まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

コーヒープリンス1号店(全十七話)
第九話〜最終話


第一話〜第八話はこちら

 〜キャスト〜
 
チェ・ハンギョル : コンユ

コ・ウンチャン : ユン・ウネ

チェ・ハンソン : イ・ソンギュン

ハン・ユジュ : チェ・ジョンアン 


第九話

ハンギョルったら、弟になったウンチャンが家に泊まって・・・嬉しくて朝ご飯作ってあげて、もっと可愛がってあげるって約束して(笑)「ヒョン」って呼ばれて喜んでるし、しゃべり方やけに優しいし(笑)ウンチャンは昨夜酔ってピアスの穴あけたみたいね。

ウジュはハンソンを避けてるみたい。「待ってるから」と言うハンソン。

ハンギョルはカフェでも、ウンチャンの事「トンセンーーー(弟)って呼んでばかりで嬉しそうで。スルギが怪しむんだけど、「絶対女だって事は言わないで」と頼むウンチャン。掃除するからって(笑)

突然ユジュに呼び出されたウンチャン。正直に、ハンソンが好きだったことと、今はハンギョルが好きな事を告白します。どうして女の子だと言わないのか問われ。。女だと分かると側にいられなくなるからって・・・・弟になったんですって・・・

ハリムって医大に行ってたのねー。辞めちゃったから、父親と折り合い悪くて家を出てるんだね。ハリムだけ、ウンチャンが女だって知らないから、ハンギョルに、ウンチャンにあまりべたべたするなって。ホン社長も、ソンギもミニョプも、二人が愛し合ってるって思ってるなんて忠告してた。他の皆は、ウンチャン、女だって知ってるからなのにね(笑)

ハンソンは自分の気持ちに戸惑ってて・・・なんとか整理しようと・・・。傷つけてしまったウジュを旅行に誘います。

ウンチャンは、ウンセとミニョプを連れて、ソンギとホン社長とハリムの住む家を掃除しにいくんだけど、ウンセはソンギにべったりで、ミニョプにばかり指図してて。ハリムは、「ミニョプはお前の召使いか」って言うんだけどウンセったら「だって・・・この人、私の言うこと何でもきくんだもん〜」って・・・さすがのミニョプも切れて、ウンセを外に連れ出したー!!なんでソンギの前で恥をかかせるんだって言うんだけど、ウンセは平然と、「だったら、うざいし、やめれば?好きになってなんて頼んでないんだけどー」って・・・・結局何も言えず走り去るミニョプ・・・と・・・思ったら、発散するように怪力で荷物運んで・・・うーん・・・かなりストレスたまってますねー。

ハンソンは、ウジュと旅行に。ウジュったら、ハンソンの事全部分かってて、なんだか理解してる感じで冷静だよねー。感情があまり表にでないのかな・・・気にはしてるんだけどね。ハンソンは気持ちの整理しようとしてるけど、ウンチャンからのメールがきて、やっぱ気になってるみたいだよ。考えないようにしてるみたいだけど。

ハンギョルを誘い、ワインと食事をしながら、どこまで出生の事を知ってるか聞く父。ハンギョルは、自分は父が外で作った子で、三年間孤児院でそだてられ、引き取られたって事を言います。オンマがどんな人だったか聞くんだけど、父は暖かくて優しくて早くに両親を亡くし、猛勉強して数学の先生になった人だと教えてあげます。そして・・・自分が彼女を捨てたと・・・ハンギョルが一歳の時、オンは交通事故でなくなったと・・・うーん・・でもハンギョルは本当にアボジの子??っておもってたら、やっぱり、あの海外から10ねんぶりの帰ってきたイ・ミョンジェが・・・って事みたいだねー。

ハンギョルはウンチャンの元に、二人でバッティングセンターに行って。その後、ウンチャンに運転させて海に向かい・・・そうしてハンギョルはやりきれない気持ちを発散します。ウンチャンに、自分の小さい頃の話しや、本当の母の話をして・・・・

ウンチャンはハンギョルに、本当に弟として好きなのか?自分のどこが好きなのか質問します。逆に自分のどこが好きなのか聞くハンギョル。全部だよと言うウンチャン。後で、もちろん兄として・・・と付け加えるウンチャン。ウンチャンと手をつなぎ歩き出すハンギョル。そしてウンチャンが、初日の出を見ようっていいだすんだけど、「兄弟だからいいよね?」と言いながらやってることが完全、恋人のやってる事みたいで〜(´∀`*)ウフフきゃーーー。眠ってるウンチャンにくっついて寄り添うハンギョル・・・・もう愛しくて仕方ないのに、必死で自分を押さえてるんだよね。「コ・ウンチャン・・・俺はこれ以上耐えられない・・・今日で首だ・・・」と呟くハンギョル。

そして・・・・家にウンチャンを送った時、「お前はアウトだ・・・もう会うのはよそう」と言うハンギョル。ウンチャンは冗談だと思って相手にしなかったんだけど、、、、、

出勤してみるとハンギョルは別人のように冷たくて・・・もう二度と来るなって!!納得いかないウンチャン。兄弟になろうと言ったくせにって。お前が嫌いになったから、つきまとうなと言うハンギョル。「俺を愛してるからか??」と言うウンチャンに、「お前にとっては簡単な事(男同士の恋愛)なんだな・・・おれには難しいんだ」と言い、店を出て行ってしまって。

そのままハンギョルはお店を欠勤して・・・ウンチャンは何度も留守電に入れるんだけど、、、ハンギョルは家にこもってしまってて・・。ウンチャンが家にまでくるけど、耳をふさぐハンギョル。苦しくて・・・苦しくて・・・同じ頃、ウンチャンも、連絡がとれなくて苦しんでた・・・






