まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

ハロー!お嬢さん(全十六話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
イ・スハ : イ・ダヘ

ファン・ドンギュ : イ・ジフン

ファン・チァンミン : ハ・ソクジン

ソ・ファラン : ヨン・ミジュ 


第一話

第一話目からして面白そうー。スハは宗家『ファアンダン』の22才にして女主人。田舎で、文明も知らず暮らしていた。しかし・・・名家とはいえ、99も部屋のある家はボロボロ。なんとかしようと金融会社に融資を申し込むけど、断られ続けてて・・・でも自分がこのファアンダン家を守らねばと心に誓っている。そんな彼女の元に、ドンギュが。融資の話かと思い、期待したら、なんとこの『ファアンダン』を売れと言うのだ、激怒するスハ。その上、ドンギュは、スハが自転車で買い物をした大事な太刀魚をダメにした車を運転してた男ではないか!!追い返すスハ。

あんな田舎の野蛮な女、真っ平だと、祖父であるTOPグループの会長に文句を。でもどうしても、あのファアンダンで余生を送りたいと言い張って・・・自分がファアンダンと関係があることを伏せて説得するよう言います。

準主役の女がファランね。常に体に磨きをかけ、整形までして、モデルとして仕事してて。財閥の放蕩息子チャンミンとムカツク出会いを。チャンミンは一応財閥の仕事はしてるんだけど、遊んでるようなもので、いつも女と遊んでてモデルもしてるって感じ。

もう一度チャレンジするドンギュ。しかし・・・スハは、ソウルで、外国の有名人の歓迎会に舞踊とカヤグムを披露してほしいとの依頼が。もちろん報酬もあると聞き、急いで出かけた後で。

タクシーで去るスハを見たドンギュは、実は会長はファアンダン家に使えたファン・マンボクなんですと自信満々に。それを聞いたスハは、あのウシとコメを盗んで逃げた作男じゃないかーって。それはドンギュも知らなかったからびっくり。交渉決裂でソウルに行こうとするスハをとめようとしたら・・・鞄泥棒と間違えてたすけてくれた女が。それがジョンスク。彼女もソウルに行く途中だったんだけど、やけになれえなれしくて。

ソウルに着いたスハを迎えにきたのは・・・スハの義兄の友達チャンミンだった。うーん・・・スハの父は再婚して兄ジュニョンと妹ジュニがいて、ソウルにすんでるって事ね。両親が離婚して母が宗家の娘だったって事??その母ももう亡くなったって事なのかな??誰もがチャンミンを一目見て惚れるはずなのに・・・全然興味を持たないスハにチャンミンは興味をもったみたいだね。

スハに気を使い、お嬢さん、お嬢さんって言う母。スハの部屋までソウルの家に用意してて・・・そういうのが気に入らないのか腹違いなのが気に入らないのか・・・ジュニはスハを憎んでるみたい。だから公演がキャンセルになったことも内緒にして、スハに会場に行かせます。

なんか雰囲気違うと思いながら・・・躍るスハ。でもそれは893っぽい会合で。おかしいと思い受け付けに聞くと、その会合はキャンセルされたって・・・呆然とするスハの前にチャンミンが。付き合ってる女を始末するため、スハを婚約者だと言いキスをしようとして・・・もちろんビンタ!!それを偶然見てたドンギュは「さすがお嬢さんだ」って(笑)ドンギュもチャンミンを知ってるみたいね。

怒りにまかせ、ゴミ箱にバックまで捨てちゃったスハ。それに気づいたドンギュは、渡そうとおいかけるんだけど、スハは行ってしまって・・・バックが無い上、だれも家に居なくて困るスハ。そこに夜遅く帰ってきたジュニが。ジュニがわざと連絡を教えなかったと知ります。早く帰れと言うジュニに、「貴方のお父さんでもあるけど私のお父さんでもあるの。嫌だろうけど、もうしばらく厄介になるわ」と言うスハ。

ファアンダンはどうなったとドンギュに聞く会長。「なんで牛なんかぬすんだんですか」と言われ、全部はれちゃった会長。その牛のお陰でこんな良い暮らしが出来てるんだぞといい、わざとしょんぼりしてファアンダンで目が瞑れないと、死んでも死にきれないってご飯に手をつけないで・・・「わかったから!!なんとかするから」と仕方なく言うドンギュ。

ドンギュは拾ってあげたバックを元にもう一度スハに会います。スハは泥棒かストーカーかと責めるんだけど、ゴミ箱に自分がすてたのを思い出して・・・お詫びにご馳走するっていうんだけど、スハに金のないのを知ってるドンギュは「おごりますよ」って。「そこまでいうなら・・・・いちごパフェ」って頼むスハ(笑)そこでまた家の取引の話がでて・・・一歩も譲らないスハ!






第二話

ファアンダンの地方が豪雨で心配するスハ。でも、雨漏りで大変なのに大丈夫だと言うばあや。しかし、ドンギュが心配して電話したら、「大丈夫なわけないでしょーって」。急いで助けに行くドンギュ。

そんな中、宗家を守る会から電話があり、宗家を守る会が保証人なら低金利で融資してもらえると言われます。TOPグループはファアンダンをカジノにしようとしてる悪い奴らだから騙されるなって。権利証と実印を渡せば全部手続きをするって。権利証を取り寄せようとファアンダンに電話したら、TOPグループのドンギュが居るって。怒って駆けつけるスハ。「詐欺をしてカジノにしようだなんて」って文句を言います。しかし・・・ファアンダンは、融資対象外だと知ってたドンギュはばあやの話を先に聞いて、おかしいと思い調べてくれてて。その宗家を守る会の男が宗家を狙った詐欺師で手配中の男だと教え、証拠を出します。それでも悪者の詐欺師としてドンギュを追い出したスハ。でも・・・ドンギュの言うとおりで、あの男達が詐欺で捕まったニュースが・・・このことで、大叔父にひどく怒られるスハ。宗孫としての道理を守れって・・・

