まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

乾パン先生とこんぺいとう(全十六話)
第九話〜最終話


第一話〜第八話はこちら

 〜キャスト〜
 
ナ・ボリ : コン・ヒョンジン

パク・テイン : コン・ユ

チ・ヒョヌ : キム・ダヒョン

ノ・ジェンマ : チェ・ヨジン

 

第九話

いやーん♪可愛すぎるよ!!テイン〜♪テインは、昨夜キスしたことでボリに屋上に呼ばれるんだけど、ちゃんと謝った後、「俺は先生を愛してるー」って嬉しそうに叫びまわって。ボリを抱っこしてぐるぐる回しちゃって!!可愛いーー!!

テインが積極的なのに焦ったヒョヌは、オモ!!ボリにプロポーズして指輪を渡したよー!!ボリの事を家の前で待ってたテインは、ボリの指輪を見て「これをもらうのに、俺の告白やキスの事を思い出さなかったの?一年でいいから待って」っていうんだけど、ボリは「私はヒョヌを愛してるの」ってはっきり言って・・・落ち込んで立ち去ろうとするんだけど「先生が叔父さんを好きでも、俺は先生を愛してる。死ぬまでずっと・・・」って・・・きゃーーー!!やっぱ、テインよ!!テイン!!顔がにやけちゃうーー!!

今回は二年留年してるチョ・ピルの話ね。ダインは同じクラスのピルが好きで、ハンカチを貸してあげたことがあって、それを返してほしいって、映画館に呼び出します。でも、ピルはダインがクラスメートなのに名前すら覚えてなくて・・・がっかりするダインだったけど、彼からネックレスをもらって幸せ気分。そんな中、帰ろうとしたピルが倒れて。お母さんに内緒で部屋にあげて、ピルの面倒を見るダイン。しかし、学校にケイサツがきて、ピルを宝石ゴウトウとして追ってるって・・・ピルは両親がいなくて、猫だけが家族で。その猫を迎えにいって、ダインに面倒を頼もうとするんだけど、ダインは「失望したわ」ってネックレスをピルにかえして。

テインとボリはピルを探すんだけど、なかなか見つからず、ピルは病院に運ばれて。そっか・・・ピルは脳腫瘍なんだね。唯一の友達はテインだけ。テインのことをかばって、二年留年したピル。でもお金がなくて手術できなくて。今回の検査で、腫瘍が大きくなりすぎてて、もう手術は難しいって・・・成功率20%・・・術後正常に戻る確率は10.3%・・・なんて・・・

逃げ出したピルを追って、美術室に行ったポリ。ピルは唯一の家族の猫を預かってほしくて抜け出したらしくて・・

明日手術をうけよう!そういうボリに、ピルは「今日が最後だから整理しなきゃ・・・思い出したい人がいるんだ・・・お母さんの事も・・・学校も行きたいし、バスケットもして、授業もうけて、給食もたべたい・・・卒業写真もとりたい・・」って・・それを聞いて涙するポリと、外で聞いてて泣いてるテイン・・・ピルったら、テイン以外に自分に声をかけてくれたのがダインだけで、ダインに失望されたのも辛かったし・・いつも誰とも話をしないから言葉を忘れそうで猫に話しかけてて・・・なんて。うあーーーん!!涙とまらない!!テインとダインと先生と・・・俺は死ぬときのは幸せに死ねそうだなんてーーー(つд⊂)エーン

ピルにとっては最後の授業。その日、ボリはピルのため、国語の時間に教壇に初めてたちます。詩の授業で、いつもしゃべらなかったピルが、詩を読んで・・・もう涙涙でとまらないよー!!クラスメートも皆泣いてて・・・そのあと皆で卒業写真をとって・・・

ところであのネックレスはピルが盗んだんだったの??あれ??そこを私見逃したのかしら??何だったんだろう・・。でも、ピルの手術は取りあえず無事終わったみたいね。本当、このドラマって毎回テインにキュンキュンくるし、泣かされるしー。そりゃハマるでしょ〜(笑)

オモ!!家族がヒョヌの婚約者だって言ってたウンソンが帰国したよー。さあ、ヒョヌとボリはどーなるのかなー?o(^o^)o ワクワク







第十話

ウンソンが帰ってきてご機嫌のテイン。ウンソンは、テインの家族に暖かく迎えられて、テイン義母ったら、学校の理事長の座をウンソンにまかせようってしててー!ウンソンはソンイル財団の娘らしい。ヒョヌは、ウンソンに「好きな人がいる」ってはっきり言ってるんだけど、ウンソンは気にしてないし、家族はウンソンとの婚約を望んでるし・・・相変わらずヒョヌは、テイン義母に強く言えないし。