第十話

偶然コンビニでハンソンに会ったウンチャン。ウンチャンはハンソンに、もう一度友達になりましょうと提案を。そして・・・・ウンチャンはハンギョルが好きなんだと告白します。女だとばれて捨てられるより、男のままで居たいと言って・・・

心配して駆けつけたハリムに、「俺はコ・ウンチャンが好きなんだ」と涙を浮かべて告白するハンギョル。心配するな。ちゃんと整理するからと言って。

三日後、やっとハンギョルがカフェに出てくるんだけど、ウンチャンを見ようともしない。

ウジュは、DKの申し出の話をハンソンにします。「行くのか?」と聞かれ・・・1番・・・行く。二番・・・待つ。三番・・・行かないで待たない。。。。別れるは何番?と答えるウジュ。ハンソンは何もいえなくて。ウジュの質問に、時間が欲しいと答えます。

ウンチャンは帰りを待って話しかけるんだけど、「1M以内は接近禁止だ。嫌だったら辞めろ」と冷たく言って。

ハンギョルは避け続けてたんだけど、ハリムの機転で、ウンチャンとハンギョルが配達に行くことに。なのにそれでも無視されつづけて。ついにウンチャンが切れて、「なんで人でもてあそぶの?俺の事好きだっていったくせに」と!!ハンギョルも、「俺が兄で本当に良かったのか?」と怒鳴りつけます。「良くないよ!!でも・・・どうすればいい?俺が女だったらダメなんでしょう?男がいいんでしょう?自分は一ヶ月後にアメリカに行く癖に。俺をこんな風にしておいて」と言い返します。「俺をほっといてくれ」と言うハンギョルに怒りを隠せないウンチャン。「あと一ヶ月の辛抱だ」とウンチャンに言い聞かせるハンギョル。

ハンギョルが自分のせいで苦しんでるのがとても辛いウンチャン。でも本当の事を言うのが恐い・・・一ヶ月したらアメリカにいくんだからこのままで・・・と自分に言い聞かせるウンチャン。

ハルモニがカフェに来るんだけど、ハンギョルと、本当にアメリカに行くのか話してて。行くと言うハンギョル。それが気になって仕方ないウンチャン。二人がすごくぎこちなくて、見てて辛いわー(T-T) ウルウル

そんな中、ついにコーヒープリンスの演奏会が!!楽しそう〜♪そして大成功!!終わった後打ち上げしてるんだけど、ソンギがウンチャンをダンスに誘おうとしたり、ウンチャンとハンソンが仲良くしてたり・・・なんだか二人が女に対しての態度をとってるみたいで仲良さそうで、気にくわないハンギョル。ウンチャンに悪態ついて・・

ウンチャンは途中で帰っちゃうんだけど、ハンソンが送ります。ウンチャンは、ハンギョルもホン社長も辞めた方が良いって言うけど、お金が必要とかコーヒーが好きだとか全部言い訳で、ただあの人の側に居たくて・・・・自分だけ好きで居てほしくて・・・アメリカに行ってほしくなくて・・・でも、私は何??男でも女でもない。恐くて話すことすらできないと泣きじゃくります。そんなウンチャンに、

「どうしてかわからないけど・・・君が泣いたり笑ったりするとき・・・側で見守ってるのが好きだよ。俺はそれでいい。」と言うハンソン。そして、俺の前では隠さず、したいようにして欲しいとウンチャンに約束してもらいます。なんか・・・ハンソンアジョシの優しさもいいわ〜ポッ(。-_-。 )人( 。-_-。)ポッ

ハンギョルの車に乗ってるユジュは、ハンソンに電話をして、「ウンチャンを送ってあげた?」って・・・ハンソンは「ハンギョルとウンチャンは愛し合ってるんだ・・・」と教えます。ユジュも複雑だよね・・・・そのことで愛するハンソンを慰める事もできないし・・・ハンギョルに本当の事も言えないし・・・誰も傷つかないといいのに・・・それは無理なんでしょうね・・・って。

DKに会ったユジュ。DKは、強引にN.Yに来させようとしてるよ。

前回、ソンギは彼女を見つけたんだよねー。彼女の娘ノウルに会いにいき、彼女の店の前で彼女とノウルを見つめるソンギ・・・

オモ!!ついにハンギョルの実父が、ハンギョルの父の元に。リビアに橋を造るから、何年も帰ってこれないと言う実父。ハンギョルに会いたいだろう・・と言う父・・・

ウンチャンが仲良くハンソンと電話してるのを妬くハンギョルは、コーヒーカップに口紅がついてたのは、ウンチャンが電話してたせいだと強く怒って。

その頃。。。ウジュはハンソンにN.Yに行くって話を。「行くな」と言うハンソンに「そう言ってくれてありがとう」というハンソン。「確かに俺は揺れてるけど、戻るから行くな」というハンソンに。「あの子を愛してるのよ。本当に貴方はバカね。新しい濃いがやってきたのにきづかないなんて」といい、部屋を去るウジュ。

ウンチャンだけ罰で店掃除になって、他のスタッフは、ご飯を食べに。ついにハリムが、ウンチャンが女だって知っちゃったーー!!固まるハリム。

ハリムはどれだけ、ハンギョルが悩んでたのか知ってるのか??とスタッフに文句を。

 

おもー!!おもーーー!!一人掃除してるウンチャンの元に、ハンギョルがーーー!!いきなり耐えきれず激しいキス〜(*/∇\*)キャ

そして・・・一度だけしか言わないからよく聞けって・・・お前が好きだ、男でも宇宙人でももう気にしない・・・行き着くところまで一緒に行ってみようってーーー!!抱きつくウンチャンを抱きしめるハンギョル(*/∇\*)キャ




