まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

9回裏2アウト(全十六話)
第九話〜最終話


第一話〜第八話はこちら

 〜キャスト〜
ホン・ナニ : スエ

ビョン・ヒョンテ : イ・ジョンジン

キム・ジョンジュ : イ・テソン

ユン・ソンア : ファン・ジヒョン


第九話

ついにナニが、ジョンジュのマイナーリーグ合格を知ってしまいます。それを知ったナニは・・・結婚するわけにはいかないし、待つことも出来ないし・・・結局別れを選択します。涙の別れ・・・。ジョンジュ、泣き崩れて可哀想・・・。お互い愛し合ってても、結ばれないのよね・・。日本じゃ年の差あっても、ココまで障害にはならないけど、韓国は兵役もあるからねー。

落ち込んでるナニを慰めるヒョンテ。「5回目の失恋」と言うヒョンテに「6回目よ。秘密の恋を一度してるの」と言うナニ。うわー。ナニにとってヒョンテは初恋だったんだねー。でも、友達としてしか見てもらえないから、諦めるためにチュンモと付き合ったのかー。。。。

ヒョンテは40になっても、お互い一人だったら嫁に来いとナニに。ナニはその時には、大きな花束を贈ってねって・・・・

チソンは落ち込んでるナニに彼氏を紹介しようとするんだけど、その紹介した男、会社の人なんだけど、イマイチな人でさー。いたずらしちゃうしー。それより、机の下でチソンとヒョンテが手をつないでることに、ショックを受けるナニ。ナニは、ヒョンテから離れようと決め、距離を置こうと話を。

週末にナニとヒョンテが夜釣りにいくんだけど、それにチソンも来ることになってて。。。二人でいってほしいと言うナニ。ヒョンテなんだけど、ナニのヌード写真を見ちゃったり、どんどんナニが気になって仕方ないんだよねー。

ジョンジュはアメリカに。行く前に、最後の挨拶をしに、ナニのもとに・・・。ナニオンマったら、最後にジョンジュが挨拶にきたとき、御飯を食べさせてあげてくれてたのねー。良いオンマだー。

で・・ジョンジュが以前試験のため渡米してたとき、花がナニに送られてきてたんだけど・・・アレは誰から??ヒョンテ??それとも、ナニに今も興味ありそうなチュンモ?

チソンと夜釣りに行ったヒョンテは・・・あああー!!遂に告白したよー!「俺、どうもナニが好きみたいなんだ」ってーー!





第十話

前にジョンジュが応募してた旅行に当選!!ナニは心の整理をするため、一人でいくことに。しかし、それが終われば見合いをすると、オンマに言ってるのを聞いたヒョンテは一緒に行くと言い出してー。チソンには「振られた」って事にしてるのねー。って・・・チソン良い子だったのに、これで終わり??出番は??いきなりソンアがいっぱいで出したしーー。

旅行に行ったヒョンテとナニ。ヒョンテはナニに告白を!!しかし・・・ナニはドキドキするけど、この感情が何なのかよくわからなくて。ヒョンテと付き合うと、別れたとき今まで積み重ねてきたすべてを失ってしまうって事の方が重大で。

でも、取りあえず付き合ってみることに。もちろん、ヒョンテがソンアを忘れられないのと、ナニがまだジョンジュを愛してることを理解した上で。とはいえ、手をつなぐ程度なんだけどねー。

そこで、結婚3年目の夫婦と一緒に遊ぶんだけど、そこでヒョンテが話した知らなかった事実!!ヒョンテは、兵役の休暇に、ナニの家で朝まで待ってたんだけど、そのとき告白するつもりだったってーー!!でも・・・ナニは他の男と初体験をして帰ってきて、それをヒョンテに報告したんだよね・・・。

恋人同士として付き合い、旅行を楽しむ二人。30歳同士なのにまるで17歳のようで。でも、やっぱりナニは、恋愛をするって踏み切れない気持ちがあって・・・。結局旅行の間だけの夢にしようと言います。それはヒョンテもそうなると思ってた結果だった。ただ、これ以上好きにならないように告白したかっただけで。お互いにソウルに戻ったら、元通り仲良く友達として暮らそうと約束し、ソウルに。最後にキスだけして・・・

でも、キスをした二人は、やっぱ、ソウルに戻っても意識しあっちゃって、なんだか調子くるっちゃってるんだよねー。大丈夫??その上、ソンアがソウルにもどってきたよーー!!「滞在期間は彼次第」っていってたけど、目的はヒョンテって事?????

