まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

ゲームの女王(全二十話)
第一話〜第八話


第九話〜第十六話はこちら

第十七話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
イ・シンジョン(チェイス) : チュ・ジンモ

カン・ウンソル : イ・ボヨン

キム・ピルソ : チェ・ジュンヨン

パク・ジュウォン : キム・スヒョン


第一話

復讐ドラマって感じの出だしです〜☆チェイスは、極悪冷血なNYの企業ハンター。その仕事ぶりには、全く血が通ってない。そんな彼が自ら志願し、韓国支店社長に。その前に休暇を取り、ニュージーランドに行きます。

ニュージーランドでエンストして、無理矢理失礼な車の止め方をして助けを求めたのはホテルの社長令嬢ウンソル。ウンソルはそのチェイスの傲慢さに頭に来て、助けずに行ってしまいます。

しかし・・・これもすべてチェイスの計画の内だった。チェイスの父は20年前、親友だったウンソルの父にだまされ、ホテルを乗っ取られ、海に車を突っ込んで、一家心中を計ろうとしたんだよね。結局生き残ったのはチェイスだけだったって事かな??そんなウンソルの父への復讐心の為、これまで冷血に仕事をこなし上り詰めてきたのか??

わざと最初、最低な出会い方をし、ウンソルが父の代わりに、食材の調査に来たコプの牧場に自分も泊まってて。てか・・・ウンソルの父がコプの牧場と取引しようとした事も全部チェイスの計画の一つだった。

最低男と思ってたチェイスだけど。。。どんどん彼に惹かれるウンソル。ってか、これはうますぎるーー!!チェイスが格好良いだけじゃなく、冷凍庫の中に閉じこめられて、凍死寸前の究極の状況を作られ、そこであんな優しくされ、助けてくれて。世界で一番最初に見える朝日を、サプライズでプレゼントしてくれたり、どんどん優しい面を見せられて。これで落ちない女はいないよー。もしかしてキスしちゃう??って思うようなシチュエーションまでつくって。ってか・・・キスして欲しいってあの状況じゃ思っちゃうかも・・・(*/∇\*)キャ

気づくと完全に恋に落ちてたウンソル。帰りに、きっと連絡先を聞いてくれると思ってたのに、そのまま行っちゃって・・・これはショックだよね。

一方、チェイスのビジネスパートナーであり、親友のジュウォンは、友達から脱皮しようと、休暇中のチェイスを追いかけてきます。でも、ウンソルと一緒の時、チェイスに冷たくされて・・・すっかり怒ってたんだけど、ちゃんとウンソルの居ないところでフォロー。

実は彼女も帰りの便で、ウンソルと隣の席なんだよねー。そこに、突然、スーツ姿のチェイスが搭乗してきて。二人の女はチェイスの方を振り返ってー。ひゃー。三角関係。チェイスにとってこの場にジュウォンが居るのは計算外?それとも計算内??

ウンソルだけど、父を誠実で一番尊敬出来る人だと思ってて、チェイスにも自慢してて。チェイスは、その現実を見せてやるって心に誓ってたけど・・・なんだかウンソルが良い子すぎちゃって、「もっと悪い女だったら」なんて、最初から思ったりしてるけど、大丈夫かな?このまま冷血に行ってほしいわーー。格好良いし(*/∇\*)キャ







第二話

なーんだ。「チェイス」って呼ばれたのは別人。チェイスは、ニューヨークに行ったんだね。違う飛行機だよ。どうもニューヨークでオンマが生きてたよー。生き残ったのはチェイスだけじゃないのね。でもオンマは、ウンソルの父であるカン会長をものすごく恨んでてアル中で・・・。無理矢理チェイスはオンマを治療センターに入れます。

で・・・その間に会社の弁護士であるジュウォンにカン会長に接近させ、融資の話をもちかけて。実はカン会長のホテルは、資金難で不当たり一歩手前なんだよね。いきなり大企業「ビジョン」からの融資の話が来て、のどから手が出るほどしがみつきたいけど、慎重になってるよ。結局、この契約を結んだみたいだね。チェイスの支社長就任式も、カン会長のホテルでやることになって。

ソウルに戻ったウンソルは、チェイスを忘れようと仕事に没頭。建築士であるピルソの元で働いてて。今回のチェイスの滞在する部屋の内装もウンソルが。チェイス・・・ゲームだって言いながら、ウンソルの仕事ぶりを隠れて撮影させてて・・・なんか嬉しそうなんだけど・・・大丈夫か??

