まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

雲の階段(全十六話)
第九話〜最終話


第一話〜第八話はこちら

 〜キャスト〜

ユン・ジョンウォン : ハン・ジヘ

チェ・ジョンス : シン・ドンウク

オ・ユニ : イム・ジョンウン

キム・ドホン : キム・ジョンヒョン


第九話

ジョンスはうまく誤魔化したつもりだけど、やっぱりユニはおかしいって思ってるよ。おかしいと思い出すと、不振な点がどんどん目につきはじめるし。

院長はジョンスが気に入ったから、経営の勉強もさせて跡継ぎにってやっぱり考えてたみたい。それも下の娘の相手にと思ってて。ジョンウォンの母から、ジョンウォンとジョンスの事を聞いて、院長は嬉しそうだよ。ジョンスに、応援するって助言してたし。願ったりかなったりだろうね。

医師免許のことで、ジョンスはどんどん窮地に陥って・・・・困り果ててた所に、島の看護師が訪ねてきて。看護師はジョンスが医師として大病院で手術までしてると知って、屋上で責め立ててたよ。「ばれたらどうするの」って。でも、これをドホンが聞いちゃったーーー。医師免許を提出してないし、「ばれたら」って言葉の意味を考えだしてるーーー (((( ;゜Д゜)))カ゛クカ゛クフ゛ルフ゛ル

でも・・・このとき看護師はベン医師に頼まれものをしてたんだけど・・・ベン医師の医師免許を偽造してジョンスのものにした書類を持ってきたみたいーーー。ひゃーーー!!

ジョンスの母はジョンスが息子だって気づいたみたいね。ユニもジョンスの母だって気づいて。でも・・・ジョンスは母が自分から名乗ってくれないかぎり、ジョンスからは何もできなくて、かなり悩んでるよ。

ドホンは、軍隊(軍医)に行こうと考えるんだけど、両親に止められて。どうしてもジョンウォンとやり直したいドホンは、ジョンウォンの母に「助けてほしい」とすがります。

ジョンウォンの母はジョンスと話をつけようと、ジョンスの部屋にいくんだけど、そこにはユニが・・・すっかり誤解しちゃったよーーーー!!帰って来た母にジョンスの事をなじられたジョンウォンは、ジョンスの元に行こうと家を出るんだけど、家の前にはドホンがーー!




第十話

あああ。。。。ドホンがジョンスが同級生だって気づいちゃったよー。なのに有名人だった自分に知らないふりをしてたことを不振に思い始めちゃって・・・・まさか医師免許が?と考えはじめちゃったよー。

8歳の、ジョンスとジョンウォンが仲良くしてた患者のミンスが容態急変で手術に。院長も執刀したんだけど、結局ミンスは助からず・・・(T-T) ウルウル 手術の時、父親は消防士で連絡がつかず、もう時間を争う状況だったから、ジョンウォンが「責任をとる」と言って、手術をしたんだよね・・・それが失敗してしまって・・・

手術後、すぐに対策会議をする医師たち。ジョンスは「こんな会議をする前に、霊前に花をささげるなり、するべきじゃないのか」って抗議して・・・案の定、会議が終わると駆けつけた父親が抗議をしてきます。しかし・・・ジョンスは誠心誠意の医療行為を熱弁し、ジョンスに、ミンスが生前良くしてもらってたことを知った父親は、ジョンスの言葉を信用して、裁判沙汰にならずにすんで・・・

一段と院長はジョンスを気に入って、免許がないのに「免許をとれ」と車を与えたよ。

ひゃー。ドホンったら、島までいって、ジョンスの事を調べてるーーー!!近畿大学の教授の話でカマをかけたり、近畿大学の卒業リストを手に入れようとしてて・・・ジョンスが無免許だって気づいてきたっぽいーーー(汗)

それに、ユニも、2002年、2003年にジョンスが島に居る写真を見つけて、「やっぱりジョンスは大学にいってないんじゃないか」って疑いだしてきたよーーー!!!