第十一話

家に帰ってからも会いたくて仕方ない二人。愛しくて電話もなかなか切れなくて♪ウンチャンは明日・・・ハンギョルに女だと打ち明けようと心に誓い、オンマに話します。

ウンチャンは女の子の服を着て出勤。まだハンギョルは来て無くて。ハリムは、今まで騙されてた事が許せないんだよね。ハンギョルをあんなに悩ませたし。涙ぐんで「社長がこないのは、女だって知ったからなの?」と聞くんだけど、「女になった途端、涙でごまかすのか?興ざめだよ」と去っていくハリム。

その頃、ハンギョルは、実父であるイ・ミョンジェと会ってるんだよね。もちろん父とは知らず、小さい頃なついてたおじさんとして。でも・・・ハンギョルが家族の反対を押し切ってブロックコーディネーターになろうとしてると聞き「頑固は母親譲りだな」と言われ、ミョンジェが実母の事を知ってるのに驚きます。今まで誰もオンマの話をしてくれなかったと言うハンギョルに、自分が父だと告げず、実母の写真をあげるミョンジェ。

ユジュは日曜に立つと言って、荷物をまとめてて。行くなと言うハンソン。待ってくれと言ったじゃないかって。でもユジュは、待ってる間、私は何をすればいいの??祈ればいいの??って・・・。ハンソンの気持ちも、私の気持ちももう分かってるじゃないかって。それでもハンソンは、必ず整理をするから待ってほしいって言うんだけど、ハンソンのお荷物になりたくないから・・・思うとおりにして欲しいと言います。

ハンソンはそれを、卑怯にもウンチャンの事のせいにしてるけど、本当は欲がでたり、D.Kが良くなったんじゃないかとユジュに言うんだけど・・・ユジュは何も言わず部屋を出て行っちゃった。

店に遅れてきたハンギョルは、ウンチャンに、オンマの話をして、慰めてほしいと言います。恋人が居るっていいな・・・でもなんで俺たち男同士なんだろうなと言うハンギョル。ウンチャンは言おうとするんだけど言い出せなくて・・・

落ち込んでたハンギョルをみて、ハリムはウンチャンの秘密を知ったと勘違いし、ウンチャンが女だって話しちゃったよーー!!知らなかったのは兄貴と俺だけなんだよって。

ハンギョルはウンチャンに「本当に女なのか??」と何度も聞き、最後には怒鳴りながら聞いて・・・頷くウンチャン。ハンギョルは何も言わず車で出て行ってしまいます。

電話で「まさか。。。ユジュも・・・ハンソンも知ってるのか?」と聞くハンギョル。ハンソンも知ってると聞き、ハンソンの元に行くハンギョル。

ハンソンの元に行き、なんで言わなかったんだーーってハンソンを殴ったよ!!怒るハンギョルに「二人は愛し合ってて、ウンチャンが女だったことは、良い事なんじゃないのか?」と言うハンソン。ハンソンが、ハンギョルとウンチャンが愛し合ってる事も全部知ってると知り、ショックを受けるハンソン。そして、ユジュの言ってた浮気相手はウンチャンだったんだな?と問うハンギョルに「俺の問題だから、答えたくない」と言うハンソン。

ひゃーー!!ハンギョルがウジュに電話して、「ハンソンが展示会で連れてた女はウンチャンなんだろう??」って!!!その電話をとりあげ「そうだ。俺はウンチャンが好きだった。でも、ウンチャンはそうじゃなかった。今はもう整理したんだ」と言うハンソン。ハンギョルは出て行くんだけど、その会話・・・電話でユジュも聞いてて・・・

家に帰ると、家の前にウンチャンが。ウンチャンは、最初はお金のためだった・・・コーヒープリンスをやめたくなかった・・・と、正直に気持ちを言うウンチャン。しかし・・・ハンギョルは、嘘をつかれてた事が許せないんだよね。愛する人をまさか騙したりしてないよな??って必死で問いかけて。でも。。。謝るしかできないウンチャン。

店に来なくなったハンギョル。ウンチャンはハリムに嫌みを言われても絶え、ハンギョルにやめろと言われればやめるつもりで、真心だけ伝えたくて店に出勤します。そこにハンギョルが出勤してきて・・・ホン社長は、今までウンチャンが・・・16で亡くなった父親の変わりに、家族を養うため、男の様に必死になってた話をし、もし首にするなら、雇ったハンギョルが言うよう言います。

ハンソンがウジュを訪ねると、そこにはD.Kが。わざと親しそうに見せつけるユジュ。ハンソンはD.Kが帰ったあと、もうこんな事はやめよう・・・整理をしたからと話します。でも、それが信じられないユジュ。あの・・・N.Yに行くと言った時に、整理をしたと言って欲しかったんだよね・・・時間が欲しいと言ってほしくなかった。なぜなら、ハンソンはウジュと違って、簡単に心を整理できない人だってわかってるから。ウンチャンと出会うまで、ずっとハンソンの心にはユジュしか居なかった。なのに、心に他の女が居るのがどうしても耐えられないって・・・。ハンソンは「今も昔も君にとって別れることは簡単な事なんだな」と言い残し、家を出て行きます。

ハンギョルのオンマは・・・ハンギョルの実父の事を言うべきか悩んでるみたいだね・・・。

ハンギョルの元に来たホン社長は、自分が昔愛した嘘つきな女の話をします。その女は・・・ホン社長が本当に好きで嫌われたくなかったから嘘をついてたって話を・・・そして、腹がたったときには自分に「本当にこの女が居なくてもだいじょうぶか?」と問いかける事によって・・・ケンカにはならなかった話を。

次の日、ウンチャンに荷物をまとめて出て行けと言うハンギョル。俺に男でも好きだと言われて面白かったか??と聞くハンギョル。ウンチャンは、ハンギョルが好きだったから、こうやって怒鳴られるのが恐かったから、一緒にいられなくなるのが恐かったから言えなかったと言います。男で良かったと言われたし、あと一ヶ月でアメリカに行くから、そのとき別れないといけないから、このままでって思ったと。

