まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

18:29(全十六話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
ユ・ヘチャン : パク・ソニョン(高校時代:パク・ミンジ)

カン・ソンヨン(カン・ボンマン) : リュ・スヨン(高校時代:チェ・シウォン)

シン・ジヨン : パク・ウネ

キム・ヌン : イ・ジュンムン


第一話

きゃー☆一話から面白いわ〜♪

俳優カン・ソンヨンの妻ヘチャンは、夫のジヨンとのスキャンダルで・・・ジヨンにソンヨンを愛してると言われ離婚を決意。区役所に離婚届を出しに向かいます。

しかし・・・途中で交通事故に。

目覚めたヘチャンは・・・なんと記憶障害を起こし、頭の中は18歳に!!目覚めると、見知らぬおじさんが旦那だと言うし、見知らぬお姉さんが自分の妹ヘリョンだという。悪い奴に捕まったんだと思ったヘチャンは病院を抜け出し、自分の通ってた高校へ!!こうなったのも、天敵ボンマンのせいでモップが頭に当たったからだ!!と復讐するためボンマンを探します。

偶然出会った高校生ヌンに体育着を借り、授業にも参加するんだけど、なんだか様子がおかしい。自分の住んでた家にいくけど、知らない人が住んでて、ケイサツにつかまって。結局ソンヨンとヘリョンが迎えに。

ヘリョンの話で自分が29歳だと知り驚愕を!!オンマに会いたいってヘリョンにいうんだけど、実はオンマはとっくに他界してるんだよね・・・でも18歳になってるヘチャンにそれを言い出せず・・・アメリカに行ってることに。

そんな中、こわーいソンヨンの祖父「大魔王」がヘチャンを見舞いに!!とにかく記憶障害なのを誤魔化すんだけど・・・そのとき、自分の旦那の「ソンヨン」って名前は芸名で、旦那と言うおじさんが「ボンマン」だと知って仰天!!どうして天敵ボンマンと結婚を???

高校時代のボンマンをSuperJuniorのシウォンがやってるんだけど、超かっこういいーーー!!ドラマの後に、高校時代の二人のエピソードが出てくるんだけど、ヘチャンはもてもて王子様だけど性格の悪いボンマンを毛嫌いしてて。でもボンマンの良いところに気づいてないって感じだよね。ボンマンはヘチャンの事好きなのかな??(´∀`*)ウフフ






第二話

どうして自分がボンマンと結婚したのか知りたくて、高校時代からの親友に会いにいくんだけど・・・へー。この友人ソンミはジヨンのコーディネーターなのね。

ヘチャンの記憶障害は、俳優ソンヨンにとってスキャンダルだから隠さないといけないみたいで・・・。でもヘチャンはこの現実が受け入れられないにきまってるよね。

体育着を返しに高校にいくんだけど、ヌンには会えず、高校時代しごかれた先生に会って逃げ出して(笑)高校前のトッポキ屋のおばちゃんに会って、辛い話をするんだけど「記憶なんか関係ない」って言ってくれて・・・

それでもやっぱり戻らない記憶がもどかしくて冬ソナみて「記憶が戻ったからいいなー」なんてうらやましがってるし(笑)

妹のヘリョンは塾を経営してて、そこにヌンが通ってたよ。

実際には、ジヨンとのスキャンダルで破綻しかけてた夫婦だったんだけど・・・ボンマンは平和だったって事にしてるね。ボンマンは離婚したがってなかった感じだし。芸能人の妻としてヘチャンはかなり苦労してたのかな。でもヘチャン本人は自分が専業主婦だったなんて信じられないって思ってて。過去の記憶を見てもなんだか堂々としてるし、ほんとは何か仕事してたのかなー。

ジヨンとヘチャンは対決してるのに、ジヨンを見てもヘチャンは全然知らないそぶりで。ジヨンはおかしいって思ってるね。

そんな中、ボンマンは反対したのに、夫婦同伴のパーティに無理矢理マネージャーがヘチャンを誘い出しちゃってーーー!!何せ中身は高校生だから、お酒を飲んで酔って音楽にのって踊り狂うヘチャン。それを見て、外に引っ張り出しヘチャンをしかるボンマン。ヘチャンは子供みたいにおいおい泣いて、オンマに会いたいー!!って。そしたらつい、ボンマンは「オンマはしんだだろう」って本当の事を言っちゃったよーーー!!強いショックをうけるヘチャン!!