テインからウンソンの話を聞いたボリは気になってしかたなくて。その上、次の理事長ってことで学校に来はじめて、厳しい校則に変更して、厳選された生徒と先生だけを選んで、違反すると即退学なんてきめちゃってるしー。

あああ・・・ボリは、自分がヒョヌの計画で先生になれたって事を知ったよ。その話を立ち聞きして、ボリは行っちゃうんだけど、その後、ウンソンとの会話によると、ウンソンが浮気をして、ヒョヌは責めもせず帰国したみたいね。自分が浮気したのを棚に上げて逆ギレしてるウンソンに「腹がたたなかったから怒らなかったんだ。そのとき、自分の心の中に別の女性が居るってきづいたから」って・・・オモ!!ボリの事だよね???

うわー。ボリのクラスのヨンソンが、バイト先のお金をぬすんだって、セットウでケイサツにつきだされて。いかにも店長が性悪で仕立て上げたって感じなんだけどね。ボリはヨンソンを迎えに行くんだけど、すっかりやけになってて「先生が先生をやめたら、真面目になってくれる?」なんて言って・・・

学校の方では、この件で、ヨンソンは転校で、担任のボリは辞職って話になってて・・・それを聞いたテインがボリを探しにくるんだけど、ボリはヨンソンのバイト先でガソリンの給油の仕事をしてて。すっかりなげやりになってるボリを見て、テインはヒョヌの元にいき、「二股なんかするな!!乾パン先生が辞めたり、泣いたりしたら、その時は俺が黙ってない」って・・・テイン、素敵〜♪

オモ・・・そうだったんだ。ヨンソンは、両親が居なくて、お姉さんだけが家族なんだね。そのお姉さんに結婚祝いをあげたくてアルバイトを・・。でも、ここの店長って、常習犯で、バイトに給料をくれない人で。ヨンソンは、お金をぬすんだんじゃなくて、アルバイト代の150万(三ヶ月分)ウォンを取っただけだったんだ・・・そしてそのお姉さんって目がみえなくて・・・だからヨンソンはお姉さんに知らせたくなかったのね。

ポリは、店長がバクチで借金をつくってて、こんな事してるって知って、乗り込んで格好良く店長をケイサツにつきだしたよー☆そして、お姉さんに結婚祝いを無事プレゼントできたヨンソン。

ボリは、何で悩んでたかって、どんなにバカでも何でも、同情だけはされないように生きてたのに、ヒョヌに同情されて先生になれたっていうのがショックだったんだね。そのことで喧嘩してるところにテイン義母とウンソンが。部屋を飛び出したボリを追うヒョヌ。きゃーーー!!テインがボリをバイクで連れ去った〜♪泣いてるボリを抱きしめてあげて!!テインーーー!!テインーーー!!すごく いい(≧∇≦)b




第十一話

ひゃー。ヒョヌったら、ボリと一緒にマチュピチュに行って暮らそうとしてるよー!!南アメリカって・・・あんた(;´∀`)・・・結局、逃げようってしてるって事だよねー。ボリを誘って、パスポートの写真をとりに行かせたりしてー。でも、ボリは、仕事もしないで外国で好きな事だけして暮らすのに、幸せを感じるとはおもえないなー。

それを知ったヒョヌは、なんとかボリが仕事を辞めないようにさせようって頑張ってて。そうそう、落ち込んでたボリのために、家の門を花で飾ってあげたりして、本当、好きなんだね。ボリもちょっとは感動してよー。

テインパパって冷たい人だって思ってたけど、もし、テインに好きな人ができて、結婚したいって思ったなら、その望みを叶えてあげたいって思ってるみたい。自分に捨てられ、母の看病をし続けてた可哀想な生い立ちだしね。テインがボリに電話して、電話中、眠ったボリに、「愛してるって言っていいですか?」っていって。。。「愛してる」って言うシーン、切ないわーーー☆

ウンソクったら、ボリがちゃんとした教師じゃないからって、雑用を頼んで、立場を思い知らせようってしてるのか??ヒョヌがボリとマチュピチュに行こうとしてるのを知って、ボリが見てるのを知ってて、ヒョヌに声をかけ・・・あああ・・・拒否されたからって、キスしたよー!無理矢理ー!!それを見てショックをうけたボリ。ボリが見てたと知らないヒョヌは、ボリを見つけて、車にのるように言うんだけど、一部始終を偶然見てたテインがバイクで現れて。

おおおー!!やっぱ、この状況だからねー。ボリはテインのバイクに乗ったよ。一緒に遊園地にいって・・・家に帰るとヒョヌが待ってて。「もう、テインを巻き込むな。それだけテインが傷つくんだ」っていうんだけど、ボリは「私は彼女の身代わりじゃない。絵だけ描いてなんて暮らせない。外国にはいけない」って指輪を外したー!!

