まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

コーヒープリンス1号店(全十七話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
チェ・ハンギョル : コンユ

コ・ウンチャン : ユン・ウネ

チェ・ハンソン : イ・ソンギュン

ハン・ユジュ : チェ・ジョンアン 


第一話

初回から面白くなりそうな予感ぷんぷんだわ〜☆今回、ウンチャン役のユン・ウネちゃん、男の子みたいな女の子にイメージチェンジ!!なかなか好感もててチョアヨ〜♪

ハンギョルはドンイン食品の跡取り息子なんだけど、プレーボーイの放蕩息子。勉強の為、海外に留学したのに、映画を撮ったり遊んでばかりで。帰国したハンギョルに、祖母は見合いをするよう命令します。

ウンチャンは、母と妹と一緒に暮らしてて、テコンドーの師匠(子供相手だけど)をしながら、牛乳配達やジャージャー麺の配達をしながら、家長として頑張っている。見た目はどこから見ても男で、いつも男と間違えられているが、それを別に否定するつもりもない。妹を大学に進学させないといけないし、内職してる母は、こっそり高い靴を買ったりして、いつもウンチャンを悩ませる。そんな母が・・・うっかり、同窓会出席の為友達に借りたダイヤの指輪をなくしちゃった!!その上、家賃アップの電話まで。ウンチャンは、その資金を作るべく頑張って働きます。

そんな中・・・目の前で女性の鞄をひったくったスクーター男を発見!!ウンチャンはその男を捕まえるんだけど・・・その男をみると、ウンチャンの妹に言い寄ってる男で、ウンチャンの妹の進学費用の為に血迷った事をしちゃったって・・・・ウンチャンは、その男を逃がしてやります。

そしてバックを、持ち主の女性ユジュに返すんだけど・・・ユジュと一緒に居たハンギョルに「共謀してやったんだろう?」なんて言われ、ユジュが、ウンチャンの壊れたスクーターの修理費を払うと言ってるのに、「本当の事を告白度胸があったら連絡しろ。修理代くらいははらってやる」と言い、ハンギョルの名刺を渡します。

うーん・・・ユジュはハンギョルの初恋の人みたいね。ユジュはハンギョルの従兄の音楽プロデューサーハンソンと付き合ってたんだけど、なんだかこっぴどい振り方して外国に行ってたみたいね。で・・・ユジュはハンソンに会いに行くんだけど、ハンソンは冷たくて相手にしなかったよ。ユジュは、自分でふっといて、未練ありそうね。でもハンソンは心を閉ざしてる感じ。

スクーターを壊した事で、ジャージャー麺の配達の仕事をクビになったウンチャン。ピンチヒッターでレストランのウェイトレスをするんだけど、ハイヒールに、上までスリットの入ったスカートで・・・。でもそんな姿で酔っぱらいのアジョシを背負ったりたくましい(笑)

ここでハンソンと出会います。牛乳配達の後ろ姿しか見てない面白い女の子が、このウェイトレスのウンチャンだと知った瞬間。なんかさー。ウンチャンは、ハンソンの前では最初から女の子として現れてて、ハンギョルの前では、男として認識されてるのよねー。

どうしてもお金に困ったウンチャンは、プライドとお金とどっちを取るべきか悩み・・・勇気をだしてハンギョルに電話をします。ハンギョルはホテルまで取りに来いって。取りに行ったウンチャンは、完全ひったくりの共謀として扱われた上、両親の事までバカにされ、「謝れー」って言うんだけど、追い出されちゃって。

そのままハンギョルは六人の女とお見合いするんだけど、ずーーーっとウンチャンはハンギョルの側から離れず「謝れ、謝れ」ってアピールしてて(笑)

トイレに行ったハンギョルをトイレの中まで追いかけていって「謝れ」ってーーー!!お見合い相手をブスばかりだと言うハンギョルに、「まさか、ホモ??」と聞くウンチャン。そこで、なんだかハンギョルはひらめいたみたい。ウンチャンをぐるーーーっと眺めて「お前、俺と付き合わないか?」ってーーー!!

この物語りの大事な場所は名前の通り「コーヒープリンス」って名前のコーヒーショップ。このコーヒーショップのアジョシとウンチャンは懇意にしてるみたい。で、アジョシは、ハンギョルの祖母の工場で20年働いてたけど、ある女の為、工場の仕事を捨て、喫茶店を始めたのかな??祖母に会いに行ってたけど、冷たく追い返されてたねー。






第二話

ハンギョルはウンチャンの事、女みたいな『男』だと思ってて、お見合いの度に邪魔してくれる「恋愛契約」をしようってわけねー。ウンチャンに足りないお金は800万ウォン・・・。交渉の結果、100万先払いで、修理代50万払い、お見合い一回につき10万ウォンって訳。でも、それに付加価値をつけたウンチャン。タッチに関しては、頭は2万、顔と肩は3万、腰と背中は5万で、肩を抱くのは7万、ハグは10万、それ以上はダメって。

ウンチャンは、ハンギョルのオープンカーで駅まで送ってもらい、家にかえると、オンマに全額渡します。オンマは驚くんだけど、でももう絶対ブランド物を買わないって約束し、娘に感謝して。指輪代には足りないけど、取りあえずこれで妹の学費と、家賃にって。

