まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

ザ・キング・2・ハーツ(全二十話)
第一話〜第八話


第九話〜第十六話はこちら

第十六話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
キム・ハンア : ハ・ジウォン

イ・ジェハ : イ・スンギ

キム・ボング : ユン・ジェムン

イ・ジェシン : イ・ユンジ

ウン・シギョン : チョ・ジョンソク

第一話
1989年。大韓民国 新宮。当直秘書ですの声、人物は似ても似つかないけど声がジソに似てると思って見始め、初っ端から、ミサ(ごめんね、愛してる)のカルチじゃん??大人になったなーー!!世子陛下って呼ばれてる。王制が廃止されてないって背景なのね。
まさにこの年は、ベルリンの壁が崩壊した日・・・。韓国でも南北の戦争が勃発か・・・

ワオ・・・カルチがジェハかと思ったら、ジェハの兄ジェガンなのね。
王制が残ってるとはいえ、皆が畏れ敬うって感じじゃないのね。うちのアボジの寄付金でお前は暮らしてるんだといじめられるジェガン。それを気丈に助けようとして、ジェガンの同級生にボールペンで刺されたジェハ。
兄は王になる人だから助けたと言うジェハに、そうなったらジェハが王になればいいというジェガン。絶対に王なんかになりたくないというジェハ。反省しろと閉じ込められた教室の窓に人影が・・・・「IamKING」と書かれる文字。え??この文字描いたの、誰??気になるーーーー!!

そして23年後。もうイ・スンギの登場だね^^兵役中のジェハ。完全問題児って感じね。
その頃宮では・・・。えええーー!!このおっさんがカルチの将来??ジェガンが国王として、南北将校大会(16カ国の将校たちが技量を競うWOC)で、南北の将校が単一チームで参加することになったと発表。

この大会に北の代表として出るのが、女性一号将校のハンアってわけね。すごく強いわー。

キスの経験もないハンアは、良い感じの相手がいて。ついに五回目のデートまでこぎつけ、手をつなぐことが出来、念願のキス・・・ってシーンで・・・ぎゃはは。相手の顔をがしっとつかんじゃったよー。このせいでふられちゃった。
この世界将校大会も、ただでさえ女性一号将校ってことで、怖い女だと結婚できそうにないのに、こんなものに出たらもっと結婚できなくなるーと、上官の勧めを拒否してたんだよね。

でも、上官は、結婚できないのはそのせいじゃなく、お前の性格のせいだって(爆笑)ハンアの人生の相手を責任をもって見つけると上官は約束し、ハンアを世界将校大会に参加させます。

ぎゃはは!!ピとか、カン・ドンウォンとかチョ・インソンとか、看板をみるたび、軍人(兵役)としての今の状況を分析し、興味津々のハンア。一緒に訓練できるかも〜♪って。ヒョンビンを見つけて、彼と一緒に訓練しますーって(笑)

世界大会で三位までになれば、党が結婚に責任を取るって言われてるのね。それも、好きなタイプが見つかるまで、千回でも、チャンスをくれるって(笑)

ハンアの父は、国のエライ人みたいね。国王と将校たちを面会させてたし。ジェガンに会い、挨拶するスンアと、ほかの将校ヨンベ、ガンソク。ハンアは、軍人に会えるのはいつかとそっちを気にしてて(笑)それを聞いた王ジェガンは、「明日会えます。その軍人の中の一人の目がさめるようにしてください。困った奴でね」とお願いを。ジェハのことねー。

ダメダメ君だけど、王の弟ということで、名誉将校として除隊することになったジェハ。名誉将校の書類にご機嫌でサインするんだけど・・・ひゃー、密かに南北将校単一チームに入る契約書にサインさせられてたみたい!!

新宮に帰ってきたと思ってたら、いきなり、「王弟を南北単一チームに参加させる」という兄ジェガンの声明映像を見せられた!!

必死で兄に抗議するジェハ。王として、南北平和のために必死にがんばる兄に、「今はもう朝鮮時代じゃない、21世紀の王族なんだ。俺達は・・・ただの飾り物なんだ」「大韓民国公式指定マネキンだ」って。

ジェガンは、税金のお返しをするべきだ、成人男性の52%がジェハを宮から追い出したがっているというデータを見せ、説得を。ジェハたちのオンマは、ホームレスに食事を提供してるらしい。ジェシンは非主流文化の後援をしてるって。「お前は国民の税金をもらいながら、何をしているんだ」と痛いところをつくジェガン。そして・・・やらないなら宮から出ていけと。ジェハは王室を出ていくと、一文無しの平民になるんだよね・・・。仕方なく参加することにしたジェハ。

おおおーー!!ついにNオンニがはまったというウン・シギョンが出てきたーー!!王室秘書室長の息子なのね。
どうしても参加したくないジェハは、全治に週間程の怪我をさせて欲しいとシギョンに頼んだりして。シギョンに銃口をむけられ、実弾なんか入ってないと思い、それを取り上げ撃ってしまったジェハ。

自分は根に持つタイプだから、お前は終わりだとシギョンを睨むジェハ。「ちょっとイライラしてたんです。でも、噂とはちょっと違いますね」と微笑して言い、去っていくシギョン。

ギャハハ!!北のガンソクと同室と知り、怖くて抗議しにいったジェハ。ガンソクは南のチーム長なんだね。確かハンアは単一チーム長だったね。

ひゃー。ガンソクとシギョンが同室に、そして・・・・ジェハとハンアが同室になることに!?

南と北のそれぞれ三人の将校の対面。南のもう一人はドンハって名前なのね。ハンアを見たジェハは「女将校だと聞いて期待した俺がばかだった」ってw「お尻にあざがあるでしょう」と誰もしらないジェハの秘密を言い、王室だからと例外は認めないと釘をさすハンア。

ひゃーー。ジェハったらシギョンの椅子を蹴って、シギョンを転ばせたりして幼稚だわ。双方自己紹介をするんだけど、ジェハったら、北の神経を逆なでするような発言ばかりして。ハンアはジェハを誰もいないトイレに案内させ、ボコボコに(苦笑)そこで特殊部隊のキム・ハンアだと自己紹介を。「国民の敵、イ・ジェハ。見たらただちに射殺せよ」と教わったと笑顔で!!





