリムが殴られそうになったところをオククァンがかばって・・・なんでこう、うまくいかないのー(ToT)そのせいでオククァンはしばらく刑務所に入るんだけど、出てきたオククァンを、涙をいっぱいためて、豆腐を持って待ってたジェスが泣けたわー(ToT)でもでも、その間、ヘリムがジェスの面倒をみてたせいで、またまたオククァンとヘリムの噂が村中に広まってるよ(ToT)

「私たち、このまま一緒になりましょう」そう言うヘリムに戸惑うオククァン。なんかオククァン、不器用だけど可愛いよ・・。ヘリムは正直に、貴方を愛してないかもしれないけど、これしか思い浮かばない・・・そう言って泣くんだよね。オククァンは、一度はヘリムの前から消えようとするんだけど、自分みたいな人間が、ヘリムのような真っ白い人間と関わっちゃいけないってそう思ったんだよね。最後に、「こんな俺だけど泳ぎだけは得意です」っていうあたりが可愛いし、切なかったわー。

そして二人は結婚するんだけど、うわー。ギョンホはもちろんのこと、ソアまですごく不満に思ってるよー。一年後、やっぱ、ソアとギョンホはオククァンを無視だね。あらら。ヘリムは妊娠??オククァンは必死で職探しの毎日なんだけど、職歴も学歴もない彼を雇う会社はなかなかないんだよね。そんな折り、うわーーー☆一話で刑務所にはいって、もう一生出られないってうわさだった親分が出所してオククァンに会っちゃったよーーー!!

今回のラストは、キム・ハヌル扮する大人のソアだったよ。「愛してる・・・愛してる・・・」って・・・ああーー☆この先何があるんだろう。





第四話

なんと出所してきた親分は、足を洗って、屋台をしてた女と結婚して、パン屋さんになってたよー。そこで働くことになったオククァン。就職が決まったその日、娘が産まれます。でもでも。ソアとギョンホは面白くないみたい。大統領にまで会った人格者の父だけが自分の父だから絶対顔を忘れないようにしようって、二人で誓い合ってるし、妹を憎そうに見つめるソア・・・。オククァンの事をヤ○ザと言われて、ジェスとギョンホが殴り合いのケンカになるんだけど、優しかったソアお姉ちゃんが、ジェスに、「私の弟を殴らないで。お姉ちゃんなんて呼ばないで」っていうんだよね・・・

親分のパン屋に、親分を慕う二人の子分も足を洗ってやってきて、その一人が有名なパン屋の息子だったことから、彼のあんパンが客をよび、仕事は順調に。でもでも、どんどんとソアの心は沈んでいき、ついには、ヘリムに、「そんな幸せそうにして、もうパパの事は忘れたの?」って家出しちゃったよ・・・。見つけたジェスは、「何度もお姉ちゃんって呼んだら、僕を弟にしてくれますか?」って・・・父親が出来れば、子供達も安心するって思ってたのに、どんどんひどくなり、自分から遠ざかる事に落ち込むヘリムを、オククァンが必死で慰めます。

そして二年後。幸せに過ごしてたのに・・・あああーーー・・・ヘリムとオククァンのふたりで結婚記念日なのかな?素敵な食事をして、ボートにのって・・・そして手作りのケーキと、やっと渡せる指輪をプレゼントしたオククァン・・・「愛してる」と、初めて口にしたオククァン・・・一番幸せな瞬間に、ボートからヘリムとオククァンが落ちて、ヘリムが亡くなっちゃったよーーー.・゜゜・⊂((〃/⊥\.〃))⊃・゜゜・.ウワーン!!

