まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

彼女が帰ってきた(全十六話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
キム・ジェヒ : キム・ヒョジン

チョン・ミンジェ : キム・ナムジン

チャ・ジュハ : ソ・ジヘ

チョン・ハロク : キム・ジュスン(学生時代:パク・ジヌ) 


第一話

一話からして面白そうなんですけど〜♪まだナムジン出てないけど、ナムジン目当てで見始めたのに、学生時代のハロクを演じてるパク・ジヌ、結構ツボってる美少年なんですけど〜(*ノェノ)キャー

まだ厳しい戒厳令のあった時代・・・孤児で苦学生のハロンは映画館で美しい女性に会います。そして彼女の落とした赤いスカーフを拾ったハロン。しかし・・・大学の教授の助手の面談に行ったとき、そこの娘として、あの彼女が・・・ソリョンが居たのだ。そしてソリョンも、もう一度ハロンに逢いたくて、大事なスカーフにその思いを託し、ハロンが拾うようにしてたのだ。

二人の恋は段々実を結び始めるが・・・それが教授の知るところとなり、教授は大反対!ソリョンは、生まれつきからだが弱く、心臓が悪いみたいだね。ショックで逃げ出したハロンの元に、体の事も気にせず近づくソリョン。

ソリョンの心を知るたび、教授になんとか許してもらおうとするんだけど、その度にひどく反対されて・・・でも、ソリョンは諦めないで、無理矢理いえを抜けだし、ハロンの寮までいって、拡声器を使い、ハロンへの愛を皆の前で告白します。

そして・・・雨の中ソリョンを家に送る最中、戒厳令が!!二人きりでホテルに泊まることになって・・・二人は初めてキスをして一緒に眠って・・・

次の朝!ソリョンとハロンは必死で教授を説得するんだけど、教授は結局二人の結婚を許してくれるんだよねー。幸せいっぱいの二人。結婚準備を仲良くやってて・・・皆に祝福されて・・・

でも結婚式前日の夜、ついにソリョンが倒れてしまいます。ソリョンの病気は当時の医学ではどうにも出来ない難病で・・・教授は、以前政府の機関で医療実験してたみたいなんだけど、今は地下室でなにやら怪しい動物を使った実験をしてたんだよね。どうもソリョンの為の実験だったみたいで・・・

このまま病院に連れていっても助からないと分かってる教授は・・・ひゃーーー☆びっくり!!ソリョンを冷凍したよーーーー!!これで、医学が進歩するまで保存するみたい。教授にとって、ソリョンが産まれた時、最愛の妻を亡くしてるから、ソリョンだけが全てなんだよねー☆どうなるの??






第二話

うわ!!そして結婚式当日に、ソリョンは死んだって事になってるのかな??なんだかハロンは知らせを受けて急いで家に向かってたけど、暴動にまきこまれて、つかまってたね。

そして25年後・・・ついに医学が進歩して心臓移植の成功例が!!ソリョンの父はあの親友の女医に(今は病院長みたいね)、ソリョンの事を告白して、手術を頼みます。最初は違法だし、断った女医だったけど、ソリョン父の気持ちをくんで、極秘で手術して・・・

うひゃー☆成功したーーー!!気がついたソリョンは、意識朦朧としたまま、愛を信じない医師ミンジェと、婚約者であり、院長(女医)の孫娘である医師ジュハを見かけ・・・ひゃー☆突然ミンジェにキスして、倒れちゃったよーーー!!

