まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

星から来たあなた(全二十一話)
第一話〜第八話


第九話〜第十六話はこちら) 第十七話〜第二十一話はこちら

 〜キャスト〜
 
チョン・ソンイ : チョン・ジヒョン

ト・ミンジュン : キム・スヒョン

イ・フィギョン : パク・ヘジン

ユ・セミ : ユ・インナ

第一話
1609年8月25日江陵。15歳で、旦那の顔を一度もみることもなく未亡人になってしまった少女の御輿の前にUFOが!!吹き飛ばされる一行。少女の御輿も飛ばされ、崖から落ちる・・・その瞬間・・・時間が止まって・・・現れた男が一人!キム・スヒョン、格好いい♪きゃー☆

そしてその止まった時間の中で、少女の御輿を引き上げ、助けます。その後再び動き出す時間。御輿をあけて、少女に手を差し伸べる男・・・。

朝鮮王朝実録には、1609年に正体不明の飛行物体が各地で目撃されたと記録されている。その飛行物体に乗っていたのが、ト・ミンジュンってわけだ。彼は現在、大学教授をしているみたい。ト・ミンジュンの故郷の星を地球人は、KMT184.05と呼んでいて、地球と似てる星みたい。

ミンジュンは、朝鮮時代から今まで400年以上ここで暮らしてる。視力や聴力など全ての感覚は、人間より数段優れていて、地球人と唾液や血液が混ざるのは苦手だから食事は必ず一人で食べる。

「世紀の彗星」が三ヶ月後に地球で見れるとの報道が。これぞまさにミンジュンが400年待ち続けてた彗星だ。3ヶ月後にミンジュンは住んでいた星に帰れるのだ。

ソンイは人気女優なんだけど、とーっても無知でお馬鹿さん。SNSで勝手につぶやいちゃって、その無知さが世間に知れ渡って、笑いものに。なんとか事務所は、ソンイの機嫌を損ねないでSNSをやめさせようとするんだけど、話し相手がSNSだけのソンイは嫌がってて。ぷぷ、SNSで無知をさらけ出したのは、今回だけじゃないみたいだね(苦笑)

うるさくSNSを禁止しようとするマネージャーに激怒し、一人で引っ越したばかりの新しい部屋に戻るソンイは・・・エレベーターでミンジュンに会い、自分の追っかけだと勘違い。好き勝手、ミンジュンに文句を!ぶはは!!ミンジュンはソンイの隣の部屋の住人だったよ。

謝って誤魔化すソンイだけど、自分の事をミンジュンが知らないと知り面白くなさそうだね(苦笑)

うわ・・・。そんなソンイだけど、寄生虫のようなオンマが居るのね。縁を切っても、お金ばかりたかってきて・・・。

人間より聴力が優れてるミンジュンは・・・夜中に隣で大声で歌ってるソンイのせいで眠れなくて文句を言いに。騒音は犯罪だって。常識がないと言われ・・・SNSの事でソンイを馬鹿にして書き込まれてたひどい言葉をミンジュンに言われてる気がして逆ギレするソンイ。逆ギレするだけして被害者のように部屋に戻って(苦笑)あっけに取られるミンジュン

その後・・・ベッドで文句を言いながら泣き続けるソンイ。今度はその泣き声で眠れないミンジュン。眠れなくて、ノートに「地球での最後の三ヶ月の記録」を書き始めます。

次の日・・・匿名の情報提供者から、ソンイが数ヶ月の間大学に登校していないという情報がマスコミに。ソンイが全然学校に行けないのは仕事のせいだと事務所は答えたんだけど・・・あの、優雅にコーヒーを飲んでるSNSの写真の日も学校に来てなかったとつつく報道人。

報道されたからってすぐに学校なんか、行きたくないというソンイに、だからって行かなかったら魔女狩りの対象になってしまうと登校の説得をする事務所社長。

財閥であるS&Cグループの息子フィギョンが6ヶ月ぶりに帰国。すぐにソンイの元に。フィギョンは中二からずっとソンイが好きで、何度もプロポーズしてるけど、ソンイに相手にされてない感じだね。でも、ソンイと結婚するのは自分だと信じきってるよ(笑)

フィギョンに学校に送ってもらい、登校したソンイ。ぶははは!フィギョンがまるでボディガードみたい(爆笑)

そしてこの大学の教授が、ミンジュンってわけね(笑)ミンジュンが隣の住人だと聞き、この授業はどうしても単位が必要な授業だから知り合いで良かったと言うマネージャー。やばい・・・と思うソンイ(笑)失礼のオンパレードだったもんね(笑)

授業の後、報道のせいで学校に来たけど、レポートまでは無理だと、なんとか多めにみてくれないかミンジュンに掛け合うソンイ。しかし・・・それを拒否するミンジュン。

ミンジュンは、チャン弁護士に10年に一度、死亡診断書を書いてもらってるみたいね。三ヶ月後に、元の場所に戻るから、最後の死亡診断書を書いてほしいと頼みます。チャン弁護士が唯一の友人で、彼だけはミンジュンが異星人だって知ってるんだね。

なんで400年前に戻れなかったんだと聞くチャン弁護士に、「事故があって、もどれなくなり、一人の少女が死ぬことになったんだ・・・私に初めてプレゼントをくれた娘だった」と説明するミンジュン。

そのプレゼントとは・・あの日空に消えたUFOの絵を少女が書いてくれたものだった。そして・・・12年前の冬・・・クリスマス前日・・・その頃は外科医をしてたんだけど・・・突然、トラックに跳ねられそうになってるあの少女の姿が脳裏に浮かんだらすう!!400年前のあの少女と全く同じ顔の少女が。

ソンイとフィギョンと、いつも脇役女優のセミは幼なじみみたい。三人で食事してる席で、指輪を取り出しソンイにプロポーズをするフィギョン。しかし・・・即断ったソンイ。

理由を聞かれ、中二の頃の話をするソンイ。うわー!!400年前の少女と同じ顔の少女って、ソンイじゃん!!!

家から飛び出したソンイ。プレゼントを渡しに来て、ソンイをおいかけたフィギョン。すると目の前にトラックが!!その瞬間・・・ソンイが消えた!!と・・・思ったら、道路の向こうで、男に抱えられてるソンイが!その男は・・・ミンジュンだ!!