偶然、夜中に帰宅中のハンソンと会ったウンチャン。ハンソンはウンチャンの人なつっこさに・・・つい、友達の話として、「3年前に男ができて捨てられた女に、再会し、もう一度付き合うか悩んでる」という話を。ウンチャンは、まだ愛してるのか聞くんだけど、分からないって・・・・「愛してたら会いたいはずだ、心によく聞いてごらん」といい、立ち去るウンチャン。

家に帰ると門の前に、ユジュが・・・・「彼とは別れたの・・・もう一度付き合いたいの」と言うウジュを、一度は閉め出したんだけど。。。考え直して部屋に入れ、激しいキスを・・・・

次の朝、ユジュが別れると言ったら別れ、付き合うと言ったら付き合うなんて、そんな男だと思ってるのか?出て行ってほしいと、ユジュに言うハンソン。3年前、もう会うのはやめよう・・・出て行ってというユジュに、泣いてすがったみたいだね・・・。前は、ユジュを見ただけでときめいたけど、今は、復讐の為にこうやって寝ることが出来る程低俗になったと言います。ユジュを出て行かせるんだけど・・・その後「本当にいくのか・・・」って独り言言ってたよ。

ついにお見合いの当日!ハンギョルはウンチャンに、洋服を買ってあげるところから!!まるでプリティーウーマン??だけど・・・・紳士服なんだよね(爆)

で・・・次々とお見合い相手の前でキスするふりして、「ゲイだったのーー??」ってかんじで、お見合いをダメにしていきます。成功成功で、思わず喜んだハンギョルはウンチャンに本当のキスを??驚くウンチャンだったけど、ハンギョルにとっては、ただの挨拶で(笑)

もちろん、キス代も請求し、一緒に中華料理屋に。そこで、ウンチャンのイヌ並みな嗅覚を知ったハンギョル。ほんと、ウンチャンって見てて飽きないんだよねー(爆)

その頃・・・ハンギョルの祖母は、「王子コーヒー」の店長に「三ヶ月で三倍の売り上げをださないと、店をしめる」と言い渡します。店長と同じくらい・・・堕落してる人間をそこに入れるとついけたして・・・。ゲイの噂を流し、お見合いをダメにしてるハンギョルをそこに行かせるつもりみたいー!!

ハンギョルったら、間違ってウンチャンのお酒を飲んじゃってーー!!ハンギョルはお酒のむと、一杯で倒れて何も覚えてなくなるんだよねー。必死で背負って家に送るんだけど、鍵があかなくて。結局道場に寝かせます。目覚めると・・・道場の子供達のいたずらの洗礼がまっててー(爆)食事中、子供達がうんちもらしたり、ろくなことなかったけど・・・でも、ウンチャンの日課表みて、毎日アルバイトに明け暮れ頑張ってるのを知るんだよね・・・。そして・・・150は報奨金で、残り350は貸してやるといって、500万の時計をドアにかけ、送ります。

ウンチャンの妹・・・歌手になりたいんだね・・・自力でどうにかしようとしてて・・・

ハンソンは、ユジュが・・・こんなに自分を傷つけたのに冷静なのが、すごく悔しいんだよね。結局気になってしまうし、傷つけようとしても、何をやっても傷つかず、冷静に日常を送ってて。ハンソンが捨てられたとき、どれだけ傷ついたか分かってるのか?って・・・でも、部屋を訪ねてくれてありがとうと言うユジュ。

ついに、ハルモニが動いた!ハンギョルを今にも壊れそうな店王子コーヒーにつれてきて、店長のホン社長が上司だってハンギョルに!!

その頃、ウンチャンは・・・テコンドーの仕事で給料ももらえず雇い主に夜逃げされちゃったよーー!!



第三話

ハンギョルは、カフェのあまりの汚さに、冗談だろうって、投げだそうとするんだけど、ハルモニは、車を取り上げ、家まで売りに出しちゃって。ハルモニは無理矢理月給80万ウォンで改装から始めろって。

凹んだハンギョルはユジュの家に行くんだけど、そこにはハンソンが・・・この二人、すっかり元サヤになっちゃってるのよねー。ハンギョルは途中で帰っちゃって・・・このとき、ハンギョルの父の話をしてたんだけど、なんだかハンギョルは父親を嫌ってるみたいね・・・17歳まで信じてた親父に裏切られた。。。とか言ってたけど・・・何なのかな??