次の日、テインは、ボリの鞄から、辞表とパスポートを見つけるんだよね。ヒョヌの元に行って泣きながら「おれを無視するな。お前は両親やかあさんや、ウンソンにも愛されて・・・俺には乾パンしか居ないのに・・」「絶対乾パンを行かせない」って。

オモ・・・バレーリーナーのイェジったら、なんだか派手にクラブで男遊びしてたけど・・・そっか・・・愛するバレーのパートナーを亡くしたのね。そして彼の後を追おうとして、ジサツをはかって病院に運ばれて。彼女の話とか、彼女をずっと思ってる幼なじみの話とか、またまた切なかったわ。

そして、病院からの帰り、テインはボリに「叔父さんと結婚してもいいから、フランス(勘違い)にはいかないで。ここに居てくれるなら、もう邪魔はしないから。もう姿を現さないから。だから、ここに、学校に居て」って真剣にボリに訴えて。「方法がないんだ!!先生はおじさんのものだから」って。。。もう・・・もう・・テインの涙が切ないー(ノД`)シクシク





第十二話

あああ・・・どんな形であったとしても、ボリに行ってほしくないテインは、ヒョヌの元にいって、「結婚してここに住めよ。ウンソクとはちゃんと別れろよ。ウンソクとのキスは・・・誰にも見られるなよ」って、ボリがそれを見たことを教えて・・・。テインは、もう行かないってヒョヌにボリが伝えてることを知らないんだよね・・・。

ヒョヌはボリを呼び出して、ウンソクの事をすべて誤解がないよいうに話をして。でもそれを聞きながら、テインの事ばかり思い出すボリ、再びさしだされた指輪を・・・返すっておもったのにーー(ノД`)シクシクなんで??「もう気分で外したりしません」ってまた左手の薬指につけたよー!!帰ってきた二人と、ボリの指の指輪を見て、仲直りを知ったテイン。

オモ!!テインったら、クラスの皆に協力してもらって、教室に二人をよびだして、婚約のお祝いをしてあげてるよー。いやーん(ノД`)シクシク 後で教室で、一人泣いてるよー!!!!テインーーーウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!! 泣けるよ・・・これって、お父さんが、テインママがなくなった時、いつも居る手術室で泣いたって話を聞いて・・・なんだよね(ノД`)シクシク

ウンソクは、こうなったらこの学校を財団のものにしようって思ってるみたいね。ウンソクの指示で学校の代表で、入試セミナーのため江原道に行くことになったボリ。テインはボリのために、色々用意してあげて、持たせて。ついたかどうか、メールするんだけど、そこは携帯禁止で。テインはずっと連絡を待ってて。オモ!!今思ったんだけど、ヒョヌは初恋のウンソクをずっと思ってて、でも、ボリが好きだってフランスで気づいたって言ってたでしょ??ボリもそうなるんじゃない??ヒョヌが初恋で好きで・・・でもテインが好きだっていつか気づくとか?

だって、テインが例の婚約パーティ以来ちょっとそっけなくて気にしてるし、研修先でも、テインとの思い出の夢みてるしー^^そんな中、テインは家族に呼ばれて食事に行くんだけど、なんとそこにはウンソクとウンソクの父が。結婚の日取りとか話してて、ヒョヌったら「おれも知らなかったんだ」なんてテインに言ってるけど、 トイレにたつんじゃなくて、ちゃんとここでビシっと言えよーー!!ボリが好きならー!!「ぶちこわせよ!!今すぐ!!ナ・ボリが好きなんだったら」ってテインも言って。なのに滞りなく食事会が終わろうとしてて・・・。きゃー☆テインが「叔父さんには、結婚を約束した恋人がいます。ウンソクさんも知ってて、なんでこんな事を?諦めることくらい出来る年でしょう?それに両親も挨拶に来たから知ってるはずです」って言ったよー!てか、何なのーーー??なんでヒョヌは傷ついて席をたったウンソクを追いかけるわけ?あんたが言うべきでしょうがーーー!テインは義母に「戸籍をはずして!!こんな子を産んだ母親の顔がみたいわ」とまで言われて。

セミナーに行ったボリは、自分が雑用係で呼ばれた事をしり、代表は別に、ソンイル財団から来てることを知って、セミナーを後にして。歩いて公衆電話前までなんとかきて。ボリが困って電話してるのに、ヒョヌはなんだよー!傷ついたウンソクを気遣って長電話かよーーー!!(#゚Д゚) プンスコ!