ソンイにとってその男が初恋で、だからフィギョンのプロポーズを受け入れられないって。なのにその男の顔が記憶にないらしい。

ミンジュンが時間を止めて助けたんだね。400年前助けたあの少女と同じように・・・ミンジュンの事を「死神なの?」と聞く幼いソンイ。地球を去る前に、もう一度会いたいとチャン弁護士に話すミンジュン。互いに再会してるのに、気づいてないんだね・・・。


第二話
ミンジュンは400年前・・・地球の研究をしにやってきた。

何者かに連れさらわれてころされそうになってる(この時代だから、夫の後追いジサツをしたようにみせる為か・・・)あの未亡人になった少女を再び助けたミンジュン。自分はソ・イファだと名乗る少女に、空中浮遊をする姿を見せます。驚くイファ・・・。この時のイファの簪は、大学内に飾られてるよ。それを切なく見つめる現代のミンジュン。ここにあるものはすべてミンジュンが匿名で寄付したみたいだね。

マンションでミンジュンに再会したソンイは、自分の方が年上なのに生意気だとまた文句を。難しい話でうまくかわして行くミンジュンに再びムカついてるよ(爆)

その夜・・・夢の中で誰かがベランダのような所からプールに落ちる夢を見たミンジュン。見えたのは足だけで・・・。相談されたチャン弁護士は12年前のように予知夢なのではないかいいます。去る前に人助けをするためじゃないかって。でも・・今までミンジュンが人を助けても、結局皆、もっと不幸になっただけだった・・・。人助けをしても何の意味もないって・・・。

気乗りのしない自分のスペシャル番組を・・・自分が断ったら、ライバルのユラの特集になると聞き、やると言い出したソンイ。スペシャルがやりたかったのにと悔しがってるユラに、暗に、ソンイがユラに渡したくなくて仕事を受けたことを教えたセミ。

ぶははは!!完全ノーメイクに見える、完璧メイクで、好感度アップするような事ばかりしてスペシャルの撮影をするソンイ。でも・・・相変わらずの無知さで、薬の名前間違えてるし(爆)

カメラが回ってるので、ミンジュンの講義できちんとレポートを出したソンイ。しかし・・・ミンジュンはソンイを呼び、普段授業に出てないことを口にしたどころか、抜粋や複写は絶対禁止なのにやってますねと言ったー!!やってないと嘘つくソンイに、事細かに原本まで言い当てて「0点」だって。

すっかり大恥をかいたソンイ。面白がってネットにこのことを、ソンイを馬鹿にしながらアップしようとしてる学生たちの会話が、ミンジュンの耳に。

ネットの書き込みを見て・・・一人で落ち込むソンイ。

その頃、セミオンマはソンイオンマに、このスペシャルの撮影を教えます。オンマなのに出ないの?って。

落ち込んでるソンイは、同級生で漫画喫茶を経営してるヘイン(改名前はボクチャだって。笑)の元に。ソンイは、なんで人々は自分を好きだと言いながら、裏で嫌うのかとヘインに。

チャン弁護士と麻雀に来てるミンジュン。過去に麻雀師だった頃出会った老人が。その老人はミンジュンに一度も勝ったことがないのに、自分がいつも勝っていたと嘘を・・。人間って哀れだとミンジュン。

チャン弁護士が12年前の少女を探してると報告するんだけど、ミンジュンはそこまでしなくても良いって・・・。気になるけど、会うべき理由があるなら、会うようになるはずだし、会えないなら理由がないって事だって。

酔っ払って家に帰ってきたソンイは、酔いすぎて、間違ってミンジュンの家のドアを開けようと暗証番号を打ち込んだり、開けゴマで開けようとしたり(笑)

中から出てきたミンジュンに「なんで私の部屋にいるんだ」って。0点の文句を言い、部屋に入ってきたよ。

セミはフィギョンが好きなんだね。うまく話して、誕生日のお祝い食事の約束をとりつけたのに・・・・約束の場所に向かうフィギョンの元にソンイと連絡がとれないというマネージャーからの連絡が!!ハンドルを切ったフィギョン。

フィギョンはソンイの携帯に電話するんだけど・・・それに出たのはミンジュンだ!お前は誰だと激怒。フィギョンがミンジュンの家まで迎えにきたよ。

セミ・・・ずっと待ち合わせ場所で待ってたんだね・・・。撮影が長引いてどっちみちあえなかったなんてフィギョンに嘘をついてあげて。

S&Cの後継者・・・フィギョンの兄ジェギョンなんだけど・・・フィギョンの前じゃ優しそうな感じなのに、実はすごく怖い人みたい・・・。平気で人をころせるような・・・。

次の朝、部屋にソンイの写真が落ちてるのを見つけたミンジュンは・・・サイフに入ってる昔のソンイの写真を見て、12年前に会った少女だと気付き驚きます。

だとしたらあの夢はソンイ??そう気づいたミンジュンは急いでソンイを探しに!

ソンイを恨んでるユラがソンイに絡んできた!!年下なのに、芸歴では自分が先輩だと生意気に!!ユラに何を言われても、それ以上の悪口で上を行くソンイ。悔しいユラは、人の前でソンイの母の悪口を!ソンイもそれ以上で返して・・・ユラがソンイを殴ろうとした手を止めたのは、ミンジュンだ!!

わー!!邪魔するなというユラの口を封じるため、超能力で驚かし、ミンジュンがソンイを連れて行った!!

ずっとソンイの顔を見つめたままだまってるミンジュン。そして写真を見せ、これは誰だと聞くミンジュン。「お前・・・誰なんだ・・・。」これが人間のいう運命なのか・・・。




第三話
400年前・・・ミンジュンに、正体は何なのか聞いた、少女イファ。しゃべれないと気付き、ミンジュンの正体が何であろうが、恩人だから、一緒に家に行こうって・・・。

しかし・・・家(嫁ぎ先)にもどると、イファが自決したという事で葬儀が。美しい決断を称える烈女の文字を墓石に刻むって・・・。自分を殺そうとしてたのは義母だったと知るイファ。イファが生きてるのがばれたら困るから捕まえてころすよう義母が指示をだしてるのも聞いちゃったよ。

見つかりそうになったイファと、瞬間移動するミンジュン。自分の墓を見て涙するイファ。そして、実家のある江陵に行くと言い出します。一人で行こうとするイファに「私と行こう。私が守ってあげる」と初めて言葉を口にしたミンジュン・・・・

そして現代に・・・。「私はチョン・ソンイよ!!」というソンイの言葉に・・・・そうだソンイだ・・・あの子のはずがないと呟くミンジュン。落とした視線の先には、ソンイの靴が・・・あの夢と同じ靴だ!