帰りに、大量のぬいぐるみの内職を持って雨の中、カップルともめてるウンチャンを見つけたハンギョルはウンチャンを助けて、家に連れ帰ります。結局雨がひどくて、ウンチャンはハンギョルの家に泊まる事に。一緒に内職をするんだけど、そこでウンチャンにユジュとの関係は習慣のようなもので、会わずにはいられない関係だって話をしたハンギョル。ハンギョルに王子コーヒーをやるようハルモニに言われた話を聞き、ウンチャンは王子コーヒーと親しいので、やるべきだって説得を。成功して、ハルモニや彼女に良いところ見せるべきだって。

次の朝、起きるウンチャンから「カフェはやってね。そして俺を雇ってね」との書き置きが。王子コーヒーをやる決意をしたハンギョル。ウンチャンを呼び出し雇ってやる約束をして一緒に市場調査に。そこで、やけに人気のあるワッフルの露天商をしてる男に声をかけます。日本語しゃべってるけど・・・日本人なのかなー??名前は思い切り韓国人な名前なんだけどねー。

ウンチャンはホン社長に、女だって事は内緒にしてほしいって必死でたのみます。ハンギョルは、ホン社長に「女子大生をターゲットにして名前もプリンスに変え、男ばかりのスタッフでやる」って話をして・・・呆れて、好きにすればいいと言うホン社長。

ウンチャンはハンソンの家にいって・・・前ハンソンが相談してた男女の話をします。友達の話にしてるんだけどねー。ハンソンは、ヘジュが元彼と電話するのが気になってて。ウンチャンはその男にもっと自信をもつように言います。ウンチャンも、自分が男のふりをしてることを、友達の話としてしようとして・・・・時間がなくなり電話番号を教えてもらいます。電話番号が分かって喜ぶウンチャン。

ハンギョルはハルモニに改装費で1億5000万を頼むんだけど、ハルモニは5000万しか出せないって。スタッフで改装をはじめます。ハンギョルの雇ったハリムとウンチャン、改装中にウンチャンに文句を言いに来たウンセを追いかけ回してたミニョプもスタッフとして加わります。ヘジュにお店の壁画を頼んだハンギョル。夜中にお店に呼び出し一緒にワインを飲みながら壁画に絵を描き始めて・・幸せそうなハンギョル。

そんな中・・・ミニョプが間違ってマメ2キロを20キロで注文しちゃって・・・それをかばい、自分がやったと言うウンチャン。このことでハンギョルに怒鳴られ使えない奴だって言われ・・・つい涙があふれるウンチャン。見る目がなかった・・・辞めちまえーって言われて。。。。。





第四話

誤注した豆は、特注で返品がきかず、ハルモニに言うと、利子二割だったら金を貸すといわれ・・・・途方に暮れるハンギョル。戻ってみると、ホン社長が豆をローストしてて「薄利多売だ」って・・・そこに豆のサンプルをよこせとの注文が!!ローストした豆を、売りさばく事を思いつき、全員で必死になって売りさばきます。

夜になり、反省したか?とウンチャンに聞くんだけど、反抗的な態度で。大声で怒鳴るハンギョル。しかし・・・見かねてそこで、ミニョプが自分がやりましたと告白を!

一人外で泣いてるウンチャンの元に、ユジュが。高校の頃の恥ずかしかった話をして慰めます。バーバリマンって露出狂の事なのねー。意地でもみないようにしてたのに、好きな先生に見てると勘違いされた恥ずかしい話。そこでつい・・・自分も高校生の頃イケメンの美術の先生が好きだった話をしようとして・・・ぷぷ!!男なのに男の先生が好きって言っちゃった事になるのよね(笑)

なんだか、謝りもせず、ふざけて終わらせようとするハンギョルにむかつくウンチャン。ハンソンに、相談するんだよね・・・・人の話って事で、社長は従業員の女の子を男の子と思ってて・・・傷つく事言って・・・って。従業員の子は社長が好きなの?と聞かれ、それはないと言いつつも、訳の分からなくなるウンチャン(笑)その後、家まで送ってくれたハンソン・・・まるで亡くなったパパみたいで。

おおおーー!!次の日、ワッフルを売ってたソンギが、店に来て仲間になったよ〜♪サイドメニュー担当で〜♪(イケメンなので、嬉しい「♪」つき・爆笑)

ウジュに、電話越しに歌を歌ってあげるハンソン。ウジュは「後でこの歌を聴いたら・・・つらくなりそうだ」と・・・「かなしくなってきた」と・・・

焼き肉やでバクバク食べるウンチャン。生焼けだろうが、下に落ちようが!!それを見てハリムが、「何でも詰め込んだり、半径2メートル以内の物を破壊したり、怪我をしても感じないとき使う言葉」として、「ウンチャンする、ウンチャン的、ウンチャンぽい」ってからかうと、ウンチャンは「人を見下すと、ハンギョル的、ハンギョルぽい・・・」とかって(笑)

酔っぱらったミニョプがキス魔になって・・・ひゃーー!!ウンチャンの唇にキスしたーー!!激怒するウンチャン。ハンギョルはニューヨークに行きたいみたいだね・・。理由はウンチャンに言ってくれなかったけど。

そしてついにコーヒープリンスがオープンを!!ウンセは、ミニョプ無視して、ソンギに恋をしたみたい〜♪店にハンソンが来て喜ぶウンチャンだったけど、ハンギョルと従兄だと知り、焦ります。ハンソンを裏に呼び出し、男として雇われてるから、ハンギョルに言わないでと頼むウンチャン。ハンソンは、先日の悩み事は、ウンチャンとハンギョルの事かーと笑います。必死で口止めするウンチャン。

店が終わったあと・・・ハンギョルはウンチャンを送ってあげるって言ったのに、ウジュの電話で、ウンチャンをすてて飛んで行きます。でも、ウジュはすっかりハンギョルを弟扱いだねー。一週間早い誕生日プレゼントもおもちゃだし(笑)てか・・・ハンギョルのダンス、かわいい(*/∇\*)キャ

