まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

マイダス(MIDAS) (全二十一話)
第一話〜第八話


第九話〜第十六話はこちら

第十七話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
キム・ドヒョン : チャン・ヒョク

イ・ジョンヨン : イ・ミンジョン

ユ・イネ : キム・ヒエ

ユ・ミョンジュン : イ・ミノ

第一話
このドラマは随分前に、かなり後半まで字幕なしで見たんだけど、何話まで見たか覚えてなくて(笑)視聴が途中になった理由は、韓国での放送を待って見てたので、週2話ずつ見てたから一気に見れなかったのと、仕事が忙しくなって見るのを忘れてた・・・という理由なので、いまいちだったから見てなかったわけじゃないです。面白くてはまってみてました^^せっかくなので1話から見なおしてレビューを書きたいと思います^^

ドヒョンは幼い頃、魚屋をしてる母に育てられ貧しく育った。成績優秀で、ご褒美にもらうお小遣いもいつも魚臭かった。ドヒョンが大学に入った頃母は亡くなり、500万ウォンを残した。遺産の500万ウォンで株式投資を始め、その明晰な頭脳を使い学費は全て株で稼いだ。卒業後はファンドマネージャーとして三年働き最優秀な成績だった。自分の透視能力を悪用されそうになったらしい。金は理性を麻痺させるから、理性が残るうちに進路を変えようと、弁護士を目指すことに。2年で試験に合格し、研修所の成績も上位1%だ。

優秀なのでどこの事務所に面接に行っても最高の待遇で来て欲しいと引く手あまただ。

ドヒョンの恋人ジョンヨンは看護師だ。ジョンヨンの父にジョンヨンとの結婚を認めてもらうため、ジョンヨンの父のしごと(鉄工所)を手伝ったり、音痴を治そうと練習したりしてるよ。ジョンヨンの父には49点をつけられてて、結婚したいなら51点を取るよういわれてるよ。後少し!

財閥の長女であり巨大ヘッジファンド代表イネの公演を聞くドヒョン。イネはローンアジアで働いてた頃年俸2千万ドルの実力者だ。投資家としては、かなり冷酷だね。

大手の面接を受け、後は条件を見て選ぶだけのドヒョン。教授の紹介で仕方なくとある名も知らぬ大正という法律事務所の面接に。この会社、パートナーは華麗なる経歴をもつ有名な人ばかりだ。しかし事務所が無名なのが不思議で・・・。面接をするチェは、どうしてもドヒョンを採用したいといい、白紙の小切手に希望金額を書くよう言ってきた!その上・・・入社と同時にこの会社の経営パートナーになれるというのだ。交通費として渡されたのは・・・1億ウォンだ!!(驚)

チェは、イネの父(財閥)の顧問弁護士なのかな?会長が遺言状を書きなおす事をイネに教えてるよ。そしてドヒョンの卒論を面白いから読んでみるよう渡します。

ジョンヨンは一泊400万の病院のVIP病棟に昇進。ついに51点を取ったドヒョンはジョンヨン父に祝福され、ジョンヒョンの誕生日にプロポーズを。ジョンヨンを新しい高級車に乗せ、大正が用意してくれた高級マンションに連れていき、自分たちの住む部屋だと紹介を。

初出勤してきたドヒョンをイネの父であるユ会長宅に連れてきたチェ。突然100億あったらどうする?とユ会長に聞かれ、自分の知ってるファンドに投資し3年で二倍にするというドヒョン。土地やビルの方が良いだろうという会長に、金の運用は楽しい遊びであり、今の時代に不動産で資産をを持つものは馬鹿だと答えるドヒョン。ユ会長は今、お前は韓国一も馬鹿の前に立ってるって。そしてチェに、お前に任せると一言。

どうも・・・これがチェから、ドヒョンに顧問弁護士を変える許可って事になったのね・・。これから会長の財産について一番知ってる人間はドヒョンになる。ドヒョンのレポートを見て即座に連絡を寄越したイネに、ドヒョンは天才だといったチェ。

初仕事として・・・ユ会長の末娘ミランをクラブで探すドヒョン。ミランは絵に描いたような放蕩娘ね。クラブで男と遊んで。自殺しようとしたのか??薬を大量に飲んで意識不明に。チェの指示で大金を払って内密に病院に運ぶドヒョン。うわーー。ジョンヨンのVIP病棟だ。ユ会長ってこの病院の理事長だって!!

