まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

恋するハイエナ(全十六話)
第九話〜最終話


第一話〜第八話はこちら

 〜キャスト〜
キム・チョルス : キム・ミンジョン

イ・ジョンウン : ソ・イヒョン

イ・ソクジン : シン・ソンロク

チェ・ジンボム : オ・マンソク

チェ・ジンサン : ユン・ダフン

チャン・ソミ : パク・シヨン 


第九話

ソクジンにカミングアウトされたジョンウはショックを受け、チョルスの元で号泣。チョルスはジョンウが気になってきてるから心配で、問いただすんだけど、ジョンウはソクジンの秘密を言えなくて。そんなジョンウの為にマジックをしてあげるソクジン。行く宛のないジョンウをオンマの店に連れて行きます。「落ち着いたら、アメリカに帰る」というジョンウに「俺はどうなるんだ?」って思わず言っちゃったチョルス。やっぱりね〜(* ̄∇ ̄*)エヘヘ でも、後で誤魔化してたけど。

チョルスとジンボムとジンサンは、二人を心配してソクジンの元に行き、聞こうとするんだけど、ただソクジンは「ジョンウには幸せになってほしい」とだけ・・・・

ハンナったら、スヒョンに、ジンボムの局のPDを無理矢理紹介したよー。このPDが、エロくてスヒョンにべたべたしちゃってて。ジンボムは心配で仕方ないのよねー。

ジンサンは、自分のネット小説のファンとファンミをするんだけど、カスみたいのが数名でがっかり・・・でも、その中に純粋そうな女子大生ミナがーー!!すっかりその気になるジンサンだったけど・・・オモ!!オモ!!ミナったら、実は高校二年生だったよーー。ジンサンが逃げ出した途端、「えんじょ○うさいされたってケイサツに言うぞーー」って叫びまくってるしw家にまでついてきて、ジンボムの前でも悪態ついて、ジンサンとミナは追い出されちゃった(笑)

でも懲りないジンサンったら、ミナに「一年留年してて、あと一週間で住民票がでる」と聞き、その気になってるし・・・すっかりパシリだよーー!!

ハンナとジンボムとスヒョンとエロPDがダブルデートするんだけど、もうエロPDが下品でエロくて・・・必死でこらえるジンボム。でも、帰り道、別の道にいき、スヒョンを襲おうとしたエロPDを、ジンボムが探し出してぶんなぐったーーー!!

ソクジンは、やっぱり・・・ジョンウが気になって仕方ないんだよね・・・でも、会うべきではないと思ってて・・・しかし我慢出来ず、チョルスの実家をこっそりのぞくんだけど、食堂で笑顔で働くジョンウンをみてほっとします。そこにチョルスがー!!ジョンウと仲良くしてるのを見て・・・きゃー☆ソクジン複雑そうーー!






第十話

まさに今回は、愛はタイミングだーって話だよね・・・。

ジンサンは、ミナに、誕生祝いにVITTONのバックがほしいとせがまれ、ジンボムからお金やカードをぬすもうとしたけど、見つかり、結局偽物を本物のふりしてプレゼントします。でも、ミナは最初からプレゼントを現金化するのが目的で、質屋で偽物だと言われたといって激怒!!これで二人は終わったと思ったのに・・・・飲みに行った店で男を相手してるミナを発見したジンサン。ミナにやめさせようとするんだけど聞く耳もたなくて・・・後をつけてみると・・・実はミナ・・・オンマは家出して、アボジが病気で、その薬代を稼ごうとしてたんだよね・・・・

それを知ったジンサンは、ミナに説教を。ミナは今まで説教してくれる人なんか誰もいなくて・・・そんなミナにお金を渡し、「夢をあきらめるな。卒業したらテレビ局で就職できるようにしたから、がんばれ」って・・・ってか・・・ほんとに就職できるの??お金・・・どこから??資料集めって言ってたけど・・・・アルバイト探してあげたのかな?それとも??でも・・・ジンサンも良いところあるねー。