でも・・・お金がなくいて年20回の法事もまともに出来ず・・・・そんな中、修理してくれた家族のように付き合ってるギドンさんの子供が骨折して、手術代がかかり・・・修理代を待ってもらうわけにも行かず・・・ソウルの家族に融資を頼もうとソウルに。でも皆出かけてて・・弁護士をしてるジュニョンに会うんだけど・・・そっか・・・ジュニョンは本妻の子じゃないからファアンダンの跡継ぎになれないのね・・・。出来ることなら頭の良いジュニョンに任せたいと思ったけどそれもできず・・

何々??ドンギュとチャンミンって従兄だったのねー。チャンミンはスハが物珍しくて絶対落としてやるって言ってるよ。

ドンギュはカップル携帯を買い、ばあやを上手く使って、携帯をスハに渡します。でも何度電話しても、邪険に扱われ携帯を切られるドンギュ。

そんな中・・・ソウルに来るとき知り合ったジョンスクが儲け話をもってきます・・・って・・・思いっきりネズミ講だよーー(滝汗)ほんと世間知らずなんだから。全然売れなくてドンギュに売りつけようと呼び出します。すぐに詐欺だと気づいたドンギュはその会社に乗り込んで。結局捕まっちゃうんだけど、部下が警察を呼んで助けてくれて。また、詐欺にひっかかるのを助けてもらったスハ。

ちょっと良い感じだったけど、やっぱりケンカになる二人。なんて世間知らずなんだ!!金が欲しいならファアンダンを売ればいいのにと言うドンギュ。

スハは、一緒にだまされたジョンスクに一緒に田舎に帰ろうって言うんだけど、ネズミ講で3000万も借金したから帰れないと言うジョンスク。そして・・・・あのファランもでようとしてる賞金1億のモデルコンテストに出ようと持ちかけます。すっかりその気になるスハ。オモモ・・・どうやら、ファランって、あの。ファアンダンにすんでるちょっと頭がきちゃってるアジュンマの娘コップニなの??幼い頃はスハと仲良くしてたけど、知られたくないみたい。整形してるからスハにもすぐには分からないみたいね。

これはTOPグループのコンテストなのね。コンセプトはナチュラルビューティみたい。一次審査・・・スハは受かってジョンスクは落ちちゃった(笑)

コンテスト会場で、ドンギュとチャンミンに会ったスハ。ドンギュはお坊ちゃん扱いされたくなくて、秘書のふりしてたんだよね。実は有名な室長なのに。まただまされたーって怒るスハ。

そして面接の時・・・スハとファランは同じグループに。審査員でドンギュとチャンミンがいるのにスハはおどろくけど、ファランも全身整形とばれてるチャンミンがいるのに驚きます。

立派な経歴を持つファランは自信たっぷりで、メインモデルを狙ってると言い、スハは、「賞金目当てです」ってー。いくらなんでも露骨すぎると審査員に怒られるけど『嘘をつくよりずーーーっと会社のコンセプトのナチュラルに沿ってます』と言い切ります。もちろんドンジュへの嫌みで。

ドンジュはスハに「いくらなんでも、応募したくせに無責任だ。これじゃ逃げたも同然。最後くらい有終の美を飾ってください」と言います。カチンときたスハは「見てなさいよー!!本当のセクシーを見せてやる!!」って(爆笑)はりきりすぎて、キャミソールの紐がとれちゃって。すぐにドンギュがかばって照明を落としてくれたんだけど、もうお嫁にいけないーって大泣きのスハ。結果は・・・当たり前だけどファランに。スハが心配で仕方ないドンジュ。電話にもでないし・・・実家でずっと寝込んでて。

その頃、こりないジョンスクは、TOPグループのドリームボディコンテストのモニターに応募すべく奮闘してた。これも賞金が出るんだよねー。

ドンジュは、スハの為になんとかしてあげたくて、壊れた外壁の工事を。「主人に何も言わず勝手な事をしないで」と瓦を割るスハ。そんなスハをたしなめるじいや。「いくらお嬢様でもやりすぎだ。人の善意を無碍にするなんて。ご先祖様に顔がたたない。ここまでどれだけの人が努力してくれたか」って・・・。それを聞き、泣きながら反省するスハ。結局スハとドンジュはお互い様だって事で仲直り。公衆の面前で服が脱げたのを、誰もみてないから大丈夫と、慰めるドンジュだったけど「どうせ前も後ろも変わらない」なんて余計な事言っちゃって、スハを怒らせて池に落ちちゃった(爆笑)




第三話

ファアンダンに戻り、お嬢様なのに畑仕事の手伝いで日当を稼いだりして・・・・でも生活は苦しく・・・そんな中、父から連絡が。どうしようもなくなったスハは父にキドンさんの支払いを頼みます。これからは家の事を一人で抱え込まないで相談しろと言う父に「必ずそのお金は返します」というスハ。

帰ろうとすると家の前にチャンミンが。縁があるとか、お金が必要だったらモデルの仕事を紹介するよとか話しかけて。ジュニョンの友達だからと思って我慢してたけど、って切れて、そのまま行ってしまいます。

帰り際にジョンスクに電話をしたスハ。ジョンスクはジムで鍛えてる最中で・・・どうしてもモニターで賞金ほしいんだよね。電話の途中でたおれちゃったよ。理事であるチャンミンの母が手がけてるモニターで、倒れた人がでたなんてばれたら大変だと大騒ぎ。でも、ジョンスクはどうやら効果をあげようと他社の薬も併用してたみたいで・・・これは策略だと、秘書はチャンミン母に言い、ばしっと言ってやってくださいって。

心配して駆けつけたスハに、チャンミン母は、命がけで演技して・・・何が目的なの?金?仕事?望みを聞けばいいんでしょう?って藪から棒に。お金を渡して二人でわけなさいって。怒って突き返すスハ。バカにするチャンミン母に・・・ジョンスクはジョンスクで真剣に頑張ってたんだよね。起き上がりブチ切れて、チャンミン母の髪をつかんで大乱闘。本当に死ぬかと思ったのに、何でもお金で解決できると思ったら大間違いよと言うジョンスク。そこにドンジュが。ドンジュにチャンミン母達が、こいつらは詐欺師だからすぐ警察に通報してーーーって。ドンジュはスハをつれだし、「ファアンダンに帰ってください。二度とこんな姿を見せないでください。ファアンダンは売らなくていい。そんなにお金が必要ならかねをあげよう」と金を出すドンジュ。そんなドンジュに失望し、「貴方も同じね。何でもお金で解決しようとする、人の命もお金で買えると思うそういう人よ」と言うスハ。

