まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

会いたい(全二十一話)
第一話〜第八話


第九話〜第十六話はこちら

第十七話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
ハン・ジョンウ : パク・ユチョン

イ・スヨン(ジョイ) : ユン・ウネ

カン・ヒョンジュン(ハリー) : ユ・スンホ

キム・ウンジュ : チャンミ・インエ

第一話
オンマを探すイ・テスという男にオンマの代わりに布団に入れられ殴られ続けるスヨン・・・。オンマは外で見てるのに、黙って逃げたよ。イ・テスを追ってきたキム刑事が殺人と死体遺棄でイ・テスを逮捕。キム刑事は布団の中で気を失っているスヨンを見つけます。オンマが通報したんだね。子どもが怪我をしたと言われても、そのくらい平気だといい、心配ならキム刑事が面倒を見ろだなんて・・・。1997年夏の出来事だ。

いきなりユチョン登場ー。スンホ君が泣いてる・・・誰かをジョンウが殺したって事??そしてスヨンと逃げようとして・・・頭を撃たれた??なんなのーー??これって結末??ユチョン演じるジョンウが死ぬって事??

そして時間はまた前に戻ります。アメリカ1998年秋。

アメフトをやってる15才のジョンウ。ジョンウは勝手に韓国に帰ってきたみたいだね。ジョンウの父はなんだか大企業の専務で、財務保護で逮捕され、体調不良で釈放されたみたい。たまたまその迎えに行く日に帰って来ちゃったんだね。その釈放された場面で一人の少女(スヨン)を見かけたジョンウ・・・

ジョンウは父と連絡がとれなくて心配して戻ってきたみたいだね。オンマなんだけど・・・義母なのかな??ジョンウだけのときはメッチャ冷たいのに、アボジの前じゃすごく息子を可愛がってる母を演じてるよ。

ジョンウの父なんだけど・・・ジョンウは父をすごく愛してる感じだけど、あまり良い人じゃないみたい・・・。ジョンウのハラボジである会長に何かしたの??病院に運ばれて・・・。後妻である女はヒョンジュンという子どもを産んでるんだけど、「俺の金はどこにある」と、ヒョンジュンを拉致し、銃でこの女を脅してるよ。会長が死んだらジョンウ父は殺人罪だと言ってたし・・・

そのヒョンジュンだけど、足に大怪我をしながら拉致された場所から逃げ出し・・・誰かに捕まった??

うわ・・・スヨンを殴ってたイ・テスってスヨンの父だったんだね。結局死刑になったみたい。これで終わったんだよね?もうアッパは来ないんだよね?と母に聞くスヨン。

眠れなくて散歩してるジョンウは、刑務所の前で会った少女を公園で見つけます。スヨンに声をかけ、自己紹介するジョンウ。この近所に住んでるのに、自分のことを(殺人罪で死刑になった男の娘だと)知らないジョンウを不思議に思うスヨン。私を知らないの?と聞かれ、スヨンが何者なのか気になって仕方ないジョンウ。名札を見て自分の名前を呼んでもらえてスヨンは嬉しかったみたいだね。突然雨が降り始めて、ジョンウの為に傘をびしょ濡れになって家から持ってきたスヨン。

明日返すと約束するジョンウ。この公園で返すって。次の日、ジョンウとの約束の場所に嬉しそうに向かうスヨン。途中・・・部屋に閉じ込められてる少女??を見つけます。ドアには南京錠がかかってて。

ヒョンジュンを見失い、なんとしても探すよう部下に言うジョンウ父。ヒョンジュンの母には、金のありかを喋ればヒョンジュンを返すと嘘をつかせて。会長であるハラボジが亡くなったらしい・・・。ジョンウはハラボジに会ったこともないみたいだね。

約束の場所で待ち続けるスヨン。その頃ジョンウはハラボジの葬儀にアボジの代わりに喪主として立ってるんだよね。アボジが倒れたと聞き、代役をしてるんだけど、義母との電話で倒れたわけじゃないと知るジョンウ。アボジは会長の金を探すのに忙しく、それに加担してる義母。アボジはどこにいると聞かれ、刑務所に行ったのも、金を守るためだった、アボジには金しかないんだという義母。義母はジョンウにアメリカに帰れって・・・

うわー。ジョンウ父は、会長の後妻であるヒョンジュン母を精神病院にいれたみたい。決して金のありかを言わないヒョンジュン母。ヒョンジュンの居場所をジョンウ父が知らないことに気づいてて、ヒョンジュンを探せって。金は、邪悪なジョンウ父からヒョンジュンを守れと会長が自分にくれたものだと言い張ります。ヒョンジュンに何かあれば、あの金は一銭も得られないと言って。

金をヒョンジュンが持ってると気づいたジョンウ父は、ヒョンジュンを探せと部下に!!

そんなヒョンジュン母の元に、会長の看護をしていたチョン看護師が。ヒョンジュン母の命令で、チョン看護師がヒョンジュンを保護したんだね。一人ではどうしていいのか分からないから、今からでもお金をジョンウ父に渡してというチョン看護師に、会長が亡くなったから信じられるのはあの金しかない・・・金を失ったら、ヒョンジュン母とヒョンジュンとチョン看護師はジョンウ父の手で全員死ぬんだというヒョンジュン母。そしてジョンウ父の息子ジョンウを捕まえるよう指示。

ジョンウと約束の場所であえなかったスヨンは落ち込んでて・・・。監禁されてる少女が具合が悪そうで心配します。髪が長いから気づかなかったけど、この子って少女じゃなくて、ヒョンジュンだ!!チョン看護師が部屋に入っていったよ。

うわ・・・スヨン父の殺人事件・・・真犯人が自白したらしい。それをちゃんと処理しないとというキム刑事を止める刑事係長。もう終わった事件だといって。死刑囚の娘としてうつむいて暮らすスヨンをもどかしく見つめるキム刑事。

韓国の高校に転入したジョンウは傘を返そうとスヨンを探します。殺人者27号の娘として皆にいじめられてるスヨンを見つけ、驚くジョンウ。そんな姿を見られたスヨン・・・ジョンウに声をかけるんだけど、ジョンウは傘を隠して後退りして・・・

何も言わず去っていくスヨン・・・

うわ・・・ジョンウもやっぱり父の子だね・・・バスケをしてて強気でやりすぎて、いじめの標的に。それを助けたスヨン。スヨンのお陰で助かったのに、ケンカをけしかけやられるジョンウ。その姿が父に殴られる自分と重なり苦しいスヨン。

ロッカーに人知れず返されてたスヨンの傘。その日は雨で、雨のせいで帰れないジョンウに再び傘を差し出すスヨン。戸惑ってるジョンウに「私は違う・・。私は誰も殺してない」と泣きながら言うスヨン・・・。それでもその傘を受け取らず雨の中に入り、しつこいぞと暴言を口にするジョンウ・・・。私のせいで濡れてごめんねといい、悲しくて泣いてるんじゃない・・・風が冷たくて涙がでただけだといい雨の中帰っていくスヨン。

帰る途中、今出たらすべてがおわる、兄に会いたくないのかというチョン看護師の声に、ヒョンジュンの部屋のまどをあけたスヨン。閉めろとチョン看護師に言われすぐに窓をしめるんだけど、そこでオンマに会い、傘をさすと。。。「この近所で一番有名なスヨンへ」と書いたメッセージが。

雨の中、スヨンと約束した公園のブランコにのり、スヨンのことを考えていたジョンウは、スヨンの家を必死で探します。

ジョンウへの届かない手紙を書いてるスヨン。殺人者の娘じゃなかったら友達になれたかな?って。

ジョンウがスヨンの家をみつけると、近所の人に責められ、逆上するスヨンオンマとそれを止めるスヨンが・・・。傷だらけになりながら謝るスヨン。そんなスヨンを見て涙するジョンウ。ジョンウが居ることに気づき逃げ出すスヨン。

ジョンウはスヨンを追いかけます。ジョンウは公園に隠れて泣いているスヨンを見つけます。スヨンが落とした靴を渡し、イ・スヨンと呼んだーー!!殺人者の娘イ・スヨン、俺と友達になろうとジョンウが!!





