まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

ガラスの靴(全四十話)
第十一話〜第ニ十話


第一話〜第十話はこちら

第ニ十一話〜第三十話はこちら

第三十一話〜最終話はこちら


 〜キャスト〜

パク・チョルン : ソ・ジソブ

キム・ユニ(イ・ソヌ) : キム・ヒョンジュ

キム・テヒ : キム・ジホ

ウ・スンヒ : キム・ミンソン

チャン・ジェヒョク : ハン・ジェソク 

  

第十一話

やけにソヌがジェヒョクに優しくするのが気になるチョルン「おれの拳は自動式ですから。ソヌに手をだそうとする奴は殴るようになってるんです」うーん♪この言葉いいわー☆

ジェヒョクは15年ぶりにあの。。。15年前にテヒを痛めつけた不良・・・カントンに再会!あのチョルンに目をつけてるヤ○ザの親分が、あの不良だったんだー。そして手を組んだよ。テヒを失いたくない会長は、テヒとジェヒョクの事を考えてみると言い出したよ。テヒは実力でトップ入社らしいー。

もう!!チョルンのこと無視するくせに(怒って)、なんでジェヒョクと良い感じに食事に行ったりしてるのよーーーー!!ソヌったら!!チョルンはソヌが目を合わせても無視するのは、店を襲ったヤ○ザのせいだって思って、アジトを襲いにいってるんだよーーーー!!

きゃーーー☆チョルンったら本当につよいわーーー!!でも。。。この時って右肩骨折してるんだよね・・・本当は・・・wかばいながらも回し蹴りしたり・・・役者さんって大変だわq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p 頑張れ!!ウリジソピーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p チョルンが気に入った、ヤ○ザの親分イ・インス。自らチョルンの前に現れて、「お前が勝てば、女の店から手を引く。俺が勝てばお前はおれの手下になれ。男と男の約束だ」と・・・。今まで誰にも負けたことのないチョルンは、その賭けに乗ります。でも。。。。やっぱ、親分だよね・・・・チョルンは産まれて初めてケンカでボロクソにやられちゃうの(ToT)

チョルンったら、ボロボロの上に・・・ソヌがジェヒョクと仲良く帰って来たところみちゃうし(ToT)切なすぎq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p チョルンがケンカして怪我をしたと聞いて、迎えに来たソヌ。「そんなにケンカがしたいの?」って。。。。あんたのためにやったんだよーーーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p そりゃ、チョルンだって切れて、「こんなバカな奴ほっといて、他の男の所にいけよ」っていいたくなるわ。でも・・・・本当に行ってしまおうとしたソヌの手をつかんで。。。「ごめん・・・行くな・・・」って・・・・ああ・・・・切ないq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

もう!!スンヒったら、わざわざソヌに自慢しにきやがってーーーー!!余計な事するから、段ボールの下敷きになったよ。それも、自分がはしごを押したから・・・って理由の自業自得でね。







第十二話

結局スンヒの怪我なんかたいしたことなかったんだけど、心配で病院に来たソヌ。そこにテヒもやってきます。もう!!スンヒったら「あの子にころされそうになったのー」とかいうし、テヒったらスンヒの言うこと鵜呑みにして、スヒに冷たい態度とっちゃうし。

ジェヒョクに避けられるテヒは、ジェヒョクに女でもできたのか?って問いつめるんだよね。ジェヒョクは(テヒに対する罪悪感からかな?)、時々テヒに頼られすぎると負担に感じるって言うんだよね。時には自分も人を頼りたくなるって。私を頼ってと言うテヒに、お前を見てると辛くなるからそれは出来ない。時間をくれ。気持ちの整理をさせてくれ。って・・・

スンヒったら、ソヌを解雇しろって会社に命令したよ。その上、損害代が200マンウォンだって。それを聞いたソヌは必死でスヒを探します。でも入れ違って・・・そんなソヌを見て、理由を聞くチョルン。ソヌは、このことをチョルンに話すんだよね・・・・

テヒとジェヒョクがうまくいってなくて、テヒが落ち込んでるのを気にかけた会長は、ジェヒョクに、テヒと逢うなと言った言葉を撤回します。今は仕事より、一番失いたくないのがテヒだからと・・・

結局アルバイトを首になったソヌは、チョルンパパに着替えを届けにチェハグループに。そこで、清掃婦の仕事を募集してることを偶然知り、面接をうけます。その頃、テヒもチェハグループの最終面接に挑んでいた。面接官を言い負かしたテヒ。その有能さに満足する会長。

(清掃婦なんだけど)チェハで働くって聞いたチョルン。あの日渡せなかった、あのスーツをソヌに渡します。「こんなに素敵なプレゼントは初めて」って感動するソヌ。そーだよーーー!!ここまで思ってくれる男はチョルンだけだよーーーー!!それを聞いて部屋でまたブルースリーしながら喜ぶチョルン可愛すぎーーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p たまらないなq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

チョルンからのプレゼントのスーツを着て仕事に来たソヌ。掃除をしてる最中、ジェヒョクに偶然社内であいます。てか、会わなくっていいってばさε=(=`・´=) プンスカプン!






