まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

大丈夫、愛だ(全十六話)
第一話〜第八話


第九話〜第十六話はこちら


 〜キャスト〜
 
チャン・ジェヨル : チョ・インソン

チ・ヘス : コン・ヒョジン

チョ・ドンミン : ソン・ドンイル

パク・スグァン : イ・グァンス

第一話
冒頭シーン・・・刑務所から出所したジェボムは、チャラチャラときらびやかなパーティの主役として楽しんでいる弟ジェヨルの前に現れ、フォークで刺します・・・。薄れゆく意識の中で、兄を救いがたい馬鹿な奴だと思いあざ笑うジェヨル・・・。泣いてるDO@EXOがかわいかった♪







ジェヨルはベストセラー作家なんだね。ジェボムは助かり、兄ジェボムは禁固30ヶ月に。

ヘスは大学病院の精神科医で、精神科医院を開業してるドンミンの家に転がり込んだよ。ドンミンの妻と娘は海外留学中で、同居してるスグァンは、トゥーレット症候群患者。(意図せずチックのように暴言や叫び声を発する)どうやらこの家は、共同生活するホームメイト物件みたいね。



26ヶ月後・・・

ヘスは、PDをしてる恋人チェホに頼まれ、嫌々ドンミンのかわりにトークショーに出ることに。

このチェホがトークショー助監督のミニョンと浮気してるのを偶然放送局で見かけ、楽しそうに動画に撮るジェヨル。ミニョンはヘスとも仲良くしてる後輩なんだよね・・・。

ヘスが出るトークショーの相手がジェヨルなのね。互いに譲らないトークバトル。完全流れはヘスの方向に・・・と思ったら、ヘスが優位にたっていた主張をうまく利用し、自分の正当性を証明し、一気に流れを自分に持っていくジェヨル。とにもかくにも、番組は大盛況で終了。





ジェヨルはヘスに話があるから待ってるよう言うのに、無視して帰っちゃって・・・。PDのチェホにヘスの電話番号を聞こうとするんだけど、彼がいるから教えられないというチェホ。ヘスは絶対に恋愛したことがない女だと笑うジェヨル。



D.O@EXOは、ジェヨルに憧れる小説家志望の高校生カンウ役ですー。ジェヨルはトークショーの最後にヘスの言った問題・・・「二つの紙に『死』と書いてあって、一枚を必ず引かないといけない状況で、『生』を選ばないといけない状況」の答えが気になって気になって・・・。

そんな中、クラブに来たヘスと偶然再会したジェヨル。問題の答えをヘスに伝えます。その時、偶然外泊日でクラブに来ていたヘスの総合失調症の患者が、暴れだしてヘスに襲いかかってきます。ジェヨルはヘスを助けたのに・・・逆に、患者を守ろうとするヘスに殴られて(苦笑)

ジェヨルの頭から血が流れてるのに、「病院に行ってね」とだけいい、ジェヨルを置いて患者を追いかけていくヘス。頭にきたジェヨルは、ヘスを追いかけます。結局、ヘスを車に乗せ、タクシーを奪ってにげた患者を追いかけるハメに。



警察の出動し、この患者を捕まえようとしてるなか・・・ジェヨルの並外れたドライビングテクで患者を保護します。ヘスの注射でやっと大人しくなり、無事、救急車で運ばれて行きます。

救急車が行ったあと、車のガソリンがないとジェヨルに言われたヘスは、頭を負傷した患者がいると119番通報。そんなヘスが気に入ったというジェヨル。ヘスは意味不明な、目をとじろとか、座れとか・・・どんなシチュエーションなんだと不思議がるジェヨル。ヘスは、ジェヨルの幹部を応急処置。しかし・・・実は患者に腕を殴られたとき、負傷してて・・・気を失ってしまいます。意識を失ったヘスを抱いて歩くジェヨル。やっと救急車のサイレンが聞こえ・・・こんどはジェヨルも意識を失います。てか・・・なんで救急車が来るのに、ヘスを抱いて歩いてたんだろう・・・w



そうそう、ジェヨルが一緒に寝てた女。。。一晩限りの遊びだったのかな??ジェヨルの新刊と全く同じ内容の本を出版したみたい!!キャラクターと性別を変えてコミックスリラーにしただけらしくて。ジェヨルの本と同じ日にリリースしたってことかな??まだこのことはジェヨルの耳には入ってないけどね。



第二話


ジェヨルが点滴をしてる間に、「銀行口座と電話番号を教えて。慰労金を送ります」という文と電話番号を書いたメモを残して帰ってしまったヘス(笑)頭にきて、そのメモを丸めてすてたんだけど・・・ジェヨルったらすぐに拾って電話してるし(笑)用がないから切るというつれないヘスに、死ぬまでに一回会おうといいムカついて電話を切るジェヨル。

ヘスが病院に戻ると、患者が自殺未遂で運ばれてきてて・・・。この患者スミンは、どうしても病院を出たいと言い張って、スミン母が、ヘスが止めるのも聞かず退院させちゃってこうなっちゃったんだよね。