第二話
ジョンウは洗濯バサミでスヨンの髪をとめ、こんな顔をしてたんだねー・・・これからはこうやって学校に来いよ、無視しないからといい、謝ります。

近所の人になじられ、悔しがってるスヨン母を見て・・・だまって居られず、真犯人が捕まった事実を話し土下座して泣きながら謝ったキム刑事。

監禁されてるヒョンジュンは、スヨンに声をかけようとまってたんだけど・・・スヨンがジョンウと一緒に戻ってきたから声をかけられなかったよ。

チョン看護師は密かにヒョンジュンの部屋(会長宅)に忍び込み、ジョンウの家族写真と金の詰まったバックを持ち出します。会長の隠し金は数千億でスイス銀行にあり、これは裏金だからジョンウ父も警察には通報できないって事みたい。

バックを持って自宅にもどったチョン看護師はついにジョンウ父に捕まってしまいます。旅行帰りだと嘘をつきます。ヒョンジュン母の一番傍にいたんだから何か知ってることはないかと聞かれ・・・専務(ジョンウ父)の指示で看護してただかだからヒョンジュン母とは親しくないとしらばっくれるチョン看護師。ジョンウ父はチョン看護師にヒョンジュンを探すよう命令を。

次の朝・・・登校したジョンウは、スヨンの机に絵の具をベタベタにぬって遊んでる級友を見ます。面白がってる級友を叱りつけるジョンウ!殴り合いになりケンカになって・・・ぶはは。ジョンウを殴ろうとした相手に思わず抱きついてケンカをとめたスヨン。皆固まっちゃってw

その件で、スヨンがジョンウを殴ろうとした相手に告白したという噂が。スヨンは自分とジョンウが仲良くしてるとジョンウまで嫌われると思い、学校では知らないふりをする秘密の友人になろうって。最初で最後の友達だから、ジョンウの事は自分が守るから、秘密にしてほしいと頼んで。

再びいじめられるスヨン。ジョンウが我慢できなくて助けようとしたら・・・スヨンが立ち上がり・・・おお、無言の反撃だ!!ほんとに無言でジョンウを守ってるよ(笑)それを見たジョンウは、普通に友達としてスヨンに声をかけます。皆が二人を同類だとはやしてたてるんだけど、全く気にしないジョンウ。友達一人いれば怖くないから顔をあげろと言ってくれて。初めて学校で顔をあげ笑うスヨン。

学校から帰ってくると・・・突然ヒョンジュンの部屋から爆発音が聞こえ、火が!!必死でドアをあけるジョンウ。この時手をけがしちゃって・・・やっとの思いで南京錠を壊しドアをあけると、ジョンジュンが飛び出してきて、そのまま逃げ出した。捕まえようとしたジョンウは、ヒョンジュンのネックレスを掴んでしまい、それが外れます。この時ネックレスは二つに割れちゃうんだけどね。

足にひどい怪我を負ったまま逃げるヒョンジュンを追いかけつかまえたスヨン。ジョンウははひろったネックレスをポケットに入れ、ヒョンジュンを抱いて病院に運びます。チョン看護師の元にこの知らせが!!子どもは極道イ・テスの娘が病院に連れて行ったって。

ヒョンジュンは今すぐ大病院に運んで手術をしないと切断になるかもしれないほどで・・・。ジョンウは自宅に電話をして助けてもらおうとするんだけど、義母は相手にしてくれなくて。偶然電話に気づいたジョンウ父が、人を送ると約束してくれます。

見張りの目を盗み部屋を抜けだしたチョン看護師は、病院前に立ってる少年が写真で見たジョンウだと気づきます。割れたネックレスをスヨンに渡すジョンウ。そのネックレスには鍵がついてて・・・それを隠れて見てたチョン看護師は、スイス銀行の鍵では・・・と気づきます。

スヨンはネックレスをヒョンジュンに返します。突然チョン看護師が現れ、無理やりヒョンジュンを連れ去ってしまいます。チョン看護師はヒョンジュンに、お前が一緒に居たのは傷を負わせたハン・テジュンの息子ハン・ジョンウだと教えます。

スヨンが家に帰ると、オンマが荷造りをしろって。キム刑事の家に世話になると言い出します。キム刑事の家に行くと・・・キム刑事の娘、ウンジュが大激怒!!気にせず上がりこむスヨン母。真犯人の話は2人だけの秘密にして一緒に生きようと言い出します。ウンジュは・・・事情を知らないから父があのスヨン母と結婚するんだと思ってるよ(笑)それで大反対してるんだね。

キム刑事が友人の子どもを預かってるという事で納得したから、今後スヨンは刑事の娘って事にしろとスヨンに言う母。

スヨンに会いにきたジョンウは、スヨンが夜逃げしたと聞き、ショックを受けます。公園に行くと、マポベソン(魔法の城)を歌いながらジョンウを待ってるスヨンが!ちゃんと頭にジョンウにもらった洗濯バサミをつけてて。

ジョンウにはもうプレゼントをもらったから、自分もプレゼントをあげる・・・雨の降る日にあげるって。新しい家も教えてあげます。この時、コンプレックスである足の甲にある傷跡をジョンウに見せたスヨン。父の暴力から逃げた時、割れたガラスで傷つけたらしい。

見るたびに痛むというその足を隠し、魔法をかけて、これで悪い記憶はすべて消えた、これからは良い記憶を作れば良いと言ってくれて。そこで声をかけるウンジュ。スヨンが気に入らないから最初は毒舌なんだけど、ジョンウを見た途端、格好良すぎて、漫画のヒーローみたいで失神しそうになり逃げ出したよ(笑)

ジョンウ父は、あの時ジョンウが病院から電話してきたとき助けた少年がヒョンジュンだったと気づき、ヒョンジュンの足が深刻な状態だと分かります。

ナム室長はヒョンジュ母に、足を切断するほどの傷を負ってる事を伝え、このままじゃ命も危ないから諦めるよう話します。

チョン看護師はトランクをコインロッカーに隠してたよ。チョン看護師はヒョンジュンの元に行き、「あんたの命も母親の命も、ハン・テジュンではなく、今は私の手の中にある」なんて言ってるよーー!!何者かがロッカーからトランクを出してるよ!!

ジョンウは登校したスヨンに、転校なんか絶対するなよって。うわ・・・誰かがジョンウの写真を見ながらジョンウを監視してる。。。もしかしてチョン看護師に拉致を依頼された人って事??

きゃー☆バスの中で・・・眠ってるスヨンと・・・偶然キスしちゃったジョンウ!!スヨンは気づいてないみたい。ぶはは。キスしちゃって意識して態度のおかしいジョンウ。ドキドキしちゃってるよ^^消えかかってる街灯を直してて、キスするか?って瞬間もあったね^^それを誤解してキム刑事はジョンウを家に連れてきちゃったよ。キム刑事がスヨンとウンジュにお揃いの洋服を買ってくれてて。ジョンウも一緒に食事を。ぶははは!!キム刑事ったら、ケンカしたときの強がり方??をジョンウに伝授してるよ(爆笑)

ウンジュに、二人は付き合ってるの??ジョンウをもらっちゃダメ?と聞かれ、自分がジョンウを好きなだけで、ジョンウは自分が可哀相で一緒にいてくれてるだけだとスヨンは話します。ウンジュも良い子で、可哀相なんかじゃないって言ってくれてるよ。キム刑事の家に来てジョンウもオンマも幸せそうだ・・・。

オモ!!ラストに大人になったジョンウ・・・ユチョン登場!!なんだかスヨンの事を怒ってるって言ってるよ。今日だけ待ってるって・・・泣いてるよー・・・





第三話
家まで送ったジョンウに、「そのまま成長しろ、そうすればおじさんの夢が叶う」と言うキム刑事。キム刑事の夢は、まともな人間だって。それが一番むずかしい事なんだって。帰り際・・・怪しい車を見かけます。車のナンバーを記録するキム刑事。ジョンウは父に、刑事なんかに会うなと言われちゃったよ・・・。

寝る前にスヨンに電話するジョンウ♪雪がふる前に雨がふってプレゼントを貰わないとと話してて(笑)初雪の日にキスしたら・・・って話をウンジュに聞いたからかな??(笑)スヨンは壁に「ポゴシプタ(会いたい)」と落書きを。

次の日、待ちに待った雨が!!急いで出かけるジョンウ。スヨンも傘を持って出かけます。スヨンの家に行く途中・・・あの街灯がショートしてるのを見てたら・・・何者かに口をふさがれ薬をかがされ連れて行かれたーー!!それを見つけたスヨン。必死で走って追いかけます。顔を見られた犯人は・・・うわ・・・スヨンまで連れ去った??