ジョンスが院長と一緒に院長宅に戻ってくると、そこに、ジョンウォンの母に呼ばれたドホンが来てて。一緒に気まずい夕食を。その席で、いきなり母がジョンウォンには可愛い看護婦のお友達が居ると話をしはじめ、そんな母に失望したジョンウォンは家を飛び出してしまって・・・・・追いかけてきたジョンス。自分のせいで、ジョンウォンの家族がばらばらになりそうだと責任を感じるジョンスに、きゃー☆キスしたーーー☆





第十一話

ジョンウォンは母親に勘当を言い渡されて、本当に出て行っちゃったよー。それをジョンスに相談しようとするんだけど、ジョンスは院長に新しい施設の建設をまかされてるのと、ユニが病気で仕事を休み看病するため、ジョンウォンと話できなくて・・・ジョンウォンはユニとのことを理解しようとしてるんだけど、やっぱり気になるみたいだね。

ユニは、あの写真を見せてジョンスを問い詰めるんだけど、ジョンスは無免許医だって事を認めたよー。ショックを受けるユニ。全部父の死を無駄にしたくないからだと聞き、ジョンウォンの事は?と問い詰めます。しかし・・・ジョンウォンの事だけは本気だと知ってもっとショックを受けて・・・。

ユニの母はジョンスに「好きな人がいる」と聞かされ、ユニの事は仕方ないと思うんだけど、相手が院長の娘だと聞き、お金に目がくらんだにちがいないって言い張りだしたね。

ジョンスの母は。。。ジョンスに自分の事がばれて、清掃婦の仕事をやめちゃったよ・・・・。

あああ・・・ついにドホンが、ジョンスが近畿大学に行ってない証拠をつかんだ!!ジョンウォンがドホンの母に婚約解消の話をしちゃうんだけど、事実をつかんだドホンは自信たっぷりに、ジョンウォンは傷ついて戻ってくる宣言してたね。

ジョンウォンは、どうして母がジョンスを認めないのか聞きます。母は得体が知れないからって・・・それを聞いて、つい、ジョンスの父が病院で亡くなった事を口にしてしまいます。それを聞いた院長は、いきなり意見をかえて、「認めない」と言い出したよー。

その頃・・・ジョンスもまた、ドホンにばれたことに気づきます。二人の対決!どうして事実を知ってるのにばらさないのか聞くジョンスに「しばらく見守るつもりだ」と不敵の笑みで答えるドホン。そして、「同級生なんだから、名前で呼び合おうじゃないか」と、笑いながら言うドホンに、挑戦的に「ドホン」と呼び捨てしたジョンス。




第十二話

あああ・・・段々とジョンスのいろんなものが崩れて行きはじめた気がするよー(T-T) ウルウル

院長は、ジョンスの父の話を聞いて、ジョンスの才能だけ有効利用し、ジョンウォンとは別れさせようとたくらんでる。

ジョンスは新施設を、ホームレスの為の施設として設計してるね。でも、院長への説明は、セレブを対象にした快適なスパのある施設って事にして。

ユニはジョンスに「もうやめてほしい」と必死で説得するんだけど、ジョンスは「お前の言うとおりうざいうと思ってた。もう俺の人生に口出ししないでくれ。お前を女として見たことはない」って・・・・

そう聞いたユニは、ついにドホンと手を組む事にしちゃったよ・・・。ジョンスを取り戻す為に。

ユニの母はユニが見てられなくて、ジョンウォンに会い、ジョンウォンを責め立てます。それを見たジョンスは、ユニ母をとめて。。。。この騒動を知ったユニは「一段とみじめになるからやめて」って母を止めるんだよね。

ユニったら。。。どうしてもジョンスを取り戻したくて、清掃婦だった母にこの事実を言っちゃったよー!!実母に会い、今までの事を許すと言ったジョンスだったけど、母に「もうやめなさい」と、今やってることを止められ驚いて。どうして母に言ったのか、電話でユニを責めます。

「帰ってきてほしかったから」というユニに「俺の帰る場所はお前の隣じゃない」と言うジョンス。

傷ついたユニは・・・きゃー、ジョンスの元に行こうとしてるジョンウォンを捕まえて、「ジョンスは医者じゃない」と教えちゃったよーーー!!何も知らないジョンスは、ジョンウォンを待ってて・・・部屋についにジョンウォンが来たーーー!





