まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

いいかげんな興信所(全十六話)
第九話〜第十話


第一話〜第八話はこちら


 〜キャスト〜

ムヨル : イ・ミンギ
ヒギョン : イェ・ジウォン
ヨンス : リュ・スンス
ウンジェ : イ・ウンソン




第九話

ウンジェが気を失ったから迎えに来て欲しいと病院から連絡を受けたヒギョンは、タクシーで遠い病院まで駆けつけます。そこには、顔や手足がひっかき傷だらけのウンジェが眠ってるのに、医者と看護婦はサッカーを見て笑いあってて。激怒するヒギョン。ウンジェが怪我をしてるのにどういう事だーーーって!!目が覚めたウンジェは、そんなに心配されて、なんだかびっくりしてるみたいだね。

ウンジェを家まで送ってすぐ帰ろうとするんだけど、大きなお屋敷に、お手伝いさんも居ないで一人で居るウンジェを残していけなくて、結局看病で泊まったヒギョン。その夜、どうもウンジェの父たしき霊を見たみたいだよー。

ヒギョンが帰ったあと、自分の治療中のテープを見てたウンジェは、ふと思いついて急いで興信所に!!突然ウンジェが現れて驚くメンバー。丁度、ジュンスから送られてきた資料を元に、ヨンスが、高宗は、急死する直前まで第三の地図の事は誰にも言ってないはずだ。そして、息を引き取る直前にダイイングメッセージを残したはずだと核心的な話をしてるところで・・・

その場から全員連れ出すウンジェ。そこで、もしかしたら、隠しカメラがあるんじゃないかと、自分の考えを皆に言います。それを聞いたヨンスは、「それを逆に利用しておびきだそう」と提案を!!

第三の地図を見つけたふりをする、ウンジェとヒギョンとヨンスとムヨル。でも、ウンジェったらあり得ない大根芝居で(爆笑)それでも、隠しカメラでそれを見てた部下は、007に電話を。007は、ボスにそれを伝えようとするんだけど、丁度ボスの母が変なものを食べて(苦笑)病院で胃洗浄をしてるとの連絡が入ったところで・・・言い出せず、自分の判断で部下をつれて、乗り込みます。

張り込んでたムヨル達に、結局007だけ捕まっちゃうんだよねー。ムヨル達は、次々と、隠しカメラを見つけてとりはずし、最後のカメラに向かって、ヒギョンはボスに「007と地図を交換だ」って宣戦布告を。ボスからヒギョンに電話が入り、日曜の午後1時って事になったよー。

その後、ボスは、007の妻らしき人に、007は出張だけど、ジニ(娘??)の手術までには戻ると電話してたねー。

007を山荘に隠し、ムヨルが見張りをするんだけど、007はボスに命を預けてるからといって、執行猶予中なのに、今捕まったら娘の入学式まで娘に会えないぞと脅しても、律儀に口を割らないよ。でも、かなりの恐がりなんだけどねー(爆笑)ヒギョンが泊まって、夜おどしたら、効果あったかも??(爆)

そして、取引の日・・・・ボスには、とある結婚式場のバイキングに来るよう言います。その日は、丁度、チャン警察官の娘の満一才の記念パーティで、ムヨル達は招待されてて。うまいねー。周り中警察だらけだよー。それに、鑑定できるハラボジを、食事に誘ってヨンスが会場に連れてきてるし〜♪さぁー。どうなるかな??♪((O(〃⌒▼⌒〃)O))♪わくわく





第十話

鑑定するハラボジ。地図は本物だった。ヨンスは、ヒギョンに連絡をとり、007を解放するよう言うんだけど、ヒギョンは事情が出来たから、地図だけ手にしてそのまま逃げてって・・・

実はヒギョンは、007を怖がらせようと、男の霊が見えるって話をするんだけど、「もしかして高校生か?・メガネをかけてるか?」などと具体的な心当たりの話をして・・・どうもその風貌が、ヒギョンがヨンスに聞いたヨンス兄にそっくりなんだよねー。007は直接手を下してないみたい。遺体のしょりだけ頼まれて埋めたみたいで・・・。