で。。。就任式の時、チェイスは亡き父のネクタイをしてカン会長と再会を。何も知らないカン会長。そこでウンソルに再会します。驚いてどういうことか分からないウンソル。お久しぶりと挨拶をしようとしたら「はじめまして。イ・シンジョンです」なんて言われて・・・・。あまりにジュウォンと仲が良いから、恋人だと思いこんで、頭にきちゃって。実は飛行機でジュウォンとウンソルは一悶着あって、かなり互いに敬遠したい相手なんだよね。

チェイスは、ウンソルが自分を訪ねてくるはずだ・・それが俺のゲームだとか言ってるけど・・・「怒った顔が可愛いな」とか、会ったとき心で呟いてるし・・・大丈夫??

ウンソルはピルソを誘って飲みに。ピルソは、愛のない結婚をして、離婚??した??する??みたいだけど・・・なんだか好きな人が居たみたいで・・・それがウンソルなんだろうね。今は見守ってるって感じだけど。ウンソルは、名前を言わずチェイスの事を相談。ずばっと「彼にムカツクんじゃなくて、彼に彼女が居たのがムカツクんじゃないか??」って。そんななか、偶然ジュウォンに誘われ飲みに来たチェイスが同じ店に!!

結局一緒に飲むことになって。でもウンソルとピルソが仲良さそうなので「二人は特別な関係ですか??」なんてチェイス聞いてるけど大丈夫??まー・・・計画の為だと思いたいけど・・。こんな早い段階で、仕掛けた奴が落ちないでよね(滝汗)最後は落ちるの分かってるんだけどさー。ドラマだし(笑)

結局、酔ったウンソルとジュウォンがケンカになって。チェイスはジュウォンを叱って止めます。後でジュウォンはプライド傷ついて、一人で帰るって・・・。でもそこで、あのニュージーランドにチェイスと居たのがウンソルだったことを思い出し、自分の気持ちを知ってて気づかないふりをしてるチェイスに馬鹿にされたと思って憤慨してるよ。

ついにウンソルは我慢できなくて、チェイスの部屋に。戻ってきたチェイスにビンタ一発!!でもチェイスったら、ウンソルに突然キスをーーー!!外に連れ出して、「知らないふりしたのは、君を好きだと回りにばれたら、この融資がコネだと思われ、君のお父さんが困ることになるから」なんて言い訳を!!ウンソルは、だからって、はいそうですかとは言えなくて。怒って立ち去ろうとするんだよねー。そこで、決めぜりふがーー!!「ずっと君が心の中に居た。俺の女だから」ってーーー。「はい!落ちたーー!!」って感じ(笑)

ところで、ジュウォンだけど・・・ウンソルとチェイスが外に出たのを偶然見て、ついていって・・・二人が一緒のところを見てしまいます。もしかして、融資の話も聞いちゃったのかな??それはショックだよねー。ムカツクだろうし。ホテルに戻ると、丁度ピルソに会って。話があるなんて言ってたよー。




第三話

ウンソルとチェイスが話ししてる所にピルソがー!!ピルソは、チェイスが危険な男だと分かってて、無理矢理ウンソルを連れて行こうとして、チェイスと言い争いに。そして殴り合いになって・・・

結局ウンソルは、チェイスに答えは出してないんだけど、ピルソに「二人の問題だから、首を突っ込まないで欲しい」って事を言って。やっぱりピルソはずっとウンソルが好きだったんだね。でもその気持ちをカン会長に知られ、猛反対され、結局カン会長の言いなりで政略結婚させられ・・・うまくいかなくて・・・・