第十三話

チョルンったら初出勤のお祝いに花を贈ろうと、チェハに来たはいいけど、会社中「ソヌー」って探すのってどーよ。チョルンらしいけど(笑)そこで、ジェヒョクに逢って、ソヌが掃除の仕事をしてるって知ったチョルン。ソヌの元にいき、こんな仕事する必要ない!!って連れ戻そうとするんだよね。嫌がるソヌ。「あいつが居るからここに居たいのか?」つい・・・嫉妬でそう言ってしまったチョルンに、借金を返すため、仕事なんか選んでられなくて必死なのに・・・あんただけは分かってくれると思ってたのに失望したって、ソヌがいいます。

「仕事は選んでられない」って言葉と、この前親分に言われた「女を守りたかったら力をつけろ」って言葉が頭の中でぐるぐるするチョルンは・・・スタクが「それだけは越えてはいけない一線です」って止めるのもきかず、親分の元に。「俺に200マンくれるか?くれたらて子分になってやる」って言っちゃったー!親分は「これは見舞金だ」って金をくれて、そんな気持ちじゃ、子分になって欲しくないって事だよね??そっちは拒否します。

金をチェハ通信の店に払い、「二度とソヌに色々言うな」と捨てぜりふを残し、チョルンは再び親分の元に。チョルンったら格好良いんだよなー。親分の前なのに正面見据えて酒のむし。弱い者には手を出さないことと、人の命は奪わないことだけ約束してくれ。って。。。ああ・・・そしてチョルンは仲間になったよー!!

ああ・・・チョルンがソヌのため。。。こんな事までしてるのに!!ソヌったら何ジェヒョクと仲良くしてるのよー。主席入社を果たしたテヒ。テヒはジェヒョクに結婚しようって言い出します。はぐらかすジェヒョク。ジェヒョクはテヒを利用するのは一回だけで、これ以上自分の復讐劇にテヒを巻き込みたくないんだよね。そして落ち込んでる所にソヌが・・。ジェヒョクは、亡くなった父や祖父の話をソヌにするんだけど、ソヌは、「そんな恨みながら生きるなんていけない。幸せな思い出があるだけでも、私より幸せ」とか話しちゃって・・・ジェヒョクは「会うたびに心を揺り動かす」なんて言っちゃってるしー!!何二人して惹かれあってるのよーー!!

チョルンには200マンの事でそんな態度で詰め寄ってるし(ToT)何も言わずソヌを抱きしめてるチョルンが切ないわ(ToT)

スンヒったらテヒのネックレス盗んじゃって、それがばれたら、今度は叔母さんをなじって出ていって。結局テヒが探し出してくれるんだけど、テヒったら本当、妹に優しいんだよね。ろくでもない偽ユニなのにさー。

チョルンを心配するスタクはチョルンに怒られるのを覚悟で、ソヌに「兄貴を止めてくれ」って頼みにきたよ。アジトから集金場所に出かけるチョルンの元にソヌが。チョルンにビンタしたよー。







第十四話

チョルンは、止めるソヌを振り切って、「俺も悩んだ末に決めた事なんだ」って行ってしまいます。チョルンの強さのお陰で集金がスムーズに運びます。

はあ・・ソジュンったら良い子なんだけど、やっぱ、ぼっちゃんなのよね。ソジュンからお金が振り込まれないからヨヌンがレストランに来るんだけど、からかっててさー。「そんな会社やめて家ではたらけばー?」なんて簡単にいっちゃうし、そりゃヨヌンだって怒るよ。