こんな事が自分の仕事なのかとチェに聞くドヒョン。30年やってた会長の仕事をドヒョンに任せたいと言うチェ。弁護士として働きたいから、会長のために働くという意味がわからないというドヒョン。それだけの価値があるのかと聞いた時・・・イネが現れた!!イネが会長の娘だ知ったドヒョン。

ドヒョンがイネと握手をしてるところに・・・ジョンヨンが!!






第二話
この仕事の価値は自分が判断しろと、ユ会長の資産内訳資料を見せるチェ。なぜこんなに有り得ないほど莫大な資産があるのか・・・なのにどうして無名なのか・・・この仕事を引き受けたら教えるというチェ。

会長の三男ミョンジュン。こちらもどうしようもない放蕩息子って感じね。ミランの見舞いにきたミョンジュン。ジョンヨンに興味を持ったみたいね。

ミランを抜かした子供たちに、今後、自分の弁護士をドヒョンが引き継ぐと紹介する会長。長男ギジュンはインジン建設代表。バツ3で遺産の取り分はすでに慰謝料に化けている。次男ソン
ジュン(うわ!!ザ・キング2ハーツのボングだ!!根の深い木のカリオン@ギジュンだよ!!)はインジンキャピラル代表。実質的な会長の後継者だ。長男と次男は最初の妻から生まれ、イネとミョンジュンは二番目。留学中のテジュンとミランは三番目の妻から。そして入籍してるのは最初の妻だけだ。

イネはドヒョンを食事に誘い、自分が後継者になるよう力を貸して欲しいと話します。ゴッドファーザーのように絶対断れない提案をするといって。

ドヒョンの元に、ドヒョンの父の息子・・・つまり義理の弟が。ドヒョン父は詐欺と背任の罪で拘置所にいて弁護士次第で無罪になると助けを求めに。

ドヒョンはイネに会いに行き、会長の気持ちを変えることは出来ないが、敵(兄弟)を排除する事はできるとし、方法は自分に任せてほしいって。協力することにしたんだね。大学時代の優秀な友人を仲間にし、作戦を始めます。

精神科の治療中のミランをパーティに連れだしたミョンジュン。入院中の患者がパーティなんて・・・とジョンヨンが反対しようとするんだけど理事長の命令と言われ、どうにもできない。

セジンバイオが仕手株になっており、資金源はたぶんインジンキャピタルだとイネに報告するドヒョン。勝手に資金を使ってても、儲けさえ出してれば会長にはばれない。二つの提案をします。第一案は相場を動かして500億ほど損失をださせること。第二案はさらに検察まで動かすことだ。第一案で終わらせるよう言うイネ。ドヒョンは仕手には仕手で・・・逆に仕手戦をしかけ、決してばれないと自信たっぷりに話します。

明日が挙式だというのに、忙しくしてるドヒョンを・・・何かに惑わされてるようで不安だと感じるジョンヨン。

結婚式当日・・・ドヒョン父はドヒョンのおかげで釈放され出所。ドヒョン弟ドチョルから結婚式の話を聞き、父はドチョルと共にこっそり結婚式会場に。チェを見た父は驚いてたよ。

式直前、ドヒョンに電話をするジョンヨン。ドヒョンが向かってる最中だと聞き、ホッとします。ジョンヨンとの電話が終わった直後、イネからドヒョンに電話が!!電話で作戦の報告をしていると・・・ひゃーー!!横から大型トラックが突っ込んできたーー!!ドヒョンが交通事故だ!!