まだウンセとお前会ってるなー勝負だ!!とけしかけたミニョプ。でもお馬鹿で皆にからかわれて(爆笑)そんなこんなで遊んでる従業員に罰をあたえ、ハンギョルVSウンチャン、ミニョプでバスケ勝負ーー。ハンギョル強いわ〜。でもウンチャン、根性あるねー。最後まで諦めなくて。ハンギョルもウンチャンに「格好良いぞ」って。その後、全員で、噴水に飛び込んで遊んで〜♪

その後、ウンチャンが着替えてると、他の人達が更衣室に入ってきて・・・ばれるかと思ったけど、なんとかごまかせたよー( ´ー`)フゥー...

あああ・・戻ってみると、ハンギョルの誕生日だというのに、ホン社長とケンカになるし・・・ハルモニには、アボジに会計報告しろといわれるし・・・。店に戻ると、ウンチャンがコーヒーを入れてて。ウンチャンにコーヒーの入れ方を教わるハンギョル。帰り際に、ハッピーバースデーの歌を歌ってあげるウンチャン。

上に帰ってウンセに、ハンソンとハンギョルの事を話すウンチャン。一人は、会うと心がポカポカあったかくなって・・・もう一人は、性格が悪い人で、でも悪い人じゃなくて・・・良い人でもなくて・・・、好きだったり嫌いだったりする人でって。

次の朝、ハンギョルに牛乳を届けると、ハンギョルは眠ってて。ウンチャンは息をふきかけるんだけど、その顔がかわいいーー!!ハンギョルが目を覚ましたーーー!!




第五話

ハリムは家出したのねー。勝手にカフェの二階で寝泊まりしてて。ハンギョルが一緒に住もうって言うけど、小言言われ続けて暮らしたくないって(笑)ウンチャンに紹介してもらって、ホン社長の家に寝泊まりすることに。ハリムは、ハンギョルとウンチャンが怪しいって冷やかして。「Myチャン」ってからかって呼ぶのを嫌がるウンチャン。

ハンソンは、ユジュがインタビューに、「恋愛は好きだけど、結婚は嫌」って書いてるのをみて・・・友達の婚約祝いに一緒に行ったとき、友達に「お前達は??」と聞かれ、「彼女は独身主義なんだ」と答えたハンソン。ユジュのオンマが結婚するみたいだけど・・・ユジュは参加しないみたい。何かあるのかな??

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆ハリムがホン社長の家に行くんだけど、スンギも一緒に暮らす事になって・・・ホン社長の部屋は、まさに改装前の「王子コーヒー」だーーー!!不潔で臭くて、ひどいよーーー(爆)

コーヒープリンスの売り上げは、伸びるどころか下落してて。コーヒーは誠意だと言うホン社長の意見を無視し、一番店の前で人の通る朝7時から9時も営業して、テイクアウトする事を決めたハンギョル。ミニョプが三日も来てないのでウンチャンが心配するんだけど、ハンギョルは、ミニョプに「事情があって辞めたい」と言われ、その事情も聞かないで首にしたってーー!!

心配してミニョプの元に行ったウンチャン。ミニョプが相撲部の頃の先輩で、大変な頃食べさせて寝させてくれた先輩が病気になって、変わりに、おでんの屋台をやるため、休ませて欲しいって言えなくて、辞めたいって言ったんだよね・・・。

ハンソンは、ウンチャンに朝会うのが楽しみになってるみたいね。遅いからって、電話までして。ウンチャンはすごく嬉しくて。ハンソンに会って、小心者のスタッフを簡単に辞めさせたハンギョルの愚痴を言うと、ハンソンは「ハンギョルはそういう所あるけど、そのうち、良い奴だって気づくよ」と。そして、ウンチャンを展示会のパーティに誘います。ウンチャンは「私みたいのを連れてたら、恥ずかしくない?」って言うんだけど、ハンソンは素直に、ウンチャンの事可愛いっておもってるみたいで、「君は素敵だよ」って。一度もウンチャンが女の子に見えなかった事はないんだよね。ハンソンって。ウンチャンは、行く気になったよ〜。ほんとはすごく行きたかったんだよね♪「知ってるかい?君は人を幸せな気持ちにさせる力があるんだよ」と言うハンソン。

おおー!!ついにミニョプにウンチャンが女だってばれたよー。ウンセのオンニだって。

ひゃー!!ハンソンが偶然耳にしたんだけど、ユジュの展示会のスポンサーって、別れたD.Kだってーー!!それにこだわってたのか、三日もユジュに電話しないハンソン。ユジュが病気で、ハンギョルがハンソンに電話して・・・それで、結局ハンソンはユジュの元に看病に行ったけどね。「俺より、仕事が大事なんだってすねてただけだ」って言うハンソンに「私も、情けないよ。貴方が私を独身主義って言ったとき、落ち込んだし、連絡ないと、どっちが勝つか根比べだって思っちゃうし、こうやって折れてくれると子供みたいに嬉しい」と言うユジュ。