第三話

オンマの死のショックで、パーティを抜け出し放浪するヘチャン。酔っぱらいに絡まれるんだけど、それを助けたのはヌン。帰りたくないヘチャンはヌンと一緒に図書館に行ったりして。ヌンはヘチャンの事とっても気になる存在になってきたみたいだね。

でも・・・ヌンと仲良く自転車に二人乗りして妹の家に帰ってきたヘチャンを見て、ボンマンはショックうけてたよ。ストレスと、苦手なトッポキを食べたせいで(本当はヘチャンの為に買ってきたんだけどね)、急性胃腸炎で倒れてしまいます。実はヘチャンは記憶をなくす前に3000万の買い物をしてて、そのカードの支払いに困ってて・・・その支払いをボンマンがする変わりに妻として一緒に暮らす約束をします。

どうしても記憶が戻らないヘチャンはなんと恋敵のジヨンに記憶喪失の事を話しして相談なんかしちゃってーー。でもさー、ボンマンはどうもジヨンに気があるようにみえないんだよね。ヘチャンの事とっても愛してる気がするんだけど・・・・。ジヨンが勝手にヘチャンを愛してるだけなきがするんだよな・・・。

誰の法事かも教えてもらわないで、ただ「法事の用意をしろ」とだけ言われ困ったヘチャンはジヨンに買い物を付き合ってもらいます。大魔王の住む本家にいくんだけど、ボンマンの父の法事だったよー。大魔王とボンマンは気が合わなくてケンカばかりで。どうもボンマンの母は父の死後、薬をのんでしのうとしたりしたみたい・・お腹に子供がいるのにって言ってたけど、その子がボンマンの弟なのかな??聴覚障害があるんだけど、薬のせいでそうなったのかな?で・・・オンマは次男を産んでそのまま逃げちゃったみたい。そのオンマの元の職業が女優だったから、ボンマンがオンマのように俳優をしてるのがハラボジは許せないみたいね。

で・・・ヘチャンはとっても大魔王と仲良くしてたみたい。でも記憶喪失のせいで、全然本家にこなくなったので、大魔王も寂しかったみたいだね。ケンカを押さえる為に、ヘチャンは本家にボンマンと泊まることに。同じ部屋で寝ないといけなくて、とっても嫌なヘチャン。最初は別の布団でねてるんだけど・・・ひゃー。物音がして隠れるため同じベッドの布団の中に隠れたヘチャンとボンマン。オモ・・・オモ・・・キスーー??

そうそう、実はヘチャンはボンマンに病院に連れて行かれるんだけど、そのとき20歳の時の記憶にさかのぼってて・・・えええーー??ヘチャンがボンマンにホテルに連れていかれて服を脱がされてる記憶だよーーって笑えたけど驚いてたら、実はあれ、酔っぱらったヘチャンのゲロ臭い服を着替えさせてあげてるだけだったよー(爆)





第四話

超面白いんだけど〜(´∀`*)ウフフ今回もラストの回想シーンのシウォンがかばええ〜(*/∇\*)キャ私もあれじゃ、ボンマンに座布団渡しちゃうよ〜♪

先日のパーティで、依頼主の社長に気に入られたヘチャンはボンマンとCMに出ることに。仲良く一緒に撮影なんて絶対できないって、断るんだけど、釜山に飛行機でいけるのと、ギャラがもらえるって事でやることに。

その練習にヌンが付き合ってくれて♪ヌンったらヘチャンを待ち伏せしたりしてて、かなりヘチャンを気に入ってるみたいだね〜。でも、ヌンを好きな女の子二人組にしっかり目つけられちゃってぼこぼこにされちゃうんだよね。ヌンがたすけてくれたんだけどね。

ボンマンが「まさかあの高校生と・・・」とかって、心配してるのが超E〜わ〜。怪我して帰ってきたヘチャンに文句いいつつもダンスの相手してあげたりゆで卵で傷を冷やしてあげたり。記憶のないヘチャンに早く元に戻ってほしいって思う反面、今のヘチャンにトキメいちゃってるみたいだねー。ボンマンったら(*≧m≦*)ププッ

