まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

秋の夕立(全十六話)
第九話〜最終話


第一話〜第八話はこちら


 〜キャスト〜 
チェ・ユンジェ : オ・ジホ

パク・ヨンソ : チョン・リョウォン

イ・キュウン : キム・ソヨン


キム・スヒョン : イ・チュニ



第九話

キュウンの意識が戻ったと知り、すぐにスヒョンに電話し、本当だと確認したヨンソ。家に帰ると、ユンジェは花束と結婚指輪(?)を用意してて、それをヨンソにはめてくれようとして・・・。ヨンソはキュウンの事を話します。驚いたユンジェはその指輪を落として、電話ボックスに走っていって・・・・落ちた指輪を披露ヨンソ。

本当だと確認したユンジェは、すぐに帰ると言い、ヨンソと暮らしてる家に。すでにヨンソが荷造りをしてた。ヨンソはどうしたらいいかわからないユンジェに「私は捨ててもいいけど、キュウンを捨てたら私が許さない」って言ってあげて・・・。一緒に車で戻ろうとするんだけど、ヨンソは・・・キュウンには会えないと言い、途中でおりて。「さようなら」って・・・

意識の戻ったキュウンを見たユンジェは喜びの涙を。ありがたくて・・・・。そんなユンジェに会えて喜ぶキュウン。ユンジェはキュウンの元に戻る事を決意。ユンジェが不在の間に、ヨンソは退職届を会社にだして・・・もう会社でも二人の駆け落ちの事は知られちゃってるね・・・

ヨンソが届けを出したと聞き、会いにいったユンジェ。ヨンソは「私たちの事は全部忘れて。私も忘れるから」と言い、去って行きます。

意識が戻ったキュウンだけど、完全に元通りになれるかは分からなくて。言語障害や、身体も、三年寝たきりだったから、不自由で。でも優しいユンジェと一緒にリハビリを頑張ってどんどん良くなってきて。キュウンはとてもヨンソに逢いたがります。出張だと嘘ついてるんだよね。一度スヒョンが、無理矢理ヨンソを連れて行こうとするんだけど、かたくなに拒否するヨンソ。しかし・・・気になってキュウンの家に行ったヨンソは・・・仲むつまじいキュウンとユンジェの姿を見てしまって・・・

理解しなくちゃと思っても、やっぱりショックで・・・二人が暮らした思い出の家に一人行きます。そこには短い間だったけど二人の愛の記憶と指輪が残ってて・・・涙するヨンソ。

キュウンは研究所を訪ねるんだけど、どうしてもヨンソに逢いたいと言って。。。無理矢理ヨンソの家の前まで連れていってもらいます。電気が消えてるから居ないというユンジェに、ちょっとだけ外に出て見たいというキュウン。あああ・・・丁度そこに、海辺の家から帰ってきたヨンソが戻ってきたよーー!





第十話

キュウンとヨンソはやっと会えてとても嬉しそうで・・・でも・・・ヨンソとユンジェはどうしても気まずいんだよね・・・。誤魔化してたけど。最初は何も気づかなかったキュウンだけど、ヨンソに電話もかけてくれないし、呼んでくれないし・・・ヨンソも連絡してくれない。仕事をうつったと聞き、仕事上の事でヨンソとユンジェがケンカしてるんだと勘違いするキュウン。

だって・・・キュウンは三年間ずっと自分だけを見つめててくれたと信じ込んでるし。誰も言えないよね・・・本当の事。それもギリギリまではほんとに一生懸命ユンジェは見込みのないキュウンに尽くしつづけてたし。ユンジェの母も罪悪感からか、キュウンを本当の娘の様に可愛がって・・・

幸せなキュウンはどんどん良くなり、研究所の報告書まで見れるようになってきて・・・・。誰も電話してくれないから、なんとか指が番号を覚えててヨンソに連絡を。やっと家に来てくれたヨンソに、自分が意識が無かった頃ユンジェから送ってもらった愛の手紙をみせて・・・・これも・・・ヨンソからしたらキツイよね・・・でもそこにユンジェが戻ってきて。ユンジェはすぐ部屋にいっちゃうし、ヨンソはすぐ帰っちゃうし・・・