全然ミニョプを心配してないハンギョルにむかつくウンチャン。店が断水になって、三日だけ休業することに。ウンチャンはミニョプの店を手伝うんだけど、そこにハンギョルが。なんだかんだ言いながら、ハンギョルも店を手伝って。イヌを追いかけて車に轢かれそうになったウンチャンを助けるハンギョル♪ウンチャンが怪我して血がでてて、それをすごく心配して〜。

カフェが休みだから、一泊二日でカフェの団結大会旅行に行くメンバー。でも、実はホン社長の知り合いのリンゴ農園を無料で手伝うツアーだった(笑)しぶしぶ手伝うメンバー。でもハンギョルだけ、経営者だからってサボってて・・・でも、無理矢理トイレに行きたいアジュマの変わりに、りんごの販売所を手伝う事に。段々楽しくなってきてノリノリで販売してて(笑)でも、明日出荷するはずだった、売ってはいけない高級りんご20箱を安値で全部売っちゃって・・・でも、これぞ団結だわ〜♪全員で一致団結して、リンゴ狩りを。なにげにミニョプがウンチャンを女の子扱いして気を使ってるのが笑える(*≧m≦*)ププッ

へー。ハンギョルは、ユジュを9年も思い続けてるんだねー。ハンギョルに、ウンチャンロボをもらったとき、「彼女のどこがそんなに好きなの?」と聞くうんちゃん。「100万はあるな。でも、本当は100万もない。ただ好きなんだ。辞めようと思ってもやめれない。どうしようもなく好きだから」と語るハンギョル。なんだか気になって仕方ないウンチャン。

ついに、ハンソンとパーティに行く日、普通でいいって言ったのに、目一杯ドレスアップしたウンチャン(爆笑)あまりにも個性的すぎてー。ハンソンは、ウンチャンをまるでプリティウーマンみたいにドレスアップしてくれて。おおーー!!さすが女優だ!!やっぱ、綺麗だ〜(☆∀☆)ズラまでかぶって、見違えるウンチャンに、ハンソンもびっくり!!慣れないヒールに躓いたウンチャンを抱きかかえたハンソン♪



第六話

パーティに行ったウンチャンは、展示会の主が、ユジュでびっくり!!その上、ハンソンの恋人と知ってもっとびっくり。そこに、ハンギョルまでやってきて、最高潮にびっくり!!隠れるウンチャンなんだけど、ハンソンは「絶対誰にも気づかれないから」って、ユジュとハンギョルの前にウンチャンを連れて行って。なんとかばれなかったね。ユジュがコレクターと一緒に食事をってさそったんだけど、先に帰ったハンギョル。ウンチャンも帰りますって。ハンソンが送ろうとするんだけど、「彼女が待ってるじゃない、大丈夫」って・・・。結局タクシー代だけもらって、ゴミ箱からサンダル拾って(笑)バスで泣きながら帰るウンチャン。ハンソンのい言ってたBさんがユジュだと分かり、自分の居場所は無いのよねって・・・

一方、ハンギョルも、結局仲直りしたユジュとハンソンを見てやるせなくて・・・ウンチャンを家に呼び出します。豆の種類当てのテストをして・・・前見せてくれなかった秘密の部屋を見せてもらうウンチャン。そこは、おもちゃ部屋で。アメリカで、こいうのを作る仕事がしたかったんだねー。平和で幸せな小さな国(おもちゃ)。ここなら思い通りに出来ると言うハンギョルに、「今でも十分そうじゃん」って(笑)

一緒に遊ぶんだけど、今日の展示会の話になって、「もう白旗をあげれば?ハン・ユジュには勝てないよ」と言われ怒るんだけど「そうやって、ハン・ユジュには怒れないでしょ?」って。「そうだな・・・もう相手がいる女を好きになるのはやめよう・・」と呟くハンギョル。「それがいいよ、さようなら・・・私たちの片思い」と言い、私生活だから、聞かないでと言うウンチャン。ハンギョルは寝転がって「片思いって、一方的に忘れられると思うか??相手の協力が必要なんだよ・・・・そういう意味では、ウジュは決して期待を持たせないから、うまいよ・・・」と言い、ウンチャンを見ると、ウンチャンったらいつの間にか熟睡してて。

きゃー!!ウンチャンの寝顔を見てたら、ハンギョルは妙な気分になって〜♪(*/∇\*)キャ無理矢理気を取り直し、ウンチャンを起こしたハンギョル♪うふ♪(* ̄ー ̄)v

うーん・・・ハンソンとユジュはにこにこと上手くいってるんだけど、ハンソンはどこかでスポンサーがDKだった事気にしてるし、ユジュも(ウンチャンとは知らないで)小さな彼女をちょっと気にかけてるみたい。自分が利己的に思えるユジュ。ハンソンと同じ部屋に一緒に居ると結婚もE〜カモって思うけど、やっぱり・・・って考え直してしまったりするって。

ハンギョルったら、ウンチャンがかわいくてさー、からかったり、意地悪したりして。でも、ずっと目で追ってるんだよねー(笑)ウンチャンを気にしてばかりいるハンギョルに「好きなら好きといえよ」と笑って言うパン社長。もちろん、否定するんだけど・・・なんか複雑そうな顔だね〜♪