ジョンウを拉致したという報告をうけたチョン看護師は、ヒョンジュンを車にのせ、ヒョンジュン母のいる病院に。足に大怪我をしてるジョンウを窓越しに、母に見せます。ヒョンジュン母は、ジョンウ父を呼び出した。

スヨンの傘を見つけたウンジュは、キム刑事に説明を。スヨンはジョンウに会いに行ったはずで、ジョンウは電話に出ないって。

気がついたジョンウは縛られてて・・。そこにスヨンも居ることに気づき、ジョンウを助けようとして捕まった事を知ります。

ジョンウ父に、ジョンウを拉致したことを伝えたヒョンジュン母。それで脅迫して外に出ていこうとしたヒョンジュン母だったけど、うわ・・・ジョンウ父は、ヒョンジュン母を逃さず、再度捕まえやがった!!

外でこっそり見張ってたチョン看護師は、計画が失敗したことに気づきます。ヒョンジュンを連れ、逃げ出した!!母のもとに行きたがるヒョンジュンに、もう母親には会えない、ハン・テジュンが生かすはずがないというチョン看護師。ヒョンジュンの父を殺し、ヒョンジュンの足も傷つけた人だから、捕まったら殺されるって。

なんとか縛ってる縄を切って逃げようとするジョンウ。しかし・・・その前に、犯人の一人がジョンウとスヨンの前に!!そして・・・スヨンだけを連れていき、スヨンを襲おうとしたーー!!スヨンの縄をほどいたところで、うるさいジョンウの口を塞ぎ腹を殴る犯人!!

するとスヨンが犯人の頭を棒でなぐった!!「私が誰か分かる?私の父は殺人犯だ!!私は殺人者の娘だ」と泣きながらいい、殴りかかるんだけど・・・逆に殴られ、ジョンウの目の前で・・・おそわれた・・・・もう・・・辛いよ・・・・見てられない・・・こんな展開なわけ??(涙)号泣するジョンウ。

もう一人の犯人がやってきて、スヨンを襲った男を痛めつけてる時、ジョンウの縄がほどけた!!血だらけになり倒れてるスヨンが・・・。ドアが開いてる事に気づいたジョンウは・・・えええーーー!!スヨンを置いて自分だけ逃げちゃったよーーー!!!!

外に出ると雪が・・・。初雪の日には一人だけの友人スヨンに会うと約束したことを思い出した・・・しかし・・・犯人が追ってきて、逃げるジョンウ。

やっと見つけた公衆電話で、父に電話をし、スヨンが寿城の倉庫にいるから助けてほしいと頼みます。そして警察にも連絡し、助けてと頼んだところで・・・場所を言う前に犯人に気づき逃げ出します。そして・・・捕まってしまった。

ジョンウがキム刑事の名前を言っていたから、連絡をうけた警察はキム刑事に報告を。スヨンを探してたキム刑事は、連絡位置を確認します。

犯人は、ジョンウは報酬のために殺さないがスヨンは殺すと言ってて・・・。うわ!!犯人がジョンウを痛めつけているところにジョンウ父が恐い人たちを大量に連れてやってきたーーー!!

スヨンを助けてと必死にジョンウが頼むんだけど、ジョンウを叩き、無理やり家に連れて行かせる父。

父は、犯人に電話してきたチョン看護師にジョンウを捕まえたから金を持って倉庫に来るよう指示させます。そのチョン看護師の車の前に突然飛び出してきたのは・・・スヨンだ!!ヒョンジュンは、自分の知ってるお姉さんだと気づきます。うわ・・・チョン看護師は、スヨンを助けるどころか・・・犯人の顔を見たジョンウと一緒に拉致した子だと気づき、バックをし、わざとスヨンを車でひいた!

ナム室長は証拠をすべて片付け、倉庫に火を放ちます。

キム刑事が、報告をうけた地域に行くと、山の上に火事が見えて・・・それを不思議そうに見つめているキム刑事の横を、車に載せられたジョンウが通り過ぎるが・・・キム刑事は気づいてないよ。


火事現場に駆けつけたキム刑事は、スヨンが大事にしてたあの洗濯バサミがあることに気が付きます。間違いなくスヨンのものだから、捜査しないとと必死で訴えるのに、そんな洗濯バサミはどこにでもあると相手にされなくて。


帰って来たジョンウに、拉致された上警察を呼ぶなんてと、叱りつけるジョンウ父。父の足にすがりつき、自分を助けようとしたスヨンを助けてほしいと頼むジョンウに、スヨンを置いて逃げ出したんだから、スヨンに何かあったらジョンウが殺したってことだとひどいことをいう父。傍にいてほしいと頼んだ義母にも、アメリカに帰ればこんなことにならなかったのに・・・あんたはその程度の人間だなんて言われて・・・。

必死で一人で現場近くを捜索するキム刑事は、血を見つけ、スヨンの靴を見つけます。そして・・・道路の真ん中に血の塊をみつけて・・・。しかし・・・スヨンはどこにもいない・・・

ジョンウに話を聞こうと家まで行くんだけど、礼状がないと会わせないと、追い返されてしまいます。

現場周辺の監視カメラに、ジョンウの家の前で以前見た怪しい車と同じナンバーの車をみつけます。しかし・・・警察係長は、こうやってキム刑事が騒ぐと、キム・テス事件の真相がばれてしまうと、キム刑事が捜査できないよう身分証を取り上げちゃった。

スヨン母は、キム・テスに殺されたと思ってる被害者の遺族のせいだと思い、キム・テスは犯人じゃなかった・・・キム刑事が間違ったんだと説明してほしいとキム刑事に。ずっとスヨンは刑事仲間の子だと思ってたウンジュも、これを聞いて驚きます。

ウンジュはこんな嘘をついた父を責めます。スヨンが自分の父が殺人者じゃないと知らないと知り、一段と責めて。

目覚めたジョンウは、狂ったようにスヨンをさがします。そして父に、スヨンを探すと言ったじゃないか・・・スヨンはどこなんだって。約束したじゃないかと泣き叫ぶジョンウ。!!!