思わずスミン母を責めるヘス。そんなヘスをたしなめるヨンジン(同じ大学病院の教授医師。どうやら過去にドンミンと結婚したことがあるらしいが、今はチング)。ヨンジンは、ヘスに、ドンミンに精神の診察してもらうよう言います。

あの、ジェヨルの作品を盗作した女、プリプっていうのね。ジェヨル側が自分の作品を盗作したと主張してるよ。

ジェヨルの家には記者がわんさか。新しい部屋を探すにも、ジェヨルのわがままに見合った部屋など見つからなくて。編集者テヨンとジェヨルが共同所有してて、貸してる弘大の家に行くよう言われるジェヨル。そこにはイカレた精神科医が二人と、トゥーレット症候群患者がホームメイトでいて、良い小説のネタになりそうだって。最初嫌がってたんだけど、ボームメイトにヘスがいると知り、弘大に行くと言い出した(笑)



テヨンの車を借りたジェヨルだったけど・・・ナビにプリプの住所が入ってることに気づきます。

そして、ジェヨルは弘大に。ジェヨルの部屋は、元の部屋みたいに鍵のかかる風呂が取り付けられてるよ(笑)



ドンミンのカウンセリングを受けるヘス。ヘスには性的トラウマがあって、母親に対する偏見を持ってるみたいだね。8歳の頃、オンマの浮気を見たのが・・・トラウマになってるんだね。

うわ・・・やっぱり、テヨンがプリプに協力してるんだね・・・。テヨンがプリプの部屋にいる時、ジェヨルがプリプの家に!テヨンがファイルを渡したことがわかってると話すジェヨル。そこにテヨンが隠れてることも分かってて。自分の小説を一度も呼んでくれなかったからだというプリぷに、常に他人のパクリばかりだったからだと教えるジェヨル。ジェヨルとテヨンは幼馴染だったんだね・・・。



テヨンの車をぶっ壊すジェヨル。プリプとテヨンの関係に気づいてないふりをしてあげようとしたけど・・・プリプのマンションを見上げると隠れてたテヨンが目の前に・・。謝るテヨン・・・。ジェヨルは編集長に電話をし、告訴を取り下げ、本を回収し、新刊に取り組むと宣伝するよう指示を。



チェホとの300日記念の日・・。この日、ヘスはチェホとホテルに泊まる約束をしてて・・・。トラウマのあるヘスは内心、本当に良いのか悩んでるよ。

その前に家でサッカー観戦をすることになってて。帰ってきたジェヨルは、ヘスの彼氏がチェホだと知ります。そこには浮気相手のミニョンもいて、ヘスに「オンニー♪」と親しげに抱きついてきてて。すぐにあの時キスしてた二人だと気づきます。なんだこの関係は??って(苦笑)

そして300日記念でホテルに泊まる事も知ったジェヨル・・・。スグァンから、この場にいるメンバーが、元夫婦だったり、初キスの相手だったり、初恋の相手だったり、めっちゃ複雑に入り乱れてるのを聞き、呆れます(笑)



それを聞き、ここにいるメンバーはヘスも含め、フリーS○X信者たちなのかと思い、ヘスにチェホと、ミニョンがディープキスしてた事を教えます。

それを聞いたヘスは、がらっと人が変わり、テレビを止め、二人に詰め寄ります。ミニョンは、チェホが好きだが好きだと、開き直って。チェホを殴りつけるスグァン。それを止めようとして、スグァンに急所を蹴られるわ、チェホになぐられるわのジェヨル(笑)

この日以来・・・ヘスとスグァンに、家で仲間はずれにされるジェヨル。そんな中、ジェヨルの携帯に、あと100にちちょっとで出所できる兄ジェボムから電話が。「今度出所したら、首を切ってやる・・・殺人を俺になすりつけて今まで楽しく暮らしてたなんて無念じゃないか?」と話すジェボム。しかし・・・そんな内容は気にせず、普通に「今度出所したら、酒でも飲もうよ、会いたいよ」と弟らしい言葉をかけるジェヨル。

ヘスのアッパは、障害を持ってて寝たきりで・・・。ヘスとオンニは幼い頃、オンマがキム社長というアッパのチングとキスしてるのを見てしまって・・・。そのオンマなんだけど、今でもキム社長と連絡を取り合ってるみたいだね。。。



このドラマ、イ・グァンスの出てるテレビ番組としてランニングマンが出てきたり、チョ・インソンの出てるその冬風が吹くが出てきたり(笑)


ドンミンはテヨンに頼まれ、出所直前のジェボムの精神診断を。



なんとか和解しようと、ヘスに誤りに来たチェホだったけど、受け入れられないヘス。その夜、そんなヘスに、自分も20年来の親友に裏切られ、3年付き合った恋人に盗作されたと話し、一緒に慰労酒を飲もうと誘うジェヨル。しかし、そのワインをジェヨルにかけ、絶対ジェヨルを追い出してやると言うヘス。しかし、こんどはジェヨルがヘスにワインをかけ、仕返しを!!「そんな性格だから男に振られるんだ」って。