それを聞いたハンギョルは、いきなりウンチャンに激しいキスを。「男だと思ってた頃よりは良いな・・」と冷たく言い、「俺たちの間に信頼なんてあったか?お前は自分が傷つくことばかり恐れて、計算しつくして、別れることまで考えて・・・・俺がどれだけ苦しんだか。お前を手に入れるためにどれだけのものを失ったか、何も考えてない。自分の事しか考えてない。俺の事なんか考えてない」と言い、去って行ったよ・・・(T-T) ウルウル





第十二話

ウンチャンはハンギョルに、ハンギョルはユジュが好きだったし、ハルモニの気に入る良い家の人と結婚するって言ったから・・・自分は綺麗じゃないし、可愛くないし・・・だから義兄弟だったらずっと優しくしてもらえるから言えなかったと言います。ハンギョルは、アボジにもウンチャンにも、いつも愛する人に嘘をつかれるとショックを隠せない。ウンチャンは、ハンギョルが信じられなかったんじゃなくて、自分がしんじられなかったんだと言います。ハンギョルは、あの・・・男でも好きだと言った時、家族も友達も無視して苦しんでそう思ったんだと・・・俺には俺を信じてくれる人が必要なんだと言います。お前みたいに愛し合ってる時も嘘をつき、捨てられるかどうか計算する人間じゃなくてと・・・・

自信がなかったと言うウンチャン。それでも今、話したのは、女として会いたかったから・・・愛してるから会いたいって・・・でも・・・ハンギョルは、いつもまっすぐで素直なウンチャンを愛してたんだよね・・・もうウンチャンを見る自信がないから会うのを辞めようって・・・

そしてウンチャンはコーヒープリンスを去っていった・・・ホン社長も、ハンギョルとは働けないと去っていって・・

ハンソンはハンギョルに電話を。ウンチャンと出会った経緯を話します。そして・・・自分はウンチャンに揺れた事も。彼女が可愛いと気づいたときには、もう彼女はハンギョルに惹かれてて・・・だから友達で居ようとしたこと。そして。。。ウンチャンが遅かったにしろ、本当の事を話したのはハンギョルを信じてたからだということを。

ユジュが荷造りをしてるのを見て、ハンソンとウンチャンの仲はそんなに深いものだったのか聞くハンギョル。ユジュは、ハンソンが勝手に揺れただけで、それもほんの一瞬だったから、ウンチャンの事を許してあげてと話します。ハンソンの笑顔は自分の独占だと思ってたのに違ったと分かって。。。幼稚なのは分かってるけど心が言うことをきかないんだって・・・

ユジュが戻ってくると信じて待ってたハンソンはすごい人だと言うハンソン。ユジュはハンソンを信用してないんだって。それを言うなら、ハンギョルもウンチャンを信用してないからこうなったと言うユジュ。ハンギョルは、ユジュに行くなと言います。もし・・・またハンソンを傷つけたら、ユジュを嫌いになるかもしれないと言うハンギョル。

ユジュの旅立つ日・・・ユジュを空港に送りに来たハンソン。そでも行くなと説得を。なんで、お前は許されて、俺はほんの一瞬揺れただけでゆるされないんだ・・・あれは愛じゃなかった。一瞬揺れただけだ。「愛してるんだ。行くな」とはっきり言ったハンソン。でも・・・ユジュは行ってしまった・・・

失意のハンソンは、街角でアイスクリームをやけ食いしてるウンチャンを見つけます。ハンギョルを待ってやってほしいと言うハンソンに、好きな事まで申し訳ないと思ってしまうと答えるウンチャン。ハンギョルはウンチャンの気持ちを理解できたら、必ずもどってくるから待ってやってほしい・・・でも、自分との間の事(キス)は言っちゃダメだよ。自分が楽になろうと思って言うと。。。相手を傷つける事になるからと教えてあげるハンソン。

ハンギョルはハンソンに謝りに行きます。ユジュのこと・・9年も友情にかこつけて好きだったことや、ウンチャンの事で八つ当たりしたこと。そして・・・ユジュが好きなのがハンソンでよかった。自分はハンソンが思ってる以上にハンソンが好きなんだって。ユジュが旅だったと聞き、ユジュはハンソンを愛してるから必ず帰ってくるよと話して。ハンソンはユジュが行ってしまって・・・どれだけユジュを愛してるか気づいたんだよね。

でも、D.Kに電話して、ユジュがNYに行ってないことを知ります。

きゃーー。ウンチャンが栗??をハンギョルの家から帰るとき袋からどんどん落としちゃって、それに気づき拾うんだけど、拾ってると、ハンギョルもウンチャンの栗だって気づいて拾ってて。二人は再会♪ハンギョルは、ウンチャンの事まだ許せないけど、店に出てくるように言います。自分の事しか考えてなくてハンギョルを騙した事を謝るウンチャン。自分の事しか考えて無くて、ウンチャンを傷つけた事を謝るハンギョル♪泣くウンチャンに、俺の前だけで泣け、他の男の前で泣くな!!って言うの〜(´∀`*)ウフフ

ウンチャンの肩にもたれかかったハンギョルに、ウンチャンはチュ♪って〜(*/∇\*)キャ ハンギョルは始めて「お前が女でよかった」って言ってくれるんだよね〜。

次の日、ウンチャンもホン社長も出勤♪すっかりウンチャンとハンギョルは店の公認の仲で皆祝福してくれて。

うわ・・・NYに行かなかったユジュは行方不明なんだね。ハンソンったら、罰を受けてるようだって・・・もう悲壮感漂ってて。

ウンチャンとハンギョルったら可愛いわー。ハンギョルはハンソンとウンチャンの関係を疑ってるふりして、電話でいっぱい質問してウンチャンを困らせて喜んでて。困ったウンチャンは思わず「愛してる」を連発。ハンギョルったら、急で驚いて腰ぬかしてるし(爆笑)そして「俺の方が愛してるんだぞ」なんて〜キャッ(^^*))((*^^)キャッ大喜びするウンチャンも可愛い♪