でも・・・結局ヘチャンの演技力のなさに、撮影は中止。変わりにジヨンとボンマンが撮影することになって。

でも、ボンマンはヘチャンが釜山にいけるのを楽しみにしてたし、釜山に以前何度もいってるから記憶が戻るかもと思って、ヘチャンも撮影に連れていきます。ジヨンは面白くなさそうだけどね。どうもジヨンったら、飲み会でもわざとボンマンに心配させるようにしたり、ボンマンと二人きりで話できるようしたりして・・・今がチャンスと狙ってるのかな???釜山でも、ヘチャンに部屋をおいだされたボンマンを、誘って、あの事故の日、ヘチャンに会って話したことを告白してて・・・うーん・・・どうも、ジヨンがボンマンに告白して、噂にまでなって、でも実はふられてて、その腹いせでヘチャンに話をしにいったって感じなのかなー?そのせいでヘチャンが離婚を決意して、事故にあったんだけど。

ヘチャンは記憶をなくす前、やっぱりシナリオを書いてたみたいだねー。ソンミの名前を借りて出した作品が賞をとったみたいだけど、賞金ほしさにソンミったらヘチャンの記憶がないのを利用して、自分で書いた事にして賞金をねこばばしたっぽいね。




第五話

きゃーーー!!マジにマジにメッチャ面白いんですけどー。まさか私の中のラブコメナンバー1のフルハウスを抜くか??って勢いで〜♪

ボンマンとジヨンが怪しく一緒に居たのを見て、実はやきもち??(笑)怪しいと思ってジヨンの前じゃボンマンと仲良くするヘチャンが超可愛いんですけどーーー!!

ボンマンの方も、ヘチャンの過去の日記をノートパソで見つけて、離婚の原因がジヨンとの関係を『誤解』してたことだと気づき、記憶が戻る前に誤解をとかなきゃって焦ります。

釜山でヘチャンとボンマンは告白しあったんだね〜♪ヘチャンのスカーフを取ろうとして海に落ちたボンマン。意識のないボンマンに「こんなに好きなのに、何も言ってないのにー」って泣くヘチャン。ボンマンも、プロポーズの手紙をポケットにいれてたんだね〜♪そっか・・・ちゃんと愛し合ってて結婚したんだね♪

どうやら、賞を受賞した、ソンミ脚本になってるけど実はヘチャンが作った脚本が映画化されることになって、その主演がボンマンとジヨンなのよねー。台本を見て、まるで自分の経験のようだとおかしく思うヘチャン。でも、自分の書いたシナリオだとは気づいてないよー。

ヘチャンはヌンと一緒に、脚本のスクールに高校生のふりして入ってて。ヌンと制服を着て母校に行き、遅刻魔の男子学生を追いかけて、ドキュメンタリーの撮影をやってて。

無理矢理嫌がってる男子学生の撮影をしてるんだけどね。でも彼がアルバイトでホテルに出前をもって行ってるのを追いかけて撮影するヘチャン。それをヌンのファンの女子学生がケイサツに通報したもんだから、変な29歳が、学生服着てビデオ持ってホテルにはいったーって事でつかまっちゃって。

保護者として迎えに行ったボンマンはヘチャンをすごく怒るんだよね。でも泣いて、「いっぱい夢があったのいにーーー」って言うヘチャン可愛いね。撮影であざだらけのボンマンにヘチャンが湿布をはってあげるんだけど、オモ!!キス???ってシーンになって・・・お互い我にかえってやめます。でも、ヘチャンの携帯にヌンが親しげにムービーメールを送ってきたのを見たボンマンがーー!!きゃーー☆ヘチャンにキスしたよーーー(*/∇\*)キャ

そういえば。。。映画を撮るってヘチャンに聞いたヘウォンとボンマンの弟が、すごく心配してたよね。どうも・・・なんだかヘウォンには映画に対するトラウマがあったみたいだよー。それがあるから、脚本もソンミの名前を借りて応募したのかな?