文句を言い返そうとするヘスを、再び酒に誘うジェヨル。




第三話
ヘスは非常ベルを鳴らし、ドンミンとスグァンを呼び出し、ジェヨルを追い出そうと言い出します。理由を言えとジェヨルに言われ、ジェヨルが気に入らないからだと答えるヘス。自己性愛人異常者だって。



別にヘスは、ターゲットとして頭にインプットするほどの魅力もないし、自分で拒否すれば済むことだろうと余裕で答えるジェヨル。破局したのは悪かったが、知らなかったんだから俺のせいにするなって。

そして「おれは本当に鈍いんだ。だから恋人に盗作され、友人に裏切られる」と言い、この家を出るから4日だけ欲しいと言うジェヨル。

そしてドンミンに「家と病院から出て行ってください」って。ここで初めて、この家がジェヨルの物だったと告白するドンミン。病院のオーナーもスグァンのやってるカフェのオーナーもジェヨルだった!!




雨の中・・・ヘスの家の前でずぶ濡れになりながらヘスが出てきてくれるのを待ち、必死で言い訳するチェホ。ミニョンが一方的にそうしただけで、自分は絶対にヘスと別れないと言いはります。そして無理やりキスを。300日も、我慢したのは、ヘスを愛してるからだとちうチャホ。



チャホが正常な事くらい、わかってる、自分が異常なだけだと話すヘス。オンマが20年も他の男と不倫してるせいでS○Xに対して罪悪を感じており、異常な恐怖心を抱いてる事、チェホと一緒に治したかった事を話します。でも・・・もうこれからはチェホとキスするたびに、オンマを見るとキム社長のキスを思い出すように、ミニョンを思い出すからもう無理だと・・・。

朝になり・・・ジェヨルが朝食を作ってくれて。ドンミンは、これは和解のジェスチャーではと期待し、四人で仲良く暮らそうと必死でジェヨルに話します。しかし、この食事は別れのプレゼントだというジェヨル。



全然協力的じゃないヘスとスグァンに、どうするつもりだと責めるドンミン。ヘスは、ジェヨルに犬のように頼み込もうと言い出します。その代表を決めるジャンケンで・・・負けたのはヘスだ(笑)

心を決めてジェヨルの部屋に来たヘスだったけど・・・その時ジェヨルの携帯に、カンウからの着信が。自分が書いた小説の感想を聞こうと電話してきたカンウだったんだけど・・・その小説の内容が、ジェヨルのリアルな話で、犯人が兄ではなくジェヨルだという内容で・・・ジェヨルの怒りを買ってしまい、二度と連絡するなと言われてしまいます。

電話を切ったあと、要件を聞かれたヘスは・・・思わず、患者ファニの相談を。実際に担当してる患者なんだけど、性器を大きく書いた絵ばかり描く子が居て・・・と・・。それを聞いたジェヨルは、そんなのただの絵であり何も悪い事じゃないと答えます。それを聞いたヘスは、目から鱗がおちる心境に。確かに何も悪いことなどしてないと気づきます。

ついでに、その患者の背後関係も・・・優しいオンマがいることも話すんだけど、天使のような母親だって子供を傷つけることがあると答えるジェヨル。

結局、肝心な和解の話しは忘れて出勤するヘス(笑)

ジェヨルはカンウの着信を拒否し、カンウの書いた「二人兄弟」という小説を机にしまってしまいます。

スグァンと一緒にカフェで働いてるのってヘスのオンニなんだね。オンニから、ヘスが、ジェヨルがロマンスを書いてた頃、ファンだった話を聞くジェヨル。

病院に行ったヘスはファニに会い、素直に絵が上手な事を褒め、ファニの母の事情ばかり考えてファニの事情を考えてなかったことを謝ります。性器を描くのは悪いことじゃないと言ってくれるヘスに、やっと本音を話すファニ。やっぱりファニには心に傷があった・・・それも、ヘスと同じ傷が。



再び、ジェボムに面会するドンミン。しかし、ジェボムは関係ない話しばかりで・・・。



ジェヨルを酒に誘うヘス。その飲み会にはドンミンとスグァンも誘ってて。ヘスは、ジェヨルにちゃんと謝り、四人で仲良く酒を。



なんだか、スグァンとジェヨルも打ち解けた感じだね。ここで、ヘスは、映画でみた性的描写の話をし、これは変態かと話を持ちかけます。的確な答えを言うジェヨル。ぷぷー!!また、これって患者の話で、ジェヨルに問題解決の糸口を教わったってわけね(笑)