話を聞いたチャン弁護士は、12年前のように予知夢かもしれないと話します。12年前のように助けるのか、それとも今までみたいに無視するのかどうするかミンジュンに聞きます。

サガジなソンイだけど、良い所もあるじゃん。人気者の自分にだけ媚び売って、セミを無視する後輩に、セミが行った後、喝を入れてるよ。

ぶはは!!フィギョンは、御曹司って事を隠してアボジの会社で平社員として仕事してるんだけど、世間知らずだから、メッチャ新人にあるまじき行動を取ってるのに、自分で気づいてないよ(笑)さすがに見かねた先輩社員ユ課長が説教を。ベテラン、ユ・ジュンサンがこんな役で出てるなんて・・・。シン・ソンロクもそうだったけど、脇役に演技派がいるねー、このドラマ。

フィギョンは、ユ課長の言うとおり、PCの壁紙をソンイから家族写真に変えて・・・会長の息子だと気付き・・・ぶはははは!!!ショックを受け倒れるユ課長(笑)ユ課長の言うとおりコーヒーを買ってきたフィギョンに・・・すっかり態度が変わってる社員たち(笑)

うわ・・・フィギョンの兄ジェギョンだけど、やっぱり、あのショッピングモール建設に反対してた地主の事故死に関係してるんだ!!(怖)優しい顔して、恐ろしい。それを不審がってる理事の・・・糖尿病のインスリンにも小細工した?? 

夜中、自宅でいきなり右脇腹に激痛が起こったソンイ。痛みに耐え、化粧しはじめます(笑)脅威の聴力でそれに気づいてるミンジュンは・・・ソンイが玄関から出てくるタイミングで玄関の外に。用事があって病院に行く所だというミンジュンに、自分も連れていってほしいと頼むソンイ。

病院についたソンイは、ミンジュンをマネージャーだなんて医者に(苦笑)ソンイは虫垂炎で、すぐ手術に。手術室に行くソンイは、ミンジュンをよび、帰らないよう傲慢だけど(笑)お願いします。目を覚ますまでどこにもいかないで絶対に傍にいてって。

結局・・・ミンジュン、待っててあげてるよ(笑)

手術後・・・看護婦に言われたとおり、おならが出るようソンイの散歩に仕方なく付き合うミンジュン。ぶははは!歩いてる最中、おならが!!(爆)

病室に戻ると初雪が!!「朝鮮では、初雪が降った日、どんな嘘をついても許されるんです。王に嘘をついても許される唯一の日なんです」といい、「実は・・・私は若様が好きです」と告白したイファの言葉を思い出すミンジュン・・・。すぐに初雪の嘘だと言ったイファ。

そして「初雪の日には・・・」と口にしたソンイ。。。続いた言葉は「チキンとビールだ・・・ホルモンと焼酎か、豚の皮でもいいし、チヂミとマッコリでもいい・・・・etc」だって(爆)食べ物の話ばかりしてる(笑)

ソンイの病室に、ソンイの彼氏だと現れたフィギョン。警備に信用してもらえなくて・・・。病室からミンジュンが出てきて驚き、こいつはマネージャーじゃないと騒ぎます。一晩中一緒にいたと聞きもっと激怒。ミンジュンは警備に、面会謝絶にするようアドバイスを(笑)

セミは10年以上、ソンイを思い続けてるフィギョンを思い続けてるんだね・・・。セミのお陰でやっとソンイの病室に入れたフィギョンは、なんで自分を呼ばなかったんだと文句を。ミンジュンの事をストーカー扱いして。

ソンイに無理やり頼まれ、漫画喫茶のヘインの元に来たミンジュン。漫画を借りてきて欲しいって頼まれたんだね(苦笑)ちょっとエロい本ばかりで(苦笑)

ソンイ母は、弟のユンジェも呼び出して病院に。スペシャルを撮ってる放送局まで呼び出して。

呆れたユンジェは一足先にソンイの元に。生きてるのを確認してすぐに行こうとして・・・。ユンジェは、ソンイの金のせいで家がこんなになったんだとソンイを恨んでるみたい。金を送るなって。その金のせいでアッパもソンイがそうじゃなかったら、こんな事にならなかったって・・・。そこに・・・カメラをひきつれ、芝居がかった涙の演技で病室に入ってきたオンマw

怒って出て行くユンジェ。気にせず演技をつづける母に・・・カメラがあるのに切れるソンイ!!いい加減にして、出て行けって!!

病院の前まで来た男・・・ソンイ父だ!!ユンジェを見かけ隠れたよ。その男に気づいたミンジュン。結局・・・ソンイ父はそのまま帰っていったよ・・・。

うわ・・・すり替えられてると知らない例の理事はインスリンを打った!!ジェギョンに呼び出され、部屋に向かうんだけど、途中で倒れて階段から落下!!電話をかけようとするんだけど、その電話を何者かが蹴飛ばした!!ひゃーー!!亡くなったよー。やっぱりジェギョンの仕業??(怖)

退院することになったソンイ。しかし・・・靴が見つからない。ミンジュンが持っていったんだ!ミンジュンを呼び出し、問いただすソンイ。自分は持って行ってないと言いはるミンジュンだけど・・・実は持って行ってたよ(苦笑)

ユラはジェギョンと付き合ってるんだね、ジェギョンは結婚する気ないみたいなんだけど、結婚をせがんでるよ。ジェギョンの秘密を絶対他人にはいわないなんて意味深な事をいって。ジェギョンは離婚歴があるみたいで、それが何かトラウマになってる感じね。知り合いの結婚式に一緒に行こうとせがむユラ。なんか・・・次の消すターゲットはユラになった感じが・・・w

その結婚式はクルーザーでやるみたいで、ソンイも正体されてる。うわ・・・あの無くした靴と同じのを取り寄せたよ。サイズは小さいけど。同じ靴を買ったといい、なんであんな事をしたのか理解できないわと、ミンジュンのポケベルに文句を録音します。

美容院でユラに会ったソンイは、またまた一戦を。生意気な言葉で圧勝のソンイ。悔しがるユラ。

留守電を聞くミンジュン。目の前の野外画面にはこのクルーザーパーティの映像が!!ソンイがあの靴をはいて現れた!!予知夢が現実になるのはここだと気づくミンジュン!!!