第六話

寝た訳でもないのにキスしただけですっごく嬉しそうなボンマン。ヘチャンもすっごく気になってきてるみたいだよー☆

あの、日記の書いてあったノートパソをボンマンが捨てるんだけど、それをヘチャンがひろうんだよねー。まずい日記はもうヘチャンがゴミ箱にいれちゃってるんだけどね。でも、その日記を読むと・・・なんだかボンマンは仕事が忙しくて、ヘチャンは寂しい思いしてたみたいだねー。

あのヘチャンの通ってる脚本スクールの講師の話がボンマンにきて、ヘチャンとヌンの事がきになるボンマンはそれを受けるんだよね。突然ボンマンが講師で来て驚くヘチャン。ボンマンったら、ヌンにあのヌナーが好きなの?とか聞いちゃってるしー(爆)

その授業で、ファーストキスの話をしたボンマン。その人のお陰で自分は今俳優をしてると話しして・・・。指輪をプレゼントした話をするんだけど、ジヨンが指輪をしてたのを思い出して、それはジヨンの事だと思いこんじゃうんだよね。とヘチャンの事なのに・・・。指輪を渡して、ヘチャンの誕生日にキスしたのに・・・・。

大魔王も、ヘチャンがおかしいのを段々気づいてきたね。でも、皆が内緒にしてるから、訳わからなくて。部屋を別にしてるのを知って、激怒!!大魔王の激怒で二人は同じ部屋に寝ることに。でも、二人の間にまくらを敷き詰めてるんだけどねー。

キスのせい??で、ヘチャンはボンマンの誕生日を手料理で祝ってあげようと、ヘウォンとボンマン弟に手伝ってもらって準備をします。ヘウォンがメールして早くかえってくるよういったんだけど、ジヨンったらそのメール削除しやがったーーー!!

でも、ヘウォンがもういちど電話で、ヘチャンが準備してることをつたえたから、もうV(○⌒∇⌒○) ルンルン気分でボンマンは家にかえるんだよね・・・

あああ・・・これで仲良くなれるか??っておもったのに・・・ヘチャンはペアのパジャマまで用意して、その気になってたのに・・・ボンマンがゴミ箱にすてたヘチャンが書いた日記を見ちゃったよーーー!!ボンマンとジヨンの現場をみちゃった日記を・・・

V(○⌒∇⌒○) ルンルンでヘチャンを見つけたボンマン。でもヘチャンはその日記をみて、ボンマンの浮気で傷ついてた記憶をとりもどして涙を流してて・・・・



第七話

ヘチャンはそのまま家を出てしまいます。そして・・・ヘウォンに「オンマの元に行きます」と書き置きをして姿を消して・・・・

オンマは亡くなってるから、まさか遺書??と思ったボンマンは、もう二度と撮影に穴をあけれないのに・・・大事な撮影だったのに、ヘチャンを探しにーーー!!

オンマの生まれた島でお墓の前で眠るヘチャンを見つけます。ヘチャンを連れて帰ろうとするんだけど、もう最終便の船がでちゃって・・・。マネージャーに電話するんだけど、もうボンマンの出番は消すから来なくていいと言われたって・・・

ボンマンってほんとにヘチャンを愛してるのよね。そんなショックな事があったのに、そぶりもみせないで。島では俳優カン・ソンヨンが来たって事で島をあげての大宴会。その夜・・・ボンマンと一緒に居たくないと言って、部屋からとびだしたヘチャンを追って埠頭に。「ほんとうに、誤解なんだ!俺とジヨンは何の関係もないし、あの日も酔ったジヨンを送っただけなんだ」って必死で言うけど信じてもらえず、「だったらこの海に飛び込むぞー」なんて!!でも恐くて飛び込めなかったのに、足をすべせて本当に落ちそうになって(爆)ボンマンを助けたヘチャンは泣きながら『死ぬかと思ったじゃないー」って。そんなヘチャンを慰め、怪我したヘチャンをおぶってあげて。「お前が居ないと寂しいんだ」って言うボンマン。ヘチャンはボンマンを信じてあげることに。

ボンマンがあの若かりし頃ヘチャンにプレゼントした指輪を偶然みつけて♪それをヘチャンに渡すんだけど、ヘチャンったら前に講師で言ってた指輪の女が自分だったと知ってなんだか嬉しくて〜♪でもせっかくの指輪、湖に落としちゃったけど(爆)

ボンマンの嫁として海苔巻きを作って放送局に行ったら、ボンマンとジヨンが、二人で逃げようってはなしをしてるところで・・・実は、今回の件で、ボンマンは降板。話のつじつまを合わせるため、ボンマンの役が、留学にいってしまうってシーンの台詞合わせだったんだよね。まー、ジヨンはヘチャンが来てるのに気づいてわざと台詞合わせしたんだけどさ(#゜Д゜) フ゜ンスコ!