女の子をナンパして番号をゲットしたスグァンだったけど、その兄に文句を言われ、発作を起こします。それをみて馬鹿にする兄妹達。ジェヨルは、はっきりと、スグァンは気狂いじゃなく、トゥーレット症候群だ!!といい、みんなを守ってくれて。警察に追いかけられ、逃げる四人(笑)

なんだか、ヘスとジェヨル、仲良く手をつないで逃げてるよ(笑)

その頃・・・カンウは、父の暴力から、傷だらけになりながら逃げていて・・・。



結局、ジェヨルのもと自宅に来たヘス。ジェヨルは強迫神経症だから、弘大の部屋と全くそっくりな部屋で。

本当にS○Xがダメなのかと聞くジェヨルに、10年前はキスの事を考えただけでもダメで薬を飲んでたから、良くなったほうだと言うヘス。医者として自分を治療したと話します。



軽い気持ですれば良いんだといい、突然軽くキスするジェヨル!!!




第四話
30回ひっぱたかれたことがあるというジェヨルに、31回目だと、一発お見舞いするヘス(笑)



30年間恋愛をできなかろうが、300日の恋が終わろうが、平気だ、また愛を感じるのは一瞬だから・・・教えるジェヨル。

次に愛する時は、計画を立てたりしないでただ感じれば良いと。ところで、ヘスの携帯待ちうけの男って・・・誰だろう??

吐きそうなヘスを、部屋ではなくロビーのトイレに運んでるジェヨルの前に傷だらけのカンウが!!



酔いすぎてとても帰れそうにないヘスは、監視のために携帯を使って、部屋を録画し、泊まることに。

その頃、カンウを待たせた公園に向かったジェヨル。病院に行けと、金だけ投げつけ、すがるカンウを突き飛ばします。殴られた姿をみせて同情心を誘おうとしたのかって。

カンウを冷たく突き放したジェヨルだったけど、結局カンウが心配で、テヨンに電話をしてカンウの世話をするよう頼んで・・・。でも、テヨンが公園にいくと、カンウはもう居なかった・・・。そしてジェヨルの投げつけた金だけそこに・・・。

朝、目覚めたヘスは逃げるようにジェヨルの部屋から出ていって・・・。携帯を忘れてるよ(笑)

ヘスの外泊を心配するスグァンだったけど、ドンミンもヘス姉も、嬉しそうでwスグァンは、店にやってきたジェヨルに、ヘスになにをしたんだと問いただします。一緒に酒を飲んでキスして一発食らったと、正直に悪びれもせず答えるジェヨル。

ぶはは!!ジェヨルったら、荷物を取りに来たチャホに、わざとヘスと仲良くしてる風に話し、昨夜家に泊まったことも分からせてるし(笑)




あらら、新しい登場人物登場だね。不良高校生のソニョ。勝手にヘスたちのシェアハウスに入ってくるし(笑)

少しだけドンミンと打ち解けた風のジェボム。精神科医は騙せない、アミタール注射で真実を知ることができるという話を聞き出します。



オンマと弟に打ってやりたいなと呟くジェボム。そんなドンミンの仲介で、ジェボムと初めて面会できることになったジェボムとジェヨルの母。



目も合わせてくれないけど、会ってくれたジェボムに感謝する母。母が帰った後、出所前に必ず一時出所してやるつもりだと仲間に話すジェボム。

ヘスは潔癖症患者の治療中・・・自分の治療する言葉は、全部昨夜のキスしたジェヨルの言葉と重なり、何度も昨夜の事が思い出されて(笑)

ジェヨルに、ラジオ局まで携帯を取りに来るよう言われ、仕方なく向かったヘス。思った以上にジェヨルは人気者で。

ってか・・・さすが、チョ・インソン・・・。この見つめるシーン・・・何度も見つめるこのアングル・・・別にファンじゃないまみまみなのに、なんだかドキドキしてきた!!なんなんだ??この魅力は!!!!!!!!



ヘスもなんだか知らず知らずのうちに、この魅力に笑顔になってるしー。そこにドンミンから電話があり、ジェヨルがヘスに脱感作療法(キスの事)をすると言ってたと聞き、我に返ります。

ヘスに声をかけた男、あの携帯の待ち受けの男だけどチュンシクだって。すごくヘスとラブラブで。患者か??家族ではなさそう。どういう関係なんだろうね。



ヘスが、戻った携帯で撮った昨夜の映像をみると・・・自分を優しくベッドに運んでくれ、自分の寝顔を見つめてるジェヨルが。ジェヨルが昨夜トキメいたと言ってた言葉を思い出します。

不良少女ソニョのカウンセリングするようドンミンに頼まれそうになったヘスは、言われる前に断固拒否!! 