二人をなんとか仲直りさせようと、無理矢理日曜三人でピクニックに行こうと誘うキュウン。ヨンソは必死で断ろうとするけど強引で・・・ピクニックに行っても・・・やっぱりぎこちなくなる二人。キュウンはユンジェが指輪をしてないことを指摘して・・・それはヨンソの家にあるんだよね。ヨンソは後で郵送するからって・・・謝るユンジェだけど、謝られたらもっと辛いのよね・・・

家に送ってもらうと家の前にスヒョンが!!スヒョンは二人と一緒に帰ってきたヨンソを見て、なんてずうずうしいんだって責めます。関係ないでしょうと言うヨンソを無理矢理飲みに誘って。スヒョンは、ヨンソの事を理解するって言うんだけど、そんな事されると、逆に自分は悪くないって思ってしまうから、絶対言わないでと言い立ち去ろうとします。

その時急な腹痛で倒れるヨンソ。あああ・・・そうだと思ったのよ。ヨンソは・・・妊娠してたんだね。切迫流産しかかってて。それを聞いたスヒョンはさすがにショックで・・・。ヨンソったら妊娠に気づいてなかったのね。それを知ったヨンソは、これだけは絶対ダメだと言い、スヒョンに絶対誰にも言わないでと泣いて頼みます。

一人酒を飲み酔っぱらったスヒョンは・・・ユンジェとキュウンの家に。ユンジェを外に呼び出して、殴ります。かかってこいと言うのに、殴ってくれと言うユンジェ。悔しくて・・・憎くて・・・あああ・・・スヒョンったらユンジェに「ヨンソをどうするんだ??妊娠してるんだ」って言っちゃったよーー!




第十一話

スヒョンから妊娠の事を聞いたユンジェは、なんとかヨンソに逢おうとするんだけど、ヨンソは会う必要がないと拒否を。どうしても逢わないといけない・・・と、出張先まで追いかけて行ったユンジェ。妊娠の事を聞かれるけど、最後の最後までスヒョンの勘違いだと言い張るヨンソ。明日一緒に病院に行こうと言うユンジェに、ただでさえ苦しいのにプライドまで傷つけないでと言い去るスヒョン・・・その時ストールを車のシートの下に落としちゃったよーー。

ヨンソはスヒョンを責めます。スヒョンは悔しくないのか??と言うんだけど、自分さえ我慢すれば、全部上手くいくしキュウンを傷つける事もないと言うヨンソ・・・。スヒョンはキュウンの事も考えて・・・・もう一度ユンジェに事実か聞かれるけど、自分の勘違いだったと嘘をついてあげます。

キュウンはすっかり元気になって、研究所にも、雑用からだけど復帰できるようになって・・・一人でヨンソの家を訪ねます。でもそこに、産婦人科の領収書が・・・・誤魔化すヨンソだったけど、いきなりつわりで・・・・完全に妊娠がばれちゃったよ。キュウンは激怒して、その男と話し合うべきだと言います。でもヨンソは、彼にも話はしたけど、自分自身が産みたくないから、知らなかった事にしてほしいと泣いて頼んで・・・。ほっとけないキュウンは、自分がその男に会って話すと言ってきかないんだよね・・・・。ヨンソの愛した人だったら絶対良い人だから、話せば分かるはずだって・・・・そしてひとりぼっちにさせてごめんって謝るキュウン。そんなキュウンの優しさも今のヨンソには辛いよね・・・

キュウンはなんとかヨンソの相手を探ろうと、スヒョンやユンジェに聞くんだけど、二人ともうろたえながらも知らないふりをして。女同士の内緒だから、妊娠の事は言わないキュウン。隠れて何度もヨンソに電話して、絶対手術なんかしちゃだめだって話してて・・・・