第二話
一生懸命がんばります!と命乞いするジェハに!冗談だと手を差し出すハンア。これですっかりジェハはハンアにびびったね(笑)

ドイツ、フランクフルトで父の危篤??の父を看病するジョン。これがボング?ってこと?幼い頃、ジェハの前で「IamKING」と書いたのは彼ってことね。てか、気づかなかったけど、あのときジェハを刺したのも彼だったんだー!!父がクリスマスプレゼントでくれたボールペンで。弁護士を呼んで書いたと、ジョンをクラブMのオーナーにする書類を見せる父。はぁ・・・ペンの方には申し訳ないが・・・彼といい、ジェガンといい・・・このドラマ、イケメン率低いよーー(滝汗)

ジェガンも、このクラブMを気にしてる感じだね。紛争で暮らしを立ててる武器商人と表現してるよ。全世界に向けたロビー力も相当で、何をするかわからないって。WOCでもっとも打撃を受けるのが、このクラブMらしい。

ひゃーー!!父を慕ってる息子だと思ったのに・・・ジェハは、自分がオーナーになった書類を手にして、部下に父をころさせたーー!!!(驚)なんなんだ!!このおっさん(怒)

ハンアと同室になったジェハ。男のくせに大量に化粧品を持ってるジェハに使わせて欲しいと頼むハンア。ジェハったら、大量に髭剃りクリームを出してあげたりして(苦笑)

世界将校大会は今年で三回目。今回のスローガンはフェローシップ。同僚意識とチームワークに焦点をおいていると説明をするシギョン。ハンアが第一回の優勝者をジェハに質問するんだけど「宇宙防衛軍」だなんて・・・どこまでもふざけてるジェハ。

ひゃー!!会議の途中で、散弾銃をもった男たちが乱入してきたーー!!果敢に戦う南の二人と北の三人。逃げることしか考えてないジェハ(苦笑)まー、そうだと思ったけど、訓練だったのね(苦笑)

とっさの状況を話し合う単一チームのメンバー。さすがハンアとシギョンは冷静に状況を分析していたんだね。そこに「大事な事を忘れている」と格好良く前に立つジェハ。何を言うのかと思ったら・・・自分抜きで、敵から仲間を守れってw

そんなジェハに呆れるハンア。シギョンは同士の士気を上げるため、自ら苦しい訓練をして模範を見せるんだけど・・・ジェハの感想は、「あいつはキ○ガイだ。完全にイカれてる」だってーー(苦笑)

南北でそれぞれ2週間ずつの訓練が始まった。まずは北だ。ビビってるのを見透かされないよう強がってるジェハは移動中のバスの中で「お前たちの指導者は犬か?」なんてとんでもない発言しちゃうし、先が思いやられる・・・w

ジェハ以外のメンバーで庭でキャンプファイアーをし、歌を歌って楽しんでて。シギョンの歌声にうっとりするハンア。でも、ジェハが電話で邪魔をしてくるw原始人じゃないからそんなもん食えない、ドーナツはどこだってww

そんなジェハをこらしめるため、北の仲間二人にも手伝わせて、ジェハを毒針でアンサツする計画を話し合ってるのをわざと聞かせたハンア。

びびって、シギョンの元に行き、特訓するというジェハ(笑)感動するシギョン。ハンアと二人ですることになったと伝えながらも・・・毒針の事をなんとかハンアに気付かれないようシギョンに伝えようとするジェハ(笑)全然気づかないんだけどね。なんか・・・シギョンってクールなキャラだと思ってたんだけど、違う??(笑)

その頃南では、王室が北との婚姻を計画してるとの報道が。ジェガンは母に、そんな計画はないと言ったけど、実は、ジェガンはそれを計画してるみたい!!ハンアの父に、南で受け入れられるような資質をもった女性を探すよう頼んでて。

ハンアは、昔からの男友達の誘いを受け、期待に胸をふくらませて出かけます。昔・・・何年かたって、互いに一人なら一緒に暮らそうと言われたことがあるんだよね。約束の場所に入った途端に、大勢のチングの前で告白が!!喜んだのもつかの間・・・これは本命が来る前の予行演習だったんだよね(涙)
ショックを受け、帰ったハンアは、訓練中のジェハの元に。思わず泣いてしまうハンア。心配するジェハに、今日の出来事を正直に話すハンア。もう30歳なのに、このまま結婚できないんじゃないかという悩みまで。最初はまともに聞いてたジェハだけど、段々ハンアの高望みな理想を聞くのにうんざり(笑)
話の中で、ハンアが男(旦那)につられてWSOに入ったとき気、驚くジェハ。自分のなにが悪いのか知りたいというハンアに「目が悪いんだろう。俺にとってキム・ハンアさんは女だ。魅力的だ」といい、キスをしようとしたーー!!ごまかすハンア。ドキドキしちゃってて。

でもこれは、うぶなハンアを騙して自分の負担を軽くする作戦ぽくない??

その頃ジョンは、クラブMの新オーナーとしてのパーティを成功に終わらせてるよ。ブサイクすぎて詳しく書く気になれない(苦笑)でもジョン、まじで怖すぎる・・・。彼の報復は冷酷すぎだ・・(恐)

ジェハを意識するハンアに「なんでお前に男ができないか・・・固すぎるんだよ。たまには受け入れる方法も知ったほうが良いと、優しく肩をたたいて寝かしてあげるジェハ。眠ったハンアの首筋にジェハがキスをーー!!と思ったら、ハンアの夢か(苦笑)

次の朝・・・ジェハったら、メンバーだけじゃなく、食堂のおばちゃんまで、皆にハンアの結婚願望の話をぶりまいてたーー!!怒ったスンアはジェハの元に行くんだけど、結婚するためにWOCに来たって話してもいいのかと逆に脅迫!!俺の言うことを聞けって!!毒針もちゃっかりぬすんでるジェハ。

今朝は俺にキスでもされた夢でも見たのかと馬鹿にするジェハ。「どうしようかなー。俺、お前に何も感じないんだよ」なんてひどいことを。。。「お前は女じゃないんだ」なんて・・・。

第三話
まさか泣くとは思ってなくて、涙したハンアにちょっと驚くジェハ。

気を使ってハンアに声をかけるんだけど無視され続けるジェハ(笑)

ハンアはメンバーとの会議の中、自分には指揮官の資格がないから辞めると言い出します。男のためだったと皆に告白。ジェハは、ハンアを除隊させてやるべきだなんて言い出すんだけど、それを聞いたヨンベとドンハは、自分たちも私欲のために参加した事を告白。しかしガンソクは、統一のために来たから、ハンアの話に衝撃をうけたと言います。そこで「だから除隊させて・・」とジェハが言い出すんだけど、それを静止し、ハンアは自分の灰を自身で落としたってだけでも偉大な革命戦士の資格があると絶賛するガンソク。全員がハンアが指揮官であることを認め、ジェハのハンアを追い出す作戦は失敗に(笑)

もう無理な訓練はさせないとジェハに言うハンア。ジェハはハンアに、男に好かれる女の条件を教えます。、見た目、白痴美、理解心、愛嬌・・・・どんどん男の都合のいい女の条件をあげるジェハに「ところでその女性たちは、同志の事をすきなんですか?」と聞かれ、「王子じゃないかー」と得意げに答えるジェハ。

「それ(王子)を抜いたら、何が残るんですか?」ときつい一言。冷静で気配り細やかで理解心のある男・・そんなものジェハのなかにはない!!王子様ーってついてくる馬鹿女だって、いないところじゃ勘違いのあほ野郎だとあざ笑ってると痛い言葉。本当は、自分は馬鹿なんじゃないか、心底愛せる女に会えなかったらどうしようって怖く思ってるでしょう?といい、可哀想だって(苦笑)

「あなたには根性もないし、ヤル気も自尊心もない」と言われ、ハンアとの勝負に出るジェハ。何をするのかと思ったら、ランニングマシーンでどっちが長く走れるかの勝負なんだね。

そこで突然の爆発音!!ほかの練習所でランニングマシーンを使ってた訓練生が、マシーンを止めた途端、爆発して負傷!!

