まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

メリー&テグ 恋のから騒ぎ(全十六話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
ファン・メリー : イ・ハナ

カン・デグ : チ・ヒョヌ

ソン・ドジン : イ・ミヌ

イ・ソラン : ワン・ビンナ 


第一話

メリーはミュージカルスターを夢見るお気楽女。毎回オーディションには落ちてばかり。オンマのへそくりでミュージカルを見に行っちゃって、激怒され、家から逃げ出します。オンマはかなり猟奇的(笑)メリーはイカレ女として有名らしいよ。

金がなくて彼女とのデートもまともに出来ない、任侠小説家希望のテグ。あまりに小説が売れないせいで、出版社も倒産し、完全プー状態。テグのしゃべり方って独特で、時代劇みたいなんだよねー(笑)

そんな金のない二人が、500ウォンのラーメン&ライスをかけて出会います。もちろん最悪の出会い!!テグの買った最後の一個のラーメンを売れとわめきちらし、ライスもラーメンもダメになった上、急所蹴りされたテグ。あれが有名なイカレ女かと!!二度とかかわらない事を誓います。

しかし・・・・テグが、彼女にふられる現場にメリーが居合わせ、最悪の再会@トイレをするし(爆笑)、メリーが、オンマの変わりに出た結婚式で・・・花婿が、自分の彼だった!!!司法試験を受ける彼を金銭的に支え続け、彼を信じて三年まった(音信不通だったけど)のに、あいては花婿な上、一度も女と付き合った事のない純情青年って事になってるしーーー!!後日その元恋人から、貢いだ金を返されて。頭にきて「金額がたりないーー!!おばさんにばらすぞ」と、騒いでるのをテグに見られ、ちゃうし。もう二人の相性は最悪・・ってか、テグはメリーに会うとろくな事ないねー。「この街から出て行け」と言う気持ちもわかるわ・・・。

で・・・テグなんだけど、なんだか昔修行したみたいで、その成果が今頃出てきて、なんと天気を自由に操る能力を身につけたみたい。望んでた訳じゃないけどね。

あの全身包帯の女・・・整形してるって事なのかな??あれがワン・ビンナ扮するソランって事かなー??

 

かなりぶっ飛んだ出だしだけど、期待して二話に行きます〜☆






第二話

ありゃりゃ、オーディションにもいつものごとく落ちたメリー。さすがのメリーも・・・男なし、仕事なし、金なし、なしなし崩しで、しにたい気分で、遺書まで書いて。でも・・・・≧∇≦ブハハハハハ「ご飯」の一言で、すっかり立ち直りだしー。

テグは、海外に行ってる先輩の家に住んでるのね。で・・・あの倒産した出版社の社長が、また声をかけてくれるんだけど、家族中が、テグの売れない小説のせいで倒産したことを恨んでて。で、売れる、エロ任侠を書けと言ってきた。テグのやりたい小説じゃなくて断ろうとするんだけど、断り切れなくて悩みます。そんな中・・・ピザのクーポンを偶然見つけたテグは、なんとか10枚あつめて、Lサイズピザをたべようと、ゴミ箱をあさって。そこでまたまたメリーに会います。

メリーの下敷きになってるピザの空き箱の二枚のクーポンがあればピザが食べれる!!このとき、メリーが前彼からもらってすてた Tシャツをテグが着てるので激怒するんだけど・・・お互いピザを半分こすることで、決着つけます。ピザを待ってるとき、大家である先輩から、今日中に銀行に家賃を振り込むように言われ・・・・待ってろとメリーに言ったのに、全部食べられちゃったよーーーーー!!!

メリーの親友のウンジャは、世界中の男が自分を好きだと勘違いできる女で、友達のイケメン婚約者が自分を好きだとまたまた勘違い。メリーをつれて、睡眠占いする霊媒師の元に。そしたら、間違ってメリーの運勢が占われちゃって、「仕事も決まるし、男もできる」って!!大喜びのメリー。

テグはメリーと犬猿の仲だけど、奇妙な行動のメリーを見てると、どうも小説のネタが浮かぶみたいだねー(笑)

そうそう、ソランがでてきたよー。全身整形で生まれ変わったソラン。男が変わる度整形するソラン(笑)でも・・・なぜか毎回、ジャージ姿のろくでもない男に惚れてしまうソラン。今回の整形は最高傑作だから、いい男を捕まえるぞと意気揚々としてるよー。