そのころ、ボスに会ったウンジェは、ボスの手のヤケドを見て、あの時高校生のくびに手をかけた犯人だと気づきます。震えるウンジェ。ヒギョンに巻くよう言われたヨンスは、先にウンジェとムヨルとハラボジを帰し、自分が人質になると言います。そして・・・三人が安全になったところで、警察だらけの会場で、警察に暴言をー(爆)結局警察に捕まった=逃げ切ったよー。

ウンジェは、家に警備員を大勢雇い、安全を確保します。貸本屋のあるビルは007の部下に占領されてて・・・・

ヒギョンは、結局007にさぎしだったことを思い出されて、それ以上話してもらえなくなって・・・。素直に真実を言います。ヨンスの兄が失踪したことを・・・・。そのせいで、オンマは狂って、アボジは仕事をやめて、家庭が崩壊したことを・・・。007も人の親だったら、子供の失踪がどんなに辛いことかわかるだろうと言うヒギョン。ついに007は、「何度も夢に出たから、写真を見ればわかると思う」と言います。

ヒギョンは、携帯の充電が切れてて、007の携帯でウンジェに連絡し、すぐにヨンスの兄の写真を持ってくるよう言います。ヨンスに知られないよう、ヨンスが捕まってるうちに・・・。

でも、貸本屋は、手下で一杯で。危険を顧みず、突入したムヨル。最後は、写真と、ジュンスの送ってきた本を手に、窓から飛び降りて。ウンジェの車で山荘に向かうムヨル。しかし・・・背中に大きな傷が出来てて、血がしたたりおちてて。それに気づいたウンジェがムヨルの治療をします。あああ・・・その好きに、007の携帯がONになったから、居場所を突き止めて、向かうボス達がムヨル達を追い抜かしたよーーー!!

ヒギョンはムヨル達だと思ってドアをあけると、ボス一行でびっくり!!手下はヒギョンを殴って・・・でもそれを007が止めます。そして007は逃げるんだけど、ボスは、結局ヒギョンをそのままにして去って行ったよー!最後に「君の唇は思ったより柔らかかった」なんて臭い台詞言って(苦笑)やっぱ、いけないと事だと分かってるけど、ヒギョンに心を寄せてるんだろうね・・・

ムヨルとウンジェが駆けつけたときは、ヒギョンしか居なかった。その後、出所したヨンスも一緒に、警備に囲まれてるウンジェの家に泊まり込んで。朝早く、出かけたムヨルとヒギョン。娘の病院に来た007に、ヒギョンは、自分のかつての師匠に頼み、盲目の女を演じて「因果応報・・・父の罪を娘がかぶる・・・」とお告げのように言わせます。信じた007は、亡くなった高校生を埋めた場所にお参りに行って・・・。つけてたムヨルが位置を確認します。

家では、ハラボジに、「高宗が最後に手紙を残したピョンボクって知ってますか?」と聞くヨンス。ハラボジは、ウンジェの骨董品をくれるなら話すって(苦笑)ウンジェは簡単にあげちゃったよーー。ハラボジは「高宗の六親等の弟、ジェヌンの幼少時代の呼び名だ」と教えます。ジェヌンを調べに行くウンジェとヨンス。でも資料には、子孫の表記がされていない。子がいなかったのか・・・それとも、記録されなかったのか・・・ただ、分かった事は大変な親日派だったということだ。どうして親日派に、宝の地図を託したのか・・・謎が深まります。

そこに、ヨンスに、兄の訃報が!!墓を掘り起こし、確認したヨンスは涙にくれて・・・番外編のもしもを見たら、(T-T) ウルウル来ちゃったよ・・




第十一話

兄の埋葬をするヨンス。でも、泣きわめくと思ったのに、妙に冷静で。それからずっと、食事も、でかけたりもせず、部屋にこもって寝てばかりのヨンス。

宝物地図の為、ヒギョンはジェヌンの子孫について調べ、ヨルムは、チョ・マンギがどうしてあのビルに住むようになったかを調べ、ウンジェは睡眠療法を続けて糸口を探す事に。

でも、ことごとく壁にぶつかってしまいます。アイデアマンのヨンスはひきこもりだし・・・。困ったムヨルは、寝てるヨンスに、あのビルに詳しい人を聞き出します。眠りながら教えた先は、実父の住所だった。自分と知り合いだとは言うなという条件で。兄の失踪で、誰よりも、あのビルに関する詳しい日記をつけてるらしい。ヨンスの父を訪ねたムヨルは、マンギが部屋代も払わず、しゃっきんも抱えたまま、居なくなった事を知ります。