勝負の事を知ってるシギョンは、二人のもとに。サイレンの音をきき、止まろうとするジェハを静止し、止まると爆発する事を教えます。二人が走り続ける中バクダンの分析が。結局冷凍させて取り出すことに。凍るまで数時間かかるんだよね。皆で、頑張り続けるため、歌を歌って励まし合って。

もう限界をこえたジェハ。ハンアに教えてもらった通りの(軍人としての)走り方を朦朧とした意識の中で実践します。そしてついにバクダンが取り外されたよー!!

回復室で目覚めたジェハは、隣で寝てるハンアの髪をかきあげようとするんだけど、気づいたハンアに手を払われます。ジェハがバクダンを仕掛けたんじゃないかと言うハンア。ジェハは、上官の事情聴取に、こんな事をしたのは北に違いないと息を荒げます。

非公式で突然、王ジェガンに面会要請してきたジョン。どうせいつかは会わないといけないと、会いに出かけます。絶対ジョンって人格障害だわー。この軽い明るさが怖いwバクダンはジョンがが売ったものだったらしい。席を立つ王ジェガンに「なんでバクダンを設置したか気になりませんか?」って。在庫処理かなーなどと冗談めかして言うジョンに「父親も在庫処理だったんですか?」とつく、ジェガン。そんなジェガンに、名分のせいかもというヒントを与えるジョン。

そこに、中国と米国がバクダンを問題視しはじめ将校訓練所を調査するという連絡がジェガンの携帯に。全部ジェハの読み通りの展開になってるってことね・・w

の調査団が訓練所にやってきたー!!うわー。王子であるジェハの上官にどうして北のハンアがなっているのか。なぜ勝負を持ちかけて運動室に行ったのかというのが引っかかってるーー!!CCTVに泣いてるハンアの姿が残っていて、女てろりすとの使う武器が涙だってー!!着替えの入っている鍵付きのバックをあけろと命令されるハンア。屈辱を受けようとしてるハンアに昼飯を食いに行こうと手をとりバックを持って出ていくジェハ。このまま行ってしまうと韓国チームの参加を許さないと調査団から脅迫をうけるジェハ。

WOCはお前らのものか?なんで韓国が参加できないんだ?UN軍縮会議を正式に通過したのかよ。お前ら二人で決めたんだろう??Uはお前らのものか??だったらほかの60カ国は何なんだと言い返すジェハ。極めつけは、謙虚にすべきなのに、偉そうにしやがって「オセッカイの犬畜生め!!」とまで。

今度は謙虚にお願いした調査団の代表に「嫌だ。出て行け」といい追い返します。これって王子だからこそ物怖じせずに言える言葉だよね。皆、ちょっとジェハを見なおした感じだよ。王も、弟の話をきいて、嬉しそうだよ。

せっかく見なおしたのに、訓練中も自分の武勇伝を話してばかりのジェハ(笑)うざったいんだけど、こっそり聞こえないようにハンアはジェハにお礼をいってたよ。

ぎゃはは!!ガンソク、少女時代のティファニーにやられちゃってる(爆笑)可愛い(笑)ハンアに相談するんだけど、真面目に発言しあってて、笑える(爆)

ハンアの結婚なんてまだ早いと(もう30なのに)思ってたハンア父だったけど、ハンアの上官から、ハンアの悩みを聞き、悩んだ末・・・ハンア父はジェハの相手候補にハンアも入れたみたいだよー。

ジェガンはジェハと映像通信を。ハンアはどうかと聞かれ、ジェガンが第二夫人としてハンアを考えてるのかと勘違いし、義姉が可哀想だと激怒(笑)自分じゃなくてジェハの相手としてだと言われ驚きます。あんな奴を南の宮にいれたら、すぱいされまくりで、ジェガンなんか毒針でやられるって(苦笑)

同じ頃、ハンアも父からジェハの事を言われて。党からの推薦だと勘違いしたハンアは、千回でも探すと言ったのに、よりによってあの王子だなんてと文句を!!

怒ってたハンアだったけど、ちょっと心が揺れてるような(笑)でも嫌な思い出でうちけし、冗談じゃないわ!!って。ほかに南で誰かいないのかと父に聞かれたみたいで・・・シギョンを浮かべてるよ。

そしてシギョンの前でぶりっこしてるし(爆)それを見たジェハは、ハンアに雪をかぶせ、王室に嫁ぎたくて「嫉妬作戦をしてるんだろう」と、全部まるわかりだと言います。全然そんなこと考えてないハンアは「もしかして今、嫉妬してるんですか??そんなに私がすきですか」と冗談でいうんだけど、なんかちょっとドキッとした感じじゃない??ジェハったら(笑)完全嫉妬の顔じゃんーー(爆笑)



第四話
ガンソクの少女時代狂いをシギョンに教え、ばかにして笑うジェハ。でもシギョンはまじめに、ガンソクも混乱してるはずだから知らなかったことにしてあげるべきだと、その場を去っていきます。そこで、ジェハは、ランニングマンのケリの「ストレス!!」を(笑)

南の風習で、誕生日プレゼントなるものを受け取るガンソク。ドンハからは防水時計、ジェハからはなんだか薬。麻○クかもしれないから捨てろとガンソク(笑)そしてシギョンからは・・・ピンクのPC。中には・・・少女時代の動画が!!それも、お前の気持ちはわかってる・・・新しい世界への目覚めを歓迎するというメッセージが!!そうか、これは全部ジェハが仕組んだプレゼントだったんだー!