そうそう、チュニだけど、顧客の情報を漏らしたって事で告訴されそうになってて。その相手って、ナニの会社の部長なんだよねー。部長は、最近おかしいとおもったら、妻から離婚届を送りつけられてて、かなりボロボロで・・・・。酔っぱらった部長の電話がやっと繋がって、探しに行くチュニ。謝罪して許してもらわないと首になっちゃうからねー。なんとか、宿泊してるホテルに連れていくと、部屋は汚れてるし、悲壮感ただよってて・・・。見かねてチュニは朝食を用意!!一体だれが??と、目覚めた部長は驚いて。外に出るとソコにチュニが!!私がイェローカードのキムですと言い、土下座するチュニ。



第十一話

ナニったら、ヒョンテの事を意識しすぎてて、避け回ってるしー。これじゃ、ヒョンテも告白したこと後悔しても仕方ないよね。でも、ヒョンテは「一晩限りの女なんか覚えてないし、お前は男にみえる」と言って、ナニを気楽にしてあげます。

休暇が終わって会社にいくと、ヒョンテとチソンの事がメッチャ噂になってて。平気なふりするチソン。でも・・・すごく傷ついてるんだよね・・・。可哀想だよ。そしたらヒョンテ、会社の受け付けの机に立って「俺は悪いおとこですー」って大声で告白を!!これって、やってくれたら許してあげるってチソンが言った事で。スゴク恥ずかしいのにチソンのためにやってあげたんだよねー。それを見て、微笑むチソン。でもそれを見てた人がもう一人ーー!!ソンアだーーー!!

ソンアはCMのことで、何社かCM会社と打ち合わせするんだけど、チュンモの会社とも打ち合わせして。ソンアに声をかけるチュンモ。ソンアは、ナニの彼氏だったチュンモのこと直接知ってたわけじゃないからきづいてなかったけど、声をかけられ、皆の事を聞いて、懐かしがります。皆を集めようか?と言われるけど、皆に申し訳ないことをしたから、会い辛いって・・・。

うーん・・・なんだか意地悪そうって思ったけど、気つかってるし、そうでもなかったみたいねー。それに、誕生日が、スンワン(スンアかと思ってたらスンワンでした。名前間違っててミアネー)の命日と同じだって言ってたけど、この亡くなったスンワンってほんと何者なんだろうー。気になって仕方ない。ソンアが居なくなった事と関係してるのかな?

ヒョンテは、ナニと深夜映画に行く約束を。なにげに二人ともおしゃれしたりしてるしー(笑)でもその前に仲間の集まりがあってさー。向かってるヒョンテはナニにメールをしようとしてたら・・・ひゃーー!!突然のソンアからの電話がーー!!!

またまた別のお話で、チュニなんだけど、必死で部長に謝ってるんだけど、なんせ部長も内容が内容だから、許せなくて。チュニは許してもらうため、御飯攻撃、泣き落としをしたり、チャットを教えてあげたり。でも、慣れないチャットでやっと外国の嫁とチャットできたとおもったら・・・即嫁にログオフされてしまった部長。チュニは今まで自分の事で必死で、人の不幸は幸せって感じだったのに、この可哀想な部長にとっても同情してるねー。





