まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

フルハウス(全十六話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜

イ・ヨンジェ・・・ピ

ハン・ジウン・・・ソン・ヘギョ

ガン・ヘウォン・・・ハン・ウンジョン

ユ・ミンヒョク・・・キム・ソンス


第一話

 

自称ネット小説家のジウン。とっても楽天家でたくましく、人情に厚い愛すべき女の子だ。そんな彼女の元に、幼なじみで親友のドングウンとヒジンカップルがやってきて、「ドングウンの勤める銀行の抽選会に当選し、ジウンが無料香港ツアーに当選」したとの知らせが・・・「無料」につられ、旅行に参加するジウン。実は、ヒジンが妊娠して、ドンウクも銀行を辞めたばかりだし、借金もあって、困った挙げ句、ジウンの家をこっそり売ってお金を作る作戦だったのだ・・・何も知らないジウン。

飛行機に乗ったジウンの横に座ったのは・・・人気俳優ヨンジェだった!!思わず興奮するけど、ヨンジェはちょっと性格悪そう・・・豪華な料理が嬉しいジウンは機内食を食べまくった挙げ句、思わずヨンジェに向かって吐いてしまう(笑)こんな最悪の出会いをした二人。

たまたまジウンが泊まる予定だったホテルに泊まっているヨンジェの元を訪ねてきた、ミンヒョクに助けられ、何とかホテルに泊まれたジウンですが、お金もアテもないジウン。このままじゃ韓国に戻れないし、ホテル代も払えない。肝心の、ドングウンとヒジンは電話をしても出ない。困り果てたジウンは、同じ韓国人同士ということで、ヨンジェにお金を借りにいきます。

そこで、どうしてもお金を借りたかったジウンは、背に腹は変えられず、まるでミンヒョクと元恋人同士だったような演技をして帰りの費用をゲット!!やっとの思いで帰った自宅。しかし家財道具はなくなり、預金も全てドンウクとヒジンにおろされ、文無しに!!そんな中、お金を貸してもらったヨンジェから呼び出しが。出かけたジウンは、いきなりドレスに着替えさせられ、何事かと思ったら・・・ミンヒョクとよりを戻す様、席をもうけたと!!(実は、自分の愛する幼なじみのへウォンがミンヒョクを好きなので、本当に元恋人同士なら、本気でよりを戻して欲しかったヨンジェ)ジウン、ピンチだーーー!!

嘘がばれた後のジウンの反撃、超笑えるー☆そして、ついには家まで売られて居たことが発覚!!追い出されたジウンは警察に行くけど、こんな仕打ちされても、身重の友達を警察に通報できないんだよね。そして仕方なく、人のものになった自宅前にしゃがみ込むジウンの前に現れた家の持ち主とは??

 

 






第二話

 

 

自分の家の飼い主がヨンジェだったことに驚くジウン。ここは自分の父の建てた家で、自分の体の一部なんだと、必死で話をし、自分の小説の著作権を渡すからと説得するが相手にされず、追い出されてしまう。行く当てのないジウンは、家の庭のベンチで夜を明かし、熱をだして寝込んでしまいます。ジウンをそのままにしておけなくて、自宅に入れて看病するヨンジェ。

元気になったジウンは、ヨンジェとケンカをして、家を飛び出します。行く当てのないジウンを不憫に思い、仏心をだしたヨンジェは、以前貸したお金を、住み込みの家政婦をしながら返すという提案をジウンにします。でも、ヨンジェって超きれい好きの潔癖性なんだよねー☆

へウォンがニューヨークに留学すると聞いて、焦ったヨンジェは、へウォンにプロポーズすることを決意します。レストランを貸し切って、デザートに指輪を隠し、プロポーズしようとしたその時、ミンヒョクから電話があり、出て行くへウォン。ヨンジェとへウォンの二人は口論となり、ついにはへウォンの口からミンヒョクが好きだときいてしまう・・・

一方、ジウンは、自分名義のカードを、ドングウンが作って使った事実を知る。ドンウクとヒジンの通う産婦人科を見つけたジウンは、二人を捕まえようとする。

ミンヒョクの出版パーティの招待状を見つけたジウンは、自分の小説を出版してくれる人を見つけられるかもと、連れて行ってくれるよう、ヨンジェに頼むが冷たくあしらわれてしまう。そしてこっそり潜入・・・

ミンヒョクに告白し、「お前には、思ってくれてるヨンジェがいるじゃないか」と、振られたへウォンは、頭に来て、ヨンジェの元に行き、「私が好きなの?」と怒りながら詰め寄る。「お前が好きだ!」ヨンジェったらここで告白??かと思ったら「・・・ハン・ジウン」と付け足し、いきなりジウンにキスを???それも報道陣の目の前でですぞーーー☆★