刑務所から、ジェボムが泣いてると連絡を受けたドンミンは、チェホに運転を頼み刑務所に。

ジェヨルなんだけど・・・カンウから連絡があり急いでカンウの元に。オンマに襲いかかるアボジを殴ったと話すカンウを抱きしめるジェヨル。アボジを殴ったんじゃなく、暴力を阻止しただけだと言ってあげます。



ドンミンに弟が継父を殺す瞬間を見た話をします。オンマも見たのに・・・ジェボムの公判で、証言してくれなかった・・・。そのせいで有罪になったことを告白。アミタールを、ここを出たら母親と弟に注射してくださいと懇願を。



ジェヨルは、カンウと共に、カンウが片思いしてる少女の家に。カンウに代わって少女に告白してあげて・・・楽しそうに帰るジェヨルとカンウ。しかし・・・現実にはジェヨルひとり??ん??もしかしてジェヨルは精神を病んでて、カンウは実在しない少年なの??もしくは過去のジェヨルとか??





第五話
必死で心からドンミンに懇願するジェボム。自分は全てを弟のせいにする化物だというけど、本当は良い人間なんだと必死で説明。弟は良い奴に見えるが、本当に悪い奴なんだって。

ジェボムと弟の過去を調べることにしたドンミン。

カンウといたジェヨル・・・ソニョに声をかけられた途端、カンウはいなくなって・・・。やっぱ、実在しないって事??

一泊だけさせてと頼むソニョに金を渡したジェヨルだけど、この金でタバコを買おうーなんて言うし・・・仕方なく家に入れます。

ソニョを連れてきたジェヨルに軽い嫉妬をするヘス。今までソニョといたのかと聞かれ・・・他の「子」と居たといい、ときめいたのはあの瞬間の話で今は違うと言われ・・・不本意に落ち込むヘス。一瞬でもその言葉に惹かれた自分が馬鹿だったって。



シャワー中、横のユニットのトイレをソニョが使ってて、頭にきたヘスは、バスタオル一枚で、ソニョを引っ張って男三人衆の前に(笑)ソニョを追い出すヘス。男三人をただの人間だと思ってるからこんな格好でもおかまいなしだし(笑)ジェヨルにいたっては人間だとも思ってないって(苦笑)



カンウの咳と指の麻痺を心配したジェヨルはヘスの通う病院にカンウを連れて行きます。

ジェボムはドンミンに電話をし、ドンミンに信じてもらうために先に自分にアミタールを打って欲しいと懇願を。一時出所できたらドンミンの家に行くって・・・。


うーん・・・・やっぱカンウは実在しないんだね。カンウの診察をまだかまだかとカンウと一緒に待ってるジェヨルだけど・・・看護婦には間違いなくカンウが見えてない感じだね。



ドンミンに誘われて、コンサートに向かうジェヨル。二人きりだと聞いたのに、ヘスとスグァンも一緒で(笑)それはヘスの携帯の男、ユンチョルのコンサートだった。

みんなユンチョルのファンで、ユンチョルは既婚者らしい。奥さんのヘジンは精神を病んでる人みたいで、妊娠中だって。

移動中、スグァンは、ジェヨルに「ヒョン(兄貴)」と呼ぶから、ソニョをカフェで雇って欲しいと頼みます。

会場につき、ヘジンも一緒にコンサートを楽しんで。しかし・・・コンサート後、帰ろうとしたジェヨルたちは、ヘジンが湖に飛び込んで、それを助けようとしてるユンチョルを見つけます。

ジェヨルは妊娠中のヘジンのために飛び込み、助けてあげて・・・

ヘジンが苦しそうだから、子供は諦めようと自分が言ったせいだと、口にするユンチョルを慰めるドンミン。

ジェヨルはスグァンに、スグァンの計らいでソニョがカフェで働けるようになった事にするようスグァンに言ってあげて。スグァンはこれでジェヨルに心を許しただろうね。

オモ!!ドンミンが、ジェボムの弟がジェヨルだと知ったよー!!

ヘスは、トイレで寝てるジェヨルを発見。苦しそうで・・・。あのジェヨルの部屋に泊まった時もジェヨルがトイレで寝てたことも思い出します。

トイレで寝てた事をまったく気にしてないヘスにどうしてかと聞くジェヨル。過去にこれが原因で恋愛がダメになったこともたくさんあるみたいで。過去に強迫症患者で犬小屋で寝た人もいると普通に答えるヘス。

ジェヨルはヘスをお気に入りの散歩コースに誘い、15歳の頃、継父に殴られ、継父に殴られるままのジェヨルに怒って兄に殴られた話を。

賭博の金を渡せと継父に言われ、学校に払う金だからと渡さなかったら、追いかけられ、村の共同便所に逃げ込みそのまま肥溜めに飛び込んだらしい・・・。

それからジェヨルにとって便所が一難安全な場所になったって。自分は重病かと聞くジェヨルに、この年になってまで、男と寝れない私のほうが重病だと答えるヘス。

水は嫌いだというヘスに、軽いノリで殻を破ってみろと、ヘスを湖の中に(笑)「気持ちいいーー!!」と叫ぶヘス(笑)「ノリ」の意味がわかったと喜ぶヘスにいきなりジェヨルがキスしたーー!!!!!