ソアと、ギョンホは叔父に引き取られるんだけど、叔父ったら、あの家を売り払って、子供を置いて逃げちゃったらしいよーー!!それでオククァンの元に二人は連れてこられるんだけど、オククァンを見たソアは「あんたがママを殺したのよー」って怒鳴るし、ギョンホはツバを顔にはくし・・・でもでもオククァンは、「ママと約束したんだ。お前達に優しくするって。ママは俺を信じてくれたんだ。だからお前達もママを信じて一緒にいてくれ」って・・・泣けたよー・・・頭下げるんだよね・・・。

そして八年後・・・やっと子供達も子役じゃなくなったよ。ソアは銀行員かな?ギョンホは何をやってるのか知らないけど、ケンカしてソアの職場に逃げ込んでたしー。ソアったら、弟を守るかなりたくましい姉に成長したっぽいなー。



第五話

ソアとギョンホは、二人で暮らしてるのね。オククァンとジェスがいくら誘っても、側では暮らしてくれないみたい。ギョンホとジェスは同じ高校に通ってるんだけど、ジェスは校内一位の秀才で、ギョンホはケンカばかりで、退学寸前。そんなギョンホのためにオククァンは必死で先生に頭下げてるんだよね。ジェスはそんな姿を見るのが辛いみたい。

新聞配達をしながら家計を助けてるジェスなんだけど、毎日ソアの家に新聞と牛乳を差し入れしてるのね。ソアは、オククァンとジェスを恨んでて、妹のジュヒにすら、冷たくしたりして・・・

ギョンホの噂をきいて、青蛇が、仲間にしようとギョンホに目をつけたよー。ギョンホを探してるヤ○ザにギョンホの居場所が知られたとわかり、必死でそいつらを体をはって止めるオククァンが切ないなー。どうにかヘリムとの約束を果たして、ギョンホもソアも守りたいんだよね。病院に運ばれた父に、「医者になりたい」って話しするんだけど、オククァンは、ギョンホを大学に行かせたいし、ソアも勉強しなおさせてやりたいなんて言ってたなー。それってジェスは我慢しろって事なのかな・・・

やっぱ、ソアとギョンホの中には本当の父と母の思い出しかないのね。その思い出を大事にして二人で生きてきたみたい。

せっかく学校に出てきたギョンホだけど、反省文もかかずに学校を出て行って、青蛇の手下に連れていかれたよー。それを見かけたジェスは、ソアが心配しないように必死で気遣ってて。。。でも、戻ってきたギョンホは傷だらけで・・。こんなに殴られても仲間にならなかったって事なのかな?ああー。でもまたまた青蛇がギョンホを連れてこいって手下に命令したよー。





第六話

ギョンホの退院の日、ギョンホはまたまた青蛇からの誘いがきていた。でも断るギョンホ。しかし。。。退院した病院の前にオククァンが来て、オククァンが母の話をしたり、ギョンホの事を「ギョンホ」と、実父のつけた名前を呼ぶことに耐えられず、青蛇がよこした車に乗っていってしまいます。事務所に連れていかれるんだけど、仲間になる気のないギョンホは帰ろうとするのに・・・・そう簡単に帰してくれるわけないよね〜。ソアは、ジェスに、「あなた達親子が病院に来てなかったら、ギョンホは行かなかったのにー。もう私たちの前に現れないで」って抗議します。

帰ってこないギョンホを必死で探すオククァン。そして、青蛇の所に居ると知ったオククァンは、体を張って助け出そうと必死になります。そんなオククァンを見て、ギョンホはオククァンが自分たちにどんな事をしたかを分からせるため。。。オククァンの目の前で自分が壊れるのを見せるため、青蛇の仲間になってしまうのです。

傷ついたオククァンの前に現れたのってヘリムの霊なのかな?ジュヒの前にも現れてるような・・・。もしかして、ヘリムってこれから霊として参加とか??