第十三話

アイグー!!ミニョプったら、すっかりウンセの奴隷だね。見かねたハリムが無理矢理女を紹介しようとしてるよ。

ラブラブで部屋でデートするハンギョルとウンチャン。家柄も良くないし可愛くないし男みたいなのに、私のどこが好きなの?って(笑)一ヶ月後、アメリカに行くハンギョル。ハンギョルはウンチャンも一緒に行こうって誘います。考えただけでわくわくするけど、まだ結婚を考えてないから出来ないというウンチャン。ハンギョルは、愛し合ってたら寝なきゃって・・・寝たからって結婚しないといけないの?と問うんだけど、ウンチャンは、やっぱり寝たら結婚しないとって。なんだか結婚とHの価値観が違うみたいねー。

ウンチャンはウンセとオンマにニューヨークに行きたいってはなしをします。結婚はしないけど、一緒に行って、部屋は別にするって。でもウンセは、自分だけ幸せになろうとして!!オンマと私だけでどうやって大学いくのよ??と怒っちゃった。

ミニョプはハリムに紹介してもらった女の子が完ぺきで、ウンセの呼び出しを断って。ウンセは、ミニョプもウンチャンも・・・って寂しいんだよね。自分がCD出して売れたら、ウンチャンにコーヒーショップをたててあげようと思ってたのにって。

ソンギにハンギョルの事をのろけるウンチャン。アメリカ行きの事を聞かれ、自分も行きたいけど家族が居るから行けないと答えます。ソンギは「男でも好きだと言ってくれたんだから、ちゃんと捕まえておけ」とアドバイスするんだけど、ウンチャンは、野望のある男に・・愛を言い訳にして足をひっぱる女は嫌いなんだと答えるウンチャン。

ハルモニは、ハンギョルを実の母の眠る納骨堂に連れて行き・・・先日会ったイ・ミョンジェがお前の実の父だと教えます。そして・・・父は飲みながら本当の事を話します。大学時代、必死で自分で学費を稼いで頑張る実母をミョンジェと同時に好きになり、彼女と結婚の約束までしたのに・・・両親の居ない彼女をハルモニに反対され、捨てたこと。そして・・・ハンギョルを見る度、彼女にも、妻にも申し訳なかったけど、ハンギョルを育てられて幸せだったことを。何になのか・・・実父になのか、祖母や父になのか・・・自分になのかわからないけど、訳もなく腹が立つハンギョル。

ハンギョルはウンチャンに会い、この前写真をくれた人が実父だった話をします。実両親は結婚して一年で別れ、実父はオーストラリアに行き、オンマは事故で亡くなって、今の両親に引き取られたって。親友の息子・・・昔愛した女の息子を、本当の息子の様に育ててくれた。父にも母にも祖母にも騙されてた・・・良くしてくれたから全然分からなかったって。なのに自分はアボジが外で産ませた子だと思ってアボジに楯突いてて・・・・と言うハンギョルを抱きしめて「知らなかったからだよ」と慰めるウンチャン。

ウンチャンに、一緒にアメリカに行こうとハンギョルが言うんだけど、ウンチャンは家長だから行けないって。ハンギョルが面倒みると言いかけたのを制止して、自分がやるって。自分で飛行機代も稼いで、一年に一回か二年に一回会いに行くと言うウンチャン。でも、黒い服を着たり、髪をかき上げたり、エクボを見せたりしたら、女が見るから絶対しないでって。浮気したら許さないって。可愛いウンチャン♪

ユジュが帰ってきたよーー!!ハンソンがある日家に戻るとユジュが寝室で寝てて。あああ・・・ハンソンいいわー。何も言わず一緒に寄り添って寝て。ユジュは、自分のハンソンへの気持ちが大きくなるにつれ・・・段々自信がなくなって。最後の自尊心を守ろうと、捨てられる前に捨てたと正直に話します。捕まえてくれなかったらどうしようかってホントニ恐かったって。最後まで捕まえててくれてありがとうというユジュ。この二人・・・ほんとに通じ合ってて良いよね〜♪

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆ハリムがウンチャンに性教育したり、ミニョプやソンギがこきつかうからって、ハンギョルが激怒!!もう少し、女の子なんだから気をつかえーー!!って。ハリムが「マイチャン」って呼ぶのも怒って「俺のチャンだろうーー」って(笑)そしたら三人とも大げさに「奥様への気配り」を始めて(爆笑)

オンマがハンギョルに、「実父が明日オーストラリアに発つから、行ってあげなさい」と連絡してきて。ウンチャンはそれを聞き、行くべきだと言ってあげます。そして・・・空港に向かう前に、ハンギョルの家の前を可愛くかざりつけ「ウンチャン牛乳」をおいて、元気を出させてあげて。実父に会ったハンギョルは何も言えなくて・・・そんなハンギョルに、オーストラリアの住所を渡す実父。でも、「息子(ハンギョルの弟って事だよね?)さんの名前は?」と聞きます。「イ・ハンヨン。20歳。君に似て背が高い」と言う実父。そして、実父はハンギョルに握手をして発ちます。

電話で今日の事をウンチャンに報告するハンギョル。「俺たちは、何でも話し合おうな」と誓い合って♪




第十四話

ぎゃーーー!!14,15話のレビュー書いたのに・・・画面フリーズして書き直しだよーーー(T-T) ウルウル嘘でしょーーー?????(涙)がんばり・・・ま・・・っす・・・・(T-T) ウルウル

どうやらミニョプはあの紹介してもらった女の子に貢がされてるみたいだねー。ウンチャンは、それを聞いて、ウンセと二股かけやがってーー!!二度とウンセに会うな!!って言うんだけど、ミニョプは「女はウンセだけじゃないんだ」なんて強気に言い返してたよーー。

