まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

乾パン先生とこんぺいとう(全十六話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
ナ・ボリ : コン・ヒョンジン

パク・テイン : コン・ユ

チ・ヒョヌ : キム・ダヒョン

ノ・ジェンマ : チェ・ヨジン

 

第一話

初っぱなから面白かったヨー。サンドゥじゃ、ヒョンジンちゃんが好きになれなかったけど、このドラマじゃなかなかいいじゃん!!それに、最近注目してるコン・ユ君も格好良い〜♪

ボリはジョンスク高校の伝説の卒業生。まだジョンスク高校が女子高だったとき、女生徒をおそう他校の男子学生をなぎ倒し、その事で職員室に呼ばれ、当時の教師をボコボコにして退学になった女。そんな彼女が、教員免許をとって、ジョンスク高校にやってきた!!在学中、好きだったヒョヌ先生に会うため、必死で勉強し、この高校の面接にきたのだ。でも職員室事件の時、鼻の骨を折った先生は今や教頭で、面接中、ボリに気づいて学校から追い出したよ。

一方父は大病院の委員長で母はジョンスク高校の理事長のテインは、留学先で問題を起こして強制追放に。無理矢理父親の元に連れていかれそうになったところで逃げだし、ちょっとした事故を起こして、面接に向かうボリにチャンポン麺をぶっかけるっていう最悪の出会いをします。もちろんテインは迎えに来てたジェンマと逃げちゃうんだけどね。

テインの父の病院で、ボリの妹ユンジが働いてるんだけど、そこで再びテインと鉢合わせに!!テインのせいで被害者なのにケイサツに捕まってしまったボリ。テインを迎えに来たのがジョンスク高校の理事長だったからびっくり!!その上、理事長は愛しのヒョヌ先生を連れてきてて、どうも理事長の弟だったらしい。最悪の再会をしてしまったボリ。

ふーん。どうもこの理事長って、テインの義母みたいね。テインがこうやってメチャメチャやってるのってこの再婚と関係あるのかしら??

やっとの思いでケイサツから出れたポリに、ジョンソン高校から呼び出しが!!オモ・・・契約書に有る条件を飲むなら、教師として採用するってーーー!!どんな契約書なのかまだ分からなかったけど、ボリはOKしたよー!この裏には、ボリの事を覚えてたヒョヌが姉である理事長に「テインをどうにかするには、あのボリが必要だ」って入れ知恵してたんだよね。ヒョヌっ敵なのかしら?味方なのかしら?ボリを利用しようとしてるようにも見えるし・・・でもヒョヌのアトリエには高校生の頃のポリの絵があったよね??まだ謎だわ。そうそう、テインはこのアトリエで住む事になったんだよね。

何も知らないボリは、「教師」になる前にやり残した事がある・・・と、友達とアトリエの前にいって。先生に告白を。でも、家から出て来たのは、憎きテインだったーーー!!

このドラマの後に、本当の話みたいの出てくるんだけど、わらったよー。高校時代のケンカの話も、ケイサツにつかまった時の話も、本当はこうだったのね。でも「ドラマ中のボリの格闘シーンは任侠マニアの脚色です」だって。なんか面白いー☆






第二話

面白い〜o(*^▽^*)oあはっ♪それに、コンユ君、格好良い〜q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

ボリは正式な先生じゃなくて、テインが問題を起こさないように指導するのが仕事なわけね。テインが編入する3年3組の担任になるんだけど、教科はおしえないの(笑)登校初日に、いじめられてる男の子をたすけるんだけど、この子って理事長の息子なのかしら?一緒に暮らしてたわね。ジェインだって。テインの弟って事?