25年も冷凍されてたからねー。さすがに記憶喪失みたい。自分の事も分からないみたいで。ソリョンパパは、「キム・ジェヒ」っていう、新しい名前の住民票まで用意してたよ。時々過去の事がオーバーラップするみたいだけど、全然記憶はないみたい。

んで、ミンジェなんだけど、愛を信じず、女遊びも多くて、でもすっかり割り切ってる男。ジュハと婚約してるんだけど、ジュハはそういう割り切った夫婦関係を築けそうだから選んだみたいね。ジュハの方も、割り切ってるふりしてるけど、実はミンジェを愛してて、愛してほしいって思ってる感じだね。

キスのこと、ジェヒは覚えてないんだけど、それ以来、なにかと偶然ジェヒに逢うことが増えるミンジェは、なぜかジェヒの事が気になってきてて・・・

そんな中、ミンジェの携帯を洗濯に出してしまったジェヒは、クリーニングの車にそれを取りにいくんだけど、そのまま車が出発しちゃって・・・携帯は取り戻せたけど、迷子に。そこに・・・えええーーーー??25年後のハロンから電話が!!もしかしてハロンって、ミンジェの父なの??びっくり!!電話の声を聞いて、ソリョンとオーバーラップし、戸惑うハロン。

ハロンは売れない映画監督なのね。ずっと・・・失ったソリョンに見せてあげたかった映画を追い求めてるみたい。お金はないけど、映画へのこだわりはあって。そして偶然、仲間が街中で、ジェヒ(ソリョン)の写真を撮ってあったのを見て驚愕します。胸にかいてある病院名をたよりに、ミンジェの病院に向かったハロン!!

ひゃー☆年齢的にハロンとジェヒのラブストーリーってわけにはいかないだろうね。ミンジェと・・・ってなるのかな?でも、それも複雑だよねー。似ても似つかないけど、親子だから、ミンジェに昔のハロンの面影を見て、意識朦朧としてた時、キスしたみたいだし・・・。続きが気になります!





第三話

ひゃー☆ついにハロンがジェヒに逢ったヨー!!ジェヒの父である博士に、「あれはソリョンだろう??間違いない!!」って問いつめるんだけど、「年齢を考えろ!!あり得ない!!」とシラを切る博士。「ソリョンは25年前に死んだんだ!彼女は、海辺で倒れてるのを見つけ、引き取った」ってウソをついて・・・

あまりに声も何もかもソリョンのままのジェヒが、ソリョンじゃないなんて信じられなくて、自分の気がおかしくなったのかと、疑ったりするハロン。

ハロンはミンジェの母と結婚してたんだけど、今は離婚してるみたい。なんだか愛のない結婚だったみたいで、母は父の映画に出演したエキストラと逃げちゃってて・・・。それどころか、その逃げたエキストラである現旦那を中国に探しに行くーとか言って、その人との間に出来た娘をハロンに預けて行こうとしたり。かなりずーずーしいアジュンマです。でも・・・ハロンと結婚してた頃寂しかったみたいだね。

ついにハロンに見つかった博士は、急いでジェヒと海外に移住しようとするんだよね。でも・・・そのチケットもってジェヒを迎えに行く途中・・・ひったくりに鞄をひっぱられて、そのまま交通事故にあっちゃったよーーー!!

瀕死で病院にはこばれた博士は、その場に来たハロンに「頼む」とだけ言い残し、この世を去ってしまって・・・あああ・・・これで事実を知るのは、院長であるジュハの祖母だけって事だよね。でも祖母も、自分の医師生命がかかってるから、この事実は言えないだろうね・・・

ひとりぼっちになったジェヒは、自宅に帰るんだけど、もうそこは人の家で・・座り込んだジェヒの前にハロンが!!「お父さんに頼まれたから」といって、ジェヒを自宅に連れてかえるんだよね。

何も知らず、家に帰ったミンジェは、自分のベッドにジェヒが寝てるのを見てびっくりして大騒ぎ!!「ほんの少しの間だけでもいいから 置いてくれ」という父ハロンに、「絶対嫌だー」と大騒ぎするミンジェ。「私が出て行きます」と言うジェヒだったけど・・・彼女に行くところがないのを知ってるハロンは・・・

「ここは俺の家だ。お前が出て行けー」ってミンジェに言ったよーーーー!




