まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

I LOVE ヒョンジョン(全十六話)
第九話〜最終話


第一話〜第八話はこちら


 〜キャスト〜 
イ・ヒョンジョン : キム・ミンソン

キム・ボムス : カム・ウソン

ユ・サンホ : ホ・ジュノ


パク・ソヨン : ユン・イェリ

キム・ミンス : キム・ジョンハク



第九話

ついに家を出たボムス。でも退職金として通帳一個だけと、パソコンをもらって出ます。もう!!ボムスったら本当世間知らずなんだよね。簡単に事業が起こせると思ってるし、広い部屋なんか借りた上、有名ブランドの高い指輪を買って、ヒョンジョンにプロポーズしたりして。これじゃヒョンジョンが心配しても無理ないね。

プロポーズの気持ちは受け取るから、指輪は返してというヒョンジョンに怒ったボムスは、せっかく家を出たのに、先生の心配ばかりしてるヒョンジョンに(そりゃ、子供も心配だし、自分が同行しなかったせいで怪我したんだから気にもなるでしょうー)「まだ先生が忘れられないんだろう」なんて言っちゃいます。ヒョンジョンも、「家にかえったほうがいい」ってボムスに言って、二人はケンカしてしまいます。

ボムスは、自分の知り合いの会社にいっては、「事業の手助けをしてほしい」なんて言うけど、ボムス父ににらまれるのを恐れる社長達は誰も力になってくれるはずもない。

ヒョンジョンの元に、ボムスの婚約者スジンが現れ、特別な環境で育った人だから、帰るように説得してくださいって頼まれます。でも・・・断るヒョンジョン。ラーメンの値段すら知らないボムスが心配なヒョンジョンは、ケンカしてたけど謝って、ボムスと仲直り。二人とも、ケンカしてたけど会いたくて仕方なかったんだよねー。

家に帰ったヒョンジョンに、父は、「ボムスが家を出たそうだな。家に帰るようにいいなさい。今すぐボムスを呼びなさい」って言うんだけど、きゃー☆ヒョンジョンったらパパに、「ボムスと結婚します」って宣言したよー。




第十話

朝一番に、結婚を決意したことをボムスに伝えにきたヒョンジョン。でもでも、そこにボムス母がやってきて、ボムスにヒョンジョンの事やヒョンジョンの家族のことをボロクソに言うんだよね。隠れてたヒョンジョンは耐えきれずに、ボムス母に言い返したよー。

ボムスは、ヒョンジョンに、仕事の依頼が殺到してるって嘘ついてたけど、ヒョンジョンはソヨンから、会長の圧力で、ボムスがどこにも相手にされないことを知ります。

ヒョンジョンは、ボムスのやろうとしてる仕事が本当に好きな仕事とは思えず、幼い頃の夢を聞きます。「画家」というボムスにヒョンジョンの絵を描いてもらうと、これがなかなかうまいのよねー。ヒョンジョンは幼い頃ピアニストになりたかったと言い、披露するため、母校(高校)に夜中しのびこみ、ピアノを聞かせてあげます。

ヒョンジョンは、ボムスに無理はしてほしくなかった。好きなことをしてほしい。そう、望みを告げます。

そんな中、ボムス父に呼び出されたヒョンジョン。「結婚は二人だけの問題じゃない」という父に、「私たちは愛し合ってます」と譲らないヒョンジョン。

ミンスの差し金で、マスコミやインターネットに二人の事がばらまかれます。困った会長は、二人の仲を認めようと、ボムス母にいいます。でも・・・なんだか策略もあるみたいねー。



第十一話

※ DVDが壊れてるので、後日アップ予定(数日後)



第十二話

※ DVDが壊れてるので、後日アップ予定(数日後)



第十三話

二人きりで、ろうそくの前で愛を誓い合い結婚式をしたヒョンジョンとボムス。指輪も交換し、婚姻届も出します。ヒョンジョンは指輪のお礼に、自転車をボムスにプレゼントします。

結婚初夜のためにとったホテルで・・・・「花札しよう。負けた方が服を脱ぐの」と、誘うヒョンジョン。最初は嫌がるんだけど、渋々付き合うボムス。でも、結果はボムスがボロ負け。あとはパンツ一枚だけになったのに、また負けちゃったボムスは、怒って部屋を飛び出します。心配して様子を見に来たヒョンジョン。二人はそこで口げんかしてしまい、せっかくの一泊がベッドを別にした険悪ムードであけます。朝起きたヒョンジョンは、「まだ婚姻届は受理されてないから、考え直した方がいいかもね」と捨てぜりふを残し、部屋をでます。

それでも気になって、部屋にもどると、ボムスはチェックアウトした後で、ヒョンジョンのプレゼントした自転車を置き去りにしてタクシーで帰ってしまってた。

ヒョンジョンは、実家に戻ろうとするんだけど、やっぱり帰れず、ボムスとの新居に。そこにいきなり会社のメンバーが新居祝いに押しかけてきます。何もない汚い部屋に皆びっくり。ボムスは買い物だと嘘をついたヒョンジョン。果物を買いに外に出ると、そこにボムスが。「朝の話考えてくれた?」と聞くヒョンジョンに、「それもいいかもな」と答えたボムス。ヒョンジョンは最後のお願いとして、2時間だけ会社の人の前で旦那のふりをしてと頼みます。

