まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&ドラマ 韓国ドラマ目次 ホームへ戻る

12月の熱帯夜(全十七話)
第一話〜第八話


第九話〜最終話はこちら

 〜キャスト〜
 
オ・ヨンシム : キム・ジョンファ

パク・ジョンウ : キム・ナムジン

ミン・ジファン : シン・ソンウ

ソン・ジヘ : チェ・ジョンウォン

 

第一話

「千年の恋」のナムジンと、オムテウンの姉、オム・ジョンファがでると知ってどうしても見たかったドラマです〜♪

ヨンシムは、結婚してソウルに来て10年。故郷の島に医者としてやってきたジファンに一目惚れし、猛烈アタックの末結婚し、人から見ると勝ち組と言われる幸せな状況だけど、実はとても寂しかった。田舎者で、常識知らずのため、義母からは疎んじられ、義妹の子供の子守をおしつけられ、常に息子がこんな嫁をもらったことを悔やんでいた。ジファンにも全く相手にされず、ソウルには誰一人味方の居ない生活。それに、ヨンシムは真面目にドジで抜けてるんだよねー☆かなり笑える性格で、たしかに上流階級の嫁って感じじゃないよね。

ジョンウは、教習所の講師をしながら大学に通う学生。7年付き合ってたジヘが、他の男と結婚するからと振られてしまった。理由は、彼のお父さんが介護の必要な重病人であり、彼の義兄がギャンブルとケンカで、示談金が常に必要で、それをいつもジョンウが払っており、苦しい生活を強いられてたからだった。

実はジウンが結婚する相手は、ジファンの弟なんだよねー☆結婚式の日、新婦ジスの両親に宛てた手紙の内容と自分が重なって、大声で泣き出し、式場を追い出されたヨンシムと、元恋人の結婚式を影から涙を流して見つめるジョンウはすれ違います。

10年間実家に戻った事のないヨンシムにジスが協力してくれ、念願の帰省が出来ることになったヨンシム。初めての高速バス体験。そこで、ヤ○ザに追われた水商売をしてる女の子を偶然助けます。パーキングに寄ることも初めてなヨンシムははしゃいでその女の子とパーキングに降り、楽しむんだけど、バスを乗り違えてしまって、気付いたときには南海行きのバスは出ちゃったよ・・・オットケオットケ・・・

そんな彼女の前に、車を修理してるジョンウの姿が。南海に行くジョンウの車になんとか乗せてもらおうと策を練るヨンシム。






第二話

ヨンシムったら、水商売のヒョリと会った時のマネしてカツラをかぶり、ヤ○ザに追われてるふりして、ジョンウの車に乗りこんだよー。うまくいったヨンシムだけど、食うわ。食うわ(笑)そのせいで、お腹が痛くなってトイレに行きたくなり大騒ぎ!!でも・・・根が単純だから、携帯にかかったジヘからの電話に「バスをのりちがえたけど、うまい具合に南海に行く車にのれてー」なんてぺらぺらしゃべるから、ジョンウに嘘がなれちゃって、高速の途中で路肩に下ろされちゃった。ヒョリのカツラや荷物が車に入ったままなのにー。

なんとか南海に着いたジョンウは、荷物をもって待ってくれてたヒョリのカツラを取り戻すため、自分がジョンウの車に忘れた携帯に電話を。ジョンウは南海に住むお父さんの元にきてたのね。住所を聞いて次の日、ジョンウの家にいくんだけど、家で苦しみ倒れるジョンウの父を発見!!病院に運びます。ジョンウが病院にかけつけたので、ジョンウの家に荷物を取りに行ったヨンシムは、あまりに汚れた部屋にびっくりし、家中ぴかぴかに掃除します。でも、勝手に家に居るヨンシムを見たジョンウは、掃除してくれてたと知らずに追い出すんだよねー。