でもそれをユンジェが偶然聞いちゃったよーーー。それを聞いたユンジェは、突然お通夜ができたと言って、出て行きヨンソの元に。キュウンに話をして、責任を取ると言うユンジェに、絶対キュウンに言ったら許さない!キュウンを傷つけたら許さないと言うヨンソ。

家に帰ったユンジェは、ヨンソに「もし自分が居なくなったら君は生きていけるか?」なんて話をして・・・でも結局、ヨンソにキュウンに言うなって言われたから、怪しむキュウンに誤魔化すユンジェ。

キュウンはあまりにもユンジェの行動や言動がおかしいので、女が居るのでは・・・と怪しみます。そして車を調べると・・・ストールが・・・・ショックを受けたキュウンはヨンソの家に行き、彼に女がいるみたいだと、ストールを見せて相談を。あまりに驚いたキュウンはトイレにいくふりをして気持ちを落ち着けて・・・・・あああ・・・でもその間に、そのストールを巻いてるヨンソの写真をキュウンが見つけちゃったよーーー!




第十二話

キュウンは気づいたわけじゃなかったのね。同じ様なストールだから、いっそ、ヨンソのだったら、車に乗ることもあるからきにならなかったのにって・・・

ヨンソはユンジェを呼び出し、全部終わった事だから忘れてほしいと言います。ヨンソだけに苦痛を押しつけた状態なのが辛いユンジェ。しかし・・・ヨンソはこれ以上罪を深くさせないでほしいと頼んで・・・。ユンジェは、キュウンの元に戻ることが、本当にヨンソの望みで、それが二人の罪を償うことになるなら、戻ると言います。そして・・・・酔って家に戻ったユンジェは、キュウンを抱きしめ、「一生酔い夫でいる」と約束を。

キュウンは、ヨンソに、ユンジェを信じる事にしたと報告を。お腹の子供の話をしようとするんだけど、辛いから話させないでと言うヨンソ。ヨンソのオンマまで妊娠と手術の事を知っちゃったよー。他の男なら責任をとらせることできるのにキュウンの旦那じゃそれもできないと嘆く母・・・

そして手術の日・・・・麻酔直前に、手術できなかったヨンソ。携帯の電源も切って、休暇をとり、部屋にこもって、二人で一時一緒に暮らした頃の愛をささやきあったテープを聴き・・・一体どうしたらいいのか悩んでて・・・

ヨンソと連絡の取れないキュウンは心配してヨンソを訪ねてきます。ヨンソはもう手術したと嘘をついて・・・・そんなヨンソの側に居て一晩泊まってあげるキュウン。

スヒョンもヨンソを心配して・・・ヨンソを訪ねてきます。スヒョンにだけ、誰にも分からないように子供を産むことにしたと言うヨンソ。一生誰にも言わないでって・・・・ショックを受けるスヒョン。

ヨンソの誕生日・・・何も知らないキュウンはサプライズパーティをしようと、ユンジェとスヒョンを誘います。二人ともそれぞれの事情で断ろうとするんだけど、強引に誘われて・・・・

ユニったら、たまには良いこというねー。いつまでもヨンソの事ばかりかんがえてると、ヨンソも可哀想だし、キュウンにもばれてしまう・・・キュウンに戻ると決めたならはっきりするべきだって。

こっそりヨンソの部屋に行き、パーティの準備をするキュウン。ユンジェにお花を買ってきてと電話で頼み・・・何か音楽をかけようとラジカセをONにしたら・・・・ひゃーーー!!ユンジェとヨンソのあの・・・愛のささやきのテープだったよーーー!!固まるキュウン!!そこにヨンソが帰ってきて、ユンジェも部屋に入ってきたよーーー!!