第四話

なーんか・・・面白いんじゃないのーーー??ジェヒとハロンのお話はとても切なくて、ジェヒとミンジェの話はとってもラブコメチックで、一粒で二粒美味しいって感じ??

結局ミンジェは、「一ヶ月だけ」って条件で、ジェヒを住まわせる事を渋々承知して。でも、きれい好きだから、三回気に障ることしたら出て行かせる!!とか言ってて。

でもジェヒは、排水溝に髪の毛をくっつけたままだったり、ビンテージのジーパンの穴を縫っちゃったり、犬をこっそりひろってきて、そのう○こをミンジェが踏んづけちゃったり!!(爆笑)やることあること裏目にでるのよね。

ハロンはソリョンとの初恋の思い出をつづったシナリオを映画化するため今まで頑張ってきてて。でも商用に、内容を変更されるのを嫌がるからどこの映画会社とも折り合いが悪くなって映画化できてないんだよね。そんな中、ハロンの助手をしてるギテクが、映画会社の社長に頼まれてシナリオを売っちゃって・・・それがハロンの大嫌いで軽蔑してる映画監督が映画化する監督として声をかけられた話を聞いちゃうの。

すごくギテクを怒るハロン・・・すっかり自暴自棄になって、こんな映画なんか売っちゃっえばいいんだ・・・なんて落ち込んで家に帰ってくると・・・・

丁度ミンジェとジェヒが、子犬の事で口論してて。「弱い者は皆、しぬべきなの?」ってジェヒが口にして・・・それはかつてソリョンが口にした言葉だったんだよねー。ハロンはどうしても。ジェヒがソリョンとは別人だと思えなくて・・・

そんな中、落ちていたシナリオを拾ったジェヒは、そのシナリオを読み、このシナリオを絶対映画化してほしいって口にします。それを聞いたハロンは、再び闘志をとりもどして、絶対映画化してみせる!!とやる気に。

そんな中、あの、出て行ったミンジェの母が娘のヨンドゥを連れて、家にやってきたー!!ミンジェ母は、ジェヒをお手伝いだと思いこんで、無理矢理ヨンドゥを押しつけて出て行ったヨーー!!

帰って来たミンジェは、ヨンドゥが自分の娘だと知り、パニックになって、激怒!その上、ヨンドゥが、母から預かったお金までだしたから、ハロンが映画の為に、逃げた母の子を預かったと思いこんで、ハロンの映画をののしり大げんかになって、出ていってしまいます・・・

傷ついたミンジェは、ジュハの元にいくんだけど、丁度金持ちの医者たちとパーティしてる最中で・・・どうもミンジェは、彼らに対する劣等感からか(自分は売れない映画監督の息子で苦学生だったし)、金持ち医師をバカにする言い方しちゃって・・・呆れたジュハは、ミンジェに帰れ!って言うんだよね。こうなるのが分かってたから、ミンジェを呼ばなかったのにって。

でも・・ミンジェは本当にこの日は辛くて、ジュハに側に居て欲しくて来たんだよね・・・傷ついて帰るミンジェの携帯に、父が倒れたという知らせが。急いで家に帰ると、父は寝込んでて・・・でもこの親子、ケンカしながらも支え合ってるんだよね。仲直りできて良かった。

ジェヒは、「ヨンドゥの世話は私がするから・・」って言うんだけど、ミンジェは、「金もないお前に何ができる」って。それを聞いたジェヒは、何もしらず、男性相手に歌をうたっておさわりされるカラオケに勤め出しちゃいます。それを知ったミンジェは、ジェヒを助けに。

怒るミンジェに、「どんな事しても、お金をかせぎたかった」って言うジェヒ。ミンジェは自分のせいで、こうなった事を知って謝ります。そこに偶然、ケイサツのサイレンが聞こえて・・・その音を聞いたジェヒは、何か思いだしそうに!!ミンジェの手をひっぱって・・・まるであの戒厳令の頃のように・・・