第三話
チェは、ドヒョン父が忠清道のヨンドンで金鉱開発をしてた時、お宝の土地を奪った弁護士みたいだよ。その時その土地を買った人の名前は・・・ユ・ピルサン!!ユ会長だ!!ドヒョン父が仲間に確認電話をしてたよ。

泣きながら病院に駆けつけたジョンヨン。ドヒョンは無事だったよ。でも・・・結婚式はできなかったね・・

ユ会長は500万坪の土地を8千億で購入しようとしてるみたい。それをチェから聞いたイネは、それだけの資金を土地に眠らせるのは無謀だといいます。チェは、同じ事をドヒョンも言っていた事を話します。今の状態でいくら説得しても会長は考えを変えない・・・会長の考えを変えられるのは後継者だけだと話すチェ。

結婚式がダメになり、心配をかけたことをジョンヨンに謝るドヒョン。ジョンヨンはこの程度ですんで良かったといい・・・それより心配なのは、法律事務所に入ってから、ドヒョンが少し変わって来て何かにとりつかれてるみたいな気がすることだと話します。自分の知らないところで何か良くないことが起こってる気がするって。一世一代のチャンスが来てちょっと舞い上がってるだけで、自分は大丈夫だし、何も変わってないといい安心させるドヒョン。

ドヒョン父はドヒョンが心配で、ジョンヨンに自分がドヒョンの父だと声をかけ挨拶をし、ドヒョンの容態を聞いたのね。無事だけ分かったからと、ドヒョンに会わずに帰った父・・・いつか舅の資格を得たらまた会おうと言って・・・

ワオ!!ミョンジュンまでVIP、病棟に入院したよ。病気じゃなくて女連れ込んでホテル代わりにしてるし。さっきまで女と寝てたのに、すぐにジョンヨンに結婚式がうまくいかなくて良かったーなんて口説こうとするから、バカにしないでと起こるジョンヨン。

イネが母の命日に墓に行くとミョンジュンも来てて。二人の母は寒い日に亡くなったみたいだね・・・。なぜ母は家を出てのか聞くミョンジュンに「知らないほうが良いから誰も言わなかった」と話し・・・母は16歳も年下の俳優と恋に落ちてゴシップになりアボジを捨てて出ていったという事実を教えたイネ。

忙しくていつ結婚式ができるかわからないから先に新婚生活から始めようと言うドヒョンに嫌だと答えるジョンヨン。忙しくて自分にかまえない罪悪感から逃れるために言ってる事を読んでて・・・。不安なのに大丈夫だというなら、大丈夫だと信じさせて欲しいって。今までは謝る必要などなかったから謝った事などないのにドヒョンは最近謝ってばかりだって。

そんなドヒョンとジョンヨンの写真をこっそり撮る男が。カメラを取り上げたんだけど、その中にはイネとの写真も沢山あって。不安がってるジョンヨンを残して、用事が出来たと行ってしまうドヒョン。

そしてドヒョン父は昔なじみのジョンジャとマンスたちと株で一発逆転を狙ってて。ムショで知り合ったツテで、仕手の銘柄・・セジンバイオの名前を聴き出し、値段が上がれば欲を出さずすぐに売れば良いという情報を得ます。

ジョンヨンに言われたことを反省して、ジョンヨンに謝りデートに誘ったドヒョン。迎えに行くと約束したのに、会長の長男ギジュンからの電話で・・・。行った先は会長の子供たちの会合だ。ギジュンは、ソンジュンが後継者なのは確かだから、ここでソンジュンを後継者として支持すると誓いあおうと言い出した。反対するイネとミョンジュン。ソンジュンったら、イネもミョンジュンも会長の子とは思ってないみたいで、ミランも含め、よその女の子達とは、自分が後継者になったら縁を切ると堂々と宣言を。

イネは、ドヒョンの提案した作戦の第一案を選択したんだけど・・・やっぱり第二案にするってドヒョンに!!