オモ・・・悪口じゃないです・・・。インソンペンじゃないです・・・ヒョジンちゃん嫌いじゃないです。



インソン・・・美しい・・・。ヒョジンちゃん、不細工ーー!!っと・・・この接近戦で叫んでしまったのは・・・



まさかインソン@ジェヨルの美貌にやられてきはじめたってこと??オットケー!!にゃんオンニー!!!!!!!!!!!!!






第六話
オモ!!軽くキスかと思ったら、再びキスが始まってかなりディープに!!我に返り、ジェヨルの頬を軽くたたいたヘス。ヘスの心臓がドキドキして・・・。




うわ・・ジェヨルが16歳の写真を、ジェボムの事を調べてるドンミンが手に入れて・・・暴行の跡だらけだよ・・・。全治10ヶ月だって・・・。これがジェボムの仕業で継父まで殺した事になってるんだね。

これを弟のせいにして罪悪感もない奴だとテヨンに話すドンミン。

好きだかキスしたとヘスに言うジェヨル。はずみだったことも認めて。そして、自分と付き合おうとジェヨルが言ったんだけど、即答拒否したヘス。クールにそれを認め、二度とこんな事はしないというジェヨル。


帰ってきたヘスとジェヨルの雰囲気がおかしくて心配するドンインとスグァン。ヘスは二人に、ジェヨルが自分にキスしてきてひっぱたかれたのよって。クールに認めるジェヨル。




そして、さっきの感情は本当にただのハプニングだったと思うのかと聞くジェヨル。10回聞かれてもノーだと答えるヘス。

ドンミンは、ヘスがジェヨルになにか感じたと気づきます。先輩ではなく医者として、キスしたとき、オンマのことを思い出したかときくドンミン。オンマを思い出さなかったのは初めてなんだね。。。気分もよかったとドンミンにだけは正直に話します。

ヘスがキスしたとき、オンマを思い出さなかったとしったスグァンは、泣きそうな感情に・・・。それは自分も障害を乗り越えたいと切望する感情で。女性とキスするとき・・・発作が出ちゃうんだね・・。




ドンミンはジェヨルに、ヘスがオンマの不倫で深い傷を負ってる話をします。ヘスにとってキスやせ○○すは、汚いものになり、恐怖症になったと・・・。ジェヨルに対する反応は、悪い感情からじゃなく防御反応だって。

そこにヘスが。昨日、ジェヨルと同じように感じたと認めた上で、その感情はあの瞬間だけでおしまいだと説明を。電話を三回とヘアのノックを三回すれば、続けるけど、俺がいやだったら、そのまま何もするなというジェヨル。



ジェボムの一時出所を喜んでるオンマに、自分も兄に会って良いというジェヨル。兄の一時出所を盛大に祝ってあげようって。

カンウに、ヘスの話をするジェヨル。カンウもヒョンジェの話を。すると目の前から、どんどん対向車が突っ込んできて・・・。これもきっとジェヨルの妄想なんだろうね・・・。この道は危ないというジェヨル。この道で過去になにかあったのかな??

ジェヨルはカンウを初めて自宅に送ってくるんだけど・・自宅前で、カンウアボジに暴行されるカンウオンマが・・。それを止めようとして殴られるカンウ。ジェヨルは、それを止めようとして・・・。幼い頃を思い出します。石を片手にアボジを殴ろうとするカンウを止めるジェヨル。

そしてオンマを連れて逃げろとカンウに!!アボジにジェヨルが殴られてる間に・・・オンマと逃げるカンウ・・・

幼い頃の記憶が蘇るジェヨル・・・継父に殴られた頃の・・・

警察にきたジェヨル。通報するんだけど、そこは空家だって。

傷だらけでかえってきたジェヨルの傷を治療するヘス。ジェヨルはカンウの話を。そして幼い頃、自分も継父になぐられてた話も。こんな話をトイレでするのは初めてだって・・・。



そして渓谷での自分は、真面目だったといい、ヘスの手を掴んで・・・。拒むヘスに浴室を見せるジェヨル。誰にも見せたことが・・・入れたことがない浴室・・・。そこにはらくだの絵が・・・。

らくだの修正を例にして、自分たちの過去が自分たちの足を掴んでると話すジェヨル。ジェヨルはトイレで、ヘスは不安症だと・・・。

ヨンジンとドンミンの離婚記念日なんか、皆で祝ってるのね(笑)ユンノリして楽しそう。結局、ヨンジンとドンミンは喧嘩だしw



酔っ払ったヘス母は、ジェヨルとヘスの関係を執拗に聞いて、ヘスと喧嘩に。ヘスに文句を言いまくるオンマに・・・我慢できなくなったヘス姉は、オンマに、自分とヘスは、オンマとキム社長の関係を知ってると初めて口に。そのせいでヘスがこうなったんだって・・・。



落ち込んでるヘスを慰めるジェヨル。ジェヨルが遊人じゃなかったら、受け入れたのにというヘスに、付き合ってから言えとジェヨル。

気分がよくなる曲をかけてあげて・・・。



ついにジェボムが出所。ジェボムはドンミンの元に。アミタールをうちに来たんだけど・・・ドンミンにアメリカーノを買いにいかせたすきに逃げ出して、SBSに・・・。ジェヨルのもとに向かうんだよね・・・。

ラジオ放送が終わったジェヨルのもとに、ヘスからの三回の着信が!!そして家に戻るバスに乗るとのラインが!!