ウンジェの催眠療法は、以前の発作でかなりの防御作用が起こってるらしくて、なかなかうまくいかなくて・・・。信用出来る人を同席させるよう医者に言われるウンジェ。ヒギョンとヨルムを誘い、嫌がるヨンスも無理矢理連れて行きます。付き添いなのに、なぜか精神鑑定みたいな質問に答えを書かされる三人。実は、ヨンスがおかしいと思ったウンジェが、ヨンスの鑑定を頼んでたんだよね・・・。

結局ウンジェは誰を信用出来る人に選んだんだろう・・・三人部屋に入る事になったけど、ムヨルではなかったみたい(爆)単純なヨルムとヒギョンはすぐに催眠にかかるのに、やっぱり防御作用がすごくて催眠にかかれないウンジェ。もしかしたら、じぶんで、もう見た事実を隠そうとしてるのかもしれないと言う医者。

その日は、秋夕で・・・。帰省しないのかと聞くウンジェに、声をそろえて帰省しないと言う三人。でも、実家の餅やチャプチェが懐かしいムヨルとヒギョン。突然、蒸し餅を皆で作ろうと言いだしたウンジェ!!

四人は仲良く餅作り〜♪行動的じゃなかったヨンスが餅作りを知ってて、餅をこねて、良い感じだったのに、電話が・・・。たいしたことじゃないけど実家に行くと言い、出て行くヨンス。オンマが入院したんだよねー。駆けつけたヨンスを見て、オンマは「どうして・・・」って・・・。これはヨンスの兄が居なくなった時から、狂ったオンマがいつも言う言葉で、「どうしてジュンスじゃないの・・・」と落胆する言葉っぽいね・・・なんでジュンスがこんなことにって・・・期待してた息子だし・・・。

うわー。ヨンスはボスをつけてるよーーー!!スタンガンを持ってーー!!ウンジェは医者からヨンスの診断を聞くんだけど、やっぱり鬱で、「攻撃的」になるかもって言われて・・・

ボスは、痴呆の愛する母を連れて帰省しようとしてる最中、オンマが居なくなったーー!!見てた子供の話によると、どうもヨンスが連れ去ったらしい!!

007に連絡をとり、「ヒギョン達を捕まえろ」と指示するボス。

ヒギョンとムヨルは、ジェヌンの墓に、誰か子孫が秋夕だから、墓参りにくるかもと、カメラをセットして、帰ってる最中、連れさらわれます。さらわれた先に現れたのはボス。ヒギョンの首をしめて、「お前が俺の急所がオンマだと言って、ヨンスにやらせたのか??」ってーーー!!そこにウンジェからヒギョンに電話がかかってくるんだけど、詳しいことが言えないヒギョン!!ウンジェは何か起こった事を感じます。

その頃、ヨンスは、ボスの母と山奥の家で、月を眺めてるーー!





第十二話

ヨンスは連れ去ったんじゃなかったよ。車にひかれそうなハルモニを助け、痴呆であばれて、歩き出すハルモニをほっとけずに、自分の家だとハルモニが言う山奥の家まで一緒に来たんだよね・・・

ヨンスの母はなんで入院したのかというと、息子がころされたって遺体で発見されたとしり、じさつみすいを計ったらしい。それを知ったボスは、ヨンスが復讐で、オンマを連れ去ったんだって言い張るけど、ムヨルもヒギョンも、ヨンスは絶対そんな事をしないと言って。

ハルモニと山奥の家に来たヨンスは、寒がるハルモニの為に、火をおこしてあげ、18年前の話をします。秋夕の前日が誕生日の弟の事をすっかり忘れてたオンマ。弟はまさか。。と思うんだけど、忘れられてるとしり、怒ってしまって。この家には兄貴だけ居ればいいんだろうと。それを聞いた兄は、ごめんごめんと言って、ケーキを買いに行き、そのまま帰ってこなかった。自分を見る度、なんで。。。と言う母。なんで兄じゃなくてお前が居るんだと言うように。辛い気持ちを告白したヨンスの頭をなで、膝で泣かせてくれるハルモニ。