で・・・メリーなんだけど、どうしてもダンスとかの授業を受けたくて、トロット(演歌)のコーラスのバイトの先輩に仕事を紹介してもらうけど、お酒の相手が出来ず、断念。

そこで・・・・近所の雑貨屋にアルバイトの申し込みをしに。しかし・・・そこにはテグも応募してて!!面接、筆記、実技と、メリーとテグの攻防戦が!!勝ったのはテグ!!!喜ぶテグだったけど・・・・帰ろうとしたメリーの頭に看板の文字が落ちてきて、気を失うメリー。主人のアジョシは、つい「君を雇うからー」っていうんだけど、そしたらメリーはちゃっかり目をさましてーー!!やっぱ、テグはメリーにかかわるとろくな事がない。

この店主のアジョシ、テグに万引きの罪きせたり、メリーを脅してお金を取ろうとした不良娘の親玉の子だねー。なんだか・・・実は2卷までしかでてないテグの小説のファンだったりして。絡んで来そうです。




第三話

なんだかどたばたしてて、面白いと言えば面白いけど、これといって、大きなエピソードもなく・・・だんだん視聴が辛くなってきた。これから盛り上がるのかな??チ・ヒョヌ好きだから、見るけど〜(笑)

ソランったら、かなりパボだねー。ウンジャの店にいって、せっかく違う顔になったのに、自分がソランよ〜って教えてるし(爆)それに、お金もちだから、頭悪いのに、格好良いからって留学しようとして、パスポートの顔と別人だから、入国拒否されて、追い返されてるしーー(爆笑)

雑貨屋で働き出したメリーだけど、店主の娘ビダンと魔の再会して。生意気だし、ヤンキーな男友達ひきつれてるし、頭に来て、後ろから殴ったけど追いかけられて、完全目つけられたね。ビダンのオンマは三年前に、家出したらしい。それでグレたのかな??このビダンのクラスの新しい担任が、ドジン。不登校のビダンを善導するぞってなんだか燃え始めたねー。

メリーは中学にいって、ミュージカルの練習するんだけど、ドジンに見つかりそうになって、逃亡。汚い運動靴を片方落としてしまいます。この人を見つけて、導かなくてはと、また燃えはじめてるよ(笑)

うーん。ソランアボジは、若い頃貧乏で、サーカスのピエロやってたのね。そのサーカス団のヒーローだった兄貴@ミサのウンチェパパを見かけ動揺します。兄貴は、すごくソランアボジを信用してたのに・・・ショーの途中で、お金をぬすもうとしたソランアボジを許したりもしたのに・・・ソランアボジは、ショーの途中で、兄貴の捕まってるロープ状のカーテンを切って、転落させ、その衝撃でサーカスステージが炎上し、兄貴はしんだはずらしい・・・。

ドジンは、テグの家主の先輩だったのねー。で・・・夜な夜なテグは、善導の為、クラブを歩いて学生を取り締まってるんだけど、テグに名刺を預けてて。テグは、ナンパにしつこくされてるソランを助けます。ジャージ男好きなソランは、そんなテグを見て目がハート。で・・・落とした名刺で、ドジンって名前の教師だと勘違いしてしまいます。

ウンジャに頼まれた合コンをなんとかしようと、適当なサークルに申し込み連れて行ったメリー。でも、そこには偶然テグが!!!言い争いしてると、主催者に、久々に会ったカップルだと勘違いされ。キスしたら、3万ウォンの会費をただにしてくれると言われます。二人とも貧乏で、3万は大金!!お金の為、キスしようとしたけど・・・出来なかったメリー。でも、テグは金の為、他の話で気をそらせ、キスしたーーー!