第四話
ずっと鎮静剤をうたれて監禁されているジョンウ。担当医は精神科に入院を薦めます。

スヨン母がジョンウを訪ねてジョンウの家に。警備がスヨン母の相手をしてるあいだにウンジュが家に入り込みます。ジョンウを見つけたウンジュ。怪我だらけで隠れて震えてるんだよね。ジョンウへの気持ちのつまったスヨンの日記を見せ、スヨンの事を聞くウンジュ。結局、ウンジュはジョンウの義母に追い出されます。

犯人の乗り捨てたバンを見つけたキム刑事。しかし・・・中には誰もいないし何もなくて。車内の指紋を調べます。

犯人の一人を痛めつけ、チョン看護師の居場所を聞き出そうとするジョンウ父。この男は何もしらなくて、サンテクというもう一人の犯人が知ってるはずだと言います。関係した奴らをすべて連れてこいと犯人に言うジョン父。

ウンジュが落として行ったスヨンの日記・・・そこには、二人の思い出と、ジョンウを好きなスヨンの気持ちがつまってて・・・ジョンウは涙が止まらないよ。

スヨンの運動靴から出た血から・・・単純な暴力ではないことが分かり、強姦前科犯と指紋称号をしてるという連絡がキム刑事の元に。スヨンが何をされたかわかり・・・悔しくて涙するキム刑事。ウンジュに、これからは、スヨンじゃなくてウンジュだと思って探す・・・刑事ではなく父として探すから何でもやって捕まえてやる!!と宣言を。理由は分からないけど、当然そうしろ!!スヨンを必ず探すよう言うウンジュ。

キム刑事は、イ・テス事件をばらすと判事を脅迫して礼状をとります。17年の刑事生活を捨ててでも絶対スヨンを苦しめた奴を捕まえてやるって。そしてジョンウの家に!!未成年者誘拐、監禁罪、性的暴力処罰法、被害者関連法違反容疑でジョンウを逮捕するとジョンウ父に!もちろん礼状はある。スヨンを拉致した車からジョンウの指紋が出た事から有力な容疑者だといって。

そこにジョンウが!!捕まえてくださいと腕を出します。「すまないジョンウ・・・おじさんは今、ちょっと狂ってるんだ」といい手錠をかけたキム刑事。ジョンウを連れ出すにはこの方法しかなかったんだよね・・・

ジョンウ父はナム室長に、スヨンを探すよういいます。ナム室長はサウナでもう一人の犯人??誰かを見つけ出し、現場から持ちだした血のついたスヨンの服??を投げます。

キム刑事と二人きりになったジョンウは、自分は一人で逃げてしまった事を正直に話します。スヨンにジョンウが話すことがあるのと同じように、自分にも話すことがあるんだというキム刑事。スヨンは殺人者の娘じゃないことを告白します。自分がスヨンを殺人者の娘にしてしまったって。ジョンウはあの日あった事をすべて話します。

犯人は右手の指が欠けていたこと・・・額から血が出た事・・・「氷」をやったな?と言われてた事を話します。氷とはクスリだ。クスリの常習犯のうちで指が欠けてる奴を見つけ、ジョンウが見分ければ捕まえられそうだといい、キム刑事はスヨンの靴を見せます。火事で残ったのはこれだけだって。火事は事件の隠蔽だ。そして・・・ジョンウの話で、火事を起こしたのは犯人だと思っていたが、ジョンウ父の可能性が高くなった。父に聞かないと!!というジョンウを止め、父親を疑うなと言ってあげるキム刑事。

そこに、事件当時、倉庫近くで男が女を連れ去る目撃情報が入ったとの知らせが!倉庫近くの管理人だ。目撃者の情報で、川を探す警察。しかしここはスヨンの靴が見つかった場所とは2キロも反対側だ。スヨンのはずがないというキム刑事だったが土の中から見つかったのは・・・スヨンの服・・・。

そしてクスリの常習犯である薬指のない男(サウナで見つかったもう一人の犯人)が特定された。その男を探すキム刑事。

家に戻ったジョンウは父に、父が捕まえた犯人はどこにいるのか聞きます。家事のことも話して。戻ったら火事になってて驚いて、自分が取り逃がしたと話すナム室長。ジョンウ父は、ジョンウをアメリカでも精神病院でも良いから目の前から消せとナム室長に!!

この二人の犯人は、ジョンウ父の指示通り動いてるみたい。キム刑事が二人の犯人の前に!!スヨンはどこだと聞き、二人を痛めつけます。そして、片方の男がスヨンをおそった犯人だと気付き、急所をこれでもかというほど殴りつけます。この犯人・・・スヨンは殺して捨てたって!!(こう言うようにジョンウ父に指示されたって事だよね??)

犯人の現場検証が。遺体を川に落とす場面も実演。スヨン母は犯人に、どうしてそうしたのかと泣きながら聞きます。スヨンは生きてるとだけ言ってくれって・・・その様子がニュースにうつってて。。。

それを見ているジョンウは病院だった。義母に連れられアメリカに連れて行かれる所で・・・そのまま逃げ出し、あの公園に。

警察のしらべで、火事の前にスヨンを襲ったあの男は車で逃げてて、もう一人は父につかまっていた・・・。ナム室長は、倉庫に行ったらもう火事になっていたと言ったが、話のつじつまが合わない。ジョンウは父の部屋に入り、鍵のかかった机をあけます。そこには・・・犯人の写真と、キム刑事の記録カードのコピーが。そして・・・ジョンウが倉庫に落とした携帯電話も。その携帯に電源を入れると・・・・いきなり着信が!電話の相手は・・・スヨンだ!!

しかし、父に電話を取り上げられるジョンウ。スヨンもまた、電話を取り上げられた!!スヨンは、チョン看護婦に、ヒョンジュンと共に拉致されてるよ。ヒョンジュンが助けてほしいと頼んだから仕方なくスヨンを連れてきたみたい。

スヨンは死んだんだというジョンウを叩き、狂った奴めと言うジョンウ父。それでも携帯を返して欲しいと頼むジョンウ。ひゃーーー!!父は、携帯を床に投げつけて壊しやがった!!

最初からスヨンを探さなかったでしょう・・・スヨンを探すのは口先だけで、生きてても探したくなかったんだろう・・・とジョンウにきかれ、「そうだ、なんで俺が探さないといけない。殺人者の娘・・・そんなゴミみたいな奴になんで関わるんだ」といい、アメリカに帰れというジョンウ父。

ジョンウはこわれた携帯を拾い、ジョンウだけを信じてるというジョンウ父に「もう信じないでください。。。僕もアボジを信じない」といい、スヨンの日記だけ持って家を出ていきます。

警察で大暴れをしているキム刑事。まともに捜査も始めず犯人が殺したといえば終わる捜査なんて捜査じゃないといって。辞職書もたたきつけた!!そこにジョンウが!!スヨンは生きてるって!!スヨンを探してください・・・おじさんを・・・(警察の)おじさんたちを信じてるから探してくださいと泣くジョンウ。スヨンに会いたいって・・・

スイス銀行に・・・かな??一緒に行くのか行かないのかと聞かれたヒョンジュンは・・・このままスヨンを放っておくと死んでしまうと、一緒に行かない意思表示を。ヒョンジュンが選択したんだから恨むなといい、ヒョンジュンのネックレスを奪い去っていくチョン看護師。「そのネックレスは使えない!!僕が18歳になるまでお金は受け取れないんだ。他人は受け取れないって言ったんだ。オンマが」と言うヒョンジュン。スヨンの手を握り、スヨンが行かないならどこにも行かないと言います。そしてスヨン死亡の記事を見せ、君は死んだんだと説明するヒョンジュン。ハン・ジョンウが電話を切ったのは、スヨンを待ってないし探してないからだって。ジョンウに捨てられたんだと言われ、違う!!と叫び泣くスヨン。待っても来ないのは、捨てたって事なんだと言われ・・・発狂したように泣きながら、強姦されたときの記憶が・・・そして逃げるジョンウの姿・・・

また第一話の最初に出てきた、大人になったジョンウとスヨンとヒョンジュンの映像がラストに!!ユチョーン・・・とも思うけど・・・それ以上に・・・ひぇーー!!スンホ君が美しすぎるーー!!!
!!!!!