困ったボリはテインに電話を。すぐに駆けつけてくれるんだけど、風がつめたくて・・・テインは、自分の洋服をボリにきせつえ、おなかをすかせたボリのためにラーメンを買ってきてくれて・・・。足をあっためてくれて・・・もう・・・もう・・・私だったら2000%テインがーーー いい(≧∇≦)b えええーーー!!なんだかヒョヌが向かってるって思ったけど、テインがヒョヌを呼んだの??車じゃないと、ボリが寒いって思ってーーー!!

テインったら残ったボリの靴を見つめて涙してーー(つд⊂)エーン

うわー、ウンソクったら理事長(テイン義母)に今日付で退職させろって言われたけど、自分からここが居場所じゃないって気づいてやめるまで待ってあげるわって宣戦布告したー!!テインは、寒い春風のせいで風邪をひいて。心配したボリがかけつけるんだけど、甲斐甲斐しく世話をするジェンマの姿が。




第十三話

またまたテインが超可愛かったわ〜♪ボリに電話かけてもつながらなくて心配で、風邪なのに家の前で待ってて、「おなかすいた」ってラーメン作ってもらったり、「寂しいから泊めて〜」なんて泊まって行ったり♪ボリはまだヒョヌが好きなんだけど、ジェンマがテインを介抱してあげてたの見てショックうけてた感じだし〜♪

テインったら、携帯をなくしたボリの為にバイクを売って新しい(自分とペアの)携帯を買ってプレゼントするんだけど、可愛いーーー!!自分の番号を「愛してます」なんて登録してるしー。「結婚祝いです」って渡して、こっそりボリの後をつけて、影で遊んでるテインが可愛くてたまりませんーー!!「愛してるってもう言えないから、これからは代わりにおやすみなさいって言うよ」って・・・・くーーー!!それ以来、ボリを忘れようとするんだけど、難しいし苦しくて、夜も眠れなくて、毎晩ボリの家までジョギングして、愛してるの代わりの「おやすみ」をこっそり言いに行くんだもんな〜。

でも・・・辛いのね。教会に行って「俺の愛する人が別の人を愛しませんように」って。

テインは必死でボリをわすれようと、ジェンマと仲良くするんだけど、どうしても忘れられないんだよね・・。あのプールのシーンって何だったのかしら??なんでテインがおぼれたのかな??意味あるのかな?

ウンソクったら、ボリを呼び出して「彼の代わりに学校を経営するため、人生を犠牲にしてきた。彼が居ないと生きていけないの。だから別れて」って懇願して。ヒョヌには「結婚してくれないなら、この学校をソンイル財団のものにする」って・・・。ウンソクは教師も一掃して、生徒も成績別のクラス編成になんて計画を実行しはじめてるし。学校が財団の手に渡ってしまうことを知ったテイン義母は、ウンソクの元に行くんだけど、ウンソクは「ヒョヌと結婚できないなら、学校が財団のものになろうがつぶれようがどうでも良いことなの」なんてー!!

焦ったテイン義母は、ヒョヌとボリの元にいって、別れるよう怒鳴りちらして・・。ボリも辛い立場だよね・・・。傷ついて家に帰ると、家の前にテインが居て。ボリはテインに「ラーメン食べていかない?」って誘って、「泊まっていかない?」(もちろん別の部屋だよーー)って。寂しいんだよね。だからテインに帰ってほしくないんだよね。夜中目が覚めたテインは、布団で泣いてるボリをみつけ、駆け寄るんだけど、ボリはテインに抱きついて号泣!!!そんなボリの背中を優しくなでながら、「俺の愛する人が別の人を愛しませんように」って心の中でつぶやくテイン・・




