まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

快傑春香(全十七話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
ソン・チュニャン : ハン・チェヨン

イ・モンリョン : ジェヒ

ビョン・ハクト : オム・テウン

ホン・チェリン  : パク・シウン

ハン・タニ : イ・インへ

ハン・ジヒョク : ムン・ジユン


第一話

一話からなかなかおもしろいよー☆これも契約結婚とかそういう流れになるのかしら??これもののドラマ、好きなんだよね〜(*⌒∇⌒*)テヘ♪

モンリョンは警察署署長の息子なんだけど、ソウルの高校では札付きの問題児。そんな彼が、南原に転校することになります。モンリョンにはチェリン先輩っていう片思いの女の子が居るんだよねー。

南原に来たモンリョンは、チュニャン(春香)って名前の少女と出会います。その出会いシーンは、ウリ スンホン王子主演の「あいつは格好よかった」を彷彿するシーンね。思わずここでキス??って思ったけど、落っこちてきたチュニャンのパンティを偶然モンリョンが携帯で撮影しちゃって(笑)二人の最悪の出会い。チュニャンがモンリョンの携帯を、怒って壊したことから、二人は超モメて。

チュニャンはお父さんが亡くなってて、お母さんと二人暮らし。ナイトクラブで歌手をする母を助けるため、必死でアルバイトをかけもちしつつ、成績優秀なんだよね。偉いわー。

最悪の出会いをした二人は、モンリョンがチュニャンの学校に転校してきたことから再会を。いがみあってる二人だけど、ちょっとずつお互いがそんな嫌な奴じゃないって思い始めてるみたいね。

モンリョンがいたずらしたせいでチュニャンが風邪をひいちゃって。友達になったチュニャンの幼なじみのジヒョクとお見舞いに行ったモンリョン。そこで、ジュースだと思って、チュニャンママの作った葡萄酒を2リットルも一気のみ(笑)「頭が痛いから風にあたってくる」と言って外に出たまま眠っちゃって。

その頃、モンリョンを面白く思ってない不良達は、モンリョンのバイクをチュニャンの家のまえでみつけ、ぬすんで、それに乗ってひったくりをして暴走。見つかったバイクから、そのはんにんはモンリョンだということになっちゃって、所長のモンリョンパパは大激怒!!モンリョンをみつけろーーーー!!って。

何も知らないモンリョンは、酔っぱらいながらも寒さでチュニャンの部屋にいって・・・・翌朝!オモ・・・パンツ一丁のもリョンと、チュニャンが一緒に寝てるのを見たチュニャンママはびっくりー!!モンリョンの居場所が分かったと、チュニャンの家に駆けつけたモンリョンパパもびっくりー!!さあ、どうなる?(笑)

オム・テウンは、芸能プロの社長なのね。オム・テウン目当てで見始めたドラマなんだけど、モンリョン役のジェヒ君、可愛いわ〜☆この先、オム・テウン扮するハクトとどう絡んで来るのか楽しみだわん〜《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ






第二話

いやーん☆面白いわ〜♪

ひったくりの被害者はハクトだったんだねー。あの不良達ったら、ハクトの携帯で女優に電話しまくってるしー。チュニャンはモンリョンに「なんとか自分たちで犯人を見つけだそう」って言いだし、被害者であるハクトのもとにいって、モンリョンがやったんじゃないって証明してもらおうとして。でもでも、勝手に部屋に忍び込んだのに、バスタオル一枚のハクトを見て大騒ぎしちゃって。作戦大失敗。

結局不良達は捕まったんだけど、モンリョンも仲間だなんて言い出して。それを助けるために、チュニャンが「モンリョンは一晩中私と居た」って告白してあげちゃって、大騒動。でもでも、品行方正、成績優秀なチュニャンを先生が信じてあげて、二人が一晩一緒に居たことは学校にはふせてくれて、よかったよかったっておもったら・・・

きゃーーー☆事情をジヒョクが知ってたんだけど、何かある!!ってにらんだチュニャンの親友タニがジヒョクを呼び出して、その事を問いつめて・・・オットケ!!ほ・・・放送室で問いつめたもんだから、偶然、放送がON AIRになっちゃって全校生徒、全先生に事実がばれちゃったよー。学校はパニックに!!校長先生は二人を「自主退学にする」って言い出してー。チュニャンは韓国大学の推薦まで決まってたのに。そこでモンリョンパパが「二人を結婚させます」って言い出したヨーーーー!!