 

 





第三話

 

 

すっかり報道にキスシーンを撮られてしまったヨンジェとジウン。そんなジウンに「契約結婚しよう」と、ヨンジェが持ちかけます。半年間、契約結婚すれば、その期間給料も出すし、離婚の際は、「フルハウス」(今二人が住んでるジウンの父が作った家)を譲るといわれたジウンは渋々その契約を飲みます。

二人の結婚記者会見の報道を見たドングウンとヒジンは、再びジウンの前に姿を現します。お金持ちの人気俳優と結婚すると知って、のこのこと(笑)

結婚式前日、いきなりヨンジェの祖母と母に自宅に呼ばれたジウン。戸惑いつつも、ついつい失礼な行動を取ってしまいます。そこにやってきたヨンジェ。無理矢理ヒジンの腕をつかんでつれて帰るんですが、帰り際に会った父との態度を見て、深い確執に気づきます。それを諭そうとして、道中、車から捨てられてしまうジウン・・・・

頭に来たジウンは、結婚式当日、家出をして、ドングウンとヒジンの元に逃げますが、二人の策略で結婚式場に連れて来られてしまいます。結婚のお祝いをするスター映像として、ジウ姫や、キム・スンウや、ハ・ジウォンなどのスターのインタビュー映像が出てきたのは面白かった〜♪

そして、新婚旅行・・・散々な目にあうジウン・・・(ヨンジェはヒジンが泳げないのを知らなかったし、ちゃんと助けたけど)、船に乗ってれば、海に突き落とされるし、コテージ?に着いたと思ったら、外で寝るように言われるし。朝食はヨンジェはちゃんとしたものなのに、ジウンはカップ麺(笑)

ちょっとは良心が痛んだのか、ヨンジェがジウンに出かけようって誘うんだけど、ジウンは自転車に乗れないんですよねー。馬鹿にしながらも教えるヨンジェと、自転車に乗れない事より、ヨンジェに馬鹿にされるのが、悔しくて涙がでるジウン・・・

 

 




第四話

 

 

へウォンったら、せっかく忘れようと偽装結婚までしたのに、「私とハン・ジウン、どっちが好き?どっちが大事?」なんて聞いて、自分だと確認して、安心してるんだよね。「私が特別だって事忘れたら許さないから」って・・・ミンヒョクが好きなくせ、ヨンジェには好かれていたいなんて勝手すぎるよーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

またまたケンカして、今度は家を追い出されたジウン。でも、別居の事がマスコミにバレて、プロダクションの社長から、10人分のお弁当を持って、撮影現場に来るようにいわれます。マスコミのカメラの前で仲の良い所を見せるよう言われたヨンジェとジウン。このシーン大好きです。ジウンの作っていった巻きずしを、お互いに、仲がいいふりして、どんどん口の中に突っ込みあうんですよねー(笑)ヨンジェが「べー」って食べながらカメラに見えないように舌を出すのも可愛い♪

ジウンの誕生日。ヨンジェは何かお祝いしてあげようって思ってたのに、ジウンは、勝手にドングウンとヒジンと一緒に三人で恒例のマジックランドに行くことにするんですよね。仲間はずれにされた気分のヨンジェ。用事があるふりして、出かけるんだけど、本当はスケジュールオフになってるんだよね〜。結局、小説の事で、ジウンはミンヒョクに呼ばれて、マジックランドに行かなかったんだけど、我慢できなくなったヨンジェは、こっそりジウンを追いかけてマジックランドに!!こっそりって言ったって、スターです。あっという間に「イ・ヨンジェ」だと皆にばれて、マジックランドはパニックに!!ぬいぐるみかぶってるヨンジェ、笑いました(笑)

その頃ジウンは、ミンヒョクと、小説の契約をし、契約祝いに一緒に食事に来ていた。

やっとの思いで帰ってきたヨンジェ。ミンヒョクと帰ってきたジウンを見て、「今すぐ御飯をつくれ」など、またまた意地悪を。ヨンジェのかぶっていたぬいぐるみを見つけたジウンは、ヨンジュがマジックランドに行ったことに気づく。でた!!