そのカン会長だけど、ピルソ以外誰も知らないんだけど、脳動脈留で、手術も難しい状態みたい。ウンソルの為に、気力で生きてるってかんじだね。

ウンソルは母の命日に一人でお寺に行くことに。それに無理矢理ついていくチェイス。まだウンソルは素直になってなくて。ウンソルとチェイスが一緒にお寺に居るのを見たピルソは、ウンソルさえ幸せだったらいいから、自分の気持ちはもう消すときが来たって納得してこっそり立ち去ったよ。そして・・・ウンソルの不始末で、お寺が火事に!!「オンマの遺骨がーー」と泣き叫ぶウンソル。そこで・・・チェイスは火の中からオンマの遺骨を救い出してー。もうこれで、ウンソルは自分の気持ちを隠さなくなり・・・二人はこっそり付き合う事に。ばれないように・・・

なぜなら、まだカン会長のソウルホテルと、チェイスのビジョン社の契約が終わってないから。カン会長は、チェイスがホテルを乗っ取ろうとしてると感じて、チェイスの提示する条件をのまないんだよね。っていうより・・・若造の言いなりになりたくないって気持ちもあるんだろうな。でも・・・事実、ホテルはまさに背水の陣で・・・ここでビジョン社が手をひけば、もう終わってしまうって状況。チェイスは強気で、最終結論を求めます。ビジョンを取るのか、無能な理事達を取って一緒におぼれるのかって。。。。

そんな中・・・会長の車が後ろを走ってるのを分かってて、わざとチェイスはウンソルと会ってる所を会長に見せます。案の定黙ってない会長。家に呼びつけ、怒鳴り散らして。チェイスの言う言葉に耳をかさない。ついに、ウンソルが我慢できなくて、会長に楯突き、チェイスをかばって。怒った会長はウンソルを引っぱたきます。それでもチェイスを選ぶウンソル。

帰り際・・・そんなウンソルを抱きしめるチェイス。でも心の中で「もうすぐだ・・・君が僕を恨むまで・・・」ってー。うーん。まだ気持ちはウンソルに向いてないの?それとも向いてないと思いこんでる??もっとはっきり冷酷な部分と、優しい部分を分けてほしいなー。もっと冷酷な所は冷酷にしてほしいなーってわがまま??勿体ないー。格好良いのに〜♪(結局そこかよー・爆)





第四話

チェイスの母が病院を退院したねー。あのヒョンは実兄??ではないよね??あと・・・ピルソがついに離婚届を出したよ。嫁の方が、ピルソに愛がないから男作って再婚したいって言ったのに・・・別れ際にやめたいとか言ったり・・・離婚した後、男と居るのに忘れ物を探せと言ったり・・・この元嫁は・・・どう思ってるんだろう・・・。未練あるようにも見えないんだけど・・・男居るし・・・

カン会長はなんとかチェイスとウンソルを別れさせようと 、強制的にウンソルに見合いをさせようとします。嫌がるウンソルに親子の縁を切るとまで言って強要して・・・

そしてその夜、わざとチェイスに「頭取との会食」という抜けられない約束を作って。それに応じたチェイス。会長はチェイスを利用して、自分が上手をいこうと、この段階で頭取に会わせたんだけど、利用されてると分かってて、一度は立ててやろうと、飴とムチの飴のつもりで参加。

ウンソルはチェイスになんとかお見合いを助けてもらおうと、夜会いたいっていうんだけど、わざと会長の目の前で電話に出て「今日は無理だ」と言うチェイス。会長は一本取ったつもりだったけど、その電話で悔しくて・・・。会食中、今日娘が見合いをするって事を自慢げに話しします。チェイスはやっぱり会長はあなどれない・・・一本取られたと思うんだけど、なんとウンソルは、見合いにも行かず、一人出張で済州島に逃げてて。激怒する会長。その怒りの矛先は・・・上司であるピルソに(涙)ピルソったら可哀想な立場だわ・・・離婚したてで凹んでるのに。