第四話
400年前・・・イファと共にイファの実家に来たミンジュン。義母が自分をころして烈女にしようとしたと両親に報告。涙の再会を。そしてミンジュンを恩人だと紹介したイファ。

しかし・・・その夜、イファは実母に首をしめられて。家門を汚したから死ねといい首をしめる母・・。しかし・・・父がその姿を確認し、去った瞬間・・母の手が緩み、逃げるようイファに言います。

イファが、正体の分からない男を連れてきたことが、家門を汚した事になるって事ね・・。イファ父はミンジュンに毒をもるんだけど、弱りながらもなぜか死なないミンジュンに難色をしめします。縄で縛られ、毒に侵されながら・・・空をみあげると、去っていくUFOが目にはいるミンジュン・・・。こうしてUFOに乗り遅れてしまったんだね・・・。

ソンイの話をチャン弁護士にするミンジュン。400年もの経験上、いろんな苦しみがあったから、あえて助ける気がないようで。そんなミンジュンに、未来も重要だけど現在も重要なのでは?とアドバイスするチャン弁護士。あの方に良くないことが起こっても、平気でいる自信がありますか?って。

結婚パーティの開かれる船が出港した。ミンジュンは、ソンイが子役だった頃の映像を見て・・・これってあのドキュメントなんだね。初恋の話をするソンイ。初恋みたいな経験はないけど、幼いころ大事故にあいそうになった時助けてくれたアジョシに会いたいと話してて。そのアジョシに会えば運命的にすぐに分かる気がすると自信たっぷりに言うソンイ。

悩むミンジュンは・・・ついにドアを開けた!!

でも、行かなかったんだね・・・。川べりには沢山のパトカーと救急車が! ニュースには大女優が船上から大女優が失踪して三日目・・・死体を発見したという報道が!!

パーティ当日・・・。フィギョンもセミも、ソンイと一緒に参加。そこにジェギョンが。ユラがSグループの男と結婚するって言ってたけど、オッパはユラと付き合ってるの?と聞くソンイ。面識がある程度だといい否定するジェギョン。

発見された遺体はユラだった。ユラが最後に目撃されたとき・・・ユラと犬猿の仲のソンイがまた言い争ってたとの情報が!!

これによりまるで魔女狩りのように、ソンイが加害者のような扱いに・・・。報道人はソンイの自宅に大勢かけつけてきて・・・。

ユラはソンイにひどいことを言われたせいで鬱がひどくなりジサツしたんだって事で。以前、ソンイがユラに悪態ついてる隠し撮りもネットで公開されたりなんかして・・・。

マネージャーの電話で、事の次第を知ったソンイは一旦逃げようとするんだけど、報道人がエレベーターや非常階段から上がってきて・・・

偶然あいたミンジュンの家のドアに飛び込むソンイ。

ミンジュンは自分でなんとかしろと、ソンイを追い出そうとするんだけど、さすがのソンイも、待ち構えた大勢のマスコミの前に出ていけるはずもなく、匿ってほしいと懇願を。

仕方なくミンジュンは、ソンイを自宅に。トイレを探してたソンイは・・・昔のものがいっぱいある秘密の部屋を見つけた!!あの、地球で最後三ヶ月の記録と描いてるノートも見た!!それに気づき、瞬間移動でソンイの前に来たミンジュン。ソンイをこの部屋から連れだします。

投資目的の骨董品マニアだと勘違いしたみたいだね。再び追いだそうとするミンジュン。しかし・・・懇願したソンイだけど、開き直って、今ここから自分が出て行ったら、ミンジュンはソンイの愛人だと大騒ぎになって、巻き込まれるぞと脅して(苦笑)

この家の物は何も触らないことと、何も質問しないことと、半径1メートル以内に近づかない事を条件に、仕方なくここに居させることに。

このままジサツとしてユラの事件は決着しそうだという報告がジェギョンの元に。しかし・・・ユラが、PCのジェギョンの動画と通話記録をコピーしてポーチにいれ持ち歩いてたはずだが見つからないとの報告も。早急に探すよう命令するジェギョン。

そこにフィギョンが。ソンイのせいでユラが死んだというこの報道をなんとかしようとしてるフィギョンは、せっかくジサツで解決しそうなのに、ジサツを装った殺人事件かもしれないと言い出して。苦笑いするジェギョン。

ソンイの部屋に来たフィギョンだけど・・・すごい報道人にびっくり。自分が「ソンイの彼氏」だとばれたら大変だと、成り行きで、報道人のふりを(苦笑)

うわ・・・ソンイはユラとジェギョンの会話を、クルーザーの中で聞いてるよ!!二人が恋人だったって事も知ったみたい!!その上、ユラが忘れていったポーチも、ソンイが持ってる!!危険じゃない??

そして・・・ソンイが無事だった理由・・・。ミンジュンが見た予知夢が、ユラの事だったってわけじゃなく、ミンジュンが助けてたんだーー!!あの時、クルーザーにミンジュンが来たんだね。ミンジュンが助けたから、ソンイがベッドで寝てたんだ!!そして・・突然船にあらわれて、突然消えたミンジュンの姿を、検察の検事が発見!!ミンジュンが消えた瞬間、ソンイも消えてて・・。幽霊だと怖がる刑事。

酔っ払ってたソンイもまた・・夢だと思ってるけど、ミンジュンに会ったのを覚えてて・・・。

実はこの時、酔っ払ってるソンイをベッドに運んだミンジュン。酔ったソンイは、ミンジュンに腕を回し・・・キスをしてたーー!!ミンジュンは初めてのキスだったーー!!




第五話
うわ・・・ミンジュンも、ソンイを送った後、偶然ジェギョンと部下の、処理が終わったって会話を聞いたよ。見つかりそうになり、瞬間移動でにげた!!

テレビに、夕方、光化門上空にUFOが出現したというニュースが!!