ついにヘスが受け入れた!!放送局を出て、タクシーに乗り込んだジェヨル。そこにジェボムが・・・。タクシーで追いかけます。

ヘスがバスを降りて・・・道路むこうにジェヨルが・・:ヘスに手をふるんだけど、ジェボムにバットで殴られて・・・。ジェボムはジェヨルに、ドンミンから盗んだアミタールヲ注射!!




第七話
ヘスがジェヨルに電話するんだけど。。。ジェボムに連れて行かれて・・・



殴りつけ、昔を思い出したかと聞くジェボム。兄に殴られ蹴られた過去が蘇るジェヨル。

ジェヨルに14年前の本当の事・・・ジェボムに濡れ衣を着せた事をしゃべるよういうジェボム。気づいて叫ぶ人に、ただの兄弟喧嘩だといい必死でジェボムをかばうジェヨル。

駆けつけてきたドンミンに、薬をジェヨルに注射したのに、なんで真実を話さないのか聞くジェボム。

ドンミンはこうなると予測してて、水を入れてたんだというテヨン。ジェボムは二ヶ月後に刑務所を出たら終わらせてやるとジェヨルに。

ドンミンはジェヨルに、ジェボムは復讐型人格異常者で危険だと診断結果を話し、警察に通報するようすすめます。それでも、兄をかばうジェヨル。



ドンミンたちが兄を刑務所に送ってくれてから・・・ヘスに電話をし、電話に出れなかったのは兄に会ってたからで、ちょっと殴られた話を。ジェヨルの元に来たヘスは傷だらけのジェヨルを抱きしめます。



送ってたドンミンだけど・・・途中で車を止め、ジェボムを自由にしてあげます。ジェヨルの話を聞いて・・・ジェヨルの言うとおり危険な人ではないと思ったからなんだね。

一方、ジェヨルとヘスはまたまたキスねー(笑)不安症のせいで体中汗だらけのヘス。正直に自分の症状を説明するヘス。でも大丈夫だって。



スグァンの店でアルバイトを始めたソニョだけど・・・スグァンの目の前で迎えに来た男にキスして行ってしまって・・・。あらら・・・またまた発作のおこるスグァン。

小説を書くなと先生に言われたから、学校をやめるとジェヨルに話すカンウ。今度の公募に落ちたら、しぬしかない・・・そうしたら事故保険金が出るからオンマにあげるって・・・。まだカンウの指は麻痺してるよ。ジェヨルが警察に申告したけど、来たかと聞くんだけど・・・誰もうちには関心なんか持たないといい、警察は来てないと答えるカンウ。

オモモ!!家でもヘスとジェヨルはすっかりラブラブモードだね。そんなジェヨルに、これから何度もキスするし、タッチもおおくなるだろうけど、ジェヨルのスイッチだけ入れて、300日おあずけにするはずだと話すスグァン。自分はジェホじゃないと自信満々なジェヨル。



ヨンジンはヘスに、ドンミンに未練があると告白を。耐えるしかないといい、聞かなかったことにするとヘス。コンサルの秘密を盾に私を苦しめないでとヘスが言ってたけど・・・どんな秘密が??

ひゃー!!ジェヨルはテヨンに、出版社の自分の持分の株を兄ジェボムにやってほしいと言い出したよ。

ヨンジンとドンミンはついに言い争って離婚の頃の話に・・・。家長だったヨンジンに医者をやめろといった事を責めるヨンジン。ドンミンは、レジデントを一年休めと言っただけだって・・。「あの時本当にお前が必要だったんだ」というドンミンに「私は今もあなたが必要だと言ったら?」とヨンジン!!



何も答えず、二度と連絡するなといい、立ち去るドンミン・・・・。

ジェホがヘスの元にきてジェヨルと付き合ってるのかと確認にきたよ。まだ未練があるらしいw



ヘスを旅行に誘うジェヨル。ヘスは、自分を旅行中守るとドンミンとスグァンに約束できるかと聞きます。当然約束すると答えるジェヨル。ヘスはその提案を飲みます。旅行に行くって!!