第五話

待ってたのに・・・オンマが死んだ・・・スヨンまでどこかに行ったら僕には誰も居ないんだ・・・と泣いて訴えるヒョンジョン。「友達は一人だけいればいい」というジョンウの言葉を思い出すスヨン・・・

警察をやめたキム刑事は、スヨンのかけてきた番号を調べる手立てがなく、ジョンウを連れて、元警察の班長をしてたチェ班長の元に。今はビリヤード場のオーナーなんだね。

一方ジョンウ父は、スヨンがかけてきた電話番号がチョン看護師の番号だとすでに突き止めていた。キム刑事より先に位置追跡するようナム室長にいいます。うわ・・・ジョンウ父・・・わが子なのに、ジョンウを捨てたよ。二度と目の前につれてくるなって。

スヨンがかけてきた電話の通話記録から、パスポート偽造をしてる木槌とよばれる男に電話をしてることに気づくキム刑事。

ウンジュにつれられ、キム刑事の家の前まできたジョンウは、スヨンの書いた「ポゴシプタ(会いたい)」の文字を見付け、涙を・・・。悲しいからじゃない・・・風が吹くからだ・・・と呟いて・・・。ジョンウが居ると知ったスヨン母は、ジョンウに傘を泣けつけ、殴ってスヨンを連れてきてと泣いて。

木槌の元にきたキム刑事は、スヨンとチョンチョン看護士とヒョンジュンの写真で偽造パスポートを作ってるのを見付けたんだけど・・・確実になってから話そうと、ジョンウにはまだ秘密にしてるよ。

チョン看護士にパスポートを渡す木槌にこっそりついていき、チョン看護士を尾行するキム刑事。

ジョンウ父が隠れ家を見付けるけど、移動した後だった。ジョンウ父がチョン看護士に電話を!「お前は逃げろ!!こっちは子供と金だけで良い。金よりヒョンジュンの顔をみたい」と言うんだけど、この言葉を聴いてたのはヒョンジュンだ。チョン看護士は聞いていない。そこで列車が入ってくる音が!!すぐに行こう!と、チョン看護士とスヨンに言うヒョンジュン。この列車の音をジョンウ父も聞いたよ!!

キム刑事が、スヨンの居る駅に!!中に入ろうとしたときジョンウから電話が!携帯の持ち主が分かった、ジョンウの占いが当たってスヨンが見つかりそうだという報告を。スヨンを必ずつれて帰ると約束し、電話を切るキム刑事。

キム刑事が居ると気づいたヒョンジュン。ヒョンジュンの知らせで逃げるチョン看護師。キム刑事はチョン看護師の車が逃走したから、それを追いかけます。車にスヨンが居るのを確認します。声をかけるけど、抜け殻になってるスヨンだけ気づかなくて・・・。うわ!!ヒョンジュンが、キム刑事のブレーキの下に空き缶を置いてるーー!!ブレーキが効かず、キム刑事は・・・・・

キム刑事の家の前で、帰りを待つジョンウ。

うわーー!!!キム刑事の車が山から落ちたーーー!!!!

キム刑事・・・死んじゃったのね(涙)残されたジョンウとウンジュとスヨン母。キム刑事に感謝し、これから自分がスヨンを探すと誓うジョンウ。きゃーー☆ついに、ジョンウがユチョンになったーーー!!!好感を持てなくなってしまった子供時代のヒョンジュンだったけど、スンホ君にポゴシプター!!

ジョンウ、マポベソンをカラオケで歌ってるの・・・可愛い(笑)てか、ユチョン、これを東方神起でも歌ってたのに、わざと下手に歌ってるのね。ミドゥルスーインナヨー ナエグムソゲソー ノヌンマポベパジンゴンジュランゴーン♪(信じられるかい?僕の夢の中で、君は魔法にかかった姫だって事を)この局、オールハングルで歌えるまみまみ(笑)ジョンウは刑事になったのね。

14年後なんだね。三日後に出所なスヨンを殺したとなってる男に面会するジョンウ。お前を合法的に殺すために刑事になったんだというジョンウに、彼女を捨てて一人で逃げたくせにという男。CCTVにスンデを詰め、その男を殴るジョンウ。出所して自分より先に死んだら許さない、お前は俺が殺してやる・・・だから俺の許可なしに死んでも死ぬなといいます。

ジョンウはスヨン母とウンジュと一緒に暮らしてるよ。ひゃーー!!この瞬間マンクム・・・スヨン母になりたいー(笑)

スヨンの書いたポゴシプタに、元通り色をつけるジョンウ・・・。ここで、「今日だけ待ってる」のあのシーンだったんだね。

ジョンウの妹アルムはモデルになってるみたい。アボジに知られたら大変なんだけど、アルムだけはジョンウと連絡を無理やりとってるみたいね。オッパ大好き妹だから。モデル事務所のオーナーはこの義母??ジョイをなんとかスカウトしないといけないからちゃんと通訳しろとアルムに言う義母。

このジョイなんだけど、デザイナーで、スヨンだーー!!きゃーーー☆ヒョンジュンだーー!!てかスンホ君だーー!!幼いころの怪我で杖をつかないと歩けないのね。スヨンとヒョンジュンは愛し合ってる関係??スヨンはジョイになり、ヒョンジュンはハリーになってる・・・名前が。

そんなイチャイチャなジョイをみたジョンウ義母。ジョイにはスポンサーが居るはずだけど若い彼のはずがないと思い、浮気現場をみたから、これでジョイのスカウトは成功だと思います。

自宅のプールで溺死した女性の捜査にのりだしたジョンウ。これって・・・チョン看護師??被害者が発見された家の持ち主は、海外出張中でほとんど韓国に居ない。そこにはかぎのかかった部屋もあって・・・。ジョイとハリーの写真を見たジョンウ。ジョイを見て、思わず写真に手を伸ばします。

ハリーに、ジョンウにしてもらった魔法をかけ、悪い記憶は消してよい記憶を作ればよいと言うジョイ。チョン看護師って、ミシェル・キムって名前にしてたのね。保護者連絡でジョンウがハリーに電話を。ミシェルが死んだと知り、驚くハリー。

リハーサル中、ジョイに声をかけるジョンウ義母。無理やり名詞を渡します。その名詞を即座に捨てるジョイ。ショーは成功に終わるんだけど、フィナーレに出てこないジョイ。ジョイはハリーを探してたんだね。ジョイを待ちながら眠ってるハリーを見付けたジョイ。ハリーをジョイはめっちゃ愛してるんじゃンーー!!

ジョイが携帯の着信音で目をさますと・・それはハリーで、ソウルに居るって。ミシェルが死んだと伝えます。馬鹿みたいに酒を飲んで倒れたって。ジョイも行こうか?ときくけど、そんな必要はない、早く処理してフランスに戻りたいというハリー・・ジョイの側にって・・。そして、ジョンウに会うハリー。

ジョイは・・・結局韓国に来たのね。すごく怖がってる。

ハリーを自宅に送ったジョンウ。帰り際・・・門を開けようとしたジョンウは・・・「雨がやむ・・・やまない・・・」とスヨンのように門の前でしゃべってるジョイを見付けます。門の前から走って去っていくジョイ。「待って!!」と言い、必死で門から出ようとするジョンウ!!






第六話

スヨン!!と叫びながら追いかけたジョンウ!!ジョイを捕まえます。追いかけてきた先輩刑事がジョンウ!!と呼ぶ。捕まえるのか?と聞かれ、違う・・・違うんだ・・ヒョン・・・といい、手を離し、行ってしまうジョンウ。

連絡もせずに韓国にきたジョイに怒ってるハリー。二度と怒らせるなよといい、機嫌が直って。家の前で警察に泥棒と間違えてつかまりそうになったと、普通に話すジョイ。

スヨン母は、食堂で稼いだ金で、ジョンウに高い服を。でも、市場の袋に入れて、高いものだとばれないようにしてジョンウに渡して。完全に本当の息子だよねー。ジョンウも母を愛してて、俺の彼女って呼んでるし。

ハリーは、ジョンウがジョンウだと気づいてる??ジョイに会わないように手を回したよ。

警察の掃除アジュンマ・・・キム・ミギョンさんじゃん!!こんな有名な女優さんが掃除アジュンマ??なんか秘密がありそう。そういえばジョンウの実母って亡くなったのかしら・・・。気になるw

ジョンウはハリー宅のCCTVに、ナム室長が映ってるのを見付けた!!ナム室長、昇進して理事になってるよ。ジョンウ父、なんだかナム理事に冷たくなってる・・・。変わりにイケメンのユン室長がお気に入り??その様子をこっそり見てるジョンウ。

ジョンウはナム理事に会い、昨夜ミシェル・キムが死んだことを教えます。ジョンウ義母に頼まれ、投資の件で何度か電話したことがあるけど会ったことはないらしい。写真を見て、チョン看護師だと気づき驚くがごまかします。事故当日のCCTVにナム理事が映ってたことを追及するけど、お使いで行っただけで会ってないって。キム理事はミシェルキムに甥がいると聞き、驚きます。ひゃー!!ナム理事は、ミシェルに30億の融資を受けてるみたい。債権者はミシェルだけど、返済の受取人はハリー・ボリソンとなってるよ。ハリーがヒョンジュンだと気づいたみたいだー!!