第五話

おおおーー!!ミンジェがどんどんジェヒに惹かれだしてきたね〜☆=^-^=うふっ♪でも、この二人が恋におちたとなると、ハロンが可哀想なんだけど・・・まだジェヒは誰にも恋におちてないけど。

ジェヒは、無意識に、あの戒厳令の時みたいに、ミンジェの手を引いて宿屋の軒下に逃げ込んで。ミンジェったらジェヒにホテルに誘われたと思ってキスしようとして、そこでジェヒが正気にもどるんだよね。

自分が無意識に、訳の分からない行動をとることに不安になるジェヒ。そんなジェヒの独り言を聞いて、「自分を信じれば良いんだ」って言ってあげるミンジェ。

前回、ミンジェに「婚約を解消する」とか言いながらも、辛いことがあるとミンジェに逢いたくなるジュハ。ジュハは、自分のせいで患者が亡くなって、それを患者の家族に告訴するって言われてもう絶体絶命で・・・ジュハの懲戒解雇の審議が・・・。どんどんジュハにとってピンチな事実が浮き上がってきて・・・でも、それをミンジェが助けてあげたんだよね。実は、ジュハの誤診ではなく、先輩医師が大事なレントゲンを一枚なくしてた事を見つけ出して。

ミンジェは、ジェヒに本当の両親を捜してあげようと調べてて・・・ついにその相手が見つかるんだよ。ドキドキしながら言ったジェヒだったけど、その相手は、「一昨年に亡くなった娘の名前を語るサギしを一目みよう」と来ただけのおばさんで・・・それを聞いて落ち込むジェヒ。そんなジェヒをほっとけないミンジェ。

そんな中、ついにジュハが、ミンジェとジェヒが同居してる事を知ります。ジュハったら、ミンジェや高校の同級生を呼んで、パーティを企画し、そこにジェヒも連れてきて・・・皆の前でいらなくなった自分の服あげて着せたりして・・・。ジェヒを物乞いのように扱って。その上、「今まで結婚を延期してたのは、私がそうしてたからなの。今すぐここでプロポーズして」なんてミンジェに迫るんだよねー。そこで、ジュハの同級生が、記憶喪失のジェヒをからかって、傷ついたジェヒが部屋を飛び出して・・・

ミンジェが怒ってその男を殴り、ジュハに「お前もこいつらと同じカスだ」って言い残し、ジェヒを追いかけて行ってしまいます。

ミンジェは無理矢理ジェヒを服屋に連れていって、大量の服を買ってあげます。「お前に申し訳なさすぎて・・・お前が気になってしかたなくて・・・どうしてもこうしたいんだ。理由は分からないからきかないでくれ」だってーー☆好きなんだよ〜うふふっ(*゜v゜*)

その後、ジェヒをクラブに誘うんだけど、楽しく踊る二人はベストカップルに選ばれちゃって、ステージの真ん中のケースにいれられちゃうんだ。そのせいで帰れない二人。急に帰ったミンジェを心配してミンジェの家にまで来たジュハは心配しつつも遅くなったから帰って・・・

ジェヒとミンジェが一緒だと知ったハロンは、もう心配で心配で・・・・何も手につかないんだよね。そうそう、ハロンは、ジェヒの為に映画をつくろうと、寝る間も惜しんで、CM撮りとかして、制作費を作ってたの。でも、映画会社が、ハロンが監督でこのシナリオを映画化したいって言い出してくれて・・・。しかし、その条件が、あの、嫌いな映画監督を助手にするって条件なんだよね。大丈夫かなー・・・

ケースの中のジェヒとミンジェ。ジェヒが、「仕事が決まったら出て行くから」って話をするんだけど「アンデーーー(ダメ)!!」なんてだだっ子みたいに言うミンジェが可愛いわ〜☆このケースって「千年の恋」を彷彿するわね〜☆「俺が、お前が出て行くのが嫌なんだ。」なんて〜♪そこでやっとケースの扉が開いた〜!