第四話
素敵なレストランを貸しきって、ドヒョンから夢のような時間が贈られます。そして素敵なネックレスまで。幸せだったジョンヨン。

ドヒョン父は、返さないとヤバい相手・・・ピルトに2億ウォンも借りてセジンバイオを買いあさります・・・。

ソンジュンはチャン理事を脅して財閥の運用資金300億を投資資金としてこっそり借用します。チャン理事は、後継者の有力候補と言われれば、断れないよね。

ジョンヨンはチングからドヒョンにもらったネックレスがヨーロッパ王室御用達の入手困難な高級品だと知り、驚きます。これは実はお詫びのつもりでイネがプレゼントしたもので・・・。なんだかイネ・・・わざと自分が送ったとばれるようにこのネックレスをドヒョンに渡した気がするんだけど・・・w1億のネックレスをドヒョンが買えるわけがないとジョンヨンに責められ、イネにもらったと告白するドヒョン。

自分たちの間にイネが入るのが嫌だ、ドヒョンが変わったのもイネのせいだと責めるジョンヨンに、自分の人生を変えるチャンスを得たのに変わらずに居られるか!!想像以上の金持ちになるため無我夢中でやってるんだから、俺の手を握ってついてくればいいんだというドヒョン。お前がこうなら、手を離すしか無いと言われ・・・「能力だけじゃなく、魂まで売った人に見える。だから怖いの」といい、部屋を出るジョンヨン。

ドヒョン父は10日で6億も儲けてすっかり良い気で。五倍になるまで売らないと、まだお金も手にしてないのにジョンジャ、マンス、ドチョルとブランド物を買ったり高級車を買ったりしてるよ(滝汗)

ドヒョンはイネに、自分が証券界をやめて理由は別にあると話し、でも何なのかは言えないと言います。逆シテで儲けた金を、その理由をドヒョンが言うって事にに賭けるというイネ。最後まで言わなかったら自分のものになるのですか?と聞くドヒョン。ドヒョンはイネにネックレスを返し謝ります。

ドヒョンチームの売りが始まった!!セジンバイオの株が大暴落だ!!大騒ぎするソンジュン。
同じ頃、ドヒョンの父達も大騒ぎで。

ついに検察がソンジュンの会社に!!このことで会長の耳にもソンジュンが株価操作のために300億も無断で使ったことが!

ジョンヨンを騙して自分の歌うライブハウスに誘い出したミョンジュン。帰ろうとするジョンヨンに、ジョンヨンが危ない綱渡りのような恋愛をしてることを言い当て、ジョンヨンの前だけはプライドのない男でいるからいつでも必要なときは自分を利用してといいます。

検察やマスコミをうまく収拾したけど・・・会長はソンジュンを許さなかった。追い出してしまいます。会長はイネに全てを譲ると言い出すんだけど、それを断ったイネ。会長の言うとおり動く後継者にはなりたくない、自分の好きなように動かせてくれるなら考えると強気な発言を。不動産投資から全面撤退するし、兄弟への相続配分も自分に任せてほしいというイネ。結局会長は、その提案を受け入れたよ。

ドヒョンが夢見るほど、野望が大きいほど、自分がドヒョンの人生を変えてあげるというイネ。

ドヒョンとジョンヨンが冷戦中だと気づいてるジョンヨン父はジョンヨンに、先に折れてあげるよういいます。結婚生活は負けるのが勝ちだと教えてくれて。

ジョンヨンはドヒョンが仕事で釜山に行ってると知り、釜山まで追いかけてきます。その頃、ドヒョンはイネの船上パーティに参加してて。夢をおいかけるなら過去はすてるべきだというイネ。そして捨てるべきものがジョンヨンでも捨てれるかと聞くイネ。