義母のブティックに来たジョンウ。義母にミシェルが死んだことを教えます。驚く義母。相変わらずジョンウに冷たい義母。義母は、ミシェルはナム理事の投資者で、名前だけで顔は知らないとジョンウに。頼むから自分たちの目の前に現れるなと相変わらずな言葉を浴びせ去る義母。

ハリーの不在中、先輩刑事がハリーの家に。ジョンウにも電話をし、くるよういいます。家にいたジョイはハリーに電話をし、心臓麻痺で死んだのになんで警察が家にくるの?と聞きます。思わず「警察に会ったのか?」と聞くハリー。ウェディングドレスのデザインをしてるから別に会ってないと答えたジョイに、すぐに行くから待ってろとハリー。

ジョンウがハリー宅に!!主人が居ないから今度にしてくださいとお手伝いさんに言われるジョンウ。先輩刑事がジョンウを「ハン・ジョンウ」と呼んだ!!うわ!!ジョイがジョンウに気づいた!!ジョンウもジョイがスヨンだと気づいた??「お前はいったい誰だ!!名前を言え!!」と怒鳴るジョンウ。そこにハリーが!!「ジョイ」と呼ぶんだよね。

聞き込み中もずーっとジョイを見つめるジョンウに、「僕の婚約者に何か問題でも?」と聞くハリー。ジョイも、ジョンウの目の前でハリーに寄り添い「私はハリーしかいない・・・」なんて言ったよ。失礼を詫び、面白いものを見せるといい、コップにボタンをひとつ・・・。「雨が降る・・・降らない・・・降る・・・降らない・・・。今日は雨が降らない。僕の友達がとく熱に教えてくれたんだけど、昨日は・・」といいかけたジョンウの話をさえぎり、もう帰るよう言うジョイ。なんで雨の占いを知ってるんだと聞かれ、固まるジョイ。代わりにハリーが、本で読んだんだよと答えます。オモ!!ユチョンとスンホ君、背がかわらないよ!!ええ??こんなにスンホ君背が高かったっけ??と、変なところが気になるまみまみ(笑)

スヨンを殺したとされる犯人が出所する前日、あの拉致現場に行き、出所当日、刑務所の前で待つジョンウ。先輩刑事はジョンウが変なことをしないよう、突然車に乗り込んで鍵をぬき、自分の手と手錠でつなぎます。サンテクって名前だっけ??この犯人。サンテクが出所してきた!!先輩刑事のせいで追いかけられないジョンウ。焦るなと・・・刑事は待つのが仕事だと言い聞かせる先輩刑事。

出所したこのサンテクを、助手席にジョイを乗せたハリーが車で軽く接触してしまった。うわ!!ジョイは自分を暴行した犯人だと気づいた!!ジョイに声をかけ・・・こっそりジョイの携帯を盗むサンテク。そのまま行こうとするサンテクに名刺を渡すハリー。男が行った後、ジョイの様子がおかしい!!

家に帰ってからも、鍵をかけ、ずっとシャワーの下で震えて泣いてて。そんなジョイを大丈夫だと抱きしめるハリー。

うわ。サンテクの奴、盗んだジョイの電話でジョンウに電話を。ジョンウの自宅前にきてて、家に若い女が一人居るなって!!!ウンジュのことだ!!急いで家に戻ったジョンウを・・・角材で殴るサンテク。逆に殴ろうとしたジョンウに「イ・スヨンは死んでない」というサンテク!どこに居るか知ってるから、俺を殺すと探せなくなるぞなんて。手がだせなくなったジョンウを殴りながら、「ある人が俺に俺が殺したことにするよう言ってきた。キム刑事が気づいて捜査したけど殺された」といい、支持したのが誰か知りたかったら謝れって。殴られながら・・・あの拉致されたときのことを思い出すジョンウ。そこにウンジュが!!サンテクに襲い掛かって。また会おうと行ってしまうサンテク。

スヨンを知ってると言ってたというジョンウ。そんな話を信じるの?とウンジュに聞かれ、信じるって・・・。

ハリーの携帯に着信が。今までうまく隠れたな、カン・ヒョンジュンと言う声。ナム理事だ!!

傷ついたジョンウを見て・・・自分はスヨンに会いたくない・・・だからジョンウをとめてくれと泣きながら先輩刑事に言うスヨン母。

ハリーが出かけた後、自宅に電話が。電話を取ったのはジョイで、相手はサンテクだ!!痛いから病院に行かないとと言うんだよね。震えだすジョイ。このままじゃひき逃げで彼氏は刑務所だぞなんて言ってるよ。蘇る暴行の光景・・・。勇気をだし、待っているよう言うジョイ。

そのころハリーは、ナム理事に会っていた。ミシェルは賭博場で自分を負けさせ借金を作らせ、自分を利用してハン・テジュンに復習を企てていたとし、金を要求。ナム理事はイ・スヨンもハリーと一緒だと分かってると話します。ハン・テジュンに言わない条件で・・と言い、借用書を破り、イ・スヨンの価値はお前が決めろと、金を要求。自分の母を殺していくらもらったんだと聞くハリー。

サンテクの家に宅配が。中身を見ようとしたとき、再びチャイムが。うわ!!宅配の品物の上にかかってた新聞って・・・スヨンの記事だよ!!外を見ると、髪の長い女が。ジョイだと思い、鍵をあけるんだけど、スタンガンを当てられた!!

先輩刑事がサンテクの家に。鍵が閉まってる。中で・・・何者かに口をふさがれ浴槽に入れられたサンテクが。サンテクの顔に濡れタオルがかけられて!!

サンテクの家に行くため、自宅の門をでたジョイの前にジョンウが!!自宅のCCTV映像・・・ハリーのPCに転送されてるよ。ジョイとジョンウの状況に気づいた!

もう一度自分の名前を呼んでほしいとジョイに頼むジョンウ。イ・スヨンと呼んで。「君が自分が探してる人みたいで・・・狂った奴みたいだろう?だからもうやめようと思うんだ。今日だけ・・・今日だけ探して止めようって・・・本当に終わりに・・。だからお願いをひとつだけきいて送ってほしい。俺の名前は・・・ハン・ジョンウだ」

平然と「ハン・ジョンウ」というジョイ。もう一度・・・といい後ろを向くジョンウ。「ハンジョンウ」・・・そしてもう一度・・・。またもう一度・・・。「ジョンウヤ・・・ハン・ジョンウ」ジョンウの頬に涙が。





第七話

スヨンの声と完全シンクロして涙が止まらないジョンウ。韓国を離れたとき・・・ジョンヒョンにジョンウに捨てられたという言葉が蘇り、冷たくこれでいいよね?というジョイ。「違うよね・・・。違うから・・」とジョンウが言ったとき、再び「ハン・ジョンウ」とジョイ。終わりの日だから、今日だけ友達になってあげるといい、お酒を一杯おごってあげるというジョイ。

酒を飲まないジョンウ・・・一杯でも飲んだらカラオケに行かないといけなくなるからって。一番好きな歌は何かとジョイに聞くジョンウ。マポベソンを期待してるんだよね。「まだ私がイ・スヨンとかいう女に見えるの?」と聞くジョイ。ハン・ジョンウと呼ぶ声・・・声を立てずに笑うところ・・・それが似てるというジョンウに、そんなに好きだったのになぜ別れたのかと聞くジョイ。