会社に戻ると、そんなに自社の商品に自信がないんですか?お金で解決なんて間違ってると、ドンジュの叔母はチャンミン母をたしなめます。それでもあの詐欺女達許せないときーきー言うチャンミン母に「言葉をつつしんでください」と怒りをあらわにするドンジュ。

スハは屋台でジョンスクと飲み、くだをまきます。「私が何かした??誰が悪いの??」って。酔ったスハを必死で家の近くまで送ったジョンスクは、待ってたドンジュを見つけてスハを押しつけます。スハは、なんであんたが居るの?二度と私の前に現れないでー!!って。でも腕を放さないドンジュ。「なぜか君のあんな姿をみたくなかった」といい「君が好きなんだー」と何度も言って告白を。自分でもこの好きな気持ちをどうしたらいいか分からないドンジュ。でも素直に言ったのに、スハはバカにされてると思い「悪い人だ」と本気に取らなくて。信じてないのになぜかドキドキして眠れないスハ。そう言ったドンジュだけど、ドンジュ自身もすごく戸惑ってて。なんでそんな事を言ったのか確信もてなくて。困ったドンジュは、経験豊富なチャンミンに友達の話として相談を。

あの花で殴った女みたいな奴だなー。最悪だ。でもあんな女が好きになってくれたらうれしいよな。押すにきまってるだろう。その女も自分の気持ちに気づいてないだけかもしれないからと言います。電話してみれば?って。

ジョンスクの家に泊まってたんだけど、取り立て屋が。ジョンスクの部屋をぶち破って、ジョンスクを島に売るっていいだして。鼻血までだされたジョンスク。その途中、ドンジュから電話がきたんだけど、確認もせず助けてと言ったスハ。スハはジョンスクを助けるために連帯保証人の判をおしちゃったみたいだよー・。ドンジュの部下がその後助けに行って、ジョンスクとスハを安全な場所に確保します。でも連帯保証人になったことを知ったドンジュ。ドンジュの事をスーパーマンだと言うジョンスク。いや、こんな素敵なホテルまで取ってくれて王子様だって。

ホテルのプールでチャンミンを見つけたファランったら、うまくおぼれたふりして助けてもらっちゃったの??それとも本当に、あの男にぶつかって気を失ったの??とにかくチャンミンに助けられます。気がついたファラン・・・チャンミンを誘惑してキスを・・・

その頃ジョンスクったら、スルメをあぶろうとして、警報機ならしちゃって(爆)そのせいでチャンミンとファランの甘い夜もダメになって。問題起こしたスハ達は屋根部屋に。もちろん警察に監視を依頼して。

どうも・・・チャンミン母と、ドンジュを可愛がってる叔母は対立してるみたいね。あのオーディションの田舎くさかった、イ・スハが気に入ったみたい。チャンミン母に、余計な事をネットで告発されたら困るし、二人くらい、インターン社員として迎えても問題ないんじゃない?とアドバイスを。

チャンミン母の部下の部長は、ジョンスクに連絡し、インターン社員の話をします。すぐOKするジョンスク。なんで断らないの??と怒るスハだけど、あの会社には社員融資があると聞き、一大決心します。わお!!ジュニもインターン社員で入社したのね。スハに会社では他人のふりをしろと言うジュニ。

今頃気づいたよ・・チャンミンが別れたがってた女。ジュニね。ジュニとスハの入社祝いで家族で食事するんだけど、そこにもチャンミンは呼ばれてるのよね。ジュニは相変わらず毒舌だけど。ジュニは皆、お嬢さんお嬢さんって・・でも仕事でも失敗ばかりで恥ずかしくて身内だと言えない人よなんて。インターン なんて嘘でしょ??ただのバイトじゃないの?なんて失礼な事いって・・・・居られなくて席を立ったすは。追いかけたチャンミン。

じいやがファアンダンを覗いてる怪しい奴を見て襲いかかって怪我を。あの・・・連帯保証人のせいなんだよね・・・・悩んだスハは、ドンジュに社員融資を頼みます。信じられないというドンジュに室長だからたのむんですって。なんでこうなる前に連帯保証人を引き受けたんだと怒るドンジュ。でも・・・その前に頼ったら、家を売れと言うじゃないですかと。自分が浅はかだったと謝るスハ。社員融資は正社員しかうけられない。ドンジュは個人口座からイ・スハに、会社の融資だと行って融資してくれと秘書に頼みます。そして二度とスハに手をださないようにしろと。

そして893の元に行ったスハ。ジョンスクの治療費とじいやの治療費は引いておいたわと、サインさせて。格好良く去ります。感謝するジョンスク。





第四話

うそでしょーーー(T-T) ウルウル 今五話を保存しようとしたら、タイムアップで、一応コピーしてたから、なんとか貼り付けたけど、四話をまだアップしてなかったのを忘れてて・・・消えちゃったーー(つд⊂)エーン

早く六話が見たいので簡単レビューでごめんなさい。

スハは、ドンギュの叔母の目にとまり、ファランと一緒にモデルをすることに勝手に決められちゃって。その上、チャンミンの別れた女に「あんたのせいでー」って髪をわしづかみにされ、会社で大暴れされて。それを助けたドンジュ。本当にチャンミンとつきあってるのか聞くんだけど、そんなわけないでしょって。「会社を首になったらどうしようー」って泣くスハ。

会長はチャンミンを責め、ドンギュに連絡をしても電話に出ないし激怒中で・・・「紹介したい人がいます」といい、スハを紹介します。そして「チャンミンとではなく、彼女は僕と交際してるんです」ってーー!!ドンジュとスハだけ残して皆でて行くよう言う会長。でもスハったら「交際してない」ってはっきり言ってその場を去ります。またチャンミンをたすけようとして言ったなーと責める会長。「本当に好きで、交際したいんだってー」と言うドンギュ。なんとあのスハが・・・ファアンダンの娘だと知った会長は、今度は「どんな事をしてでも、彼女の気持ちをつかめー」ってーー!!