第四話

キスでゲットした3万を元に、花札勝負をもちかけたメリー。自信満々で、全額取るつもりが、テグが強すぎて、3万取られた上に、1万5千ウォンの借金まで・・・。

その上、メリーオンマにウンジャが、テグとポッポ(キス)した写真送って、一回のホテル代は3万ウォンだし、昨日3万ウォン貸して、19万ウォンを今年になって貸してる事を言ったもんだからオンマ激怒ーーー!!ついには・・・就職先が近所の雑貨屋だった事もばれちゃうし。

ソランは、名刺を元に、ドジンを訪ねるんだけど、相手がテグじゃなくてびっくり!!善導に命をかけるドジンには、もうソランがものすごい問題ある女で、理事長の娘とはいえ、許せないみたいね。これから絡んできたら、善導することに燃えそう(笑)

で、ソランの妹アムンが、留学先から、ドジンのクラスに編入してきます。ビダンと髪のつかみ合いのケンカになり、停学になりそうで・・・ビダンの友達は、ビダンのパパが学校に白エナメル靴でくると、ビダンが大恥をかくと恐れ、アルバイトのメリーをおだて、親戚のおばさんとして学校に行ってもらうことに。メリーは、ドジンの元に行くんだけど・・・オモモモ!!なんとドジンとメリーは小学校の同級生同士で、初恋同士。その上小学生の頃付き合ってて、偶然とはいえ、キスもした仲!!盛り上がり、二人は週末デートすることに。

テグは、メリーを見てると、霊感がわき、武狭小説のネタがどんどん沸いてくるらしく、出版社の先輩に、「あの近所の女がいると 100卷までも書けそうだから、Hな小説じゃなく、武狭を書かせてほしい」と頼みます。そのメリーが、落ち込んでる風なので、ビールとチキンをおごってあげるテグ。しかし、メリーはドジンとの再会でご機嫌。テグったら、あのキスがファーストキスな上、童貞だったんだーー!!Σ(゜Д゜ υ) 下戸で酔っぱらい、メリーにかつがれて、公園で野宿するテグ。でも・・・・寝ぼけて「行かないで・・オンマ」って泣いてたけど・・・オンマの事で何かあるのかな・・・

次の朝、公園だったとはいえ、布団もかけてくれてて、テグは、お礼を言って、武狭小説をプレゼントしようとしてたんだけど、結局言えなくてケンカ(苦笑)

で・・・ラスト、ドジンがデートすると言ってた女がメリーだと知って驚くテグ!!無理矢理メリーを車から降ろし(ドジンは水を買いにいってて居ない)、「行くな!!」って!!関係ないじゃんと言うメリーに「惚れたって言ったらどうする??」ってーーー!!!ってか・・・多分、ドジンに彼女できちゃったら、部屋追い出されるって言われてるからだと思うけど(笑)でも、本人気づいてないけど、メリーの事気にかかっては来てるよね〜。




第五話

メリーは、テグの事をドジンに「ただの通りすがりの近所の人」と説明を。なんとかドジンに内緒にしたいメリー。こんどの恋は絶対死守しなくては!!一方、テグは、このままじゃ家を追い出されてしまうから、どうにか邪魔をしようと必死で。苦肉の策で、「メリーに恋してしまった男になる作戦」を決行!!

メリーとドジンのデートは、映画館では、19歳未満禁止なのに生徒が居て、ドジンはメリーそっちのけで注意に行くし、偶然ソランの車がドジンの車の前にデーンと駐車されてて、車はでれないし、やっとソランが戻ったと思ったら、高飛車で、メリーはむかつきまくり。でも・・・・レストランのスープに、虫が入ってたおかげで、「12万ウォン」もうけて、ご機嫌。

ドジンの部屋に行くんだけど、ドジンにテグを追い出してもらったはずなのに、テグが居て、キスの事とか、サウナの事とかばらされそうで冷や冷やなメリー。突然、告白してくるし。でも「どこが好きでどこが可愛い?」と聞かれると、答えられないテグ(笑)

ドジンがテグのお相手を知りたいと、真実ゲームをしようっていいだしてーー。テグはチャンスとばかりに、キスの相手はメリーだって告白したのに、テグ以上に酒の弱いドジンは肝心なところでダウン!!

リッキー・パクって何者なの??マジ不思議アジョシだよー。すっかり町では有名な易者になっちゃってるし、ソランのパパに電話して、ソランパパは「お前は30年前にしんだはずだー」って怯えてるんだけど・・・鳴ったはずの電話・・・他の人には聞こえてないんだよねー (((( ;゜Д゜)))カ゛クカ゛クフ゛ルフ゛ル幽霊???