サンテクの遺体が発見された。発見したのはあの犯人一号サンチョルだ。ハンジョンウが殺したんだと叫ぶサンチョル。

自分とハリーは幼いころ養子になったとジョンウに説明するジョイ。本当の年も知らないって。なぜ別れたのかの答えを聞かれ、自分はとても足が速すぎたせいだ・・・追いかけるのも逃げるのも早すぎるんだと答えます。喧嘩は強いの?と聞き、何があっても守ってくれるから彼女がうらやましいわなんて嫌味を言うジョイ。

家に送ってもらったジョイは、さっきのカフェに今度行こうと、ジョンウの電話番号を聞きます。彼女と別れた慰労としてって。しかし・・・教えずそのまま行くジョイ。ヘリーを気にしてか?と帰ろうとするジョンウに言うジョイ。「だったらこれはどう?秘密の友達」って!!これはスヨンが昔言ってた言葉だ。「秘密なんて嫌だ。俺は」とあの時と同じように答え、行ってしまうジョンウ。「私は友達が一人居れば良いのに」と・・・またスヨンが昔言った言葉を!!振り返ったジョンウに「今日のことは誰にも言わないでね。秘密の友達だから。」といい家に入るジョイ。

サンチョルからの電話で、サンテクが殺されたことを知るジョンウ。

帰ったジョイは、ハリーにどこに行ってたのかと聞かれ、ハン・ジョンウに会ったと答えます。結婚しようとジョイに言うハリー。婚約だけでもって。ジョンウとは好きで会ったんじゃない・・・知らないふりするのも面倒だし、苦しめたかったと話すジョイ。お前はイ・スヨンではなくジョイだというハリーに、あまりに腹が立ってこうしたというジョイ。ハン・ジョンウを恨まないとだめだよ・・・そうできるよね?と心で呟くハリー。

死因は、ドライアイスの凍傷があり、低体温死だったらしい。サンチョルが殺人容疑で訴えたから、この事件から抜けるよう警察署長に言われるジョンウ。なだめる先輩刑事に、スヨンを殺したといわせた奴を捕まえないといけないんだと泣き叫ぶジョンウ。(代わりに探してやるから)自分を信じろと言ってくれる班長。

サンテクが死んだ時間、何をしてたのか言わないジョンウ。警察署内のことは何でも知ってる掃除アジュンマから情報を得るという方法に気づきます。

うわー。ジョンウが外されたのって、ジョンウ父が警察署長に指示したんだね。そしてサンテクを殺した犯人を見付けろというジョンウ父。なぜそれが気になるのか理解できない警察署長。

ハリーは自転車でジョンウ父にぶつかりそうになって。これってわざと?ジョンウ父の前に現れたのか?

ジョンウ義母がジョイにメールを。ヘリーのことを浮気だと思ってるから、ヘリーとジョイの仲良くしてる写真までさりげなくつけて。ずうずうしくも、友達になりたいなんて書いてるし。

掃除アジュンマから、足跡が見つかったという情報を得たジョンウ。そんなジョンウの元にジョイが。脅迫メールが来たといい、ジョンウ義母から送られてきた写真を見せます。仲よさそうなジョイとハリーの写真を複雑な心境で見るジョンウ。担当部署にまわすというジョンウに・・・わざとメールの内容を見せ、義母が送ったと気づかせるジョイ。自分が調べて連絡をするというジョンウに電話番号を教えるジョイ。

ウンジュはジョンウと居る女をジョンウがスヨンだと言ってたと聞き、顔を見に二人の前に。オンマの食堂のものを運んできたと紙袋を渡します。食堂の紙袋には店の名前が・・・。「連絡取れなくて、一人しかいない友達だから心配で眠れなかった」というウンジュ。このとき昨夜、二人で酒を飲んだことをハリーに言ったと話すジョイ。

帰ったあと、彼女が居たから言えなかったけど、今夜食事を7時にどう?とメールを送ってきたジョイ。私も友達が一人だけいればよいのにって。

ハリーは50億の大金を、ジョンウ父の銀行におろしにやってきた。カンボジア投資の資金のため何日か猶予をもらわないとまずい状況で。ナム理事に処理をするよう言うジョンウ父。ハリーに帰るよういうナム理事。俺より先に、ナム理事が先にハン・テジュンにやられるから気をつけろといい帰っていくハリー。

母の食堂に来て母を密かに見るジョイ。食堂のテレビに、サンテクの事件が。。。ニュースを見ても、ショックも受けず、ドラマにチャンネルを変える母・・・そして娘ウンジュの話を客にして・・・。ショックを受け店を出るジョイ。

その後、食堂に来たジョンウ。スヨン母は泣いてて・・・(涙)サンテクを殺した奴を必ず捕まえてねというスヨン母。スヨン母に自分の靴をはかせて、靴跡を調べてるよ。デートしながら。サンテクも死んだから、もう家に帰るようジョンウに言うスヨン母。ジョンウはスヨンに似た人を見たと話します。関係を終わらせるなら、教えてあげないよーって。

約束したカフェの前で待つようジョンウにメールするジョイ。待ってるジョンウを面白そうにカフェから見下ろすジョイなんだけど、その横にはハリーも。ハリーはジョイに、いつまでジョンウが待つか賭けをしようといいます。勝ったほうの願いを聞くんだって。一時間に賭け、一緒にフランスに帰ろうというジョイに、30分に賭け、ジョンウに電話をし「ジョイと食事中なんだけど、来るかい?」と電話を。そして俺の望みは婚約だとジョイに言います。

そんな電話を受けたのに・・・なかなか帰らないジョンウ。そして・・・ちょうど30分でジョンウが帰っていった・・・。15歳のままで何も変わってないというジョイ。

サンテクの部屋にこっそり入り、捜査をするジョンウ。洗濯機の中に中華料理屋の名前の書いた紙を見付けます。サンテクが無銭飲食したらしく、その時の様子を話す店員。事故にあったらしくその相手の名刺を出してその人からもらえと言われたらしい。でもその名刺は捨てちゃったらしい。その後会長という人に電話をしてたと教えます。

アルムは母に、ジョイのスポンサーはチェジュ島で見たあの男(ハリー)だったと教えます。投資家のハリーだと聞き、ちょうど投資家が一人抜けて困ってたからジョイを捕まえればスポンサーもついてくるなんて考え始めてるよ。この義母。勝手にジョイの服を展示し、展示会の知らせをメールでジョイに送りつけてきます。

刑務所近くで起こった事故をCCTVで確認したジョンウ。事故を起こしたのはハリーで、車にのったジョイがサンテクに気づき異常に怯えてる姿まで映っていた!!スヨンだと確信したジョンウ!!!

ジョイがジョンウ義母の店の前に着いたときジョンウが!!ジョンウはあの黄色い傘を持ってるんだよね。傘にもまったく気づいてくれないジョイ。ハリーが来ると行こうとするジョイを引きとめ、本当に嫌いなのか嫌いなふりをしてるのか確かめなきゃというジョンウ。そこに。車で来たハリーが二人に気づいた!「秘密の友達はつまらない。秘密の恋愛をしよう」といい、ジョンウがジョイに・・・もしかしてキスするのか??と思わせるラストー!!!