第十四話

テインったら!!テインったら!!落ち込んでるボリを元気づけてあげたいのよねー。サウナに誘って・・・きゃー☆超可愛いよ。それに、足がしびれても我慢してボリを寝かしてあげて、良いわ〜♪チョアよ〜♪ボリの頭(心)の中からなぜか「世界で一番カッコいい男の子」って言葉と、テインの顔が離れなくなってきてて。

ヒョヌったら決めるときは決めてきたわね!ソンイル財団の件で、教育庁が審査にやってきて。このままじゃのっとられるーって所で、テキパキと説明して学校を守って。ついにテイン義母も、ヒョヌのそんな姿をみて、ヒョヌとボリの結婚を認めたよー。ウンソクと結婚して離婚なんてなったら学校が取られるって思ったし、ヒョヌが学校の経営をするって言ったのが本気だって分かったから。その報告をヒョヌはボリにしに行くんだけど、ボリったら「別れろって言ったら別れて、結婚しろって言ったらするんですか?」なんて切れちゃって。自分でもなんで喜べないのか分からないんだよね。幸せだと思えないけど、断る理由もない。そんな自分に戸惑うボリ。

でも着実に結婚式は近づいてきて。ヒョヌは一人着々と式場の手配や、留学の手続きをしてて。ボリは学校に結婚の為辞表をだして・・・。

ボリの衣装をテインが預かってて、それを式の前日に取りに来たボリ。持って帰ろうとするんだけど、なぜか帰りたくなくて「結婚するのやめようか?」って。テインはボリを励まして、「この衣装を着たら、きっと幸せな気持ちとりもどせるよ」って。でも着替え終わったボリを見にもどると、衣装を着て焼酎を飲んでて。「結婚したくない」「遠くに行きたくない」泣きながらテインにしか言えない本音を話すボリ。テインはそんなボリに肩を貸して泣かせてあげて・・・。

泣き疲れたボリをソファーに寝かせ、ボリの手を握って眠るテイン・・・オモ!!!オモ!!そこに結婚式だからテインを迎えに来たテインパパとテイン義母がーーーーーー!!ひぇーーーーー!!テインパパったらボリを思い切りひっぱたいて、「先生と生徒を誘惑するアバズレめ!!」って捨てぜりふでテインを連れて帰って、「お前とは縁を切る」って、有無を言わさず追い出したよーーー!!

結婚の取りやめに戸惑うヒョヌ。ボリは「留学して欲しい。私が学校に戻った時、先生に居てほしい。夫婦は無理としても、教師として会いたい」って。何よーー!!ボリって優柔不断じゃないのが魅力なのにーって思ってたら、わざとそう言ったのね。ヒョヌはそれを別れの言葉だって気づいてないけど、ヒョヌが経営者として前に進み、いつかボリが言った言葉が別れの言葉だって気づく日が来るってーーー!!

結局それ以来、ボリはテインに会いに行かなかったみたい。でもテインの言ってた言葉の意味がすべてやっとわかり、大人になった彼は私が愛する人って心に想ってて。一方テインも、学校を退学になって・・

一年後、ヒョヌが帰国するので空港にボリはむかえにいくんだけど、そこでテインと再会ーーー!!ひゃ!!テイン!!その眼鏡は似合わないよー(笑)



第十五話

オモ!!テインはボリに気づかなかったのかー。帰ってきたヒョヌは、戻ってもう一度ボリにプロポーズして結婚できるって思ってたんだよね。でもボリは「もう別れたのよ」って。納得いかないヒョヌは、理由を聞くんだけど「好きな人ができた。あなたを愛してる間傷つけたあの子をもう傷つけられない」って。あの子って誰のことか聞こうとするんだけど、ボリに逃げられて。学校はウンソクが好き勝手してて、すっかり変貌を。テイン義母も、全国での進学率がトップになったって事で認めちゃってて。

テインはボリに愛してることで迷惑をかけたくなくて留学してたのね。「生涯手が届かない人」だと自分に言い聞かせる事ができるまで、韓国を去ってたんだー。そして帰ってきたのは、真剣に進学の準備をするため。テインが帰ってきて大喜びのジェンマ。これでやっとテインが自分の元に戻ってくれたって。塾を選びに行くんだけど、オモ!!そこのパンフレットに講師の写真が載ってて、ボリの写真が!!