第五話
ジョンヨンは、サプライズをしようと黙って来たのね。ホテルのロビーで待ってたんだけど、部屋に入れてもらえて。待ってる間に部屋にあったカメラに謝りの動画を入れるジョンヨン。そして自分のドヒョンを思う気持ちも一緒に・・・。

イネはジョンヨンがドヒョンの部屋に居ると知ってるイネはわざとドヒョンを部屋に返さず自分の部屋で飲もうと誘います。自分が結婚しない理由は、愛を信じないからだと言うイネ。結局ドヒョンはイネの部屋のソファーで酔っ払って寝てしまって・・・朝まで待ったヒョンヨンは、イネの部屋から一緒に出てきたドヒョンを見てしまいます。

うひゃー!!ドヒョン父の借金の事でドチョルを痛めつけたピルト。ドヒョンに連絡を取るというのを土下座してそれだけはやめてほしいと頼むドヒョン父。

イネは父の事業の一つであるTSモールをミョンジュンに任せたいと話します。好きな事だけして生きてはいけないといって。

ドヒョンの元に来た父。ドチョルが来た時の事で、もう縁は切ったというドヒョン。一生オンマを待たせた事が許せないと冷酷に話すドヒョン。父との縁はもう終わっているというドヒョンに・・・最後に一つだけ助けてほしいと・・・金で失敗してこのままじゃドチョルが危ないと頼む父。しかし・・・追い出されてしまいます。

ジョンヨンはイネに会いに。イネのせいでドヒョンが変わった事を相談するジョンヨン。最近のドヒョンはブレーキが壊れた車みたいに見えるというジョンヨンに、自分には高性能のエンジンをつけたスーパーカーに見えるというイネ。それを運転できるジョンヨンがうらやましいのに何が問題なのか分からないって。そんなイネにドヒョンを解放してほしいというジョンヨン。

相続の手続きをするドヒョン。全てがイネのものになるのかと思ってたが違うようだというドヒョンに、今回の相続は節税のためで、実際の相続は会長が亡くなった時であり、会長が無くなる前に相続の内容が変わることもありえることを教えるチェ。

兄弟を集め後継者として今後の兄弟の方向性を発表するイネ。ギジュンはインジュン建設代表のままだが、うわべの代表ではなく経営を任せると。ミョンジュンにはTSモールを。ミランにはやりたいことを探して言うよういいます。もし働かないなら今まで享受してたものを全て剥奪するといって。ソンジュンはインジンキャピタルから退き、今後何ができるか考えるように言います。兄弟を馬鹿にするソンジュン。検察の調査が終わるまで自粛しろと言うイネ。まだゲームオーバーじゃないといい、出ていくソンジュン。

そしてチェに、今までのお礼を十分にするから、もうそろそろ休んでほしいと。そしてドヒョンにはニューヨークに行く準備をしろって。ロンドン、香港支社も行くから1年はかかるので、早く整理してたつ準備をするようにと。そんなドヒョンの前にピルトが!!

イネはこっそりピルトの事を調べ、部下に金を渡させドチョルを助けさせます。

ニューヨーク行きの話を聞き、悩むドヒョンに、イネとの関係を切ってほしいと頼むジョンヨン。でないとドヒョンの手を掴む自信がないって・・・。ジョンヨンの手を絶対に離さないというドヒョンに、今ドヒョンが掴んでるのはイネの手で、強く引かれると、自分の手は離れてしまうと話すジョンヨン。釜山で見たことを話し、イネの手を離し戻ってくれたら信じると話すジョンヨンに、後戻りは出来ないといい、アメリカに行く話をします。自分と一緒に来て欲しいと言うドヒョン。なんだか・・・結局別れたっぽいんだけど、どうなの??

ソンジュンはとあるプロを使って逆シテを仕掛けた相手を探してたんだけど・・・うわーー!!ドヒョンだと知ったよ!!ソンジュンがドヒョンを捕まえに事務所にいくと・・・仕事をやめて出ていった所だった!!