ジュウォンは、結局チェイスには自分が一番合ってて、チェイスを理解できるのも自分だけだと思い、ウンソルの事気にしない様になったね。チェイスと一緒に長く居れるのは自分しか居ないって自信があって。でも、会食の後、チェイスが送りもしないで行ってしまって、やっぱり悔しそうだね。

会食が終わった後、速攻で済州島への最終便に乗って行くチェイス。そしてそこでウンソルに会って、すっかりスネてるウンソルをなぐさめて。

会長は、ふと、ウンソルとチェイスが一緒に済州島に居るんじゃないかと思いやきもきしてて。ウンソルとチェイスは同じペンションに泊まるんだけど別々の部屋で。ウンソルは、父を苦しめたくないけど、チェイスとも離れられなくて悩んでて・・・謝ろうと会長に電話します。しかし、話も聞かず激怒されちゃって・・・。そのままウンソルはチェイスの部屋に。勇気を出して抱きつき「一緒に寝る!!」ってーー。

でもチェイスは優しく腕枕だけしてあげ、子守歌のように新聞を読んでくれて。自分は愛されてると実感するウンソル。ウンソルが寝た後、チェイスは会長に電話し、「変な事をする気はないし、ウンソルの仕事が終わり次第帰る」と言うんだけど、会長はむかついて仕方なくて・・・

そして、妻の眠る寺に。そこで・・・会長は、チェイスが、ウンソルと一緒に法事に来て、家事の時妻の遺骨を守ってくれた話を聞きます。そして住職に、諭されて・・・

済州島で仕事を終えたウンソルはチェイスの元に。どうしても「愛してる」と言ってほしいウンソル。チェイスは笑うだけで、その言葉を言ってくれなくて。スネて帰ろうとしたとき、そこは橋の上で、ウンソルは落ちそうになって。それを助けたチェイスが橋から落ちて海辺に投げ出されたよーー。怪我したみたいだーーー!





第五話

チェイスって書くより・・・これからは韓国名のシンジョンって書いた方がいいみたい。いつの間にか全員そう呼んでるしー。

事故にあったシンジョン。一時は意識不明なんだけど、ずっと父が亡くなった時の夢を見てて・・・また復讐心をあおったみたいだね。

シンジョンが気を失ってる間、ウンソルとジュウォンは大げんかを。ジュウォンはウンソルに、過去にシンジョンは自分を愛してて、私が振ったけど、今でも本当は愛してるんだ・・・その証拠に貴方に愛してるって言わないでしょう?って。

意識を取り戻したシンジョンは、そんなジュウォンに「お前への気持ちはお前が断ったとき終わってる」とはっきり言います。ウンソルを愛してるの?と聞かれ「彼女と別れると胸が引き裂かれる」と答えたシンジョン。完全にプライドがずたずたのジュウォン。

不安がってるウンソルを教会に連れて行き、聖母マリアの前で、命をかけて、ウンソルを傷つけないようにすると誓うシンジョン。心の中では、後でこんな嘘をつく自分を罰してくださいとつぶやきながら・・・。そしてついに「愛してる」と言い、ウンソルにキスを。

ソウルに戻ったシンジョンは、ウンソルを連れてすぐカン会長の元に。丁度カン会長は、シンジョンとウンソルの付き合いを考えようかとしてる矢先で、銀行の頭取が転任に。そのせいで、ビジョンとの契約書を持って来ないと融資を出せないと手のひらを返したように言われて・・・・