モンリョンとチュニャンは何とか結婚しなくて済むように相手の親に嫌われようとしたりもがくんだけど、ことごとく失敗して、親友のダニやジヒョクまで既成事実を作らせようとしたり・・・もう結婚以外手がなくなって・・・。

チュニャンの元に、モンリョンパパが来るんだけど、正直に、「君だったらうちの嫁になってほしいと思ったんだ」って言うし、チュニャンママも、「よく考えると、彼ほど条件のいい男はいないよ」って言い出すし・・・チュニャンは、大学にも行きたいから、結婚を決意します。それを伝えにモンリョンの元に行ったチュニャン。しかし・・・モンリョンは南原に来てたチェリン先輩とデート中で・・・。チュニャンに「ちゃんと告白してはっきりした方がいい」ってアドバイスされたモンリョンは、勇気をだしてチェリン先輩に「好きだ」って告白を・・・しかし玉砕。玉砕したモンリョンは、「これで結婚の障害がなくなった」って、チュニャンとの結婚を決意したよ。やけになってる訳じゃなくてね。もちろん、二人は「契約結婚」するのよねー。「大学に入学するまで」って事で^^

二人の結婚式を学校の皆が手作りでやってくれてて・・・もちろん二人が契約結婚って事は内緒だから、皆にあわせて愛し合ってるふりをする二人。「キスしろー」ってコールに(もちろん本当はしないけど)キスするふりをしてる二人の前に・・・おおおーーー!!結婚の話を聞いて駆けつけたチェリョン先輩がー!!結婚するって聞いたら好きでもないのに惜しくなったのかい??

そうそう、今回、ハクトとチュニャンが公園で再会してたね。ハクトは気取らないチェニャンにちょっと興味持った感じだったよー。どう絡んでくるのかなかな??《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜




第三話

やー!!面白いわー☆結婚した、モンリョンとチュニャンは、モンリョンの家で暮らしてるのねー。チュニャンは秀才で、成績は学年一位!それに比べてモンリョンはビリから数えた方が早い300番台。そんなモンリョンに、モンリョンパパが、「200番以内になって、チュニャンと成績を縮めろ」って命令を。全くやる気のないモンリョンにやる気を出させるため、チュニャンはモンリョンとカケをします。単純なモンリョンったら必死で勉強してて^^モンリョンパパも大満足。

試験の結果は190番!!しかし・・・急に成績が上がったことから、先生にカンニングをしたんじゃないか?って問いつめられて・・・同席したチュニャンにまでちょっと疑われたモンリョンはやけになって「カンニングしましたよ」なんて言っちゃってー。一瞬疑ったチュニャンだったけど、やっぱりモンリョンを信じてあげてて。おおおーーー!!この疑いを晴らしてあげてたよー。良い子だよね^^

ハクトは新人女優を捜してて、それにタニが、ビデオで応募を。もちろん、予選で落とされてたんだけど、そのビデオの後に映ってたチュニャンに気づいたハクトは、この子たちを呼び出せって。

チュニャンとモンリョン、タニとジヒョクは、社長が居る撮影現場に出かけます。しかし、そこにはチェリン先輩が居て。チェリン先輩ってスタイリストだったのねー。モンリョンを見かけたチェリン先輩ったら、「頭が痛い・・・」なんて言ってモンリョンに倒れかかって。もう!!実はチェリン先輩は彼氏に振られてかなり落ち込んでたんだよねー。必死で介抱するモンリョンを複雑な思いで見るチュニャン。

ここでチュニャンはハクトと再会するんだけど、社長だなんて思ってなくて、下働きの人だって思うんだよね。そしてハクトの小道具の買い出しに付き合います。普段クールなハクトなんだけど、チュニャンと居るとすごく明るくてかわいいよね。

モンリョンはチェリン先輩の看病で一晩帰ってこなくて・・・チュニャンはちょっとご機嫌ななめ。

そんな中、学園祭で恒例の「ロミオとジュリエット」をやることに。人気投票で決めるんだけど、ジュリエット役はチュニャンに!!ロミオは、チュニャンにずっと片思いしてた男の子で。キスシーンがあると聞いて、モンリョンったらやきもちやいてて、可愛すぎるヨー。気になって、劇に参加するんだけど、「乳母」の役ーーヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