第十三話

ううう・・・ついにキュウンがすべてを知ってしまった。夫にも親友にも裏切られてて・・・・許せないキュウン。自分が眠ってる側でそんな事してたなんてって・・・・。そして素知らぬ顔をしてたなんてって・・・

家を出て行くキュウン。しかし・・・行くところがなくて、スヒョンの家に。慰めるスヒョンに「貴方に気持ちが分かるわけがない」っていうんだけど・・・・スヒョンは三年間ヨンソを見続け、そして結婚まで考えてて・・・今でも愛してるから辛い気持ちを打ち明けます。

ユンジェ父はこのことを知って、今まで黙ってたけど、これだけはいけないと・・・絶対キュウンを連れ戻さないとと言います。必死でキュウンの携帯にメッセージを残すユンジェ。

結局スヒョンが、ユンジェに連絡して、ユンジェが迎えに。土下座するユンジェ。でも「ヨンソが愛で私が同情なの?それとも私が愛で、ヨンソが哀れみなの?まだ愛してるって言えるの?」と言われ答えられないユンジェ。。。。

悩み続けたヨンソは、キュウンの研究所に。でも入り口で声かけても、無視されちゃって・・・そのまま夜中まで待ち続けるヨンソ。外は雨がふってきたのに、ずっと待ってて・・・ヨンソに電話をし「話する気もないし、そこに居られると苦しい」と電話し帰らせるキュウン。

ショックを受けて家にかえると、そこにスヒョンが。びしょ濡れのヨンソを心配して、眠るまで側に居るスヒョン。書き置きを残し・・・・・10年後も笑顔で写真を撮ろうと約束したのに・・・笑顔で撮れるんだろうか・・・お前を憎めればいいけど・・・やっぱり愛してるから見守るしかできない・・・愛してる・・・と・・・・

そんな中、ユンジェはキュウンを呼び出し、自分がどれだけ愛してて、戻ってくれるのを待ってたか伝えます。希望のない中で、あまりに辛くて・・・そこに丁度ヨンソが貴国してきたこと。でも、もう終わった事でキュウンを愛してると。

それを聞き、キュウンはヨンソを呼び出し、身を引くこともできるから、正直に答えてと訪ねます。今もユンジェを愛してるかと。愛してないときっぱり言うヨンソ。それを聞いたキュウンは、もう二度とユンジェに逢わないでといいます。そして自分とも逢わないでと・・・良い思い出だけで居たいからと言って立ち去って・・





第十四話

なんかどんどん短いレビューになっていくよーー(滝汗)ヨンソは、結局会社もやめ、部屋も解約し、お腹の子の事は内緒で実家に帰っちゃったよ・・・

キュウンは、全部忘れてユンジェとやり直す気で・・・そんな中、教授から、イギリス行きの話をもちかけられます。ユンジュに一緒にイギリスに行かないかと言うキュウン。お互いの為にもそれがいいと言うユンジュ。

実家に帰ったヨンソを心配するスヒョンは、ヨンソ母にヨンソにあいに行くというんだけど・・・今はそっとしておいてほしいって・・・・

別々の道を歩み始めたヨンソとユンジェだったけど、ユンジェの仕事でヨンソの実家近くにいって、偶然再会してしまって。即逃げるヨンソ。どうして仕事をやめたのかと聞くユンジェを無視して。でも・・・その時落とした荷物の中に子供の超音波の写真が・・・

それを見たユンジェは、ヨンソを自宅まで追いかけて。。。「なんで嘘をついたんだ」って問うんだけど、それをヨンソオンマが聞いちゃったよーー。ユンジェを追い返し、なんでこんな事をしたんだと怒るオンマ。

その日、ユンジェはキュウンと食事の約束をしてたんだけど、すっぽかして、一人で酔いつぶれて・・・店から連絡を受け、迎えに行ったキュウン。家に帰ると酔って「なんでこうなっちゃったんだ・・」といいながらヨンソの名前を呼ぶユンジェを見て涙するキュウン・・・

次の日・・・キュウンはなるべく早くイギリスに行こうとユンジェに言い・・・ヨンソの実家まで行き、ヨンソを訪ねてーー!