「今からマジックランドにいこう!!」もちろん、マジックランドはしまってます。でも、スケート場を借り切って遊ぶ二人。「ファイティン!!」でも、まだまだ「アジャアジャ」はつかないのね(笑)次の日、机の上にはヨンジェからのプレゼントが・・・

 

 

 




第五話

 

 

いきなり現れたヨンジェの祖母と母!!同居しょう!そうジウンに言って、帰ってしまう。困ったジウンはヨンジェとヨンジェの実家に。手土産も持ってないジウンを責める祖母に、ジウンは思い切り的はずれな踊りつき歌「三匹の熊さん」(まみまみの掲示板でそう名付けられた・爆)をプレゼントするー☆

ジウンは原稿の締め切りぎりぎりまでヨンジェにコキ使われ、疲れて寝てしまった電車で、ヨンジェからのプレゼントのテープレコーダーをなくしてしまう。同じテープレコーダーをミンヒョクが買ってくれると言ってくれたが、結局それを断り、正直にヨンジェに謝るジウン。

最初は怒ってたヨンジェだけど(ここで、お前なんか人類じゃなくて鳥類だ!!とか言うんだよね。この鳥類ってあだ名はずっと言い続けるよ)一緒にデパートに行って、買い直して、食事をしようとジウンを誘う。喜んで車で向かってたジウン達だが、そこでヨンジェの携帯にへウォンから電話が来る。

へウォンは、再びミンヒョクに振られ、酔っぱらっていた。ジウンをデパートの前で待たせたままなのに、へウォンをほっとけないヨンジェ・・・てか、へウォンをほっとけないのを知ってて、ジウンが待ってるのをしってて、行かないでって言うへウォンもへウォンだよねε=(=`・´=) プンスカプン!

またまたジウンとヨンジェがケンカになって、ジウンに出て行けって言うんですよねー。出て行ったジウンだけど行くところはドングウンとヒジンの所だけ。居ないので電話したら、ジウンの荷物を持って、ヨンジュの家だと言う。ヨンジュに会ったドングウンとヒジンは、(楽して稼ぎたい二人w)ヨンジェのマネージメントをするプロジェクトの話を持ちかける。馬鹿らしくて相手にせず、部屋に戻るヨンジェ。今に残ったドンウクとヒジンは、果物は食い荒らすわ、ヨンジェの服をきるわ、好き勝手してます。怒ったヨンジェにくってかかる二人。そこに、状況を察知したジウンが現れ、ヨンジェをかばいます。

かばってもらったヨンジェ・・・ちょっと嬉しそうで可愛い〜♪ジウンを映画に誘うんだよね〜♪せっかくいい感じだったのに、またまたへウォンが・・・まー今回は(ミンヒョクの事で心労で)病院に来たって事だったから仕方ないんだけど、ジウンはヨンジェがへウォンのこと好きなのきづいたかな?

 

 

 





第六話

 

 

ああー。やっぱ、ヨンジェがへウォンを好きなのちょっと気づいたみたい。ジウンは、ヨンジェがへウォンに優しい言葉をかけたり、おかゆを作ってあげたりしてて、ちょっと面白くないみたい。夜中にヘウォンが心配で病院に行ったりしちゃうし。「フルハウス」って名前は、家をたてたジウンの父がつけたんだけど、その名前が気に入って、ヨンジェはこの家買ったらしい。「愛する人と共に年をとっていこう」と思って・・・

ヨンジェに頼まれて、おかゆを持っていったジウンは、ヨンジェの母に遭遇し、そのままおばあちゃんに呼び出されます。草むしりでコキ使われるんだけど、説教されてたのに、いつの間にか、おばあちゃんに説教はじめるジウン。「血圧が・・」って倒れ込むおばあちゃんを必死で背負って家に入るジウン・・はいいんだけど、おばあちゃん重すぎーー☆落としまくりのぶつけまくり(笑)でも・・・お母さんはそんなジウンがちょっと気に入ったみたい。

ああー☆ヨンジェったらへウォンのお店に結婚指輪忘れちゃったよ。持ってるのに、「なかった」って嘘をつくへウォン。今度はへウォンの事で大げんか!!出て行けー!!ってまたなっちゃった・・・でも・・結局ジウンは出て行かなかったんだよね・・・ジウンの荷物があるのを見て、ほっとするヨンジェが可愛いな。

原稿を持ってきたジウンを、ミンヒョクは、人間ウォッチングに誘うんですが、ふふふ♪段々、ミンヒョクったらジウンに惹かれてますよねー。てか、最初からジウンが気になってる感じだったもんね♪

ドングウンとヒジンに、偶然契約結婚の契約書を見られてしまいます。それを利用して、自分たちの事業計画に投資しろなんて言い出したバカっぷる☆でも、ジウンが、以前、家を勝手に二人に売られた事を持ち出して、おどしたつもりが、逆におどされるバカっぷる(笑)結局、ヨンジェの事務所でドングウンが働き、月給の40%がジウンの口座に振り込まれることになってしまいます。それにしても、この二人、勝手に家に入って、勝手にフルーツ食べまくって、全く懲りないね〜♪

良い感じで結婚の写真を部屋に飾ってたジウンとヨンジェ。またまたそこにへウォンから電話が・・・出かけるヨンジェは、「事務所にいってくる」って嘘をつくんです。今まで嘘なんてつかず、平然とヘウォンに会いにいってたのに嘘つくってことは、ジウンに後ろめたく思い始めたのかな??キャッ(^^*))((*^^)キャッ