朝になり、ヒギョンからの着信がすごいのに気づいたヨンスは電話を。どこに居るとボスに聞かれ、、昔住んでた家だって。すごい形相で向かうボス。残ったヒギョン達は、子分をやっつけ秘密の金庫を見つけ、モウ一個の地図を持ち去ろうとするけど、金庫に地図がないーーー

ヨンスはヒギョンに逃げるよう言われるんだけど、何も悪いことしてないし、ハルモニを置いていけなくて。。。結局縄でしばって、逃げないようにして、去ることにしたヨンス、でも、そのとき、ハルモニの体中にアザがあって。。。。シルバータウンの人に殴って蹴られたと言うハルモニ。ヨンスは絶対、息子が来たら言うんだよと言って、逃げて。

あああ。。。そうだと思った、ハルモニを助けにきたボスはアザをみて、なぐられて蹴られたと聞き、ヨンスがそうしたと思いこんだよ!!そこに、心配して戻ってきたヨンスもあらわれてーー!ヨンスをしぬほど蹴るボス。007が止めるのも聞かずに。でも、ヨンスのポケットから「お前の母親はぎゃくたいされてる、ヘルパーをうたがえ」と書いたメモが。。。どうして俺の兄をころしたんだと、叫ぶヨンス!!メモを見て、自分の間違いに気づいたボスは蚊のなくような声で「俺がころしたんじゃない」と言うんだけど、そこでヨンスは意識を失って・・・

ヨンスはひどい怪我で入院を。いくらなんでもひどすぎると激怒するヒギョン達。

そのころボスは、オンマの傷跡が長期的にやられたぎゃくたいの跡だとの診断を受けます。

ボスの部屋から 盗み出した資料に、パパの写真があるのに気づいたウンジェ。ウンジェは服役中の叔父を訪ね、自分は幼い頃、ユウカイされ、狭いところに入れられたから、今閉所恐怖症なんじゃないかと相談を。叔父は、ユウカイされて閉じこめられるどころか、幼いウンジェは狭いところが大好きだったと教えます。

ヨンスの退院の日。渋滞にまきこまれ、トンネルに閉じこめられたウンジェにいきなりフラッシュバックがーー!!高校生が突き落とされ、首をしめようと、ヤケド跡のある手をだしたのは、まさしくボス。でも、パパはウンジェを抱きかかえて、それを見てて、ウンジェを連れて非常階段??から階段をおりてるよー。パパが関係してる?



第十三話

突然、ボスから、ボスの持ってる地図が送られてきた!!ヨンスのボス母に対する気遣いのお礼だと渡されたんだけど、本物の地図なのか・・・何か意図があるのではないか、どうしても気になって、ボスと会う四人。

ボスは、地図は本物で、宝物探しから手を引くとはっきり宣言します。長年探し続けて、疲れたのかもしれないって・・・。どうやってマンギに知り合ったか聞かれるんだけど、マンギが盗掘師をしてて、偶然王宮関係の墓に忍び込み、ヨンスたちが持ってる地図を見つけ、ボスにコンタクトを取ってきたらしい。コンタクトをとってきた理由は、もう一つの地図をボスが持ってると、どういう経路かは分からないが、知ったからだ。ボスがモウ一個の地図を手にいれた経緯は、骨董屋で見つけたらしい・・・。

そしてボスと手を組んだ。しかし、秘密の通路の入り口が、徳寿宮にあることから、当時徳寿宮の修繕工事をしてた建設会社の経営者とも手を組んだらしい・・・。この時、意味深にウンジェを見て、経営者の名前を言わないボス。そして、マンズは、その能力でたった二枚の地図から、秘密通路を見つけ、黄金を見つけたらしいけど、一人じめしようとしたらしく・・・そのまま地図とともに行方不明になり、ヨンス達が最近、ビルの地下の壁から遺体を見つけたに至るみたいね。

ヨンス達は、ボスの金庫から奪った物を返すんだけど、「一つない」と言ってウンジェを見て(ウンジェの父と写ってる写真がないのに気づいたんだよね)、代わりにこれをもらっていくと言って、ヒギョンの胸の飾りを持って行きます。

家に帰って作戦を練るんだけど、ずっとウンジェは部屋にこもってて。三人の前に突然現れ、話があるって。父の話をするのかと思ったら、ずっと一人で暮らしてて、大勢でくらすと疲れるからって、三人に出て行ってほしいって話をしたよーー。