頭はいいけど、女にはうといドンギュ。一応花を届けたりなんかするんだけどつきかえされちゃうし(笑)

そして撮影の打ち合わせの時・・・伝統的な美をテーマにということになり、ぴったりの場所があると言うドンギュ。案の定それはファアンダンだ。驚くスハ。でも、スハは撮影を認めるかわりに、自分はモデルからおろしてほしいと頼みます。ファランさんだけにしてほしいと。

そして撮影の日・・・ジュニったら、スハの目覚ましをこっそり止めて。お陰で遅刻!!でもチャンミンが待ってて。チャンミンと二人きり??とおもったら・・・ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆さすがスハ、ジョンスクも乗せて行きます。

ファアンダンでは、チャンミンを見て、彼も格好良いけど、前のソウルの人(ドンギュ)の方が働き者だし素敵だったと言われ、必死で掃除したりして(爆笑)チャンミンもファアンダンに行ったと知り、駆けつけたドンギュ。チャンミンVSドンギュの男らしさ合戦がー。でも結局。。。じいやの勝利(爆笑)

ファランを見たコップニの母は、ファランに「コップニー」と言って近づいていって・・・必死で止め、邪魔にならないように鍵のかかった部屋に入れます。

この撮影にジュニも来てて。本家なのに相変わらず生意気で。でもスカート破れてモンペになってるし(爆笑)なんだか騒がしい部屋をみつけ・・あああ・・・鍵をあけちゃったよー。

順調に進んでた撮影だけど、コップニの母がコップニーってファランを追いかけ回して、ファランが怪我を。救急車で運ばれてしまいます。仕方がないと、後ろ姿だけって事でスハが代役を。

しかし・・・会議で叔母は、スハの方がナチュラルビューティのコンセプトに合ってるといいだして、スハの映像をCMにすることを決定。それをファランに伝えます。貴方はすでにうちのメインモデルだから、チャンスはまたあるからって・・・スハが選ばれたと知り、その映像を見て悔しくて画面に物をぶつけ、泣くファラン。丁度見舞いに言ったスハは声がかけられなくて・・・

そんなスハを慰めようとしたドンギュだったけど、すげーーー悪者扱いされちゃって。つい「俺はお前を首にできる立場なんだ。借金かえせなくなるのに、家の事も分かって無くて何いってんだ」みたいな事言って。。。そしたらスハったら「そうよ。全部私が悪いのーー」って泣き出しちゃった。必死で慰めるドンギュ。そしてお互い様だといって仲直りするんだけど、また最後に余計な事言ってスハを怒らせるドンギュ(笑)

会長は、スハをものに出来ない奥手なドンギュにしびれをきらせて、週末にある夫婦同伴のパーティにスハを連れて来ないと、お前は会社からも戸籍からも抜いてやるーって言われちゃった。

ドンギュはなんとかしようと、必死で恋愛映画を見たりして可愛い(笑)

もうどうにもならないドンジュは、そうだと思いつきます。あの・・・コンテストの映像をファアンダンに見せるぞと脅して、連れ出せばいいんだーって。よしって。

その頃スハは、女扱いの上手なチャンミンと食事して、アイス食べて家まで送ってもらいます。そこにドンギュから電話が。明日の朝一に大事な話があるから、部屋にくるようにって。何だろう・・・そう考えてると、いきなり変な男達がスハを取り押さえ、車につれこんだよー。あわてるスハ。でも助手席の人を見ると・・・宗家関連の叔父だった!!どうなってるの?




第五話

恥さらしだから、すぐに会社をやめろと長老に責められるスハ。なんとあのコンテストの映像が一族に知られてしまったのだ。なんでかわからないけど・・・・

長老の手前、ファアンダンのばあやとじいやは、スハを納屋に閉じこめます。

朝になってもスハが来なくて怒ってるドンジュ。オモーー!!まさに一族にばれたあのテープをつかって、これをばらすぞと脅してパーティに連れて行こうとしてたみたい。とっくに一族に渡ってて捕まってるとはしらずに・・・

全然スハと連絡とれなくなって・・・チャンミンとデートして家まで送った後居なくなった事がわかります。大騒ぎしてると会長から呼び出しが。ドンジュとチャンミンと叔母とチャンミン母である理事は、宗家から訴えるとの申し出があったことを聞きます。

チャンミンは急遽ファランで撮影をし直すよう指示され、ドンギュにはきっと、スハは宗家に閉じこめられてるはずだ。と言われ救出するよう言われます。まさかーと思うドンジュだったけど、前にスハがジョンスクに「実家にでんわして頭まるめて倉庫に入れてもらうぞ」と言ってたのを思い出しファアンダンに電話を。頭は丸められてなかったけど閉じこめられてると知って、作男のふりをしてこっそり進入。倉庫まで行きます。

そこにスハが。時代錯誤も良いところだから警察に届けると言うドンジュ。でもスハは、そんな悪い人たちじゃないと言い、それより、コンテストでの恥ずかしい映像を送った犯人を見つけてと頼みます。思わず「俺じゃない」と言うドンジュ(笑)「そんなのわかってる。貴方はそんな卑劣な人じゃないって」と言うスハ。良心の痛むドンジュ(苦笑)もちろんあのテープを送ったのは、ファアンダンの事情に詳しいファランなんだけどね。

ドンジュが長老に会ってなんとかすると言うんだけど、貴方の口出し出来る問題ではないといい、きちんと風呂に入り韓服に着替え、長老の元に。そして、会社に借金があることと、ファアンダンを売りたくなくて頑張ってるけどこのままでは売らざるを得なくなること。38代目として、ファアンダンを守りたいことを告げます。一族にはお金がなくて肩代わりもできないんだから。そして、会社にもきちんと話をする責任があることを告げます。

話の終わったスハに一緒に帰ろうと言うんだけど、まだスハにはすべきことがあって。歩いて帰ると言うスハに、一緒に歩いて送るというドンジュ。ぼーっとしてるようで、時々男よりたくましい女。礼儀正しくて紳士で。。。でも時々すごく失礼な男。そんな話をしながら良い感じの二人♪

ついにクァク部長が、ファアンダンと会長の関係を調べ上げたよー。会長は、元ファアンダンの作男だったって。作男の孫ドンジュと、両班の孫スハが結婚したらどれだけ会長が喜ぶかってーーー。牛泥棒の話までは知らないみたいだけど(笑)理事は、絶対そうはさせない!!孫はドンジュだけじゃない。チャンミンがそうなったら、会長にもきにいられるし、会社の後継者にもなれると。