第十二話

ソンアに会っても平気なふりをするヒョンテ。ナニと二人になっても、何ともないって・・・そのわりには、映画に行く約束を忘れて家に帰っちゃってるし。

後で気づき、ナニが居る映画館に。ナニとヒョンテって「友達」に戻ったはずじゃ??でも、友達でもあり恋人でもあるって仲になることになってたって設定になってない??あれれ??まー、状況的にはそのとおりなんだけどね。

強がるヒョンテに「これじゃ、友達でもない。本音を話せない間なんて」と言うナニ。ヒョンテは、素直に自分の気持ちを話します。ソンアに対する気持ちと、ナニのことを、何でも知ってるからこそ、居心地の良い、二人だから出来る付き合いが出来ると思ってた事を。そんなヒョンテの背中を押すナニ。

ヒョンテは結局ソンアとよりをもどしたよーー!!怒りも責めもせずに。

ソンアがナニを呼び出すんだけど、えええーー!!ソンアったら、スンワンとヒョンテ、二股かけてたんだーー!!で・・・その事実を知ってるのは、事故の前日のよる、二人のキスを見てしまったナニだけ。

事故の日、ソンアの誕生日で、仲間全員で山登りに行き、雨なのに、ソンアにプレゼントしたいからと無理矢理決行したヒョンテ。でも、その途中で、ヒョンテが気をぬいて、岩を登るときスンワンの手をにぎってあげなかったから(スンワンが大丈夫だっていったからだけど)・・・・事故で亡くなってしまったー。ソンアは、自分のせいだと責めるヒョンテを見てられなくて・・・二股かけてた罪悪感で逃げてしまったのねー。

で、ナニに、絶対もうヒョンテを離したくないから、スンワンのことは内緒にしておいてってー!!最低じゃんーー!!でも、ナニはヒョンテを傷つけないために言わないと約束を。

うーん・・・ヒョンテもナニも、こんな感じで今まですれ違ってきて付き合ったり気持ちを言ったりしないで友達やってたから、お互いがどれだけ、男女として大事な存在なのかがわからないんだろうね・・・。

ナニは、ヒョンテの事で辛いのに、愛してたヒョンジュの名を球場でさけんだり。ヒョンジュの事も愛してたんだろうけど、ヒョンテへの気持ちが・・・友達として長く居たせいで、確信がもてないのか?

ヒョンテも、ナニへの気持ちが強いはずなのに・・・結局ソンアを拒めなくて受け入れて。ソンアへの愛って本物だったんだろうけど・・・ナニへの気持ちと形があまりにも違うから、ソンアへの気持ちが本当の愛だと思いこんでしまってるんだろうか。それともすっきり自分の気持ちを整理するため付き合いだしたんだろうか・・。

まー、この場合、ヒョンテもそうだけど、ナニの方がちゃんと気持ちに気づかないとうまくいかないよねー。ナニさえ、勇気をだして自分の気持ちに素直になってれば、あの旅行の時、付き合うこと出来てたのに。

で・・・チュニだけど、部長が告訴をとりさげてくれて、そのお礼で靴をプレゼントしてたよー。こっちもそのうちうまくいくのかな??でも、まだナニの会社の部長だとは気づいてないんだよねー。




第十三話

ヒョンテはナニが新しい部屋を探してるのに気づき、その書類をつきつけ、「約束の2ヶ月は一緒に暮らそう」といい破り捨てて。ナニは「情がうつりそうなの。出て行けなくなったらこまる」と言います・・・

その日、丁度ジュヨンのサイン会の日で、仲間がかけつけるんだけど、ジュヨンがヒョンテの事を「ルームメイトさん」って呼んだから、同居がばれちゃって。皆は、信じられないと反対を。しかし、ソンアは理解してると言ってあげて。ナニは「もうすぐ出て行くつもりだった」と言います。

そんなナニにプロポーズするチュンモ。それはナニが、ヒョンテとの友情と恋心のバランスが保てなくなってきて、恋心が大きくなってきたと正直に言った後だった。

ヒョンテも、順調にソンアと付き合いつつも、ナニへの思いが吹っ切れなくて。酔って帰ったヒョンテはナニを後ろから抱きしめます。「私が好きになっちゃったらどうするの・・・」そう言って、部屋を飛び出すナニ。