第十五話

うわーー。どうするんだ??ユンジェーー!が今回の感想だわーーー。ヨンソに逢いに来たキュウンは、ユンジェとイギリスに行くから、もう二度と彼に会わないでって・・・それを承諾するヨンソ。しかしキュウンが去ろうとしたとき、ヨンソが倒れて・・・

あああ・・・ヨンソは流産しかかってて・・・このままだと母体も危ないってことで、キュウンがサインしないといけないことに・・・出来ないって言ったんだけど。。。。しないとヨンソの身体が・・・・キュウンはこんな状況で一人で子供を産もうとしてたヨンソに驚いて・・・結局サインを・・・

子供がダメだったと知り・・・ユンジェを愛してるからじゃなく、命だから捨てれなかったと言い泣くヨンソ。今ヨンソに必要なのはユンジェだといって、キュウンはユンジェを病院に呼びます。ユンジェに逢い、「早くキュウンとイギリスにいって」というヨンソ。そこで丁度ヨンソ母と会い、ヨンソが子供をおろしてなくて、産むつもりで・・・そして流産したと知ります。驚くユンジェにむしろせいせいしたと言うヨンソ。

家を出て行くキュウンを止めようとしたユンジェ母。でもヨンソが流産したと聞いてびっくり・・・戻ってきたユンジュを問い詰めます。離婚なんか許さない!!キュウンとやりなおすんだという父に・・・出来ないというユンジェ。

結局・・・ヨンソは、離婚届を書き、ユンジェに渡します。すまないと謝るユンジェ・・・

そのころヨンソの元にスヒョンが!!お前がいつまでもそんなだったら、二人が幸せになれないから、俺の元に来い・・・田舎の病院に転院するからと言うスヒョン。

悩みに悩んだヨンソは、このままじゃ、二人の障害になると思い、絶対安静状態なのに、病院を出ていったよ・・




第十六話

えええーーΣ(゜Д゜ υ) これで終わり??視聴率悪かったのは知ってるけど、視聴率悪くても、名作って「復活」とかみたいにあるから・・・・・

えええええーーーΣ(゜Д゜ υ) (しつこい??)

結局ユンジェとキュウンは離婚したね。捨てられたんじゃなくて、私が捨てたのとキュウンは言ってくれて。。。。

そしてユンジェは失踪したヨンソを心配し・・・ヨンソがどこにいるか分かってたんだよね・・・あの二人で過ごした海辺の家だって。そこで再会した二人。でも・・・ヨンソは結局忘れ物をしたから取りにいってくると言い・・・そのまま消えて・・・ユンジェもヨンソが消えるつもりだって分かってて・・・送り出して夜明けまで海辺で待ってて・・・

失踪したヨンソを心配したオンマは、警察に捜索願をだしてて・・・やっとヨンソを見つけます。そして。。。別居してるアボジの事を・・・最初は憎んで、恋しくなって・・・そして忘れるのにそんなに時間はかからなかったと教えてあげるオンマ・・・夢は一人娘が幸せになってくれることだって・・・

三年後・・・キュウンは、イギリスから戻ってきた。スヒョンに逢うキュウン。その頃、三年ぶりに偶然本屋でヨンソとユンジェは逢った。もし・・・偶然あったらどうなるか・・・ずっと想像してたヨンソだったけど「元気??」って言葉くらいで。。。結局あっけなく別れて・・・それをスヒョンに報告するヨンソ。スヒョンから、キュウンの帰国を聞いて・・・

久々に逢った二人。すべて二人の中ではいつしか過去の事に・・・そして、ヨンソは、あの頃は幼くて、傘も持たず夕立の中に飛び込んでしまったと、過去の恋の話を・・・

ユンジェは、ヨンソと離れた時も「ごめんとか、ありがとうって言葉は愛してたら使わないものだ」といわれ、キュウンからも、離婚するとき同じ言葉を・・ヨンソから教えてもらったと言われてて・・・

ある秋の夕立の中・・ヨンソとキュウンの様な二人の女の子を見て・・・愛してごめんなさい(ヨンソに)。守り通せなくてごめんなさい(キュウンに)。と心でつぶやいた・・・・・

で終わりダー!!ひゃーー。この明け方まで見たのに・・・(;´д`)トホホ

注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。

まみまみの 愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ

免責事項