土下座をしたシンジョンに、付き合いを認めるかわりに、自分が有利なようにビジョンとの契約が出来るよう暗にこめて要請し、それを受けるシンジョン。

ただでさえ、プライドずたずたなのに、あり得ない契約をするシンジョンが理解できないジュウォン。

しかし・・・これも計画の一つだった。実はシンジョンはチョン会長(ピルソの元妻の父)と手を組んで、わざとビジョン社の副社長を首になって、カン会長を孤立させ、チョン会長の金を使ってホテルを乗っ取ろうとしてたんだよね。案の定、次の日、本社から、見込みのないホテルに、メリットもなく融資するのはどうしてだと連絡が。自分が辞めるって言うんだけど、そう簡単には本社も手放したくないみたいね。でも一旦、ソウル支社は撤退することに。理由は副社長の裏取引って事になってて。

それを聞いたジュウォンは、シンジョンの元に。あんな女の為に裏取引して出世まで捨てるのか?って。シンジョンは、訪ねてきたウンソルがそれを聞いてるのをわかってて、わざとジュウォンに、「裏取引はしてないけど、会長を助けたい。愛する女の父親を。彼女を愛して初めて、自分に心があると気づいた。だから、辞任するつもりだ」ってーー。それを聞きジュウォンはシンジョンにジュースをかけて立ち去りますーー。




第六話

ウンソルはそれを聞き、ショックを受け・・・父を責め、シンジョンを呼び出し、指輪を返して「別れよう」と自分から。それもシンジョンの計画通りだった。

シンジョンは、カン会長に、ビジョンを首になってもなんとか融資先を見つけると約束し、そのまま渡米。でも・・・この時、実はオンマに会いに行くんだよね。韓国に行きたいというオンマに絶対来るなと釘をさすシンジョン。オンマったら、カン社長と昔できてて、捨てられたの??その現場を幼いシンジョンは見ちゃってて・・・だからこそ一段とカン社長への復讐心を強く持ったって事なのかな??カン社長を憎んでるけど・・・どうしてウンソルが娘なんだと・・・なんだか辛く思ってる部分もあるみたいね。

戻ったシンジョンは会長に、「融資は、ダメだったけど、二年後に経営権を返すから、二年間自分を信じて任せてほしい」と言います。会長はシンジョンを信用してるのと・・・自分の余命がいくばくもなくて、ウンソルを心配する気持ちもあって・・・。シンジョンにすべてを任せます。ただ・・・ウンソルには自分の変わりに、お腹が痛いとき、寝入るまでお腹をさすってやってほしいと言って。

自分から別れを切り出したけど、シンジョンが引き止めてくれるのを待ってるウンソル。ピルソはそんなウンソルに意地を張らないよう説得して。でも結局意地っ張りのウンソルは、せっかくシンジョンが家にきてるのに、酔っぱらっちゃって。朝目覚めると、ウンソルの枕元に、素敵な指輪が・・・シンジョンからのメッセージと共に。もう二度と離れないと、シンジョンに約束するウンソル。

ひゃーー。ジュウォンが、ホテルの前会長がシンジョンの父だったことに気づいたよーー。シンジョンの秘密に偶然気づいてしまった。自分はどうするべきか悩むジュウォン。結局、何も知ってることを言わず、今は友達の弁護士として一緒に仕事をすることを選んだよ。ウンソルに近づいたのは愛じゃないって知ったから、ウンソルに対しても、哀れみの感情と、だからって同情する気はないって気持ちで、寛大になってる。

そんな中・・・シンジョンの母がこっそり、面倒をみてくれてるパグ兄さんに頼み込んで勝手に韓国にやってきたー。シンジョンの家をこっそり見に行くだけとか言ってたのに、全然言うことを聞かないで。ジュウォンまで呼び出して。この時偶然、シンジョンの母はウンソルに会うんだよね。ジュウォンは、もう事情が分かってるから、ウンソルにシンジョンの母だと分からないように誤魔化して。

ジュウォンがそういう人と居たとウンソルから聞いたシンジョンは、それはオンマだと気づくけど、「アメリカで世話になった身内の様な人だ」って嘘を。そこに電話の呼び出しが!!実はオンマ・・・ホテルで偶然カン会長を見かけちゃって。。。部屋に鍵をかけて、飲んではいけないアルコールを飲んじゃったんだよね。駆けつけたシンジョンに、「お母さんが悪いの・・・ごめんなさい・・・全部お母さんのせいなの」と泣きながら言うんだけど・・・これってシンジョンが復讐をしようとしてるって気づいたから??それとも、ただ、お酒を飲んじゃったから??