後日、畑で母と農作業してるヨンシムを見つけたジョンウは、お礼をいい、ヨンシムの母に誘われて汁をのみ、白菜とニンニクをもらいます。ヨンシムは、ジョンウの家に行って、キムチの作り方を教えてあげるけど、これがもう楽しくて〜♪ヨンシムってノー天気っていうか、天真爛漫でかわいいよねー。帰り際、「あたたかくて可愛い」なんて言われたもんだから、ジョンウが気になって仕方がないヨンシム。このまま終わりって言うのがさみしくて、つい後をつけます。この辺わらった☆そして、次の日、ジョンウが写真を撮りに行くのの案内をする約束をします。

ジヘは、結婚したけど、ジョンウが忘れられないみたいね。ジョンウを愛したまま結婚したからねー。

ジファンは、前の彼女と二人きりで会ってるんだけど、一線は越えようとしないんだよね・・・。ヨンシムとジファンの写真に小学生かそれ以下くらいの子供二人もうつってたけど、二人の子供なのかな?今は居ないって事?なんか謎がありそうだわー☆





第三話

撮影の案内をするヨンシムの携帯に滅多にかかってこないジファンから電話が。何も悪いことしてないのに、おどおどするヨンシム。でも夫は心配して電話したわけではなく、義父が食事に困ってるから早くかえってこいって話だったんだよね。すっかり夫の愛情は冷め切ってるね。

運転できないって話をヨンシムから聞いたジョンウは、ヨンシムに運転も教えてあげます。楽しく時間を過ごすんだけど、病院からの電話で、病院に向かったジョンウ。父の病名は脳腫瘍だった。ショックで陸続きの島で落ち込むジョンウ。しかし、満ち潮になってジョンウは離れ小島に取り残されます。父の事が辛いジョンウはジスに電話してっていわれてたから、電話するんだけど、出てもらえず。。。ヨンシムに「父が脳腫瘍だったんです」って電話するんだよね。離れ小島に居るって聞いたヨンシムは、勝手にジョンウが命を絶とうとしてるって勘違いして、泳げないくせに助けようと浮きを身につけ海のなかに。結局ジョンウに助けられたヨンシム。二人は一夜を島で共にすることに。

この時。愛する人が他の男と結婚してしまったことや、哀れな父に代わって自分が死にたい話を聞きます。夜が明け、陸に戻った二人。ヨンシムはジョンウに「夫が医者だから力になってあげる」って話をします。

バスで知り合ったヒョリなんだけど、本名はスミ。結局ここまでヤ○ザに追いかけられて、殴られたみたい。借金が2000万って聞いてヨンシムったら貸してあげるなんて約束したよ。どうするの?

ジョンウとジョンウの父と一緒にソウルに戻り、夫の病院にいったヨンシム。しかし、夫の有名大学病院は、入院するのに二週間はかかるみたい。夫は父の病院(父は開業医でここにジスの夫である弟も医者をしてる)を紹介します。ジョンウの父の検査を待つジョンウとヨンシムの前にジスが。義父に小児科の改装を頼まれてて来てたんだよね。ジスを見つめるジョンウを見て、ヨンシムはジスの結婚式で会った男だと気付きます。そして、島で聞いた愛する人の話と結びつけ、二人の関係が分かったみたい。普段あんなに鈍感なのに、なんでこういうときだけピンとくるかなー。

いきなりジョンウに声をかけられて、驚きジョンウを外に出したジス。





第四話

いざ、ジスと会っても何を話していいのか分からないジョン

帰ってきたヨンシムは、相変わらず家事・育児を押しつけられる家政婦状態だった。義両親や義妹はジスを可愛がり、ヨンシムをこきつかい、コケにしてた。そして、ジョンの父を入院させたことまでなじられた。

ジョンとヨンシムの関係が気になるジスは、色々ヨンシムに探りを入れるんだけど、言い訳すればするほど、話がおかしくなるヨンシムは、正直に二人の関係に気付いた事を伝えます。「貧乏が嫌だったの。いくら頑張ってもあそこからはい出せない。だから私の中では終わったの」なんて言うジス。