寂しさを感じながらも出て行く三人。ムヨルは、ウンジェがヨンスばかり見つめてたから、ファザコンのせいで、オヤジのヨンスに惹かれてるのでは??と嫉妬丸出しで(苦笑)「なんで老け顔なんだよーー」ってヨンスを責めたりして(笑)

現実に戻ると、自分たちの暮らしがなんとも薄暗い事か・・・。適応できないヒギョン。

しかし、ボスの地図を元に、徳寿宮を捜索する三人。まったく、手がかりはつかめない。その上、ヒギョンとムヨルは、勝手に地下道らしいところに入り、国家遺産の器物破損でつかまっちゃうしー。完全に暗唱に乗り上げてしまった。

ムヨルは、ジェスンの墓にビデオを仕掛けた事を思い出し、手柄のように自慢するけど、ムヨルに「姿が分かっても、車のナンバーが分かったり、追いかけて住んでるところを見つけないと、誰か分からないだろう」と言われ、がっくり(爆)

こうなったら、信頼できる易者にでも頼むしかないと口にしたヨンスを、信用できると太鼓判を押す易者に連れていくヒギョン。しかし・・・その順番待ちをしてるとき、客の制服に「東明建設」と書いてるのを見て、はっと気づきます!!そういえば、自分たちの住んでるマンギの見つかったビルも、隣のビルも、東明建設だった・・・ということは、徳寿宮の改修工事をしたのも、東明建設ではないかと。そして、確かウンジェの父も、写真の中で同じ制服を着てたって。

ウンジェの家に行くと、部屋中片付けられ、ウンジェは米国に留学に行く準備をしてて。写真を見つけると、やっぱり父の制服に「東明建設」の文字が!!ウンジェに会ったヒギョンは「ウンジェの父が、当時徳寿宮の修繕工事をした東明建設の代表ではないかとずばり聞くんだけど、ウンジェは、「もうその件からは手を引いたし、米国に行くので、関係ない」と言って・・・・

事務所に戻ったヨンスは、ムヨルがつけっぱなしにしてたジェスンの墓のビデオをぼーっと見てて・・・・そこに、突然、参拝する子孫の姿が!!なんとそれは、あの骨董屋のハラボジではないかーーー!






第十四話

ヨンスとムヨルとヒギョンは、ハラボジの元に。まずは、ヒギョンが、ハラボジの父だったジェスンの事をボロカスに言い、その跡、ムヨルがフォローして、絶妙なタイミングでムヨルが「どうしてジェスンの息子だと隠してたんだよー」というつもりが、ヒギョンは言い過ぎるし、ムヨルは違った意味で、絶妙なタイミングで言っちゃうし(爆笑)狸じじいのハラボジは、のらりくらりと、質問をかわして、肝心な事を教えてくれない。

事務所に戻ると、ウンジェが!!ウンジェは外国に移民しようとまでしてたけど、ムヨルの忘れたキーホルダーを見て・・・正直に、幼い頃自分はヨンスの兄がしんだ所を見てて、それに自分の父親も関わってたって事実を話します。そんなウンジェに「お腹はすいてないか??」と聞き、皆で豚足を囲み、一人でずっと悩んでたなんて、馬鹿だなーって皆、温かく迎えてくれて・・・初めて涙を見せるウンジェ。

ヨンスは、情に訴える作戦を決行。ハラボジの元に行き、不幸にして亡くなった兄の話をしながら酒を飲み、ホロっとさせる予定が、邪魔ばかり入って(苦笑)しかしーー!!丁度そこに、指名手配のはんにんの写真を配るために来てたチャン警察官が!!ムヨルは、そのはんにんが、さっきハラボジの店から出て来たのを見てたんだよねー。ムヨルは、チャン警察官とともに、ハラボジの店に行き、暗にこめて、ハラボジが、はんにんから商品を買い付けてることをチクるぞーーって脅して(笑)

その甲斐あって、ハラボジは、高宗がジェスンに残した手紙の内容を教えます。その手紙に書かれてたのは・・・「火」の一文字!!それを知ったウンジェとヨンスとヒギョンは、専門的に解析しようとするんだけど、ムヨルは単純に「燃やせば良いだけじゃ??」って。最初は馬鹿にしてた三人だけど、ウンジェとヨンスは、一理あると気づきます。どうしてジェスンにだけ、手紙を送ったのか・・・それはジェスンの地図に秘密があったからで・・・・ジェスンがどうして、何度も徳寿宮の器物破損をしたかも・・・まさか王からもらった手紙を焼くなんて想像もつかなかったからじゃって。

ヒギョンが反対する中、地図をもやしたムヨル・・・結局灰になってしまった地図。しかし、ムヨルが息をふきかけると、そこから手紙がーー!!