シンジョンが出かけちゃったから、父である会長を誘ってホテルのバーに来たウンソル。ウンソルがトイレに寄ってる間に・・・会長は偶然居たシンジョンの母を見つけて驚愕を。母も会長に気づき驚愕!!シンジョンは、母の元に行こうとして、会長と対面してるのを見つけます。そこに、シンジョンを見つけたウンソルが腕を組んで話しかけてきて!!

会長とオンマの方に歩いていくシンジョンとウンソル。シンジョンは心の中で、「母さん・・・動揺しないで。カン・ジェホの卑しい顔をまっすぐよく見て」と呟いてーー!



第七話

結局シンジョンの母が席を立って、事なきを得たよ。会長は、自分が利用したあの女性の友達の子がシンジョンだったと知り、腐れ縁を感じるけど、まさか彼女の息子とは思わなかったみたいね。でも・・・シンジョンは、もう今更やめるわけには行かないこの復讐劇の中・・・ウンソルを愛してることに気づき、それを認めてしまい、苦悩します。

ウンソルの無邪気な姿を見ると辛くて・・・・ウンソルとシンジョンが出かけてる間に、カン会長がシンジョン母に会いに。許すことなんて出来ないと言うシンジョン母。でも、偶然脳動脈留で、寿命が短いことも知ってしまいます。でも、それは当然の報いだと思うだけで、同情もしないし許すつもりもないシンジョン母。

カン会長は、シンジョンにソウルホテルの社長の座を譲ると言い出します。ついに・・・父の席を取り戻せる事になったシンジョン。

そこに、ジュウォンが、「オンマがウンソルに会いたいと言ってる」と教えに。ここで初めてジュウォンが自分の秘密を知ってることに気づくシンジョン。シンジョンは母に会い、絶対にウンソルに会わないように言います。母は、ウンソルがカン会長の娘とは知らないから、「アル中の母が居て恥ずかしいからか?」と問います。そうだと答えるシンジョン。それを聞いて・・・息子の幸せの為、アメリカに発つ決意をする母。

シンジョンはジュウォンに、この計画の目的は「復讐だ」と教えます。しかし・・・辛そうなシンジョンを見て、彼のウンソルに対する愛が本物だと知ったジュウォン。そして・・・ウンソルを愛してるなら早く別れるべきだ・・・自分は絶対にシンジョンを裏切らないと言うジュウォン。

しかし・・・アメリカに発つ前に、絵をプレゼントしようとシンジョンの部屋を訪ねた母は、ウンソルの忘れた携帯から、ウンソルがカン会長の娘だと知り、シンジョンが復讐をしようとしてることを知ってしまいます。

母は、復讐なんてすると、自分が破滅するから辞めるよう・・・天国の父も望んでないと言うんだけど・・・自分が復讐したいんだと言うシンジョン。父をころし、母を利用し、母が愛したあの男を・・・と。母は「ウンソルに何の罪があるの?」と聞くけど「あいつの娘だという罪だ」と言うシンジョン。一人乱暴な運転をするシンジョン。付け足すように「俺を愛した罪だ・・」と・・・家に帰り、ウンソルに電話し、声を聞いただけで、切なくて涙が出るシンジョン・・でもこの復讐をやめるわけにはいかない・・・・

ついにホテルの就任式の日・・・順調にスピーチするシンジョン。そこに、カン会長を訪ねてシンジョン母がーーー!!カン会長は、少し離れて外を歩きながら・・・「寿命が近づく今、もしかしたら許してくれるのだろうか」とかすかな期待を。シンジョン母は、心の中で「許してほしいなら・・ウンソルを守りたいなら、シンジョンに謝りなさい」と思ってて・・・あああ・・・でもその話をスル前に、オンマは交通事故に!!!