会長って血圧が高くて体の調子わるいみたいね。テヒからのプロポーズの返事を先延ばしにするジェヒョク。テヒはジェヒョクが忘れた携帯を会社に届けにいきます。そこで、仲良く二人きりでお弁当をたべるジェヒョクとソヌの姿を見ちゃうんだよね。てか、その前に、ソヌったら窓に、「イ・ソヌ チャン・ジェヒョク」なんて名前をかいたりしてーーー☆チョルンが居るジャンーーー!!テヒはジェヒョクがソヌに見せる見たことのない笑顔にショックを受けるんだよね。なぜか彼女には気を許してしまうっていう、ジェヒョクの言葉に。。。自分に対する気持ちは、愛じゃなかったって気付いたみたい。

チョルンったらー☆もう可愛いーーー!!忙しいのに、ソヌの顔がみたくて、会社から家まで送りにきちゃって。顔を見てくれないソヌに、なんとか顔を見させようと子供っぽいことしてーーー☆「愛してる。本当に愛してる」って言って去っていって・・・ああ・・・切ない。チョルンの恋、実ってほしいよq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p こんなに一途なんだからq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

食堂のおじさんったら、スンヒを使ってお金を作って、株で大もうけしようなんて考えてるよ!おばさんに、スンヒに電話させて5000マン用意してって頼ませるんだけど、スンヒは相手にしなくて。でも、その会話をソジュンが偶然聞いちゃって少し不振に思うんだよね。

チョルン。。。涙ぐましいわ・・・ご褒美に服でも買えともらった金でソヌに指輪買ってあげて・・・残りの金はスタクに「おふくろさんにやれ」って渡して・・・うわ!!チョルンがヤ○ザにかこまれてるよーーー!!スタクがソヌの元にいって「兄貴が大けがをした」ってーーー!!





第十五話

ソヌったら、チョルンの姿をみて、親分にビンタくらわせて、ヤクザを追い払って、気が強いよねー(笑)そこにチョルンが惚れたんだけど〜^^チョルン、まみまみも気強いよ〜(='m') ウププ 付きそうソヌは、そのままベッド脇で寝ちゃうんだけど、目覚めてソヌが居るのに気付いたチョルン。もう・・もう・・・可愛いーー☆キスしたいんだけど我慢して、じーーっとソヌの寝顔を見つめてたり、こっそり自分のベッドに一緒に寝かせたり〜(*/∇\*)キャ

ヨヌンにだけはチョルンの事教えて、自分が仕事中、側にいてあげるように頼むんだよね。ヨヌンとスタクはチョルンを心配して、チョルンに説教とかするんだけど、調子に乗りすぎて・・・ププ( ̄m ̄( ̄m ̄|壁| ̄m ̄) ̄m ̄)ププ

チョルンってガキ大将がそのまま大きくなった感じだよね。二人にアヒルさん歩きの刑をさせたりして^^

スンヒが余りにも両親に似てないし、粗暴すぎて叔母もスンヒを怪しんでるんだけど、会長はユニが偽物でもいいみたい。大事なテヒがそれで落ち着いて仕事できるなら。テヒは、ジェヒョクがソヌに見せる笑顔のことが気になって仕方ないみたいね。

スンヒは、たびたび両親が電話をかけてくるのに困って、店に行き、「もうすぐ遺産がはいるから、入ったら孝行するからそれまで電話しないで」って言いに行きます。でも、なんとか母をおさめようと、テヒの元に。テヒったら「あのお店を育ての親の名義にしてあげる」なんて言ってあげて・・・会社からの帰り、スンヒはソヌが働いてるのを見かけて、地下に追いかけます。掃除中のソヌは鼻血が出て、通りかかったジェヒョクがハンカチを貸して介抱して上げて。「どうしていつも僕を避けるの?僕を好きになりそうだから?」なんてーーーーー!!

それを見てたスンヒったら、ソヌに「彼はお姉さんと結婚する男なのよ」っておしえ、テヒには、「ソヌは私の男も取った怖い女だから気をつけて」なんて言いつけてるよ。心配になったテヒが、夜、会社に戻ってみると、ジェヒョクの車で家に送ってもらってるソヌが。もうーーーーー!!何告白してるのよーーー!!ジェヒョクはソヌに、「君と居ると楽なんだ。こんな自分でも幸せを感じていいんじゃないかって希望がもてるし、側に居たくなる」なんて言ってーーーー!!ソヌは、泣きながら「私はチーフにふさわしくないんです」なんて言ってるけど、その涙、好きって言ってるようなものだよね。もう!!チョルンがいるでしょーーー!!チョルンの方がいいよーーー!!チョルンにしとけーーーー!!