400年前にも同じようにUFOが!!オモ!!このドラマ、時々すごい俳優が脇役ででるけど、今回はキム・スロだよー。こんなUFOの話を皇帝にはできない、うるさい民心をなだめるには他の話題だというキム・スロ(なんだか分からないから、本名で書いてみた。笑)

部下は、烈女として申請されたイファが、見知らぬ男と実家で目撃されたという噂があることを報告。烈女碑をたてるために偽の自決をしたんだって。烈女と偽ったイファを捕まえるよう命令するキム・スロ。

イファの実家に追っ手が。イファの父はイファの母がうまくイファを逃してくれると信じてたんだね・・・。命の恩人を見殺しにできないからと、一緒に来た男の元にいったと、アボジに言うオモニ。

薬のせいで眠ってるミンジュンを必死で起こそうとするイファ。イファの父はイファを守るため・・・斬られて命を落とした・・・。ソファ父を殺した追っては、ソファとミンジュンのいる小屋に来たが・・・誰もいなくて・・・空にはUFOが・・・

現在・・・。
 
1億の自分の広告がみれるから、ここに越したというソンイ。ここにたどり着くまで12年かかったといい・・・人に傷つけられても笑っていると慰められるというソンイに、人に傷つけられない方法は何も与えず何ももらわず期待しないことだと教えるミンジュン。そうすれば失望することも傷つくこともないと言われ、だったら何を楽しみに生きるんだというソンイ。そうやって一人で生きて、寂しくないのかって。

最後の三ヶ月って何かと聞くソンイ。質問するなといっただろうと無視するミンジュン。

眠ったソンイをみて・・・イファが早く年をとってその姿を見せたいと言った言葉を思い出すミンジュン・・・。

ユラの部屋から見つかった遺書。

チャン弁護士が妻におかずを作らせてミンジュンの元に。自分はアボジだとソンイにいい、ミンジュンのオンマのおかずを届けにきたって。

あああ。。。ユラの部屋で見つかった遺書は、ユラの妹が見つけたんだね。解剖鑑定でも、精神安定剤と鎮痛剤と抗鬱剤が検出されたとの報告が。完全にジサツだという警官だけど、いきなり遺書がでるのもおかしいと、調べるよういう担当検事。

担当の新人検事が、ユラの事件を怪しんで調べてるとジェギョンに・・・。ひゃー。このユ検事って、セミの兄だ!!

1億の広告からソンイの写真が消え、部屋の前に居たマスコミも消えていった・・・・。

自分の価値がこんなに落ちぶれた事がソンイにばれないように必死で隠すミンジュン。

マネージャーからの電話で。ユラの遺書の話を聞き、このままじゃソンイが悪者になってしまうと聞いたソンイは自分のせいじゃないと記者に言うって、言い出した!

外に出ようとしたソンイはガラスをふんで怪我して・・・ミンジュンにだきかかえられた時・・・ユラの死が自分のせいだったらどうしよう・・と初めて弱音を。

気弱になるソンイに、絶対にお前のせいじゃないというミンジュン。そのままで待ってろって。

傷の手当をして、外に記者が居ないことを教えたミンジュンに、匿ってくれた事と、ソンイのせいじゃないと言ってくれたことを感謝するソンイ。

ソンイが出て行った後・・・なんだかミンジュン、すごく寂しそう・・・

CMもドラマも全部切られるソンイ。でも逆に自分から全部断るソンイ(苦笑)ついにスケジュールがなくなった。

その頃・・・CCTVの映像から、ユラのポーチを持っていったのはソンイだと知ったジェギョン。

ソンイのマンションに友人がいるから部屋によらせてもらうとソンイに連絡したジェギョン。ジェギョンをみかけたミンジュン。そこに警察が。ユラの殺人事件について聞きたいことがあるって。その会話が聞こえるジェギョン。

刑事につきあって一緒に車で移動するミンジュン。車の中でうとうとしていて・・・ジェギョンの指輪を思い出し・・・なんだかあのクルーザーで会った男だと気づいたみたい!!

その頃・・・ジェギョンはソンイの部屋に!!!!

ユラの事件があったときどこにいたかと車でミンジュンに聞く刑事。急に車から飛び出すミンジュン!!!!




第六話
突然車から出て逃げたミンジュンを、犯人に違いないと思い、追いかける刑事。しかし・・・突然見失って・・・

瞬間移動でマンションにきたみたいね。

うちに来たジェギョンに、ジェギョンとユラの関係を知ってると・・・悪気もなく心配していうソンイ。結婚発表をするって話をしてたのを聞いたって。

その話を誰にもしてないと確認したあと、眠れない時睡眠薬を飲んでる事を確認するジェギョン。そこに突然の来客が!!フィギョンだ!

警備員に捕まった後、ソンイの部屋に言ったミンジュン。出てきたのはフィギョンだった。無視してフィギョンを外に追い出し、ソンイの無事を確認します。あの男がジェギョンの兄で、S&Cの後継者だと知ります。

フィギョンはミンジュンに、部屋を相場の二倍で売れって(笑)ソンイは俺の女だというフィギョンに、「合意はできてるのか?」とミンジュン(笑)ずっとソンイと自分は一緒だったし、これらも責任を持つというフィギョン・・・。ずっとばかにしてた嫉妬という感情がわいてくるミンジュン。7酔っ払ってない状態で一晩自宅に泊まったとフィギョンに(笑)

事務所はソンイとの再契約に難色を。自ら再契約は保留にするというソンイ。CMの違約金も自分が払うって。当分やすむから連絡するなと事務所を出ていきます。

うわ・・・ソンイが主役だったドラマの新しい主役がセミに!!断るというセミ。しかし、やるよういうソンイ。でも・・・するどいソンイは、以前ドラマの事で監督に呼び出されたんだけど、オンマが足にヒビが入ったとうそついてその場を去った事があって・・ヒビが入っってるのに(オンマは)ヒールがはけるのかと鋭い指摘を。

自分は今までソンイに良い話があったら祝ってきたのに、ソンイは祝う表情じゃなかったとオンマにいうセミ。この際目に物をみせてやれというオンマ。

ユ検事は、ミンジュンの財産が、財閥級だと気付き、着目を。

チャン弁護士に、自分が去った後、財産の処分を頼むミンジュン。昔・・・安価で買った土地にロッテワールドができたり、アックジョンのアパート団地に・・・。そんなせいでこんなに金持ちなんだね。