第六話

ジェヒは、偶然自分がバレエを踊れることに気づいて。そんな中、ハロンが忘れたテープを映画会社に届けた事から、ハロンの映画の主演女優の募集を知り、それを受けようと考えます。そうすればお金ももらえるから。

オーディションに、ジェヒがやってきて驚いたハロンだったけど、踊る姿がソリョンと完全に重なって、動揺を隠せません。ジェヒは、偶然ハロンの初恋の人と自分が似てる事を知り、ハロンに、「おじさんがそういう目でみるから、前に向いて歩いて行きたいのに、おじさんに髪を引っ張られる気分になるんです。もうそういうの嫌なんです」って・・・

ショックを受けたハロンは、ジェヒとソリョンが別人だと確認したくて、ジェヒが育ったシセツを訪ね、ジェヒが水泳が得意だったことを聞き出します。

ミンジェは、患者を自宅に送った後、田舎の海岸で気分転換してて。でも、食堂で大量に注文したのにお金がない!!知らせを受けてジェヒは、ヨンドゥからあずかった貯金箱を持ってミンジェを助けにいきます。

それを聞いたハロンは、田舎に駆けつけるんだけど、そこには兄妹のように仲良く浜辺で遊ぶジェヒとミンジェが。一緒になってハロンもはしゃぐんだけど・・・思いついて、ハロンは、ジェヒを海の深い所まで連れていきます。「君は泳げるはずなんだ!!!」しかし・・・ジェヒは泳げず溺れて・・・頭が混乱するハロン。そして・・・ソリョンの足の親指のツメには、染め物をしてたことを思いだし、恐る恐る眠るジェヒの足を見ると。ソリョンと同じ染め物がーーー!!もう混乱だよね。

おおー。ジュハの祖母である院長が帰国したよ。ジュハはミンジェとの結婚をすごく急いでて。でもミンジェは結婚のことは時間を置こうとかいってて。それに、ジェヒが関係してると知った院長。その上、ジェヒがハロンの家に居ると知って・・・医者は神じゃないのに、運命に逆行する行為をしてしまった事を強く後悔します。最愛の孫まで傷つけてしまって・・・そして院長はついに終止符を打とうと・・・

終止符って何だろうって思ってたら・・・ひゃーーー!!ハロンの元にいって、ジェヒがソリョンだって事実を話しちゃったよーーー!えええーー??これって逆効果になる気がするんだけど〜☆続きが気になるー!



第七話

ソリョンが生きてる!!ジェヒはソリョンだった・・・その喜びで家に帰ったハロンだったけど、そこにはキスをしてるジェヒとミンジェが・・・・。ショックを隠しきれないハロン。

ついにミンジェは、ジュハにジェヒを愛してる事を伝えます。それを聞いたジュハは、ミンジェを責め、泣いて・・・なだめるため、ジュハの肩を抱いたミンジェ。でもでも、それをジェヒが見ちゃった。

ミンジェがジュハと婚約してた事を思いだし、落ち込ジェヒ。そんなジェヒに、「きっと君にも、君だけを愛してくれる人が現れるはずだ」と慰めの言葉をかけるハロン。あああ・・・ジェヒとミンジェもせつないけど、やっぱハロンが一番切ないよ。ジェヒに、映画の主役がジェヒに決定したことを告げます。丁度、ヨンドゥも母が帰国して(母の夫はうわきして女ともう韓国に帰国してたんだよね)、家を出ていったし、自分も、この家を出て自立しようって決めたジェヒ。

それを知ったミンジェは、必死で止めようとするんだよね。でも、ジェヒは、自分が弄ばれたと思ってて、「貴方とは関係ない」って・・・

もうねー。ハロンがミンジェを元気づけようとして映画に連れてってあげたり、遊んだりするんだえけど、切ないよね。だってさー。愛する人が目の前にいるのに、その人は何も変わらず愛する人なのに、自分だけおじさんになってて、とても手出しできない年寄りになってて・・・その上、彼女に息子を愛されてしまって、慰めるしかできないんだもん。ハロンが割り込んでるんじゃなくて、ミンジェが実は割り込んでるんだもん・・・