ジェハの仕業だと知らないガンソクは、シギョンに激怒。一緒にみたヨンベもガンソクに失望。

ガンソクがPCを叩きつけただけで、シギョンと殴り合いをしていないと聞いたジェハは、夜毎少女時代をみてるって噂をシギョンから聞いただなんて、煽る言葉を。しかし、こんな卑劣な事をするのはジェハだけだってガンソクは気づいてたんだね。怒りから、ジェハの首を締め上げます。人によって価値観は違う、自分にとって共和国がどれほど大事なのかお前にわかるのかって。

これをCCTVでみた要人たちがこの部屋に。結果・・・それぞれ北の者は南の者に、南の者は北の者に銃を向ける状態に。それを遅れて見たシギョンは、電話を。緊迫した中。。。少女時代の着メロが(爆笑)ガンソク??と思ったら、ジェハの携帯で、俺も少女時代のファンなんだ、ティファニーじゃないよって。

非常事態なので、天井から水をだすから、水がでたらすぐ伏せるようにと伝えるシギョン。その電話を利用して、歌手が好きかと聞いたら首をしめられ、委員のやつらは少女時代が好きだといったら銃をつきつけた・・・などとるに足らない争いだったと周りにわかるよう話すジェハ。そして・・・互いの差を無視したことは・・・謝ると言葉で伝えたよ。なんとかおさまったみたいね。

その頃、王ジェガンの元には、先日の件で、WOCから南北将校の参加を再度慎重に考慮するとの通達が届きます。なぜジェハを王室学校に行かせなかったのかと、思わず感情的になって、母を責めてしまうジェガン。なんか・・・理由があるみたいだね。それは何なんだろう・・。ジェガンは何をそんなに悩んでるんだろう・・・。

ジェハがガンソクとシギョンを争わせようと、プレゼントを入れ替えたと知ったハンア。プールにいるジェハの元にいき、ここで朝まで反省しろと、プールに鍵をかけちゃいます(笑)

そこにいきなり非常事態のサイレンが!!王子が危険だから助けるよう命令されたシギョンだったけど、敵に捕まっちゃった。プールのドアをこじあけ入ってきたーー!!水中にかくれたジェハだったけど見つかってしまって・・。

キムチョン地区の第二師団が南と小競り合いになって、宿所に攻め込んできたらしい。戦争がおこっちゃったんだーー!!ハンアに南のメンバーの責任を取るよう銃を渡す委員長。
ハンアたち三人は、捕まったジェハたち三人の元にいき、三人を国境の外に退避させろとの命令を受けたと伝えます。

自分たちと出れば大丈夫だというハンアに、銃を外せというジェハ。戦争が始まったのに、北の真ん中で北の軍人が敵の将校を助けるなんて信じられないというのが、ジェハを含め、南の三人の意見だ。シギョンは自分たちにも銃を渡せと要求。南のメンバーに銃をつきつける北のメンバー。実はこれ、危険を承知した上の訓練みたいだよ。メンバーは知らないけど。ジェガンまで見に来たよー!!

非常事態は、命令が変わることもある(退避させるという命令)から20分以内に移動するよう命令されてたから、言い争っていると南のメンバーを逃せなくなるかもしれない・・・だからハンアは銃を取り出して急かしたんだね。なのに、ジェハったら、相変わらずの態度で動こうとしない。ハンアはついに、銃をかまえます。外に出すよう言われただけだから、死んでいようが生きていようが自分には関係ないって。こんな緊迫した状況なのに、シギョンを連れ、トイレに行くジェハ。ハンアたちの裏をかこうとしたジェハ達だったけど、結局失敗。足をけがしてしまうジェハ。しかし・・・絶対に出て行かないといいはるジェハ。こうすれば信じてくれるかと、銃をジェハに差し出すハンア。これで、本当に国境に送ろうとしてるって信じるんだよね。

そして和気藹々と護送車が待っているという出口を出ると、そこには武装した軍人が大量に銃をかまえてて。ハンアに騙されたと思ったジェハは・・・ひゃーー!!ハンアを撃っちゃったーー!!そして自分のあたまに銃をかまえるジェハ。そこで「状況終了」のアナウンスが。目の前に現れるジェガン。「撃ったな」とジェハに。

これがジェガンの提案した最終評価だったんだね。「北は説得出来ず、南は・・・撃ってしまった。銃を撃ったということは全ての終わりを意味する・・・そうしたのは・・・私の弟だ」と言い、皆の前で頭を下げる王ジェガン。

ハンアは撃たれたことで(もちろん弾ははいってなかったけど)ショックを受けてるよ。当たり前だよね・・・(涙)

撃ったジェハに「だからお前はダメなんだ。何も考えてない。動物のように」と冷酷に言うジェガン。そして南北単一チームを深夜12時をもって解体することを命じます。相手は長年の敵なんだというジェハに、模範であるべき王族だからこそ乗り越えるべきだったと言うジェガン。

そういわれ、もともとの最終評価だった8時間で60キロをやり遂げるから、解体を取り消すよう言うジェハ。

護衛もつけずに一人で行ったと聞いたハンアだけど、ほっとけって。でも、結局かけつけたね。格好良く出たジェハだけど・・・やっぱジェハだーー!!甘すぎる!!委員たちがジェハの王族魂を認め、王族には危険だと止めてくれ、2キロ程度で終わるなんて考えてたんだね。迎えに車がきたと思ったら。。。朝7時34分までにテドン小学校の正門にくるよう決定がおりたとの伝言が(笑)位置追跡機まで渡されて。

シギョン達同じチームの仲間も一緒にやるとやってきたよ。ジェハったら、ハンアとシギョンが互いに気を使い合ってるのが面白くなくて??得意の毒舌。それを聞いたシギョンは、出すぎたまねをしたと反省し、王子の負担になりたくないから、見守っていますって、車でついていくことにしたシギョン達(笑)墓穴をほって、一人でいくことになってしまったジェハ。一人とはいえ、ハンアは一緒なんだけどね。

足の傷を痛がるジェハのため、痛み止めの針をうってあげるハンア。ジェハは、足を引きずりながら夜通し歩きます。そして、坂道から転がり落ちちゃったーー!!思わず日頃の不満を叫びだすジェハ。王室は神なのか!!!好きで王族に生まれたわけじゃない!!って。

もうあと25分。無理なのは確実だ。ハンアを撃った時、自分の胸もぶっ飛んだと話すジェハ。ハンアは、いい天気だと寝転がって。隣に横になるハンア。そして時間が過ぎるんだけど、評価はすでに終わってるのに、「王族だからだ」と、ゴールを目指し始めるジェハ。実は、まだ時間じゃなかったんだよね。あと25分とハンアがいった時、実はあと40分だったんだね。わざと嘘をついたんだね。約束の時間までに到着したジェハ。


第五話
単一チームは、世界大会に出場することができることに。大会前に、南のメンバーは一旦南にもどるのね。パーティの席で別れを惜しむメンバーたち。ジェハは先にジェガンと帰っちゃったのね。それを聞いて寂しそうなハンア。シギョンから、ジェハのプレゼントである化粧品を受け取ったハンア。ぶはは!!中身が空じゃんーー(爆)