そして初日から職員会議に遅れたボリなんだけど、向かう途中に同じく初登校してきたテインに噴水に落とされちゃって。最初っからやられて理事長に怒られるボリ。テインったら取り巻きつれて、次は生徒会とケンカだよ!!講堂でケンカをはじめようとしてるテインを助けようとして、生徒会長?のキックを顔面にうけ、テインにゴミ箱に入れられて講堂に置き去りにされたボリ。またまた理事長に大目玉。それに、テインに思いを寄せてる一話に出て来たジェンマにも目つけられちゃって(オモ・・・ミサのジヨンじゃないー。高校生役も違和感なくてびっくり!)意地悪されてるよ。

だけど・・・あこがれのヒョヌ先生に優しくされちゃって、やる気とりもどしてるし〜。単純なんだから。「僕は先生の味方だから」なんて言われたんだよね〜。ヒョヌ先生って謎だわ。もしかしてボリが好きなのかな?でも違うような気もするし・・・。

ボリはテインに「寂しくて愛情にうえてるから、こういう事をしてるんでしょう?寂しいって顔に書いてるわ。私は絶対あんたにとって良い先生になってやるー」って宣戦布告を!でも、これってかなりテインもグサって的をつかれたみたいね。後でヒョヌ先生が書き置きしてくれた資料で知るんだけど、テインは10才の頃、お母さんが自らいのちをたってしまって・・・そして今のお母さんの元に連れてこられたらしい。お母さんが亡くなったのはお父さんのせいだって思って、こうやって荒れまくって成長していったみたいね。

ボリは、もっとテインの事を知りたいからって放課後デートに誘うんだけど、オモ・・・テインの事聞かずにヒョヌ先生のことばかり聞いてるし(笑)「ただの店だから」ってヒョヌに連れて来られたのは、ジャズバー。そこでジュースだって嘘をつかれて、ボリったらカクテルをぐいぐい飲んじゃって・・・目が覚めてみると、ベッドの中。ベッドサイドにはヒョヌからの置き手紙が!!うひゃー☆これで、ヒョヌと寝ちゃったって勘違いしちゃうってことかーー??

またまたラストの解説にわらったわ。今回の伝説になる格闘も、全部偶然そうなったんだね(笑)このドラマ、おもしろいよー。それに、コンユ君、かなりイケてます!!これから切ない表情とか見せるシーンも出るのかな?オモ・・・ヌナ(アジュンマじゃなくてヌナです)が守ってあげるからー(ToT)





第三話

オモ・・・オモ・・・あの夜、酔いつぶれたボリをテインはホテルに運ぶんだけど、テインと結婚するって勝手に決めてるジェンマもついて来ちゃってて・・・テインに冷たくされたからって、ホテルで眠ってるボリの写真を撮って、ボリに送信したりしてるよーーー!!指定した服を着て、教室で踊れなんて指令を出したりしてーーー!!実際やっちゃったボリもボリだけど(笑)止めに入ったヒョヌ先生まで踊り出して、クラスは大フィーバーに。

ホテルに行ったことで、理事長に怒られるーって思ってたボリだったけど「貴方のお陰で初めて10時に家に帰ってきたわ」なんて褒められて。それで昨夜何もなかった事が分かってほっとしてた矢先だったのに。ボリは写真を送ってるのがテインだと思ってるんだよね。なんとか我慢してたけど、ボリにジェンマがホテルでの事を言ってからかったから、さすがのボリも堪忍袋の緒がきれた!!テインを呼び出して、「人間のくず!できそこない!!薄汚い奴!!!」って暴言を。「写真を・・・」って話をきいて、ジェンマの仕業だと気づいたテイン。ジェンマの元に行くと、今まさに第二の指令をボリに送ろうとしてるところで・・・怒ったテインはその携帯を壊して「うざい」って言うんだよね。

新人教員歓迎会をするんだけど、ボリはテインの事ですっかり沈んでて・・・。そんなボリをなぐさめようと、ヒョヌが遊園地に誘います。やっと自分らしさを取り戻したボリ。テインの家の前でテインを待って、昼間の暴言を謝ります。ただし、「できそこない」だけはガキだから取り消さないけどね(笑)