撮影が無事に終わったファランは、理事に気に入られようと、ファアンダンの企画書を持っていきます。でも・・・・その企画が良すぎて、ファランを部下にしてあげるから、ファアンダンに行って、企画が実現可能か、確認をとって明日までに報告書をあげるよう逆に言われちゃって。二度と行きたくなかったのに。

ファアンダンに行くけど、ばかばかと子供達にバカにされてる母を助け、「コップニー」と泣く母を抱きしめるスハを見て・・・どこまでも、ねたみ根性すごいのよね。自分で母を捨てたのに。「スハは自分のものを全部取ってしまう」って思いこんでてすごく恨んでる。

理事に呼ばれたスハは、辞表と秋の収穫の見積もりを渡し、損失分と借金は必ず返すと・・・でも、野望をもった理事はスハを首にしません。損失分も頑張って働けって。一族と会社の為に頑張る決意をするスハ。スハはファランに会うんだけど、ファランったら敵意丸出しで。スハが「何か劣等感でもあるんですか?」と思わず言っちゃうほどひどいことばかり言って。最後に「いい加減板の間から人を見下すのはもうやめたら?」って言っちゃって・・「私をしってるの?」と聞くスハにはっとして「インターン社員、イ・スハさんでしょ」と誤魔化していったけど・・・その言葉で・・・まさかコップニ??って考えがスハに生まれたみたいだよ。

コップニと呼ばれ、つい足を止めてしまったファランは「あ、イ・スハさん。足に後遺症がある間は貴方にせきにんがあるのをわすれないで」と言って立ち去って・・・・スハはコップニなんかじゃない・・・そんなはずないって自分に言い聞かせます。

理事の策略で、チャンミンの秘書になったスハ。秘書ったって・・・ろくに会社にも来ない人なのに・・・チャンミンも、正直驚いたらしいけど、まぁ、会社に来る楽しみができたと、スハを早速連れ出します。自分の秘書としてまるでプリティ・ウーマンの様に変身させたチャンミン。そんなスハを見て驚き、チャンミンの秘書と聞きもっと驚くドンジュ。

ドンジュはどうして??って会長に聞きに行くんだけど、ついに理事にばれたな・・・と悟ります。このままじゃスハをチャンミンにとられるぞと警告し、島でのパーティにスハを連れて来ないとどうなるか分かってるなって脅して。

チャンミンは母に会長とファアンダンの秘密を聞き、スハをものにしてTOPを貴方のものにするのよとけしかけられます。スハには興味あるけど会社には興味ないと言うチャンミン。そんなチャンミンに激怒する母。どうも・・・チャンミン父がこの会社をここまで大きくしたのに・・・不当たりを出して逃げて亡くなって・・・結局会社は盛り返したんだけど、そのことを負い目に思ってる母は息子で借りを返したいみたいなんだよね。でも・・・チャンミンはスハの事は好きだけどドンジュと争うなんてしたくないって思ってる見たいね。

ドンギュは当たってくだけろで、土曜のパーティに恋人役で同伴してほしいと言います。もちろん業務の延長として。チャンミンの秘書だけど問題ないなら良いですよーってかんたんにOKしてもらってご機嫌なドンギュ。でも、「ドンギュ室長の恋人になりますよ」の部分だけチャンミンが聞いちゃったよーー!





第六話

チャンミンは嫉妬心が強いから、このパーティの話は内緒にしといたほうがいいと言うドンギュ。でもそう言った後、トイレで「いくら何でも弟の様な奴の事をあんな風に言っちゃって」って後悔してて。

それを聞いたクァク部長は理事に、スハをチャンミンの秘書にしたことでドンジュが嫉妬してるみたいだと報告を。チャンミンは恋愛の達人だからと、面白そうにほほえむ理事。

不機嫌なチャンミンはまたスハを連れ出して。会長と叔母・・・名前はユイルって言うのね。この二人は、スハとドンギュがくっついて欲しいと思ってるから、女になれてるチャンミンとスハがくっついたらどうしよーって相談してたよ。本当は食品会社だったのにいつの間にか製薬会社になって・・・残った食品の餃子を食べてみたらマズイし、孫の恋はうまくいかないし・・わしの人生は寂しいとぼやく会長。会長の初恋・・・ファアンダンに居たイハク・・・これって誰なんだろう・・・あのばあやなのかな?それともスハの祖母なのかな??なんだか大事な思い出みたいね。

チャンミンったらどこに連れていくのかと思ったらタイ式マッサージ。最初ファションマッサージをさせられると思って激怒するスハが笑えた。マッサージされてぎゃーぎゃー騒いでるスハに「本当に兄貴とは何も関係ないの?」と何度も聞くチャンミン「ないですってばー」と何度も答えるスハ。ま、いっか。今から俺の女にすればいいんだからと余裕のチャンミン。

約束の週末。スハとシニ島に行ったドンギュ。でも、バイヤーどころか料理もなければ誰もいない。おかしいと思い会長に電話するけど会長は電話にでなくて。クァク部長に連絡すると「そろそろ着く頃です。」と言われほっとするドンギュ。「じゃー、もうすぐスハ島ですね。」と言ったら。。。部長は「ヨイ島だ」って・・・・オモーーー!!会長にやられたーー!!二人きりにさせる作戦だった!!なんとか最終便に乗ろうと、スハに連絡するけど携帯に出ない。その頃スハは、子供達と貝取りに夢中で。最終便に乗って帰る子供達に笑顔でアンニョーンなんてやってるのを見つけ、「船をとめるんだー」と叫ぶドンギュ。「予定変更になってあの最終船で帰らないといけなかったのに」と言うドンギュ。「ありえない!!ありえない!!もしかしてわざとこうしたんじゃ?」と責めるスハ。何度も電話したんだーと言われ・・・携帯を置いて来たのを思い出すスハ・・・