ジンボムなんだけど、大学生の頃毎日花をスヒョンに贈り続けてたのね。。。名前を明かさないで・・どうもスヒョンもジンボムが気になってたみたい。そして・・・99本送り100本目のある日、花束を贈り、愛を告白しようとしたら。。。。チョルスが、先輩(スヒョンの離婚相手)を連れてきて、ジンボムの目の前で告白し、スヒョンにキスしたーー!!これがきっかけで、スヒョンは、卒業と同時に結婚しちゃったんだね・・・・先にジンボムが告白してれば・・・いや、チョルスが余計なことしなければ・・・・。結婚式前日に、スヒョンが見たかった雪景色をみせようと、教室の窓に雪の装飾をしたりしてあげて・・・・

エロPDの事でスヒョンは、そんな事しなくていいって・・・エロPDに、ジンボムは釘をさしたのに、こりずにスヒョンにまた言い寄ってたけど、スヒョンは自力で撃退してたー。でも・・・スヒョンの心の中にもまだジンボムがいるのねー。

そんな中、ジンボムの制作してる看板番組に盗作疑惑が!!このせいで、減俸に左遷を余儀なくされたジンボム・・・しかし・・・それを助けたのは、ハンナだった。ハンナの父が筆頭株主だったんだよね・・・。ハンナの方から別れを切り出したのに、俺をばかにしてるのか?と、ハンナの元にいったジンボム。しかしハンナは・・「心配だったから・・・自分から別れを切り出したから連絡することができなくて・・・でも、心配で気が狂いそうだったから」と泣いて・・・それを抱きしめたジンボム。

チョルスは、いつまでもソクジンを忘れられないジョンウを思い、ずっと守り続けてて・・・キスのタイミングは邪魔されたけどね(笑)そんな中・・・ソクジンが、不眠の上、無理に仕事をしすぎて倒れてしまいます。ソクジンの元に駆けつけたジョンウは・・・自分のせいでこうなったと思い、アメリカに戻ることを決めます。チョルスは、どうしても行くな!!って言い出せなくて・・・空港まで送り、最後の最後についに告白する決意を!!そして渡米を止めるつもりだったのに・・・言おうとした目の前に、突然ソクジンが現れ、ジョンウに「行くな」と言い、ジョンウを抱きしめたヨー!




第十一話

ジョンウンがソクジンの元に行き、すっかり恋煩いのチョルス。ジンサンったら、酔って「ジョンウン」って言ってるのを聞いて、放送作家の似た名前のブスが相手だと勘違いし、ジョンウンにまで言って、その女を連れてきちゃうし(爆)違うのにーーー!!その上、振られて(爆)ジンサンに連れられ、キャバクラに行くんだけど、そこでジョンウンにそっくりな女と出会います。

ジョンウンに「努力する」と言ったソクジン。ジョンウンは一緒に寝たりするんだけど、ソクジンは全然で・・・。ゲイ仲間の社長に、ゲイの気持ちを聞きに行きます。ジョンウンはゲイパーティのはがきを見て。。。こっそり行ってみます。でもそこで、言葉にならない衝撃を受けて・・・家に帰るとソクジンが誕生パーティの準備をしてて。ゲイ社長に、「スキンシップが必要だ」とアドバイスされたジンボムがせっかく抱きしめたりキスをしようとしたのに・・・パーティの事を思い出して、拒否してしまったジョンウン。

ジンボムは・・・気後れなのかな??ハンナと寝ても立たなくなっちゃって、かなり悩みます。ハンナは、もしやスヒョンのせい??とスヒョンに会いに行くんだけど・・・スヒョンは「他に好きな人がいる」って・・・「学生時代、99本のバラを送り続けてくれた人で、結婚前日に雪を降らせてくれた人」だってーー!!ジンボムじゃんー!!

ハンナに済州島旅行に行こうと誘われたジンボム。意を決して、行く事に。ジンサンのあのゲテモノ乾燥精力剤(笑)をこっそり全部平らげて!!でも・・・そのせいで食中毒になり、済州にはいけないし、ハンナには盗み食いがばれるし。

ジョンウンは、ゲイ社長の暖かさにふれ。。。偏見がなくなってきます。そんなジョンウンに、ゲイになった理由を話すソクジン。ジョンウンにキスをしようとするんだけど・・・ちょっと逃げ腰のジョンウンに気遣い、おでこにチュって♪でも、それをチョルスとジンサンが見ちゃったー!!!