将来アクセサリーのお店をだしたいチュニャンは手先が器用で、小道具の製作を頼まれます。チュニャンは、ハクトを小道具係だっておもってて、ハクトに協力を頼むんだよね。ハクトはチュニャンにばれないようにひっそりと、この劇のスポンサーになってあげたりしてて♪劇の当日、タレント達を連れてやって来たハクト。学生は大興奮。ここで初めてハクトが社長だったって知ったチュニャンはびっくり!

劇がはじまり・・ついにキスシーン・・・たまらなくなったモンリョンが乳母の分際ででてきてー(笑)劇が台無しだヨー。そのうえ、つまずいて、オモ・・・モンリョンとチュニャンは壇上でキスしたーーー☆





第四話

あうあう・・・芸能人になりたいタニの話を耳にした社長(ハクトの事)ったら、チュニャンがタニのために最初から社長だと知ってて近づいたって勘違いしちゃったよー。社長のまわりにはそうやって近づいてくる女ばかりだから失望しちゃってチュニャンに冷たく接しだしたよー。タニがチュニャンのかわりに小道具を届けに会社に来るんだけど、ペク室長ったらタニに、「あそこもそこも整形して、これだけお金ようしないと」なんて言って。これってからかってたのかな?必死でバイトするタニを心配したジヒョクったら、大事なバイクを売ってタニにお金をあげたりして。本当、タニが好きなんだね。

このことを知ったチュニャンは、社長の元に抗議しにいくんだけど、社長ったら、今度はお金をせびりに来たと思って、冷たくお金を渡して帰らせよとして。後で、ペク室長に事情聞いて、自分が勘違いしてた事に気づくんだよね。

モンリョンがチェリンにばかり気を使って、仲良くして。せっかくチュニャンがあげたお守りまでチェリョンにあげちゃって、チュニャンは怒ったよ。タニに薦められて合コンに!それを知ったモンリョンとジヒョクは後をつけます。合コン相手にしつこく迫られるチュニャンを助けようと、モンリョンがケンカになるんだけど、そこに居合わせた社長が一睨みでその場を納めるんだよね〜。うーん☆素敵んぐ〜☆

ここで、モンリョンとチェリンが夫婦だって知ってかなり驚いてたね。まあ、そりゃそうだけど(笑)「男だったら睨み一つで場をおさめないと」なんて言われて、鏡で練習するモンリョンが可愛い〜♪お互いにやきもち焼きあってて、惹かれあってきてるよねー(笑)お互いぜーんぜん気づいてないみたいだけどー☆

今回は、チュニャンのなくなったお父さんのお墓参りにいくんだけど、チュニャンママったらわざと二人をそこに置いて帰っちゃって。多分なんとか二人に既成事実をつくりたいってママがおばあちゃんに頼んでたんだろうな(笑)泊めてあげたおばあちゃんったら、二人を同じ部屋に寝かせて、わざと部屋を暑くしようと、火をもやしてるし(笑)そんな状況なのに、結局二人は、きもだめし(?)と夜中の焼き芋で時間すごしてて^^でもでも仲良いよね〜^^帰りなんて、チュニャンったらモンリョンを意識して、恥ずかしくて目があわせられないのー^^

うわ!!チェリンは・・・我慢できなくて「これ以上あなたに会えない。会うとどんどん欲張りになって・・・」って自分がモンリョンの事、惜しくなってる事を告白したよー。悩んだ挙げ句、チェリンの元に行こうとしたモンリョンだったけど、チュニャンが止めて。「約束」の事で止めてたけど、本当は、女心として行って欲しくなくて止めたんだろうね。目標がないモンリョンに「一緒に韓国大学にいこう」ってチュンニャンが誘って・・・・