うわーー!!テインに冷たくされたジェンマは頭に来て、ボリの写真とともに、ボリとテインの事を病院の掲示板に投稿しやがったよーーー!!それを知ったヒョヌ先生は、テインをぶん殴ったーーー!!普段あんなに温厚なのに。

理事長に呼び出されたボリ。いい訳のしようもなく・・・謝るしかできなくて・・・・「学校をやめます」って言って、学校を去ったヨーーー!!ボリを心配して駆けつけたヒョヌ先生と入れ違っちゃったーー(ToT)

また、エンディング。そっか・・・乾パン先生の伝説っていうのがこの学校には出来るって事だよね??だから脚色された内容でドラマが展開するのか〜(*≧m≦*)ププッそうだとおもったよ。あのシーン、違和感あったもんね♪

それにしても・・・ヒョヌ先生、格好良く見えることもあるんだけど、7割方、アルフィーの高見沢にみえるのは私だけ?






第四話

ボリがもう永遠に学校に来ないだろうって聞いたテインはボリを訪ねていって。尼になるって山に行ったって聞き、お寺にまで追いかけていったテイン。実はその寺はボリの実家なんだよね。あうー☆テイン可愛いヨー!!心配で仕方ないんだよね。「私はこんなに好きなのに、どうして私を嫌うの?おどしたり、クビにさせたり」って言われて・・・自分のせいじゃないって言いたいのに言えなくて。

あの投稿のせいで、テインは父に追われてて、学校にも行かずにげてて。山から戻ってきたボリをもう一度訪ねて、必死で「すいませんでした」って言うんだけど・・・か・・・か・・・可愛いよq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p ボリが友達のクリーニングの仕事を手伝ってて、ボリが「良い先生」になれないまま、クビになったことを悔やんでるのを知って・・・オモ・・・テインは実家に戻って、殴られるのを覚悟で、「これからは言うとおりにしますから、ボリ先生を復職させてください。母親に誓うから!せめて20日だけは・・・」って跪いて御願いしたヨー!!オットケーー!!パパったらそんなに猟奇的なお方だったの?テインをゴルフクラブでボコボコにして・・・・「そうだ。お前の母をころしたのは俺だ!俺の邪魔をするものは妻であれ許さないんだ」なんて・・・結局入院してしまったテイン。20日ってなくなった母親の命日なんだー。

他の生徒からテインが学校に来てないって聞いたボリは心配してテインの家の前で待ってて・・・そこでヒョヌに逢って、「しがみつかず、退学の時のようにすぐに逃げ出すならなんで戻ってきた?慕ってる生徒をどうするんだ?」って。オモ・・・ヒョヌはボリが忘れられなくて恋してたんじゃなくて、きっと、たった一ヶ月だったけど、可愛い生徒だったんだね。そんなボリが自力で教師になって、応援してあげたいって恩師心で優しくしてたって事なのかな?

ヒョヌがパパに殴られて植物状態って噂を聞いたジェンマは、理事長に「私が写真を送りました。ごめんなさい」って謝りにいって・・・そこでヒョヌから「たすけてくれ」ってメールが。オモ・・・今日は20日でママの命日なんだよね。納骨堂に行くため、ジェンマの協力で病院を抜け出すんだけど、例の生徒会の奴がヤ○ザをバックにヒョヌを連れ去って・・・それを見たジェンマったら、結局ボリに電話して「先生たすけてー」って・・・

オットケ!!ごくせんかい??って展開の登場!!ボリは同級生をつれて、さも「ヤンクミ」のように現れ、鮮やかなケンカさばきを。やっぱりこのシーンは脚色だったかー(笑)例のラストでわかるんだけどね(笑)そして、テインとボリは母の納骨堂に。テイン以外でここに来てくれた乗ってボリが初めてなんだね。オモ・・・ボリを家に送った後のテインの笑顔は恋を予感しないかい??(*/∇\*)キャ

誤解も解け、復職したポリ。教室に入ったとき、黒板に生徒からの愛情のこもったメッセージには、なんだか胸がジーンとしたよ(ToT)その日の夜、テインはボリの家の前でボリを待つんだけど・・・ひゃーー☆ヒョヌに送られて帰ってきたボリ。ヒョヌがボリのこめかみにキスーーー???オットケ!