一度は民間のものになって再び国に買い取られた王宮の外の王宮「重明殿」が、その秘密の場所だ!!四人はすぐに言ってみるけど、修復作業中で、関係者以外立ち入り禁止で入れない。

ヨンスは、隣の建物から忍び込む案を出します。怪我したヨンスは見張りで、ムヨルとウンジェとヒギョンが黒づくめで計画を実行するんだけど、ヒギョンは、変な服だし、ムヨルは黒いジャケットだけど、後ろに真っ赤な絵が書いてて、ご丁寧に住民番号まで書いてあるし(爆笑)しかし・・・すぐにけいさつが駆けつけてきたーー!!早すぎると思ったら、別に忍び込んでた二人が居たんだよね・・・そのお陰で逃げる三人なんだけど、二人組・・・007??Σ(゚Д゚ υ)

作戦変更で、ギブスの取れたヨンスとムヨルが工事現場の人を装って進入・・・うまく地下に潜り込んで、撮影できるんだけど、見つかりそうになって冷や冷やしたよ。戻った二人は、映像を、ヒギョンとウンジェに見せるんだけど、12/20から地下の工事に入るので、早く見つけないと、工事人に見つかってしまうかもと話し合ってて・・・

ひぇーー!!諦めたはずのボス・・・現場の主任にコンタクトとってるよー。情報をリークして、自分たちの要求をのんでもらえる状況にして・・・どうして・・・って思ってたら。。。ハラボジと仲間だったーーー!!全部分かってて、ハラボジが今回の宝探しの糸をひいてたの??ウンジェやヨンスを絡ませて。だって・・・あの、ヨンスの兄が亡くなったとき・・・本当にボスはころしてなかったよ。階段から落ちて、息耐えた兄の脈を確認してただけなんだね。首の動脈で。そこには、ウンジェとウンジェの父も居たけど、なんと、ハラボジもいたんだよーーー!


第十五話

突然、工事が中断して、まさに絶好の黄金捜査日和!!もちろん、ボスが手を回してそうなってるんだけどねー。四人はこっそり重明殿に忍び込みます。暗号の「すももの花」を必死で探すけど全然見つからなくて・・・お手上げの四人。

そこで突然、見つけた謎の石のパズル!!それは15枚の正方形の石を、パズルのように一個ずつズラして、最後に綺麗なすももの花の形にするものだ。いつも貸本屋の店番をしてる小学生のカンモが得意だと思い出した四人は、テレビ電話でカンモに頼みます。

カンモのお陰で、パズルが揃い、秘密の通路に通じる穴が開いたーーー!!

閉所恐怖症のウンジェは、パソコンを使って、三人と連絡とりつつ、外からの侵入者もチェックしてて。あああ・・・扉を見つけたヒギョンったら、ヨンスが「危ない」と気づいたときにはもう遅くて・・・なんだかガスのようなものがつまった入れ物が仕掛けられてるのに気づかず開こうとして、落としちゃったよーー。

バタバタ倒れる三人。ウンジェはそれを見て、閉所恐怖症なのに、口から血がながれるほど食いしばって、酸素をもって、三人の元に。ウンジェのお陰で助かった三人。あのガスを吸い取った機械・・・すごいーΣ(゚Д゚ υ) ウンジェはここで意識を一旦失うんだけど、その前に、三人が、今まで生きてていつが一番幸せだったかって話をしてて、ヒギョンとムヨルは「黄金を手にする数時間前の今だ」と言うんだけど、ヨンスは、幼い頃、両親と兄とピクニックで昼寝をしたことだって話をしてたんだよね・・・なんでもない日常が、実はとても幸せなんだと気づく瞬間があったって・・・・。気をうしなったウンジェが、一番幸せだった時を思い出すんだけど、皆と餅を作ったときのあの楽しいシーンだったよ♪なんとかウンジェは意識を取り戻します。