おおお・・・一年間、チュニャンの協力で猛勉強したモンリョンったら、結局韓国大学合格したよー!!さすがドラマ(笑)実は補欠で、連絡待ちだったんだけど、合格の連絡を受けて、チュニャンがモンリョンに教えに、走っていったのにーーー!!そこには、合格を知らせに来たチェリンがいて、合格を知ってチェリンを抱きしめた所にチュニャンがーー!!チェリンってスタイリストしてたのはバイト??だったのかな?韓国大学の先輩らしいよー。社長も、ソウルに戻る前に、チュニャンにプレゼントを渡しにいってたし・・・この合格でチュニャンとモンリョンがソウルにいけば、チェリンと社長も居て、再び四角関係って事なのねー☆





第五話

あああ・・・今回は最後、胸がきゅーんって痛くなったわ(/ー ̄;)シクシク

モンリョンとチェリンが抱き合ってるのをみたチュニャンは、かなり落ち込んでるんだけど、モンリョンが二人きりの合格祝いしてくれて、ご機嫌直ったヨー。それにしてもモンリョンったらお子ちゃまで鈍感なのよねー。

モンリョンが運転免許をとって、タニとジヒョクも一緒にソウルに行くんだけど、あうあう・・やっぱ、あのプレゼントの靴は、チェリンのだったのねー。ちゃんとチュニャンのも買ってたんだけど、女心わかってないわー。今回は段々とチェリンの性悪さが露見してきた回だったわね“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!

ソウルで四人別行動になるんだけど、モンリョンはチェリンとでかけちゃって、芸大に行くタニと浪人のジヒョクは気を使って二人で姿をけして・・・ひとりぼっちになったチュニャン。社長を思い出して連絡をとるんだよねー。社長ったらチュニャンに会えるってなるとワクワクしちゃって可愛いヨー^^それに大人だから優しいんだよねー。

遅れてチュニャンを迎えに来たモンリョンは、二人が一緒に居るのをみて、すっかり焼きもち焼いちゃってて(笑)。社長は二人に、友達も一緒に、スキーに招待するよ。って言ってくれて、対抗意識丸出しのモンリョンはOKを。

オットケーー!!チュニャンママったら、ソウルで結婚式をあげるとき、嫁入り衣装をもたせたいと、三倍にお金が増えるっていう仕事仲間のサギにあっちゃってーーー!!チュニャンが10年ためた貯金をだまし取られちゃったヨー。チュニャンは、モンリョンママに嫌味言われて、モンリョンパパに「自分で入学金は出したいので、そうさせてください」って言ったのに・・・(ToT)チュニャンママは、「地方公演だ」なんて置き手紙だけで逃げちゃった??し・・・

どうやって入学金を作るか悩んでるチュニャン・・・。モンリョンったら無邪気にスキーに行こう!!なんて言ってるけどそんな気分になれなくて・・・。でも意を決してモンリョンに相談しようって思い、一緒にいったのにーーー!!もう!!モンリョンったらなんでチェリンまで呼んでるのよーーーー!!ε=(=`・´=) プンスカプン!

チェリンむかつきまくりだよー!!せっかくモンリョンとチュニャンがなかよくスキーしてるのに、わざと目の前で転んで、「モンリョン・・・一緒にきてー」なんてーー!!怪我もしてないくせにーーー!!お陰で初心者のチュニャンは降りてくるまで偉い目にあったんだからーーー!!それに、チュニャンに「彼が好きなの。別れて」なんて宣言しやがってー!!

チェリンはモンリョンを呼び出して、自分の気持ちを伝えるんだけど、「チュニャンにも許可をもらったの。彼女も別れたかったみたい」なんてーーー!!嘘ついたよー!!モンリョンは、チェリンに告白されたことより、チュニャンが自分と別れたがってるって事にすごく傷付いてるよ。んでもって、無理矢理チェリンったらモンリョンにキスするんだけど、それを、二人を止めようとして追いかけてきたチュニャンが見ちゃって(ToT)

んでここよ!!!社長ーーー☆素敵ングーーー!!チュニャンを抱きしめて「振り向かないで」って、これ以上チュニャンが傷付かないように気を使ってくれてーーー!!部屋に連れて行って、一人ゆっくり泣かせてあげるこの大人の気遣いどーよ(*/∇\*)キャ

オモ・・・二人とも好きあってるのに、あのチェリンのせいでーーーー!!あああ・・・モンリョンはチュニャンがずっと相談があるって言ってたのが「別れたい」って話だと勘違いし、二人のキスを見たチュニャンも、モンリョンがチェリンに行きたくて別れたいんだって思いこんでて・・・あああ・・・・チュニャンがついに「別れよう」って言っちゃって、モンリョンも(涙ためてたけど)そうしようってーーー!!いやーーーーヤン!!ヾ(≧∇≦*)三(*≧∇≦)ツ ヤン!!切なすぎる!