第五話

オモ・・・あの最後のキスシーンの時・・・テインはママの形見のイヤリングを、ポリにあげようとしてたのねー(ToT)んでもって、あのキスは、ヒョヌのボリに対する感謝の気持ちだったのね。ああ・・・テインったら大事な形見を落として帰っちゃったよ(ToT)

次の日、ボリがヒョヌとデートしてる最中、テインの親友ユジンがヤ○ザに連れ去られちゃうんだよね・・・ひゃー☆「身体提供覚書にまでサインしろって迫られてるー(ToT)ユジンの両親は亡くなってて・・・両親の借金をおわされちゃってるんだよね。その上、体の弱い姪っ子シネ(兄の子)の親代わりをしてて、その手術費まで払ってて・・・。シネのために必死で仕事してて・・・。シネはユジンがパパだって信じてるのよね。

それ以来学校に来ないユジン。あああ・・・ユジンったら覚書にサインして、ノルマのために、酔った人をおそってお金を取る仕事してるよ(ToT)それを見つけてボリが止めるんだけど・・・あああ・・・そうしないとシネの手術ができないんだよね(ToT)「学校に通いたいから、噂がたたないように助けてください」って泣いて・・・もう電車がないからってボリにタクシー代を持たせて走り去るユジン(ToT)

そんなユジンをお金がないから助けられないことを情けなく思って泣きながらヒョヌ先生に電話するボリ。ヒョヌ先生の前で泣きながら、心の内を話して・・・オットケ!!そうだったの??ヒョヌ先生!!「ボリや・・・ボリや・・」ってボリと手をつないで呼ぶんだけど、心の中で「サラハンダ(愛してる)」ってーーーーキャー!ビックリ!! (*゜ロ゜)ノミ☆(;>_<) バシバシ

な・・・泣いたわ(ToT)久々に学校に出て来たユジン。テインはユジンを殴って、「どうして俺に言ってくれなかったんだ?」っていうんだけど、ユジンは「お父さんとの確執をしってるのに、いつまでもたよれない。必死で働いても入院費にもならないんだ。出来ることは何でもやって、売れる物は何でも売るしかないんだ」って泣いて・・・(/ー ̄;)シクシク

親の借りた金は相続されるけど、財産放棄すれば免れると知ったボリは、生徒を連れてヤ○ザの元にいき、皆で覚書を取り戻して燃やしたヨー。そして・・・くーーー!!クラスの皆ったら、ユジンのためにショーモデルのバイトをして、そのバイト料を全部ユジンに渡してくれって、ボリにq(T▽Tq)(pT▽T)pでも、急にシネの容態が悪くなって・・・

ああ・・・結局あの冷たいテインのパパが手術を支援してくれたよー(ToT)テインは、自分が死んだって気にもとめないって思ってたのに、「そんな事二度と言うな」ってパパが言って・・・。パパもテインを息子として愛してないわけじゃないんだよね。





第六話

か・・か・・・かわいすぎるーーーー( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう テインったらボリが好きになったのよね〜♪だから病院の倉庫に二人で閉じこめられた時も、携帯の電池がなくなったふりしたりして。んでもって、わざとボリを驚かせていたずらしたり、かわいいよーーーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p オンマの夢みて泣きながら「俺を捨てないで」って言うのも、私もボリになって「絶対捨てないよ。君が居ないと生きていけないから」って言ってあげたかったわー!!その後二人が噂になってなくて、「なんで噂ながさないんだよー」って仲間に言ってるのも可愛いーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

でもテインはボリに母親を重ねてる感じだね。母が長年わずらってて、おしゃれできなかった事を可哀想に思ってて。テインは病院でアルバイトして自分で稼いだお金でボリに洋服を買ってプレゼントして「彼女になってください」って告白しようとしてて。