その後、ウンジェは元にもどり、三人は先に進みます。いきなり目の前の道がなくなり、そこには大きな穴があって、水がいっぱい張ってある・・・。もう、ここで一旦帰るしかないと話し合ってたら・・・ヒギョンが上着を脱ぎ始めます!!「私は諦めない」って!!!感動のシーン・・・よみがえるヒギョンとの思い出。「ヌナーー!!」と泣きながらヒギョンを送るヨンスとムヨル・・・しかし・・・

メッチャ浅いじゃん(爆笑)

そこを三人が抜けると、ついに見つけたーーー!!あの葉っぱの形の黄金だーー!!興奮する三人!!「3.1tにしては少なすぎない??」と言われても、3.1tじゃ非現実的すぎるから、これくらいで丁度良いとはしゃぐヒギョン。

ひゃーーー!!そこに、突然ハラボジと、気を失ったウンジェを連れたボスがーーー!!驚く三人!!ハラボジは、目の前の黄金を、「それは餌だ・・・。お前達はそれくらいで満足しろ」といって、地図(暗号の)を見せるよう言います。ヨンスは「前、一緒にやろうと言ったのに、なんで嫌だって言った??」と聞くけど、「17年前に裏切られて、誰も信用できなくなった」と言って。

ハラボジはその文章を読み、「+」型の石を入れ替え、ひねります。すると・・・ひゃーーー!!真ん中の井戸の水がひいて、大量の黄金がーーーー!!!しかし・・・ハラボジの目的は、黄金じゃないみたい。なんだか書物をみつけて、大興奮!!ボスは、この秘密通路が崩れようとして、揺れてるのに気づき、声をかけるんだけど、全然聞こえないハラボジ。あああ・・・ついに崩れたか??大量の砂がーーーー!!!Σ(゚Д゚ υ) ここから・・・あの一話の冒頭部分になるって事?




第十六話

最終回だから、レビュー少なめにかな??

最終回だよーー!!ハラボジは、あの書物に興奮して、砂にうもれちゃった・・・ボスは助け出そうとしたんだけど、もうたすけられなくて、書物だけ持ち出す事に・・・

ハラボジは黄金より何より、親日の汚名をきせられて皇族から除外されたかたきをうちたかったんだよね・・・実は、それはにせの姿だと証明して、自分も皇族だって証明したかったんだ・・・

それが載った書物だった・・・

一並みこえたけど・・・気づくと、洞窟に閉じこめられてしまった。迷路には、出口があるはずと、さがしたけど、酸素濃度の限界値が何時間とでてる事にきづき・・・出口もない世界に閉じこめられてしまったと気づいたメンバー・・・

自分が後悔してることをそれぞれ話し出すんだけど、ヒギョンは、自分は昔、本物の巫女の親族に、金儲けはできないけど、長生きだけはするといわれたから、死ぬわけははいと、必死で壁をほりはじめ・・・

 

でも・・・何も分からないとざされた世界・・・・

諦めたとき、突然ヒギョンに、ウンジェの父がのりうつったか??父とウンジェしか分からない会話をして、「マンギは、黄金ビルの壁でしんだ」と、手がかりを残してくれます。

黄金ビルに繋がってるはずだ・・・マンギが、地図通りにきてたら、仕掛けも全部クリアーしてたはずだと気づきます。

 

そして・・・もぷ少しで酸素がなくなるってとき・・・ヨルムが黄金ビルの壁を発見!!でも・・・もうタイムリミットは越えてて・・・必死で壁をたたき、耳の聞こえない、カンモの母が音に気づき、ヨルムの最後の力が・・・ウンジェにキスしたからか、その壁をぶち抜いて・・・

たすかったーーーパチパチパチ o(^ー^)o☆o(^ー^)oパチパ

波がすぎると・・・専門家が、あの通路につおて研究を重ねた報道が・・・皆は結局ハラボジが親日の家系だったという汚名だけ晴らして・・・なにも言えないんだよね・・・国家の神物の破損に繋がるから(爆)

でも、今日も、黄金を狙う人たちが、黄金ビルに!!真実を知ってる興信所の皆は口を閉ざすしかない・・・さあ、この先どうなるか??(笑

注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。