第十三話

やってきたジョンウォンに「醒めて欲しくなかった夢」の話をしようとするジョンス。でも、ジョンウォンは、それを聞くのはまたの機会にして欲しいと言い、事実を知った事も告げずかえってしまっって・・・・・

ユニから、すべてをジョンウォンに話したと聞かされたドホンはジョンウォンの事を心配して・・・

次の朝、病院に来たジョンウォンは、まるで何もなかったかのように普通だった。そして・・・院長に事実を告げようとしてるユニを止めて、「彼を根拠のない噂で失落させようとしないで」とお願いして・・・何もなかった事にしようとするのかと、責めるユニ。

ユニはすっかり復讐の鬼のように・・・どうにかジョンスを取り戻そうと必死だったけど・・・ジョンスに「ユニの感情は愛じゃない。施設で一番最初に目があったのが自分だっただけで、寂しさから、自分の物を人にとられたくなかっただけだ」と言われ・・・やっとジュンスをあきらめる決意をするんだよね。そして、ジョンウォンに「ジョンスを頼みます・・・これ以上傷つかないように」って・・・

そう頼まれたジョンウォンは、過酷なお願いだと知りつつ、ドホンに「ジョンスを病院から追い出して」とお願いします。そこまでして・・・・ジョンスを傷つけずに病院から逃がそうとするのかとショックを受けるドホン。

そしてついに、ドホンが、ジョンスの計画を知ってしまいます。実はホームレスの為の施設を作ろうとしてる事を・・・・

ドホンはジョンスを呼び出して、「施設の事は自分がうまく進めるから、今すぐ病院を出て行ってほしい」と頼みます。ドホンは院長に対する恨みもあるし、自分がこれを進めるからって・・・ジョンスは、ドホンの事を、最近会った人の中で一番良い人だと思ってたから、ドホンの手を汚させるのが嫌みたいで・・・

ついに施設の認可が下り、ジョンスは休暇を取ります。これで・・・もう島に行ってしまうつもりなのかな??施設の設計図をジョンウォンに渡すよう看護婦に頼んで、病院の医療ミス隠蔽の資料をどこかに郵送してたよーーー!!

設計図を見たジョンウォンは、ジョンスの元にいって、「パパをだますために、ここに居たの??どこからどこまでが本当で嘘なの?一つでも本当の事があった?」と問い詰めるんだけど、ジョンスは「一つも本当の事はない」って答えて、ショックを隠しきれないジョンウォン!



第十四話

ジョンスに、ジョンウォンを利用しただけだと言われたジョンウォンは、ショックで人が変わったようにジョンスを深く恨みます。

ジョンスの設計した施設が違う設計図に変わった事を知った院長は激怒!それを撤回しようとするんだけど。。。なるほどねー。あの時ジョンスが投函した資料・・・・一個は何かあったときの切り札としてドホンに送った医療ミスの資料。でも・・・これを世間に発表せず、ドホンにだけ信用して送ったんだね。

そしてもう一個は、その施設のすばらしさをたたえた資料をマスコミにばらまいたんだよね。院長は施設の建設を白紙に戻そうとしてて、融資を言ってきてた(例のドホンの父の製薬会社を蹴って契約した)高級製薬会社も、融資を撤回するって言ってきてたのに、マスコミで公表され、それが絶賛されたから、もう引くにひけなくなったって訳。

院長ったら、この立派な計画を、マスコミにインタビューされて、「昔から、福祉の為に力をかしたかった」なんてきれい事を発表するしかなくて。ジョンスを訴えたかったのに、ここで、ジョンスが医師免許を持ってない事が分かって、無免許医をやとってたから、訴えるに訴えられないんだよね。

でも・・・激怒してる院長は人を使ってジョンスを探させてるよ。それを知ったドホンは、ジョンウォンに、「ジョンスが医療ミスの資料を公表しなかったのは、お前を守るためだって事がわからないのか?」って・・・・

それを聞いたジョンウォンは、ジョンスを探し出して、追っ手に捕まらないよう、ジョンスを車に乗せて逃げます。それにドホンも協力したりして・・・。

ジョンスはこれ以上、ジョンウォンを巻き込みたくなくて、車から降りて一人で行ってしまおうとするんだけど、ジョンウォンは、それを必死で引き留めてて。。。。我慢してたジョンスは、ついにジョンウォンを抱きしめ、「時間切れだ。もうお前を離さない」ってーーー!