ヘリムの命日。ソアを誘うジェス。でも、「あなた達と会うくらいなら、母に謝ることを選ぶ」と拒否するソア。それでも隠れて、オククァンとジェスとジュヒが命日の法要をしてるところを見にきてるんだよね。終わった後、一人、母の遺灰をまいた川辺で泣くソア。そこにギョンホが現れて、オククァンに見せつけるため、ギョンホがヤ○ザになったことを知るんだよね・・・。止めたけど、行ってしまったギョンホ。酔いつぶれたソアを迎えにいっておぶって家に送るジェス。昔からジェスに片思いしてるウンジが、「姉としてではなくソア姉さんの事を好きなんでしょうー」ってジェスに言ったら、ジェスがすごく怒って・・・やっぱりジェスはソアのことが好きだったんだね・・・



第七話

ギョンホはとことん行き着く所まで行くつもりみたい。このまま黙ってると、気がおかしくなりそうで、誰かを殺してしまいそうで・・・自分を殺してしまいそうで・・・だからしばらくこのままで居させてくれ。最後の一線だけは越えないからってスアに。スアもその、行き場のないギョンホの痛みが分かるから、もう見守る事しかできないのね。スアが一人でギョンホを探しに行ったとしって、涙をためて心配して待ってたジェス・・・本当に好きなんだね・・・でもスアはどうなのかな?最近ギョンホが新聞配達に来ないのを心配してたり、自分からジュヒに会いに行ったり。。。もしかしてスアもジェスの事好きなのかな?

ジュヒと一緒にいると、たまらなく愛しくなって、迎えに来たジェスに「ジュヒを頂戴」なんて言って、「母が生んだ子があなた達と暮らしてるのが耐えられないの」なんて・・・素直に「妹」と言えないし、やっぱジェスに対しては憎しみの方が深いのかな?

オククァンは、必死でお金を貯めてるんだけど、あの、義兄に売られたヘリムの家を取り返すため、ソアにピアノをもう一度習わせるため、ギョンホを大学に行かせるため、必死で貯めてるんだよね・・・。ジェスはどうなのよー(ToT)本当は医大に行きたいのに、校内一位なのに、そんな父の気持ちが分かってるから、無理いって進学したいって言えないんだよね(ToT)オククァンは、でも、ジェスの事もちゃんと愛してて・・・死ぬときはジェスの為に死にたい。でも、生きてる間は、スアとギョンホの幸せのために生きたいって・・・ああ・・・なんでこううまくいかないんだろうね。でもこのままじゃジェス、可哀想だよ(ToT)こんな良い子なのにー(ToT)

ギョンホを面白く思ってないヤ○ザ仲間が、わざわざジェスに、「スアの所にいく」って言って、銀行に乗りこんできたよ。きっと後でジェスも追いかけてくるんだろうなー。からかった態度をとったヤ○ザに、うはー。スアったらビンタしちゃったー。




第八話

ギョンホは姉のことはちゃんと愛してるのね。姉をすごく大事に思ってるのね。だから、姉にちょっかいを出した例のギョンホを恨んでるヤ○ザを、二度とこんな事ができないようにボコボコにしたよ。でも・・・そのせいで、一段と逆恨みしちゃったよー(ToT)

今回の事で心配したジェスはソアにポケベルを渡します。

案の定、例のヤ○ザは、ソアを騙して連れ去って、襲おうとするんだよね。それを知ったジェスは、ギョンホの元に。オククァンから事情を聞いた親分は、もうヤ○ザの世界から足を洗ったのに、青蛇に会う覚悟を。やっぱ、親分って人情があって、いい人だから、今は青蛇に付いてる子分達も、親分を見て、服従してるよ。

ジェスとギョンホは、襲われそうで間一髪のソアを助けます。頭に来たギョンホは、そのヤ○ザと乱闘になるんだけど、弾みで頭をぶつけてしまったヤ○ザ・・・・わざとではないにしろ、殺してしまったのです。駆けつけたパトカーの音を聞いたジェスは、ギョンホが捕まると大変な事になるからと、自ら罪をかぶるんだよね(ToT)「俺が姉さんもギョンホも守る!!マジンガーZみたいに」って前に言った言葉をちゃんと守ったよ(ToT)その上、姉さんやギョンホの為じゃなく、自分の為にやったって、刑務所に来たソアに言ったりなんかして・・・なんて良い子なのー(ToT)いつも自分を犠牲にして、大丈夫なんて笑ってて(ToT)うるうるしちゃったよー(ToT)

そして九年後・・・うわージュヒってら高校生になってるよー。


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。