ハンギョルは、ハルモニとアボジの居る会社に。なんだかハンギョル、渡米を迷ってるみたいだね。ハルモニは、行って欲しくない感じだけど、アボジはチャンスを逃すなとアドバイスしてくれて。

ハンギョルは、ウンチャンを連れ、ハンソンとウジュに招待されたパーティに。ウジュはハンギョルに、「私への気持ちは中身のない習慣だったんだよ。そんな貴方に中身をくれたウンチャンに感謝しようね」って話をして。飲み会が始まり、「ケンカはなし」って言ってたのに、詐欺と裏切りのどっちが悪い?って話になって、D.Kの話に発展しちゃって、ハンギョルとウジュがケンカに!!でも・・・・やっぱ、二人はケンカしてても、信頼しあってて仲がいいんだよねー。ハンギョルは、ウンチャンが可愛くて仕方ないみたいね。

そっか・・・ソンギの追いかけてきたあの女性、日本にいた頃ソンギのアボジのワッフル屋で働いてた韓国人だったのね。ソンギは三年見つめ続け、告白して・・・二ヶ月ほど愛し合ってたみたい。でもある日、彼女が血だらけでソンギの家に来て、旦那がソンギの歯が6本とアバラが3本折れるほど殴ったって。ソンギはやり返すとまた彼女が何かされそうで、ただ殴られたって。そして、彼女は旦那から逃げる為、韓国に。それを追ってソンギが来たって訳だ。再会した彼女は、ソンギを受け入れてくれないみたいだけど、ソンギは見ていられるだけで幸せだって。

きゃーー。ユジュが妊娠したーー。ユジュったらユジュらしい告白の仕方で、ハンソンに教えて。ハンソンはとっても嬉しそうだよー。

ハンギョルは、ウンチャンを連れ、実家に。ハルモニとウンチャンは相変わらず馬があって。ハンギョルの部屋で二人きりのとき「したに家族がいるのに、二人きりって興奮する」なんてウンチャンに迫ろうとするんだけど、お子ちゃまウンチャンは、技かけて、まいったかーって(爆)

あああ・・・でも、ハルモニはウンチャンが女で、ハンギョルと付き合ってると聞き、激怒だよーーー。こんな男でも女でもない奴とってーー!!「これ」なんて、物扱いして処理しろって。こんなんと付き合うんだったら今すぐ荷物をまとめてアメリカに行けとまで。ハンギョルは「アメリカには行かない化も知れない」と言い、ウンチャンを連れて出て行きます。

ハンギョルは、アボジの元に行き、ブロックより皆でコーヒーショップをやる方が楽しくなってきたから、アメリカには行かないかもしれないと、フランチャイズの企画案を見せながら言います。その頃店にはハンギョルのオモニとハルモニがーーーー!!!ウンチャンに結婚の約束をしたのか聞くんだけど、ウンチャンはまだ24だし30くらいまで結婚は考えてないし、ハンギョル戸田なんて夢にも思ってないから安心してくださいって。でも、5歳年上のハンギョルをもてあそんでるのかーー「お金」の為だろうー!!家が貧しからーと言うハルモニ。ウンチャンは、先の事は分からないし、別れるかもしれないし・・でも今はどうしても別れるなんて出来ないと。

そこに戻ってきたハンギョルが。ハンギョルはアメリカに行かないのは、ウンチャンの事もあるけど、ハルモニやオンマを置いていけないも理由で、アボジから仕事も学びたいって理由だと話ます。結婚のことなんてまだ考えてなかったのに、そんな風に言われると、意地で今すぐ結婚したくなるじゃないかって話して。

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆ウンセがミニョプの元に。やけにしおらしくしてて、最後のお別れってキスして。ミニョプ超びっくり!!ウンセの作戦に落ちちゃったかな??(笑)

ハンギョルはウンチャンにアメリカには行かないって言います。「私の為だったら・・・」と言うウンチャンに、「お前の為じゃなく、お前を愛してる俺の為に行かない」と言うハンギョル♪ウンチャンは嬉しくて♪二人はハリムが見ててもおかまいなしにチュッチュッって(笑)


第十五話

ホン社長はハルモニに、ウンチャンは良い子だって話をしてくれてたね。家柄なんて・・・ハンギョルよりまともに育ってる子だし、問題児のハンギョルをまともにしてくれた子だって。お礼言うどころか嫉妬するなんてって(笑)

ソンギの好きな人・・・ソンギに父母の元に帰るよう言ってたよ。誘惑した悪い人妻だって言われたくないって・・・旦那にもソンギの両親にも責められたくないって。

ウンチャンは、頼ってばかりじゃなくて、自分もハルモニに認められるくらい、ちゃんとした人になると誓います。ウンチャンはバリスタの勉強を必死にしてるんだけど、相手にしてもらえなくてつまらないハンギョル。ウンチャンは、付き合う前に借りたお金を利子までつけてハンギョルの口座に振り込んだ話をして、それが原因でケンカになっちゃって。ウンチャンは、たとえ親子でも、お金の事はきちんとするもんだって。ハンギョルはウンチャンが気になって連絡しようとするんだけど、電源切られちゃってて。悶々としてるー(笑)

ハンソンの元に行って、ウンチャンとずっと一緒に居たいんだーーって話を。ハンソンはハンソンでユジュにプロポーズしたのに、返事もらえてないし、自分の子を身ごもった女にプロポーズするのに必死で機嫌取ってるのが情けなくて話をハンギョルに。でもお互い自分の話でいっぱいいっぱいでちゃんと相談受けてないし(笑)

ハンギョルのオンマに呼び出されたウンチャン。ハンギョルは素敵な人だし、自分もそんな人になりたいという目標が出来ました。だから結婚は今できません。まだコ・ウンチャンとして成し遂げた事が何もないから。バリスタになりたいんですと言うウンチャン。