次の日、ナニは公募が終わったら部屋を探すと言い、ヒョンテもそれに応じ、一緒に部屋を探すことを約束します。

公募締め切りまであと少しで、出版社の社長が休みをくれ、没頭するナニ。自信を失ったり、困ったとき、いつもヒョンテが側に。そんな家に、ソンアがヒョンテに会いにやってきた。二人の空間にヒョンテの恋人が居ることに違和感を感じるナニ。ソンアも、風呂上がりのヒョンテとジャージ姿のナニがいることに、違和感を感じます。

ソンアは自分と同じ香水とシャンプーをヒョンテにプレゼントしたんだけど、実はそのにおいにアレルギーがあるナニは、タイミング悪く吐いちゃって。それをソンアそっちのけで介抱するヒョンテ。

ヒョンテに「チュンモが誰かにプロポーズしたらしい・・・ナニかな」と言うソンア。

やっと公募の締め切りが終わり、ナニ、ヒョンテ、ソンア、チュンモは四人でホテルで食事を。ソコに支配人がワインをもってきて、「お礼です」ってー。お礼ってなに??ナニとヒョンテが行った旅行先で会った旦那だよーー!!Σヽ(゜Д゜; )ノ




第十四話

何とか誤魔化したねー。ひやひや。旅行はばれたけど、一瞬付き合った事。

ナニは自分を感動させた作家にあうんだけど、前の彼だっけ??とにかく嫌な思い出の男で。何でこんな男にアンナ感動的な文章がかけるのかと落ち込みます。ジュヨンもそうだし。自分の才能のなさを、チュンモになげくナニ。

公募受け付けも終わって、部屋を探すナニ。ヒョンテは、ナニがいなくなると寂しくナルのが分かってて・・・ナニが居なくてもやっていけるか不安で・・・。

しかし、ナニは部屋を契約しちゃった・・・。今更引き止める事もできないし、気持ちよく送り出すヒョンテ。でも、その部屋には隅から隅までナニの思い出があるよねー。

チュニだけど、「恋人を作る」って考えるとなぜか部長の顔が浮かんじゃって。わざと部長に、チュンモが恋人だって嘘をついて紹介したよ。

ナニは部屋をでていきます。出て行く前日、「御飯作ってまってるね」とナニに言われ、もう、こう言われるのも最初で最後だと、寂しくなるヒョンテ。ナニはヒョンテの為に、掃除や洗濯を念入りにし、豪華目な食事を用意して。

そしてナニは行ってしまった。寂しいヒョンテを心配して家に遊びにくるソンア。夜になり、映画を見てると良い感じになって。キス・・・・ってたいみんぐなのに、なぜかキスできないヒョンテ。もう一度・・・とチャレンジするけど、やっぱりキスできないぞーー!



第十五話

スンアは、ヒョンテに、ここでナニと何かあったとしても気にしないといい、部屋を模様替えしようといいます。それに応じるヒョンテ。

でも・・・どうしても辛くて、屋台に行き、ナニにあい「もうお前は俺にとって友達じゃない」と言います。これってもう会えないって事で・・・。ナニは、ヒョンテを失いたくなくて、友達を選んで。でもヒョンテがそれをぶちこわしてしまった。って・・・・一番大事な人で、ヒョンテが居ないとどう生きていいのか分からないほどなら、確かに恋人になって別れたら関係は終わってしまうけど付き合えばいいじゃんーーと思ってしまうw

ヒョンテはソンアと付き合ってはいるけど、ちゃんとナニに気持ちを伝えてるよねーー??