400年待った瞬間・・・未練などなく帰れるとおもってたのに、未練が・・・。

ソンイの誕生日の朝。玄関前に、ミンジュンから今日の期末試験にかならず出るよう・・・でないとFになるとの書き置きが。ソンイは久々に自分で車を運転して学校に(笑)ひどい運転で。

でも・・・駐車場で記者に車をぶつけられ、報道人に囲まれて・・・。聴力を使いこのソンイの危機的状況を知ったミンジュンは、ソンイのもとに。自分はソンイの法定代理人だといい、この事故は故意の事故であると記者に指摘。中の女性が怪我をしてたなら、傷害罪や暴行罪を問うこともできるって。

降りたくないといってるのに無理やり車から降ろそうとするのも、脅迫罪になるって。そしてカメラで撮影してる多くの報道人に、撮るのは自由だが、同意なく流布すれば民事上損害賠償請求が可能だって。カメラをおろす報道人。

そしてソンイを車からおろし、連れて行くミンジュン。「トマネージャー、行こう」と手を繋いで行くソンイ(笑)

うわ・・・昔、ソンイが事故にあいそうになったとき・・・セミもその場に居たんだ!!そして、幼いソンイとミンジュンの写真を撮ってる!!兄である検事の書類の中に・・・クルーザーパーティ会場にいるミンジュンの写真があって、それを見た途端、セミは、あの時ソンイを助けた人だって気づいたよ!!

ぶははは!!ソンイを遊園地に呼び出したフィギョン。この世で一番キライなのが遊園地のイベントだけど、まさかそんなことしてないでしょうねと釘をさされ・・・イベントの準備をしてたのに、そんな訳ないとごまかしてる(爆笑)これ、ソンイの母に勧められてやってるんだよね??(爆笑)急いで全部片付けさせるフィギョン。

ソンイは、遊園地までミンジュンに送ってもらってるんだけど、事務所も出ちゃったし、マネージャーがいないから、この大学が休みの間だけ自分のマネージャーをしないかと誘います。

それが嫌なら、法定代理人かボディガードって。自分は一人じゃなにも出来ないと本音をもらすソンイに・・・嫌がってたけど、アルバイトしてやると言ったミンジュン。

ミンジュンなんだけど、その前にソンイを大学の博物館に連れていってて・・・興味がないと言ってたソンイなのに、イファの簪を見た途端、なぜか悲しい気分になって涙が・・・。やっぱり、ソンイはイファなのか・・・。

400年前・・・薬のせいで体力を失っているミンジュンを連れて逃げたイファ。イファは亡くなったハルモニが別れのあいさつは前もってするものだと言ってたと話し、自分の簪をミンジュンに。あの初雪の時、自分が言った言葉は・・・自分が美しく成長した姿をミンジュンに見せたいといった言葉・・・それは自分の本音だったって・・・。ミンジュンに会って初めて、切実に生きたいと思えるようになったといい、最後のあいさつを。何度も感謝した・・・必ず元の場所に戻ってください・・・死後がどんな世界でも決して忘れませんと・・・それを聞き、涙するミンジュン。

ついに追っ手が二人の前に!! ミンジュンに向かって飛んできた矢を・・・自分の体でふせぐイファ・・そのまま息絶えて・・・

ソンイにとって、父との思い出である観覧車に、フィギョンと乗ったソンイ。フィギョンはいつものようにふざけてではなく、真剣に自分の愛を伝えます。ソンイとソンイの家族は自分が最後まで責任を持つって・・・。この会話を・・・超能力で全て聞いてるミンジュン。

ソンイはすぐに返事をするといい・・・「私の答えは・・・」と言ったところで・・・時間が泊まった!!!ミンジュンが聞きたくなくて時間を止めたんだ!!時間を止め、去っていくミンジュン。



第七話

動き出した時間・・・。でも・・・気づいてないはずのその止まった時間をソンイは感じたのか??なんか経験したことあるような不思議な感じで・・・一秒前は間違いなく「YES」と言おうとしたのに・・・フィギョンのいうように、フィギョンを気楽に思うのが愛だと思おうとしたのに・・・答えは「ごめん」に変わったと言うソンイ。

フィギョンは優しくソンイを抱きしめ、イェスと言おうとしてくれただけでもシンポだと前向きで。そしておでこにキスを。いつか、イェスと言うだろうって。

ミンジュンは、自分が消えても、人に忘れられても、そんなこと怖くなんかなかったのに・・・忘れたくない人ができてしまって・・・今は怖くなってきたという本音をもつように・・

酔ったフィギョンはセミを呼び出し、卑怯だけど辛い時だから金でソンイを誘惑したけど・・・それでもダメだったと正直に話します。でも諦めることができないって涙を・・・。まさかソンイはあの事故の時のおばけのような男を待ってるのか?と呟いて・・・

信じられないけど・・・あの男を見たと告白したセミだけど・・・フィギョンは眠ってて・・・。そんなフィギョンに、自分も自分の気持ちが思い通りにならないのよって・・・。

ソンイの母と弟ユンジェがソンイの家に。そこに死んだネズミとユラの写真に「お前も死ね」と書いたメッセージが届いた。アン社長(元事務所)のところにいくよういうオンマに、新しいマネージャー兼ボディガードを雇ったというソンイ。フィギョンのプロポーズを断ったと聞き、攻め立てるソンイ母。その会話をミンジュンも聞いて、プロポーズを断ったって知ったよ♪ほっとしたみたいだね。

エレベーターで会ったミンジュンを、オンマに新しいマネージャーだと紹介するソンイ。マネージャーをするなんて言ってないというミンジュンだけど・・・ソンイから、死んだネズミとメッセージの話を聞き・・・自分の部屋に入れてあげます。

自分の15年の努力は、噂一つで事実確認もされず泡になった・・・私は花のような女優を死においやった悪女になってしまった・・・これからどう生きていけばいいのか・・・フィギョンのプロポーズを断ったのは早まったか・・・違約金等を払ったら一文無しになる・・・フィギョンが私と私の家族を最後まで責任をとってくれると言ったのになんで断ったのかって・・・。

今からでもそうしようと言うか?というソンイに、なんでそんな事をするんだとつい大声で言ったミンジュン。明日から、自分の傍にぴったりくっつくよういうソンイに、考えておくよって(笑)