結局家族にチョルンが入院してることがばれます。お見舞いにおばあちゃんとパパもきて・・・ああーーーあたしもおばあちゃんみたいに「アイグーーー!!ウリチョルン・・・アイグーアイグー」って顔をなでなでしたいわq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p 親分ったらいい人なんだよね。。。(このドラマの後に「千年の恋」みたから、親分にはぶったまげたw)チョルンに家族が居るとは思わなかったみたい。やめても良いんだぞって。でも、チョルンは「ボスには何か通じるものがあります。そんな出会いは滅多にない」って言ったよ。

怒ってるソヌに・・・・ああ・・・このシーン好き〜♪ソヌの靴ひもを解いて、渡せなかった指輪を通して首にかけてあげ、「これで厄介払いできたぞ。もう怖い夢もみない。代わりだとおもえばいい」ってーーー☆もうもうもう!!チョルンったらーーーーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p






第十六話

テヒは、焦りすぎて今すぐ結婚の返事を頂戴ってジェヒョクにせまり、逆ギレされておいだされちゃった(ToT)

退院してきたチョルン。チョルンパパ(パク運転手)って本当、子供思いでいい人だよね・・・ある意味、テヒとユニのパパに似てるよ。息子を心配し、自分が寂しい思いをさせたからだと後悔しつつも、息子の言葉を信じてくれて。

会長はチョルンパパにスンヒの事を調べるよう言ってたんだけど、偽ユニだったってばれたよ。偶然ソヌと社内で会った会長。ソヌったらただの会社の平社員のおじいさんだって思ってるみたいね。ああー。やっぱ血がつながってるんだね。会長のあんな笑顔初めて見るよ。テヒとソヌもやっぱ、姉妹だよ。こうやって拗れた関係になっても、お互いフェアーだし、考え方が似てて、ずるいところもなく、互いに尊敬しあえてる感じだよね。

にゃはは☆チョルン可愛いぞー☆テヒに借りてもらった本を読むソヌに、りんごを持って行ってやって、「嫁にきたら、おばあちゃんも、お父さんもヨヌンもセットで家族になれるぞー」とか「子供が12人つくろう、親父似の5人と母親似の5五人と両方に似た双子だ。サッカーチーム作ろう」なんて〜♪本で殴られてたけど(='m') ウププそしたら、「12人じゃ足りないか?もう一組双子作るか?俺はいくらでも頑張るぞ」ってヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆かわいいー☆

スンヒったら、ソヌとテヒが会うのが耐えられなくて、ソヌに会社を辞めろって言いに来て、断られ、両親の元にいき、なんとかソヌが出ていくよう仕向けます。叔母さんが病気になったふりをして、ソヌを呼びつけ看病させ、その間に、スンヒがソヌのふりして会社に電話かけて、すっげー嫌な話し方をして首にさせてーーー!!

ソヌが辞めるって言ってきたと聞いたジェヒョクは、テヒを呼び出して、「ソヌに仕事を辞めるように言ったのは君か?」なんて!!テヒだってそんな疑いかけられたらたまった物じゃないよねー。ソヌを心配してソヌの自宅に電話したジェヒョク。その電話を取ったのがチョルン。ソヌが会社を辞めたと聞き、昨夜スンヒから電話あった事を知ったチョルンはソヌを探して食堂に。チョルンから聞き、自分がスンヒにハメられたことを知ったソヌ。会社に行くけど、「あの電話は自分じゃない」って言っても信じてもらえないんだよね。全くスンヒったら・・・調子にのって悪いことばかりして。母親と隠れて電話してて「この家の財産は半分は私のものになるんだから」って言ってるのを会長に聞かれたよ。





第十七話

会長に偽物ってばれたスンヒ。会長に呼ばれ、恐怖で熱出したりしてるよ。自業自得だよ。

仕事が無くなって落ち込むソヌ。力になってあげたいのに、何もしてあげれない自分の無力さに落ち込むチョルン。そんなチョルンを今度はソヌが励ましたりして。家に戻ると、ジェヒョクが待ってた。ジェヒョクはソヌに、「派遣社員として推薦しておいた」って言うんだよねーーー。ああーーーソヌったら感動して泣いちゃって・・・それを陰から見つめるチョルン・・・切ないよね(ToT)ソヌが帰った後、チョルンはジェヒョクに「ソヌに手をだすな」って言いに行くんだけど、「ソヌさんにお前は似合わない。お前さえ邪魔しなかったらソヌさんは幸せになれるんだ」なんて傷つく事言いやがってーーー(/□≦、)エーン!!就職を祝うおばあちゃんまで「チーフって人と居ると幸福が訪れるねー」なんて話してるし・・w好きな女が困ってるのに助けられず、ただ他の男の所に行くのを見つめるだけっていうのがくやしくて、本格的にヤ○ザの仕事の手伝いやりはじめたよー。