あの日以来、牛乳配達に来ないウンチャンを心配して、あの日の事を謝りに来たハンソン。ウンチャンは、出勤が早くなったから配達も早くなっただけで、、、、だから、もう辞めようと思ってると言います。そして、謝るハンソンに、「おじさんが、とてもいい人で・・・だから好きで・・」って告白を。自分でも気づかなかったけど、すごく好きだったみたいで胸が痛かったって。でも、もう大丈夫、あのオンニは綺麗で優しくて・・・だから譲るから、幸せになってって。涙をふいて笑顔で。ウンチャンらしいねー。

おおおーー!!ウンセがネットに、コーヒープリンスのスタッフを「F4の時代!二人の社長とプリンス達がやってきた」って動画をアップしたら、店には溢れんばかりの、女の子がーー!!

ウンチャンが気になって気になって仕方がないハンギョルったら・・・精神科に問い合わせしてーヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆ウンチャンがバイクで軽い接触事故にあったんだけど、心配で大声で怒鳴ってー。

スンギは、日本から、誰かを捜して韓国に来たみたいだね・・・。誰だろう・・オンマかな?

ひゃー。ハンギョルのハルモニ・・・元気そうだったけど、なんか病気みたいね・・・消化剤を飲めばすむって言ってるけど。。。かなり悪そうだね・・・

ユジュに映画に誘われて、出かけたハンギョルは、ユジュに「一度だけ抱き合おう」って、抱きしめるんだけど、これって、自分が正常かどうか確かめたんだよねー(爆)「良かった・・・これで精神科に行かなくてすむ」って(笑)でもでも・・・映画見ててもウンチャンの事ばかり思い出してしまうハンギョル♪

ウンチャンは、ハンソンと、愛犬テリーとスポーツして、ハンソンの家でシャワーを借ります。そこに突然ユジュがーーー!!ウンチャンが女だってユジュにばれたよーーー。帰ろうとするウンチャンに、自分のハンソンの家に置いてる服を貸してあげるというユジュ。ハンソンが服を取りに行ってる間に二人は話を。女だってばれたら首になるから、ハンギョルには黙っててほしいと言うウンチャン。「男のふりをするのは大変じゃない?」と言われ、「無理して男のふりをしてる訳じゃなく、元々こうなんだ」と言うウンチャン。そして・・・「オンニ(女が目上の女性に言う言葉。お姉さんの意)と呼んでいい?」って。帰るウンチャンに対してすごく嬉しそうな笑顔をみせるし、優しいハンソンを複雑な表情で見るユジュ。

掃除中も、ウンチャンに色々言って嬉しそうにしてるハンギョル。でも、ウンチャンの細かい所までとてもよく見てて。「文句があるなら、言ってよ」と言うウンチャン。前髪を息でふーってするのいが癖なんだけど、それを辞めろと怒り、ウンチャンを連れ出したハンギョル。

文句言うのかと思ったら・・・・きゃー☆「コ・ウンチャン、抱きしめさせてくれ」ってーーーーーー!!!(*/∇\*)キャ 自分が正常か確かめようってしてる??o(>▽<o)(o>▽<)oキャハハ

逃げるウンチャンを抱きしめるハンギョル〜♪きゃ〜♪ウンチャンもその気になって、手回しちゃってるし〜♪



第七話

ウンチャンを抱きしめ、「よかった!!何でもなかった」と言うハンギョル。でも、本当は・・・・。

ウンチャンを急に本やに誘ったハンギョル。ただの荷物持ちをさせられてると思ったら、ウンチャンがバリスタになるための本を大量に買ってくれたんだねー。感動するウンチャン。途中でハンソンから電話がかかって、曲を聴いて欲しいって言われるんだけど、電話に嫉妬してるよー。ハンギョルったら(笑)帰りの電車で、「無から有を作り出すなんて芸術家って神秘的だ」と言うウンチャン。いきなり満員になって、押しつぶされそうになって・・・・まるでハンギョルの胸の中に抱かれてるみたいなウンチャン。

家に帰って、「俺は社長であいつは従業員だ。ちょっとだけ可愛い従業員だ!!それだけだ!!それで終わりだ!」と自分に言い聞かせるように言うハンギョル。皆に一ヶ月記念の人形をあげたのに、ウンチャンだけにあげなくてさー。アノ、前にあげた人形は別に特別なものじゃないって言うしー。ウンチャンのアボジの命日で、従業員皆でウンチャンの家に行くんだけど、ハンギョルだけ行かないのよねー。

でも、後で、宅配でいっぱい人形送ってあげて。「誠意を感じたから、何か送ってくれた理由あるのかな〜?」って電話してきくウンチャン。でも、怒って、何の意味もないから受けとっとけって・・・。ウンチャンは、女としてハンギョルが好きになったみたい〜。で・・・ハンギョルの気持ちが気になりだしたのよねー。「好き」とか「嫌いだ」とかコロコロ言うこと変わるから。「好きって言ってくれればいいのにー」って。