第八話

冗談がひどいと突き放すジョイに、声が似てるからだ・・何も言うな・・・笑うな・・・似てるから狂いそうだと言い、ジョンウはジョイを車に乗せます。

ソウルは初めてで、友人一人居ればいいんだろ?友人はちゃんと選ばなきゃ。14年間スヨンを待って会ったら何をするか・・・やりたいことが沢山あった。いきたい所も食べたいものも沢山あり、映画も見たかった・・・一緒に遊園地に・・・そんなものかな??君はよく選んだよとジョンウ。

そして着いたと連れてきたのは、スヨンオンマの食堂だ。今日は俺の誕生日だからここで食べようって。気分が良い日って・・・誕生日なんだって。こんな場所で食事なんて馬鹿にしてるのか?行きたい所があるから出発してとスヨン。うわハリーもこっそり着いてきてるよ。

ジョンウ義母はジョイのスポンサーであるハリーを調べるようナム理事に。ハリーかジョイのどっちかを捕まえれば、投資もデザイナーも一度に解決できるといって。

高級レストランに来たジョイは、70万もするワインを注文。明日香港に買い物に行こうというジョイ。ジョイの手を握り、ショッピングするための恋人か?それは反則だ。香港でもどこでもいくから、はぐれないように手をつないでいこうってジョンウ。明日ショッピングに行き、今日は食事をして遊んで帰ろう、14年間やりたくてもシーソーも乗ったことがない・・・一人じゃできないから・・・一緒に行こうって。ジョンウをひっぱたくジョイ。一発なぐられてちょっと気が楽になったというジョンウ。

義母に会ったジョンウは、なんでこんなことしたんだと、義母がジョイに送った写真を見せます。弁護士でも雇うと思ったのに、警察??と呆れる義母。この女を煩わせないでといい行くジョンウ。

ハリーから病院だと連絡を受け、急いで向かうジョイ。その頃、ハリーからの電話がジョンウの元に。ジョンウの着信にかけ直したってわけね。聞きたいことがあると言われるんだけど、足の治療中だから無理だって。忘れた頃に痛み出すんだって。またかけ直すと言われ・・・早く会いたい、そうしないとハリーさんに申し訳ないことをしそうでとジョンウ。

駆けつけたジョイ。アキレス腱炎で、骨にもヒビが入ってるみたい。炎症のせいで筋肉の手術もしたことがあるみたいで、筋力が弱いから無理な運動や衝撃は控えるよう言う医師。

ジョンウは自分が思ってる以上にイ・スヨンを覚えていると話すジョイ。罪悪感のせいだろうけどって。正直言うと、ジョンウを苦しめるつもりだったけど、自分がもっと辛くなったと。自分にとっては・・・殺人者の娘・・・そしてあの事件・・・せっかく忘れた記憶なのに、思い出すのが辛いと言います。見捨てられたことの復讐がしたかったけど、そんな必要はなさそうだって。イ・スヨンは永遠に死んだ人のほうが良かったとソウルに来て実感したって。ハリーと同伴するパーティが終わったら、先にフランスに帰って待ってるというジョイ。

秘密だけど、アッパの隠し子が少し前に見つかり、オンマが離婚するといってるとジョンウに話すアルム。自分がスヨンだったら俺に何をするとアルムに聞くジョンウ。必ず復讐する、人生をかけて自分が受けた心の傷を何十倍にもして返すと答えるアルム。そうだろうなーって。これを聞いてジョイがスヨンだと一段と確信したジョンウ。そんなジョンウに、彼女はスヨンじゃないと言うウンジュ。

サンテクの持っていた携帯はフランスの携帯だと知ったジョンウ。掃除のアジュンマは、サンテクの死因がテトロド・トキシン(ふぐの毒)だと教えます。そこにサンチョルが!!犯人はジョンウだと騒ぎます。自分がジョンウにしたことはちょっとした昔の失敗だなんて・・・我慢するようなだめる掃除アジュンマ。ジョンウは自分と一緒だったという先輩刑事に、だったら犯人はイ・スヨンか?視認が生き返ってころしたのか?とサンチョル。スヨンの名前を二度と呼ぶな・・スヨンを殺すよう仕向けたお前に、スヨンの受けた苦痛の千倍、万倍かえしてやるとジョンウ。

今回の新都市開発はブティックHの投資であり、米国やヨーロッパでは有名で巨額の資金をうごかしてるとジョンウ父に報告するユン室長。そして、ブティックHの理事長はハリー・ボリソンダと追加報告を。それを聞いてる義母。

うわ・・・ナム理事、ハリーに、50億では足りないからもっと金を用意しろと言ってきたよ。ただでは渡せないといい、ハン・テジュンの裏金帳簿を全部持って来いというハリー。そこにテジュン(ジョンウ父)から電話が。テジュンの妻もハリーを探してると聞き、計画外だが面白くなってきたとハリー。

ハリーのスーツを選んでるジョイの前に再びジョンウが。無視してハリーに電話するジョイ。無視したくせに、居ないと気にしてるね。話がある・・・5分だけとジョンウにメールし追いかけてくるジョンウ。やっとジョイを捕まえ、携帯を屋台でなくしたのはと言ってたよね?と聞きます。事件の捜査中で・・・誰かがフランスの携帯を使ったって・・・。

そのまま行ってしまったジョイだったけど、自宅のエレベーターに乗るとジョンウが乗り込んできた!!ジョンウはハリーに呼ばれてきたんだね。ジョンウと二人だけで話すハリー。

数日前接触事故を起こしたかと聞き、なぜそこにいたか聞くジョンウに、伯母の納骨堂の帰りだったと答えるハリー。その事故の相手がその夜殺されたと教えます。CCTVを見たと言われ、ジョイが驚いてたでしょう、といい、ジョイは幼い頃交通事故にあったからというハリー。そのせいでハリーの足もこうなったって。二人は養子だというハリー。その養子の話をするハリーの言葉は・・・まるで作られたセリフのように以前ジョイが言った言葉と同じだった。

次に私事を聞くハリー。ジョイとスヨンがあまりに似ていて、違うふりをしてもわかると。違うというならそういう理由が気になるし、スヨンだったなら・・・俺が憎いだろうと話します。何を見てもジョイがスヨンに見えるって。

遺伝子検査でもするか?と笑い、ジョイを説得するというハリー。そこに、ハリーが言うとおりにするわと現れたジョイ。ハリーのためなら何でもできる、ハリーが居なかったら死んでたといいます。小さい頃の交通事故でハリーが助けてくれた・・・苦しかったのに、自分の手を握って起きろと言ってくれた。お前が行かないなら俺もどこにも行かないってと・・・。イ・スヨンの最後の声を覚えてるといったあなたの言葉は信じるわ・・・私もそうだから・・・あの時のハリーの声は死んでも忘れない。イ・スヨンを待っても来ないのは、捨てたからよ。遺伝子検査をしましょう。

行かなくても良い・・・14年もまったからもっと待てる・・・待っても来ないのは捨てたのではなく、戻る途中なんだといい、出て行くジョンウ。なんか・・・この8話は、ジョイがやけに年上に見えて、ハリーが幼くみえるんですけど・・・見た目ね。

必死で班長に、ジョンウを捜査にくわえて欲しいと頼む先輩刑事。加えてもらえたよ^^

犯人は女に違いないという見解。靴跡は28センチだった。それはサンドクの靴だった・・・。サンドクの靴を履いて犯行に及んだって事だね。

テジュンと会う席に、足の怪我でいけないと嘘をつくハリー。自分のパーティに招待するハリー。

ドライアイスの注文はインターネットを使ってて、受取人の名前はサンチョルだった。住民番号を調べると、キム・ミョンヒ・・・スヨンの母だった。

スヨン母を・・・仕方なく逮捕しにきた先輩刑事。スヨン母は泣きながら、ジョンウが自分がつかまったせいで何かするのではと泣いて心配します。

サンテクの家の駐車場にずっと止めてあった車のブラックボックスを見ると・・・ジョイの姿が!!これを見てショックを受けるジョンウ。

オンマのネックレスを見つめるハリー。うわ、ここはジョイにも内緒の秘密部屋??

パーティの日なんだね、今日はソウル最後の日だろう??プレゼントがあるんだとジョイに言うハリー・・・てか・・・ウネちゃんファン、ミアネ・・・この二人・・・マジで歳の差感じすぎて、母子にすら見えてきた(滝汗)あの、スイス銀行のネックレスだ!!ジョイにキスしようとするんだけど・・・避けるジョイ。いつまででも待てるよというハリー。君のほうがよく似合うとネックレスのことを。

パーティが始まった。テジュンも参加してきた。ハリーが、あの日、銀行の前で自転車でぶつかった人だと気づきます。自己紹介しあうハリーとテジュン。

携帯の持ち主が、ジョイ・ルだと分かった先輩刑事。最後の通話相手はハリーだ。そしてジョンウがブラックボックスを単独で持っていったとの知らせも。

ジョイのネックレスに目が行くテジュン。そこにジョイに会いにジョンウがやってきた!!




注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。