でもって、どうもメリーの母の初恋の相手はこのリッキーみたい。リッキーもメリーの母が好きだったみたいねー。

愛しいテグに会えないソランはオンマとリッキーの元に占ってもらいに来て。愛する人とすぐに会えると言われ、喜んで。でもここで、オンマが旦那の名前を言ったから、リッキーの目の色が変わったよ!!

ウンジャは、ビダンに説教しようとして、逆にやられちゃって(笑)メリーに助けを求めます。メリーったら、これで借金をチャラにしようとして。このことで、メリーとウンジャはケンカに。ウンジャに、才能もないし、何もないプーだと言われ傷つくメリー。

しかし・・・そのウンジャが、10万あげるから、テグを連れてきてーー!!とのSOSが!!お金に釣られ、テグを連れて行くメリー。なんだかファッションショーのモデルの変わりに出て欲しくて呼んだみたいだね。格好良い服を着たテグは素敵で、女性客の視線を独り占め。メリーも驚いてるみたい。そして・・・そこには丁度ソランも来てて、「あの人だ〜♪予言は当たったー」って目が完全ハートに!





第六話

ショーの後、ソランにテグの住所を無理矢理訪ねられたメリー。なんか・・・他の女がテグに興味を持って、気になって仕方ないみたいねー。何でなのかわからないんだけど。

テグは衣装をプレゼントされたと勘違いして、着たまま帰路について。それを見つけたメリー。テグに、俺が好きなんじゃ??とか、ハニーとか言われ、頭に来て・・・ついコーヒーを洋服にこぼしてしまいます。ウンジャに聞くと、このシャツは75万ウォン!!大変だーーー!!でも、またまた誤魔化して逃げるメリー。むかつくんだけど、そんなメリーをみて、またまた霊感が働き、狂った女主演の武狭小説のシナリオが浮かぶテグ。

チキン屋の女主人の口利きで、メリーの家に下宿しようと、リッキーが!!リッキーを見て、メリーの父はあまりに嫁の初恋の人に似てて危険を感じ、嫁が居なかったのを良いことに、追い返してたよーーー。

ソランとオンマは、アボジに、すごく良く当たる易者の話をします。アボジにも「邪魔者は消えたから安心しろ」ってメッセージを残したと聞いて・・・≧∇≦ブハハハハハ!!アボジったら秘書に、リッキーの生年月日と名前で、生きてるかしんでるか占わせたよーー!!本人だと知らなくて。でも、リッキーは「ずいぶん前にしんでます」という結果を残してあげます。このリッキー、マジ謎だわーー。

 

そしてついにソランが動き出したーー。恋愛バイブル片手に、今度こそ失敗しないようにーー!!プレゼントとハナを送り、テグを誘い出して、ホンなんか読んだ事ないくせに、武侠小説が好きだって嘘ついて話しあわせてー!!でも、なんだか話が通じてる風になっちゃってるし(笑)

ソランに送ってもらって帰るんだけど、メリーに会って。メリーったらどうみても雑種の犬を大金で純血の犬だって雄雌両方騙されて買ってて(苦笑)それを馬鹿にし、あのコーヒーのシミの事を責めるテグ!!魔法の染み抜きがあると、自信満々に言うメリー。メリーはドジンに、誤解されないよう、テグの染み抜きに、家まで行くと伝えるんだけど、それによって怪しく思うドジン。

染み抜きを実施したメリーだけど、一段とひどくなっちゃって!!!何をやっても上手くいかないことを泣くメリー。テグは思わず慰めて。「泣きやめよ。キスしたくなるだろう」って(笑)その後、また一緒にチキン屋で飲むメリーとテグ。また支払いは肉体労働だけど(笑)

テグは、ドジンとじゃなくて、恋愛するなら、俺としようと説得するテグ。「もしかして・・・家を追い出されるから??」と、痛いところをつくメリーに、「初キスの相手じゃないか・・・・ほんとに好きなんだ」と、泣きそうな顔で言うテグ。



第七話

メリーはテグの事が気になって、湿布を届けてあげるんだけど、そこにソランが!!なんだか面白くなくて、ソランの邪魔をしてたんだけど、テグに追い出されちゃって。ソランとテグはお茶をしに行きます。お金の心配したことのないソランは、普通に「ここは私がおごるから、美味しいフランス料理の店でおごって〜」って・・・・思わず腹痛のふりをするテグ(笑)