その上、ヘチャンがったら夜中電話したら、ジヨンったらわざと席をはずしてるボンマンの携帯に自分がでたりして・・・・もうボンマンなんか信じないって、ヘチャンはまた家を出てしまいます。

ボンマン可哀想・・・仕事もほされ、ヘチャンまで出て行って。必死で探すと、ヌンと仲良く話してるヘチャンをみつけちゃうし。もうヘチャンは、二度とボンマンと関わりたくないと、完全拒否してヘウォンの家に帰ってきます。でも・・・新聞でボンマンが自分をおいかけてきたせいで降板させられたって事を知ったよー!




第八話

ボンマンは完全に仕事を干されちゃったよー。ヘウォンに、謝るべきだと説得されたヘチャンは、ボンマンの家に行くんだけど、忘れ物を取りに来たってつい言っちゃって。この前あんな事言われたから謝りに来ただなんて夢にも思ってないボンマンは逆に荷物を全部持たせて追い出しちゃったよ。

ヘウォンの家でもんもんとしてるヘチャンだったけど・・・丁度ボンマンとジヨンのドラマをやってて、あの会話が台詞だった事に気づきます。ヘチャンはなんとかボンマンの家に戻ろうってするんだけど、素直になれなくて、大魔王が来るっていうからーとか嘘ついて、自分から大魔王に来て欲しいって電話して(笑)結局ボンマンにばれちゃうんだけど、ボンマンはなんとか理由作って帰って来ようとしてるヘチャンが可愛くて仕方ないみたいね♪

ボンマンのマネージャーに、この事態を収拾するには、ヘチャンの病気を公開するしかないって頼み込まれたヘチャン。自分でもなんとかしてあげたいと思い、インタビューに出ることに。記憶喪失ではなく「鬱」って事になっちゃったけど。ボンマンはそんな事やめさせたかったのに、勝手にやられてご立腹だよ。

でもこの甲斐もあって、例のソンミの脚本の映画に出ることに。でも・・・なんだか台詞が自分とかさなるんだよね。「10年も愛してるって言ってもらってない」とか・・・確かに自分も言ってなかった・・・って反省したりして。

ついにヌンが、ヘチャンがソンヨンの妻だって知ったよー。まー、ヘチャンは前から言ってたのに誰も信じなかっただけなんだけどね。そして・・・ヘチャンからボンマンの悪口を聞きまくってて、もうヌンの中じゃ、カン・ソンヨンは、妻ヘチャンを苦しめる悪い奴って事になってるんだよねー。ヌンはこの辛い気持ちを、塾の先生ヘウォンに相談。真剣に純粋な少年の相談にのってたヘウォンだったけど、相手が自分の姉だと知ってびっくり!!ヘチャンに、純粋な少年の心を傷つけるなってお説教してたよ。ヘチャンはなんせ中身が18歳だから、超鈍感でさー。

ヘチャンは反省して花を買って家に戻るんだけどヌンに呼び止められ「お姉さんを苦しめるな。もっと大事にしろ」って説教して。なんで高校生にこんな事言われないといけないんだーってボンマンは怒っちゃって、結局ヘチャンに花も渡さないで。

ちょっとちょっとーー!!どうなってるのーー??ソンミの脚本が盗作だってばれて、映画会社の社長(この社長はジヨンの叔母なの)とジヨンに責められ、これはヘチャンに頼まれて名前を貸してかいたんだって告白したソンミ。

一方、自宅プリンターに、脚本と同じものが詰まってるのに気づき、まさかこれはヘチャンが書いてたんじゃ??と推理したヘチャンは、ソンミの元に。受賞作が自分の作品だったと知って、喜んでマネージャーやヘウォンやボンマン、ボンマン弟に連絡を。マネージャーはたまたま記者が側にいて、これを記者に言っちゃったよー。妻が脚本、夫が主演だから大スクープだもんね。

身内でパーティしようとしてたんだけど・・・そこに電話連絡がーー!!ソンミに社長が「盗作」とか言ってたよね??まさか他の作家がこれと同じ物を出してたとか?



注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。