イネとドヒョンが手を組んで自分を騙したとチェに言うソンジュン。その頃ドヒョンはイネと空港に向かっていた。






第六話
連続して数話みてしまいました(滝汗)このままじゃレビュー書かないで最後まで見ちゃうそうなので、簡単に覚えてる部分だけ書きます。

ドヒョンとイネが帰国。もちろん、ソンジュンがだまってないよ。出国前に会長にイネに騙されたと訴えたんだけど、株捜査をしたり金を使い込んだのもイネのせいかと責められ何も言えないソンジュン。結局ずっとイネとドヒョンが戻ってきて復讐するのを沸々としながら待ってたんだね。どうやらチェもソンジュンと手を組んでるみたい。ソンジュンの為ではなく、自分のためにソンジュンと手を組んだと言ってたけど・・・。

ソンジュンに責められてもびくともしないイネとドヒョン。ソンジュンはドヒョンを殺すことにしたとドヒョンに。自分で手を下すのではなく、ドヒョンがドヒョン自身で死にたく成るよう追い込んでやると宣戦布告。

イネやドヒョンのいるローンアジアだけど、ジョンヨン父の親会社を買収。乗っ取った後、経営を立て直すだけでなく、下請け会社も全て排除して、中国に発注するようにし、利益の高い会社にしてから再び高く売りに出す計画だ。その計画をたてたのはドヒョン。下請けなんか、どうせ売る会社なんだから、自分たちには関係ないといい、利益だけを考えてるよ。

そのせいで、新しく機械を買って借金をしたジョンヨンの父は家まで抵当にとられるかもしれないところまで追い込まれてて・・・。

ドヒョン父がチェによりユ会長に奪われた土地は。。。実は金鉱が隠されてるんだよね。それをジョンジャ、マンス、ドチョルに教え、会社をつくり、その土地を取り戻そうと計画を立てます。土地はインジュン建設のものだ。ジョンジャを使い、女好きなギジュンに近づき、ギジュンをとりこにする作戦を決行。うまくギジュンはジョンジャに関心を。そこで、石油と鉱石の発掘を海外でやってるいとこのオッパとしてドヒョン父も紹介されてたよ。今のところ順調って感じだね。

ジョンヨンは、ユ会長の自宅に往診にいくときの看護婦として配属され、ミョンジュンに再開。ミョンジュンは、いつでも自分を利用してほしいという話はまだ有効だとジョンヨンに。ミョンジュンなんだけど、思った以上に仕事の面でやりてで、格好いいんだよねー♪ヒョギが好きでこのドラマを見始めたけど、ジョンヨンーー!!ミョンジュンにしとけよー!!と思わず思っちゃうわ。今、ジョンヨンは大学院にも通ってるんだけど、ここでもミョンジュンに偶然あうんだよね。声をかけると思ったのに・・・知らない顔をして行っちゃって・・・気になってるみたいだね。

親会社を乗っ取ったローンアジアに対するデモをするジョンヨン父。そこに顧問弁護士のドヒョンが!!売り飛ばすつもりのくせ、会社の景気が戻ったら再度取引できるよう努力するなんてしらじらしいことを!!ここでジョンヨン父が声をかけます。ジョンヨン父を見て驚くドヒョン。しかし・・・ドヒョンはジョンヨン父の言葉を聞いても、もうすでに決まった事だから撤回はできないなんて言ったよーー!!お前は本当に俺の知ってるドヒョンなのかと失望するジョンヨン父。そして暴動が!!