ジェヒに拒否されたミンジェは、結局辛くてジュハの元にもどるんだけど、ジェヒの事がわすれられなくて・・・

そんな中、撮影隊が、地方のホテルに宿泊して撮影すると聞き、ミンジェったらセミナーに行く為のホテルをわざと撮影隊と同じホテルにしたんだよね。何も知らないジュハは、ミンジェと一緒に地方に行くのが嬉しくてはしゃいじゃってるけど。

ホテルについたミンジェは、すぐジェヒを探します。丁度ハロンと台本読みをしてるジェヒが・・・目を閉じて台本を読んでるジェヒに、触れようとして手をひっこめるハロンを見たミンジェは・・・ハロンがジェヒを愛してるのでは?という疑惑を抱きます。そして我慢できずに、ジェヒの元にいき、ジェヒにキスをしようとして・・・・

それに気づいたハロンが、ミンジェを止めるんだよね。ミンジェは、怒りで、ジェヒに「お前なんか消えてくれ」って口にしてしまって・・・・

部屋に戻ろうとしたミンジェは、どうしてもさっきのジェヒの涙が気になって、再びジェヒをさがします。屋上に立っていたジェヒ。ミンジェは、ジェヒがとびおりるのでは?と思って、咄嗟に、「ダメだーー!!俺はお前が好きなんだー!愛してるんだ!!」って叫んだよーー!!

驚いて足を踏み外したジェヒ。でも、そこに、ミンジェが飛び込んで、ジェヒを抱えながら落下していったーーー!




第八話

ミンジェはジュハに、婚約解消を求めちゃって。でもジュハもそんな簡単に諦められないよね。最初からやり直すって言い張って。それをハロンに相談するんだよね。ハロンは、ジェヒとミンジェが、(ほんとは同じ時代にこんな近い年で生きてるべき相手じゃないし)愛し合うのは間違ってるって現実と、自分の婚約者だったと言う気持ちから、二人の事を認められなくて・・・でも、ミンジェは、ハロンとジュハの前で、はっきり「ジェヒを愛してる」って言っちゃって・・・

その上、ジェヒは「愛のためだったら傷ついてもいい」なんて・・・辛いよね(T-T) ウルウル ハロンが切ないわ・・・(T-T) ウルウル本当は自分の奥さんであるべき人なのに・・・

そんな中、前嫁ったら、浮気して再婚した旦那に浮気されて捨てられて・・ハロンに助けを求めてきます。このことで撮影を一日早く切り上げて先に戻ったハロン。スタッフとジェヒは後で一緒に帰るはずだったんだけど、スタッフが手違いでジェヒをおいてきちゃって・・・・

もちろんミンジェもハロンもジェヒを、迎えにいくんだけど、ミンジェとジュハの仲良さそうな姿を見たハロンは・・・ジェヒから幸せだって言葉を聞き出して・・・もうジェヒ(ソリョン)が幸せなんだったらいいって思おうと必死なんだよね。ほんと・・・切ない・・・

その頃、ジュハの祖母の病院は集団で内科医が辞職しちゃってピンチなの。ミンジェは、今回の事でジュハの前から消えるために、ジュハに、婚約解消したことと、辞めることを院長に伝えるって言ったんだけど、ジュハはこれ以上祖母を悩ませたくなくて、言わないでってお願いしてた。うーん・・病院を救うには、なにか大きなニュースで病院を注目させるしかないみたいで・・・これが、ジェヒの再生を発表するって事に発展するのかな?

 

 

 

あああーーー。ここでDVDがとまっちゃったよ(T-T) ウルウル 続きは後日、チングに送ってもらいます。取りあえず、9話いってみます。ごめんね。


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。