知らせを聞いて、駆けつけたシンジョンとジュウォン。シンジョンは手術室の前のカン会長を見て、心の中で、「オンマに何かあったら・・・・お前はしぬんだ」と呟いて・・




第八話

オンマの手術はうまくいったけど、意識が戻らなくて・・・。ずっと付き添ってるシンジョン。そのせいで、ウンソルと連絡が取れず、ウンソルは心配してシンジョンの部屋に。そこには着替えをとりに来たジュウォンが!!仕事で・・・と言うジュウォンの言葉を嘘だと見抜き後をつけ、病室まで行ったウンソル。シンジョンに会い、どうしてジュウォンと共に嘘をつくのかと責め立てます。「知り合いの人が入院した位の事で」って。このことで、シンジョンは不機嫌になり、なんでシンジョンが機嫌わるくなるのか、逆に頭にきたウンソル。

しかし・・・シンジョンの部屋でシンジョン母からの手紙を見て・・・あの入院してるアジュンマがシンジョンの母だと気づきます。シンジョンの元に行き、母親が精神病って事で偏見をもつとでも思ったのかと怒るウンソル。そんなウンソルを連れ、ウェディングドレスを一緒に見に行ったシンジョン。ドレス姿のウンソルは本当に綺麗で愛しくて・・・でも、そこで冷酷に「結婚はできない」と言うシンジョン。

シンジョンはウンソルと共にカン会長のもとに。結婚できない理由を言います。「ソ・ソッキュの息子だ」と!!ウンソルは、どうして私にこんなことをするのかと聞くけど、シンジョンは「お父さんに聞け」とだけ言って立ち去って・・・カン会長・・・過去の罪を後悔してて、何でもするって仏に祈ってたのにーー!!自分からウンソルに悪行を言わせるのが狙いだったのか・・・そうは行かないなんて心で思い、ウンソルに誤魔化しを言ってーー!!絶対謝罪する気なしだよー。

シンジョンが病室に戻ると、丁度オンマが意識を取り戻したところで。オンマに「すべて終わった」事を報告。シンジョンを拒否するオンマ。シンジョンも辛いんだよねー。ウンソルを愛してたし。でもどうしても父の最後を忘れる事ができなくて・・・あの悪夢にずっと苦しんでて・・こうするしかないし、この先も突き進むしかない。

ウンソルは、真実が知りたくて、シンジョンの母の元に。自分の父親のせいで、シンジョンの父が亡くなった事を知ります。すべてをしり、シンジョンのオンマに、シンジョンを許してほしいと頼まれても・・・どうしても許せないんだよね。シンジョンも、自分の父も・・・。

カン会長はまさに背水の陣・・・シンジョンに、書類を検察に出されると、召喚され、実刑はまぬがれない。最後の頼みで、ピルソに、「チョン会長に手を組んでほしいと頼んでほしい」って頼みに行きます。うーん・・・チョン会長、シンジョンと手は組んでるけど、彼はお金しか信用してないからねー。平気でシンジョンでも裏切れる男だし・・・どうなるんだろう・・・てか、ここでチョン会長にカン会長が頼んだことも、想定内なのかな??

悲観にくれるウンソルを励ますピルソ。ウンソルはシンジョンも父も許せないと話をします。ピルソは正直に、カン会長は重病で先が短い事を告白。そして、シンジョンが書類を出したら検察に・・って話も・・・

父が許せなかったけど、その事実を知ったウンソルは・・・父を自分が救うと、決意!!そして、ジュウォンの元に。ジュウォンに、良心はなかったのか問い詰めます。ジュウォンは本当の犠牲者はシンジョンだと知ってたから、良心から目をそらすしかなかったと離します。そんなジュウォンにウンソルは「彼をあげるわ」って言ったよーー!


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。