第六話

モンリョンはチェリンを送っていって、一人で家に戻ったチュニャン。でも家の前で、高熱で倒れてて・・・モンリョンパパったら、一生懸命看病してくれて、なんていいパパなの。そんなパパに「モンリョンが好きなんです。好きな人がこれ以上無理してるのを見るのが嫌なんです。だから別れます」って正直に話ししてて・・・。なのにモンリョンったら、最後の「嫌だ」って話しか、モンリョンは立ち聞きしてなくて、本気で嫌われてるって思いこんじゃったヨー。

モンリョンの家を出て行ったチュニャン・・・チュニャン、可哀想過ぎーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p お金はお母さんがだまし取られちゃったし、そのお母さんが帰ってこなくて、家賃滞納してて、帰る家もなくなって・・(ToT)

奨学金を申し込むんだけど、もうメインの奨学金の受付が終わっちゃってて・・・何も知らないモンリョンは、チュニャンがもうソウルに行ったって聞いて、ムカついたりしてるんだけど、パパからチュニャンの学費を払ってないことを聞き、ジヒョクにチュニャンがお金に困ってて、帰る家もない話を聞いて・・・愕然として、チュニャンを必死で探します。

一方、チュニャンを心配したタニはチュニャンに内緒で社長に、チュニャンが困ってる話をするんだよね。社長は、大学に連絡して、チュニャンの奨学金を出してあげる話をして・・・その連絡を受けて喜ぶチュニャン。そこに心配で駆けつけたモンリョンと再会して。話を聞いたモンリョンは、「お祝いに酒をおごれ」なんていっといて、二杯で酔っぱらいだよ(笑)でも、ここで「俺はお前にとって嫌で耐え難い存在だったのか?」なんて言ってるモンリョンも、それを聞いてるチュニャンも切ないよ(ToT)モンリョンが酔っぱらいすぎてどうにもならなくて。。。チュニャンはモンリョンをモーテルに連れていきます。オットケ!!それを社長がみてたよー!!。えええーーー??奨学金取り消しちゃうわけ??えええーーー???

結局大学に行けなくなったチュニャン・・・。「ソウルに行く前に一度だけ逢おう」ってモンリョンを呼び出して、握手をするチュニャン・・・そんなチュニャンを初めてモンリョンが抱きしめて・・・モンリョンは何も知らないんだよね・・・ソウルに向かうモンリョンを影からこっそり見送るチュニャン・・・うるうるきたわ・・・(ToT)

入学したモンリョンは、チュニャンが入学してないことを知って、びっくりし、タニとジヒョクを問いつめるんだけど、どうしても教えてもらえない。両親にもこのことを話して・・・事情を知ったパパはすごく心を痛めてるね。本当にチュニャンを可愛がってたし、復縁して欲しいから、離婚届を出すことを認めなかったんだもんね。

チュニャンは、アクセサリーの露店をしてるんだー。オモ・・社長ったら、ちゃっかりチュニャンの仕事の手伝いしてて・・・その上、チュニャン母子の家の保証金まで出してあげてるの??うわー・・で・・・でも大学に行けなかったの・・・社長のせいなんだけど・・・もちろん知らないんだよね・・・σ(^_^;)アセアセ...

うわー☆チェリンって本当、ナップンヨジャ!!また社長の会社でアルバイトすることになって、そこでチュニャンとも逢ったくせに、街でチュニャンのアクセサリーを見つけて、その店に、この商品を納入した子は??なんて必死で探してるモンリョンにしらばっくれて黙ってるシー。モンリョンはどうしてもチュニャンを見つけられないんだけど、パパはさすが警察署長ね・・・ちゃんとチュニャンを見つけたのね。チュニャンを心配するパパ。モンリョンも心配して落ち込んでるから逢ってほしいって頼むんだけど、「もう少し時間ください」って答えたチュニャン。