制圧しようと・・・武力行使にGOサインを出すドヒョン。大勢の棒をもった男たちが次々とデモ隊を殴りつけてるよ。父が心配でかけつけたジョンヨンは、この光景を見ちゃうんだよね。そして殴られ怪我をして倒れてる父に駆けつけるジョンヨン!ドヒョンを睨みつけたーー!!最悪の再開だね。



第七話
病院に行ったドヒョンはジョンヨンに アボジの仕事は続けられるようにすると言うんだけど、そんなことで感謝しないといけないのか、前だけ見てた人がなぜ振り返るの・・・こんなことが夢だったのかと責めるジョンヨン。もうドヒョンの本性が分かったから隠さなくて良いといい、冷たく去って行きます。ドヒョンはジョンヨンとも元に戻れると簡単に思ってたんだね・・・対立する立場になってしまったことに今更気づきます。気づくのが遅すぎたと言うイネ。ジョンヨンは捨てておくべき過去だったといいこれで整理ができたといいます。

そしてドヒョンがやりたがってたハニョン銀行の買収に出るというイネ。ドヒョンを異例の昇進でジェネラルパートナーにします。反対するヨンミンに、ドヒョンは韓国の大学を出てて政界や金融界にたくさんの知り合いがいるから適任なんだと話すイネ。

そんなドヒョンに反感を持ってるヨンミンに、ソンジュンが二倍の報酬をだすといい引き抜きの声をかけてたよ。


ジョンヨンは院長直々にVVIPの自宅治療を任されるんだけど・・・それはミョンジョンだった!!最初はいつもの悪ふざけだと思ったジョンヨンだったけど、本当にミョンジョンは不治の病におかされていた・・・。だから、大学でジョンヨンに会った時も、別人のように声をかけず冷たく行ってしまったのね・・・。こんな体だから・・・。病気の事は院長とジョンヨンしか知らない。アメリカに留学したことになってるけど、実は手術を受けてて・・・でもダメだったんだね・・・。そんなミョンジョンの看護を引き受けるジョンヨン。

イネはドヒョンを信じて全てをかけることに。本社にも結果に対する責任は自分がとると言ってたよ。次々とハニョンの関係者に接触したり、政界、金融界の知り合いを通じて情報やコネを得るドヒョン。そんなドヒョンに、会社名義のブラックカードと高級車をプレゼントするイネ。

ジョンヨンはアボジのために貯金をはたき、借金をして返済をさせてあげます。

そんな中・・・ソンジュン側が、五年前のドヒョンの起こした事件を調べてるよ。ドヒョンの人生が終わるかもしれなかった大変な事件らしい。ドヒョンは、そんなに簡単に分かりはしないというんだけど、五年前のヨイドの事件がドヒョンが起こしたものだという情報を得るソンジュン。

ミョンジョンは、ジョンヨンに、ドヒョンに復讐しないのかと聞きます。自分が復讐するならドヒョンの目をくらました相手だと話します。それが姉であるイネだと気づくミョンジョン。イネが病的なコンプレックスをソンジュンに対してもってて、その終わりは一体どこなのか・・・自分でもコントロールできなくて自分でもわからないと言ってた言葉を思い出します。・・・残された時間、ジョンヨンに傍にいてほしいといい、その代わりに、ジョンヨンの望むことは全て叶えると・・・それが姉に対する復讐でも協力するというミョンジョン。ミョンジョンは姉のコンプレックスを払拭し、どこまでも暴走する状況から救い出したいと思ってるのかな??生きてる間に・・・。それがたとえ姉を追い込むことになったとしても。

ドヒョン父はヨンドン土地をついに手に入れます。後になって騙されたと気づくイジュン。チェにに相談するんだけど、ドヒョン父の写真を見たチェは、驚いてたよ。もしかしてチェは鉱山の事に気づいてるのかな?ドヒョン父はビルドも鉱石発掘に誘ってるよ。

銀行を買収にあたり、ローンアジアの名前が出るのはまずいからローンコリアという新会社を作るとドヒョンに言うイネ。その代表はドヒョンだって!!仲間を正社員にして会社を設立したドヒョン。

ソンジュンはドヒョンのライバルだったギウクと上司を呼び出し、5年前のヨイドの話がもみ消された背景には大統領選の資金と関係があるとばらします。株捜査の利益が政治資金として流れたって。その相手はイ議員だ。裏に居たのはドヒョンだと聞き、驚くギウク。ローンコリアまでドヒョンを代表にして作ると聞いたヨンミンは面白くないよね。ソンジュン側につき、銀行買収が終わるまでスパイをすることに。