事情聴取によばれたミンジュン。事件当日、弁護士と約束があって夜中の12時に帰宅したと証言。CCTVは自分の住む建物にもついているって。ミンジュンの言うとおり、自宅のCCTVにちゃんとうつっていてアリバイは完璧だ。

ユラの筆跡鑑定の結果、100%自分で書いたものだと証明された。

ぶはは。今までポケベルだったミンジュンだけど、ソンイのために携帯を買ってる(笑)

ぶはは!!フィギョンも笑える。ソンイのために、ソンイ一人だけの企画芸能事務所を作ってほしいとアボジに頼んでるし(爆笑)そして自分がアピールできるものはアボジの財産だけだから、絶対に破産しないでねってアボジに(爆笑)

ミンジュンに会議をするといい呼び出したソンイ。会議の内容は・・・夕食だ(笑)テレビショッピングの宅配も、勝手にミンジュンの住所で注文してるし(苦笑)

なんだかんだ言いながらも、ミンジュンは、自分の持論を言いつつも、ソンイに付き合って、一緒に食事したり、テレビを見ながら食事したりしてる。

自分のかわりにセミがヒロインになったドラマを見て。。。視聴率が確実に落ちると話すソンイ。でも実際には、20%を越える最高記録を出してて(笑)

ボムが、忘れ物だと、あの拾ったユラのポーチをソンイの元に届けにきたよ。そのバックの中にはUSBが!!

USBの中には動画が!!ユラと、どこかに閉じ込められている女性の映像。私があの人の秘密を知ったから閉じ込められてるの?とユラに聞く女性。秘密をユラが知ると、ユラもころされるかもしれないと言う女性。

その頃・・・誰かに「始めろ!」と指示を出してるジェギョンが。ソンイを殺すよう指示を出した感じだね(怖)

うわ・・・ミンジュンが、ソンイの部屋にあるくまのぬいぐるみに隠しカメラがついてることに気づいた!!ジェギョンがこれで、ソンイが動画を見たのを確認したって事だ!!監視してたんだ!!

ソンイはミンジュンに送ってもらって、洋服を取りにきたんだけど、そこでセミに会います。セミは、ずっと、同じ女優をしてるのに、嫉妬も警戒もせず自分を傍において見下してたソンイを責めます。ずっとソンイの話だけ聞いてきたんだから、自分の話も聞けと言って。全然すまないなんて思ってないとはっきり言います。

一度も親友だと思った事はないとも。今、滅入ることばかりだけど、本当の味方なのか偽の味方なのかはきいり分かって良かったと言うソンイ。

店から出てきたソンイの上に・・・何者かがガラスの金魚鉢を落としてきた!!危機一髪で助けたミンジュン。ソンイを運んで行くミンジュンを見て、驚くセミ!!!

病院で検査をうけることになったソンイ。ミンジュンの元に犯人が捕まったとの知らせが!行こうとするミンジュンに、確かにミンジュンは車の中にいたのに、どうして1秒もしない間に自分を助けることができたのかと聞くソンイ。見間違いだと誤魔化すミンジュン。

うわ・・・医者の格好をした男がソンイの病室に・・・なんか注射を、ソンイの点滴の中に!!

警察に捕まった犯人は・・・本当にユラのファンでいたずらでやったみたいだね。あのネズミの死骸も。くまのぬいぐるみも送ってきただろうというミンジュンだったけど、それは自分じゃないという犯人。

ひゃー!!その頃、眠らされたソンイが医者の服をきた何者かに連れていかれてる!!

この犯人以外にもソンイを狙ってる奴がいると知り・・・急いで病院に戻るミンジュン。

気がついたソンイは、自分の車に乗ってて・・勝手に崖に向かって動く車!!ブレーキがきかない!!

ソンイが病室に居ない!!

聴力でソンイの声を探すミンジュン。崖でトマネージャーと叫んでるソンイの声が聞こえ!!

うわ!!瞬間移動で、ソンイの車の前に!!崖の手前でソンイの車を止めたーー!!!


第八話
ソンイが車からおりると・・・目の前に居たはずのミンジュンが居ない・・・。ミンジュンを探すソンイ。そこに電話が・・・ソンイの携帯が車の中にあるよ。かけてきたのはフィギョンだ。死ぬ所だったと泣くソンイ。携帯の位置追跡ですぐに駆けつけるフィギョン。

フィギョンに送ってもらい病院に戻ったソンイの前にミンジュンが。警察に行ってきたと話すミンジュン。本当に警察署なのか、もしかして自分の元に来たんじゃないかと聞くソンイ。確かにミンジュンを見たんだって。ミンジュンはそれを否定し、友人(フィギョン)が居るから帰っても良いだろうといいます。俺はただの友人じゃなく、彼氏だってフィギョン(苦笑)

ソンイは見間違いみたい・・・と呟きます。そして、フィギョンに感謝を。さっき、本当に死ぬかと思った・・・フィギョンが居なかったら、どうにもできなかったって・・・。そんな会話が聞こえているミンジュン・・・。なんか切ないよー。なんとなく人魚姫を思い出しちゃったよー。ミンジュン・・・手に大怪我をするほどの思いで助けたのに・・・。

失敗をジェギョンに報告する部下・・・。この部下、車の前に立ってるミンジュンを見たし、消えたのも見てるよ。その上・・・あの後、トドメをさそうとしたこの部下の前にミンジュンが現れ、阻止したんだね。

他の病院に行くようすすめるフィギョンだったけど・・・ソンイは家で休むって。そして警察に通報しないようフィギョンに。

ソンイが家に戻ると、家中荒らされていて・・・悲鳴を聞き、駆けつけたミンジュン。他に行く所のないソンイを自宅に連れてきてあげたミンジュン。

フィギョンはセミの元に。ソンイを心配する話ばかりで。送っていくから、セミが一晩、ソンイの傍に居てやってくれないかって。

驚かないセミに、ソンイと喧嘩したのかと聞くフィギョン。私はそんなに良い子じゃないと文句をいうセミの髪をさわり、セミは世の中で一番やさしい子だというフィギョン・・・だからソンイにもできない話だってセミにはできるんだって。