社長は、チュニャンに「どうしてもラブコメのシナリオが気に入らないから、手伝ってほしい」って、スケートに誘って。もう・・社長ったら、そんな嬉しそうな顔しちゃってー^^その頃、どうしてもチュニャンの居場所を知りたいモンリョンは、ジヒョクに殴られても必死で頼んで・・・我慢できなくなったジヒョクは、モンリョンに、「あいつはお前が好きだったから、チェリンが好きなお前のために」って話したよ!!偉いぞジヒョク!!鈍感モンリョンもやっと気づいたよ(ToT)

チュニャンの元にモンリョンが行ったとき・・・オモ・・・プロポーズのシーンだと言いながら家のまえでチュニャンに社長がネックレスを渡そうとしてて。。。「これが本当だったら?」って言ってる所だったよー。本当のプロポーズをしてるって事??きゃー




第七話

オモ・・・「断る理由を100通りあげても意味はない。受け取ればいい」なんて、社長ったら〜♪それを見たモンリョンは、家に入ったチュニャンを訪ねるんだけど、あはは。モンリョンを恨んでるチュニャンママが帰ってきて、モンリョンの事ボロクソに言ってて、モンリョンは隠れてるんだけど、これじゃ入れないよね。そんなママだけど、モンリョンパパがチュニャンママを訪ねてきて、「今でも二人が復縁してくれたらって思ってます」って言葉を聞いた途端、なんとか二人をくっつけようとし始めて(笑)

タニとジヒョクに協力を頼みます。学校の先生が結婚するから、一緒に南原にいこうって、それぞれ誘われて・・・でも汽車のホームでハメられた事に気づいた二人。すっげーーーーいがみあってるんだけど、結婚式で(まだ夫婦だし)二人で歌をうたってくれるよう頼まれて・・・その歌が、学校の皆が結婚を祝ってくれた時の歌でさー。二人とも、ちょっと素直な気分になっちゃって・・・

実はその日の夜、それぞれ社長とチェリンに、会社の映画の試写会に誘われてたんだけど、お互いそれを断って、一緒に南原の思い出めぐりすることに♪良い感じじゃんーって思ってたら・・・二人が一緒に南原に居ると知ったチェリンがモンリョンに電話してきて、メチャメチャ怒っててさー。「違うよ。チュニャンに逢いにきたんじゃない」って言い訳してるのをチュニャンが聞いちゃって、せっかく「俺は行けないから」ってチェリンにメールを送ろうとしてたのに、「用事を思い出したから帰ります」ってチュニャンがモンリョンにメールしちゃったよ(ToT)

そして夜・・・試写会のパーティの席で、お互い社長とチェリンと同伴してるチュニャンとモンリョンが再会を!!はああ・・・。そのパーティで、電気プラグに氷から溶けた水がおちちゃって、火花がーーー!!その近くにチュニャンが丁度いて・・・危ない!!ってところでモンリョンがたすけたよー。なかなか格好良い〜☆でも、真っ暗な中だから、チュニャンは社長が助けてくれたんだって思うんだよね。あああ・・・また勘違い??っておもったけど、倒れた時に掴んだボタンがモンリョンのものだと気づいたよー♪よかった!

帰ったチュニャンは、例の社長からもらった、返すつもりのネックレスが首にないのに気づいて・・・心配して家に来てたモンリョンもそれを聞いて必死でさがすんだけど、どこにもないの。実はパーティ会場で落としてて、それを社長がひろってるんだけどね。

オモ・・・モンリョンったら、あの、パパの大事な家宝の刀を売って、その高価なネックレスと同じ物を買って、「見つけたよ」ってチュニャンに渡したよー。何もしらないチュリョンは、それを社長に返しにいくんだけど、同じネックレスが戻ってきたことにビックリして調べ、モンリョンがそのネックレスを買ったことに気づいたみたいね。社長(テウンっしー)、超クールで格好良いけど、このドラマじゃ悪役がちょっと入ってるんだよね・・きっとチュニャンには言わないんだろうな・・・(ToT)

パパに刀を売ったことがばれて、家を逃げ出したモンリョン。行くところがなくて、チュニャンの家に逃げ込んでくるんだけど、なんとか暮らさせてもらおうと、演技して、やっとの思いで、家にいさせてもらえることになったときのモンリョンがかわいいーー☆好きだって言えばいいのに〜♪オモ・・・チュニャンママったら、強行作戦??洋服を買ってあげるから・・・って言いながら、モンリョンに服を脱がせて風呂に入らせて・・・きゃーーー??焼いてるよね??そして、チュニャンの帰る時間に、家をあけちゃってー。家には裸のモンリョンとチュニャンだけにしちゃってー。そこに社長がきたよー!!裸のモンリョンを見て・・・あうあうあう・・・どうなる?