オモ・・・ヒョヌったらボリが高校生の頃から好きだったんだーーー!!こんな分かりやすいくらいボリはヒョヌが好きなのに、ヒョヌったらポリに嫌われたくなくて、告白できないなんて言ってるシー。勇気をだして日曜にボリをデートにさそうんだけど、ボリの事、高校生扱いしちゃって、ボリをきずつけちゃって。ショックを受けてボリが家に帰ると、妹がテインからのプレゼント(洋服)を預かってて、「明日着て来てください」ってカードも読んであげたのに、頭の中、ヒョヌでいっぱいで「あんたにあげるわ」なんて言って。次の朝、テインはボリがあの服を着て学校に来るのを楽しみにしてたのに、違う服で来てるのをみてがっかり(/ー ̄;)シクシク

あああーーーきついわ・・・。放課後の教室で、ボリとヒョヌは、お互いに六年前から好きだった事を告白しあって、キスを・・・その部屋にテインが居たんだよねq(T▽Tq)(pT▽T)pあのカードに「放課後、教室で待ってます」って書いてたのをボリは気づいてなかったのよ(ToT)

「ボスは一人で十分だ」が口癖のサンテは、ずっとヤ○ザにテインを連れて来いっていわれてて。なかなか連れてこないから、ボコボコに殴られてさー。そのままテインの所に行ってテインを殴ってなんとか連れて行こうとするんだけど、テインがちょっと殴っただけで意識不明になっちゃって、テインはケイサツにつかまっちゃった。駆けつけたボリが「どうしてケンカなんかしたのよ」って問いかけるんだけど「先生が俺を捨てたから」って・・・オモ・・・テインーーー(ToT)

結局、サンテがああなった原因はヤ○ザだった事が分かり、テインは釈放され、ポリはテインにもらったワンピースを着て、お迎えして、「デートしよう」ってさそいます。ああーーーサクラ吹雪綺麗だけど・・・おいおい・・・そんな花びらだらけじゃ、弁当、花びらでうまっちゃうよ(笑)

幸せ気分で家に戻ると、テインの家の前にジェンマが。「乾パン(ボリの事)がなんで先生になったかわからないの?あんたを監視するためのシェパードで雇われたんだよ」って、知らせちゃったq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p



第七話

ヒョヌとのデートに行こうとするボリを無理矢理バイクにのせ、海にいって、ジェンマの話が本当だった事をボリから直接聞いたテイン。「でも今は・・・」って話も聞かずに一人バイクで去っていって。「世界中が敵になったとしても、ナ・ポリ先生。貴方だけは信じたかった」って・・・絶対にボリを許さないってこころに誓います。

そんな中、化学の中間テストの問題が盗まれる事件が!!教頭は、ボリの反対を無視して、皆に誓約書をかかせてテストを実行。テストの点から、犯人はドンピルかへビンって事になり、問いつめられたヘビンが認めて、転校する事になって。テインが犯人じゃない事を分かってるクラスのメンバーは、全員で英語のカンニングを。それを示唆したのがテインだと知ったボリは、テインを問いつめるんだけど、ヘビンが認めたのは、濡れ衣で陸軍をクビになったヘビンの父親が、娘まで・・・って知ると、しんでしまうんじゃないかってヘビンが心配しての事だった事を告げ、先生をクビにするためでもあったって言うんだよねー。

また泣いちゃったよ(ToT)犯人はドンピルだったんだよね・・・。再婚して外国にいっちゃうママに、心配かけたくなくて、良い成績表を渡して、自慢出来る息子だって思われたいって・・・でも・・・母は成績表も見ないで行ってしまって・・・職員室で自分が犯人だって白状して(ToT)そんなドンピルをものさしでたたくボリも泣いてて(ToT)ドンピルの母がボリにあてた手紙も泣けたし、その後、罰で草むしりするドンピルを、ボリをはじめ、クラス子達が手伝うのにも泣いちゃったよ(ToT)そして、みんなで、ドンピルのママを空港で見送って・・・ママをだきしめて「友達がいっぱい居るから寂しくないよ」って(/□≦、)エーン!!