中学のころから、セミにソンイの事を相談してきてたんだね・・・フィギョンは・・・。12年前、ソンイを助けた男を見たと話すセミ。あの事故を自分も偶然見た事も。もしも自分がソンイにこの話をしたら、どうなるかしら?とフィギョンに。ソンイは彼をずっと待ってたって。

その男は誰だと聞くフィギョン・・・。

自分がこんな風に一緒にいると、トキメいて当然だとミンジュンに話すソンイ。しかし・・・ミンジュンは、ソンイは自分にとって、陶磁器や、子犬や、松の木と同じようなものだから、俺が君の為にときめくのが申し訳ないだなんて気遣いをしなくても良いって(笑)

寝る前に本が読みたいというソンイに、何冊か本を渡して選ぶよういうんだけど・・・ぶはは!!漢字を見て「外国語?」なんて言ってるし(爆)絵がついてる本が好きだと一冊寝室に持っていきます。これって、この前ミンジュンが読んでた本だね。

次の日、ミンジュンは、以前ソンイが食べたいっていってたケブルを市場まで買いに行ってあげてるよ。

部屋に一人でいるソンイは・・・靴箱の中にあるあのハイヒールを見つけます。帰ってきたミンジュンに靴をみせ、説明しろというソンイ。

女の靴フェチかなんかだと勘違いしてる(爆)恥ずかしがらないで、好きなデザインを言えばプレゼントしてあげるわよって(爆)

ソンイアボジがユンジェの前に。かくれる必要もなくユンジェはアボジの顔を覚えてないみたいだね。怪我したアボジを気遣ってあげて。

ぶははは!!手を怪我してるミンジュンを気遣って、洗い物は自分がやってあげると立ち上がったソンイだけど、大事なお皿を割るし(苦笑)掃除はするなと言ったのに、掃除して、大事な大事なツボを割るし(苦笑)「oops!!Sorry!」って。ミンジュンも、さすがに困りすぎて後ろから羽交い締めにし、何もするなって。後ろから抱きしめた形だから互いに意識して(笑)

あの捕まった犯人なんだけど、完全にユラのストーカーみたい。生きてる頃からストーキングしてたって。ユラが一ヶ月前にある男と臨終体験館??に行ったことがわかります。問い合わせたら、ユラの影すら見たことがないと回答され、CCTVも一ヶ月前から壊れてるって・・・。もしユラがジサツじゃないなら、臨終体験館に一緒に行った誰かが犯人の可能性が高い。そこで遺書も書いたんだろうって。

あのユラのUSBだけど、ミンジュンが隠しカメラに気づいた時、USBにも気づいて・・・そのUSBを触った途端、誰かが誰かをころし、USBを手から奪っていく映像が脳裏に!!こっそり持ち出してるよ。

フィギョンは再びセミの元にきて、自分にもソンイにもその、事故を助けてくれた男が誰なのかって話はしないよう頼みます。

そして、長い間片思いしてる相手がいるって記事を見たと言い、なんで自分に内緒にしてたんだよって。そしてお前も告白しろとアドバイスを。お前ほどの女なら、男は揺れずにはいられないぞって。

そして・・・・すぐにフィギョンに電話したセミ。フィギョン・・・お前の好きな相手に電話しろよって言ってたけど・・・セミの涙をみて、セミの気持ちにきづいたか??

ソンイ母は、新しいマネージャーであるミンジュンのもとに。口の堅いミンジュンに合格を出してるよ(苦笑)そして何かあったら連絡するよう自分の電話番号を無理やり教えて(笑)

あの漫画喫茶の店長に、自分の体験したミンジュンの不思議な話をするんだけど病院を勧められて。病院にこっそりきたソンイ。

短期間で大きな衝撃やストレスを受けたことによるって。誰か、知らないうちに依存したい人が居て、四六時中見えるんだろうって。

車の修理工場に来たミンジュンとソンイ。誰かがブレーキのマスターシリンダーをわざと取り外したようだという修理人。車の前に岩でも会ったのかと聞かれ・・・なかったというソンイ。だったらこの正面の凹みは??と修理人。ブレーキが聞かないんだから、自分じゃ止めることができなかったはずですよって。

うわ・・・ユラのストーカーが死んだという知らせが検事の元に。

ひゃーー!!ソンイの前にジェギョンが!!フィギョンに聞いたと、事故の話をするジェギョン。私を拉致した人が、うちにくまのぬいぐるみを送って監視カメラで監視してた人と同じだろう・・。あの人が居なければ大変な事になってたというソンイに、監視カメラを見つけたのは誰だと聞くジェギョン。あの人が監視カメラを見つけたと言ってないのに、なんで知ってるの?と聞くソンイ!!

誤魔化したジェギョン。フィギョンとジェギョンとソンイの食事会なんだね。

その席で、ユラはジサツじゃないと思ってる事を話しだしたソンイ。ユラがある女と会ってる動画を見たって。その女がユラに、あの人から離れろ、そうしないとお前も死ぬって言ってた事も。

その動画を持ってすぐに警察に行こうと言うフィギョン。ユラがタサツなら、お前の容疑も晴れるって。

動画はどこにあるのかとジェギョンに言われ・・・無くしたと答えるソンイ。

チャン弁護士と会った後、家に帰るとソンイが戻ってて。チキンとビールを一緒に食べようと誘うソンイ。

酒は飲まないというミンジュン。朝鮮時代、酒を飲んで、酔っ払い、皆のまえでいろんなものを浮かせる能力を使っちゃって大変な事になった事が(苦笑)大騒ぎだよ。

絶対飲まないと言いはるミンジュン。

酒を飲んだソンイは、ミンジュンのせいで病院にまで行ったと文句を。ミンジュンへの依存症だと診断まで出されたって。それなのになんで、私を見て、陶磁器や子犬や松の木と同じ扱いになるんだ?って。

自分の人生にこんな事はなかった、こんな事では自信をもって人の前に立てなくなる・・・って。そしてミンジュンに15秒だけ自分にくれと言い出します。自分の別名は15秒の妖精だから、15秒たっても、いぜんとして、私が陶磁器や子犬や松の木だったら、私が木の魅力しかないって事を認めるわ。

15秒セットし、見つめ合うミンジュンとソンイ。きゃー☆きゃー☆まさか、まさかだった!!15秒たってないのに・・・我慢できなくなって、ミンジュンがソンイにキスしたーー!!!!そ・・・それも長くないか??きゃー☆



注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。