結局二人きり。でも大げんか。その上、ドンギュが狼に見えるスハはドンギュを外に出しちゃって。君は部屋で俺はリビングにいればいいと言うんだけど、なぜかどの部屋も鍵が。そして怪しい人影に、おばけーーーー!!ってドアを開けたスハ。ドンギュは中には入り、俺の家だーって。これも全部会長の作戦(爆笑)家から出れないよう、部下にドアの外に重い物をおかせて。二人きりにさせて(笑)次は第二作戦だ!といって・・・何かと思ったら停電にさせたよー(笑)

そして机の上には・・・さっきなかったはずなのに、ご馳走とお酒が。それは、会長がインヨウカクとクコをまぜた伝説の酒。これを飲めば淑女だろうがいちころ。でも酒の弱いドンギュはほとんど飲まないで寝ちゃって、スハに効き目がーー!!ドンギュに迫るスハ。逃げまどうドンギュ(爆笑)それを監視してた部下が見て「会長、成功です」って勘違いして報告を(笑)喜ぶ会長。

朝起きたスハは完全に記憶を失ってて、自分が襲ったくせに、ドンギュに襲われたと思いこんでて。もちろん、何もなかったんだけどね、必死で事実を言うドンギュ。「だったらなんで外ににげなかったの?」といわれ「ドアに鍵がかかってたんだ」って証拠を見せようとするんだけど、簡単にあくドア。すっかり勘違いされ怒って一人船に乗るスハ。ドンギュもなんとか乗ろうとするけど、スハに邪魔されたあげく、海に落ちちゃって。先に帰っちゃうスハ。違う便で帰った事で、作戦が失敗だったと会長に伝える部下。がっかりしちゃう会長。

チャンミンの部屋に様子をみにいって・・・チャンミンはスハが遅刻してることで怒ってて。なんとかばれないようにしようと、スハが来たら三人で食事でもとか言っちゃって。それを聞いたクァク部長は理事に報告。チャンミンが良い感じでやってるとほくそ笑みます。

ジュニから、スハが出張だと嘘をついて外泊したと聞いたチャンミン。部長からドンギュがシニ島に行ってたと聞き全部気づきます。会長の元に行き、俺もそのお嬢さん争奪ゲームに混ぜて欲しいと言い出します。同じ孫なんだから。フェアプレーでいくしって。でも会長は、奥手と達人じゃフェアプレーも何もあったもんじゃないと心の中で。でもそこはかしこいチャンミン。今からファアンダンに行こうと。行きたくても行けなかった会長に。迷惑をかけたことを会長自ら謝りにいけばいいって言い出して。そこにスハも合流し、楽しいファアンダンへの旅。スハはまさか行き先がファアンダンとは知らなくて。

知ってびっくり!!牛泥棒が来たらただじゃおかないとファアンダンでは言われてるのに、快調が行ったら大変な事に・・・スハは仕方なくドンギュに助けを頼みます。なんとか俺がいくまで時間を稼げと言われたスハは・・・わざと崖から落ちて身を犠牲にして時間を稼いで(笑)レスキューが助けにきたんだけど「まだ一時間かかる」とのドンギュからの連絡。もがくスハ(爆笑)

その頃会社ではファランがファアンダンを舞台にした映画やドラマは韓流が流行してる外国人にもうけるという企画案を。すばらしいと褒める理事。その時ポロっと、会長とファアンダンは特別な縁があると部長が口にして・・・それをたしなめる理事。ファランはその縁が気になって・・・

結局時間を稼げずファアンダンに来てしまった会長。全然変わってないと感動する会長。なんとか家の人と会わせないよう努力するスハ。しかし・・じいやが牛泥棒だと気づいて会長に襲いかかります。カマをかまえて襲う会長をかばったのはやっと着いたドンギュ。ドンギュは怪我をして。

じいやは牛を返すまでゆるさんぞーとか言ってたけど、「マンボクです。許してください」と言う会長にじいやはカマを渡し、昔のように「マンボク、次はお前が鬼だよ〜つかまえてみな〜」って(爆)それはいいとしても、やっぱイハクってはあやだったのね・・・会長の恋いこがれてたばあやは会長を追い出し塩をまいて、二度と来るなって・・・

チャンミンは会長に謝って、また必ず連れてくるからって。牛を買って送らないとと言うドンギュに、同じ牛じゃないと意味無いのよと言うスハ。ばあやは、マンボクの孫だったらドンギュも最初から家に入れなかったと言います。あれほどじいやが怒ってるのはよほどの事だって。そして、スハにも、すぐにマンボクの会社をやめて、帰って来なさいと言います。

帰りの車の急ブレーキで・・・突然あの夜の事を思い出したスハ。まさか自分が襲おうとしたなんて・・・・あり得ないと落ち込んでて。そこに会長が倒れたとの知らせが。駆けつけると「俺が悪かった・・・許してくれ・・・イハク・・・」とうなされてる会長。

浅はかなチャンミンの行動を怒るドンギュ。牛を盗むなんてそんなスケールの小さい事してたなんてしらなかったもんって開き直るチャンミン。

うわー。スハの父の家に宗家のお偉いさんが!!マンボクの元で働いてるのがばれちゃったよ。やっぱり宗孫の座は女では無理だ・・・ジュニョンは立派な弁護士だそうだな・・・宗孫について考えた事はないか?と質問を。オンマは嬉しそうで。それを見たジュニは、そんなオンマが気分悪くて席を外し、スハも、「失礼とは存じてますが、席を外させていただきます。宗孫についてはご老人の意向にそいます」と席をたって・・・そんな老人達に、「スハとジュニは同じ年です。でもほとんどの現代人はジュニの様な考え方です。今まで宗孫として役目を果たしてきたスハを追い出したら・・・その家は結局空き家になるでしょう。今更宗孫になる気はありません」とはっきりいったよー。

その頃会長は、50年も前のそれも牛ごときの話でーーーと逆ギレ!家族を呼び出し、チャンミンでもドンギュでも・・・ファアンダンを手にしたものを跡継ぎにする!!早いもの勝ちだ!!と宣言を。

落ち込むスハの元に行くジュニョン。スハは、ジュニョンに、やっぱりジュニョンが宗孫になるべきだと言います。しかし、ジュニョンは、俺にとってはファアンダンはどうでもいいものだ。こんな俺が継いだら、ファアンダンを売ってしまうだろう。それでもいいのか?って。