そっか・・・ガフンとジファンって、幼なじみで婚約までしてたのね。ヨンシムに子供が出来たせいで、略奪した形になってるみたい。だから義母もガフンをかわいがってて、自分の取材に記者が家に来た日、ヨンシムに、バーベキューの用意をさせ、お手伝い状態で、同席させず料理を作らせ、ガフンとジファンを同席させたりするのね。でも・・・ヨンシム可哀想。、ウリやりガフンとジファンの間にいすを入れて同席したのに、ジファンはワインをガフンにしか自発的につごうとしないし・・・。結局無知がばれるような発言をヨンシムはしちゃうし・・・。

みっともなくて義母にアイスコーヒーを持ってくるように頼まれるんだけど、悔しくてガフンより背が高く見えるヒールを履いたヨンシムは、ガフンと偶然ぶつかって、二人して転んで・・・ジファンったらガフンだけ、心配して助け、ヨンシムには「恥をかかせるな」って・・・

部屋に戻って「すまなかった」って言うジファンに、「私は貴方にとっても家族がおもってるように家政婦なの?私が見えないの?いつまでこんな惨めな思いをするの?だったらどうして結婚前に捨ててくれなかったの?」って心の叫びを口にします。

義母に頼まれ宣伝のため末期ガン患者のおばあさんを介護する撮影を無理矢理やらされ、それを見た患者の家族が、ヨンシムを叩き、落ち込んでいたヨンシムは、父の右目が失明しかかってるのを知らなかった事で落ち込むジョンスと偶然あい、お酒に付き合います。急ピッチで飲んで涙するジョンスを見て、「泣きたかったら声を出してなけばいいよ。一人で恥ずかしかったら一緒に泣いてあげる」といい、理由は追及ぜず、一緒に飲み、泣くヨンシム。結局つぶれてしまったヨンシムを抱えて家まで送ってきたジョンスなんだけど、丁度家から出て来たジスと会います。そこに車で戻ってきたジファンもやってきて・・・





第五話

自分と飲んで酔っぱらったと両親に嘘をついてくれたジファン。部屋に戻って「私の夢は結婚前も結婚してからも貴方に愛してるって言われる事なの。本当に私は貴方の人生を踏み外させた存在なの?」とヨンシムは酔って聞くんだけど、ジファンは何も言えないんだよね。そして次の日、「お前だけが10年苦しんだんじゃない。俺もへとへとだ」なんて言うし・・・ヨンシムって辛いよね。下に降りれば昨日の醜態を義母になじられるし、相変わらず皆に家政婦扱いされて。

ジョンとジヘはというと、そのままこっそりジョンの家にいってて、ジヘはまたこうやって来ても良い?ばれない自信あるなんていっちゃって。そりゃージョンはこないでくれって言うよね。ジヘは、これ以上義姉であるヨンシムに会わないでって事までたのんでたよ。それに、ジヘの嫁ぎ先がヨンシムの家で、自分の父の担当医がジヘの旦那だって知って、ショックうけてるよ。でも・・・なんか具合悪そうじゃない?ジョンも病気なのかな?

うわー。絡んできちゃった。ジファンの妹ってミン所長っていって、デザインの会社をしててジヘは、そこで働いてるんだけど、そこの仕事を、お金のために休学してるジョンを心配した大学のオ教授の紹介でジョンがすることになっちゃったみたい。

先日の末期ガン患者のおばあさんにひどいことをしたと思ったヨンシムは、自発的に介護にいきます。最初は怒ってるおばあさんだったけど、明るいヨンシムの献身的な姿に少し心を開きはじめ、一緒に散歩に行ってたんだけど、それをみた患者の娘が再び大騒ぎして、病院内でヨンシムを叩き、罵声を浴びせていた。ジファンもその様子を見てるんだけど、可哀想なヨンシムを、通りかかったジョンが助け、元気づけます。それに、お礼として化粧品をプレゼントします。

手術の決まったジョンの父。でも、その説明をジヘの夫は、すごく事務的にまるで商売をするように言い、金のないジョンをさもバカにしたように話すんだよね。頭にきたジョン。もっと彼がいい人だったら、ジヘの事も納得できたのに。それを聞いてヨンシムの夫であるジファンが、「私がやります」って声をかけます。