人前で嘘をついて仲良いいふりするほど、切ないヒョンジョン。ついにカラオケでデュエットしてるとき涙が止まらなくなって・・・ボムスも涙しながら皆の前で抱き合うふたり。ふー☆なんとか仲直りできてよかったよ。ちゃんと自宅で初夜の続きできたみたいだし〜《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜




第十四話

ヒョンジョンは外で仕事を頑張って、ボムスは家でマイペースに翻訳を。そんな生活をしてる二人。ボムスが丁度洗濯物を干してるときに、ボムスの母が家にやってきます。そんなボムスを嘆く母。そのまま、ヒョンジョンの会社に行って呼び出し、「貴方を一生許さないわよ」と一言忠告して去っていきます。

ギチャンったら、ジヨンの気が引きたくて、お金で恋人のふりを女の子にしてもらってたんだけど、ジヨンにばれちゃって、足にすがって、戻ってくれーなんて言っちゃって。でも効果あったんじゃない?いきなりジヨンったらヒョンドを弟扱いして、冷たくなったもん。女心は変わりやすいのよね〜。

翻訳の初給料が出たボムス。ヒョンジョンのお父さんを呼び出して、セーターをプレゼントしたよ。そして、おいしい食事をごちそう。ヒョンジョンは、ボムスに「ボムスの実家にちゃんと挨拶にいこう」って言うんだけど、「まだ早いし、行きたくない」っていうんだよね。家に帰ってびっくり。そこにはボムスからのプレゼントのキーボードが!二人ではしゃいでると、そこにソヨンとユンがやってきて、明日が会長の還暦祝いだということを教えます。

それを聞いたヒョンジョンは、実家へ行こう!!と、嫌がるボムスを説得。

せっかく肌着のプレゼントを持って行ったのに、結局お父さんに追い出されてしまったヒョンジョンとボムス。実はあの肌着は、ボムスが買ったキーボードを売って買ったんだけど・・・・またケンカになっちゃうの??って心配したよー。今度はヒョンジョンの気持ち、ボムスは分かって許してくれたよ。

お父さんは、ボムスとのいきさつをずっと回想したり、写真をみたり・・・・段々ボムスが恋しくなったのかな?って思ってたら・・・うはー☆突然ベッドから置きだして、「あいつめ!!ゆるさん!!」ってーーーー!




第十五話

うわー☆ボムス父ったらすごく強引な方法に出てきたよ。ヒョンジョンの会社の仕事がどこの放送局でも使ってもらえないように圧力かけてきた。頭に来たヒョンジョンは、ボムス父の元にいって、「貴方にとっては、たいしたことじゃないかも知れないけど、社員や家族の生活がかかってるんです」って必死に説得するんだよね。でも「ボムスを返せ」の一点張り。さすがのヒョンジョンも、「お父様は立派な方だと思ってたのに、あまりに愚かすぎる」って言っちゃった。

その後、倒れた父。母はびっくりしてボムスに連絡をし、ボムスはかけつけます。ひぇー☆ただの神経性胃炎だったのに、ガンだって嘘ついたよー!!ボムスを取り戻す最後の手段だなんていいながらー☆でもでも、医者に話をつけるまえにボムスが来ちゃったから、結局医者から嘘だって言われるんだけどね。

病院にかけつけたヒョンジョンは、一人、病室に座り込んで、会社の件から手をひいてもらえるようデモをします。いくら帰れと言っても、毎日来ては居座るヒョンジョン。彼女がもってきた、ボムスの翻訳本や、ヒョンジョンの撮影したドキュメンタリーを見て・・・少しはお父さんも心動いたのかな?邪魔だと思いつつも、つい寝てしまったヒョンジョンに布団かけてあげたりしてるし。

会社ではミンスが理事になり、すっかり会社を自分のものにした気分で大手を振っていた。社長は、ボムスに、「このままじゃミスクに会社をとられるぞ」と相談しましが、ボムスは、「親の七光りだけで、理事になった自分が恥ずかしい。同じ年で、自分より経営に向いた人は他に居たはずだ。そういう人こそ、会社の理事になるべきだ。社長は社長なんだから、自分で何でも決定していいんだ。どうして同じように七光りのミスクが理事をしてるんだ?」といい、「自分の持ち株を、処分しようと思っている」と告げます。


第十六話

こっそりボムスの家を見に行った会長。そこで仲むつまじく食事をするボムスたちが。「自分のために皆に迷惑かけたくないから、辞表をだすつもり」そういうヒョンジョンの話を聞いた父は、次の日、ヒョンジョンの会社を救ってくれます。今までこれだけのことされてきたから、ボムスは父が何かひどいことを企んでるんじゃないかって気が気じゃない。

会長は社長に、「ミスクに会社を譲るのは危険だ。君さえよければ、会社をたのむ。その代わり、もし、ボムスが帰ってきたり、孫ができたら譲ってほしい」って話をするんだよねー♪

うふふ☆やっぱ、ラブコメはハッピーエンドだよね〜♪最終回だから、ネタばれ少なめね。お父さんも許してくれて、今度は孫に期待してるしー☆経営権を親族じゃない人に譲ったことで、世間からの株があがって、すっかりヒーローだよ(笑)

子供が出来る前から、子供にあてたビデオレター作ったり、本当幸せそう。ボムスは普通の幸せを手にいれたんだね♪お幸せに〜♪


第一話〜第八話へ戻る
注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。