それを見て涙するボリの隣には、肩を抱くヒョヌが。ヒョヌの車に乗りこもうとしたボリを呼び止め、「先生が好きだ!イカレそうなくらい!!後一年、いや、卒業するまでまってー」って。「そしたら、先生にプロポーズするから!俺はナ・ポリを愛してるー」ってか・・か・・・かばいいq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p ぴょんぴょん跳ねて、シャツの下に着てたハートマークのTシャツ見せて・・・・可愛い!!可愛い!!!可愛いーーーーーー!!!!!




第八話

テインが急激にボリに惹かれてるのを心配したヒョヌったら、いきなり、ボリを家族に紹介するなんて決めて。それを知って、なんとか引き留めようとするテイン。やきもちで?って思ったら、ボリが傷つけられるの分かってて止めようとしてたんだよね。案の定、ヒョヌと家に来たボリは理事長からボロカスに言われて。住む世界が違うんだって。それをテインが助け出します。「肩でよかったら貸すよ」って肩に頭を載せてあげるテインが素敵ング〜☆こんな事も予測できずボリを連れてくなんて。ヒョヌよりテインの方がこういうところ大人だよ!オモ・・・理事長とヒョヌって、姉弟じゃなくて、いとこだったのね。おじいさんがジョンソク高校の創立者で、理事長とヒョヌのおじいさんなんだ。本当はヒョヌが財団を継ぐべきだったけど、嫌がったから現理事長が継いだのね。

ボリのクラスのソナがちょっと荒れてて。原因は父親がうどん屋をはじめて、他の女と一緒にやってるって噂を聞いたから。うどん屋っていうのを恥ずかしく思う気持ちと、父に裏切られた気持ちで。父は母と別居してて、デザイン会社社長の母は仕事人間で、ソナは寂しいんだよね。そんな中、女と一緒に働いてるパパを見て、やけになったソナは、写真屋の窓ガラスを割って、そこに飾ってあった家族写真をめちゃくちゃにしてケイサツに。

ヒョヌの事で落ち込んでたボリだったけど、これをテインから聞いて駆けつけ、帰りたくないって言うソナを家に泊めて。ここで、ソナにあの女の人は友人の奥さんで、パパの女じゃないことと、ソナを毎晩思って眠れないそうだって事を教えてあげたボリ。それを聞いて涙するソナ。

このドラマ、毎回泣かせるシーンが出てくるようになったね(ToT)今回も、ソナのために(娘が恥ずかしがる父で居たくないから)店を閉める事にしたって言うパパの元に、ソナがクラスのみんなを連れてきて笑顔で「私のパパよ」って紹介して(/ー ̄;)シクシク

ボリはソナのパパに、一日だけ授業を御願いします。ソナのパパはうどん作りの講師をしながら、昔貧しかった頃の幸せだったソナやソナのママとの思い出を生徒に話しして・・・そこに、「懇談会だ」って呼び出されたソナのママもやってきて・・・・また泣いちゃったわ(ToT)なかなか素直になれなかったママだけど、最後は親子三人で腕を組んで歩く姿が。

ヒョヌは、弱くてどうにも出来なくイジイジしてて・・・でもテインはいつもまっすぐにボリにぶつかってきて。絶対テインがいいって思うのになー。やっぱ、ボリの心の中にはヒョヌが居るんだよね。アトリエの窓に向かって(ヒョヌに)「サランヘヨ」って言うボリに「サランヘヨ」と言い、ボリを抱きしめるテイン。でもボリは、本気にしてくれてなくて。オモ!!テインったら、ヒョヌが居るのに気づいて、ボリにキスしたーーーー!!きゃーーーーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。