第七話

ハラボジの宣言に、心配する叔母。でもハラボジは、チャンミンも孫だし、ライバルが居た方がいいだろうって。

ジュニョンの売るって話は本当?私の為にいってるんじゃ?と話をしてたら・・・家の前にジョンスクが。家に入りたいっていうんだけど、カラオケで時間をつぶそうというジョンスク。なんか怪しいと思ったら。。。落ち込んで飲んで騒ぐスハをいいことにどんどん飲ませ酔いつぶさせて、格好良いジュニョンに迎えにきてもらい、ちゃっかり、スハの部屋に。このまま居着くつもりみたい。ジョンスクに完全一目惚れして、絶対女になってやるーって。でも場の空気を読めないジョンスク。後妻・・・ってか・・・パパの元浮気相手で、再婚者なのに、オンマの事「さすがファアンダンのお嫁様」なんてほめて・・・・・。最悪の空気なのにしゃべりっぱなしの食べっぱなし(;´д`)トホホ

チャンミンは女を落とすのが得意技だし、スハが秘書だからスハから責めます。競馬場に連れて行き、そこで馬好きの日本人と取引を。林さんって人が馬が好きで馬券を買おうとするんだけど、スハの霊感で「6.7」だと断言。周りも人だかりで、皆しれで大もうけ。スハのお陰で契約もうまくいき、スハはチップをもらいます。なんと中身は500万ドル。それだけあればファアンダンの修理ができたのに・・・・父のいいつけで簡単に手に入れた金は良いことにつかえと教えられてて、なんと寄付しちゃいます。それを知ったチャンミンはご褒美をあげようと・・・

船を貸し切りで食事を。なんて贅沢異な!貴方こそ寄付すべきだと言うんだけど、プロポーズとかするときにはこうするものだと言うチャンミン。「そんなのは恋人にしてください」と言うスハに「だったら恋人にならない??」ってサラっと・・・・でもそこにスハの携帯にばあやから連絡が「ソウルのあの人が来て大変なんですーー」って。急いでソウルに向かうスハ。

一方ドンギュはファアンダンのお年寄りから責めます。でも、簡単には落ちない。部下に怪我したふりさせたけど失敗して・・・年寄りの為に勝手に、高級マッサージ椅子と、カラオケセットを家に持ち込んだドンギュ。じいやとコップニの母は超マッサージ椅子が気に入って・・・カラオケに興じるお手伝いをたしなめるばあやだったけど、いつの間にかのりのりで歌い出して(爆笑)ドンギュ達と大騒ぎ。

ひゃーー。ファランったら、ファアンダンなんかテーマパークになればいいと・・・・・そういう計画を進めようとし始めてるよー。ファアンダンはおいくらかしら??なんて不動産屋で調べてるし。

スハがファアンダンにつくと、ドンギュと部下が話してて・・「第一段階でカラオケで気分を良くさせる・・・第二段階で手伝いをして気に入らせる・・・そして第三段階で・・」とドンギュが仕事をしながら話してる途中で、スハが「ファアンダンを売るようにそそのかすでしょ?」と言い後ろに怒って立ってたー。怒って、全部運び出せーーー!!って・・・。マッサージ椅子を運ぼうとしてたら、コップニの母が「私のだーー」ってその椅子に座っちゃって、ドンジュと部下は足を挟まれ怪我を。年寄り達は可哀想に思い、漆鳥を食べさせてあげよう!と言い出します。でも・・・鳥をつかまえるのを手伝ったドンギュは、スハの大事な80年来の祖母の作った醤油の瓶を壊してしまって・・・スハに一段としかられます。その上、漆にかぶれて、湿疹だらけで病院に。

ケンカばかりのスハとドンギュだけど、ドンギュが目覚めるとスハがうちわで仰いでくれてて。。。「オンマ・・・」って・・・。ドンギュのオンマはドンギュが水痘の時そうやって仰いでくれてて・・・でも、その後事故で亡くなったらしい。そして素直に瓶の事と病院で恥をかかしたことを謝るドンギュ。スハも、オンマがこうやって仰いでくれてた事を思い出して・・・

帰りの車でオンマの話をするスハ。短命だと占いで言われたアボジは、20才で19才のオンマと結婚。アボジがソウルで留学してた間も一人でファアンダンを守ってて。恋しくてソウルに行ったとき、美味しい餃子を食べさせてあげると言われ、美味しい餃子を食べさせてもらって。。。それ以来、オンマはアボジが帰って来る度、キムチ餃子を作って・・スハは伝統料理を食べてた女だけど、キムチ餃子が世界で一番美味しい食べ物だと思ってたって・・・ドンギュはその餃子には愛がこもってたんだよ。と言うんだけど「バカみたい」って思ってました・・・・ソウルの家族と暮らすアボジを最後まで一度も恨まなくてって・・・・スハを送った後、心臓がどきどきして顔がほてるドンギュ♪漆のせいかなーって(笑)

家に帰ると、義母とジュニが居なくて、ジョンスクが、アボジの為に何か作ろうと張り切ってるところで。スハはキムチ餃子をつくろうと言い出して♪できあがった餃子を「オンマのあの味だ」と喜ぶアボジ。

でも・・・帰ってきたジュニと義母は、「パパはキムチ餃子が嫌いなのに」って・・・その上「胃が悪いから小麦粉はダメなのよ」と言われ・・そのうえ、宗家の娘がこんなゴミみたいのを作ってと言いながら義母はゴミ箱に捨てちゃったーー!!「だめー。私がつくったんです」とゴミ箱からその餃子を持ち去るスハ。外に飛び出し、路上に転んで「オンマ・・・オンマ・・・」と泣くスハ。そこに、忘れ物をしたと、ドンギュから電話が。泣いてるスハを心配して今すぐ行くと言うドンギュ。いいかんじだーと思ったら、先に偶然チャンミンが通りかかって。公園で泣くスハの肩を抱いて慰めます。涙をふいて・・・きゃーって思ってたらそこにドンギュが!!チャンミンと殴り合いだー(*/∇\*)キャ




第八話

ドンギュとチャンミンが揉めてる間に、川原に行ったスハ。そこでカツアゲされてる子を見つけて助けようとするんだけど、逆にやられそうになって・・・・目をあけるとそこにはジュニョンが。ジュニョンが助けてくれたのかと思ったら・・・・ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆強いぞジョンスク!!家出したスハをアボジが心配して、探しに行かせたみたいだね。