ソウルに戻ったジェハ。ジェハが北にいっているとき、優しいジェガンに八つ当たりされたことですっかりジェハに対してふくれてるオンマ(笑)最後はちょっとはましになったと言ってくれた兄に、どうしても宮に入れたい人物がいるとお願いするジェハ。おおーー!!シギョンじゃん。王室近衛第二中隊長として辞令をうけ、宮にきたよ。ドンハも後で来るみたい。

シギョンを信用して、熱い情で呼んだのかと思ったら・・・自分の寝室の警護を命じ、マッサージさせたりして、以前の恨みをはらしてるよーー!!一番の恨みは・・・ひゃーー!!ハンアと楽しそうにしてた雪合戦??(爆)そして、60キロの訓練のとき、ハンアと仲良く話をしてたこと??嫉妬じゃんーーー完全に!!(笑)あの時、シギョンが勘違いをしたせいで一人で歩くことになっちゃったし、ずーっと応じのそばにいさせて、王子が何を望んでるのかわかるように育ててやるなんて言ってるよ。こき使いまくってるw

その頃ハンアは、父から、ジェハとの縁談は、党が持ってきた話じゃなくて、南の王直々の話だと聞かされます。王室が選んだ最高の美人なんだから、自信を持てと(笑)言う父。ハンアは、ジェハにもらった空っぽの化粧シナを見つめて・・・やっぱ、気になってるんだね。

しかしその頃、ジェガンは、WOCの女は・・・やっぱりダメだなと、嫁リストからハンアを削除したよー。北の美人との縁談をすすめられ、反発するジェハ。でも、ハンアを候補から落としたと聞かされ、なんだか複雑そうだねー。成り行きで、兄おすすめの、北で生まれたが留学をしてたという美人に会うだけ会う約束をします。

ハンアが脱落したときき、ジェガンの秘書室長@イ・スンジェに文句の電話をするハンア父。結局嫌味を言って電話を切って。ジェハとの見合いのため、きゅうりパックをしていたハンアだったけど・・・脱落の話を聞きショックを受けてるっぽいね・・・。もらった化粧品も捨てちゃった。なぜ、涙がでるのかわからないハンア・・。

見合い相手に会ったジェハなんだけど、なぜかハンアの話ばかりしてしまうんだよね。

ハンアは、南の放送をチェックして重要なニュースをピックアップする部署に。そこで、ジェハが見合い相手と外国で撮られた写真を見ます。写真が気になって、映像に集中できないんだけど、そこで「王弟、北の女性と結婚か」という速報テロップが!!

相変わらず見合い相手に、ハンアの話ばかりしてるジェハ。そこにいきなり、「王子ジェハと北の将校ハンアが結婚の約束をした」との速報が!!

この速報に驚いたのは、ジェハだけじゃない。ハンアもびっくりだし、ジェガンも知らなかったらしい。ジェハのオンマはこのニュースを聞いてショックで倒れちゃったよ。ひゃーー。ハンアが特殊部隊でアンサツを教えてたことが報道され、大騒ぎに。対象には王室も含まれていたって。

でたーーー!!ジョンの仕業かーーー!!

宮に、クラブMから応じの結婚祝いとして高価な指輪が。ジェガンはジョンの仕業だと気づいたみたいだね。

特殊部隊だなんて話にならないと、反発でもを始める市民たち。沈黙を守るべきジェガンだが、釈明をするという知らせがジェハの元に。駆けつけたジェハに、ありのまま話すと言うジェガン。問題が大きくなったらどうする、廃位の話まで出るかもしれないと止めるジェハに、そうなったら退位すればいいといい、行ってしまうジェガン。

うわーー!!ジェガンが会見をする前に、サッカー場に祝辞を述べるという名目で現れたジェハ。ジェガンが会見場に行くと、皆テレビに釘付けで。

ひゃーー!!これってジェガンが退位するのを防ぐためだよね??「私が、キム・ハンアさんを愛しました」とジェハが発表したーーー!!!国王に罪はない、北の自分をころそうとしてた女を愛してしまった自分の心に罪があるって。だからこれからは、自分を責めてくださいと言います。

これにより、死すら辞さない王弟の愛という美談に変わるんだよね。その報道新聞を投げるジョン。韓国に行くと言い出したー。こわいわー・・・w

相見礼をすべきじゃないかと言うジェガン。会って、「私も愛してます」なんて言われたらどうするんだ??あいつは俺を好きなんだぞと言うジェハ(笑)

一方ハンアは、相見礼などしないといい、好きだと言ったことは彼の嘘ですと、父や上官に言い張ります。今後は絶対に騙されないって。

相見礼を拒否されてると聞き、照れてもったいぶってるだけだと余裕のジェハ。でも・・・完全に通信をシャットアウトして拒否してると聞き、やっと嫌われてると気が付きます(笑)このままじゃ・・・・北の女に片思いして公開プロポーズまでしたのに公開で振られた大韓民国史上最高の恥ずかしい王族になるーー(大爆笑)!!

ハンアったら、拒否しながらも、何度も、ジェハが自分を愛してると発表した動画をこっそり見てるよ。ほんとは好きなんだろうな・・。でも、一度、軍人だからって脱落させられてるから、とても受け入れられないんだろうね。そんなハンアの姿を見つけたハンア父。

なんとか忘れさせようと、ハンアに話すんだけど、「会って、カタをつけてやる」と言い出すハンア。やっと受け入れてもらえた通信で、南側は、シギョンに説得させようとしてたんだけど、シギョンが頼む前に、会うと言い出したハンア。

ジェハは、シギョンが頼んだら相見礼をする気になったと勘違いしてて、面白く無いみたいね。完全に嫉妬ね(笑)相見礼にはシギョンを連れていかないって。

ハンアは、思い切り蹴ってやるつもりで相見礼に。ジェハも何かたくらんでるね。。。キライと言われたからねー。好きにさせてふってやろうとか思ってるのかな?

互いにタイミングを狙ってるからか・・・妙にぎこちない二人(苦笑)ひゃー。やっぱりその気にさせる作戦??サッカー場の言葉は本当だったって・・・銃で撃ったのも、とても愛しすぎていたからだって。極めつけに、携帯を忘れていって、その待ち受けが・・・ハンアだーー!!あまりにもわざとらしい作戦だと愚痴るジェハ。でも・・・純粋なハンアは、信じはじめたみたい。でも、父からの電話で、ちょっと初心を思い出したか??最高級に飾ったディナー会場でクラッカーシャワーを浴びながら、花束をかかえ待ってるジェハの前にやってきたのは・・・ぶはは!!ガンソクだ!!ハンアの伝言を伝えに来たといい「私はイ・ジェハ同志に何の感情もありません。この婚約はしません。残りの日程も顔を合わせたくないのでご了承ください」と、読み上げたーー!!