会長はイ・インス(親分)という人物がチェハ通信の株をどんどん買い占めてる事に気付き、調査をはじめます。これは実はジェヒョクが親分にやらせてるんだよね。インスがチョンソン出身と聞いて、会長は考え込んでたよ。

チョルンの看病で仕事を休みすぎたヨヌンは会社を首になり、渋々ソジュンのレストランに行きます。ソジュンったらテヒに言ってた好きな子ってヨヌンの事だよね?そんな意地悪しなくて良いジャン??来てくれて嬉しいくせにー(='m') ウププ何とかヨヌンはレストランで働くことに。

就職が決まったソヌは、いつものお礼に沢山のごちそうを作ります。帰ってこないチョルン。チョルンは親分に頼まれて経営するナイトクラブの用心棒をしてるんだよね。そこに、荒れて酔っぱらったスンヒがいて・・・・外に連れ出して、帰るように話すチョルン。自分にどうしても振り向いてくれないチョルンに・・・ぐあーーーーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p スンヒったらスンヒったら・・・・チョルンにキスしたーーーー(`Д´) ムキー!それも長い!!\(*`∧´)/ ムッキー!!

丁度、チョルンにお弁当を持ってきたソヌとヨヌン。二人がキスしてるのを見ちゃったよq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p スンヒったら・・・スンヒのくせに・・・ああーーーー☆ウリ チョルンになんてことをーーーーーーーヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ ケシカラン!!




第十八話

スンヒとチョルンのキスをみて、逃げ出したソヌ。チョルンは追いかけて言い訳しようとするんだけど、「あんたが誰と何をしようと私には関係ない事だから」なんて言われちゃうんだよね・・・。ソヌも少しはショック受けてるみたいね。今まで好かれて当たり前って思ってたし。チョルンが居なくなったら、絶対寂しいよーーー!!切ないよ・・・ソヌの弁当・・・スタクが食べようとしたハシを指で掴んでとめて、一人で食べちゃうんだよね。「こんなうまいのは産まれてはじめてだ」なんて涙ぐみながら・・・・ううう・・・

はあ・・これでチョルンの大事さを分かってくれるか?って思ったのに、ジェヒョクったらソヌを呼び出して、就職祝いに効果な携帯電話をプレゼントし、「五分だけでもいいから、友達としてで良いから時々こうやって会ってくれないか?一緒に居ると落ち着くんだ・・・」なんてーーーー☆余計なことしなくていいってば!!

スンヒったら、チョルンに呼び出され、はっきり振られたね。でも、ソヌにジェヒョクがぞっこんだなんて余計な話しやがるし。会長に呼び出されたスンヒは、「テヒの将来のさまたげにならないように、従順な妹として生きろ。テヒにばれるような事があったら許さない。お前と俺の秘密だ」と、両親の店の権利証を私、報酬も約束します。ああ・・・もう会長も体調が悪くて、自分に時間がないから、全てをテヒに賭けたのね・・・

テヒったら本当に正々堂々としてるわ。ソヌの事、ライバルだし憎いはずなのに、仕事を手伝わせたりして。前にどこかで会った気がするって気持ちはあるのね。ソヌはそれを、ナイトクラブや願書提出の時に会ったからですよって言っちゃったけど。

ああ・・・チョルン・・・ソヌをバス停で待って、気持ちを正直に伝えるんだよね・・・何でも一つを好きになると、他はダメな・・・そういう男なんだ。お前の気持ちは分かってる。あいつを見る目と俺を見る目が違うことくらい・・・。でももう好きになってしまったんだ・・・お前しか居ないんだ・・・なんて言って立ち去って・・・切なすぎるよ(ToT)

チェハグループの株が流れてる事を知った会長は、ジェヒョクに何か知ってるか聞きに行くけど、ジェヒョクはシラを切り、急いで株を手中に収めようとします。会長はジェヒョクを疑わしく思い、パク運転手(チョルンパパ)に、ジェヒョクの部屋を調べてほしいって頼むんだよね。チェヒョクの部屋を調べたパク運転手は・・・チェハ物産だった頃の会長の共同経営者チャン会長の死去の時の記事を大事に持ってるのを見て、ジェヒョクが孫だって気付いたよー!!うわーーー!!そこにジェヒョクが帰ってきたー☆