五年前の事で事情聴取を受けることになったドヒョン。担当検事はギウクだ。イ議員はもう落ち目だからお前がおしまいだというギウク。イネは障害物になるならドヒョンを切り捨てるって言ってるよー。

第八話
危機に陥ったドヒョンは、イネに知られる前になんとかしようと考えるんだけど、全て知ってるイネ。このままだと一緒に仕事はできないと、ドヒョンを切り離す気持ちがあることを伝えます。一体どうやってこの状況を切り抜けるのか・・・と思ったら、これを仕組んだのがソンジュンだと分かり、ソンジュンと、ギウクの上司に当たるチャン検事がソンジュンと同級生で様々な不正に関わってる情報を掴み、先方と同じ方法で、それをネタに脅し返し、危機を乗り越えます。それをイネに報告したドヒョン。再びハニャン銀行乗っ取り作戦が始まります。

ミョンジュンなんだけど、最近超素敵なんだけどーー!!不治の病なのがすごく哀しいわ。やっぱり、イネを思うがゆえにジョンヨンに協力するって言ったんだね。実の姉なのに信用できないというジョンヨンに、姉の暴走を止めたい・・・こんな生き方は辛いからって。

ドヒョン父は、ビルドに話を持ちかけてたけど、それって鉱石のないいらない土地部分を、ビルドを騙して売って、自分たちの資金を作るためだったんだね。ビルドは目先の欲にかられ、すぐに契約してたよ。ドチョルはミランに接近してる。相手にもされないと思ったんだけど、ミランもまんざらじゃなさそう。


この危機を脱したドヒョンに実は驚いてるイネ。すごいというより・・・いつか自分じゃコントロール出来くなるかもという考えも浮かんできてるみたいだね。

イネは愛を信じられない病気だと言ってたけど、それは会長のせいでそうなったみたいで・・・でも過去に一度だけ愛したことがあるみたい・・・。

ハニョン銀行の頭取に会ったドヒョンは、ローンコリアでハニョン銀行を買い取りたいと、唐突に言います。もちろん激怒する頭取。さー・・・ここからどうやって買収にでるのか??

ハニョンの取引先が倒産寸前だという報道が出て、ハニョンが危機に!!ローンアジアの莫大な預金も全て別の銀行に。

姉の暴走を止めるため・・・まずは姉(イネ)の大事なものを失わせるとジョンヨンに話すミョンジュン。自宅まで自分を訪ねてきたイネの元に、ミョンジュンはジョンヨンも一緒につれてきて、自分が一目惚れしてしつこくつきまとって最近やっと友達になったと話します。

自分とドヒョンの事を分かっててジョンヨンがミンジュンを好きになるはずがないと反対するイネに、自分がジョンヨンを好きなんだから恋愛まで口出ししないでほしいというミョンジュン。今度はジョンヨンに、ミョンジュンを手放すよう言うんだけど、以前ジョンヨンがイネにいわれた「大人を拘束することはできない。あくまで彼の意思だ」という言葉通りだと言い返されます。

これがどう復讐になるのかと聞くジョンヨンに・・・・姉の大事なものを失わせるといったあの言葉をいい・・姉は近いうち大事なもの(自分を)を失うんだと話すミョンジュン(涙)

まずは小さなハニョンの危機報道を出すドヒョン。段々と下がり始めるハニョンの株価。うわー。ソンジュンも買収に名乗りをあげようと準備万端みたいだよ。そういや二話ほど前に、会長に金を譲り受けてたよね。会長はソンジュンの力を試そうとしてるのかな?

困り果てたハニョンの頭取はドヒョンに会いに。責められても、冷静にハニョンを買収して頭取の立場は保障するというドヒョン。


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。