第十二話

チョルスの気持ちがジンサンとジンボムにばれてしまいます。二人は、忘れるべきだ、こんな事はいけないと忠告して、チョルスは、ジョンウを脚本の仕事から解雇します。ジョンウはどうしてチョルスが急にこんなに冷たくなったのかと悩んでて・・・

ジンサンとヒソンが偶然出会います。オモ!!この二人だったらお似合いじゃんって思ったけど・・・同業同士(笑)、決してまじわってはいけないと、互いに言い合う二人(笑)でも、ホテルでたまたまお互いデート中にバッティングして、互いの相手が酔いつぶれてたから、二人でHしちゃったー。クールな関係だから、その後の約束は無いんだけどねー ̄m ̄ ふふ

ハンナから、調合してもらった薬を飲むジンボム。でも・・・どうしても立たなくて・・・・。しかし、酔ったスヒョンにもたれかかられて、元気になっちゃってて(笑)はだけたブラウスのボタンを閉めようとしたら、ボタン外したと勘違いされちゃった・・・

スヒョンの店にハンナと言ったら、スヒョンは他の男と親しそうで・・・「彼が、バラと雪をプレゼントしてくれた人かな?」と言われます。ジンボムは気になって、スヒョンに「その男が本当にバラや雪をプレゼントした人なのか?」って問い詰めるんだけど、スヒョンは「こんな事、私にもハンナにも失礼よ」と言い・・・

ひゃーー!!スヒョクが行方不明だよー。CMや映画の違約金でハサン寸前で、カジノでも大損して、離婚もすることになったってー。ジョンウは、ソクジンに、探しにいってあげてと言います。でも・・・ソクジンと電話がつながらないし、酔って部屋の暗証番号を変えようとし、間違って部屋から閉め出されちゃったジョンウ。

チョルスは、ジンボムのすすめで、ハンナの友達を紹介してもらうんだけど、なんと相手は、前、ジンボムを誘惑して襲ってたヨンアだったーーー!!焦るジンボム。チョルスは、魔性の女ヨンアの誘惑にも全然無関心で、結局、一人ソクジンを寒空で待ってるジョンウが心配で、店を飛び出して行ったヨー。その頃、ソクジンも、スヒョクと最後の別れをして、待ち合わせに向かってるところで・・・ひゃー!!今回はチョルスが先にジョンウの元に!!震えながら待ってるジョンウを見て。。たまらず抱きしめちゃったよーーー!!これ・・・もしかしてソクジンが見ちゃうのかな?

ジンボムは、ハンナに男性用の神経外科をすすめられ。。。正直負担で。でもハンナのために予約をしようと電話するんだけど、ペアの名前を間違って「スヒョン」って言っちゃってーー!!激怒するハンナ。ジンボムはついに。。。「昔の気持ちがこんなに深い物だとは思わなかった」と告白し、ハンナに別れようって言ったよー!




第十三話

チョルスの番組に新しい放送作家が。この作家がジンサンをバカにした上、チョルスが自分を選んでくれなかったので、、ジンサンは怒って番組を降りてしまって・・・。チョルスが必死でご機嫌を伺うんだけど、ジンサンは許してくれず・・こうなると、またまたチョルスの不運のジンクスが始まって、放送作家は怪我するし、悪いことが続いて誰も手伝ってくれなくなって・・・そんな中、ジョンウが、手伝いに来てくれます。チョルスは、ジンボムに「会えないくらいなら、せめて側にいるだけでも・・」って。切ないねー。

ジンボムはハンナに別れを切り出したんだけど、ハンナは「決めるのは私だ」と言って、差し入れしたり、勝手に家に来て掃除したり・・・・。でも、ジンボムの部屋にあった100通目のバラと一緒に送るはずだったカードと同じカードがスヒョンの家にあるのを見て・・・100本のバラの相手がジンボムだと知ってしまいます。そして・・・ハンナは自分から別れてあげます。