 

 



第七話

 

 

あーあ。ヨンジェったらヘウォンに、「お前が俺の手を離すまで、俺からは絶対離さないよ。」なんて言っちゃったよ。この言葉って、後で大きな足かせになるのに・・・

ヨンジェの母とおばあさんに誘われて、美術館に行ったジウン。「どなたですか?」と聞かれて、「うちの子よ」なんておばあちゃんに言ってもらい、嬉しそう・・・。食事をして、皆で仲良く花札したら、「泊まっていけ」って言われて、泊まることに。その頃、ヨンジェは、ジウンがなかなか戻って来ないのが心配で心配で仕方ない。電話も必死で我慢したけど、ついに我慢しきれず、夜中に電話したら、自宅と聞いてびっくり。電話しながら、昔の話をするヨンジェ・・・父との不仲は、亡くなった妹の事が原因らしい・・・そして、楽しそうに、ヘウォンとの思い出を話し始める・・・泣いてるヘウォンに、アイスクリームをあげてた話も・・・だからジウンが泣いてたら、すぐアイスクリームくれるんだったのね・・・・。ジウン・・・自分がヨンジェに惹かれてる事に気づいたみたい。

帰ったジウンは、家の中でヨンジェに会わないように、伝言は冷蔵庫に貼り付けることにして、住居空間共同計画書ってものを作るんだよね。互いに同じ場所で会わないように。でもでも、ヨンジェは寂しくて仕方なくて、必死でジウンにちょっかいだします。怒らせようと必死になったり。ヨンジェもジウンが気になってるんだよね。でも全然気づいてないよ!!

ヨンジェの試写会に誘われたジウンは、しぶしぶ行くんだけど、そこでヘウォンと遭遇。試写会前に、二人で話をするんだけど、「好きでもないのに、ヨンジェを苦しめないで。ヨンジェを解放してあげて」と、頼むジウンに、「賭けをしない?貴方がヨンジェの心をつかめるかどうか」なんて言われ、試写会も見れず、放心状態のジウン・・・ヘウォンに誘われ、試写会の後、出かけるヨンジェに「行かないで・・・」って言ったジウンが切なかったな。

ヨンジェとヘウォンは、一緒に通った小学校に行くんだけど、ヘウォンったらほっぺにチュ♪なんてするしー!!むかつくなーー!!でも・・・自分が悪いことしてるのは、分かってるみたいだね。帰って来たヨンジェに、『アイスクリームなんてもういらない!!バラの花じゃないと、もうだめ」なんて言うジウン・・・うわ!!「貴方のこと好きみたい」って告白しちゃったよー☆

 

 




第八話

 

 

せっかくの告白だったけど、ジウンがいつもする「面白い話」だと思って、受けるヨンジェ。その上、相変わらず悪態いつかれて、ジウンも、血迷った。こんなことあるわけない。と、考え直します。

ヨンジェとヘウォンのことをマスコミが疑い始めてきた。ヨンジェは、ヘウォンと会うことをしばらく控えた。避けられてると思ったヘウォンは、無理矢理ヨンジェを呼び出すんだけど、ヨンジェがマスコミを意識するのは、ヘウォンを傷つけたくないからだということを知る。

ヨンジェとジウンに取材が来るんだけど、取材の理由が、「ヘウォンとの噂を誤魔化すため」と知ったジウンはむかついたけど、結局取材に応じます。その取材の中で、ヘウォンの事を聞かれ、困ったヨンジェ・・・でも、ジウンがうまく話して助けてあげるんだよねー。

ミンヒョクと一緒にヨンジェの映画を見に来たジウン。そこで、ドングウンとヒジンに遭遇!!ドングウンからその話を聞いたヨンジェは、(嫉妬だよね〜♪)むかついて、何とかジウンを帰らせようと、おばあちゃんが具合悪いなんて嘘ついて、ジウンを迎えにいくんだよねー。でもでも、嘘のつじつま合わなくなって、ヨンジェの実家の元気なおばあちゃんに、必死で抱きついて誤魔化すヨンジェ(笑)

次の日もまた、ミンヒョクからジウンにお誘いが。ヨンジェは無理難題の家事を命令して行かせないようにするんだけど、頭にきたジウンは強行突破で逃げ出します。ミンヒョクと会ったジウン・・・その日はミンヒョクの誕生日だった。「誕生日に何か自分にプレゼントをと思ったら、ジウンさんが浮かんだ」なんて言っちゃってる〜♪と思ったら、「僕を好きになってください」なんて告白ーーー☆★面白くなってきた〜☆

 

 


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。