病室にもどると、父が家に帰ろうとしていた。それを止めるジョン。そんな言い争いを偶然聞いたヨンシムは、背中に予防接種のため連れてた甥をしょったまま、追いかけていきます。そんなヨンシムに気付いてたジョンは、一緒に写真展に付き合ってほしいって言います。そこには(まあ、偶然すぎるけど)ジスと実母が来てたんだよね。実母ったら、ジスに長男夫婦を追い出して、財産を相続できるよう話してるしー。ジスは、ヨンシムとジョンが仲良く写真をみてるのを見つけ、メラメラきてるわー☆

このドラマって、ヨンシムがすごく可哀想。でも、すごく明るくて前向きで、応援したくなっちゃう。愛すべきキャラクターだよね。それに、ジョンも不幸にばかり見舞われて・・・すごく可哀想。ヨンシムのお陰で、前向きに考えられるようになってきてる感じだね。




第六話

甥におしっこをひっかけられて、借りたジョンのシャツを洗濯してたんだけど、それを見つけた義母が朝からギャーギャーいってるしwデザインを持ってきたジョンにジスは抱きつき、「二度と義姉に会わないで」って、結婚してる癖、嫉妬してるノーなんて甘えてお願いします。義姉は間違いなく貴方に恋してるなんておしえちゃうし。ジョンもまだジスへの気持ちがあるから、それを承諾します。

ジョンにシャツを返すため、ジョンの父の病室に行ったヨンシム。元気のないジョンス父を元気づけようと一緒にゲームをします。だんだん父も楽しくなって笑顔をみせて・・・そんな姿をドアの影から見守ってるジョン。病室から出て来たヨンシムを食事に誘い、「もう父の病室に来ないでください。それからもう二度と二人きりで会わない様にしましょう」って言っちゃったよq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

落ち込んで家に戻ってくると、ヨンシムの子供、ゴノとジウォンが帰ってきてた!!抱きしめて泣きじゃくるヨンシム。子供たちもママが恋しかったのね。でも・・・英語が分からないヨンシムは一人だけゲームに参加できないし、急に結婚式でソウルに母がきたのに、旦那も子供も一緒に行く気なし。ヨンシムは、旦那は出張で、子供は風邪だって嘘ついて・・・なんかせつないーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

バスで会ったスミは、ヨンシムが借金を貸してくれたお陰で、自分のお店(チキン屋)が持てたよ。感謝してて、唯一のヨンシムの味方が出来た感じだね。思わずヨンシムは自分のジョンに対する恋心を相談します。スミは、無理矢理ジョンのアルバイトをする教習所にヨンシムを連れていって、受講手続きさせちゃった。

仕事でジョンとよく会うようになったジスったら、隠れてジョンにイチャイチャしまくってて。ジョンもヨンシムの事気にしながらも、幸せそうなんだよね・・・。でも・・・ひゃーーーひどい!!二人きりの事務所で、抱きしめてーなんて自分が言ったくせに、旦那がやって来たのをみて、まるでジョンが襲いかかったみたいなふりして、ひっぱたき、「私には旦那がいるの。やめて!!」なんて被害者のふりをはじめたよ!!お陰でジスの旦那・・ジェファンって名前だったんだね・・・に、思い切り殴られ、蹴られまくるジョン。あまりにもひどすぎるよ!!ジスったらーーーーーε=(=`・´=) プンスカプン!