その頃、メリーはドジンと一緒にいて、テグが家を追い出されたくなくて、メリーに気のあるふりをしたと告白した事を教えられ、怒りが沸々とするメリー。

ドジンは食事にテグを呼ぶんだけど、ソランも連れてきて四人で食事を。ソランの世間知らずさに驚くドジン。四人でカラオケに行くんだけど、やっぱり一番気があってるのはメリーとテグだよね。

帰り、ドジンに家まで送ってもらったメリーは、家の前でほっぺにチュ♪なんてされてて、それをオンマに見られます。オンマに挨拶するドジン。オンマは「最高の娘婿だ」って超大喜び。メリーも鼻高々で。

オモナーー!リッキーが、チキン屋の女主人に連れられ再びメリーの家に!!驚くオンマ!!「リッキー・パクをご存じ??」と聞かれ、知らないふりをするリッキー・・・(だよね?)。

アムンは、学校までビダンの父に配達させ、ビダンに恥をかかして。怒ったビダンはアムンをぼこぼこに!!アムンに、ボディガードを!!って事になるんだけど、そこでソランはテグに頼むことを思いついたーー!!テグはアムンのボディガードをすることに。

ビダンといえば。。。テグが自分の大好きな小説の作者だと知り、テグを「師匠」とよんで、オンマにすてられ、手のかかるアボジに苦労する「ビダン」という名前の少女の武侠小説を書いてほしいとテグに約束してたよ。ボディガードであらわれたら・・・驚くだろうな・・・

汚したシャツの代金を、テグはバイトで払うと言ってくれて。メリーは感謝の気持ちで、ロトくじをあげます。もらったテグだけど、結局当たるとは思えないし、ドジンにあげちゃったよ。でも・・・どうやらそのクジが当たったみたいーー!!メリーが仰天してるーー!




第八話

あああ・・・せっかく当たったのに、ドジンは退職する先生にくじをあげちゃって・・・。結局クジはメリーの手にもテグの手にも戻ってこなくて・・・。このことで大げんかするメリーとテグ!!二度と連絡をとらないと誓いあって。

でも、メリーの犬がいきなり産気づき、難産で呼び出されたテグ。病院に連れていくんだけど、このままじゃ母体が危なく、手術するしかなくて。それを聞いたテグは迷いもせず手術を頼みます。赤ちゃんは一匹だけ助かり、母体もなんとか助かって・・・帰り道・・・涙するテグ。心配してメリーが声をかけるんだけど、テグは泣いてて、思わずメリーを抱きしめ、キスしようとして・・・・まじするかと思ったけど、メリーが気をとりなおしたから、しなかったよ。どうもテグはオンマを思い出したみたいだね。で・・・あのリッキー・・・・実は大学時代にテグが修行に行った先の師匠だったんだけど(まだテグは会ってない)、もしかしてテグの父なのかな??

アムンのボディーガードを始めたテグ。ビダンは、それを知り、テグに「師匠の顔に泥をぬるな」と言われ、「裏切り者!!ぜったい復讐してやる」と言います。

テグのホンを偶然読んだソラン父は、作品を偉く気に入って、手付け金1000万ウォンで、テグに自叙伝を書いてもらう依頼を。もちろんあの先輩の出版社で。金は惜しまないって。喜ぶテグと先輩。お祝いのパーティをすることにします。

テグはメリーの店にいき、大量に食材を購入して、メリーに運ばせ、一緒にパーティをしようとするんだけど、そこにソランが。帰るメリー。引き留めようとしたテグだけど、レッスンもあるし、夜はドジンとデートだと言われて・・・

テグはドジンに電話をし、メリーとパーティに来るよういいます。どうもテグは母一人子一人で、父親を知らず、大学生の頃母を亡くしたらしい。そして、荒れて、いきなり山にこもり・・・二冊の本を手に、作家としてもどってきたらしいね。

パーティをするんだけど、ソランは素直に、テグが好きだと告白。面白くないメリー。酒の弱い男どもはすぐに寝ちゃって。ソランとメリーだけに。テグには手を出さないで欲しい。自分のものだと言うソランが面白くないメリー。ソランは、レッスン代を払ってあげるから、テグを諦めてとまで言いだし、頭に来たメリーは、「顔を貸せーー」ってソランに!


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。