ナニの引越祝いで皆が集まるんだけど、「愛とは?」と言う質問に、答えるチング達。ナニは「タイミングだ」と言い、ヒョンテは「パス」と言って。コレって自分も「タイミング」と思ってたのに先に答えられちゃったから言えなくなったんだろうねー。

皆が帰ったあと、どうしても我慢できなくて、ナニの家にいったヒョンテ。でもナニは、自分が友達をやめるといって会わないっていったのに、何で子犬に餌をやるようにくるのか、私が傷ついてもどうでもいいのかって責めて。それはお門違いおだよねー。ヒョンテは友達で居ようと努力したのに、どうしてもナニへの思いが友達の境界線を超えてしまってて、それに正直になったんだけなのに。ナニこそヒョンテを傷つけてるのに・・・。もう十分、ヒョンテに対する感情が友達を超えてるんだからー。この辺、どうしてもナニにイライラしちゃうわ。

ナニは、チュンモに、プロポーズを断ります。それほどヒョンテが好きなのかと言われ、否定せず、このまま忘れないとと言うナニ。

ソンアのCDは結局チュンモとヒョンテの会社で共同でCMすることになったんだけど、ナニの事でチュンモとヒョンテは殴り合いのケンカに。ナニをその気にさせておいて、自分はソンアと仲良くして、ナニをキープしてるのかって。そりゃ、「なにもしらないくせに」ってヒョンテは怒るよねー。でも、ヒョンテの気持ちを知らないチュンモだって、ナニの話だけ聞いてたら、怒るよなー。

公募の発表の日・・・結局ナニは落ちちゃったのね。ショックと風邪で仕事を休むナニ。オンマが看病にきてくれて。帰ってからも元気の出ないナニ。でもそのとき、一度球界を去ったキム選手が、復活の奇跡のホームランを打ったシーンが!!

感動したナニ。一人カラオケで歌い狂って。公募に落ちたナニを心配するヒョンテはいつもの屋台に探しにいくけど、ナニはいなくて。すれ違いで屋台に来たナニ。ヒョンテが探してたとききます。

ヒョンテのマンションにいき、ウロウロしてるとそこにヒョンテが!!「公募、ご苦労様。落ちたけど」と言うヒョンテにいきなりキスするナニ!!一瞬かたまったヒョンテだったけど、ナニを抱きしめ激しいキスをーーー♪そう来なくっちゃ〜(´∀`*)ウフフ




第十六話

もう、キス、キス、キスのアラシ〜☆で・・・先にナニが、勝手に言葉が出て来て「愛してる」と言ったから、ずっとイラついてたけど許せたわー。

ヒョンテの心の中にまだソンアがいたから一度突き放したけど、もう感情はおさえきれなくなったのねー。互いにあいしてる事を確認しあって。勇気をだしたら両思いなのにずいぶん遠回りしたねー。

でもキスのせいで二人で風邪ひいて毛布にくるまってるのが可愛かった〜☆

ちゃんとソンアにも本当の気持ちを伝えて、二人は付き合いだして♪

20歳の頃、ナニ達六人が、30歳の自分に送った手紙がとどいた。スンワンはいないので、その手紙は全員とソンアの元に。皆、20代の自分からの手紙が強く心をうち、スンワンの叶えられなかった夢に心を痛めます。

部長はチュニに、妻子のもとにいくと告白を。そんな部長に、20歳の自分からのてがみを渡すチュニ。

ジョンジュは、メジャー昇格して、旋風をまき散らしてて。

ジュヨンに「あなたがいないと仕事が困る」と言われたナニは、自分が本当に書きたいものが出来て心にたまるまでは編集者として生きていく決意をしたみたいねー。ヒョンテはプロポーズしたんだけど、ナニはもう少し、この幸せで居心地の良い恋を楽しみたいって♪ヒョンテもその言葉に同意して♪

ハッピーエンドでした♪あまり視聴率よくなかったときいて、期待しないで見たドラマだったけど、なかなか面白かったよ〜☆男女間の友情に賛成派と反対派がいるけど、自分は賛成派だからかな?面白かったよー。色々自問自答する面もあったし〜(´∀`*)ウフフ



注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。