思わずその授業を選択して、こっそり教室の隅でボリを確認するテイン。その時生徒が「こんぺいとうの話をして」ってせがんで、ボリが話したのは・・・オットケ!!「彼に花嫁衣装を返したとき、彼を愛してることに気づいた」って・・・テインの事じゃん!!!テインはびっくりして動揺しちゃって・・・そんなテインに気づいたボリ。教室を出て行ったテインを追いかけるんだけど見失ってしまって・・・

高校の同窓会があるんだけど、テインもボリも呼ばれてて、でも・・・なんだかお互い行き辛くて。でも、意を決して行き、懐かしい生徒達と再会したボリ。でも、テインはいつまでも迷ってて来ないんだよね・・・。頭がパニックなんだよね。でも・・・やっぱりボリに会いたいテインは、同窓会会場に。そこにはもう誰もいなくて・・・と思ったらボリがーーー!!ああー良かったわ(ノД`)シクシクやっとボリに愛されてること、ボリを愛して良いことを知ったテイン。ボリを抱きしめてくるくるやっててーー!!私もやってーーー!!(失礼w)でもそれをジェンマが憎々しくみてるんだけどね。

ジェンマはテインを呼び出して、「先生と一緒になっても誰も祝福なんかしてくれない。幸せになれない」って言い、ヒョヌも、「あの子」っていうのがテインの事だって知って、テインを呼び出し、「ボリは罪悪感でそう嘘をついてるだけなんだ」って。でもテインは「嘘か本気かくらいの分別はつく!先生は俺を愛してるんだ」って!!ひゃーーー!!それをテイン義母が聞いちゃって、もうぼろくそ言ってるよー。

落ち込んでユジンの店で酔っぱらうまでお酒を飲んで・・・。酔っぱらったテインは、「他のことは何も考える必要なんかない。愛してるだけでいいんだ」って気づき、ボリを呼び出して・・・きゃー☆キスよキス〜♪でも、そんなに走ってキスしたら、い・・・息がって思っちゃうよ(笑)

「こんぺいとう」の話を聞いちゃうシーン、すごく良かった!でも、ここで持ってくるの??ラストに持ってくるようなシチュエーションじゃない??って事は最終回は??って思っちゃうな。出来ればすごーーーく面白いエピソードで終わってほしいです。こんなにはまったドラマだから。




第十六話

オモー!!オモー!!15話で「こんぺいとう」告白でて、あそこであのシーンやって、ラストどうなるの??って思ったけど、納得だわ〜!!面白かったです。

テインはボリに結婚しようってプロポーズするんだよねー。ボリはテインを僧侶になってる父に会わせて。ボリも早く結婚したいって訳じゃなくて、ボリにはちゃんと現実見えてるの。そんなに急ぐ必要ないって。でも、テインはボリの年齢もあるし、早く結婚したくて。

義母に協力を頼むんだけどOKなんかするわけないし、ヒョヌだけにでも認められたかったけど、ヒョヌの心を考えるとね・・・。でもテインは、だれにも祝福されない結婚をボリにさせたくなかったんだよね。ヒョヌはテインの話にむかついて、思いっきりぶん殴ったけど、やっぱり可愛い甥だし、テインの事は少しだけ許せても、ボリの事は許せなくて・・・。その上、学校は成績至上主義で生徒も成績の事ばかりでおかしくなってきてて。すっかり学校は調和のとれない場所になってて。ボリが教頭先生に頼まれて、学校の教員採用の面接に。しかし、テインはボリを激しくののしって追い出して・・・

これでいったいどうなるの??って思ったけど、ボリが先生として必要だって、あの生徒の事件でヒョヌも思ったんだよね。

そしてテインの父。やっぱり息子の幸せを祈ってくれてたんだね。自分のような人生を歩んで欲しくないって。絶対OKしてくれないと思ってた父が、テインの愛を認めてくれて。これでやっと結婚できるって喜ぶテインだけど、ボリはそれじゃ許さないよー(笑)大学も兵役もいってなくて収入もなくて、子どもでもできたらどうするの?って言われて、「あかちゃん」って言葉に超にやけるテインが可愛すぎーーーーーーーー!!

ボリは、テインが大人になるまで愛して待ち続ける事ができるのを自分で分かってるから焦ってほしくなかったんだね。「ボリとテインが初夜を迎える頃」なんてタイトルでたから期待しちゃったじゃんーーーーー!!

あはは。テイン、先生になるんだー^^オモ!!テインったら先生になっても相変わらずで可愛い男だわ〜♪うんうん♪他の生徒達の将来もみれたし、テインとボリも、そろそろ結婚できる時期って意味だったのね^^

周りからも認められた感じで。よかったー☆面白かったです〜♪


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。