ヘスが部屋に入ったあと、ほんとうにヘスを守るのかと聞く二人。不慮の事故や、他の男からは守るのは当然だといい、ジェヨルからヘスを守るとは言ってないと答えるジェヨル。それを聞いて大喜びの二人(笑)



そしてヘスとジェヨルは旅行に・・・ 




第八話
うわー。数話前から気になってたのですが・・・この8話のしょっぱなのOST、SHINeeオニュが歌ってるのかと思ったよ。すごく似てる!!思わず検索しちゃったよ(笑)おニュが好きすぎて、なんでもかんでもオニュに聞こえるだけ??(笑)ホン・テグァンって人が歌ってるって。




旅行に来た二人だけど、行き先はジェヨルの実家だった。ジェヨルの母に初めて会ったヘス。家に女性を連れてきたのは初めてだと話す母。

オンマはジェヨルに、ジェボムが初めて少年院から出所した日にひどい態度をとってしまった話をします。ジェボムはただオンマのごはんが食べたかっただけで・・・買ってきた石油も、火事を起こすつもりだったんじゃなく、オンマへの誕生プレゼントだったって・・・。

ジェボムは人が言うとおりじゃなく、本当は良い子で、でもオンマが法廷で何も言わなかったからあんなふうになったんだと話すオンマ。理解してるといい、「オンマは事実をみたから」証言できなかっただけだと当然のように話すジェヨル。そして兄が出所したら幸せにくらそうと・・・すべて肯定的に考えるようアドバイスするジェヨル。

ジェヨルは帰り道で、一緒に、ヘスの行きたがってた沖縄に行こうと誘います。それを受け入れたヘス。するとその場ですぐに飛行機のチケットを買いに。しかし・・・ヘスは転んじゃって腕を怪我して。

怪我をしたヘスに、飛行機のチケット代は全部ジェヨルが払うから、キャンセルにしようというジェヨル。しかしヘスは、自分も稼いでるから金を払うのは当然だと、半額払うと言い張り、もったいないから旅行も行くって。そしてすぐに旅立ちます。



ドンミンは、二人で会おうとしない事を責めるヨンジンに、自分も、四人が必要だと思う時が・・・未練があるけど、今更、子供も妻もいるからどうにもできないと。

ヘスを旅行に連れていけたジェヨルに、ソニョに男がいるけどどうすべきかと電話で聞くスグァン。即答で、自分のために捨てろと言われて・・・。心を鬼にしてそうしようと努力します(笑)



一方、ホテルについたヘスは、45万ウォンもする部屋をジェヨルが取った事を責め、結局5万ウォンの安宿に泊まろうとしてて・・・。自分は経済的に男にたよる女は嫌いだと説明するヘスに、金の事ばかり考えてて、この旅行に俺の好意や気分は無視してると反撃するジェヨル。

結局、ちょっとマシな民宿に(笑)しかし・・・泊まる部屋は結局別(笑)








そして・・・ヘスのすすめで、マリンスポーツを楽しむジェヨル(笑)



面会にきたドンミンに、オンマと弟・・・家族にはめられたと話すジェボム。そしてアミタールを自分に打ってくれって・・・打つ気がないなら来るなと。

その頃、スグァンは、ソニョの汚い部屋を掃除してあげ、自分の未練を整理しようとしてて・・・。そこにソニョの彼氏サムが。ソニョが普段、スグァンのことを「トゥーレット」と呼んで馬鹿にしてると知り、完全に断ち切れたといい、出て行きます。

ヘスと話をしてたジェヨルだったけど、カンウの着信に気づき、電話に。着信音が聞こえなかったヘスは不思議そうだよ。

病院に行ったけど、大したことなかったと話すカンウ。自分の心配は良いからヘスとの進展の事を考えるよういうカンウ。しかし・・・電話を切ったあと・・・麻痺した指・・・辛そうなカンウ・・・。

ヘスは、ジェヨルから、カンウの病状は大したことなかったと聞き、安心を。以前手指が固まって、咳が長引く筋萎縮性即索硬化症の患者を看たことがあると話して・・・。カンウと初めてあったのはいつだと聞かれ、ジェボムにフォークで刺された時、他のファンと同じように自分を見て泣いてたと教えるジェヨル。カンウを見てると幼い頃の自分みたいで胸が痛むって・・・。

かき氷を食べるヘスにキスして口の中のかき氷を食べたジェヨル。ヘスは怒っちゃって。するとジェヨルは、不公平だから、ジェヨルにキスしたり触れたりするときも、ヘスと同じようにジェヨルに許可を取るよう言い出して。

それからは、何から何まで、ヘスがやるとおりやるだけで、それ以上は何もしてくれないジェヨル(笑)



そしてホテルに戻ると、ヘスをおいて、夜中に一人で海に泳ぎに行くと言い出して。ヘスに指一本ふれられないからなんだよね。そして本当に入っちゃった(笑)

ひとりになったヘスは、眠れなくて・・・結局海辺に。ジェヨルは本当に海の中にいるよ(笑)

海からでて、ヘスにキスするジェヨル。



そしてついに・・・ヘスは、ジェヨルを受け入れる決意を・・・。素敵だけど・・・ええーーー!!海辺かよ!!プライベートビーチじゃないぞ!!ええーー!!い・・・いいのか??それも初体験で!!(驚)

注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。