次の朝、ウンチャンはお弁当持って、ハンギョルの元に。ハンギョルはジョギング中なんだけど、ウンチャンと一人で会うのが恐くて、ユジュも呼び出します。ユジュの持ってきた朝ご飯を食べながら、ユジュに優しくするハンギョル。思わず「むかつく!!優しいふりして。私たちの前じゃ、怒ってばかりのくせに」って。

ハンギョルは、ユジュに、「最初、どれだけこいつが嫌いだったか」って話をしたり、ウンチャンが牛乳配達や内職してる話をしたりして・・・

頭にきたウンチャンは「そんな悪い習慣(ユジュの事)、やめちまえ。」とか「おばあさんのカフェで働いてて、偉そうにして人生なめてる」って言うんだけど、ハンギョルは、ウンチャンに、男の前でも女の前でも可愛いふりや可哀想なふりして、おべっか使って!と言い、「ここはお前の居るところじゃない」なんて・・怒ってウンチャン帰っちゃったよ。

スンギは、三年付き合った彼女を捜してるのね・・子持ちのヒソン(ユウコ)って子・・・ってか・・・あんな着物日本人着てないってば(滝汗)子供も面倒みるつもりで。ミニョプはそれを盗み聞きして、感動してたー。

客に対するウンチャンの態度をしかるハンギョン。ウンチャンは、朝の事を根にもってて、段々「貧乏を言いふらすんじゃない」って朝の話を持ち出して。ハンギョルも悪い習慣の事とか持ち出して。そしてついに「生き方が汚いんだ」と言ったウンチャンに「可哀想だから雇ってやったんだ」と口にしたハンギョル。そして売り言葉に買い言葉で「お前みたいなガキは必要ない。出て行け」ってハンギョルが言っちゃって、ウンチャンはでて行っちゃったヨーー。

そして・・・ハンソンにお酒を付き合ってもらい、ドライブに行くウンチャン。

ハリムは、ハンギョルに、「なんでウンチャンにだけそんな厳しいんだよー」と言い、ミニョプは20回以上メールしたのに返事がないと言い・・・皆心配してるんだよね。ウンチャンにものすごく会いたい!!って。

ハンギョルったら、一人部屋で、「ウンチャン、戻ってこい」なんて大声の独り言言ってて(爆笑)でも、そこにウンチャンから電話が!!ウンセが勝手にかけちゃったんだけどね。ウンチャンも大あわてで切っちゃった。

ハンソンのスタジオで遊ぶウンチャン。その頃、ウジュはハンソンの家にいて電話したんだけどハンソンは気づかないで・・・ハンギョルはあのおもちゃの部屋で遊んでるんだけど、ウンチャンごっこしてて・・・・ウンチャンのマネして「ふー、ふー」やってるし。ハンソンは、首になったウンチャンを心配して、ハンギョルに言ってやろうか?って言うんだけど、ウンチャンは、他の人に私の話をしないでって・・・。惨めに感じるからって。。。。(あの、ハンギョルがユジュに話をしたことを言ってるんだね)

ウジュと会ったハンギョルは、ウンチャンを首にした話をし、「居て欲しい気もするし、居ない方がいい気もするし」って。ウジュは、悩むこと自体が必要だって事といい、自分がN.Yで、ケンカした画商との話をしてあげます。

そして勇気をだして「飯を食いにいこう!!」ってウンチャンに電話を(笑)結局ウンチャンに会ったら、顔みてるだけで、超うれしそうなハンギョル〜♪可愛い〜♪で・・・お酒を一口飲んだ途端、ぶっ倒れて酔っぱらい(爆笑)酔ったウンチャンとハンギョルは一緒に夜の噴水で遊んで♪「お前を一度も見下した事はない。」って〜♪「一発なぐれよ」って断るウンチャンに何度も言ったハンギョル。でもちょっとかすっただけで、鼻血でちゃって(爆笑)

結局カフェにウンチャンがもどってきて、皆大喜び。ハンギョルったら、またウンチャンからかって遊んでて。

ひゃーーー!!ハンギョルのハルモニが倒れて病院に運ばれちゃったーーー。ウンチャンは夜、心配でハンギョルの店に。ハルモニは末期ガンだったって・・・。何でハルモニが、アメリカから連れ帰ったり、見合いさせたり、カフェをやらせたりしたのか・・・・考えが足りなかった・・・利己的だったと落ち込んでるハンギョル。そしたらウンチャンが、「私が元気にしてあげようか?」ってハンギョルにキスをーーーー(*/∇\*)キャ




第八話

キスされて驚くハンギョル。ウンチャンは「見合いの時社長もやったじゃん」って。祖母に会いに行ってもどう相手していいのか分からないというハンギョルに、自分の父が亡くなる前の話をするウンチャン。「もし私が女だったら?付き合ってたかな?」そう聞くウンチャンに、「女じゃなくて良かった。こんないかれた女に迫られたら困るし」って。そして、ハルモニの言う女性と付き合おうと思ってる事を告白します。良い家で育った苦労をしらない女がハルモニは好きなんだって・・・。

ウンセに、女だと告白するべきか相談するウンチャン。一度しようと思ったけど、側に居れればいいと思い直したらしくて。方法は二つ。告白するか、愛する人の側に居るため男のままで居るか・・・