うわーー!!大恥だ!!恥をかいたからショックをうけてるというより・・・本気でショックを受けてる??



第六話
最終日の記者会見までに説得しないとと話すドンハ。しかし、ハンアは、大韓民国を侮辱した、なのに、合意してくれとひれ伏して頼めるか!!と、怒りをあらわに。こうなったらハンアを捨てるだけじゃ物足りないから、錯覚させてやる・・・一生ジェハが自分を好きだという錯覚のなかで、誰とも結婚できず一人で苦しんで死ぬようにしてやるだって!!!そして、ハンアが死ぬ直前に「お前なんか愛してなかった」と言ってやると決意を話すジェハ。

そのためには、最初愛させないといけないのに、関心もないって言ってるじゃないかと痛いところをつくドンハ。あと3日で愛させることはできるのか。シギョンに電話して、どうやってハンアをナンパしたんだーって聞いてるし(苦笑)

帰国したジェシン姫王女を探すシギョン。初対面は、金髪でどぎつい化粧をして、ライブハウスのステージで歌うジェシンだった。いいね〜♪新しい風だよー。ジェシン王女♪シギョンはジェシンが本物の王女だと気づいてないんだけどね。シギョンったら、王女の発信機を盗んだ不良女だと思い込んで、押さえつけたりまでしちゃったし。

タクシーで帰ると言ったのに、勝手に発信機で探しに来たこと、外見で相手を決めつけた事を叱咤するジェシン。しかし、王女も品がなかったと、物怖じせす言い返したシギョン。本当につまんないやつだと言うジェシン。

朝食の時・・ハンアと同席しないジェハ。ハンアはジェハが気になって仕方ないみたいね。

ジェガンのもとに、ジョンがソウル空港から入国するとの知らせが。入国したジョンの前に秘書室長が。国王は一日前に面会を申し出た一企業の会長と会えるような人ではないとし、クラブMのジョン・マイヤーは大韓民国の利益及び公共の安全を害する恐れがあるので来年3月まで、大韓民国への入国が禁止されたと伝えます。ブチ切れて、「大韓民国の王室は、ほんとに私のマジックがみたいようだな」って・・・怖い・・・怖過ぎる〜〜!!この冷酷な男と敵対して、ほんと・・・大丈夫なの???

ドンハを呼び出し、ジェハはショックをうけてて、帰国の会見まで姿を見せないほうがよいと言ってると聞き、心を痛めるハンア。ジェハは緻密にドンハに協力させながら、作戦を決行してるよー。ピアノ演奏をしてるところを見せるよう仕向けたりして。うまくアベマリアの連弾に持込み良い感じに・・・きゃーー!!キス??と思ったら、寸前でやめ、去っていくジェハ。ジェハってどこまでが本気で、どこまでが作戦なのか、よくわからないわー。これは完全に作戦ってことね。

ハンアはジェハのことが気になって、眠れないみたいね。今のところ作戦通りに行ってるので、次の作戦に出るジェハ。次の曲は「結ばれない愛」。USBを送るんだけど、そのUSBには、結ばれない愛の曲に乗せてハンアの写真を使った愛情あふれる動画が。次々とジェハとの思い出がよみがえるハンア。ひゃーー!!そして外を見ると、雪の中、ハンアの部屋の前をウロウロしてるジェハが!!こらえられず、裸足でジェハの元に駆け寄り抱きついたーーー!!

成功を祝うドンハに、一度も恋愛をしたことがないハンアにこれは残酷じゃないか・・・と言うジェハ。結婚じゃなく・・こっそり隠して愛人にするのはダメかなとか言ってるし(苦笑)ハンアをはめるつもりが、ミイラ取りがミイラって感じ??

悩んでたんだけど、まずは自分のことが先だと、作戦の続きのためハンアの元に。明日の記者会見では、一緒に婚約はしないと言おうと話すんだけど、ハンアは、婚約すると言い出したーー!!ハンアがあまりに真剣なので、「嫌だよ!!」と立ち上がります。これは全部芝居で、あっさり終われるよう知恵をしぼったんだと告白するジェハ。恋愛経験のないハンアに素敵な恋愛の贈り物をするつもりだったのに、全部台なしにしてどうするんだ。純情にも程があるなんて。

全部嘘だった、芝居だったと知り、涙するハンア。

記者会見会場。ジェハはハンアに、何もいう必要がないと話します。代理人がかわりに、二人はとても愛し合ってるが、国境の壁を超えるのは難しかったといってくれる予定らしい。

会見がはじまり、黙ってる予定だったハンアが一番最初に喋りだし、ジェハを愛してると言ったーーー!!婚約しますってーーー!!コメントを求められ、戸惑うジェハ。悩んだ末・・・「桃の花も梅の花も散り、つかの間の春の光は過ぎ去ってしまった。嬉しきかな 西のひさしに一晩中降り注いだ雨で清廉な芭蕉がひとつ芽を出しました」などと抽象的な言葉を発言。拒絶なのか承諾なのか、誰もわからない。実は、ジェハもわかってないのだから仕方ない(苦笑)

ジェシンがハンアの元に。自分はジェハのすぱいで来たと正直に話します。チェジュ島で何があったのかと聞くジェシン。女の心を弄んで冗談にならないと、ジェハを呼び出し説教するジェシン。おお・・・別の部屋でこの会話をハンアに聞かせてるのね。ジェハは、興味がないと、全く関心をもたない正確らしい。その気がないのに労力を使うような人じゃない、自分でも気づかない気持ちがあるはずだって。

全部ウン・シギョンのせいだと話すジェハ。ハンアはシギョンの前でだけぶりっ子だ、部屋を共有して苦楽を共にした俺がいるのになんで俺よりあいつなんだ!!相見礼には来ないといったのに、シギョンの電話一本で来たんだぞ!!頭の中でヒューズがきれて、気が狂うほどだったって(爆)それを聞いたジェシンは「そんなにあのオンニが好き?」といい、ハンアを部屋に招き入れます。

ジェハと二人きりになったハンアは、好きなのかキライなのかはっきり言うよう言います。自分はハンアが言うとおりクズで、自分のことしか考えられないんだって。たとえハンアが好きだったとしても、王族なのに北の女と結婚したくないし、楽な道を行きたいってことか??