おおおーー!!そんな中、ユジュは「考えたんだけど、ダメになったら別れればいい」と言って、指輪を出し、自分からハンソンにプロポーズを!!ハンソンに似た子供がほしいって、ハンソンを抱きしめて♪嬉しくて興奮のハンソン!!可愛い〜☆ハンギョルに電話して、自慢しちゃって(笑)

ウンチャン母を諦める決意をした肉屋アジョシ、ウンチャン母は、子供達が進む道を二人とも見つけたら・・・その時、私でもよかったら、一緒になろうって言ってもらえたよー。

ハンギョルったら、ウンチャンとの結婚生活を空想してにやけちゃってるし(笑)ハンギョル父は、ハルモニに、「人生で一番後悔してるのは、母さんの反対でハンギョルの母と別れた事ですよ」と言い、ハンギョル母は、「ウンチャン、会ってみると、裏表がないし、なじみやすい子ですよ」と助言を。

ハンソンとユジュのウェディングドレス選びに付き合ったウンチャンとハンギョル。ウンチャンに「ああいうのを着て俺と結婚するか?」っていきなりプロポーズを。ウンチャンは、おどけてOKし、その後「ああ・・・大変な事になるところだった(いちいち口うるさく言われそうだから)、やっぱ取り消し!!」とかって、冗談で受け流して。

ウジュとハンソンがハルモニに結婚式の報告にきます。ユジュの妊娠を喜ぶハルモニ。それに比べて・・・とハンギョルを責めて。でもハンギョルは、ウンチャンの悪口を言いながらウンチャンがどれだけ良い子かアピールして(笑)ユジュもハンソンもウンチャンを褒め、アボジは賛成だし、オンマも半分賛成になって、もう残すはハルモニだけ。でも、多数決じゃ賛成って事ね。

ハンソンとウジュの結婚式の日・・・ひゃー。ハルモニがトイレで具合悪そうだよー。大丈夫かな??

ハンギョルはウンチャンに指輪を渡して「俺のお嫁さんになってくれないか?」って。頷くウンチャン。ハンギョルは喜ぶんだけど、ウンチャンが4.5年後って思ってるのを知り、愕然とします。今年中に結婚をって考えてたんだよねー。ウンチャンはどうしてもバリスタになりたいって。そしてオンマとウンセが生活していけるようしたいって。結婚してからでも出来るし、家族の事はハンギョルが責任をもつって言ったら、

亡くなった父も責任をもつって言ってたのにできなかった。死なないで永遠に生きるって保証はない。誰も責任を持つことなんてできない。それぞれがそれぞれの責任を持つしかないんだ!!って言い張って。自分で出来るようになるまで、結婚しないって言い出したヨー。




第十六話

ウンチャンが結婚しないって言った事ですっかり気分を害してるハンギョルは、病院にハルモニの見舞いに行く話も、オンマとだけしてウンチャンは無視で。

無事結婚したハンソンとウジュ。ウジュはユニセフ慈善基金展示会のアジア代表として招請をうけたみたいで忙しそうだよ・・・。朝ご飯作るんだけど、朝は食べない主義で、結局ハンソンは一人でご飯を食べてて。

店でもウンチャンとハンギョルは結婚の事でケンカばかり。ウンチャンはアボジに誓ったから、オンマとウンセの面倒は絶対自分がみたいから五年待ってほしいと言い張り、ハンギョルがお金の面倒を見ると言っても聞く耳を持たず・・・結婚しないなら別れると言っても、首をたてにふらない。

あああ・・・ソンギの愛してたユウコが・・・何も言わず引っ越しちゃったよ。皆の為にそのほうがいいと書き置きだけ残して。。。。

ハンギョルに、気がついたハルモニは、「ポン社長があまりにも良い子だ良い子だって言うから一度ウンチャンを連れて来い」っていうんだけど、ハンギョルは、ウンチャンが結婚に応じない話をします。自分は家長だから、男の世話になりたくない。自分で世話をしたい。一流のバリスタになるって言い張って・・・と話をします。

ウンチャンも分かってるんだよね・・・ハルモニの事を考えると、本当は早く結婚したほうがいいって・・・でも、自分のわがままだって分かってても譲れなくて・・・それをハンギョルに詫びるウンチャン。

ウンチャンに別れるってハンギョルが言ったと聞いたウンセは、ハンギョルの元に行き、あと一年で自分が卒業するし、大学も行かないで稼ぐから、そいれまでウンチャンを待ってほしい!ウンチャンを愛してるんでしょ?って言いに来て。ハンギョルは別れる気は無いけどって笑顔で。ウンチャンったら冗談を本気にしてって、恥ずかしがるウンセ。そして、ハンギョルに「議兄さん♪」なんて呼んで。喜ぶハンギョル。

そしてウンセを見つけたミニョプは必死になってウンセに謝ります。俺が本当に嫌いなら諦める。許してほしいって。本気で嫌いだと言うウンセ。ミニョプは諦めて去ろうとするんだけど・・・あの浮気女と、キスもしてないし抱きしめてもないのを確認して「一生私を愛する自信があるならついてきて」って〜♪大喜びのミニョプ♪ウンセをだっこしてはしゃいで(爆笑)

うーん・・・ハンソンが切れちゃったね。家にもい帰らず徹夜したうえ、仕事仲間とお腹に子供がいるのに酒まで飲んでたのがわかって・・・

ハルモニはウンチャンを呼び出し、二年間のイタリア研修に行ってはどうかと提案します。行ってる間、給料もでるので、それをオンマの生活費に充てればいいしって。バリスタになるための研修で、これはホン社長も行った研修だって。もちろんハンギョルは大反対!一日だって耐えられないのに二年だなんてって・・・・