どういうこと??どうも義母・・・アボジの事好きでもないのに結婚したの??それとも自分が愛されてなくて寂しいって意味?なんかつぶやいてたよ・・・ジュニに「貴方は好きな人と結婚しなさい」と言い、「そんなバカいないよ」とジュニが出て行った後、そのバカが私よって。

三人でサウナに行くんだけど、どうしても女湯なのに、はだかになれないスハ(爆笑)ジョンスクもお手上げで、サウナ室でジュニョンと待っててって。でも間違って違う男の人に声かけちゃって(笑)ソウルに来なければ良かったと・・・正直に話すスハ。ジュニョンは、あれは母の劣等感だと教えます。キムチ餃子を見ると、ファアンダンの妻を思い出すから・・・ソウルの妻の前では食べれなかったって・・・。そして義母のわがままでソウルに住んでたけど、心はいつもファアンダンにあったと、義母も・・家族皆分かってて、義母はそれがずっと引っかかってたって。理解してやってほしいと言われても・・・ずっと帰ってこない父を生涯待ち続けた母を思うと、簡単じゃないって・・・。でも兄妹は理解しあおうって。「お兄さん」って呼ぶようにジュニョンは言います。

次の朝、遅刻しそうで走ってるとばあやから電話が。代理人が不動産屋にファアンダンを売ったってーー!!勝手に極秘でプロジェクトをしてるファランのせいなんだけど、口の軽い不動産屋はそれを言いふらしてるよ。ファランは偶然ジュニョンに再会するんだけど・・・どうも・・・ジュニョンはファランがコップニだった頃の初恋の相手みたいね。

会長はドンギュとチャンミンを昼食に誘います。でもそこに来たのはスハ。会長は来れないって。三人で食事することになるんだけど、スハとチャンミンが遊覧船デートしたと聞き、ムカツクドンギュと、ファアンダンに行って、ばあやの料理をドンギュが食べたと知ってムカツクチャンミン(笑)

他の部署には厳しいのに、赤字の食品部門だけには甘い会長。会長もまた・・・イハクの作ってくれた餃子を求めてるのよねー。でもどうしてもあの味の餃子ができない。こうなったらイハクに正直に謝ろうとするけど、カラオケの練習で忙しい!!ってきられちゃって・・

そこで会長思いつき、高級電化製品を村のカラオケ大会に寄付!ファアンダンに行ってると叔母から聞いたドンギュとチャンミンとスハは急いでファアンダンに!!でも何も変わりはないって・・・・

ついてきたチャンミンとドンギュは、じいやに、畑に肥やし(それも人の排泄物・爆笑)をまくよういわれ・・・・スハはカラオケ大会でせっかくだから躍る事に。その前に・・・ばあやは、この辺の土地が異常に値上がりしてて、ギドンも、皆土地を売ったって・・・危ないから権利書をどこかに隠そうと。コップニの母の案で、枕の中に隠すことに。

チャンミンとドンギュは、こっそりさぼってカラオケ会場に。忘れ物をしたコップニの母は家に戻るんだけど、そこでファランと会います。コップニーと叫ぶ母。コップニが子供の時よくそうしてたように、地上に線をひき、そこから先には行かないから、いかないでーって。「ファアンダンさえなければいいのよ。ファアンダンさえなければ、オンマと一緒に暮らせた」そう言い去るファラン。

ファランは不動産屋に、あっちもこっちも村人は、土地を売ろうとしてるのに、ファアンダンが売れないと、買ってもらえないと言われ、あーだこーだ騒いでる。その騒ぎを聞きつけた宗家の人・・・。

チャンミンとドンギュはすぐにスハに見つかってしまいます。カラオケで歌うはずだったアジュンマがどうしても無理で丁度ピンチで・・・。アジュンマの変わりにドンギュが歌ってチャンミンが一緒に躍るはめに。スハが三つの太鼓で伝統舞をしてる間じいやに捕まってて。さすがのスハの演技・・・と思ったら、ドンギュとチャンミン・・・≧∇≦ブハハハハハ女装だよー。それもアジュンマ女装!!嫌がる二人だけど、会長が来てる上門中の人まで来てて。両方が会わないよう神経付き合ってる中、ファン家の孫が出たなんてばれたら大変な事だっていうスハ。

だったら出なくて良いじゃんというチャンミンだけど・・・きっと会長の差し金ね。イハクがみたくて、ファンアンダンシスターズが棄権したら罰金って事になってるみたいで。仕方なく化粧を・・しかしそこで村長が・・・偉大な方を紹介します。沢山の寄付をくれたTOPグループ会長、fん・マンボク会長ですーなんて紹介しちゃったーーー!!

ステージに立った会長は門下の方々に気づきます。そして汗をかきながら、なぜ50年もここをも思ってたかというと・・・と話し始め、マイクを抜こうとしてたドンギュはその手をとめます。でも、「私は謝りたくて」ってせっかく言ったのに、チャンミンがマイクをぬいちゃったよー。門下の方々は「謝罪するかとおもったら、けしからん!!すぐ帰れ」と席を外しちゃったよー。がっくりして叔母に手をとられ出て行く会長。それを心配するドンギュはすぐにステージに立たないといけなくて・・・それでも必死で歌うドンギュ。まー歌手だからうまいのは当たり前だけどね(苦笑)

打ち上げで酒を浴びるほど飲む会長。中に入れない従兄達。会長は二人を見つけ、迎えにきたのか、帰ろうーって。

その夜、ファアンダンに宗家一門が!!またファン家を居れるなんてけしからんって!!スハは必死でかばおうと、非難を受けるのを覚悟で「罪を償おうとする者を許すのも君子の道理です。彼はあの演説でも謝罪をしようとしてました」といいます。そんなタイミングで酔っぱらった会長がぁぁぁぁぁーーー!!顔をだしたスハを見て「家の孫嫁よー」なんていっちゃったもんだから、宗家の一門がだまってられずに出てきて、「誰の孫の嫁だというんだーー!!!」って大激怒!!ああああ・・・・・やっちゃったよ・・・会長・・・


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。