第八話

「彼のせいでプロポーズの事を断ったの?」ってきかれたチュニャンは社長に、「私は未練を、彼は罪悪感をお互い整理するために居るんです」って。

モンリョンパパとチュニャンママったら、二人を復縁させようと連絡とりあってて、期は熟したと感じたとき、ジヒョクとタニにも協力させて、あんなエロエロ部屋で二人をすごさせようとしたりしてー(笑)そりゃ無理だってばさー^^

チュニャンに甘えるモンリョンがかなり可愛いヨーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

社長ったら、やっぱ悪役なのね(ToT)チェリンに、モンリョンがチュニャンの家に居るなんて教えちゃって・・・せっかく良い感じだったのに、チェリンに呼び出されてモンリョンがでていっちゃったしー。この段階では、モンリョンはチェリンにいい訳してるんだよねー。

ああ・・・また今回もチェリンむかついたわ!!モンリョンにレポートを届けるため、大学に来たチュニャンにむかつくこといってたしー、それに、映画のアクセサリー(ネックレス)を作りたくて、先輩に頼んで、社長の会社の小道具を作らせてほしいって頼んでたんだけど、断られちゃってさー。社長が押してる子がチュニャンだって分かったら、チュニャンの作ったネックレスがコピー品だなんて言い出して!!ああー。むかつくわ。もっと邪魔してきそうで嫌な予感!!

社長は、モンリョンを連れ出して、差しでお酒をのんで、「2人の間で迷ってるんじゃないのか?」って詰め寄るんだけど、「もうはっきり決めます」ってタンカきったよー。

具合のわるいチュニャンの変わりに、露店に立ったモンリョン。一個売ったら一個チュニャンに約束を守ってもらって、全部売ったら三つ約束を・・ってカケをしたモンリョンは、なかなか売れないから、大学にもっていって、「一個買ってくれたら一時間デートするよー」なんてお姉様方に売りつけてて。結局完売!!ほくほくのモンリョンの前にチェリンがきて「好きな人だけを見つめてほしいの!!はっきり別れて」って!!だーかーらーーー!!捨てられるのはチェリンだってー!と言いたかったよ。あんな自信たっぷりにさー。

家に戻ったモンリョンは、一個目の御願いで肩もみをしてもらって、二個目で、デートに誘います。なかなか良い感じなんだよねー。ジヒョクとタニも合流して一緒に飲むんだけど、じれったい二人に、はっきりさせようと、ジヒョクとタニは、二人に大量にお酒を飲ませるんだよね。チュニャンはもうへろへろで・・・そこに、チェリンからの電話で、モンリョンに無理矢理「待ってるから」って言って一方的に電話をきって・・・。モンリョンは最後の願いで「おれにどうして欲しい?」ってチュニャンに聞きます。「行って」って答えたチュニャン。「そんなに嫌われてるのか・・」って落胆したモンリョンだけど、「行って良いけど、絶対かえってきて。最後の御願いは12時まで有効だよ」って。「絶対戻る」って約束したモンリョン。

チェリンの前にいって、「チュニャンが好きだ」ってはっきり言ったヨーキャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチでも、チェリンは「絶対別れない」なんて言ってたから、一筋縄じゃいかないぞー。チュニャンはモンリョンを信じて、12時になるまでベロベロなのに、待ってて・・・そんな中、社長から電話があって、タニったら、なかなか帰ってこないモンリョンに愛想つかして、社長に場所を教えて。モンリョンが先にくるか・・・社長が来るか・・・12時ぴったりに、オモ・・・社長がきたよー。チュニャンを送って行こうとするんだけど・・・・きゃーーー!!そこにモンリョンがきて「俺の女房に手をだすなーーー」ってーーー!!きゃーーー♪((O(〃⌒▼⌒〃)O))♪わくわく




注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。