ウンチャンもオンマとウンセを置いてはいけないって考えてたんだけど、オンマは、ウンチャンに、じぶんがやりたいようにやりなさいってアドバイスしてあげて。

ハンソンとハンギョルはともに・・・自分の女になったらどうしても自分の思い通りにしようとしてしまうって話をし合い、利己的になるって話をして反省しあいます。

留学にいかないというウンチャンに・・ついにハンギョルが行くよう説得を。広い世界を見せてあげたいって。お前が成長して発展していける力になりたいと言い、そして、一緒にプロポーズも。ウンチャンの心を溶かしてあげます。そのかわり絶対浮気はするなよって。

そしてハンギョルはウンチャンの家にいき、留学が終わったら正式に結婚をしたいと挨拶に。喜ぶオンマ。ウンチャンの部屋で二人きりのとき、キスするんだけど、ハンギョルの手がウンチャンの服の中に入ろうとして、思わず拒否しちゃったウンチャン。

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆天下のハリム様だけど、純情ぶってるピョルにすっかり遊ばれちゃってるねー。上手だよー(*≧m≦*)ププッ

お店の木の葉に「二年後に会いましょう」と書き、名札をつけるウンチャン。

旅立つ少し前・・・・夜中に突然ハンギョルの家に行くウンチャン。挙動不審なウンチャンと、必死で理性を押さえようとして、追い出そうとするハンギョル。それでも諦めず帰ろうとしないウンチャンに・・・きゃーーー!!ハンギョルの理性がついに崩れ、ウンチャンを抱き上げてキスしてベッドに〜(*/∇\*)キャ



第十七話

初めての朝を迎えたウンチャンとハンギョル、可愛すぎる〜(*/∇\*)キャ出発まで毎日デートしようねって♪出勤したら、ハリムに、二人に何があったのかばればれだしー(爆笑)

ハンギョルったら、バリスタになるための靴をプレゼントして♪その靴には「おれのものだ」って中に書いてて〜(´▽`*)アハハ

夜中まで電話してるウンチャンとハンギョル。ウンチャンは、「私を見るハンギョルの目が、アボジの目に似てる」って話しながらいびきかいて寝出しちゃって(爆笑)そのまま電話を切らないで朝までつなげながら眠るハンギョル。可愛いよー可愛いよーって言いながら(笑)朝起きて、もう一度電話をかけなおして、愛の歌でウンチャンを起こすハンギョル♪

そしてウンチャンが旅立つ前日。大好きなホン社長にお別れを言うウンチャン。ミニョプは、化粧品をプレゼントして、ウンセの事は守るからと誓い、ソンギは、お前はやれると信じてると言い、頑張れと握手を。ハリムは何も言えず、泣きながらウンチャンを抱きしめ手紙を渡して。夢は叶うと最後に書いてくれた手紙で。それを見て涙するウンチャン。

あああ・・・ユジュが急にお腹が痛み出して・・・・流産しちゃったみたい。そんなユジュにやさしくするハンソンがなんだかすごくE〜よーーー(T-T) ウルウル

引き止めたくなるから、空港まで行かなかったハンギョル。ウンチャンは電話で何度も「愛してるよ」って。電話を切った後、涙するハンギョルに思わずもらいなきしそうだったわ。

 

そして二年後・・・・

何度もハンギョルに手紙を書き続け、写真も送ってハンギョルを思い続けてるウンチャン。ハンギョルは、父の仕事も手伝ってて、コーヒープリンセス1号店の提案をしてるよ。

ミニョプはウンセがマネージャーで、モデルの仕事も始めたみたいね。いつも裸で後ろ向きだけど(爆笑)

約束の二年なのに、退会優勝者の特典で、もう一年だけ続けたいと・・・色んな国を回れるチャンスを生かしたいと言うウンチャンに、無条件でダメだーと怒るハンギョル。

そんな中、ホン社長の弟子になりたいと、ハ・タヨンという女の子が!!この子がウンチャンに負けず根性あって、追い出したのに、必死で仕事してて。

ホン社長はあの、逃げた女と再会したよ。結婚して子供までいて。複雑だろうけど、もうすっかり過去の事だよね。

ハリムは、天下のハリムだったのに、すっかりピョルの召使い状態になってるし(爆笑)ハリムの父の病院・・・締めちゃったみたいだね。でも、ハリムはこのまま生きていくって。なんだかんだ言いつつもピョルはハリムの理解者でいてくれてるみたいだね。

ユジュとハンソンは相変わらず仲良くて・・・でも、ハンソンはこれ以上望まないから、もう病院にいって体を傷つけるのはよそうってユジュに言ってたけど・・・不妊治療してるのかな・・・。ユジュは亡くした子供をまだ諦められなくて・・・でも、そんなユジュに優しく「ユジュだけ居ればしあわせだ」と包み込んであげるハンソン♪

ハンギョルはウンチャンの留守電に「やりたいことをやってから帰ってこい。その代わり一年だけだぞ」とメッセージを入れてあげます。本当はすごく辛いけど。

無理矢理社員になったタヨン。彼女も日本語ができるみたいで・・・なんだかソンギと良い感じになりそうな予感♪

コーヒープリンセスの面接が始まります。面接をするハンギョル。そんなハンギョルの前に「面接にきました。コ・ウンチャンです」ってウンチャンが突然現れてーーー!!

スネながらも嬉しいハンギョル。ウンチャンはハンギョルに抱きついて顔中キスしまくって(笑)

久々のコーヒープリンス。スタッフ全員ウンチャンを見て大喜びで〜☆ハッピーエンド♪ああーーー。続きが見たいよーーー。スペシャルは、このつづきかと思ったのに・・・・インタビューだったから、ちょっと残念だったよ。ほんと、面白かった〜☆私のチング、にゃんさん、ほんとにほんとにコマウォ〜ヾ(´〓`)ノ ブチュゥウウウウ!!




注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。