第十五話

ベン医師は、ジョンスが心配でソウルにかけつけるんだけど、院長の娘と恋におちて逃げ出した事をしり、驚きます。なんとか助けてやりたかったけど、恋におちてしまって・・・もう手遅れなのかと心配するベン医師。

雨の中、山荘についた二人。雨に打たれて高熱をだしたジョンウォンを看病したジョンスだったけど、次の朝、元気にジョンウォンが目覚めると、無理をしたジョンスが高熱で意識を失ってて。献身的に看病するジョンウォン。

そのかいあって、元気になったジョンス。二人は一緒に、山荘で暮らすため、買い物に行くんだけど、買い物の途中でみつけた指輪をジョンウォンが欲しがり、それをジョンスが買ってくれなかった事からケンカに。すっかりふてくされたジョンウォンに、今まで渡せなかった以前買った指輪を渡したジョンス。感動するジョンウォン。そして・・・その夜二人は結ばれて・・・・

次の朝、眠ってるジョンウォンを起こさないよう、パンと牛乳を買いに行ったジョンス。しかし・・・追っ手につかまってしまって・・・・とある部屋に監禁されてしまいます。

ジョンスが連れさらわれたと知ったジョンウォンは、父の元に行き、ジョンスを解放するよう頼むんだけど聞き入れてもらえなくて。。。ドホンに頼み、あの医療ミスの資料を譲ってほしいって頼むんだよね。いくら何でも娘のジョンウォンがそんな事をしてはいけないって説得するドホン。

捕まってるジョンスだったけど・・・見張りが寝てるうちに逃げようと思ったら逃げれたのに、一人、心臓の発作で意識を失ってるのに気づいて・・・結局見捨てる事ができないんだよね。

全員を起こして、すぐに救急車を呼ぶ様指示を。そして・・・恩を売った彼らに携帯を借りて、ジョンウォンに「自分は大丈夫だ。急患が出たから、病院に行くのでそこで会おう」と連絡を。

あああ・・・でもこれって院長の罠だったんだよね。院長は病院に患者を受け入れないよう支持。それを知ったジョンスは、ドホンに電話をして助けてくれるよう頼んで。ドホンは院長の指示を無視して、患者を受け入れます。院長は、病院で拒否したら、ジョンスが医療行為をするのを見越してて、それを捕まえさせようと、警察に通報してたんだよ。

何も知らないドホンは、患者に応急処置をするんだけど、他に誰も手伝ってくれなくて、ジョンスが手伝うと言うのを断らず、蘇生行為をさせてしまって・・・そこに警察がーーー!!

あああ。。。ジョンスは捕まっちゃったよ(T-T) ウルウル ジョンウォンが駆けつけた時には・・・もうジョンスが連れて行かれた所で・・・(T-T) ウルウル



第十六話

最終回・・・結末は分かってても、なんだかちょっと泣けたわ。

ジョンスがつかまって、拒食症になったジョンウォン。でも・・・彼女のお腹の中に新しい命が宿ってることを知り、生きる希望を見いだします。おろすよう言う母と決別し、ジョンスの母の元で子供を産むことを決意。

ジョンスは罪を償うため、保釈金を拒否し、ジョンウォンは、ジョンスを苦しめないため、妊娠をジョンスに告げないで・・・

そして四年後・・・出所してきたジョンスを迎えたのは、笑顔のジョンウォンと、息子ミンスだった。

結婚式をして永遠の愛を誓ったジョンスとジョンウォン。

ずっと疎遠だった院長だったけど・・・ガンで、その難しい手術が出来るのは韓国ではベン医師だけで。ベン医師は、ジョンスに島の所長を頼んでソウルの大學の教授になってて。。。てか、島の医師って医師免許なくてもいいんだろうか・・・・(???)

ベン医師に手術を頼んだことから、二人は和解し、院長はジョンウォンと孫のミンスにも対面して・・・

ハッピーエンドで終わって良かった♪良かった♪



注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。