ジンサンは、結局ヒソンと付き合いだしたよー。ヒソンの提案で、恋愛相談サイトを二人で始めます。これがなかなか順調で。

スヒョクの離婚した嫁が、離婚原因はスヒョクがゲイだったからって告白しちゃったー。

そっか・・・スヒョンは、手紙の主がジンボムと知ってた訳じゃなく・・・ジンボムだったらいいのにって思ってたんだね・・・そして・・・当時の教授の話で、ジンボムだったと知って・・・それだけで幸せだと・・・思い出にしようと、大事なカードを焼いてジンボムを忘れようときめます。

うわーーー。スヒョクの元嫁が、ソクジンの元にきて・・・チョルスの目の前で、ひっぱたいたーーー!





第十四話

うわー。チョルスが、ソクジンがゲイだって事知っちゃったーー!!ジョンウの事を聞くんだけど「最初は、利用したけど、今は・・」と言った途端殴ったーー!!ジョンウンは、ソクジンがゲイなのを知ってたと言い、強いショックを受けるチョルス。そして・・・今はソクジンが自分を好きでいてくれて努力してくれてて幸せだと言うのを聞き、ジョンウンが好きだって告白しちゃったよーーー。でも、ジョンウンは「何も聞かなかった」と言い、逃げ出しちゃって。

ソクジンのオンマの具合が急に悪くなって、峠は越えたんだけど、危ない状況で。オンマはソクジンにジョンウンと結婚をすすめ、アボジも、結婚を勧めます。

ジンボムは、意を決してスヒョンに10年越しの告白を!でも・・・スヒョンは止めれるところで止めてほしいと言います。そして、自分にはジヘという娘が居て、娘を呼んで暮らしていくことしか、今、目的はないって。一瞬驚いたジンボムだったけど、子供がいても関係ないと言います。でも・・・スヒョクは受け入れられなくて・・

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆ジンボムは、ジンサンとヒソンが恋愛相談のサイトをやってると聞いて、ハンドルネームで相談を(爆笑)アメーバー作戦、スパイ作戦・・・でも、スヒョンは、言い先輩で居たいって・・・

ソクジンの事で悩み続けてたチョルスは、男の友情の番組を作ってて、ソクジンを思い出し、飲んで忘れようとするんだけど、後ろの席の男達がスヒョクがゲイで 気持ち悪いと言ってるのを聞き、むかついてケンカうったりして・・・結局、ソクジンのオンマの見舞いにいき、ソクジンに「ジョンウを絶対泣かせるな」と約束し、自分がジョンウンを好きだったことも告白して、ソクジンのゲイの事は俺たちの秘密だと、男の友情を誓い合います。

そして・・・今まで通り「でんでん虫」と「ヒル」で友達じゃダメ??と聞く、ジョンウンに、「当たり前だ、俺たちはでんでん虫とヒルだ」ってー♪良く言った!!がんばったね。チョルス(T-T) ウルウル

ついにジンボムが相談者だってジンサンにばれたんだけど、おおーーー!!さすがジンサンだ。そうと知ったら、二人がうまくいく方法を教えてあげて。ジンボムとスヒョンが抱き合ったよ〜☆



第十五話

スヒョンと付き合いだしたジンボム。でも、実際にジヘを見て、戸惑います。実はジンボムは子供が苦手なんだよねー。必死で児童心理の本を読んだりして。必死で努力してたんだけど、一緒にドライブ行った時、ジヘがおかしやジュースをこぼして、潔癖性のジンボムはつい怒鳴りそうになり・・・・。最後にはゲロまで・・・。必死で取り繕うジンボムだったけど、スヒョンは、やっぱり無理だって思うんだよね・・・それでもめげずに、スヒョンの店にいって、手伝いをしたりして努力するジンボム。しかし・・・・あああ・・・ジンボムの両親に娘の居る女と付き合ってるってばれちゃったよーーー!!

ジンサンはヒソンの自由恋愛に段々嫉妬を覚えてきます。でもヒソンは、クールに、嫌だったら新しい男をとるって言うから。。。一妻多夫制がトレンドだって、ご機嫌取ったりして。そういいつつ、気になってヒソンのデートをつけて見つかったりしてるwそんな二人のサイトが人気だから、本を出さないかという話がーー!!なんと3000万ってーーー!!