配達の後、ハルモニの病院に行くハンギョルについていったウンチャン。三人で花札するんだけど、ハンギョルとハルモニが息ぴったりでイカサマやってて(笑)ウンチャンは目上の人の前でも、物怖じせず、ウンチャンのまま接するんだよね〜♪怒るウンチャンに逆ギレするハルモニ(笑)そこに千羽鶴を持ってきたハンソンとユジュ。

ハンギョルはウジュに膝枕してもらって、ハルモニは釣りの名手だから、俺を釣りに誘ってたんじゃなくて、俺と出かけるのが嬉しいから誘ってくれてたのに。。。。行かなかった事が悔やまれると言うハンギョル。でもそんな事をしてるとき、買い物から、ウンチャンとハンソンが帰ってきて・・・

帰りの車で不機嫌なウンチャン。「従兄の彼女にあんなことして」って。これってウンチャンの嫉妬もあるんだよね。このことでケンカをする二人。

ハンソンは気にしてないみたいだけどねー。むしろウジュが、ハンソンがウンチャンを可愛がってるのが気になってるみたいで。

ソンギがミニョプに「自分は日本人だ」って秘密を教えてあげて。それを聞いたミニョプは、自分も秘密を打ち明けないと義理をかくと思い、内緒でウンチャンが女だって教えちゃったヨー。

なんとかウンチャンと仲直りして、ユジュの事はもう関係ないって言いたいんだけど、ウンチャンに無視されてばかりのハンギョル。たまりかねて「何が問題なんだー」って聞いたら・・・

きゃーーー!!ウンチャンが「社長の事が好きなんですよ」って告白をーー!「でも男同士だから、ダメじゃないですか」と付け加え、気持ちを整理してるからほっといてくれって。

それを聞いて、気持ちの乱れるハンギョルったら・・・精神科に行ったよーー(爆笑)

ひゃーーー!!ユジュの前彼がユジュを迎えにきたよー。レストランをやることにしたから、ユジュの作品で埋め尽くしたい。経営権も半分あげるってーー!!

ソンギに女だとばれたことを知り、ミニョプを怒るウンチャン。

また、ハンソンのスタジオにいって、一緒にキーボードひいたりして。ハンソンを「サンタさんみたいだ」と言うウンチャン。

ソンギは週一回家の掃除することで、秘密は守ってやるって。

えええーー!ハンギョルって、オンマの本当の子じゃないの??ええええーー??びっくり!!ハルモニが養子を言い出して、秘密にしてるみたい。ハンギョルは、ハルモニとウンチャンを誘ってハッピンスを食べに行って。ハルモニはウンチャンの事すごく可愛いみたいねー。

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆ミニョプは、ハリムとソンギに頼んで、ウンセをおそってもらって、格好良く助けるんだけど、うまくいって「おっぱー」って呼ばれて、嬉しくて、本気でふたりをやっちゃったヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

ハンギョルがいきなり、売り上げをのばすために、従業員で演奏会をすると言い出したーー!!ホン社長は反対なんだけどねー。ハンソンの元に行き、オカリナで練習するウンチャン。ハンソンは、幼い頃、両親が勉強で忙しくて、いつもひとりぼっちだった話をします。そのお陰で音楽が好きになったって。オモ!!ハンソン、ウンチャンの事・・・女として見ちゃって・・・きゃーーー!!キスしたーーー☆☆

逃げ出すウンチャン。丁度、そこにユジュが来て・・・なんか空気を読んだみたいだー。

キスの事で。。ハリムに質問するウンチャン。ハリムはウンチャンに彼女ができたと勘違いして、ハンギョルに話して。冷静に返事してたけど・・・ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆即座に精神科でもらった薬を飲むハンギョル(*≧m≦*)ププッ

夜になり、初めて父に一杯飲もうと誘われたハンギョル。会社に来いと言われ、ハルモニとの約束通り三ヶ月したらN.Yに行くと言うハンギョル。ハンギョルが酒が飲めないこともしらない父のくせにって。一度も怒ってくれないし、殴ってくれないと言うハンギョル。「無視するなら・・・連れてこなければよかったのに」ってーー!!えええー??ハンギョルも知ってるって事??自分がもらわれた子だってーー。ハンギョルが知ってる事を・・・父も驚いてたけど、母も偶然この話を聞いて、驚きます。

夜中にウンチャンを呼び出したハンギョル。高校二年の時・・・事実を知ったんだね・・。父が外で作った子だったんだーー。黙ってたかったのに・・・父の前で口に出してしまったことを後悔してるみたいで、ワインなんか飲んじゃって。案の定、酔って寝ちゃったハンギョル。ウンチャンはベッドに運ぶんだけど、その寝顔を見つめてて。。。突然「お前、ゲイだろう??俺は違う・・・だから誘惑するのはやめてくれ」ってーーー!!義兄弟になろうと言うハンギョルに「三国志か??」と言うウンチャン。義兄弟だと、一生別れないですむ・・・

そして・・・これからは「ヒョン(兄貴)」と呼べというハンギョル。

そうして・・・・弟になっても・・・あの人の側に居たかったんです・・・

そうして・・・兄になっても・・・あの子を側に置きたかったんです・・・・いやーん・・・切ないわ。。



注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。