第十九話

さすがチョルンパパだ。パク運転手は、どっちの会長も自分にとっては大事な会長だから、復讐を考え直すなら、会長に言いません。っていって、日記だけを預かってかえり、会長には「何も疑わしい物はありませんでした」って報告します。悩むジェヒョクは、ソヌを呼び出します。なになに??二人ともそんなに惹かれあってるわけ???ソヌは好きって言いそうになるし、その続きを聞きたいって、言うジェヒョクに、テヒを傷つけたくないから、帰るべき所に帰ってほしいですなんてーーー!!これって普通に見てたら、二人の恋が切なく感じるシーンなの??ダメ!! ゛o(≧◇≦*)oo(*≧◇≦)o″ダメ!!だーー☆帰るべき場所って・・・・ソヌこそ帰るべき場所はチョルンなんだよー☆とチョルンが可哀想に思えてしまう(ToT)恋愛がこんなに難しいものとは思わなかったって、チョルンも落ち込んじゃってるしー!

ジェヒョクは、株を購入するのを一時休止するって、この件で協力してる秘書に言うんだけど、秘書ったら、逃げ腰なジェヒョクに煮え切らなくて、「今すぐ800万株を購入しろ」って嘘の伝達を親分にしたよー。

もう!!チョルンったらなんでこんな可愛いのーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p 初めてスーツ買うんだけど、店員に「恋人が見たら喜びますよ」なんて言われたもんだから、ソヌに見せに行くなんて言い出して。ぎゃはは。値札ついたまま気取ってるしーー☆

うわー!!ジェヒョクったら、はっきりテヒに「ソヌさんが好きだ」って言っちゃった。ショックだけど、同情で優しくされたくないテヒの気持ちわかるわーーー(ToT)テヒとジェヒョクが別れた事を聞いたソヌは、誰も傷つけたくなかったのにこうなってしまって落ち込みます。それを偶然通りかかった会長が慰めるんだよね。ソヌはただの社員のおじいさんとしか思ってないけど。ジェヒョクを呼び出されたソヌ。待ち合わせに行く最中に・・・

もうーーー☆チョルンったらなんでこう間が悪いの??スーツ見せたくて花束もってやってきてー。「ふざけるのは後にして」なんて去られちゃって・・・レストランも遊覧船も用意してたのにー☆でも。。。可愛いq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

ソヌは、ジェヒョクに、テヒに撤回するよう言うんだけど、ジェヒョクは・・・「愛してる」ってソヌを抱きしめて・・・ソヌも涙流してて・・ああーーーー!!それを追いかけてきたチョルンが見ちゃったじゃん(ToT)花束をその場において・・・・背を向けて去っていくチョルンーーーーあああーーーーチョルンーーー(ToT)



第ニ十話

スンヒったら・・・・ソヌの指輪を使ってテヒに妹だと信じ込ませたよ。指輪を見ただけで、そこまで信じ込むテヒもテヒだよ思うんだけど・・・wスンヒはまんまと会長宅でテヒと住むことに。

ソヌは、久々に、誰だか思い出せない。。。でも大切な人だと言うことはわかる人の夢をみます。眠れなくて外にでたら、そこにチョルンが・・・指輪をなくしたせいでナーバスになってるのかな?そういうソヌにほっぺにちゅ♪して、「元気でただろ??」なんていうチョルンかわいいー☆もちろんソヌは怒るんだけど、本当、元気出てるじゃんーー♪

そうそう、前回、ヨヌンの車に、ソジュンの車がぶつかったんだけど、その請求書を持って、ヨヌンがソジュンのレストランに。二人は犬猿の仲って感じ。でもこの展開って二人は恋に落ちるパターンだね♪

チョルンパパの薦めで、チェハ通信の倉庫整理のバイトをはじめたソヌ。きゃー☆イヌの迎えにきて、バスの中で、なんとかソヌに肩を貸そうとするチョルンいいよー♪次の日、ソヌの仕事をスタクと手伝いに来たチョルン。やることは的はずれだけど、本当、一途なんだよね〜♪そこに、最近チェハ通信に嫌がらせをしてくるヤ○ザたちが乱入!ソヌを突き飛ばすのを見た、チョルンはもちろん切れたーーー!!

チョルンが戦ってる最中にソヌを助けたのはなんとジェヒョク。ジェヒョクがソヌに触ってるのをみて、チョルンはジェヒョクにパンチ一発!!




きへ(第ニ十一話〜)
注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。