仕事に追われ、オンマの還暦祝いを忘れてたチョルス。当日思い出すんだけど、大事な仕事が入ってて・・・トラブルもあって、なかなか実家に行けず、やっと行ったら・・・仲間が先にお祝いしてくれてたよ。旅行を延期してくれたり、用事をキャンセルしたりしてくれて。いいねー。こういう仲間って♪

その旅行なんだけど、実は、ソクジンが、ジョンウにプロポーズするつもりで旅行に誘ったんだよね・・・。オンマの為にも、結婚を決意したソクジン。しかし。。。。ソクジンとスヒョクが空港で抱き合う写真が、ジンボムに送られてきて・・・。ジンボムは、スヒョクの恋人がソクジンだと知らないから、スクープだって色めきだってて。チョルスはどうにかしようと、情報提供者に、お金をもっと渡すから、写真を自分に渡してほしいと頼みます。それがジンボムにばれて・・・・激怒するジンボム。自分をかばって、チョルスがそうしてくれてると気づいたソクジンは・・・ついに仲間皆の前でカミングアウトをーー!!

潔癖なジンボムは、怒ってソクジンを部屋から追い出します。しかし・・・チョルスだけ知ってて、自分を騙してたことは、まだ怒ってるけど、結局ソクジンをかばって、ガセネタだったって報告してくれたよ。

ついに旅行に行ったソクジンとジョンウン。ソクジンが指輪を渡そうとする度に、何も知らないジョンウンは、イヤリングをなくして騒ぎ出したり、口の中が辛くて騒ぎ出したり・・・タイミングわるいよ。そして、しゃわーをすませたあと・・・きゃー☆ムードたっぷりに部屋をかざったソクジンがジョンウンにキスした〜♪




第十六話

あー。面白かった!ハッピーエンドだったねー。

ソクジンは結局ジョンウンを抱けなくて・・・ソウルに戻ると、母は危篤。でも・・・そのとき、母が、本当は全部知ってて、ジョンウンとだったら、もしかして変わるんじゃないかって期待してた事を告白します。そして、ソクジンに素直になっていいって。それでも、大切な息子だからって。父も、息子だから、一生守ってあげるって言ってくれて・・・。

母が亡くなった後、父はジョンウンに、本当に嫁になって欲しかった気持ちを伝えます。そして、嫁がダメだったら、娘になって欲しいって。頷くジョンウン。

ジンサンは、ヒソンに本気で恋しちゃって。本気になったからこそ、ルールとして別れを選びます。でも、ヒソンもまさかそう来ると思ってなくて。別れたっぽいけど、この二人、うまくいきそうな気も♪

ジンボムは両親に大反対されます。それを助けたのはジンサン!「こいつは不能でタネなしなんだ。バツイチでも、相手が居るうちに結婚させないと」って(爆笑)

でも・・・スヒョンは、ジンボムに「元旦那とやり直す事にしたから、釜山の実家にいく」と言います。引き留められないジンボム。そんな中、ジンボムがジヘと一緒に居るとき、ジヘが具合悪くなって・・・・洋服に吐かれても、怒りもしないで必死で病院に連れていってあげて・・・

このことでジヘの心が開き、「オンマはパパと連絡なんかとってない」って内緒で教えてあげます。それを聞いたジンボムは、10年前と同じように、教室にスヒョンを呼び出し、告白を!「雪が降ったら、一緒になろう」と言ったとき、外に雪が・・・もちろん、それはチョルスとジンサンとジョンウンがやってたんだけど、奇跡の様に本当に雪が降り始めて!!

ジョンウンは、アメリカに戻ることを決意します。ジョンウンは「立派な医者になること」、チョルスは「格好良いPDになること」を誓い合って・・・。アメリカに向かう飛行機に乗るため空港に。どこかで見てるソクジンのため、笑顔で旅だったジョンウン。

そして1年後・・・

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆こんな落ちがーーー(爆)ここだけ秘密にしておこっと〜♪是非是非続編希望だよ〜♪




注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。