ハンアは笑顔で、自分の人生をかけて復讐したところで自分が損をするだけだから、婚約はやめようとジェハに。愛し合っていたが、南北の事を考えてわかれたってことにしようと提案します。外国に行って結婚するし、WOCもほかの将校にかわってもらうといい、最後のあいさつを。クールに別れようと手を差し出すハンアに、打ち上げをしようと言い出すジェハ(苦笑)二人で酒を飲み、酔っ払って盛り上がる二人。

その頃宮には、現状に腹をたてたハンア父が!!!

ハンア父とジェガンと秘書室長が二人のもとに来た時・・・二人がキスをしてる現場ダーーー!!どうなるーー??これからーーー!!!

第七話
ハンアと会うジェガン。ジェハを好きになってくれたことに感謝し、今まで苦労をしただろう事をあやまります。婚約したらもっと辛くなるはずだけど大丈夫かと聞くジェガン。慣れるまで、ジェハがしっかりするまで、自分と分かち合って、自分の後ろに隠れたらどうだと提案してくれるんだよね。つまり盾になってくれるって。

一方、ハンア父と会うジェハ。好きでキスしたのか遊びでキスしたのかと聞かれ、酒をたくさん飲んでたし、双方合意のことだったと言い訳するジェハ。好きかキライか答えられないジェハに、かえってすぐに、南の王子が酒によって動物的本能で北の女を弄んだと報告すると言い出すハンア父。必死で止めるジェハ・・

そしてついに、ハンアとジェハの婚約の正式発表が。ハンアはこれから三ヶ月間、宮で妃教育を受け、大韓民国史上初の二重国籍者としてジェハと婚約する予定らしい。

なんか泣けちゃう・・・ハンア父・・・とても位の高い人なのに、ジェハの前で跪き、頭をさげて、ハンアの事を頼むんだよね(涙)ほんとにほんとに父の愛ってーー(号泣)そうだよね。ただ嫁になるだけじゃなくて・・・娘が南の人間になるってことなんだもんね(涙)

ジェハ母は、ハンアが気に入らないみたいね。ハンアは銀行を知らないどころか、小切手も知らないwこりゃ、大変だー(苦笑)いちいち表現が南では使わない、血なまぐさい言葉だったりするハンアに、わからないときは何も言わないほうが良いと教えるジェハ母。自分の何が悪いのか全くわからないハンア(苦笑)

ジェシンの警護をしてるシギョン。ジェシンに誘われ無理やり一緒に星に願いをすることになるんだけど、「世界平和と国の安保」を願うって・・・どこまで真面目なんだー(爆笑)軍人が国の安保を願って何が悪いんだ、その御蔭で王女は酒も飲めるし歌も歌えるのにどうしてそんなにあざ笑うんだと真面目に反論するシギョン。

それを聞き、心から反省した気持ちをこめて、歌をうたうジェシン。それを戸惑いながら聞いてるシギョンだけど・・不器用で・・・だけどジェシンを時々こっそり見つめる目が・・・なんかE〜♪

ジェガンが休暇中・・・秘書室長は、ビートルズ仲間Mr.クレイグから寄付をうける。Mr.クレイグは王の休暇先を聞き出そうとしてるよ。もちろん機密事項だと教えない秘書室長。部屋に戻ると、高価なビートルズのレコードが送られていて。受け取れないから送り返すと電話するんだけど、友情のしるしだといい、こんなものも政治的に捉えるなら、寄付も不当なことになってしまうと気分を害して言われ・・・。受け取ることに。これって後でまずいことに??休暇するならアンミョン島が良いってアドバイスしてたけど、まさか王がいる場所をうっかり言ってしまった??

ひゃーー!!ジョン登場!!案の定、アンミョン島の夕焼けの話を口にしてるーー(怖)

王夫婦が休暇場所に。敷地周りにはシギョンたちが厳重警備。しかし・・・ゆっくり過ごすため、建物には玄関以外CCTVなしという環境・・・。心配だー。大丈夫かな・・・

宮では、ハンアの言葉遣いや北の女らしい発言がネットに書き込まれて、王母がハンアを呼び出し説教を。ハンアは、どうして自分の言葉が悪いのかわからないし、北ってことがなぜ平民より下でひれ伏さなくてはいけないことなのか、理解できなくて・・・。ひゃー、王母は、ハンアに厳しいけど、ジェハの前じゃ理解のあるオンマになってて、ハンアがいびられてるってジェハは全く気づいてないwハンアが忙しくて、ジェハが用があっても会えない現実もあるんだけどね。

うわっ・・・うわっ・・・ジョンの手下が・・・いつもサツジンを実行してる手下が敷地に侵入!!王夫妻が外出中、暖炉の中に何かをいれてるよーー!!そこにジョンシンが!!奴らにつかまったーー!!

何も知らずに帰宅した王夫妻。買い物の袋をみてジェシンが来たことに気づきます。でも車がないから、帰ったと思ってて・・・。

ジェシンはシギョンと7時に約束してたんだけど、連絡がないのを不審がるシギョン。

やっとジェハに会えたハンア。王母に叱られた事をはなすんだけど、あんなおとなしいオンマが叱るなんてよっぽどの大罪をしたんだ、我慢すべきだなんて、ジェハはわかってくれないんだよね。共和国の事を話すハンアに、貧乏で食えもしないのに、自尊心が持てる分際かなんて失言をしちゃったよ。このことで、ケンカに・・・。落ち込んでるハンアに電話をして、ハンアを心配してくれるジェガン。

あああ・・・なんか嫌な予感・・・ジェガン・・・死なないで・・。気持よく酔って、ジェハに電話を。ジェハに自分の愛情をつたえ、ハンアとのケンカのことも、「広い心で余裕をもっみてみろ・・・そしたら天国の扉が開いて世の中の問題は全て解決する」とアドバイスを。

ジェハの婚約式が終わって、W終わったら、本当に自分の好きなように生きると妻に話すジェガン。待望の子供もつくるって・・。子供がうまれたら・・・って話を幸せそうにする妻。ソン・ジュンギのような息子はどう?という妻に、テヨン(少女時代・・どんだけ好きなんだ・・)のような娘がいいと答えるジェガン・・・

燃え盛る暖炉・・・幸せなまま、睡魔に襲われ・・・・アンデーーー!!

手下に捕まったジェシン。車での事故を偽装してころされることになったんだけど、自ら「墜落死なんてどう??」と崖から飛び降り、地面に落ちたーー!!!(驚)

そこに一台の車が。連絡がなくて心配してやってきたシギョンだーーー!!倒れているジェシンを発見したーー!!

近衛隊長がこの緊急事態を王に伝えようと静養地にきたら・・・・

公演中のジェハのまえに突然秘書室長がやってきて、王崩御の知らせを!!そしてひれ伏し、ジェハに向かって「国王陛下」ってーーー!!