そして、ジョンがバイトに入る週末・・・ヨンシムは教習所に・・・



第七話

教習所で練習をするヨンシム。他の教官のもと、練習するんだけど、ジョンの怪我がきになって気もそぞろで、車を壁に激突させてしまいます。心配して駆けつけたジョン。偶然同じ場所を怪我した二人は、なんだかおかしくなって笑いあいます。ヨンシムが帰ったあと、頭痛を訴え倒れたジョン。病院に運ばれるんだけど、以前から足が麻痺することも頻繁にあって、精密検査を受ける事に。ひゃー☆お決まりの不治の病って事になりそうだな(ToT)

ヨンシムが教習所に行きだした事で、色々悪口を言い合う義母と義妹。でも・・・なんだか義父はちょっぴりヨンシムの味方ぽくない??ジョンウと連絡が取れなくなったジスは、ヨンシムに、「本当のお姉さんの様に慕ってます。だからジョンウの事は誰にも言わないで。特にジェファンには」って頼み、「墓場までもっていくわ」と約束したヨンシム。そこに丁度ジェファンがやってきて、ジョンが学生時代からのジスのストーカーで、この前殴ってやったって話をするんだよね〜。そこでジェファンの怪我の理由と、ジスのついた嘘に気付きます。

夜中の三時に、風邪で辛いと電話してきたガフンのもとに、ヨンシムが止めるのもきかず向かったジファン。おかゆをもって明け方ヨンシムも行くんだけど、ガフンは、ヨンシムがしてもらったことのない甲斐甲斐しい扱いをうけてて、ガフンの寝室は二人のラブラブな写真でいっぱいだった。

ジョンは教授のもとに行き、ジスの会社の仕事を断ります。教授は、弟の住むパリに、奨学金を出すから留学しないか?と薦めます。

いくら電話しても出てもらえないジスは、ジョンの教習所までやってきます。そこで、義姉であるヨンシムとジョンが一緒に居るのをみて・・・・

でも。。。。ジョンスはジスが教習所前で待ってること、メールで知ってたし、その前に、ジスにいわれた「義姉は貴方が好きなの」って言葉も思い出してたよね?まさかわざと声かけた訳じゃないよね?




第八話

一度も汽車に乗った事がないというヨンシムを汽車に乗せてあげたジョン。初めての汽車体験にはしゃぐヨンシム。国境まで来た二人。ジョンはヨンシムに留学するつもりだって話をします。

帰りの汽車の中で、朝から風邪っぽかったヨンシムは熱がでてきて具合が悪くなります。そんなヨンシムのため、駅で薬を買いにいったジョン。しかし、ヨンシムをのせた汽車はでてしまい・・・ヨンシムもホームに降りてるのをみつけます。次の汽車で帰る二人。眠るヨンシムに優しく肩を貸すジョンス。

自宅では、ヨンシムが戻らない事で宿題の落ち葉集めができなかった息子が困っちゃってて。ジファンが代わりに落ち葉を拾いに。ジョンとヨンシムが一緒に汽車に乗ったのをみてメラメラしてたジスは、出かけようとするジファンに、わざと、ジョンの教習所にヨンシムが通ってることを教えます。

気になってバス停で待ってたジファンは、ジョンと帰ってきたヨンシムを見てしまいます。遅くに帰ってきたヨンシムに理由を問いただす義母。「息が詰まってしまって」ってヨンシムがいうと、言いたい放題怒鳴りつけてるよ。挙げ句の果ては具合悪いのに、義妹に甥のほ乳瓶の煮沸やお風呂まで言いつけられちゃって。ジファンまで、落ち葉をなげつけ、「目を覚ませ。これは警告だ」って怒鳴るし。

ジスってらムカつくわ。ジョンが、もうお前との事を終わりにして1からやり直すって言ってるのに逆ギレして、「お姉さんと会わないって言ったでしょう?」とか、「私に仕返ししてるの?」とか。ジョンは留学するだけのことだって伝えます。留学して、ジスの旦那より立派になって後悔させるって。

ジファンはヨンシムとジョンが仲良くするのが面白くないのね。嫉妬?なんてガフンに言われ、絶対否定するジファン。でも、教習所の筆記試験に落ちて落ち込むヨンシムをおどけて慰めてるジョンの姿をみてプチってきれちゃったみたい。教習所から戻ってきたヨンシムをひっぱたいちゃったよー。

うわ!!ジョンは脳腫瘍だったよー(ToT)「違います・・・違います・・・」って言うジョンスに心が痛むよ(ToT)


注意 

こちらの写真は個人的に楽しむため掲載したものなので無断転載・転用を堅く禁止します。