死因は一酸化炭素中毒。ジェシンは手術中・・・下半身麻痺はまぬがれることができないっだろうって・・・

病院にかけつけたジェハに母は、どんなに急いでいたとしても、先王が崩御なさったのだから、礼服を着るべきだと叱咤。手をとりあい、「これからは二人で頑張らなければならない・・・自分は宮内を守るから、殿下は外の責任を負ってください・・・そうしてこそ、先王陛下の栄光が輝くのです」といい、ジェハの胸に倒れこむ母・・・・


第八話
まずは日省録から書くことになったジェハ。これは王の日記だ。先王の絵の前で、しゃべると録音されるのね。兄の絵を見ながら、開始のキーワードを「楽しいか?」終わりの言葉を「何を見てるんだ」って・・・兄の絵に語りかける言葉がそのまま設定されたよ・・・。

IQ187って本当??以前の冗談だと思うんだけど・・。とにかく必死で資料に芽を通してるジェハ。

秘書室長は、先王の亡くなったペンションの煙突が塞がれていた事を聞かされます。窓も半分しか開かなかったって・・・その上、暖炉の底に木炭が発見された事を。極秘の場所だったという話から・・・自分があの寄付をしてくれたビートルズ仲間にアンミョン島の話をしたことを思い出します。うわーー!秘書室長の携帯に、「手伝ってくれてありがとう」というメールが!!ショックを受ける秘書室長。

ジェシンの意識が戻ったーー!!でも・・・事故の時の記憶がないんだよね。下半身が麻痺してることに気づき、衝撃を受けるジェシン。

体調不良で休暇をとっていた秘書室長が出勤してきた。ジェハはに、先王は本当に事故死だったのかときかれ・・・先王の絵を見つめた秘書室長は「私が先王を死なせてしまった」ってーー!!全部正直に言うのかとおもったら、「安全検査をきちんとできなかった、自分の責任だ」って、そういう意味だったのね。ペチカと煙突、窓の検査をしなかったときき、怒りを表すジェハ。罰を与えてほしいと言う秘書室長に、潔癖症からそういうのか、ジェハがキライで補佐してもしかたないからそういうのかと聞くジェハ。秘書室長は、両方ですと答えたーー!!

罰を与えるといい、自分のそばでクズのような王を人間にしろと命令。秘書室長を突き放すには、俺はとても忙しすぎるんだって。

部屋を出た秘書室長の携帯に・・・ジョンからの電話が!!手伝ってくれてありがとうー、今頃王のもとに行き、辞めると話した頃だろう??核心は言えなかったんだろう?と全部お見通しだ。核心は、賄賂を受け取って情報を流したんだと言うジョン。あのビートルズのアルバムって、世界に1枚しかない1億5千万もするものだったんだね。その話を王にしなかった事自体が裏切りだというジョン。言葉巧みに真面目な秘書室長をたぶらかしてるよー。平和のためには解決すべきことがあるよね??って。

なんだかこのドラマで、ハンアの影が薄くなってきてるねー(苦笑)ジェシンの看病をしてるオンマを心配するジェハは、ハンアにジェシンの看病の手伝いをするよう頼みます。

ジェシンは足の感覚がなくて・・・足にクシをさしたりして・・・(涙)

見舞いにきたハンアだったけど、王母に帰るよう言われてしまいます。でも、風邪の薬をもらうとかうまく理由をこじつけて病院に残るんだよね。

王母が病室を外出してる間に・・・ジェシンは信じられないことに、不髄のせいで、大きい方をもらしてしまって・・・。誰にも助けを求められないジェシン。目の前のティッシュも自力で取ることができずベッドから落ちてしまいます。物音に気づき、部屋に入ろうとするシギョンたちだったけど、絶対に入るなとジェシンに命令されて。心配で心配でオロオロするシギョンたちの前にハンアが。入ったら死ぬと言っているジェシンだったけど、本当に死ぬ人はそんなことは言わないと、病室に入るハンア。

鍵をかけ、嫌がるジェシンを風呂にいれ、綺麗に洗ってあげて。オンマにしてもらうと言うジェシンに、王母が、自分の仕事のほかにジェシンの仕事までこなして、夜も寝られず薬を飲んでどれほど大変かということに気づかせてあげます。ウ○コくらい誰でもするんだとジェシンを叩きながら話すハンア。やっぱ・・・もともとジェシンは良い子だから、ちゃんと理解したよ。

王母が病室に戻ると、仲良く話しながらジェシンの足にローションを塗ってあげているハンアが。ウ○コを処理してくれたのと笑顔でオンマに話すジェシン。

王母は、ハンアを調理室に連れていき、王族の大好きな、昔大妃に教わった、嫁にしか教えないカキ料理の作り方を教えてあげるんだよね(涙)オモ!!初めて笑顔で笑い合ってるーー!!

ハンアの料理を囲んで仲良く食事する王母とジェハとハンアとジェシン。一人になると、ジェガンを思って涙する王母とジェシン。(涙)

そしてしめやかに行われる国葬・・・。ジェハになんとかつらい気持ちを吐き出させてあげたいハンアは、ジェハの予定をキャンセルさせて、好きな料理を用意し、ジェハの好きな白痴美の猛特訓(爆笑)イ・スンジェの出てたハイキックの動画じゃん(爆笑)

オッパー♪って呼んだのに、同級生なのに気持ち悪いって笑われて(爆)シークレットガーデンのセリフまで(爆)笑わせてくれるのはお前が世界一だって喜んでるジェハ。ついにはT-araのダンスまで披露してるよ(笑)

ハンアのおかげで久々に楽しめたジェハ。ジェガンの話になって・・・なくなった日にハンアに送ってくれた写真の話に。同じ物をジェハにも送ってあったのに、ジェハは見もしないで削除しちゃったんだよね。写真を見ながら、ハンアの腕を掴み、俺が兄からの最後の電話を切っちゃったんだと涙するジェハ。二人はそのまま結ばれたみたいだね。

公務の時間に戻ってこないジェハを、秘書室長が迎えにきたよ。いくら陛下が望んでも、喪中だから、公務に戻らせるべきだったと言われ、自分が誘ったと言うハンア。

ひゃーー!!ジョンが秘書室長に電話をかけてきたーー!!今から韓国に行くといい、今回も出国拒否にするのか??って!!!

秘書室長はジョンの出国拒否を解除しちゃったみたい!!

秘書室長にクラブMのジョン・マイヤーとの面談を聞かされるジェハ。ただの企業ではなく、全世界で130の企業を傘下に持つ会社だって。

ついにジョンがジェハの前に!!すごい演技力だ!!感無量な感じで・・・でも・・・やっぱこわい!!債権出来てうれしいといい、覚えてませんか??って不気味な笑顔で!!!!!!!

注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。